学生はANAとJALはどっちがオススメ!?クレジットカードでのマイルの貯まりやすさや違いを徹底比較!

「学生でもマイルを貯めてお得に旅行ができるの?」

「ANAとJALマイルを貯めるならどっちにすべき?」

ANA・JALともに学生さんでもマイルを貯めてお得に旅行ができるよう、学生に対して超優遇したルールを作ってくれています。

実は、学生だとしても、無料で国内の往復航空券を手に入れるくらいのマイルを貯めることは十分に可能です…!

賢くマイルを貯める攻略ができれば、毎年のように航空券代を無料にして旅行することも夢ではありません。

学生マイラーも増えてきています。

そこで学生さんが知っておくべきなのは下記。

【学生さんがマイルを貯める前に知っておくべきこと】 

  • 学生のうちはJALマイルの方が貯めやすい
  • 普段の生活でクレジットカードを賢く活用する方法

この記事では、「なぜJALの方がいいのか」「マイルを貯めたい学生さんに知っておいて欲しいこと」を紹介していきます。

ぜひ読み進めてくださいね。

1分でわかる!ANAとJALのメリット・デメリット比較

結論をいうと、学生の場合は「JALでマイルを貯める」ことをオススメします。

その理由はJALには「減額マイル」という、航空券との交換に必要なマイル数が最大で60%も少なくなる制度があるからです!

ANAとJALで同じだけのマイル数があったら、JALはANAの2倍も旅行ができるのです。

減額マイルについては後ほど詳しく説明するとして、ANAとJALでマイルを貯めるときのメリット・デメリットについて説明します。

ANAカードとJALカードの比較

ANAとJALはそれぞれ学生専用カードを出しています。

まず両者のカードを比較してみましょう。

※ANAカード<学生用>には、VISAやMasterCardもありますが、学生がマイルを貯める上ではJCB一択なので、JCBのみで比較します。

ANA JCBカード<学生用> JALカードnavi
カードデザイン ANA JCBカード<学生用> jalカードnavi
年会費 無料 無料
国際ブランド JCB VISA/Master/JCB
ポイント還元率 1.0% 1.0%
海外旅行保険 1,000万円 1,000万円
国内旅行保険 なし なし
ショッピング保険 100万円(海外のみ) 100万円
入会ボーナスマイル 1,000マイル+α 1,000マイル
強みや特徴 入会ボーナスで一気にマイルを貯められる 減額マイル制度のおかげで少ないマイル数で航空券が手に入る

大まかなスペックはほぼ一緒と言っていいでしょう。

大きな違いは、ANAは「入会時に一気にマイルを貯められる」、JALには「減額マイル制度がある」この点です。

ANA JCB カード<学生用>は超お得な入会キャンペーンあり!

ANA

2020年6月現在、ANA JCBカード<学生用>を発行し各種条件をクリアすることで、最大48,100マイル獲得できます。

ANAの場合、時期にもよりますが近隣国なら最低12,000マイルで往復旅行券をGETできます!

一気に海外に行けるくらいのマイルが貯まるすごいキャンペーンです。

ANAの入会キャンペーンのすごさがわかりますね。

ただし、キャンペーンの条件の中には「50万円以上のカード利用」など学生にはハードルが高いものもあります。

たとえば、自動車学校への入校や留学など大きな支払いの前にANA JCBカード<学生用>を作ると条件をクリアしやすいですよ。

JALカードnaviには減額マイル制度がある

JAL

JALには「減額マイルキャンペーン」があります。

このキャンペーンを利用すると、必要なマイル数が最大で60%も少なくなります。

ANA JCBカード<学生用>のように一気にマイルが貯まらないですが、コツコツ貯めれば年1の国内旅行は十分可能です。

▼減額マイルキャンペーン
JAL_減額マイルキャンペーン_国内線 JAL_減額マイルキャンペーン_国際線

ANAとJALの違い

ANAとJAL自体の違いを比較してみました。

ANA JAL
正式名称 全日本空輸株式会社 日本航空株式会社
アライアンス スターアライアンス ワンワールド
運行路線(国内) 地方に強い 沖縄や鹿児島の離島に強い
運行路線(海外) 世界24カ国 世界20カ国
航空券の取りやすさ

ANAの方が海外や地方都市に強く、JALは離島に強いです。

マイルを使っての航空券はJALの方が取りやすいです。

一概にどちらがいいとは言えず、自分の行きたいところに就航しているかどうか、というのが大きな基準になってきます。

学生がマイルを貯めて航空券を獲得する難易度は、「JALの圧勝」です。

学生がマイルを貯めてお得に旅行する鍵となるのは「クレジットカード」

マイルを貯める方法は、「飛行機乗って貯める方法」「クレジットカードを使って貯める方法」があります。

他にも細々した貯め方はありますが、上記の2つを知っておけばひとまずOKです。

飛行機を利用してマイルを貯めるのはハードルが高い

飛行機乗ったときに貯まるマイル数は、フライトの距離・利用したグレード・予約クラスによって算出されますが、正直言って微々たるものです。

仮にANAをかなり利用する出張族のサラリーマンでも、東京~沖縄を20往復ほどしてようやくハワイ行きのチケットが手に入るほどです。

なので、学生だけではなく、そもそも一般人が飛行機を利用してマイルを貯めるのは厳しいのです。

もしも飛行機を利用したときは、絶対にマイルをもらっておこう

飛行機に乗ってマイルを貯めるのはハードルが高いです。

とは言え、飛行機に乗る機会があればマイルはもらっておきましょう。

マイルをもらうには、航空会社のポイントプログラム(マイレージと呼ばれる)に会員登録をする必要があります。

登録自体は無料で誰でもでき、クレジットカードも必要ありません。

旅行前に済ませておきましょう。

ちなみにANAの場合だと「ANAマイレージクラブ」、JALの場合だと「JALマイレージバンク」と呼ばれています。

クレジットカードを使えば、気づかぬうちにマイルが貯まる!

マイルを貯める方法で鍵となるのは「クレジットカードの活用」です。

JALカードnaviもANA JCB カード<学生用>もポイント還元率が1.0%なので、100円ごとに1マイルたまるイメージです。

1年間で60万円(月々5万円)カードを利用すると、6,000マイルためることができます。

そのマイルにどれくらいの価値があるかというと…

JALカードnaviなら減額マイル制度があるので、6,000マイルあると、東京~沖縄を往復することも可能です(シーズンにもよります)。

これって結構すごくないですか? 

このくらいの価値があるなら、「ちゃんとマイル貯めよう!」という気持ちになりますよね。

JALカードnavi

学生限定で年会費無料・還元率1.0%以上・旅行保険は国内外ともに自動付帯のバランスいいカード。JALに乗る・JALマイルを貯めたいなら絶対持つべき。 

JALカードnavi
入会特典入会ボーナスで2,000マイルプレゼント!
年会費(初年度) 無料
年会費(2年目~) 無料
ポイント還元率(通常) 1.0%
ポイント還元率(最大) 2.0%
発行スピード(最短)1週間以上

カード決済は意外とたくさんできる!

「いやいや、カードをそんなに使う機会がないよ…」と思うかもしれません。

実はカード決済ができる場面はたくさんあります。

たとえば、光熱費・交通費・ガソリン代・飲み会・カラオケ・ビリヤード・旅行・書籍代・ネットショッピング・年金などなど…。

逆にカードが使えない場面の方が少ないです。

月々の支払いをかき集めれば、学生でも多くの方は3~5万円程度はカード決済にできそうです。

もしもその支払いをJALカードnaviで済ませれば、毎年のように沖縄や北海道に無料で行けますよ!

ANAカード・JALカードともに学生は優遇されているので飛行機に乗る人は持つべき

ここまで学生でもマイルを貯められることをお伝えしてきました。

おそらく「クレジットカードが重要」ということも理解してもらえたはずです。

もしも飛行機を使った旅行をお得に済ませたいなら、「ANA JCB カード<学生用>」もしくは「JALカードnavi」を発行するのがオススメです。

JALカードnaviの強み

JALカードnavi

学生限定で年会費無料・還元率1.0%以上・旅行保険は国内外ともに自動付帯のバランスいいカード。JALに乗る・JALマイルを貯めたいなら絶対持つべき。 

JALカードnavi
入会特典入会ボーナスで2,000マイルプレゼント!
年会費(初年度) 無料
年会費(2年目~) 無料
ポイント還元率(通常) 1.0%
ポイント名:JALマイル
ポイント還元率(最大) 2.0%
条件:加盟店での利用
発行スピード(最短)1週間以上
  • 付帯保険(海外旅行):◎(自動付帯)
  • 付帯保険(国内旅行):◎(自動付帯)
  • 付帯保険(盗難保険):あり
  • 付帯保険(ショッピング保険):あり

他実施中キャンペーン:入会後初めての搭乗でボーナス1,000マイルプレゼント・Visaタッチ決済利用で500マイルプレゼントなど盛りだくさん

JALカードnaviの強みとしては、「減額マイル制度」があることです。

少ないマイル数で航空券とマイルを交換できるのは、かなりアドバンテージです。

■詳細:JALカードnavi★学生専用の年会費無料クレジットカード!JALマイルが貯まる・保険付き。お得すぎる最強クレジットカード!?

ANA JCB カード<学生用>の強み

ANA JCB カード(学生用)

在学中は年会費無料・還元率1.0%と優秀。ANAマイルを貯めてみようかな?という学生にオススメ!旅行保険もついてとても使いやすいカード。 ※公式サイトでANA JCBカード(学生用)を選んでください

ANA JCB カード(学生用)
入会特典ANAマイル1,000ポイント
年会費(初年度) 無料
年会費(2年目~) 無料
条件:学生限定・在学中は年会費無料
ポイント還元率(通常) 0.5%
ポイント名:Oki Dokiポイント
ポイント還元率(最大) 1.0%
発行スピード(最短)1週間以上
  • 付帯保険(海外旅行):◎(自動付帯)
  • 付帯保険(国内旅行):◎(自動付帯)
  • 付帯保険(盗難保険):あり
  • 付帯保険(ショッピング保険):あり

他実施中キャンペーン:毎年カードを継続するとボーナスマイルプレゼント!

ANA JCB カード<学生用>の強みとしては、「入会キャンペーンで爆発的にマイルをもらえる」ことです。

キャンペーンは度々行われており、どのキャンペーンも数万単位のマイルが貰えます。

ただし、入会キャンペーンには条件があり学生にはクリアが難しいものもあります…。

■詳細:ANA JCB カード(学生用)でANAマイルを貯めよう!学生は在学中は年会費無料・入会するだけでマイルがザクザクもらえて国内・海外の旅行保険も強い!

【結論】学生は「JAL」と「ANA」はどちらを選ぶべき?

ANAとJALで、とくに強いこだわりがなければ「JAL」を選ぶのがオススメです。

その理由は、何度も述べているようにJALだと航空券と交換するのに必要なマイル数が減額されるからです。

カード自体のスペックや、就航都市、航空券の取りやすさなどでANAが勝る部分も少なからずあります。

ですが、やはり1番の理由は減額マイル制度でしょう。

JALカードnaviなら減額マイル制度を活用できる

JALカードnaviは、最大で通常よりも60%も少ないマイル数で航空券を手に入れられます。

JAL_減額マイルキャンペーン_国内線 JAL_減額マイルキャンペーン_国際線

時期の指定があるので、いつでも60%オフというわけではないので、誰でも利用できるわけではありません。

しかし、比較的時間の融通が利く学生なら、それほどは問題ないと思います。

 

▼減額キャンペーンの期間

  • 期間:
    2020年4月1日(水)~2021年3月31日(水)
  • 除外日:
    2020年4月28日(火)~2020年5月6日(水)
    2020年7月4日(土)~2020年8月31日(月)
    2020年12月29日(火)~2021年1月3日(日)

夏休みの後半や、春休みは丸々、減額マイル制度が使えますね!

入会後、50万円以上決済できるならANA JCBカード<学生用>もあり

ANA JCB カード<学生用>は比較的キャンペーンを開催しており、もらえるマイル数も多い傾向にあります。

しかし、入会キャンペーンでマイルをもらうには、それなりの決済が必要です。

たとえば、発行後3~4ヶ月以内に50万円以上決済できる予定があればANAを選んでもいいでしょう。

おまけ①:筆者もやっぱりJAL派です

余談ですが、筆者はJALマイルを貯めています。

筆者が保有しているJALマイル
※筆者が保有しているJALマイル

13万マイルあれば、ファーストクラスで日本-ハワイを往復できます!

まだ乗ったことはありませんが…。

ANAは多くの世代から人気で、マイルで航空券が取りづらい状況になっています。

当然ですが、すべての座席がマイル枠として開放されているわけではありません。

たとえばファーストクラスだと8席あってもマイルで予約できるのは2席ほどというイメージです。

せっかくマイルを貯めたのにマイルを使えない、という状況が嫌だったためJAL派になりました(笑)

JALの提携航空会社、同アライアンスを利用してみた

JALマイルを貯めたことで、エミレーツ航空やカタール航空のビジネスクラスに乗ることができました。

エミレーツ航空とカタール航空は中東の航空会社で豪華絢爛。

JALと提携航空会社・同アライアンスなので、JALマイルで利用できました。

▼エミレーツ航空のビジネスクラス
エミレーツ航空のビジネスクラス

エミレーツ航空のビジネスクラス

学生の頃からマイルを貯めることに慣れていれば、社会人になったらマイルでビジネスクラスに乗ることもできるようになりますよ!

おまけ②:貯めているマイルが合わない(JAL派・ANA派)友達と旅行するときはどうする?

もしもマイルを貯めている同士で旅行をすることになったらどうしますか?

どちらかが折れて、どちらかに合わせますか?

実体験として、筆者はJALマイルで行きたくても、周りはANAマイラーが多いということが何度もありました…。

学生で一緒に旅行を楽しむ場合はどうしましょうか?

あえて格安LCCでの旅行をしてみたり、行動派であれば現地集合・現地解散も楽しいかもしれませんね。

まとめ:学生はANAよりもJALがオススメ!

迷ったらANAよりもJALが学生にはオススメ!

以上、学生がマイルを貯めるときのオススメの手法と、ANA・JALの比較でした。

学生がマイルを貯めてお得に旅行しようと思ったら、JALがオススメです。

減額マイル制度は、学生だけの特権なので、社会人の筆者からすると羨ましい限りです!

減額マイル制度を使うのにも、JALマイルを貯めるのにもJALカードnaviは必携なので、マイルを貯めたいなら早速発行しましょう。

JALカードnavi

学生限定で年会費無料・還元率1.0%以上・旅行保険は国内外ともに自動付帯のバランスいいカード。JALに乗る・JALマイルを貯めたいなら絶対持つべき。 

JALカードnavi
入会特典入会ボーナスで2,000マイルプレゼント!
年会費(初年度) 無料
年会費(2年目~) 無料
ポイント還元率(通常) 1.0%
ポイント名:JALマイル
ポイント還元率(最大) 2.0%
条件:加盟店での利用
発行スピード(最短)1週間以上
  • 付帯保険(海外旅行):◎(自動付帯)
  • 付帯保険(国内旅行):◎(自動付帯)
  • 付帯保険(盗難保険):あり
  • 付帯保険(ショッピング保険):あり

他実施中キャンペーン:入会後初めての搭乗でボーナス1,000マイルプレゼント・Visaタッチ決済利用で500マイルプレゼントなど盛りだくさん

再三お伝えしていますが、学生でもコツコツとマイルを貯めることで毎年のようにマイルで旅行できます。

さらに、学生のうちからマイルの知識をつけておけば、社会人になったら圧倒的に貯めることができ、ファーストクラスも夢ではありません…!

「この記事、参考になった!」と思っていただけましたか?

▼ぜひブクマ・シェアお願いします!

周りの方・ご友人が悩んでいる時にもぜひ教えてあげてください。m(_ _)m

運営者プロフィール

学生クレカ管理人

学生クレカ管理人

自分が大学生・未成年時代のお金・クレジットカードの失敗経験をもとに、同じ失敗をする人・クレジットカードについて悩む人をひとりでも減らしたいという気持ちで当サイトを6年以上運営しているクレジットカードの専門家。

 

130枚以上のクレジットカードを比較検討し、累計22枚のカードを所有してきた(大学生の頃は6枚所有)。マイルを累計30万以上保有。航空券をほぼ無料にし、ふらっと旅行に出かけるのが趣味。Amazonでのお買い物も累計40万円分以上、ほぼポイントで済ませている。

 

カード会社幹部や広報部・外部の専門家ともつながりがあり、常に知識をアップデートしている。

 

これからも、少しでもわかりやすい記事を届けられるように努力していきます!

 

▼ブログランキングにも参加しております。当サイトの思想に共感いただける方は、ポチッとおねがいしますm(_ _)m(タップ1回で投票完了します)

 

▼LINEでの相談も、気軽にどうぞ!

かんたん検索でクレジットカードを選ぶ!自分にピッタリなカードが「ズバッと」見つかる人気ランキングからクレジットカードを選ぶ!

自分にピッタリのクレジットカードの選び方がわからない方は、基礎知識・おすすめカードの選び方が一気に学べるトップページをぜひ見てください。→ https://学生クレジットカード.com