クレジットカードの国際ブランドのVISA・MasterCard・JCB・AMEXって何?どれを選べばいいの?【超初心者&学生でもわかる!】

国際ブランド(JCB・VISA・Master・AMEX・ダイナース)

クレジットカードには国際ブランドというものがあります。

街でもVISAやMasterという文字は見かけると思いますが、調べるに至るのはクレジットカード を発行するときだと思います。

カードを発行しようとすると国際ブランド(VISAやMasterやJCB)などを選ばなければいけませんからね!

当記事では国際ブランドについて、わかりやすく説明します。

VISA・MasterCard・JCB・AMEXって何?

国際ブランド(JCB・VISA・Master・AMEX・ダイナース)

店頭やオンラインショップで買い物する際に、カードでの支払いの決済機能を提供している会社を指します。

簡単にいうと、カードの右下に印字されているロゴマークのことです。

クレジットカードの国際ブランド

一般的にクレジットカードの国際ブランドと呼ばれ、この他にもDiners Club(ダイナースクラブ)を合わせて5大国際ブランドとも言われています。

5大国際ブランド

 

  • VISA
  • Master
  • JCB
  • AMEX
  • Diners Club

また、これは補足説明になりますが、VISA・MasterCard・JCB・AmericanExpress・Diners Clubに中国銀聯(ちゅうごくぎんれん)、Discoverの2社を加えて7大国際ブランドと言われることもあります。

国際ブランドを理解しよう

国際ブランドとは24時間世界中どこでも利用可能な決済システムを提供している会社のことです。

前述したとおり、VISA・ MasterCard・JCB・AmericanExpress・Diners Clubのほか、中国銀聯(ちゅうごくぎんれん)、Discoverの2社を加えて全部で7社あります。

さらに、国際ブランドは大きく2つのカテゴリに分けられます。

  • 決済機能の使いやすさにこだわった「決済カードブランド
    VISA・MasterCard
  • 旅行先での保険やサービスデスクといった会員向けサポートを重視した「T&E(Travel & Entertainment)カードブランド
    JCB・AmericanExpress・DinersClub

会員数・加盟店舗数では「決済カードブランド」のVISAとMasterCardの2大ブランドが圧倒し他をしのいでおり、国内外問わず利用の幅が広いのが特徴になっています。

国際ブランドのそれぞれの違いってなに?比較してまとめ

国際ブランドの違いについて

国際ブランドが7種類あることがわかっても、一体何が違ってどれを選べばいいんだ!?という感じですよね。

国際ブランドの大きな違いは「加盟店の違い」が挙げられます。加盟店の違いというのはつまり「使えるお店の違い」です。

クレジットカードが利用できるお店は限りがあって、全部のカードが使えるとは限りません。

それぞれの国際ブランドと提携した加盟店でなければ利用できません。

ですから、JCBは使えるけれどもVISAは使えないというお店はありますし、その逆もあります。

こういった背景から、クレジットカードを持つときは一つの国際ブランドに集中してもつのではなく、たとえば3枚のクレジットカードを持つなら国際ブランドはバラバラに分散させておいた方が便利です。

ポイント!

ブランドを3つに分けて持っていれば、クレジットカード払いを受け付けているお店ならだいたいどれかのカードで使えるようになります。

国際ブランド①VISA

国際ブランドVISA

VISAは、「Value Issuer Service Area」の頭文字を取ったもので、1958年にバンク・オブ・アメリカにより創業されたのが始まりで、本社はアメリカにあります。

国際決済業務では世界第1位。

2015年時点でシェアNo.1のVISA
2015年と少し古いデータではありますが、世界シェアは圧倒的No.1。

VISAカードとは、VISAがライセンシングした企業が発行したカードを意味しており、VISA独自でカードを発行していません。

国内ではVISAカードの代名詞ともいえる三井住友VISAカードもライセンスを受けた会社のひとつです。

クレジットカード以外にも、デビットカード、プリペイドカードのサービスを提供しています。

国内でクレジットカードが使える場所は、ほぼ間違いなくVISAは利用可能と考えていいでしょう。

学生向けであり、今オススメのVISAカードは三井住友VISAデビュープラスカード」です。

18~25歳しか持つことができず、若者向けの特典が多いため、学生にもオススメです。

1年に1度使えば年会費が永久無料にかかわらず、ポイント還元率は通常の三井住友クラシックカードの2倍!さらに入会後3ヶ月は5倍になります。

また、ポイントUPモールというポイント優待サイトを使うと、さらにポイント還元率がアップします。

Amazonや楽天などのネットショッピングでポイントが2~20倍になりますよ!

三井住友VISAデビュープラスカード

超有名なブランド力・セキュリティに安心感があります。さらに入会3ヶ月は還元率2.5%・通常でも還元率1.0%・コンビニ大手(セブン・ファミマ・ローソン)+マクドナルドでの利用は、ポイント還元率がさらに2.0%アップと普段使いで超お得なカード。はじめてのクレカとしての使いやすさで大人気です。

三井住友VISAデビュープラスカード
入会特典キャッシュレスプラン:新規入会&Vpassアプリログインで もれなくご利用金額の20% 最大8,000円プレゼント
年会費(初年度) 無料
年会費(2年目~) 条件付き無料
条件:前年1回以上の利用
ポイント還元率(通常) 1.0%
ポイント名:ワールドプレゼントポイント
ポイント還元率(最大) 2.5%
条件:入会後3ヵ月間
発行スピード(最短)~3営業日
  • 付帯保険(海外旅行):-
  • 付帯保険(国内旅行):-
  • 付帯保険(盗難保険):あり
  • 付帯保険(ショッピング保険):あり

他実施中キャンペーン:コンビニ(セブン・ファミマ・ローソン)マクドナルドなど対象店舗でポイント5倍、Apple PayのiDでお支払いでさらに5倍、合計10倍!

国際ブランド②MasterCard

国際ブランドMaster

MasterCardは、VISAに次ぐ世界2位の決済業務会社です。

ドイツの「EuroCard(ユーロカード)」との合併によりスタートしたため、ヨーロッパ圏で強いと言われていましたが、現在ではVISAの使用範囲とほとんど変わりません

MasterCardもVISAと同じく本社はアメリカです。

VISAと同様、MasterCardはクレジットカード自体では発行せず、ライセンシングした企業がカードを発行しています。

国内では、三井住友カード会社がVISAとMasterCardを取り扱っている関係で、使用可能店舗はVISAの使用範囲とほとんど同じと言われています。

学生向けでオススメのMasterカードは「オリコカード THE POINT」です。

Amazonでの買い物が常に還元率2.0%とゴールドカード並みの還元率を誇り、発行後6ヶ月間は驚異の3.0%です。Amazonを頻繁に使うなら、この一枚を持っておかないと損です…!

オリコカード THE POINT

入会6ヶ月は還元率2.0%、ネットショッピング・普段のお買い物でポイントがたくさん貯まります。券面がブラックでシンプルかっこいい。クレカだけでなく、ETCカードも年会費がずっと無料!

オリコカード THE POINT
入会特典入会後6ヵ月間はポイント還元率が2.0%にアップ
年会費(初年度) 無料
年会費(2年目~) 無料
ポイント還元率(通常) 1.0%
ポイント名:オリコポイント
ポイント還元率(最大) 2.0%
条件:入会後6ヵ月間はポイント還元率が2.0%にアップ
発行スピード(最短)1週間以上
  • 付帯保険(海外旅行):-
  • 付帯保険(国内旅行):-
  • 付帯保険(盗難保険):あり
  • 付帯保険(ショッピング保険):あり

他実施中キャンペーン:最大8,000円相当分ポイントもらえる!

国際ブランド③JCB

国際ブランドJCB

1961年創立の株式会社日本クレジットビューロー(JCB)が発行しています。

中国の銀聯カードが登場するまで、アメリカ系以外では唯一の国際ブランドでした。

韓国、台湾、シンガポールなどアジア諸国ではVISAやMasterCardと同様に使えます。

日本人がよく訪れるハワイやグアムなども利用が可能です。

世界的観点から見るとJCBはVISAやMasterCardに比べ、使用しづらいカードとなっていますが、海外から日本語のサポートが受けられるなど日本人にとって利用価値が高いカードなんです。

JCB自体もクレジットカードを発行しており、サービスやサポートが充実しているのが特徴です。

日本人なら持っておきたいカードと言えますね。

また、意外にも知られていませんが、JCBはAmericanExpressと提携しており、JCBとAmericanExpressは互いの加盟店でカード決済を利用できます。

しかし、海外のAmericanExpress加盟店でJCBを使う場合、提携して使える旨を現地語で説明するケースが出てくるかもしれないので注意が必要です。

学生向けでオススメのJCBカードは「JCB CARD W」です。Amazonやスターバックスやセブンイレブンでポイント還元率が大幅アップしてお得です。

JCB CARD W

年会費がずっと無料のカードでは最高クラスの実力。入会3ヶ月は還元率2.0%・Amazon/セブン-イレブン/スタバでさらに還元率UP。

JCB CARD W
入会特典インターネット新規入会限定キャンペーン実施中。最大13,000円分プレゼント!
年会費(初年度) 無料
年会費(2年目~) 無料
ポイント還元率(通常) 1.0%
ポイント名:Oki Dokiポイント
ポイント還元率(最大) 3.5%
条件:加盟店での利用
発行スピード(最短)~3営業日
  • 付帯保険(海外旅行):○(利用付帯)
  • 付帯保険(国内旅行):-
  • 付帯保険(盗難保険):あり
  • 付帯保険(ショッピング保険):あり

他実施中キャンペーン:新規入会限定!ポイント4倍キャンペーン実施中。Amazon.co.jp利用でポイント最大7倍

国際ブランド④AMEX

国際ブランドAMEX

AMERICAN EXPRESS(通称、AMEX)は、トラベラーズチェックとクレジットカードの発行元であるアメリカ合衆国の企業であり、1958年からクレジット・カードを発行し始めました。

AMEXの世界シェアは4番手であるのにも、人気がある理由は付帯しているサービスが充実しているからです。

海外旅行保険が充実していたり、予約が難しいレストランを予約できたり、空港ラウンジを幅広く利用できたりと、決済としてのカード以外の面で魅力的です。

筆者は学生の頃からAMEXのクレジットカードを保有していて、一度海外で緊急入院したときにAMEXの海外保険に助けられました…(笑)

学生向けでオススメのAMEXカードは「セゾンブルーアメックスカード」です。

セゾンとの提携カードで、海外保険がかなり充実しています。さらに26歳までは年会費無料で保有できるのですが、AMEXを無料で手に入れるのはこのカードだけです!

無料だからといって特典が劣っているわけではないので、筆者イチオシのクレジットカード です。

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード

最大3,000万円の海外保険が自動付帯・海外利用で還元率2倍・アメックスが学生でも持てる!26歳まで年会費無料。※来店でのお受け取り(最短即日発行)の場合は、ICチップ機能の無いカードのお渡しとなります。あらかじめご了承ください。

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード
入会特典最大で永久不滅ポイント1,400ポイント(7,000円相当※)をプレゼント
年会費(初年度) 無料
年会費(2年目~) 条件付き無料
条件:26歳になるまでは年会費無料(通常年会費:2年目以降3,240円)
ポイント還元率(通常) 0.5%
ポイント名:永久不滅ポイント
ポイント還元率(最大) 1.0%
条件:海外利用時
発行スピード(最短)即日
  • 付帯保険(海外旅行):◎(自動付帯)
  • 付帯保険(国内旅行):○(利用付帯)
  • 付帯保険(盗難保険):あり
  • 付帯保険(ショッピング保険):あり

他実施中キャンペーン:U25応援キャンペーン(26歳まで年会費無料)

アメックスについては、こちらの特集記事でもまとめています。
学生でもアメックスが持てる!?年会費無料で、アメックスのステータスと豪華な特典を手にする方法とは・・・

どの国際ブランドが良いの?→だいたいはどれを選んでも大丈夫!

持つべきクレジットカード (国際ブランド別)

正直、どの国際ブランドを選んでも大きな差はほとんどない世の中になってきています。

強いていうなら、VISAとMasterが世界シェアの84%をしめるので、VISAかMasterを選んでおくのが無難です。

アメリカのクレジット決済専門誌「NILSON REPORT」が2015年に行った調査によると、VISAは全世界のクレジットカードの売り上げの58%、MasterCardは26%を数え、それぞれ世界シェア1位と2位です。

海外旅行に行きたい人はVISAブランドのカードがオススメ

国際シェアNo.1はVISAカードです。三井住友VISAカードが国内では有名ですね。

海外旅行での買い物などは、基本的にVISAを持っていれば安心です。

 

前述の通り、会員数・加盟店舗数では「決済カードブランド」であるVISAとMasterCardの2大ブランドが圧倒的な人気を誇っており、国内外問わず利用の幅が広いのが特徴です。

海外旅行の出発前にカード作りで迷ったら、この2つのブランドのどちらかを選ぶと間違いないと思います。

三井住友VISAデビュープラスカード

超有名なブランド力・セキュリティに安心感があります。さらに入会3ヶ月は還元率2.5%・通常でも還元率1.0%・コンビニ大手(セブン・ファミマ・ローソン)+マクドナルドでの利用は、ポイント還元率がさらに2.0%アップと普段使いで超お得なカード。はじめてのクレカとしての使いやすさで大人気です。

三井住友VISAデビュープラスカード
入会特典キャッシュレスプラン:新規入会&Vpassアプリログインで もれなくご利用金額の20% 最大8,000円プレゼント
年会費(初年度) 無料
年会費(2年目~) 条件付き無料
条件:前年1回以上の利用
ポイント還元率(通常) 1.0%
ポイント名:ワールドプレゼントポイント
ポイント還元率(最大) 2.5%
条件:入会後3ヵ月間
発行スピード(最短)~3営業日
  • 付帯保険(海外旅行):-
  • 付帯保険(国内旅行):-
  • 付帯保険(盗難保険):あり
  • 付帯保険(ショッピング保険):あり

他実施中キャンペーン:コンビニ(セブン・ファミマ・ローソン)マクドナルドなど対象店舗でポイント5倍、Apple PayのiDでお支払いでさらに5倍、合計10倍!

国内No.1シェアのJCBは国内最強だが海外ではちょっと力不足か…

日本では、クレジットカードが使えるお店であればJCBが使えないという事はまずありません。

日本人なら一枚持っておいて損はないでしょう。ただ海外で使えない店舗があったり、海外のネット通販サイトで使えないことがあります。

筆者も、JCBカードしか持ってなかった頃にJCB非対応のネット通販に当たって悔しかったことがあります。

JCB CARD W

年会費がずっと無料のカードでは最高クラスの実力。入会3ヶ月は還元率2.0%・Amazon/セブン-イレブン/スタバでさらに還元率UP。

JCB CARD W
入会特典インターネット新規入会限定キャンペーン実施中。最大13,000円分プレゼント!
年会費(初年度) 無料
年会費(2年目~) 無料
ポイント還元率(通常) 1.0%
ポイント名:Oki Dokiポイント
ポイント還元率(最大) 3.5%
条件:加盟店での利用
発行スピード(最短)~3営業日
  • 付帯保険(海外旅行):○(利用付帯)
  • 付帯保険(国内旅行):-
  • 付帯保険(盗難保険):あり
  • 付帯保険(ショッピング保険):あり

他実施中キャンペーン:新規入会限定!ポイント4倍キャンペーン実施中。Amazon.co.jp利用でポイント最大7倍

海外旅行保険を充実するならAMEXがダントツ

海外旅行保険のことを考えると、やはりAMEXです。

筆者はタイで食あたりが原因で緊急入院したのですが、そのときの入院費と診療費16万円を無料にできました。

また先にAMEXに電話することで病院を紹介してくれ、病院側にも事前に話を通しておいてくれたため、かなりスムーズに治療を受けることができました

これには本当に感動しました…。

学生がAMEXのクレジットカードを持つなら、26歳までは年会費無料で保有できる「セゾンブルー」がオススメです。

もちろん、海外保険は充実しており、他にも手荷物無料宅配サービスや海外用Wi-Fi・携帯電話レンタル割引など旅をサポートしてくれるサービスが豊富です。

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード

最大3,000万円の海外保険が自動付帯・海外利用で還元率2倍・アメックスが学生でも持てる!26歳まで年会費無料。※来店でのお受け取り(最短即日発行)の場合は、ICチップ機能の無いカードのお渡しとなります。あらかじめご了承ください。

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード
入会特典最大で永久不滅ポイント1,400ポイント(7,000円相当※)をプレゼント
年会費(初年度) 無料
年会費(2年目~) 条件付き無料
条件:26歳になるまでは年会費無料(通常年会費:2年目以降3,240円)
ポイント還元率(通常) 0.5%
ポイント名:永久不滅ポイント
ポイント還元率(最大) 1.0%
条件:海外利用時
発行スピード(最短)即日
  • 付帯保険(海外旅行):◎(自動付帯)
  • 付帯保険(国内旅行):○(利用付帯)
  • 付帯保険(盗難保険):あり
  • 付帯保険(ショッピング保険):あり

他実施中キャンペーン:U25応援キャンペーン(26歳まで年会費無料)

まとめ:国際ブランドを分散してクレジットカードを持っておこう!

国際ブランドを分散してクレジットカードを持っておこう

これまで書いてきた内容のように、海外店舗や一部ネットサービスでは使えないブランドがあります。

クレジットカードを複数枚発行する場合は、国際ブランドを分散をしておくのがオススメです。

海外に行く方は、上記3ブランドを1枚ずつ持っているといいですね。

もっと詳しく、クレジットカードを勉強したくなった場合は以下の記事もぜひ合わせてご覧ください。

学生がクレカを持つときに読んでほしい記事

はじめてのクレジットカード、トラブル・使いすぎを防ぐ10個の安心ルール。【学生さん・親御さんにオススメ!】

クレジットカード何枚持つべき?平均枚数は3枚!選び方・整理のコツ

クレジットカードは海外旅行(留学)でなぜ必要!?オススメの選び方・保険・失敗しない注意点まとめ!

クレジットカードの仕組みってどうなってるの?クレジットカードを初めて作る学生でもわかるように徹底解説!

「この記事、参考になった!」と思っていただけましたか?

▼ぜひブクマ・シェアお願いします!

周りの方・ご友人が悩んでいる時にもぜひ教えてあげてください。m(_ _)m

運営者プロフィール

学生クレカ管理人

学生クレカ管理人

自分が大学生・未成年時代のお金・クレジットカードの失敗経験をもとに、同じ失敗をする人・クレジットカードについて悩む人を一人でも減らしたいという気持ちで当サイトを6年以上運営しているクレジットカードの専門家。

 

100枚以上のクレジットカードを比較検討し、累計19枚のカードを所有してきた(大学生の頃は6枚所有)。マイルを累計20万以上保有。航空券をほぼ無料にし、ふらっと旅行に出かけるのが趣味。Amazonでのお買い物も累計30万円分以上、ほぼポイントで済ませている。

 

カード会社幹部や広報部・外部の専門家ともつながりがあり、常に知識をアップデートしている。

 

これからも、少しでもわかりやすい記事を届けられるように努力していきます!

 

▼注目コンテンツ!

▼LINEでの相談も、気軽にどうぞ!

かんたん検索でクレジットカードを選ぶ!自分にピッタリなカードが「ズバッと」見つかる人気ランキングからクレジットカードを選ぶ!

自分にピッタリのクレジットカードの選び方がわからない方は、基礎知識・おすすめカードの選び方が一気に学べるトップページをぜひ見てください。→ https://学生クレジットカード.com

失敗しないクレカ選びのポイント!

creca_footer_link