海外通販サイトで見るPayPal(ペイパル)とクレジットカード決済の違い・賢い使い方(必見!為替手数料を抑える裏ワザも公開中)

海外通販サイトでよく見る「PayPal」とクレジットカード決済の違いとは?

最近話題のPayPalって、ホントのとこ、安全性はどうなの?

海外のお店やサイトでクレジットカードを利用するのは、スキミングなどの技術によってカード情報が漏洩してしまう可能性が日本国内よりも高くなる印象があったり、セキュリティ面から少し不安という日本人は少なくないでしょう。

そういった事情から、海外でのショッピングの決済手段としてPayPalに注目が集まっています。

今回説明するPaypalや、AmazonPayといった第三者の決済サービスはお店側に個人情報を渡さずに買い物できるため安心なのです!

そんなPayPalのサービス概要と、メリットとデメリットをご紹介していきます。

海外のお店やサイトを利用することが多い方はぜひ御参考になさってください。

ポイント!

ちなみに私は決済情報を入力するのが面倒なとき・個人情報をなるべく渡したくない場合などはPayPal経由で支払いを済ませることがとても多いです!楽&安心だから、が理由。海外通販を使う機会も増えたので、日常的に使っています。

通販での新たな決済手段!PayPalの基本を確認

クレジットカード決済を安心してできるpaypal

そもそもPayPalってどんな会社が運営しているの?

PayPalは、アメリカ・シリコンバレーで1998年に設立されたデジタル決済の企業です。

日本をはじめ国際部門業務はシンガポール法人が拠点となっています。

PayPalは200以上の国と地域でサービスを提供して、100通貨以上に対応。

決済件数は2016年で約61億件。モバイル決済も20億件となっています。

世界の1,500万を超える店舗で使えて、2億5000万人以上が利用している世界的な決済システムなんです。

PayPalがクレジットカード決済よりも安全ってどういうこと?

PayPalはクレジットカード決済よりも安全

PayPalで支払う時でも、クレジットカードを使わないというわけではありません。

PayPalにクレジットカード情報を登録しておいて、支払の時にはクレジットカードから引き落としされます。

そして、PayPalが通販サイト・店舗に支払いをします。

つまり、資金の流れは次のようになっているわけです。

ユーザー → PayPal → 店舗

ここで重要なのは、クレジットカード情報がPayPalから先には流出しないという点です。

通常のクレジットカード決済の場合は、ユーザーと店舗がダイレクトにつながっていて

「ユーザー → 店舗」

となっているので、クレジットカード情報が店舗に渡ってしまいます。

ですから、あまり利用したことがない店舗や、安全性に不安が残る海外通販サイトでショッピングする時は心配。PayPalを利用したほうが安心・安全がというわけですね。

通常のクレジットカード払いとの大きな違いと言えます。

PayPal利用マニュアル!口座開設~クレジットカード登録~支払いまで

PayPal利用マニュアル

PayPalにはどんな種類のアカウントがあるの?

日本で利用できるPayPalのアカウントはパーソナルアカウントと、ビジネスアカウントの2種類あります。

  • パーソナルアカウントは、PayPalを利用して商品の購入代金などを支払うための個人向けのアカウントです。
  • ビジネスアカウントは、VISAやMasterCardなどのクレジットカードを使っての決済を受け付けるための、店舗向けアカウントです。(この記事をお読みの方が使うことはまずないでしょう)

個人向けとして使う方がほとんどだと思いますので、当記事では、パーソナルアカウントについて説明していきます。

PayPalパーソナルアカウントは登録・月額利用料金無料

PayPalのパーソナルアカウントは18歳以上の方が開設できます

登録の際は住所・クレジットカード情報・メールアドレスとパスワードなどを入力するだけです。

クレジットカードの他にデビットカードも利用可能。

また、住所・カード情報はそれぞれ複数を当録することもできます。

PayPalを使ってショッピングする方法は?

 

  1. 商品を選んでネットショッピングをする。
  2. 決済画面で、支払い方法としてPayPalを選択する。
  3. PayPalを選択すると、PayPalのログイン画面に移ります。
  4. PayPalのログイン画面では、アカウント開設時に登録したメールアドレスとパスワードを入力してログイン。
  5. 配送先とクレジットカード情報、そして支払い金額が標示されるので、確認した上で、間違いがなかったら「同意して続行」ボタンを押して、支払を確定。
    住所やクレジットカード情報の変更や追加もこの画面で可能です。

※PayPal非対応の通販サイトでは使えませんのでご注意ください。

PayPalの3つの大きなメリット

paypalを通じてクレジットカード決済をするメリット

①海外通販を安全に利用できる

海外通販を利用すると、日本では発売されていない商品を入手できたりリーズナブルな価格で購入できることが多いですよね。

先にご説明したとおり、海外の通販サイトにユーザーのクレジットカード情報が渡らないので、安心して海外通販を楽しめます。

②個々のサイトでのお支払い情報登録が不要・省略できる

住所・クレジットカード情報はPayPalが一元的に管理しているので、個々の通販サイトで会員登録や情報を入力する手間が省けるのも大きなメリット。

とくに、英語などの外国語で入力するのが苦手という方にはうれしいですね。

③JCBも含めて、登録できるカードの種類が多い!

日本のPayPalアカウントでは、Visa、MasterCard、American Express、JCBブランドのデビットカード・クレジットカードが登録可能です。

海外通販サイトでは、直接クレジットカードで支払おうとするとJCBは受け付けていないことがたまにあります。

こういった状況でもPayPal経由ではJCBでのカード払いができるので便利ですね!バンドルカードKyashなども登録可能です。

学生向け年会費無料の最強クレジットカード徹底比較!
最新!当サイトで申込の多いクレカ!
【1位】三井住友VISAデビュープラスカード
【2位】JCB CARD W
【3位】ライフカード

※Discoverカードも登録可能ですが、日本国内では発行されていません。

※Diners Clubカードは、Discoverカードとしてのみ使用でき、日本やその他の国のオンラインショップで価格が日本円で表示されている場合でも、PayPal支払いは米ドルで行われます。支払いの為替レートについては、カード発行会社にご相談ください。

④PayPal独自の買い手保護制度で安心感アップ

日本での大手通販サイトではあまりないことですが、あまり利用したことのない通販だと「代金を払い込んだのに商品が届かない」「新品を注文したのに、中古品が届いた」などというトラブルが心配ですよね。

しかし、PayPalには買い手保護制度があるので安心です。

上記のようなトラブルの際には、PayPalが返金補償してくれます

※ただし、デジタルグッズや自動車、ギフト券など保護の対象にならない商品もあるので注意してください。

PayPalの買い手保護制度ではどんな手続きをするの?

買い手保護制度を利用するときの手順は以下のとおりです。

  1. PayPalのアカウントにログインして「問題解決センター」を選択する。
  2. 次の画面で「問題を報告」をクリック。
  3. 問題のある取引を検索した上で選択。その後画面の指示通りに手続きします。

なお、買い手保護制度を利用するためには180日以内に手続きをする必要があります。

PayPalのデメリット

paypalを通じてクレジットカード決済をするデメリット

海外利用時の通貨換算手数料が高い?

海外通販を利用する場合、外貨へと通貨を換算(両替)する必要があります。

この時に、通貨換算手数料(為替手数料)がかかります。

ここでクレジットカードカード各社の通貨換算の事務手数料を確認してみましょう。

なお、同じカードブランドでもクレジットカードによって違いがあることもあります。

  • JCB                     1.60%
  • VISA                    1.63%
  • MasterCard          1.63%
  • AmericanExpress  2.00%

一方、PayPalの通貨換算手数料は4%、クレジットカード会社よりも高くなっています

PayPalの4%は、JCBの1.60%と比べると、かなり高いです。なんせ2.5倍ですものね。

ユーザー必見!PayPalの手数料を抑える裏ワザ

実はPayPalの通貨換算手数料を抑える方法があります。

PayPalで通貨換算をおこなわないようにすればいいんです。

通貨換算は、PayPalだけでなく、クレジトカード会社でおこなうように設定できるようになっています。

アカウント開設時のデフォルト(標準設定)は、PayPalで通貨換算するようになっているので、これをクレジトカード会社に変更すればいいだけなんです。

変更手順はとっても簡単!PayPal利用する時は忘れずに

変更の手続きは、商品購入時に、PayPalのアカウントにログインした時におこないます。

最初はPayPalの通貨換算プロセスを利用しているので、支払い金額が日本円表示になっています。

PayPalの支払画面に表示される「換算レートを表示」をクリックして「通貨換算レートのオプション」を選択するだけです。

クレジットカードの通貨換算プロセスを選択すると、金額が現地通貨(米ドルなど)で表示されます。

これだけの手続きで、事務手数料が安くなるので、PayPalにアカウント登録した時は利用してみてください。

海外旅行・留学に行く前に、絶対見るべき失敗しないクレジットカードの話

海外通販サイトを利用したいならPayPal+クレジットカードは便利

海外通販サイトを利用したいならPayPal+クレジットカードは便利

スポーツギアやファッションアイテムなど、海外通販を利用すれば日本国内よりもリーズナブルにショッピングできることが多いですよね。

日本では出回っていないレア物を入手できる可能性が高いのも魅力

しかし、海外通販でのクレジットカード利用は安全性が心配という方は少なくないと思います。

そんな方は、PayPalの利用を検討されてはいかがでしょう。

クレジットカード情報が店舗側に渡らないのでリスクを軽減できます。

また、商品購入時のトラブルにもPayPalの買い手保護制度があるのがポイント高いですね。

為替手数料も、クレジットカード並に抑えることも可能なので、かしこく活用してください。

▼ぜひお得なカードと組み合わせて使いましょう!

学生向け特典やキャンペーンがお得なクレジットカードはこれだ!随時更新 学生向け年会費無料の最強クレジットカード徹底比較!
最新!当サイトで申込の多いクレカ!
【1位】三井住友VISAデビュープラスカード
【2位】JCB CARD W
【3位】ライフカード

【お困りの方へ】PayPalでクレジットカードを登録できない?

よくいただく質問で、PayPalでカードを登録できない・使えない場合のチェックリストをまとめてみました!

  • 入力したカード番号が入力されていない、間違っている
  • 請求先住所が入力されていない、間違っている
  • 利用可能なカード以外のものを登録している(日本国内では原則Visa、MasterCard、American Express、JCBのカードが登録可能です)
  • CVV(セキュリティコード)※通常カード裏面に記載の3桁・アメックスの場合は表面記載の4桁の番号が入力されていない、間違っている
  • クレジットカードの有効期限が切れている、間違っている
  • カードの限度額を超えている
  • PayPalの登録名とクレジットカードの名前が一致していない

詳細は:PayPal公式ヘルプセンター

「この記事、参考になった!」と思っていただけましたか?

▼ぜひブクマ・シェアお願いします!

周りの方・ご友人が悩んでいる時にもぜひ教えてあげてください。m(_ _)m

運営者プロフィール

学生クレカ管理人

学生クレカ管理人

自分が大学生・未成年時代のお金・クレジットカードの失敗経験をもとに、同じ失敗をする人・クレジットカードについて悩む人を一人でも減らしたいという気持ちで当サイトを6年以上運営しているクレジットカードの専門家。

 

100枚以上のクレジットカードを比較検討し、累計19枚のカードを所有してきた(大学生の頃は6枚所有)。マイルを累計20万以上保有。航空券をほぼ無料にし、ふらっと旅行に出かけるのが趣味。Amazonでのお買い物も累計30万円分以上、ほぼポイントで済ませている。

 

カード会社幹部や広報部・外部の専門家ともつながりがあり、常に知識をアップデートしている。

 

これからも、少しでもわかりやすい記事を届けられるように努力していきます!

 

▼ブログランキングにも参加しております。当サイトの思想に共感いただける方は、ポチッとおねがいしますm(_ _)m(タップ1回で投票完了します)

 

▼注目コンテンツ!

▼LINEでの相談も、気軽にどうぞ!

かんたん検索でクレジットカードを選ぶ!自分にピッタリなカードが「ズバッと」見つかる人気ランキングからクレジットカードを選ぶ!

自分にピッタリのクレジットカードの選び方がわからない方は、基礎知識・おすすめカードの選び方が一気に学べるトップページをぜひ見てください。→ https://学生クレジットカード.com

失敗しないクレカ選びのポイント!

creca_footer_link