Amazonカード

AmazonカードよりAmazonでポイントが貯まるカード、実はオリコ・JCBがスゴい!?学生は生活用品をなるべくAmazonで購入すればかなりお得に…!

Amazonは今や学生にとっても必須サイトです。

Amazonをクレジットカードで支払っている場合、使用カードによって付与されるポイントに差があるって知ってましたか?

使っているカードによってはとても損をしているかもしれません…。

今回はAmazonが発行しているクレジットカードより、ポイントが貯まりやすいクレジットカードをご紹介します!

1. Amazonが発行するクレジットカード

Amazonカード
出典:https://www.smbc-card.com/nyukai/affiliate/Amazon/index.jsp

1-1. 年会費

Amazonが発行している「Amazon MasterCardクラシック(通称Amazonマスタークラシック)」は年会費は1,350円(税込・初年度無料)です。
ただし、前年度に1回以上使っていれば次年度も無料ですよ。

1ランク上げると「Amazon MasterCardゴールド」も選ぶことができます

こちらは年会費10,800円(税込)がかかりますが、初年度に限りマイ・ペイすリボを選択すると5,400円(税込)です。

また、翌年度以降はマイ・ペイすリボ割引に加えWeb明細割引1,080円(税込)を加えることで、年会費は4,320円まで抑えることができます。

その上、このカードはAmazonプライム会員の年会費(3,900円)が免除されるため、実質420円でゴールドカードを持つことができるのです!

※ただし…Amazonゴールドは「満20歳以上・収入要」という申込条件があるため多くの学生はそもそも審査に通らないカードなのです・・・。

1-2. ポイント還元率は最大2%

Amazonマスタークラシックを使うと貯まるポイントはAmazonポイントです。

利用額の1.5%が貯まる仕組みになっており、Amazonプライム会員であれば2%貯まります。
Amazon以外で利用した場合でもポイント還元率は1%となっており、一般的なクレジットカード(還元率0.5%)と比べると若干高めになっています。

Amazon MasterCardゴールドのポイント還元率はプライム会員関係なく2.5%です。
ただし、Amazon以外での買い物は1%なのでAmazonマスタークラシックと変わりません。

1-3. ポイントの使い道

Amazonマスタークラシック/Amazon MasterCardゴールドのポイントはAmazonでのみ利用することができます。

1ポイント=1円相当としてAmazonでのショッピングで使うことができます。
注文確定画面で「Amazonポイントを使う」というところに利用したいポイント数を入力してくださいね。
※マゾンギフト券のように自動適用ではないので注意が必要です

また、Amazon以外にポイントを使うことはできませんので、その点も注意しましょう。

1-4. 発行対象は?

Amazonマスタークラシックの発行対象は満18歳以上(高校生以外)の方です。
未成年者でも持つことができますが、親権者の同意が必要です。
発行元の三井住友カードより親権者宛てに連絡がいきます

Amazon MasterCardゴールドの発行対象は、満20歳以上の方で本人に安定継続収入がある方です。
満20歳以上の方を対象としているので親権者の同意は必要ありません。

1-5. 即時審査に対応

Amazonマスタークラシックは、満20歳以上かつ支払口座をインターネットで手続き完了できる方を即時審査の対象者としています。
※9時から19時までの受付分が対象。

利用可能枠3万円のテンポラリーカードが発行されます。
なお、Amazon MasterCardゴールドは即時審査に対応していませんが、インターネットから申し込めば最短3営業日で発行されます。

2. オリコカード ザ ポイントなら還元率は2%!?

オリコカード
出典:http://www.orico.co.jp/creditcard/thepoint/

2-1. 年会費

Orico Card THE POINT(オリコカード ザ ポイント)の年会費は永年無料です。

年に1回も使わなくても年会費が発生するということないため、何もせず持っているだけでも年会費は無料です。

2-2. ポイント還元率は常に1%

一般的なクレジットカードの場合、ポイント還元率は0.5%とされています。
しかし、オリコカード ザ ポイントの場合は1%と高い還元率が示されています。

100円ごとに1オリコポイントが貯まる仕組みです。さらに入会後6カ月間は常に2%貯まります。

2-3. オリコモールの活用でさらにお得!

オリコモールを使うと通常のオリコポイント獲得分に上乗せで0.5%が付与されます。

たとえばAmazonで買い物をする場合、直接Amazonにアクセスして買い物をすると1%しかポイントは付与されません。

しかし、オリコモールを経由してAmazonで買い物をすると、1%の通常ポイントに加え0.5%のボーナスポイントが付与されます。

2-4. 国際ブランドは3種類!

オリコカード ザ ポイントに搭載することのできる国際ブランドは、VISA・MasterCard・JCBの3種類です。

どのブランドを選んでも受けられる特典に差はありません。
基本的にどのブランドも世界中で使うことができますので、好きなブランドを選ぶといいでしょう。

2-5. 学生の場合は郵送で!

学生の方がオリコカード ザ ポイントを作りたいと思った場合は郵送での手続きのみとなります。

郵送手続きの場合、「郵送申し込み」と書かれているところをクリックし、フォームに必要事項をすべて記入します。

オリコ側で審査が終わりましたら申込用紙が郵送されてきますので、中身を確認し本人確認書類のコピーをオリコに返送してください。
申込用紙がオリコ側に届き、確認ができた後にカードが発行され届けられます。

これが郵送手続きの一連の流れです。
大体3~4週間程度でカードは発行されると思いますが、その時の混雑具合によって変動しますので、急いでいる方はオリコに相談してみてくださいね。

3. JCB CARD Wも学生には使い勝手抜群!

JCBW
出典:https://www.jcb.co.jp/ordercard/kojin_card/os_card_w.html#contents__card__personal__detail__basicInfo

3-1. JCB CARD Wとは?

JCB CARD Wとは、JCBが発行するカードの一種です。
若年層向けに作られており、18歳から39歳までが申し込み対象となっています。
もちろん学生でも申し込みができます!

3-2. 年会費は無料!

JCB CARD Wの年会費は無料

実質年会費無料等ではなく、特段何もしなくても「年会費が無料」なんです!
クレジットカードは初めてだから使いこなせるかわからない…という初心者さんにも安心です。

3-3. ポイントがザクザク貯まる!

JCB CARD EXTAGEは、OkiDokiポイントと呼ばれるJCBが運営するポイントプログラムに加入しています。

通常1,000円で1ポイント付与されるのですが、JCB CARD Wの場合、ポイントが2倍になる特典つきです!
つまり、1,000円で2ポイント貯まります

3-4. 加盟店でさらにお得に!

加盟店一覧
出典:https://www.jcb.co.jp/ordercard/os.html

JCB CARD Wには特定のお店で使用するとポイントがさらに増える優待制度があります!
それらの優待店を「JCB ORIGINAL SERIESパートナー」と呼びます。
このラインナップがとてもよく「スターバックス」「アマゾン」「セブンイレブン」など、学生行きつけのお店が多いです。

たとえばAmazonであれば3倍のボーナスが付きます。
これならかなりのポイントを貯めることができるのではないでしょうか。

実際にシミュレーションしてみましょう。

JCB CARD Wを作って、1カ月にAmazonで10,000円分の買い物をしたとしましょう。

①まず通常ポイントは1,000円で1ポイントなので10ポイント付きます。
②さらに、JCB CARD Wの特典でポイントが2倍になり20ポイントとなります。
③これに加え、優待店ボーナスが3倍の20ポイント、がついてくるのです。
(③には通常ポイントの1倍が含まれています)

つまり合計で40ポイントが付与されます。

通常時と比較すると4倍増えている計算ですね!

ただし、買い物時は専用サイトからアクセスしたり、事前にキャンペーン登録する必要があるので注意しましょう。
詳しくはこちらをご覧ください。

4. 各カードのシミュレーション&まとめ

では最後に実際に得られるポイント数を比較してみましょう。

◆シミュレーション条件

Amazonで10,000円分の買い物をした場合(入会後のボーナス特典期間終了後とする)

カード名称

ポイント還元率付与ポイント差額(amazonクラシックと比較して)

Amazonクラシック

1.5%150P(150円相当)

Amazonゴールド

2.5%250P(250円相当)

+100円

オリコ カード ザ ポイント

1.5%

150P(150円相当)

±0円

JCB CARD W2.0%40P(200円相当)

+50円

※差額はポイント相当額で比較

このようになります。

やはり還元率1位はAmazonMasterCardゴールドでした。

年会費はかかりますが、amazonでたくさん買い物をする人にはプライム会員にもなれますし満足度の高いカードかと思います。

※ただし、、、満20歳以上・収入要という申込条件があるため多くの学生はそもそも審査に通らないカードなのです。

大人になって、年間100万円単位でAmazonを使うようなら入会を検討してもいいでしょう。

結論、学生にオススメなのはJCB CARD W!

還元率2位のJCB CARD Wが学生にはピッタリ。

年会費が無料でありながら、amazonでの商品購入時ポイント3倍特典は魅力的です。セブン-イレブンやスタバの店頭利用でも還元率が大幅に上がるカードなので普段使いにとてもいいカード。

高還元率・年会費タダのお得なカード:JCB CARD W

新登場!高いポイント還元率・年会費無料・39歳以下・WEB入会限定のクレジットカードです。
年会費年会費は永年無料!
還元率1.0%・スタバなら3.0%に!
発行まで最短3営業日発行
強み保険・還元率・カードデザインすべて強い
btn_free_regist ※Apple Pay対応カードです!

このように、Amazonでポイントを貯めることができるクレジットカードはAmazonカード以外にも存在します。各カードともにメリット・デメリットが存在しますので、自身が使いやすいクレジットカードを選択しましょう^^

AmazonカードとAmazonStudentの組み合わせ【Amazonをたくさん使う学生にオススメ!】

amazon_student_logo_small3

学生なら絶対に会員になるべきAmazonStudentとは?

学生ではないAmazonユーザーにとって本当にうらやましく思われているAmazonStudentという会員サービスをご存知でしょうか。もしAmazonを利用していて学生なのに、このサービスに入っていなかったとしたら、それはとても勿体ないことです。なのでぜひ一度このサービスを確認してみてくださいね。ここで簡単に概要を説明するとこのような感じです。

  • 本の購入で10%ポイント還元
  • 通常年会費3,900円かかるお急ぎ便がたったの年間1,900円で使い放題になる
  • 対象のKindle本を月に1冊無料で読める
  • 最初の6ヶ月は無料で便利さをお試しできる

いかがでしょうか。プライムサービスがお得に使えて、しかも本の購入でポイント還元が10%です。本の販売は法律で割引販売が禁止されていますので、ポイント還元というかたちで安く購入できるのは嬉しいサービスですよね。また、無料体験の期間がなんと6ヶ月間もあります。 この無料期間の6ヶ月間は、通常有料のお急ぎ便や日時指定便が使い放題となるので、どんどん利用しましょう。

ほかにもキャンペーンは頻繁に行われています。たとえば本だけでなくコミックや雑誌を買っても10%ポイント還元とか、服・ファッション小物・シューズ・バッグ・ジュエリーなどの対象商品がクーポン利用で5%割引になるキャンペーンなどがあります。メールでどんどんお得な情報が流れてくるので、登録したらメールをこまめにチェックすることをおすすめします。もし今現在学生をされている方なら、ぜひAmazonStudentを一度検討してみてはいかがでしょうか。


>>今スグAmazon Studentの詳細を見る!

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3
※特典が、こんなにいっぱい!

Amazonを頻繁に利用するならAmazonカードがおすすめ

そして、Amazonを頻繁に利用するなら、クレジットカードはAmazonカードがおすすめです。まずは簡単にカードスペックについて説明いたします。

  • 年会費:初年度無料。次年度以降1,350円(1度でもカード利用があれば無料)
  • 還元率:Amazon利用時1.5%~2.0%。通常利用時1.0%
  • 学生申し込み:もちろん可能

年会費が実質無料でポイント還元率が高いかなり高スペックなカードとなっています。通常の還元率が1.0%あれば、普段使いのカードとしても十分に利用価値がありますよね。そしてこのAmazonカードのメリットは、なんといってもAmazonを利用した時の還元率が驚異の1.5%以上ということ。ポイント還元率が1.5%を超えるクレジットカードは本当に数少ないので、かなり貴重な高還元率カードと言えます。

Amazonカードはどれくらいで作れる?

時間も選ばずいつでもできるので、カードの申し込みはWEB上で済ませるのがベストです。Amazonではクレジットカードの即時審査を行うことができて、指定時間内なら即時に審査結果が通知されるようですが、あいにく学生では即時審査は受けることができないようです。

しかし、ものの2時間程度で審査結果のメールが届いたのでこれはこれで即時審査と呼べるぐらい早いです。わたしの場合、Amazonのクレジットカードの審査に2時間程でパスしました。カードは原則2営業日後に発送されるそうです。クレジットカード会社によっては1週間以上待つこともあるので、十分早いと言えます。

AmazonStudent会員になるための条件って?

AmazonStudentの会員になるための条件は以下の通りです。

  • 日本国内にある大学、大学院、短期大学、専門学校、高等専門学校の学生であること
  • 「ac.jp」等の学生用Eメールアドレス(当サイトの基準によります。)を持っていること(学生用Eメールアドレスがない場合は、学生証の写しなど学生であることを確認できる書類をカスタマーサービスにお送りいただく必要があります)
  • Amazon.co.jp のアカウントを持っていること
  • 年会費をお支払いいただくためのクレジットカードまたはVisaデビットカードを持っていること(親権者の同意があれば、親権者のクレジットカードまたはVisaデビットカードでも可)
  • Amazon Student 会員限定の特典やキャンペーンなどの、お得な情報をメールで受信することに同意いただけること
  • 未成年者の場合は、親権者の同意があること
  • Amazon MasterCardゴールド付帯のAmazonプライム特典を受けていないこと

大学生だけでなく、大学院生や短大生、専門学生までも対象となります。会員になるためには自分自身または親御さんのクレジットカードの所有も必須のため、ぜひこの機会に一緒にAmazonカードを発行してしまいましょう。

また、学生ではない人がインチキができないように、学生用のメールアドレスの提出は必須です。しかし、それらが発行されない学校もあるようで、その場合はアマゾンカスタマーサービスに学生証や在学証明、または受講証明書の写しを送る必要があります。

Amazon Studentに入会する前に知っておきたいこと

Amazon Studentに入会する前に、注意事項をしっかり確認しておきましょう。まずは、会員になると、最大4年は自動更新されるということ。4年経つと、Amazonの上顧客として年会費3900円の通常のプライム会員に晴れて昇格します。というより、自動的に一般会員になります。大学1年生のときから入っていたとしたら、もし留年してしまっても5年目からは一般会員になるということですね。

それから、無料期間である最初の6ヶ月はKindle本の提供はありません。紙の本をお得に買ってくださいという意味でしょう。また、他の会員メリットとは併用できないことと、無料期間を何度も使うことはできません。こういったセコいことができないよう、クレジットカードでの登録が必須なのでしょうね。

さらに、AmazonStudentに登録したものの、「結局ほとんど利用してないし、解約したい!」という方は、半年以内に登録を解除すれば会費は発生しません。しかしうっかり半年が経過すると、有無を言わさず会費が発生いてしまいます。また、当然ですが、AmazonStudent会員資格は共有できません。

AmazonStudentは就職活動も応援してくれる!?

AmazonStudentには就活応援ストアといって、就活生のためのコンテンツも揃っています。スーツや書籍、各種マニュアル本など、ほしいものがすぐに手に入れられます。詳しくは下記のリンクを見てみてください。

就活応援ストア:https://www.amazon.co.jp/b?node=2411604051&tag=warudorado888-22&camp=1567&creative=28771&linkCode=ur1&adid=0K75XGVD7APJY8BHYDX9&

友達を紹介でクーポンをゲット!

また、AmazonStudentの会員が、友人や家族を紹介すれば、紹介一人につき1,000円のAmazonクーポンが貰えるます。FacebookやTwitterなどでも友達に紹介できます。誘い方としては、500円ずつ山分けしよう、というのが一番無難でいいかと思います。

親御さんにもいいことたくさん!

ここからは、親御さんにAmazonStudentに登録することを説得する材料として活用してください!(笑)未成年の方は必見です。

AmazonStudentで子供の浪費をチェックできる

大学生のお子さんを持つ親御さんはみなお金のことで苦労します。でも、かわいい我が子のためにはケチケチしすぎるのも可哀想です。必要な物は買ってあげたいけれども、どうせなら安くお得に買えるほうがいいに決まってます。

そんなときにはAmazonStudentを活用しましょう。登録は子供の学籍登録を利用、支払いは親のクレジットカードを指定すればOK。これなら支払いの明細は親に届きますから、アマゾンで好き放題に買い物をされようものなら、即刻利用を制限できます。当然、子供ともしっかり話し合ってルールを決めておく必要がありますが、無駄な浪費をチェックできます。親も管理ができるというのは安心ポイントですよね。

AmazonStudentを活用して子供たちに安心感を与える

AmazonStudentを利用して、必要な本や文房具などはどんどん買っていいんだよと子供に伝えます。そうすることで、「親に期待されてる、任されてるんだな。心配かけないようにがんばんなきゃ」と漫画のように上手いこと行くかはわかりませんが、親が子供を信頼しているということは伝わるはずです。常に支えてくれている人がいるというのは心強いものです。そういった安心感が根底にあれば、学生として勉強、サークル活動、友人との交流など若いうちに体験しておくべきことに集中できるはずです。

AmazonStudentを活用して子供たちに勉強に集中してもらう

最近では奨学金を借りて大学に通う学生も少なくありません。学費を稼ぐために、昼夜を問わずバイトしている苦学生の話も聞きますが、それでは何のために大学に通っているのかわからず、本末転倒です。

AmazonStudentを利用することで、学費を捻出することはできませんが、本やパソコンを買うのを躊躇したり、そのためにバイトしてお金を稼ぐのでは無駄が多すぎます。また、本屋や家電店まで行くのには時間もお金もかかります。

Amazonならぽちっとすれば、必要なときに自宅まで送ってくれるんですから、わざわざ店に行くのにかかっていた時間をもっと有意義に活かせるという訳です。日本では、必死で勉強する大学生はほぼ絶滅状態かもしれませんが、勉強にかぎらず学生のうちしかできないことって、あるわけですよ。

それを親として、ひっそりと暖かく見守る、その方法の一つとしてAmazonStudentがあると考えれば良いのではないでしょうか。自分でお金を稼ぐようになると、絶対親の有り難みが身にしみてわかるはずなので、子供の心を育てるためにも、生活に無駄がないように仕向けるのも親の心遣いでしょう。

まとめ

学生でAmazonを頻繁に利用するならAmazonStudentが断然お勧めです。なぜなら、プライムサービスが格安で利用できて、本購入のポイント還元率が10%。しかも月に1冊ですが対象の本がKindleで無料で読めてしまいます。ちなみに、Kindleはあまり知られていないようですが、専用端末が無くてもスマホやタブレットを持っていれば利用可能です。OSはiOS、Androidのどちらも対応していますのでご安心ください。

そして、Amazonカードを利用することによって、Amazonでの購入でさらにポイントが貯まりやすくなります。また、Amazon以外の利用でもポイント還元率が1.0%ありますので、このカードは普段のお買い物でも十分にポイントが貯まりやすいカードと言えます。こんなにメリットがたくさんのAmazonStudentとAmazonカード。学生の方ならぜひ検討してみてください。ちなみにですが、AmazonStudentは放送大学の学生でも申し込みが可能ですので、もうすでに学校を卒業して社会人になった方でも利用できるチャンスはありますよ。


>>今スグAmazon Studentの詳細を見る!