クレジットカードの国際ブランドのVISA・MasterCard・JCB・AMEXって何?どれを選べばいいの?【超初心者&学生でもわかる!】

国際ブランド(JCB・VISA・Master・AMEX・ダイナース)

クレジットカードには「国際ブランド」(カード右下に描かれているロゴの会社)というものがあります。

街でもVISAやMasterという文字は見かけると思いますが、調べるに至るのはクレジットカード を発行するときだと思います。

カードを発行時には国際ブランド(VISAやMasterやJCBなど)を選ばないといけないことがほとんどです。

当記事では国際ブランドについて、わかりやすく説明します。

VISA・MasterCard・JCB・AMEXって何?

国際ブランド(JCB・VISA・Master・AMEX・ダイナース)

店頭やオンラインショップで買い物する際に、カードでの支払いの決済機能を提供している会社を指します。

クレジットカードの国際ブランド

一般的にクレジットカードの国際ブランドと呼ばれ、この他にもDiners Club(ダイナースクラブ)を合わせて5大国際ブランドとも言われています。

【5大国際ブランド】

 

  • VISA
  • Master
  • JCB
  • AMEX
  • Diners Club

補足:VISA・MasterCard・JCB・AmericanExpress・Diners Clubに中国銀聯(ちゅうごくぎんれん)、Discoverの2社を加えて7大国際ブランドと言われることもあります。

国際ブランドを理解しよう

国際ブランドとは24時間世界中どこでも利用可能な決済システムを提供している会社のことです。

国際ブランドは大きく2つのカテゴリに分けられます。

  • 決済カードブランド(決済機能を重視):VISA・MasterCard
  • T&E(Travel & Entertainment)カードブランド(旅先でのサポートとエンターテイメントを重視):JCB・AmericanExpress・DinersClub

会員数・加盟店舗数では「決済カードブランド」のVISAとMasterCardの2大ブランドが圧倒的に多く、国内外問わず利用の幅が広いのが特徴です。

国際ブランドのそれぞれの違いってなに?比較してまとめ

国際ブランドの違いについて

国際ブランドが7種類あることがわかっても、一体何が違ってどれを選べばいいんだ!?という感じですよね。

国際ブランドの大きな違いは「加盟店の違い」が挙げられます。

加盟店の違いというのはつまり「使えるお店の違い」です。

クレジットカードが利用できるお店は限りがあって、全部のカードが使えるとは限りません。

VISA・Masterは使えるけどJCBは使えない、というお店もあります。

「お店が選択している国際ブランド」と「自分のクレジットカードの国際ブランド」が一致しなければ、カードを利用することができないというわけです。

ポイント!

クレジットカードの国際ブランドは一つに絞らず、カードを3枚ほどもち3ブランド程度に分散させておくことをオススメします!

国際ブランド①VISA

国際ブランドVISA

VISAは、「Value Issuer Service Area」の頭文字を取ったもので、1958年にバンク・オブ・アメリカにより創業されたのが始まりで、本社はアメリカにあります。

国際ブランドのシェアでは””ほぼ1位””です。

※表は横にスライドできます。

順位 国際ブランド クレジットカードシェア率
1位 Union Pay(銀聯) 57.60%
2位 VISA 24.77%
3位 MasterCard 15.33%
4位 JCB 0.96%
5位 American Express 0.84%

出典:THE NILSON REPORT「Global cards-2018」

上記は2018年のデータです。

実際の1位は「Unionpay(銀聯カード)」ですが、これは主に中国で流通しているブランドです。

中国は人口が多いため、どうしても【中国人が多くカードを作る→Unionpayのシェア率が上がる】ということになってしまいます。

ですので、今後も日本人が世界中で使える国際ブランド1位は「VISA」といっても問題ないかと思います。

VISAの営業形態

VISAカードとは、VISAがライセンシングした企業が発行したカードを意味しており、VISA独自でカードを発行していません。

国内ではVISAカードの代名詞ともいえる三井住友カードもVISAのライセンスを受けた会社のひとつです。

クレジットカード以外にも、デビットカード、プリペイドカードのサービスを提供しています。

学生向けであり、今オススメのVISAカードは三井住友カード デビュープラスです。

18~25歳しか持つことができず、若者向けの特典が多いため、学生にもオススメです。

1年に1度使えば年会費が永久無料にかかわらず、ポイント還元率は通常の三井住友カード(旧名称:三井住友クラシックカード)の2倍!さらに入会後3ヶ月は5倍になります。

また、ポイントUPモールというポイント優待サイトを使うと、さらにポイント還元率がアップします。

Amazonや楽天などのネットショッピングでポイントが2~20倍になりますよ!

三井住友カード デビュープラス

超有名なブランド力・セキュリティに安心感があります。入会3ヶ月は還元率2.5%・通常でも還元率1.0%と普段使いで超お得なカードです。はじめてのクレカとして使いやすさで大人気です。最短翌営業日のスピード発行!

三井住友カード デビュープラス
入会特典新規入会&Vpassアプリログインで もれなくご利用金額の20% 最大12,000円プレゼント
年会費(初年度) 無料
年会費(2年目~) 条件付き無料
条件:2020年4月30日までの申込で、年会費が永年無料! 前年1回以上の利用で年会費無料。通常の2年目以降年会費(1,250円+税)
ポイント還元率(通常) 1.0%
ポイント名:ワールドプレゼントポイント
ポイント還元率(最大) 2.5%
条件:入会後3ヵ月間
発行スピード(最短)~3営業日
  • 付帯保険(海外旅行):-
  • 付帯保険(国内旅行):-
  • 付帯保険(盗難保険):あり
  • 付帯保険(ショッピング保険):あり

他実施中キャンペーン:1/50の確率で全額タダになるタダチャン!&コンビニ(セブン・ファミマ・ローソン)マクドナルドなど対象店舗でいつでもポイント5倍その他、自分が選んだ対象3店で いつでもポイント2倍も!

国際ブランド②MasterCard

国際ブランド マスターカード

MasterCardは、VISAに次ぐ世界2位の決済業務会社です。

ドイツの「EuroCard(ユーロカード)」との合併によりスタートしたため、ヨーロッパ圏で強いと言われていましたが、現在ではVISAの使用範囲とほとんど変わりません

MasterCardもVISAと同じく本社はアメリカです。

VISAと同様、MasterCardはクレジットカード自体では発行せず、ライセンシングした企業がカードを発行しています。

国内では、三井住友カードがVISAとMasterCardを取り扱っている関係で、使用可能店舗はVISAの使用範囲とほとんど同じと言われています。

学生向けでオススメのMasterカードは「ライフカード(学生専用)」です。

海外旅行での特典が豊富なこのカード。

海外での利用分が5%キャッシュバックする特典&海外旅行保険が自動付帯のため、旅行好きな学生さんがサブカードとして持っているケースが多いです!

ライフカード(学生専用)

海外でのカード支払い分は5%キャッシュバック!海外旅行保険もついているので、海外行くなら絶対持つべき!

ライフカード(学生専用)
入会特典カード発行+ショッピング利用で最大10,000円相当のポイントプレゼント
年会費(初年度) 無料
年会費(2年目~) 無料
ポイント還元率(通常) 0.5%
ポイント還元率(最大) 5.0%
発行スピード(最短)~3営業日

国際ブランド③JCB

国際ブランドJCB

日本唯一の国際ブランドです。

1961年創立の株式会社日本クレジットビューロー(JCB)が発行しています。

中国の銀聯カードが登場するまで、アメリカ系以外では唯一の国際ブランドでした。

韓国、台湾、ハワイなど日本人観光客が多い国・地域では、VISAやMasterCardと同様に使えます。

世界的に見るとJCBはVISAやMasterCardに比べ、使用しづらいカードです。

ただし、海外から日本語のサポートが受けられるなど日本人にとって利用価値が高いカードでもあります。

ポイント!

意外にも知られていませんが、JCBはAmericanExpressと提携しており、JCBとAmericanExpressは互いの加盟店でカード決済を利用できます。

※海外では上記の旨を現地の言葉で説明する必要があるかもしれません。

学生向けでオススメのJCBカードは「JCB CARD W」です。

Amazonやスターバックスやセブンイレブンでポイント還元率が大幅アップしてお得です。

JCB CARD W

年会費がずっと無料のカードでは最高クラスの実力。普通に使うだけでもお得+特典も豊富なカードです。キャンペーン盛りだくさんの今こそ、入会のベストタイミングです!

JCB CARD W
入会特典インターネット新規入会限定、キャンペーンを組み合わせると最大16,500円分プレゼント!
年会費(初年度) 無料
年会費(2年目~) 無料
ポイント還元率(通常) 1.0%
ポイント名:Oki Dokiポイント
ポイント還元率(最大) 3.5%
条件:加盟店での利用
発行スピード(最短)~3営業日
  • 付帯保険(海外旅行):○(利用付帯)
  • 付帯保険(国内旅行):-
  • 付帯保険(盗難保険):あり
  • 付帯保険(ショッピング保険):あり

他実施中キャンペーン:Apple Pay・Google Payに登録&利用で、もれなく20%還元【上限金額5,000円】

国際ブランド④AMEX

国際ブランドAMEX

AMERICAN EXPRESS(通称、AMEX)は、トラベラーズチェックとクレジットカードの発行元であるアメリカ合衆国の企業です。

1958年からクレジット・カードを発行し始めました。

AMEXの世界シェアは5番手であるのにも、人気がある理由は付帯しているサービスが充実しているからです。

海外旅行保険が充実していたり、予約が難しいレストランを予約できたり、空港ラウンジを幅広く利用できたりと、決済機能以外の面での魅力的が多いです。

筆者は学生の頃からAMEXのクレジットカードを保有していて、一度海外で緊急入院したときにAMEXの海外保険に助けられました…(笑)

学生向けでオススメのAMEXカードは「セゾンブルーアメックスカード」です。

海外保険がかなり充実しているうえに、26歳までは年会費無料で保有できます!(特典の充実したAMEXを無料で利用できるのはこのカードくらい)

無料だからといって特典が劣っているわけではないので、筆者イチオシのクレジットカード です。

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード

最大3,000万円の海外保険が自動付帯・海外利用で還元率2倍・アメックスが学生でも持てる!26歳まで年会費無料。※来店でのお受け取り(最短即日発行)の場合は、ICチップ機能の無いカードのお渡しとなります。あらかじめご了承ください。

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード
入会特典最大で永久不滅ポイント1,400ポイント(7,000円相当※)をプレゼント
年会費(初年度) 無料
年会費(2年目~) 条件付き無料
条件:26歳になるまでは年会費無料(初年度年会費無料(2年目以降3,000円+税)
ポイント還元率(通常) 0.5%
ポイント名:永久不滅ポイント
ポイント還元率(最大) 1.0%
条件:海外利用時
発行スピード(最短)即日
  • 付帯保険(海外旅行):◎(自動付帯)
  • 付帯保険(国内旅行):○(利用付帯)
  • 付帯保険(盗難保険):あり
  • 付帯保険(ショッピング保険):あり

他実施中キャンペーン:U25応援キャンペーン(26歳まで年会費無料)

どの国際ブランドが良いの?→だいたいはどれを選んでも大丈夫!

持つべきクレジットカード (国際ブランド別)

正直、どの国際ブランドを選んでも大きな差はほとんどない世の中になってきています。

強いていうなら、VISAかMasterを選んでおけば安心です。

アメリカのクレジット決済専門誌「NILSON REPORT」が2018年に行った調査によると、VISAは流通しているすべてのブランドでシェア24.77%、MasterCardは15.33%と2ブランドで合計40%程度のシェア率になります。
※1位のUnionpay(銀聯カード)は考慮しないものとする。

海外旅行に行きたい人はVISAブランドのカードがオススメ

国際シェアNo.1はVISAカードです。

知名度のある「三井住友カード」の中でも、「三井住友カード デビュープラス」が国内では有名です。

海外旅行での買い物などは、基本的にVISAを持っていれば安心です。

前述の通り、会員数・加盟店舗数ではVISAとMasterCardの2大ブランドが圧倒的な人気を誇っており、国内外問わず利用の幅が広いのが特徴です。

また、2019年11月に当サイトが独自で行った調査では、米ドルの決済レートが最も良かったのがVISAでした。

参考:海外でクレジットカード決済するとき、日本円と現地通貨どちらで決済するべき?決済手数料・基準換算レートまで調査!

海外旅行の出発前にカード作りで本当に迷ったら、VISAを選ぶと間違いないでしょう。

三井住友カード デビュープラス

超有名なブランド力・セキュリティに安心感があります。入会3ヶ月は還元率2.5%・通常でも還元率1.0%と普段使いで超お得なカードです。はじめてのクレカとして使いやすさで大人気です。最短翌営業日のスピード発行!

三井住友カード デビュープラス
入会特典新規入会&Vpassアプリログインで もれなくご利用金額の20% 最大12,000円プレゼント
年会費(初年度) 無料
年会費(2年目~) 条件付き無料
条件:2020年4月30日までの申込で、年会費が永年無料! 前年1回以上の利用で年会費無料。通常の2年目以降年会費(1,250円+税)
ポイント還元率(通常) 1.0%
ポイント名:ワールドプレゼントポイント
ポイント還元率(最大) 2.5%
条件:入会後3ヵ月間
発行スピード(最短)~3営業日
  • 付帯保険(海外旅行):-
  • 付帯保険(国内旅行):-
  • 付帯保険(盗難保険):あり
  • 付帯保険(ショッピング保険):あり

他実施中キャンペーン:1/50の確率で全額タダになるタダチャン!&コンビニ(セブン・ファミマ・ローソン)マクドナルドなど対象店舗でいつでもポイント5倍その他、自分が選んだ対象3店で いつでもポイント2倍も!

国内No.1シェアのJCBは国内最強だが海外ではちょっと力不足か…

日本では、クレジットカードが使えるお店であればJCBが使えないという事はまずありません。

日本人なら一枚持っておいて損はないでしょう。

ただ海外で使えない店舗があったり、海外のネット通販サイトで使えなかったりと不便なことがあります。

筆者も、JCBカードしか持ってなかった頃にJCB非対応のネット通販に当たって悔しかったことがあります。

JCB CARD W

年会費がずっと無料のカードでは最高クラスの実力。普通に使うだけでもお得+特典も豊富なカードです。キャンペーン盛りだくさんの今こそ、入会のベストタイミングです!

JCB CARD W
入会特典インターネット新規入会限定、キャンペーンを組み合わせると最大16,500円分プレゼント!
年会費(初年度) 無料
年会費(2年目~) 無料
ポイント還元率(通常) 1.0%
ポイント名:Oki Dokiポイント
ポイント還元率(最大) 3.5%
条件:加盟店での利用
発行スピード(最短)~3営業日
  • 付帯保険(海外旅行):○(利用付帯)
  • 付帯保険(国内旅行):-
  • 付帯保険(盗難保険):あり
  • 付帯保険(ショッピング保険):あり

他実施中キャンペーン:Apple Pay・Google Payに登録&利用で、もれなく20%還元【上限金額5,000円】

海外旅行保険を充実するならAMEXがダントツ

海外旅行保険のことを考えると、やはりAMEXです。

筆者はタイで食あたりが原因で緊急入院したのですが、そのときの入院費と診療費16万円を無料にできました。

AMEXに電話すると病院を紹介してくれ、病院側にも事前に話を通しておいてくれたため、かなりスムーズに治療を受けることができました。

これには本当に感動しました……。

学生がAMEXのクレジットカードを持つなら、26歳までは年会費無料で保有できる「セゾンブルーアメックスカード」がオススメです。

もちろん、海外保険は充実しており、他にも手荷物無料宅配サービスや海外用Wi-Fi・携帯電話レンタル割引など旅をサポートしてくれるサービスが豊富です。

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード

最大3,000万円の海外保険が自動付帯・海外利用で還元率2倍・アメックスが学生でも持てる!26歳まで年会費無料。※来店でのお受け取り(最短即日発行)の場合は、ICチップ機能の無いカードのお渡しとなります。あらかじめご了承ください。

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード
入会特典最大で永久不滅ポイント1,400ポイント(7,000円相当※)をプレゼント
年会費(初年度) 無料
年会費(2年目~) 条件付き無料
条件:26歳になるまでは年会費無料(初年度年会費無料(2年目以降3,000円+税)
ポイント還元率(通常) 0.5%
ポイント名:永久不滅ポイント
ポイント還元率(最大) 1.0%
条件:海外利用時
発行スピード(最短)即日
  • 付帯保険(海外旅行):◎(自動付帯)
  • 付帯保険(国内旅行):○(利用付帯)
  • 付帯保険(盗難保険):あり
  • 付帯保険(ショッピング保険):あり

他実施中キャンペーン:U25応援キャンペーン(26歳まで年会費無料)

▼国際ブランドについては動画でも解説しています!

まとめ:国際ブランドを分散してクレジットカードを持っておこう!

国際ブランドを分散してクレジットカードを持っておこう

これまで書いてきた内容のように、海外店舗や一部ネットサービスでは使えないブランドがあります。

クレジットカードを複数枚発行する場合は、国際ブランドを分散をしておくのがオススメです。

海外に行く方は、上記3ブランドを1枚ずつ持っているといいですね。

もっと詳しく、クレジットカードを勉強したくなった場合は以下の記事もぜひ合わせてご覧ください。

学生がクレカを持つときに読んでほしい記事

初めてクレジットカードを作る方へ、トラブル・使いすぎを防ぐ10個の安心ルール。【学生さん・親御さんにオススメ!】

クレジットカード何枚持つべき?平均枚数は3枚!選び方・整理のコツ

クレジットカードは海外旅行(留学)でなぜ必要!?オススメの選び方・保険・注意点など総まとめ!

クレジットカードの仕組みってどうなってるの?クレジットカードを初めて作る学生でもわかるように徹底解説!

「この記事、参考になった!」と思っていただけましたか?

▼ぜひブクマ・シェアお願いします!

周りの方・ご友人が悩んでいる時にもぜひ教えてあげてください。m(_ _)m

運営者プロフィール

学生クレカ管理人

学生クレカ管理人

自分が大学生・未成年時代のお金・クレジットカードの失敗経験をもとに、同じ失敗をする人・クレジットカードについて悩む人を一人でも減らしたいという気持ちで当サイトを6年以上運営しているクレジットカードの専門家。

 

100枚以上のクレジットカードを比較検討し、累計22枚のカードを所有してきた(大学生の頃は6枚所有)。マイルを累計30万以上保有。航空券をほぼ無料にし、ふらっと旅行に出かけるのが趣味。Amazonでのお買い物も累計30万円分以上、ほぼポイントで済ませている。

 

カード会社幹部や広報部・外部の専門家ともつながりがあり、常に知識をアップデートしている。

 

これからも、少しでもわかりやすい記事を届けられるように努力していきます!

 

▼ブログランキングにも参加しております。当サイトの思想に共感いただける方は、ポチッとおねがいしますm(_ _)m(タップ1回で投票完了します)

 

▼注目コンテンツ!

▼LINEでの相談も、気軽にどうぞ!

かんたん検索でクレジットカードを選ぶ!自分にピッタリなカードが「ズバッと」見つかる人気ランキングからクレジットカードを選ぶ!

自分にピッタリのクレジットカードの選び方がわからない方は、基礎知識・おすすめカードの選び方が一気に学べるトップページをぜひ見てください。→ https://学生クレジットカード.com

失敗しないクレカ選びのポイント!

学生クレジットカード.com ▼マイルを本気で貯めてみたい方は、こちらもぜひどうぞ(姉妹サイト) マイル特化クレジットカードはマイルの聖書で探す!