高還元率カード

リーダーズカードは通常時1.25%・ネット1.75%以上の超★高還元率・初年度年会費無料!とりあえずお買い物メインな学生にはいいかも。

リーダーズカード

ショッピングメインの学生に最適

リーダーズカードは常設のポイント還元率が「1.25%」、ネットショッピングはジャックスモールを経由すると「1.75%」に。年会費無料(※初年度)カードの通常時では国内最強の高還元率カードです。

日常使いで簡単に高還元率からポイントを貯められることが魅力であり、学生にとっても恩恵を感じやすいクレジットカードです。

リーダーズカードのスペック

高還元率のリーダーズカード

  • 年会費:2,500円
  • 旅行保険:海外最高2,000万円、国内最高1,000万円
  • ショッピング保険:なし
  • ポイントプログラム:リーダーズカードポイント
  • ポイント還元率:1.25%~1.75%

リーダーズカードの注目点はポイント還元率ですが、しっかりと旅行保険が備わっているところも優秀です。

年会費無料カードの旅行保険は海外旅行保険と国内旅行保険のどちらかが付帯されているパターンが多いもの。

リーダーズカードは高還元率だけでなく、国内外の旅行保険が付いているため、実は旅行用のクレジットカードとしても実用性が高いんです!

ポイント還元率はどこで使っても1.25%が約束されており、さらにネットショッピングはジャックスモールを経由すると1.75%に上がります。

街中でもネットでも高還元率でポイントを得られます。

初年度は年会費無料

リーダーズカードは初年度の年会費が無料です。

次年度以降は2,500円の年会費が発生しますが、年間30万円以上使うと年会費が無料です。

毎月2.5万円決済していればこの基準に到達しますので、学生にとってもさほど高いハードルでないかと思われます。

リーダーズカードを作るなら、こちらから!

リーダーズカード

btn_free_regist

ポイントの使い道

リーダーズカードは「リーダーズカードポイント」というポイントプログラムが搭載されています。

  • Jデポ:3,500ポイント→4,000Jデポ(1.25%)
  • Gポイント:3,500ポイント→4,000Gポイント(1.25%)
  • ANAマイル:3,500ポイント→2,400マイル(0.74%)

リーダーズカードポイントは「3,500ポイント以上」から使うことができ、主な使い道は上記の3種があります。

Jデポはジャックスの独自サービスであり、貯まったポイントをJデポに使うとクレジットカードの請求額に対する割引に当てることができます。

下手に商品交換のためにポイントを使うよりも確実にポイントの恩恵を得られますね。

Gポイントはジー・プラン株式会社が運営する共通ポイントであり、こちらに移行すると「Amazonギフト券」や「Tポイント」など、ポイントの使い道がかなり広くなります。

ANAマイルだけは移行レートが低く設定されているため、ポイント還元率は0.74%とやや低くなります。

リーダーズカードのポイント付与

リーダーズカードのポイント付与は以下となります。

  • 通常:1,000円で11ポイント付与(1.25%)
  • リボ払い:1,000円で14ポイント付与(1.60%)
  • nanacoへチャージ:1,000円で3ポイント付与(0.34%)
  • ジャックスモール:最低0.5%以上がプラス(1.75%)

リーダーズカードポイントは1ポイントの価値が決まっていないため、ポイントの使い道とカードの使い方によって還元率が変わります。

上記は「Jデポ」や「Gポイント」にポイントを使うケースにおける還元率ですが、ANAマイルへ移行する場合は移行レートが低いので1ポイントの価値が安くなることから還元率も低くなります。

常設1.25%は本当なの?

リーダーズカードは常設のポイント還元率が1.25%ですが、これは通常利用「1,000円で11ポイント付与」において、JデポやGポイントの「3,500ポイント→4,000円」の移行レートにおける場合の還元率です。

まず、このレートにおけるリーダーズカードポイントの1ポイントの価値は、「4,000円」÷「3,500ポイント」=「1.14円」となります。これを「1,000円で11ポイント付与」に当てはめると、1,000円で「11ポイント」×「1.14円」=「12.5円」となります。

これをポイント還元率として表すために100円単位に揃えると「1,000円で12.5円」→「100円で1.25円」となり、ポイント還元率は1.25%です。

また、ジャックスモールで1.75%については、ジャックスモールを経由するとボーナスポイントが付与され、それを還元率計算すると下限が約0.5%になるため、「常設1.25%」+「0.5%」=「1.75%以上」というポイント還元率に。

ちなみにANAマイルの場合は移行レートが「3,500ポイント→2,400マイル」なので、「2,400マイル(2,400円)」÷「3,500ポイント」=「0.68円」です。

この場合、リーダーズカードポイントの1ポイントの価値は0.68円です。

あとは、これを「1000円で11ポイント付与」に当てはめると、1,000円で「11ポイント」×「0.68円」=「7.4円」となるため、100円単位に揃えると「1,000円で7.4円」→「100円で0.74円」でポイント還元率は0.74%です。

リーダーズカードのお得な使い方は?

リーダーズカードは工夫しなくても常設1.25%でポイントが貯まるので、とくにお得な使い方を意識する必要はありません。

ただし、ネットショッピングも街中と同じで1.25%ですが、ジャックスモールを経由すると「0.5%」以上がプラスとして付与されるので、目的のショップがジャックスモールにあるかどうかは確認しておく方がいいですね。

ネットでお買い物をしようと思ったら、まずジャックスモールを覗いてみましょう。

年間30万円でポイントはいくらたまる?

リーダーズカードは次年度以降に2,500円の年会費が掛かるため、年間30万円を目標として支払いに使っていきたいところです。

  • 1,000円で11ポイント
  • 10,000円で111ポイント
  • 100,000円で1,111ポイント
  • 200,000円で2,222ポイント
  • 300,000円で3,333ポイント

カード所有2年目以降は、年間30万円を達成すると、「次年度年会費無料」+「3,333ポイント」のメリットがあります。

「30万円」÷「12ヶ月」=「25,000円」

月々約25,000を目標にしておけば、年間30万円を達成しやすくなります。

ジャックスモール

ジャックスモール」は以下のように有名ショップが揃っているため、わりと実用的なポイントモールです。

  • Amazon(0.5%)
  • 楽天(0.5%)
  • Yahoo!ショッピング(0.5%)
  • ヤフオク(0.5%)
  • ユニクロ(0.5%)

どちらかというと、他社のポイントモールと比較すれば人気ショップが多い印象があるため、ネットショッピング専用としても実用性を見出せるクレジットカードです。

上記以外にも「アディダス」や「エクスペディア」など、各ジャンルにおいて定番のショップがあるので、通販サイトのショッピングだけではなくネットで旅行予約をしたい場合などにおいてもお得です。

使い方を工夫しなくてよいところが魅力

高還元率のクレジットカードは「○○のお店で1.0%!」というように特定のシチュエーションでポイントが高くなるカードが多いですが、リーダーズカードは何も工夫をしなくても高還元率なところが魅力的です。

学生にとっても街中とネットの両方で高還元率からポイントを貯められるクレジットカードなので、シンプルかつ優秀なカードが欲しい方にオススメです!

リーダーズカードを作るなら、こちらから!

超高還元率

リーダーズカード

smp_arrow
btn_free_regist

AmazonカードとAmazonStudentの組み合わせ【Amazonをたくさん使う学生にオススメ!】

amazon_student_logo_small3

学生なら絶対に会員になるべきAmazonStudentとは?

学生ではないAmazonユーザーにとって本当にうらやましく思われているAmazonStudentという会員サービスをご存知でしょうか。もしAmazonを利用していて学生なのに、このサービスに入っていなかったとしたら、それはとても勿体ないことです。なのでぜひ一度このサービスを確認してみてくださいね。ここで簡単に概要を説明するとこのような感じです。

  • 本の購入で10%ポイント還元
  • 通常年会費3,900円かかるお急ぎ便がたったの年間1,900円で使い放題になる
  • 対象のKindle本を月に1冊無料で読める
  • 最初の6ヶ月は無料で便利さをお試しできる

いかがでしょうか。プライムサービスがお得に使えて、しかも本の購入でポイント還元が10%です。本の販売は法律で割引販売が禁止されていますので、ポイント還元というかたちで安く購入できるのは嬉しいサービスですよね。また、無料体験の期間がなんと6ヶ月間もあります。 この無料期間の6ヶ月間は、通常有料のお急ぎ便や日時指定便が使い放題となるので、どんどん利用しましょう。

ほかにもキャンペーンは頻繁に行われています。たとえば本だけでなくコミックや雑誌を買っても10%ポイント還元とか、服・ファッション小物・シューズ・バッグ・ジュエリーなどの対象商品がクーポン利用で5%割引になるキャンペーンなどがあります。メールでどんどんお得な情報が流れてくるので、登録したらメールをこまめにチェックすることをおすすめします。もし今現在学生をされている方なら、ぜひAmazonStudentを一度検討してみてはいかがでしょうか。


>>今スグAmazon Studentの詳細を見る!

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3
※特典が、こんなにいっぱい!

Amazonを頻繁に利用するならAmazonカードがおすすめ

そして、Amazonを頻繁に利用するなら、クレジットカードはAmazonカードがおすすめです。まずは簡単にカードスペックについて説明いたします。

  • 年会費:初年度無料。次年度以降1,350円(1度でもカード利用があれば無料)
  • 還元率:Amazon利用時1.5%~2.0%。通常利用時1.0%
  • 学生申し込み:もちろん可能

年会費が実質無料でポイント還元率が高いかなり高スペックなカードとなっています。通常の還元率が1.0%あれば、普段使いのカードとしても十分に利用価値がありますよね。そしてこのAmazonカードのメリットは、なんといってもAmazonを利用した時の還元率が驚異の1.5%以上ということ。ポイント還元率が1.5%を超えるクレジットカードは本当に数少ないので、かなり貴重な高還元率カードと言えます。

Amazonカードはどれくらいで作れる?

時間も選ばずいつでもできるので、カードの申し込みはWEB上で済ませるのがベストです。Amazonではクレジットカードの即時審査を行うことができて、指定時間内なら即時に審査結果が通知されるようですが、あいにく学生では即時審査は受けることができないようです。

しかし、ものの2時間程度で審査結果のメールが届いたのでこれはこれで即時審査と呼べるぐらい早いです。わたしの場合、Amazonのクレジットカードの審査に2時間程でパスしました。カードは原則2営業日後に発送されるそうです。クレジットカード会社によっては1週間以上待つこともあるので、十分早いと言えます。

AmazonStudent会員になるための条件って?

AmazonStudentの会員になるための条件は以下の通りです。

  • 日本国内にある大学、大学院、短期大学、専門学校、高等専門学校の学生であること
  • 「ac.jp」等の学生用Eメールアドレス(当サイトの基準によります。)を持っていること(学生用Eメールアドレスがない場合は、学生証の写しなど学生であることを確認できる書類をカスタマーサービスにお送りいただく必要があります)
  • Amazon.co.jp のアカウントを持っていること
  • 年会費をお支払いいただくためのクレジットカードまたはVisaデビットカードを持っていること(親権者の同意があれば、親権者のクレジットカードまたはVisaデビットカードでも可)
  • Amazon Student 会員限定の特典やキャンペーンなどの、お得な情報をメールで受信することに同意いただけること
  • 未成年者の場合は、親権者の同意があること
  • Amazon MasterCardゴールド付帯のAmazonプライム特典を受けていないこと

大学生だけでなく、大学院生や短大生、専門学生までも対象となります。会員になるためには自分自身または親御さんのクレジットカードの所有も必須のため、ぜひこの機会に一緒にAmazonカードを発行してしまいましょう。

また、学生ではない人がインチキができないように、学生用のメールアドレスの提出は必須です。しかし、それらが発行されない学校もあるようで、その場合はアマゾンカスタマーサービスに学生証や在学証明、または受講証明書の写しを送る必要があります。

Amazon Studentに入会する前に知っておきたいこと

Amazon Studentに入会する前に、注意事項をしっかり確認しておきましょう。まずは、会員になると、最大4年は自動更新されるということ。4年経つと、Amazonの上顧客として年会費3900円の通常のプライム会員に晴れて昇格します。というより、自動的に一般会員になります。大学1年生のときから入っていたとしたら、もし留年してしまっても5年目からは一般会員になるということですね。

それから、無料期間である最初の6ヶ月はKindle本の提供はありません。紙の本をお得に買ってくださいという意味でしょう。また、他の会員メリットとは併用できないことと、無料期間を何度も使うことはできません。こういったセコいことができないよう、クレジットカードでの登録が必須なのでしょうね。

さらに、AmazonStudentに登録したものの、「結局ほとんど利用してないし、解約したい!」という方は、半年以内に登録を解除すれば会費は発生しません。しかしうっかり半年が経過すると、有無を言わさず会費が発生いてしまいます。また、当然ですが、AmazonStudent会員資格は共有できません。

AmazonStudentは就職活動も応援してくれる!?

AmazonStudentには就活応援ストアといって、就活生のためのコンテンツも揃っています。スーツや書籍、各種マニュアル本など、ほしいものがすぐに手に入れられます。詳しくは下記のリンクを見てみてください。

就活応援ストア:https://www.amazon.co.jp/b?node=2411604051&tag=warudorado888-22&camp=1567&creative=28771&linkCode=ur1&adid=0K75XGVD7APJY8BHYDX9&

友達を紹介でクーポンをゲット!

また、AmazonStudentの会員が、友人や家族を紹介すれば、紹介一人につき1,000円のAmazonクーポンが貰えるます。FacebookやTwitterなどでも友達に紹介できます。誘い方としては、500円ずつ山分けしよう、というのが一番無難でいいかと思います。

親御さんにもいいことたくさん!

ここからは、親御さんにAmazonStudentに登録することを説得する材料として活用してください!(笑)未成年の方は必見です。

AmazonStudentで子供の浪費をチェックできる

大学生のお子さんを持つ親御さんはみなお金のことで苦労します。でも、かわいい我が子のためにはケチケチしすぎるのも可哀想です。必要な物は買ってあげたいけれども、どうせなら安くお得に買えるほうがいいに決まってます。

そんなときにはAmazonStudentを活用しましょう。登録は子供の学籍登録を利用、支払いは親のクレジットカードを指定すればOK。これなら支払いの明細は親に届きますから、アマゾンで好き放題に買い物をされようものなら、即刻利用を制限できます。当然、子供ともしっかり話し合ってルールを決めておく必要がありますが、無駄な浪費をチェックできます。親も管理ができるというのは安心ポイントですよね。

AmazonStudentを活用して子供たちに安心感を与える

AmazonStudentを利用して、必要な本や文房具などはどんどん買っていいんだよと子供に伝えます。そうすることで、「親に期待されてる、任されてるんだな。心配かけないようにがんばんなきゃ」と漫画のように上手いこと行くかはわかりませんが、親が子供を信頼しているということは伝わるはずです。常に支えてくれている人がいるというのは心強いものです。そういった安心感が根底にあれば、学生として勉強、サークル活動、友人との交流など若いうちに体験しておくべきことに集中できるはずです。

AmazonStudentを活用して子供たちに勉強に集中してもらう

最近では奨学金を借りて大学に通う学生も少なくありません。学費を稼ぐために、昼夜を問わずバイトしている苦学生の話も聞きますが、それでは何のために大学に通っているのかわからず、本末転倒です。

AmazonStudentを利用することで、学費を捻出することはできませんが、本やパソコンを買うのを躊躇したり、そのためにバイトしてお金を稼ぐのでは無駄が多すぎます。また、本屋や家電店まで行くのには時間もお金もかかります。

Amazonならぽちっとすれば、必要なときに自宅まで送ってくれるんですから、わざわざ店に行くのにかかっていた時間をもっと有意義に活かせるという訳です。日本では、必死で勉強する大学生はほぼ絶滅状態かもしれませんが、勉強にかぎらず学生のうちしかできないことって、あるわけですよ。

それを親として、ひっそりと暖かく見守る、その方法の一つとしてAmazonStudentがあると考えれば良いのではないでしょうか。自分でお金を稼ぐようになると、絶対親の有り難みが身にしみてわかるはずなので、子供の心を育てるためにも、生活に無駄がないように仕向けるのも親の心遣いでしょう。

まとめ

学生でAmazonを頻繁に利用するならAmazonStudentが断然お勧めです。なぜなら、プライムサービスが格安で利用できて、本購入のポイント還元率が10%。しかも月に1冊ですが対象の本がKindleで無料で読めてしまいます。ちなみに、Kindleはあまり知られていないようですが、専用端末が無くてもスマホやタブレットを持っていれば利用可能です。OSはiOS、Androidのどちらも対応していますのでご安心ください。

そして、Amazonカードを利用することによって、Amazonでの購入でさらにポイントが貯まりやすくなります。また、Amazon以外の利用でもポイント還元率が1.0%ありますので、このカードは普段のお買い物でも十分にポイントが貯まりやすいカードと言えます。こんなにメリットがたくさんのAmazonStudentとAmazonカード。学生の方ならぜひ検討してみてください。ちなみにですが、AmazonStudentは放送大学の学生でも申し込みが可能ですので、もうすでに学校を卒業して社会人になった方でも利用できるチャンスはありますよ。


>>今スグAmazon Studentの詳細を見る!