eximbay paypal

海外通販サイトを中心に、決済画面でよく「EXIMBAY(エキシンベイ)」「PayPal(ペイパル)」のロゴを見かけるかと思います。

それぞれネット上の決済に関わる会社ですが、どのような仕組み・特徴があるのでしょうか。

この記事では「EXIMBAY(エキシンベイ)」と「PayPal(ペイパル)」について解説しつつ、両者の違いについても触れていきます。

記事の後半ではクレジットカードとの違いについても解説しているので、「通販サイトでどの決済方法を選べばいいかわからない方必見の記事」です!

 

▼知りたい項目までタップで移動できます

※全部知りたい方はこのまま記事を読み進めてください。

最新!当サイトで今、人気の学生向けクレジットカード
【1位】三井住友カード デビュープラス
【2位】JCB CARD W
【3位】VIASOカード

この記事のもくじ

EXIMBAY(エキシンベイ)は韓国の決済サービス

ximbay

EXIMBAY(エキシンベイ)は、韓国の「決済サービス会社」です。

決済サービス会社は、ネットショップと顧客(=私たち)の間に入りさまざまな支払い方法を提供してくれます。

クレジットカード経由の支払いだけでなく、学生さんでも利用しやすいコンビニ払いにも対応しています。

 

【EXIMBAYのデータ】

  • 加盟店:約1万店
  • パートナー企業:167社

※2019年12月基準

韓国や日本だけでなく、中国やロシアなどにも取引網をもっているグローバル企業です。

EXIMBAYは韓国の会社ですので、韓国商品の通販サイト韓国アイドルのチケット予約時によく見かけるはずです。

Weverse Shop(Kpopアーティストの公式グッズ販売アプリ)で見た人も多いでしょう。

ポイント!

ライブチケットなどは素早い購入手続きが必要かと思います。
EXIMBAYで決済をする予定の方は事前にこの記事で予習してください!

EXIMBAYの使い方・支払い方法について

使えるクレジットカード:VISAやJCBは使える?

カード

EXIMBAYではクレジットカード払いがもっとも便利です。

主要な国際ブランド※に対応しています。

VISAとMastercard

※国際ブランドとは、クレジットカード表面の右下についているロゴマークのことです。利用する店に同じロゴがあれば手持ちのカードが使えます。

▼利用できる国際ブランド

  • VISA
  • Mastercard
  • JCB
  • AMEX
  • Unionpay

使えるプリペイドカード:バンドルカードは使える?

プリペイドカードは利用額を事前にチャージしてから使うカードです。

代表的なプリペイドカードとしては、バンドルカードやKyashなどが有名ですね。

EXIMBAYでもプリペイドカード払いはできます!

クレジットカードと同様に、カードの表面に対応している国際ブランドのロゴがあるか確認してみてください。

プリペイドカードは年齢制限なし&審査なしなので中高生から作れます!

素早くEXIMBAYの支払いを終えたい人は要チェックです。

【今すぐDL!】バンドルカードは超便利!インストール&1分で使いはじめられます。 バンドルカードは超便利!

コンビニ払い

コンビニ

EXIMBAYでの手続きをしたあと、コンビニで現金払いします。

クレジットカードを持っていない方はコンビニ払いを利用してください。

▼対応コンビニ

  • ファミリーマート/サークルKサンクス
  • ローソン
  • ミニストップ
  • セイコーマート

▼決済方法

  1. EXIMBAY上でコンビニ払いを選択
  2. 該当コンビニに訪問
  3. コンビニレジで現金払い

※コンビニ払いができるのは日本国内のみです。

EXIMBAYの手数料

EXIMBAYの利用に手数料はかかりません(無料で使えます)!

たとえば、1,000円の物を購入した場合、EXIMBAYでの支払いも1,000円でOKです。

注意!

EXIMBAYの利用には手数料がかかりませんが、別途コンビニ払い手数料や為替手数料がかかるケースがあります。決済前に手数料の金額をよく確認してください。

EXIMBAY(エキシンベイ)は安全に使えるの?

EXIMBAYでは、情報のデータ暗号化詐欺防止のモニタリングを行っています。

twitter上の口コミを見る限りでは不正利用などの情報もありませんでした。

心配性な方はEXIMBAY利用時にコンビニ払いを選べば安心です。

コンビニ払いなら現金払いですので、安全に支払いできます。

クレジットカード・プリペイドカード払いの方は利用明細をよく確認するようにしてください。

■詳細:クレジットカードの利用明細(Web明細)は必ず確認!利用状況を把握するのが重要!

最新!当サイトで今、人気の学生向けクレジットカード
【1位】三井住友カード デビュープラス
【2位】JCB CARD W
【3位】VIASOカード

PayPalとは?本当に安全なの?

海外通販サイトを使うときに怖いのが「カードの情報漏洩」です。

セキュリティ面から日本のサイトでカード決済をするより、海外サイトで決済をする方がなんだか怖い…という方も多いでしょう。

そういった事情から、海外通販の決済手段として「PayPal」に注目が集まっています。

今回説明する「Paypal」を使えばお店側に個人情報を渡さずに買い物できるため安心です!

ポイント!

ちなみに筆者自身も、「決済情報を入力するのが面倒なとき」・「お店に個人情報を渡したくないとき」はPayPalを使用しています!

そもそもPayPalってどんな会社が運営しているの?

PayPalは、アメリカで1998年に設立されたデジタル決済の企業です。

冒頭で簡単に触れた通り、買い物客とお店の間に入り、金銭のやり取りを仲介しています。

日本をはじめ国際部門業務はシンガポール法人が拠点となっています。

2019年度のアクティブアカウント数(年に1回以上利⽤するユーザーの数)は、3.5億個に到達しており世界的にも影響力のある決済サービス会社です。

通販での新たな決済手段!PayPalの基本を確認

クレジットカード決済を安心してできるpaypal

PayPalでの支払う時にもクレジットカードは使用します。

PayPalにクレジットカード情報を登録し、代金は登録したクレジットカードから引き落とされます。

特徴的なのはお金の流れです。

お金は、「ユーザー → PayPal → 店舗」と流れていきます。

ユーザーと店舗の間にPayPalが入ることにより、「クレジットカード情報はPayPalから先には流出しないという点」が1番の特徴です。

通常のクレジットカード決済の場合は、「ユーザー → 店舗」となっているので、クレジットカード情報が店舗に渡ってしまいます。

あまり利用したことがない店舗や、海外通販サイトでは、カード情報を渡すのが心配になりますよね。

こういったときに使いたいのがPayPalです!

ポイント!

通常のクレジットカード払いとは情報の受け渡し経路が異なります。ここが大きな違いですね。

PayPal利用マニュアル!口座開設→クレジットカード登録→支払いまで

PayPal利用マニュアル

日本で利用できるPayPalのアカウントは「パーソナルアカウント」と「ビジネスアカウント」の2種類あります。

  • パーソナルアカウント:PayPalを利用して商品の購入代金などを支払う個人向けのアカウント
  • ビジネスアカウント:VISAやMasterCardなどのクレジットカードを使っての決済を受け付けるための、店舗向けアカウント

個人向けとして使う方がほとんどだと思います。

当記事では、「パーソナルアカウント(個人向け)」について説明していきます。

PayPalパーソナルアカウントは登録・月額利用料金無料

PayPalのパーソナルアカウントは18歳以上の方が開設できます。

なお、18歳以上~20歳未満の方は事前に保護者の同意が必要です。

登録の際は住所・クレジットカード情報・メールアドレスとパスワードなどを入力するだけ。

▼登録方法についてはペイパル公式サイトが動画で紹介しています

PayPalを使ってショッピングする方法は?

【PayPalの使い方】 

  1. 商品を選んでネットショッピングをする。
  2. 決済画面で、支払い方法としてPayPalを選択する。
  3. PayPalを選択すると、PayPalのログイン画面に移ります。
  4. PayPalのログイン画面では、アカウント開設時に登録したメールアドレスとパスワードを入力してログイン。
  5. 配送先とクレジットカード情報、そして支払い金額が標示されるので、確認した上で、間違いがなかったら「同意して続行」ボタンを押して、支払を確定。
    住所やクレジットカード情報の変更や追加もこの画面で可能です。

※PayPal非対応の通販サイトでは使えませんのでご注意ください。

PayPalの3つの大きなメリット

paypalを通じてクレジットカード決済をするメリット

①海外通販を安全に利用できる

海外通販を利用すると、日本では発売されていない商品を入手できたりリーズナブルな価格で購入できることが多いですよね。

先にご説明したとおり、海外の通販サイトにユーザーのクレジットカード情報が渡らないので、安心して海外通販を楽しめます。

②個々のサイトでのお支払い情報登録が不要・省略できる

住所・クレジットカード情報はPayPalが一元的に管理しているので、個々の通販サイトで会員登録や情報を入力する手間が省けるのも大きなメリット。

とくに、英語などの外国語で入力するのが苦手という方にはうれしいですね。

③JCBも含めて、登録できるカードの種類が多い!

日本のPayPalアカウントでは、Visa、MasterCard、American Express、JCBブランドのデビットカード・クレジットカードが登録可能です。

海外通販サイトでは、直接クレジットカードで支払おうとするとJCBは受け付けていないことがたまにあります。

こういった状況でもPayPal経由ではJCBでのカード払いができるので便利ですね!

バンドルカードKyashなども登録可能です。

最新!当サイトで今、人気の学生向けクレジットカード
【1位】三井住友カード デビュープラス
【2位】JCB CARD W
【3位】VIASOカード

④PayPal独自の買い手保護制度で安心感アップ

大手通販サイトではあまりないことですが、通販サイトを使うときの懸念点として「代金を払い込んだのに商品が届かない」などのトラブルがあげられます。

PayPalには「買い手保護制度」があるので安心です。

上記のようなトラブルの際には、PayPalが返金補償してくれます。

トラブルにあったときも泣き寝入りする必要はありません。

※ただし、デジタルグッズや自動車、ギフト券など保護の対象にならない商品もあるので注意してください。

■詳細:ペイパル-買い手保護制度

EXIMBAYとPayPalの違いは?

クレジットカードの審査

大きな違いは情報のやり取りにあります。

  • PayPal:店舗⇄ PayPal ⇄ 利用客
  • EXIMBAY:店舗⇄ 利用客

PayPal最大の特徴はカード情報を店舗に渡さない点です。

EXIMBAYも安全に使えますが、仕組みや規模、日本語サイトの充実度を考えると、PayPalの方が使いやすいです。

もしEXIMBAYとPayPalの両方を選べるようでしたら、PayPalを選ぶといいでしょう。

サクッと支払いを済ませたいならカード払いがオススメ

クレジットカード払いがオススメ

「このサイトに個人情報を渡したくないな」という特別な理由がない限り、直接クレジットカードで支払うのが最もスムーズかつオススメな方法です。

各種サイトの支払いページでクレジットカードを選択し、カード情報(カード番号・有効期限・名義人・セキュリティコード)を入力すればすぐに支払えます。

▼カードの見方

高校生を除く18歳以上なら、クレジットカードを作ることができます。

まだ1枚もクレジットカードを持っていない方は、ぜひこの機会に1枚目を作っておきましょう。

以下で当サイトオススメのお得で維持費がかからない(=年会費無料)クレジットカードを紹介しています。

はじめての1枚にオススメのクレジットカード

三井住友カード デビュープラス

安心安全の三井住友ブランドで、ポイント還元率も1.0%と高還元率です。

はじめてクレジットカードを作る学生さんから人気が高いカードですよ。

入会後3ヶ月間はボーナス期間で還元率がなんと2倍になるので、Amazonなどでの買い物ではポイント還元率2.5%になります!

三井住友カード デビュープラス

超有名なブランド力・セキュリティに安心感があります。入会3ヶ月は還元率2.5%・通常でも還元率1.0%と普段使いで超お得なカードです。はじめてのクレカとして使いやすさで大人気です。最短翌営業日のスピード発行!

三井住友カード デビュープラス
入会特典新規入会&Vpassアプリログインで もれなくご利用金額の20% 最大12,000円プレゼント
年会費(初年度) 無料
年会費(2年目~) 条件付き無料
条件:前年1回以上の利用で年会費無料。通常の2年目以降年会費1,250円+税
ポイント還元率(通常) 1.0%
ポイント名:Vポイント
ポイント還元率(最大) 3.0%
条件:ポイント5倍対象店舗での利用
発行スピード(最短)~3営業日
  • 付帯保険(海外旅行):-
  • 付帯保険(国内旅行):-
  • 付帯保険(盗難保険):あり
  • 付帯保険(ショッピング保険):あり

他実施中キャンペーン:コンビニ(セブン・ファミマ・ローソン)マクドナルドなど対象店舗でいつでもポイント5倍その他、自分が選んだ対象3店で いつでもポイント2倍も!

■詳細:三井住友カードデビュープラス【完全攻略】学生から使える、評判◎な高還元率カード。更新やメリット・デメリットも解説!

JCB CARD W

年会費無料カードで一番のオススメはJCB CARD Wです。

圧倒的スペックであり、還元率も1.0%と高還元率です。

特約店はスターバックスやAmazonなど有名店がたくさん揃っているので、使い方次第で還元率を上げられるのが特徴です。

JCB CARD W

年会費がずっと無料のカードでは最高クラスの実力。普通に使うだけでもお得+特典も豊富なカードです。キャンペーン盛りだくさんの今こそ、入会のベストタイミングです!

JCB CARD W
入会特典インターネット新規入会限定、キャンペーンを組み合わせると最大14,500円分プレゼント!
年会費(初年度) 無料
年会費(2年目~) 無料
ポイント還元率(通常) 1.0%
ポイント名:Oki Dokiポイント
ポイント還元率(最大) 3.5%
条件:加盟店での利用
発行スピード(最短)~3営業日
  • 付帯保険(海外旅行):○(利用付帯)
  • 付帯保険(国内旅行):-
  • 付帯保険(盗難保険):あり
  • 付帯保険(ショッピング保険):あり

他実施中キャンペーン:ApplePay・GooglePay利用でもれなく20%還元(上限金額5,000円)!

■詳細:JCB CARD W(草カード)は学生1枚目にオススメ!高還元率・年会費無料・39歳以下限定のクレジットカード!【Amazon・セブン・スタバでお得】

未成年・中高生がネットショッピングをするにはどうしたらいいの?

カードを選定する

中高生は基本的にクレジットカードは作れません。

もちろんEXIMBAYやPayPalを利用してもいいのですが、面倒に感じる・年齢の関係で使えない方は「プリペイドカード」の作成をオススメします。

プリペイドカードは事前にカードにお金をチャージして、チャージした金額の範囲内ならクレジットカードと同じように使えるカードです。

SuicaやICOCAをイメージするとわかりやすいかと思います。

事前チャージ型なので、クレジットカードのような年齢制限はありません。

バンドルカード

【今すぐDL!】バンドルカードは超便利!インストール&1分で使いはじめられます。 バンドルカードは超便利!

▼バンドルカードの詳細はこちら▼

中学生・高校生でも持てるバンドルカード!

【コラム①】ユーザー必見!PayPalの手数料を抑える裏ワザ

海外通販を利用する場合、外貨へと通貨を換算(両替)する必要があります。

この時に、「通貨換算手数料(為替手数料)」がかかります。

 

【主要カードの通貨換算手数料】

  • JCB(プロパーカード):1.60%
  • VISA(三井住友カード):2.20%
  • MasterCard(三井住友カード):2.20%

一方、PayPalの通貨換算手数料は4.0%、クレジットカード会社よりも高くなっています。

PayPalの4.0%は、JCBの1.60%と比べると2.5倍も割高です。

実はPayPalの通貨換算手数料を抑える方法があります。

PayPalで通貨換算をおこなわないように設定すればOKです!

アカウント開設時のデフォルト(標準設定)は、「PayPalで通貨換算」をするようになっています。

これを「PayPalで通貨換算」→「クレジットカード会社で通貨換算」に変更すればいいだけです!

■詳細:ペイパル-為替手数料と通貨換算手数料

【コラム②】どうしてもお金が足りない…どうしたらいい?

ライブチケットやアーティストグッズは基本的に再販がなく、そのタイミングを逃すと入手は困難になってしまいます。

「あと少しだけ資金が足りない…」というときに使えるサービスがバンドルカードの「ポチっとチャージ」です。

お金がない時であっても、前借りでチャージできることが最大のメリットです。

 

【ポチっとチャージのまとめ】

  • 1回につき3,000円~最大50,000円まで「前借りで即チャージ」できる
  • 後払い時に手数料がかかる←注意
  • 前借りは翌月の末日までに支払い
  • 支払い方法はコンビニ、ネット銀行または銀行ATM(ペイジー)を選べる

▼ポチっとチャージはこんなサービス

ポチっとチャージ、スゴすぎ...! こんなにカンタンに、すぐ使えるお金(電子マネー)が手に入るんです...

カンタンすぎるので、使いすぎに注意して楽しみましょう^^ ポチっとチャージなら3,000円~20,000円までがカンタンに手に入る

注意!

ポチっとチャージは簡単に言うと「借金」です。
借りたお金(=チャージしたお金)には「手数料(510円~1,830円)」をつけて返さなくてはいけません。

※初回のチャージ限度額は5,000円に設定されることが多いです(筆者も5,000円でした)。

まとめ:海外通販サイトを利用するならPayPal+クレジットカード決済が便利

海外通販でのクレジットカード利用は安全性が心配という方は少なくないと思います。

そんな方は、PayPalの利用を検討されてはいかがでしょう。

クレジットカード情報が店舗側に渡らないのでリスクを軽減できます。

なお、利便性やお得度を考えると18歳以上の方はクレジットカード、それ以外の方はプリペイドカードを作った方がお得です!

▼この記事で紹介したほかの支払い方法

最新!当サイトで今、人気の学生向けクレジットカード
【1位】三井住友カード デビュープラス
【2位】JCB CARD W
【3位】VIASOカード
三井住友カード デビュープラス

超有名なブランド力・セキュリティに安心感があります。入会3ヶ月は還元率2.5%・通常でも還元率1.0%と普段使いで超お得なカードです。はじめてのクレカとして使いやすさで大人気です。最短翌営業日のスピード発行!

三井住友カード デビュープラス
入会特典新規入会&Vpassアプリログインで もれなくご利用金額の20% 最大12,000円プレゼント
年会費(初年度) 無料
年会費(2年目~) 条件付き無料
条件:前年1回以上の利用で年会費無料。通常の2年目以降年会費1,250円+税
ポイント還元率(通常) 1.0%
ポイント名:Vポイント
ポイント還元率(最大) 3.0%
条件:ポイント5倍対象店舗での利用
発行スピード(最短)~3営業日
  • 付帯保険(海外旅行):-
  • 付帯保険(国内旅行):-
  • 付帯保険(盗難保険):あり
  • 付帯保険(ショッピング保険):あり

他実施中キャンペーン:コンビニ(セブン・ファミマ・ローソン)マクドナルドなど対象店舗でいつでもポイント5倍その他、自分が選んだ対象3店で いつでもポイント2倍も!

JCB CARD W

年会費がずっと無料のカードでは最高クラスの実力。普通に使うだけでもお得+特典も豊富なカードです。キャンペーン盛りだくさんの今こそ、入会のベストタイミングです!

JCB CARD W
入会特典インターネット新規入会限定、キャンペーンを組み合わせると最大14,500円分プレゼント!
年会費(初年度) 無料
年会費(2年目~) 無料
ポイント還元率(通常) 1.0%
ポイント名:Oki Dokiポイント
ポイント還元率(最大) 3.5%
条件:加盟店での利用
発行スピード(最短)~3営業日
  • 付帯保険(海外旅行):○(利用付帯)
  • 付帯保険(国内旅行):-
  • 付帯保険(盗難保険):あり
  • 付帯保険(ショッピング保険):あり

他実施中キャンペーン:ApplePay・GooglePay利用でもれなく20%還元(上限金額5,000円)!

【今すぐDL!】バンドルカードは超便利!インストール&1分で使いはじめられます。 バンドルカードは超便利!

画像の出典

  • 出典:ペイパル(公式サイト)
  • 出典:EIMBAY(公式サイト)
  • 参考情報

  • 参考:ペイパル-プレスリリース2019年2月7日
  • 「この記事、参考になった!」と思っていただけましたか?

    ▼ぜひブクマ・シェアお願いします!

    周りの方・ご友人が悩んでいる時にもぜひ教えてあげてください。m(_ _)m

    運営者プロフィール

    学生クレカ管理人

    学生クレカ管理人

    自分が大学生・未成年時代のお金・クレジットカードの失敗経験をもとに、同じ失敗をする人・クレジットカードについて悩む人をひとりでも減らしたいという気持ちで当サイトを6年以上運営しているクレジットカードの専門家。

     

    130枚以上のクレジットカードを比較検討し、累計22枚のカードを所有してきた(大学生の頃は6枚所有)。マイルを累計30万以上保有。航空券をほぼ無料にし、ふらっと旅行に出かけるのが趣味。Amazonでのお買い物も累計40万円分以上、ほぼポイントで済ませている。

     

    カード会社幹部や広報部・外部の専門家ともつながりがあり、常に知識をアップデートしている。

     

    これからも、少しでもわかりやすい記事を届けられるように努力していきます!

     

    ▼ブログランキングにも参加しております。当サイトの思想に共感いただける方は、ポチッとおねがいしますm(_ _)m(タップ1回で投票完了します)

     

    ▼LINEでの相談も、気軽にどうぞ!

    かんたん検索でクレジットカードを選ぶ!自分にピッタリなカードが「ズバッと」見つかる人気ランキングからクレジットカードを選ぶ!

    自分にピッタリのクレジットカードの選び方がわからない方は、基礎知識・おすすめカードの選び方が一気に学べるトップページをぜひ見てください。→ https://学生クレジットカード.com