年会費

年会費永年無料のYahoo!JAPANカード(Tカード一体型)オススメ!溜まったポイントはTポイントとして気軽に使える!

Yahoo!Japanカード
参考:https://card.yahoo.co.jp/

皆さん「Tポイント」はご存知ですよね?
加盟店が多く、いろいろなお店で「Tポイント」という言葉を耳にするかと思います。

実はそんなTポイントを効率的に貯めることのできるクレジットカードがあります!

「Yahoo!JAPANカード」というカードです。
今回はYahoo!JAPANカードについて詳しくご紹介します。

1.Yahoo! JAPANカードの基本概要


出典:https://card.yahoo.co.jp/service/

1-1.年会費は無料

Yahoo! JAPANカードは年会費永年無料のクレジットカード

通常、多くのクレジットカードは年会費を支払う必要性がありますが、このカードはなんと年会費が永年無料です!
また、「年に1回以上使えば次年度の年会費が無料」などといった実質無料とも異なっており、使っても使わなくても年会費がかからない大変お得なクレジットカードです。

1-2.国際ブランドは3種類

Yahoo! JAPANカードに搭載することのできる国際ブランドは3種類です。
「VISA」・「MasterCard」・「JCB」となっており、自分の好きなブランドを選ぶといいでしょう。

各ブランドによって特典が変わるということはありません。
ただ、JCB・MasterCardを選ぶとnanacoへクレジットカードチャージを行うことができます。

nanacoへのチャージは2018年2月28日14時59分までは100円につき1ポイント付与されていたのですが、15時以降、200円につき1ポイントとなり還元率が下がってしまいました。

nanacoへのチャージを希望していた場合は、Yahoo! JAPANカードJCBではなく、別のクレジットカードのほうがお得かもしれません。

1-3.ポイント還元率


出典:https://card.yahoo.co.jp/service/howto/

気になるポイント還元率ですが、Yahoo! JAPANカードの場合、100円につき1ポイントです。
ポイント還元率は1%です

ポイントはTポイントとして貯まり、1ポイント=1円で使うことができます。
Yahoo! JAPANカードはそのままTカードとしても利用できるので、貯めたポイントを特別に操作してTカードに移行するなどの手間は必要ありません。

1-4.補償が充実!


出典:https://card.yahoo.co.jp/service/howto/

Yahoo! JAPANカードは補償サービスがとっても充実しています。

まず「新品・中古どちらも補償」ですが、これはYahoo! JAPANカードで購入した商品を90日間であれば補償するというサービスです。Yahoo!ショッピングやヤフオク!での購入も対象になるので安心ですね。2つ目は「プラチナ補償」という補償で、月額490円(初月無料)で加入できる補償です。Yahoo! JAPANカードで購入している商品にトラブルが発生した場合、補償を行ってくれます。プラチナ補償の場合、18種類の補償の中から最適な補償を選択することができるので、安心して買い物を楽しめますね。

1-5.他のTポイントカードで貯めたポイントは合算可

2枚以上のTカードを持っている場合、貯まっているTポイントは合算することが可能です。たとえば、普通のTカードを持っており、Yahoo! JAPANカードに移したいという場合は、所定の手続きをすることで合算手続きを行うことができます。ご自身の状況によって移行方法が異なりますので、下記のリンクを参考にしてみてください。

参考:Tサイト公式

2.Tポイントは二重取りが可能!


出典:https://card.yahoo.co.jp/service/tpoint/

Tポイントが使えるお店はかなりありますので、ここではコンビニエンスストアとスーパーに抜粋をしてご紹介します。Tポイントが使えるコンビニエンスストアとスーパーは全部で12社あります。

ファミリーマート200円につき1ポイント
サークルK・サンクス200円につき1ポイント
マルエツ200円につき1ポイント
マミーマート200円につき1ポイント
タウンプラザかねひで200円につき1ポイント
東武ストア/フエンテ200円につき1ポイント
富士シティオ200円につき1ポイント
レッドキャベツ200円につき1ポイント
ブラッセ&amp:だいわ200円につき1ポイント
クイーンズ伊勢丹100円につき1ポイント
リンボウストア200円につき1ポイント
ヤオマサ200円につき1ポイント

 

以上12社がTポイントが利用できるコンビニとスーパーです。全社共通して1ポイント=1円相当として使うことができるため、貯めたTポイントをムダなく利用可能です。基本的にスーパーやコンビニエンスストアの場合、200円で1ポイント貯まるのですが、クイーンズ伊勢丹のみ100円につき1ポイント貯まるため、還元率がいいといえるでしょう。また、Yahoo! JAPANカードで支払いを行えば、このポイントに加え、クレジットポイント(100円につき1ポイント)が付与されますので、ポイントの二重取りが可能です。

2-2. 実際の例を用いてみよう

たとえば、ファミリーマートで600円分の買い物をしたとします。通常、Tカードを提示した場合は、200円ごとに1ポイントなので3ポイントが貯まります。しかし、Yahoo! JAPANカードで支払いを行った場合、「(600÷100)+(600÷200)」の合計9ポイント貯まる計算です。通常は3ポイントしか貯まらないのに、Yahoo! JAPANカードで支払うだけで9ポイント貯まってしまうのは大変お得ですよね。

2-3. 公共料金もYahoo! JAPANカードで!

もし公共料金なども口座振替にしている場合、Yahoo! JAPANカードでの引き落としに切り替えると100円につき1ポイントが付与されます。たとえば10,000円分の携帯電話料金をYahoo! JAPANカード支払いにすると、これだけで100ポイントが貯まります。

2-4. クレジットポイントは即時反映ではない

Yahoo! JAPANカードを使って貯めたクレジットポイントは即時反映ではありません。利用した月の翌月15日ごろにTポイントとして反映されます。ちなみに、通常ポイントは利用したその日もしくは遅くとも2日~3日後までには反映されています。貯めたポイントをすぐに使いたいという場合でも提携店舗の反映タイミングによってすぐに使える場合と使えない場合がありますので、あらかじめ確認しておきましょう。

3.TSUTAYAでも快適に!

渋谷TSUTAYA

3-1. レンタルもこの1枚で

Yahoo! JAPANカードにはTSUTAYAのレンタル会員証機能をつけることもできます。入会金は各店舗によって異なりますが、Yahoo! JAPANカードなら無料です。また、年会費も各店舗によって異なっているのですが、Yahoo! JAPANカードであれば年会費は無料、更新期限はクレジットカードの有効期限までとなりますが、カードを更新し続ける限りはTSUTAYAのレンタル機能も延長されますので、実質無期限ということです。

また、TSUTAYAはクレジットカード払いにも対応していますので、Yahoo! JAPANカードを持っていれば、1枚でレンタルから支払いまでを一括で行うことができる便利なクレジットカードといえるでしょう。

3-2. TSUTAYAでのポイント還元率は?

Yahoo! JAPANカードをTSUTAYAで使った場合のポイント還元率ですが、200円につき1ポイントが通常ポイントとして付与されます。もし、Yahoo! JAPANカードで支払いをした場合は100円ごとに1ポイント付与されます。

たとえば、400円のCDをレンタルした場合、通常ポイントが2ポイント・クレジットポイントが4ポイントの合計6ポイントが付与されるます。

さらにTSUTAYAにはTSUTAYAランクアップサービスというサービスが存在しており、月の利用回数によって付与される翌月のポイントが変わってきます。月3回以上の利用でシルバーランク(ポイント2倍)、月5回以上の利用でゴールドランク(ポイント3倍)という仕組みです。

先ほどの例に当てはめると、シルバーランクの人が400円のCDをレンタルした場合、通常ポイントが2ポイント、ランクポイントが2ポイント・クレジットポイントが4ポイントの合計8ポイントとなります。注意すべき点としては、適用期間が翌月の5日から翌々月4日までであることと、利用した月ではなくて翌月にポイントアップするという点だけ注意してください。

3-3. ポイントを使いたい場合は

Yahoo! JAPANカードで貯めたTポイントをTSUTAYAで使いたい場合は、その旨を伝えると1ポイント=1円で使うことができます。

1ポイントから指定することができますので、端数だけをポイントで支払い、残りをYahoo! JAPANカードや現金などで支払う方法も可能です。

4.まとめ

Yahoo! JAPANカードはクレジットカード機能とTポイントカードを兼ね備えたお得なクレジットです。

貯めたTポイントは余すことなく使うことができるほか、Yahoo!ショッピングなどで優遇サービスを受けることができます。持っているだけでも年会費はかかりませんので、ぜひこれを機にYahoo! JAPANカードを作ってみてはいかがでしょうか。

学生も、半年ごとに見直し!使わないクレジットカードは早めに解約しよう!

半年間使わなかったカードがあれば、解約しよう!

半年間使わなかったカードがあれば、解約しよう!

意外と危険!使っていないクレジットカードは今すぐ確認しよう

最近はポイントカードを作りたいだけなのにクレジット機能がデフォルトで付帯されていて、気が付いたらクレジットカードだらけということも多くなってきました。使わないクレジットカードで財布が圧迫されているのは、もちろん論外なのですぐに整理していただきたいのですが、使わないクレジットカードは自宅で眠っているだけでも悪影響を放つことがあります。そのため、ぜひ半年を目途に使わないクレジットカードの見直しをしてみてください。年会費が知らずに請求され続けていたというくらいならまだかわいいですが、不正利用をされているのに気がつかないという事態になってしまうのはかなり危険です。

住所変更をしていないカードの意外な落とし穴

使っていないクレジットカードは当然のことながら住所変更の手続きもされないことが多いです。住所を変更しないデメリットとして、明細が意図しない第三者に見られて個人情報が漏れるということは簡単に想像がつくと思います。恐ろしいのは、使っていないクレジットカードが、実は年に1度も利用が無いと年会費が発生するカードだった場合です。その場合、知らないうちに年会費の滞納が発生し、年会費未払いの督促状が住所変更前の住所に届いてしまいます。もちろん、こちらはそんなことには気が付きませんので督促状を何度も無視することとなり、最終的にはブラックリストに載ってしまうという可能性があります。そうなると自分の知らないところで自分の社会的信用が無くなってしまっていますので、住宅ローンや車のローンは組めませんし、もちろん新しいクレジットカードを作ることもできなくなってしまい、非常に不便です。ですので、このような事態にならないように住所変更の漏れを確認することがとても重要ですが、それよりも、使っていないカードがあれば、すみやかに整理することを強くおすすめいたします。

使わないカードのせいで新しいクレジットカードが作れないことがある!?

使わないクレジットカードのせいでブラックリストに載ってしまう以外にもクレジットカードが作れなくなってしまう可能性があります。それは、使わないクレジットカードのせいで与信枠をとられてしまい、新規で申し込んだときの審査に落ちてしまうことです。

どういうことかというと、実は個人がクレジットカードやキャッシングが利用できる枠は収入を基準にある程度決まっており、収入を大きく越える貸し付けはできないと法律で決められています。そのため、新しくクレジットカードを申し込むときには、審査段階で自分名義で所有しているすべてのクレジットカードの与信枠が確認されます。そのときに、使っていないクレジットカードのせいで与信枠が使われてしまっていると新たにクレジットカードが作れなくなってしまうというわけです。

まとめ

使わないクレジットカードを所有していてもメリットはありません。むしろ、無駄に年会費を請求されたり、それに気が付かずにブラックリストに載ってしまうというリスクが伴うことになり、とてもリスクです。そのため、ぜひ半年に1回は使っていないクレジットカードの見直してください。そして無駄とトラブルのないカードライフを過ごしましょう。

年会費永久無料のクレジットカードまとめ!

なぜ年会費無料のクレジットカードを選ぶべきなのか

クレジットカードを選択するとき、特に学生の方なら可能な限り年会費が無料のものを選ぶのがいいでしょう。なぜかというと、実は色々とクレジットカードを比較検討してみると、必ずしも年会費無料のクレジットカードが年会費有料のクレジットカードに劣っているとも言えないということがわかってくるからです。

ちなみに、経済的観点から見てみると、年会費1,000円のクレジットカードの場合、仮にポイント還元率が1.0%と仮定すると、年間10万円の利用でやっと還元額と年会費の損益分岐点に到達する計算になります。せっかくポイントの貯まるクレジットカードを利用していても、年会費に取られるとなんだか損した気分になってしましますよね。学生の方なら特にですが、クレジットカードを普通に利用しながら年会費以上の経済的メリットを獲得するのはとても難易度が高いと言えます。そのため、特にこだわりがなければクレジットカードは年会費無料のものを選択するのがオススメです。

年会費無料のクレジットカード一覧

年会費無料のクレジットカードは数多くあります。ここでは特に学生の方にオススメのクレジットカードを厳選してご紹介します。

学生専用ライフカード

ボーナスポイントを駆使して高還元率を実現できるライフカード。通常のライフカードも学生専用ライフカードもともに年会費は無料です。特に学生専用ライフカードは海外ショッピング利用キャッシュバックなど、学生専用の特典も充実していてオススメです。

  • 年会費:永年無料
  • ポイント還元率:0.5%(基本)。誕生月ポイント5倍などボーナスポイントあり。
  • 学生申し込み:可能(高校生を除く)
  • 電子マネー:ID。Edy、suica、nanacoへのチャージでポイント加算あり。

三井住友デビュープラスカード

安心の三井住友ブランドのカード。学生限定のこのデビュープラスカードならポイント還元率は通常の三井住友カードの2倍。なので年会費無料の上、お得に使えます。

  • 年会費:初年度無料。次年度以降1,250円だが、年間1回のカード利用で無料
  • ポイント還元率:1.0%
  • 学生申し込み:可能(高校生を除く)
  • 電子マネー:ID、WAON、PiTaPa、Visa payWave

リクルートカード

ポンパレ、ホットペッパー、じゃらんなど、ショッピング・グルメ・旅行がお得に利用できるサービスがさらにお得に利用できることで人気のリクルートカード。学生生活をお得に充実させるなら必携の1枚です。

  • 年会費:永年無料
  • ポイント還元率:1.2%
  • 学生申し込み:可能(高校生を除く)
  • 電子マネー:Edy、suica、nanaco(JCBブランドのみ)へのチャージでポイント加算あり

セゾンカードインターナショナル

永久不滅ポイントで有名なセゾンカード。他の学生専用クレジットカードに比べて限度額が多めに設定されやすいという特徴があります。ポイントは永久に不滅しないので、卒業後も長く貯めていくことができます。

  • 年会費:永年無料
  • ポイント還元率:0.5%
  • 学生申し込み:可能(高校生を除く)
  • 電子マネー:ID、QUICPay

セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カード

なんと、学生でも持てるアメックスブランドとして希少性が抜群なセゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カード。通常のアメックスは年会費が1万円以上するので、それが年会費無料で持てるというだけでメリット大です。

  • 年会費:初年度無料。次年度以降1,250円だが、年間1回のカード利用で無料
  • ポイント還元率:0.5%
  • 学生申し込み:可能(高校生を除く)
  • 電子マネー:ID、QUICPay

エポスカード

マルイが発行するクレジットカード。マルイ以外でもロイヤルホストなど提示するだけで割引が受けられるチェーン店が多数。また、年間4回開催されるお買い物が10%OFFになるイベント「マルコとマルオの7日間」も利用できるので大変お得なカードです。

  • 年会費:無料
  • ポイント還元率:0.5%。マルイでの利用はポイント2倍。
  • 学生申し込み:可能(高校生を除く)
  • 電子マネー:なし。Edy、suica、nanacoへのチャージでポイント加算あり。

楽天カードアカデミー

ネットショッピングで楽天を利用するなら必須の楽天カード。その学生版です。楽天ブックスや楽天トラベルの利用でポイント3倍など、楽天を利用する人ならポイントが効率よく貯まっていきます。楽天以外のカード利用でも還元率1.0%なので、普通に高還元率カードです。

  • 年会費:永年無料
  • ポイント還元率:1.0%
  • 学生申し込み:可能(高校生を除く)
  • 電子マネー:Edy付きカードあり。Edy、suicaへのチャージでポイント加算あり。

まとめ

学生の方でも申し込める年会費無料のクレジットカードは本当にたくさんあります。ここでご紹介できたクレジットカードは、特に学生生活をお得に過ごせるものを厳選させていただきました。年会費が有料のクレジットカードには、もちろんそれだけの価値があるものと思いますが、年会費に見合った価値を得るためにはそれなりの利用金額が必要になってくるのも現実です。そのため、まずは年会費無料のクレジットカードを持っていただき、気軽に便利でお得なライフスタイルを楽しんでみてください。