クレジットカード豆知識

休学・留年・大学院へ進級したとき、クレジットカード会社での扱いはどうなる?新規申込み時、その後に分けて調べてみた。休学時など収入が学生バイトレベルを超えた場合についても解説!

留年・休学・進学時
一言に学生といっても、「休学」や「留年」などさまざまな状況があります。

特に、ベンチャー企業の盛り上がりもあって「休学」という選択肢をとる学生が増えてきている。という話しを聞きます。

今回はそのような学生の状況変化をカード会社がどのように捉えているのかを解説していきます。当事者の方にとってはドンピシャな内容だと思いますので読んでみてください^^

すでに学生カードを持っている場合

学生向けカード
まずは、すでにクレジットカードを持っており、その状況で「休学」・「留年」・「大学院」など、学生生活が変化したケースを見ていきましょう。

【ここがポイント】学校に在籍しているかどうかで決まる

学生生活は本当にいろいろな状況変化がありますが、カード会社の捉え方は「学校に籍があるかどうか」です。

  • 休学:休学中に学籍が外れるなら登録情報の変更が必要
  • 留年:卒業予定変更を伝えるのが理想
  • 大学院:卒業予定変更を伝えるのが理想

留年や大学院への進学など、学校に籍がある状況はカード会社では「学生」として管理されます。

一方、休学については学校に籍がないのであれば、「無職」や「会社員」など、今の状況に登録情報を変更するのが好ましいとされています。

卒業予定はどうやって確認される?

カード会社は学生の卒業予定を申込時の「卒業予定見込み」などの項目から管理しています。

留年などから卒業がずれ込む場合、登録情報を変更しておく方が長く学生カードを使えるメリットを得られることもあります。

登録情報を変更しなければどうなる?

休学して一時的に無職や会社員になった場合など、登録情報を変更するかどうかは損得で考えるのがいいでしょう。

  • 無職に変更:学生ではないので学生カードの強制解約もあり得る
  • アルバイトに変更:社会人のクレジットカードを作れる
  • 会社員に変更:社会人のクレジットカードを作れる

たとえば、「休学」→「アルバイトで年収が300万円を超えた」→「社会人のクレジットカードを作る」といったメリットもあれば、「休学」→「無職」→「学生カード解約」といったデメリットもあり得ます。

カード発行後におけるカード会社のスタンスは「状況変化に合わせて登録情報を変更してください」と言うしかなく、登録情報の変更がない限りは原則、事実を確認する術がないのでとくに問題はありません。

休学中に収入がバイトレベルを超えたらどうなる?

休学中にアルバイトをすると、学校に籍がないのであれば「アルバイト」となります。学校に籍があるなら「学生」or「アルバイト」のどちらに登録情報を変更してもOKです。

その判断というのは、「学生専用のクレジットカード」or「社会人のクレジットカード」のどちらを持ちたいのかであり、学生カードを作るのであれば学生でなければなりません。

休学中に年収が300万円を超えた場合など、限度額をベースに考えると社会人としてクレジットカードを持っているほうが有利です。(※多くのカードが学生の限度額10~30万円、社会人は80~100万円程度まで引き上げ可能)

登録情報の変更から社会人のクレジットカードを作れるの?

基本的に登録情報の変更から社会人のクレジットカードを作れるかどうかは、今使っている学生カードによります。

たとえば、「三井住友デビュープラスカード(学生用)」を使っている場合、お問い合わせから状況を説明すると、在籍確認等を踏まえて「三井住友デビュープラスカード(社会人用)」へ切り替えることができます。

ちなみに、デビュープラスカードは「学生用」も「社会人用」もカード自体は共通で、カード会社が登録情報からどちらかに振り分けて管理しているだけです。

この場合は、切り替えをしても登録情報が変更されるだけであり、切り替えの度に新しいカードが郵送されることはありません。

新規申込の場合

学生の状況は色々とありますが、新規申込については「今の状況」で決まります。

  • 休学中で学校に籍がある:学生で申し込み
  • 休学中で学校に籍がない:アルバイトや会社員など今の状況で申し込み
  • 明日に会社員になる:今は学生なので学生でしか申し込めない
  • 学校を休学して会社員:学校と会社の両方に籍があるなら好きな方で申し込める
  • 学生でありながら個人事業主:限度額を求めるなら個人事業主がベター

学生と社会人のどちらも選択できる場合、どれだけ年収が高くても「学生」として申し込んでしまうと限度額は「10万円~30万円」のように学生水準の限度額になってしまいます。

社会人として申し込むと年収に応じた限度額を狙えます。

【ここがポイント】選択肢を自由に使えると考えていい

学生でありながらも複数の職業を選択できる場合、それらの選択肢は自由に使えるため、どんなカードを作りたいのかで判断するのが好ましいです。

後に紹介しますが、JCBでは「学生カードを作りたいなら学生であることが重要です」と回答されましたが、学生カードを作るなら学生として申し込む必要があります。

カード会社3社に気になる質問を聞いてみた

今回のテーマに関連する内容として、「三井住友カード」・「JCB」・「オリコ」の3社に気になる質問を聞いてきたので、参考にしてみてくださいね。

Q:一時休学で会社に勤めるが、職業は何と書けばいい?

3社の回答は以下のとおり。

  • 三井住友:会社に籍があるなら社会人のクレジットカードを作ることもできます
  • JCB:会社に籍があるなら社会人のクレジットカードを作ることもできます
  • オリコ:休学で会社務めが1年に満たないなら学生として申し込むのがオススメです

オリコだけはこちらの状況があまり伝わっていない印象があり、「休学して3ヶ月だけ会社勤務した場合でも社会人のクレジットカードは作れませんか?」と尋ねると、「1年に満たないなら学生として申し込む方がいいですね」と審査合格率を示唆・優先する回答でした。

基本的にオリコも他社と同じであり、職業欄の記入は「その時の状況」によるため、学生だけど高収入を得ているなら「個人事業主」や「会社員」など、その職業から社会人用のカードを作ることができます。

Q:会社勤務を終えて大学に戻るが、手続きは必要?また、手続きしなかったらどうなる?

3社の回答は以下のとおり。

  • 三井住友:登録情報を変更するのが好ましいですが、しなければ卒業まで社会人用のカードを使い続けることは可能です
  • JCB:登録情報を変更するのが好ましいですが、しなければ卒業まで社会人用のカードを使い続けることは可能です
  • オリコ:学生カードを推薦します

一度クレジットカードを作ると、カード会社は学生の状況変化を「登録情報の変更」でしか管理できないため、状況変化を申告しなければ今のカードを卒業まで使い続けることができる証拠です。

JCBの回答では、「学生」と「社会人」の選択肢がある場合において、「どんなカードを作りたいのかを基準に決めるのがいいですよ」というわかりやすい回答でした。

つまり、学生は必ずしも「学生」として学生専用クレジットカードを作る必要はなく、他の職業を選択できる状況なら年収に応じてハイスペックなクレジットカードを作ることも可能ということです。

会社勤務で年収400万円あるけれど、学生として申し込むと限度額は低くなるの?

3社の回答は以下のとおり。

  • 三井住友:学生として申し込むと限度額は10万円~30万円が上限です
  • JCB:社会人用のカードの方が限度額は高いです
  • オリコ:学生カードを推薦

三井住友の回答では、「学生用」と「社会人用」の限度額は各カードの紹介に記述されているとおり、そのカードにおける限度額の範囲で決定されます。

そのため、学校を休学してバイト生活から年収が300万円を超えている場合でも、あえて「学生」として申し込んでしまうと限度額は「10万円~30万円」になってしまいます。

ショッピング枠の限度額の決め方は?

3社の回答は以下のとおり。

  • 三井住友:限度額を決める詳細は言えません・・・
  • JCB:限度額を決める詳細は言えません・・・
  • オリコ:審査に関する内容はすべて言えません・・・

クレジットカードのショッピング枠は総量規制外ですが、それでも限度額を決める基準は各社ともに公表できないようです。まあ、それはそうですよね・・・!

【まとめ】学生向けカードは学生しか作れない!

今回のテーマをまとめてみましょう。

  • 学生かどうかは学校に籍があるかどうかで決まる
  • 学校と会社の両方に籍があるならどちらの職業でもカードを作れる
  • 登録情報を変更しなくても問題ない

学生で高収入を得ていると社会人のクレジットカードを作れるというわけではなく、最大のポイントは「籍が学校にあるかどうか」です。

収入が高いと審査に通りやすくなるという利点がありますが、これはいわゆるクレジットカード審査の話です。

学生は「学生カード」と「社会人カード」のどちらも作れることがわかりましたが、合格率やスペックなどトータル的にメリットを感じるカードを選択していくのがオススメ。

最後に筆者の周りから集めた学生時代の経験談を紹介しておくので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

経験談①:大学2年生の頃に休学、企業勤務から「アメックス」に合格!

私は大学2年の時に休学して企業勤務をすることになりました。

その時の年収は学生でありながらも「400万円」、もしかするとアメックスの審査に通るかもしれないと思い社会人として申し込んでみました。

そうすると・・・なんと普通に審査に合格することができ、「学生でアメックスを持っている」というかなり特殊な状況になった経験があります。

  • ゴールド以上を持っている知り合い経由
  • アメックス担当者経由
  • 学生ではなく社会人として申し込む
  • 職業身分「学生」と書いて申し込むとほぼ落ちる

ちなみに学生でアメックスを持ちたいなら、「学生」ではなく「社会人」として申し込んでみてください。私の周囲でも学生として申し込むと全員不合格でしたので学生での申し込みは期待できません。

一般的に学生でもプロパーのアメックスを持っている人は親の家族カードか、収入によって学生扱いを外して入手している人がほとんどです。

※一部、企業内定者であればアメックスを在学中手にすることができる可能性もあるようです。

「リクルートカード」で最初から限度額100万円!

休学してインセンティブ付きの有給インターン勤務をスタートしてから、リクルートカードにも申し込んでみました。

当初はリクルートカードがリリース直後ということもあり、新しいクレジットカードとして注目度が高かった時代です。

「年収420万円」で申し込んだところ、最初から限度額が100万円ついてきてびっくりしたのを覚えています。

収入の高い学生さんは社会人として申し込む方が、年収に応じた限度額をGETできるのでオススメですよ。

「楽天カード」は限度額10万円から70万円へ自動増額!

楽天カードは「学生」として申し込みましたが、限度額は10万円でした。

企業勤務をしてから知らない間に限度額が70万円まで上がっており、かなり驚きました。ちょっと怖くなったくらい笑

限度額は10万円もあれば十分だったので、管理画面から減額申請して非常用カードにしたのはいい思い出です。

新しいクレジットカードが登場したり知ったとき、良いカードか悪いカードか見分ける方法は、「自分との対話!?」

良いカードと悪いカードの見分け方

「いいカード」は簡単なようで難しい・・・自分なりの定義を考えよう!

今回は、新しいクレジットカードを見つけた時の「良いカードと悪いカードの見分け方」について考えてみたいと思います。

このテーマは人によって考え方が大きく異なりますが、自分にとっての良いカードと悪いカードの選び方は「何を優先するべきか?」を考えることは共通します。

私の主観をベースに注目しておきたい項目を紹介していくので、みなさんも一緒に考えてみてくださいね。

良いカードの見分け方!優先したい項目を自分なりに考えよう

新しい新登場のクレジットカードは、シンプルに「ポイント還元率」+「年会費」で見分けるのが代表的です。

さまざまな特典がつくとはいえ、基本的に最も多く使うシーンは「支払い手段」なので、それがいかにお得かどうかを見ます。多くの人が重要だと思っているポイントです。

たとえば「年会費無料」+「ポイント還元率1.0%以上」のセットなら、他のクレジットカードの相場と比較してもコスパが良いと判断できます。

また、新しいクレジットカードも「バランスを重視する」という考え方に着地することが多いので、旅行保険や特典など性能をすべてチェックして判断していくことが失敗回避に繋がります。

ポイントプログラムの種類で選ぶ!

還元率を重視する場合に意外と盲点となるのが、ポイントプログラムの種類。

  • デビュープラスカード:ワールドプレゼント
  • ライフカード:LIFEサンクスプレゼント
  • JCB CARD W:OkiDokiポイント
  • JALカードnavi:JALマイル
  • セゾンアメックスシリーズ:永久不滅ポイント

「Tポイント」のようにいろいろなクレジットカードに搭載されているポイントプログラムは共通ポイントと呼ばれ、それに対して上記は各社の独自ポイントです。

ポイントの種類によって「還元率」・「使い道」・「有効期限」といったようにさまざまな違いがあるため、ライフスタイルに合わせてポイントプログラムの種類からクレジットカードを選ぶというのは失敗が少ないです。

たとえば、旅行のために「貯まるマイルの種類を選ぶ」のは代表的ですし、セブン-イレブンなら「セブンプラスカード」やイオンなら「イオンカード」など、利用することが多いお店に強いクレジットカードを選ぶのも賢いでしょう。

デザインやカードランクで選ぶ!

接客業でレジ打ちをしている方の共感があるかわかりませんが、「え?何このクレジットカード!」と思うようなインパクトのあるカード・デザインもおもしろいでしょうね。

この路線で辿り着きやすいのが「JCB・ザ・クラス」のようないわゆるブラックカードですが、他にはないデザインやレア度の高いクレジットカードはお店でクレジットカードを提示する際に優越感があります。

今は本当にクレジットカードの種類が多いので、新しいクレジットカードだからこそインパクトのあるデザインに期待したい人もいるでしょう。

ラブライブ!デザインのカードは、キャラカードの中でもかなり人気で結構発行されているようです。

特典で選ぶ!

クレジットカードによっては付帯特典がありますが、ポイント還元率よりも付帯特典の割引を重視する方がお得なケースもあります。

たとえば、イオンカードは「毎月5%OFF」が確定イベントとして開催されるので、考え方によってはポイント還元率を重視するよりも5%OFFを重視する方が節約効果が高くなります。

常設の還元率がそれなりに高く、日頃から利用するお店が対象となっている付帯特典があると、かなり都合がいいですよね。

普段からよく行くお店で新しいクレジットカードの宣伝を見かけた時は、迷わずチェックしておきましょう。

旅行保険で選ぶ!

海外志向の方や旅行が趣味な方にとって外せないのが、海外旅行保険です。

クレジットカードの旅行保険は「利用付帯」・「自動付帯」のいずれにせよ、万が一に備えるアイテムとしては非常に使い勝手がいいです。

日本と違って、海外での怪我や病気の治療にはとんでもない医療費がかかることがあります。海外旅行時には保険付きのクレジットカードを持っていきたいもの。(筆者は海外旅行保険に助けられたことがあります!)

旅行保険は「死亡・後遺障害」や「傷害・疾病治療」など約5項目ほどの保険がセットで付いており、その中でも補償額が高いのが「死亡・後遺障害」です。

補償額が安くても「最高1,000万円」や「最高3,000万円」という金額なので、これがあるのと無いのとでは万が一の状況がかなり違います。

悪いカードの見分け方!「本当に使うのか?」を考えよう

良いカードは自分が優先したい項目から選べば良いので、何かしら納得できる結果を得やすいです。

逆に悪いカードの場合、「新しいクレジットカードを作っても使わない・・・」というオチを回避するためにも、本当に使うのかどうかを基準に判断していくのがいいですね。

本当に使うのかどうかを考えることで「優先したい項目」「優先すべき項目」が自然と見えてきます。

1枚のカードで優先すべきすべての希望を叶えることが難しくても、2,3枚のカードを持ちそれぞれの強みをそれぞれのシーンで活かす。というのが賢いカードの使い分けです。

【良くある失敗その①】キャンペーンしか見ていない・・・

新しいクレジットカードは入会キャンペーンが開催されることが多いです。

しかし、あくまでも重要視しておきたいのは日常使いの実用性なので、キャンペーンだけで新しい新登場のクレジットカードを作るのはあまりオススメできません。

もちろん1万円分のポイントバックなどは魅力的なんですけどね。長く持てるカードを作った方が自分にとってもいいはずです。

※2017年に新登場したJCB CARD Wは、キャンペーンもスペックもかなりいいので本当にすごい企業努力だなと感心します…
JCB CARD W
そんなJCB CARD Wを詳しく見る

【良くある失敗その②】スペックの見落とし・・・

クレジットカードは見ておくべき項目が非常に多いです。

  • ポイント付与単位:100円単位や1,000円単位など
  • ポイント還元率:100円に対する円の還元率
  • ポイントの有効期限:1年や2年など
  • ポイントの使い道:商品交換や支払いなど
  • ポイントモール:還元率がアップするネットショッピングモールの有無

ポイントに関する項目だけでも調べるのが大変ですが、出来る限り細部までスペックをチェックしておきましょう。

【良くある失敗その③】メリットがデメリットを超えない・・・

悪いカードの見分け方で難しいのが「メリットがデメリットを超えない」というケースです。

どれだけスペックが悪くても「デザインがかっこいい!」など、納得できる理由があれば後悔はしません。

しかし、「ポイント還元率が常設2.0%!」+「初年度年会費無料!次年度は30,000円」といった場合、カードの利用頻度が低い方だと2年目以降に還元率で年会費を相殺できない可能性があるので、1年間だけフル活用して2年目は解約する方がお得です。

このクレジットカードじゃなきゃダメなんだ!」と思えるような理由を見つけたいところですね。

CMが大々的な新しいクレジットカードは人気が高い?

さて、最後に新しいクレジットカードの需要や人気についても考えてみたいと思います。

  • CMに積極的:メジャーなカード会社が多く人気が高まりやすい
  • CMに消極的:マイナーなカード会社が多く人気が高まりずらい

新しい新登場のクレジットカードを売り込むにはCMから申し込みを促す必要がありますが、広告費用の関係からも大手会社ほどCMに積極的です。

また、その延長にはスペック云々で知名度から人気が決まりやすい傾向もあるため、実際のところは新しいクレジットカードも「知名度による安心や信頼」というのは無意識レベルで優先する方が多いのかもしれませんね。

しかし、新しいクレジットカードを「コスパ」や「損得」などで選ぶ場合、必ずしも大手会社の方が優秀なクレジットカードとは限らず、ここがクレジットカードのおもしろいところでもあります。

新しいクレジットカードは「新しい」というだけで魅力的なものの、良いカードか悪いカードなのかは自分の定義から納得できる理由を見つけて上手に選んでいきましょう。

クレジットカード会社の合併・買収などの経営統合によるメリットデメリットを解説!

カード会社の経営統合、その後どうなる?

クレジットカード会社の経営統合は多い?

クレジットカード会社は資本提携や業務提携といったビジネス戦略は多く見かけますが、「○○会社がクレジットカード会社を買収して新しいクレジットカードを発行する」という情報はあまり見かけません。

過去においては、UFJニコスとDCカードが合併・統合されて「三菱UFJニコス」が誕生するなど、わりと大々的な経営統合が見られました。

近年は大手のクレジットカード会社といえば「JCB」や「三井住友カード」など有名どころがほぼ決まっています。これも統合が進んでいった結果です。

Yahoo!JAPANカードはM&Aによって誕生!

Yahoo!JAPANカード
クレジットカード会社のM&Aによる発券事例として、2014年にヤフーがKCカードを買収して「Yahoo!JAPANカード」をリリースしたという話があります。

Yahoo!JAPANカードは「年会費無料」+「Tポイント搭載」+「ポイント還元率1.0%~3.0%」という魅力的なスペックで、今や評判をぐんぐん上げてきているクレジットカードです。

ヤフーのKCカード買収は大成功!

ユーザー目線から見ても、Yahoo!JAPANカードは戦略がうまいと感じます。

私はソフトバンク携帯とYahoo!JAPAN IDを利用していますが、ソフトバンク携帯の長期契約特典でTポイントが毎月配布され、それがYahoo!JAPAN IDに反映されることからも「Yahoo!JAPANカードを作っておけばさらに効率的だな・・・」と思わされます。

また、新規入会キャンペーンのTポイント配布が非常に魅力的なので、これが決め手となって同カードへ申し込む方も多いのではないでしょうか。

しかも、Yahoo!JAPANカードは「Yahoo!ショッピング」など、ヤフーの各種サービスと連動しているので実用性が高く、使ってみた感想としてもTポイント搭載というのが便利です。

経営統合による相乗効果(シナジー)をしっかりと出してきています。

クレジットカード会社のM&Aによるメリットとデメリット

クレジットカード会社がM&Aで経営統合した際、どのようなメリットやデメリットがあるのかも気になりますよね。

多くのケースでM&Aというのは会社の規模を拡大する狙いがあり、より大きな会社が中小企業を買収していくといった流れが非常に多いです。

経営統合のメリット

クレジットカード会社のM&Aによるメリットは、Yahoo!JAPANカードのように「新しいカードのリリース」や「ポイントサービス等の改定」などがあります。

  • 新しいクレジットカードのリリース
  • 新しいポイントプログラムの登場
  • ポイント還元率などの改定
  • キャンペーンの開催

独自ポイントを持っているクレジットカード会社がM&Aによってポイントが統合された場合など、それによって今まで以上に実用性が高くなるといった使用感もメリットですね。

経営統合のデメリット

一方、クレジットカード会社が合併すると「審査情報の共有」によって、クレジットカードの発行審査に合格することが難しくなるといったケースがありそうです。

  • 新登場のカードがない
  • 新しいサービスがない
  • ポイント還元率の悪改
  • キャンペーンがない

また、ユーザーとしては合併によって新しい何かを期待するわけですが、せっかく経営統合したのに新しいサービスが何もなく、従来と同じで平常運転されてしまうというオチもあります。

さらに「ポイント還元率が下がる」など、経営の都合で今までよりもサービス内容が悪化してしまうのは非常に大きなデメリットです。

※カード会社としても既存会員の流出につながるデメリット化は避けたいことでしょう…

「え?」と思うようなM&Aはワクワクが止まらない!

クレジットカード会社のM&Aはユーザーの立場からすると、ネガティブなことばかりではなくワクワク感も大きいです。

たとえば、極端な話ですが「三井住友カードがJCBを買収!」なんてことが起こると、もうクレジットカード業界は騒然となり、各社は今後の戦略をあらためて考えなおすことになります。

ユーザーとしては三井住友カードとJCBのどちらのクレジットカードを持っていても、「三井住友カードでディズニーオフィシャルカードを作れる?!」とか「三井住友カード×JCBオリジナルが登場するかも?!」など、今までにない魅力的なサービスへの期待に心が躍りますね。

各社の競争姿勢が増すことで、よりユーザーにとってメリットが大きい特典やキャンペーンも打ち出してくるでしょう。

「JCB」と「アメックス」と「ダイナースクラブ」の業務提携

少し話が逸れますが、「それ本当なの?」というクレジットカードの噂話を紹介しておきます。

これはM&Aではなく業務提携の話ですが、「JCB」・「アメックス」・「ダイナースクラブ」の加盟店になるとき、2018年6月時点までにおいては申し込みの窓口は「JCB」のみとなっています。

JCBへ加盟店の申し込みをすると、アメックスとダイナースクラブのブランドもセットになっているので、業務提携によって3社のブランドを一度に利用可能となります。

ユーザーの間でも「JCBカードをアメックスの加盟店で使えた!」など都市伝説のような話を聞くことがあると思いますが、これは噂ではなく本当に使えます。

クレジットカード申し込みに向けてM&Aの動向は注視すべき?ユーザーはどういう姿勢でいるべきか

これからクレジットカードを申し込む際に「M&Aの動向は注視すべきかどうか?」についても考えてみましょう。

すでに契約しているクレジットカードについてはM&Aの情報が発信された場合にチェックしておくといいですが、新規申込に関してはそこまで気にする必要もありません。

多くの人にとって重大なニュースであれば、知らずのうちに情報が耳に入ってくるはずでしょう。特別な関心がない人が、毎日こういったニュースを細かく注視する必要はありませんのでご安心を^^

そもそも、カード業界でのM&Aは数えられるほどしか発生しませんし。

サービス改定の可能性は大いにある!M&A後の動向はチェックしておこう!

すでに持っているクレジットカードが他社に合併された場合、今までとは異なるサービス内容になる可能性があります。

ポイントの統合から実用性が高まったり還元率が上がるといったケースは嬉しいですが、逆の場合は非常に残念な経営統合となります。

自分にとって残念な改定となった場合、他のクレジットカードへ乗り換えを検討するいい機会となります。

日頃から延滞はせず、クレヒスは汚さないこと!審査情報の共有もあり得る

過去の遅延などによってクレヒスが落ちていても無名なクレジットカードなら合格できそうなイメージが持たれます。

ただ、この考え方も注意が必要です。合併によって審査基準が変更されたり、たまたま過去の審査情報の共有から合格が難しくなることもありえるからです。

クレヒスについて詳しくはこちらで勉強できます。
クレジットカードのクレヒス(クレジットヒストリー)の恐怖!ブラック・スーパーホワイトって何?どうやって回避する?

M&A直後のクレジットカードは大化けする可能性がある!

クレジットカード会社のM&Aの情報は、各社のニュースリリースなどからたどっていくと見つけることができます。

一般的には有名なクレジットカード会社でなければ自然とM&Aの動向を知ることは皆無に等しいので、申し込みのタイミングで合併情報を考慮することは難しくもあります。

しかし、もしM&Aの情報を知った上で申し込みを検討するのであれば、今回紹介したように「心が躍るような新しいサービスへの期待」を持てるので、明確な情報が発信されてから申し込みを検討するのがいいですね。

まずは落ち着いて!クレジットカードの明細に身に覚えのない請求・不正利用らしき内容を発見したら確認すべきこと

身に覚えのない請求、まずは事実確認。不正利用の疑いがあれば、すぐにカード会社に連絡!

クレジットカードの明細で身に覚えのない請求があると、驚いてしまいますよね。

まずは、明細をもとに実際に利用したか事実を確認することが大切です。利用明細をウェブor電話or書類で確認しましょう。

そして、不正利用である疑いが濃厚な時には、被害を増やさないためにも、すぐクレジットカード会社に連絡することが重要です。

そんな時のチェックポイントと、実際に不正利用された場合の対応方法をまとめました。

いざという時のためにも、ぜひご参考になさってください。

見に覚えのない請求があったら、まず確認したい3つのこと

あわててコールセンターに連絡する前にまず確認

クレジットカードの明細で身に覚えのない請求があっても、すぐにクレジットカード会社のコールセンターやサポートデスクに連絡するのは、ちょっと考えものです。

たとえ、見に覚えがなくても、利用したことを忘れてしまったということもあります。(筆者も焦ってやってしまったことがあります…。不正利用と疑わしい支払いが、よく調べなおすと自分の買い物の支払いでした。)

確認すべき3つのポイント

カード会社に連絡する前に、以下の3点をまず確認してください。

【確認1】利用明細の日付がずれていないか

利用明細の日付が、実際にクレジットカードで購入した日付と必ずしも一致するとは限りません。

加盟店がカード会社に請求をするのが利用日翌日以降になることもあるからです。

とくに、カード会社の締め日に間に合わなかったりすると、月をまたいでしまうこともあることに注意してください。

【確認2】家族カード利用分ではないか

家族カードを発行している場合は、家族カード利用分も本人会員に請求がきます。

したがって、誰かの家族カード利用による請求ではないか、家族に確認しましょう。

※このケースは、家族カードを持たされている人ではなく、メインカード発行側のケースですね。

【確認3】利用会社名・店舗名

加盟店の会社名や店舗名が、消費者向けの屋号とカード会社への登録名とは異なっていることもあります。

わりとよくあるケースなので、確認してみましょう。

不正利用されたら、なによりクレジットカード会社が頼り!

不正利用の疑いがあれば、カード会社にまず連絡!

クレジットカードが盗難被害にあったり、紛失した結果、不正に利用された場合は、会員個人が対処できる余地はほとんどないといってよいでしょう。

まずは、クレジットカード会社のコールセンター・サポートデスクなどに、不正利用があった旨を迅速に連絡することが重要です。

クレジットカード会社が盗難・紛失による不正利用の事実を知らないと、会員が正常に使用していると捉えられて、被害が拡大してしまうからです。

早めにカード会社に連絡するように心がけましょう。

盗難・紛失の届出があると、カード会社はどんな対応をするの?

カード会社は会員から盗難・紛失の届出があると、クレジットカードの利用停止手続きをとります。そして、実際に不正利用がされたのかを調査します。

その際に、会員の届出に虚偽があったり、調査に協力しないと、保険金が支払われません。正確に事実を届出て、調査に協力するようにしましょう。(このことについては、次のクレジットカード盗難保険の章で説明してあります)

不正利用が明らかになると、盗難保険を申請します。

今までのカードは無効! 新しいカードを再発行

不正利用されたクレジットカードは無効にされます。その後に新たなカードが再発行されます。再発行されるまでは、当然該当するクレジットカードが利用できないので他のカードを使いましょう。

ネットショッピングなどが利用できなくなるおそれもあるので、クレジットカードは複数枚保有していると安心です。

その時のために…。このあたりのカードを持っておくといいですよ。

1枚目に人気のカードの例

三井住友VISAデビュープラスカード

2枚目・3枚目に人気のカードの例

セゾンブルーアメックスカード
楽天カード
ライフカード

これだけは知っておきたい!クレジットカード盗難保険

クレジットカード盗難保険って?

クレジットカードが盗難にあったり、紛失した時にカード会社に届出をすると、そのクレジットカードは利用停止手続きがなされ、無効になります。

カードが無効になる前に不正利用された場合の損害を補填してくれるのが、クレジットカードの盗難保険です。

クレジットカード会社と損害保険会社が盗難保険契約を結んでいるので、カードに入会すると、会員はこの盗難保険に加入したことになります。

カード会社によって違いはありますが、通常は盗難・紛失の届出日からさかのぼって60日前までの損害が補填されるのが一般的です。

カード盗難保険の免責条項って?

クレジットカードが盗難・紛失した結果、不正利用されたとしても、すべての損害が補償されるというわけではありません。

保険会社から保険金が支払われずに、会員が損害を負担しなければならないケースがあるのです。そのようなケースを免責条項といいます。

免責条項はクレジットカードの利用規約にされています。

したがって、利用規約違反になるようなクレジットカードの使い方をすると、盗難保険が適用されないことがあるので注意が必要です。

会員のカードやカード情報の管理に落ち度がある場合も、保険が適用されなくなるので注意してください。

次に、代表的な免責条項をご説明するので、ぜひ確認しておいてください。

要チェック。こんなケースは保険金がもらえない!

カード・カード情報の管理がズサン

カードを他人に貸したり、譲ったりするのはNGです。逆に友達などから借りたクレジットカードが盗難・紛失して不正利用されても保険金はおりません。

また、クレジットカードの暗証番号などの重要情報を教えたりしてもいけません。SNSにクレジットカードの写真を掲載するなどして、被害にあうケースもでています。

カードとカード情報はしっかり管理するように心がけてください。

家族や同居人が不正利用した

不正利用したのが家族や同居人の場合には、保険金は補償されません。家族だけでなく、同居人も対象であることに注意してください。

会員本人が知らない場合でも保険金は適用になりません。家庭内であってもカード・カード情報の管理はきちんとしましょう。

盗難・紛失の届出に虚偽がある場合

嘘をついて届出した場合も、もちろん保険金は支払われません。

一定期間届出がない場合

クレジットカード会社によって違いはありますが、一定期間盗難・紛失の届出をしないと、保険が適用されないこともあるので注意してください。

カード会社の調査に協力しない場合

クレジットカード会社がおこなう被害状況調査などに協力しないと、保険金が支払われないこともあります。

時には書類の提出などを求められることもあって手間がかかりますが、きちんと協力したほうが安心です。

最後に。やっぱり大切なのは日頃のカード管理!

クレジットカードの身に覚えのない請求があると、誰でもあわててしまうものです。そんな場合は、まず落ち着いて事実を確認しましょう。

そして、不正利用であるということがわかったら、まずクレジットカード会社のコールセンターやサポートデスクに連絡しましょう。

カード会社が調査を始めたら、きちんと協力することも重要です。

しかし、なんといっても一番大切なのは、常日頃からカードとカード情報の管理をきちんとすることでしょう。

便利なクレジットカードだけに、利用の仕方と管理は注意したいものです。

また、実際に不正利用の被害にあった場合には、そのクレジットカードは利用停止、そして再発行となるので再発行されるまでは利用できなくなります。

クレジットカードを1枚しか保有していないと、その間ネットショッピングを始め、さまざまな決済ができなくなってしまって不便です。

そのためにもクレジットカードは複数所有しておくことをオススメします。

関連記事:クレジットカードの不正利用・悪用・詐欺・スキミング手口とは!?

不正利用対策など、セキュリティに強いカードを持ちたいものです。

安心して持てるカード:三井住友VISAデビュープラスカード!

年会費※原則無料
還元率1.0%~2.5%(入会後3ヶ月)
発行まで最短3日
強み圧倒的ブランド力、長く使えてスペックバランスの良いカード
smp_arrow btn_free_regist

いつか憧れのブラックカードを持ちたい方必見!?ブラックカードにまつわる入会条件・限度額・年会費・コンシェルジュサービスについてのまとめ

あなたは「ブラックカード」、見たことがありますか?田舎育ち、貧乏暮らしの私も、大学生のころ何回か見たことがありました。(これが、家も戦車も買えるって噂の、限度額がないカードなのか!?)と心躍らせ興味を持ったのを覚えています。

今回はそんな、ブラックカードについて迫ります。

本当に選ばれた人しか持てない。クレジットカードの頂点・ブラックカード

そもそもブラックカードって、クレジットカードでどんなポジションにあるの?

クレジットカードには、年会費無料カード・スタンダードカード・ゴールドカード・プラチナカードといったランクがあります。

そして、クレジットカードの頂点に立つのがブラックカード。クレジットカード界では、プラチナやゴールドよりもブラックの方が明るく燦然と輝いているんですね。

保有しているだけでステータス性の高さは抜群、付帯する保険も最高補償額1億円超えと超ビッグ。各種サービスもVIP待遇で受けられるという超弩級のカードなんです。

「一見さんお断り!」という格式の高い老舗料亭なんかも、ブラックカードのコンシェルジュに頼めば予約できちゃうことも。御老公の印籠並みのパワーを秘めたカードです。

ブラックカードの基本のスペックはどんな感じなの?

ブラックカードの入会資格や利用特典・サービスなどは、一般には公開されていないことが多いです。ですから、保有者などから情報を集めるといった手段でしか、その全体像を把握することができないんですね。

つまり、カード会社のホームページを見れば内容がはっきりわかる、その他のカードとは扱いがぜんぜん違うんです。そんな謎に包まれたブラックカードの基本を確認してみましょう。

入会はインビテーションが基本

ブラックカードは、ラグジュアリーカードBLACK CARDなど新規でいきなり申込が可能なカードもありますが…。

基本的には一部のゴールドカードなどに採用されているインビテーション(招待)制が基本です。つまり、ユーザーの年収や職業などをカード会社が審査した上で、選ばれた人にだけインビテーションが来るものです。

もちろん、カードの利用実績も考慮されます。ブラックカードの下位カード(プラチナカードなど)をしっかり利用すると、昇格できる可能性が上がります。

利用額だけでなく、利用している店舗も考慮されるのではないかと推測されています。

ブラックカード利用特典で大きな付加価値をもたらす「コンシェルジュサービス」は特にホテルやレストランの紹介に強みがあるサービスです。

そういう視点では、家の中でネットショッピングばかりしている方にブラックカードを渡しても仕方がないという考えも成り立ちますよね。

ブラックカードは年会費も破格!

ブラックカードの年会費はズバリ10万円以上。

年会費最高額のアメリカン・エキスプレス・センチュリオンカードはなんと378,000円。アメリカン・エキスプレスと並んでステータスの高い、ダイナースクラブプレミアムカードは130,000円です。

国産カードブランドJCBのブラックカードともいえる、最上位カード・JCBザクラスの年会費は50,000円。

ブラックカードの付帯保険は最高補償額1億円

ブラックカードに付帯する保険は海外旅行保険・国内旅行傷害保険など。最高補償額は1億円。ショッピング保険は500万円というのが一般的です。

ゴルファー保険が付帯することもあって、ゴルフ時の賠償責任1億円をカバーしてくれます。

ブラックカードのコンシェルジュはとっても有能な秘書

ブラックカードホルダーは、旅行やレストランに出かける時にコンシェルジュサービスを利用することができます。ブラックカードのコンシェルジュはとても有能な秘書なんです。

その店の優良顧客の紹介がなければ入店できない「一見さんお断り」の超一流料亭や予約半年待ちの名門寿司店などでも、コンシェルジュに依頼すれば予約をとれます。

また、ハイシーズンで予約がとれないホテルも、コンシェルジュを通せば確保してくれることが多いんです。

高い年会費の元が取れるぞ! ブラックカードのアップグレードサービス

ブラックカードのコンシェルジュを通して航空券や宿泊料金を購入すると、普通料金でも座席や部屋がアップグレードされる特典があります。

また、指定のレストランを利用すると1名分のコース料理が無料となるなど、VIP待遇のサービスが充実。旅行や出張、そして外食の機会が多い方なら年会費分以上のサービスが受けられちゃいますね。

Road to ブラックカード! 道は険しいから、地道に実績つくり

推定1,000万円以上の高い年収、高い社会的地位。そして充分な利用実績。ブラックカードまでの道のりは険しいですね。

年収や社会的地位については、ご自身で頑張っていただくとして、どんなふうにクレジットカードを利用すればいいのでしょう。

ブラックカード発行カード会社の下位カードで実績を積む

たとえば、アメリカン・エキスプレスならば、グリーン(一般)・ゴールド・プラチナとランクアップしていくのが確実です。

ダイナースはプレミアムカード(ブラックカード)とダイナースクラブカード(一般カード)の2種類。

ダイナースクラブカードは入会の目安が年齢27歳以上の方となっているので、年齢的に考えて学生の方にはアメリカン・エキスプレスがオススメ。

クレジットカードの利用は1枚に集約!

アメリカン・エキスプレス・グリーンカードを入手したら、他のクレジットカードに目移りせずに使いましょう。

もちろん、ムダ使いを進めるわけではありません。学生の方なら家賃・光熱費といった固定費、スーパーやコンビニでのショッピング、書籍購入費や語学学校の授業料。

そして帰省の際の交通費など、今まで現金で支払っていたものをクレジットカード決済にするだけで、年間利用金額はかなりの金額となるはずですよ。
もちろん、支払いの延滞は絶対NG。

ブラックカードのパイオニア。アメリカン・エキスプレス・センチュリオンカード

プレミア感をつくりだすのが上手。アメリカン・エキスプレス

ゴールド・プラチナ、そしてブラックカード。これらのカードは、いずれもアメリカン・エキスプレスが、他のカードブランドに先駆けて最初にリリースしているんです。

国内において、アメリカン・エキスプレスが1980年にゴールドカードをリリースしたところ、他のカードブランドがマネをしてゴールドカードが続々と発行されたんですね。

その結果ゴールドカードのプレミアム性が失われてきたため、プラチナカードを新たにリリースしたという経緯があります。

そして、更なるプレステージとして、1999年アメリカン・エキスプレス・センチュリオンカードがリリースされました。日本では2002年登場。

さすが最高峰のブラックカード。入会するだけで約90万円かかります

アメリカン・エキスプレス・センチュリオンカードの年会費は先述したとおり、378,000円です。そして入会時には540,000円が入会金として必要です。合計なんと918,000円。

ちなみに過去の年会費:2007年までは168,000円でした。

入会するとプラスチック製カードが送付されてきますが、チタン製カードも無料で申込できます。

2人の専任コンシェルジュはとっても優秀

アメリカン・エキスプレスのコンシェルジュサービスでは、ブラックカードホルダー1人につき、専任のコンシェルジュが2人つきます。

レストランを予約する時でも、エリアと日付を指定すれば、空きのあるお店のリストを予算目安などの情報も加えて作成してくれます。

一般人では予約のとれないお店や、繁忙期のホテルもしっかり確保してくれる豪腕のコンシェルジュです。

普通席がいきなりファーストクラスに!アップグレードサービスがスゴイ

コンシェルジュに依頼して飛行機による国内旅行を申し込むと、普通料金でもJALはファーストクラスに、ANAならスーパーシートプレミアムが利用できます。

ホテルのチェックイン・チェックアウトの時間も特別扱いになる他、空室があればアップグレードも可能です。

センチュリオンカードのライバル!ダイナースクラブプレミアムカード

年会費はライバルの約1/3がうれしいダイナースクラブプレミアムカード

アメリカン・エキスプレスと並んでステータスが高いカードブランドとして有名なのがダイナースクラブ。ダイナースクラブのブラックカードがダイナースクラブプレミアムカードです。

ダイナースクラブプレミアムカードは、年会費がライバルの約1/3の130,000円と相対的に安価なのが魅力です。

さらに家族カードが何枚でも無料で発行できます。たとえば、家族5人で作れば1枚当たり26,000円の年会費でダイナースのブラックカードが利用できちゃうんですね。

コンシェルジュもダイニングもライバルに引けをとらない充実ぶり

ダイナースクラブプレミアムカードでも専任のコンシェルジュサービスを利用できます。旅行や食事の予約はもちろん、調べ物までしてもらえる優秀な秘書のような存在。

ダイナースとは「食事をする人」という意味。ですから、その名のとおりダイニング関連のサービス「ダイナースクラブ プレミアム エグゼクティブ・ダイニング」はライバル以上の充実ぶりが大きなメリット。

会員と2名以上で指定のコースメニューを予約すると、1名分がなんと無料。食事だけで年会費130,000円の元がとれそうなんて方も多いのではないでしょうか。

いつかはゲットしたいブラックカード。夢だけでは終わらせないで!

ごく一部の選ばれた人しか手にすることのできないブラックカード。年会費もスゴイけど、それを上回るサービスやステータス性の高さが魅力です。

そんな、ブラックカードのうわさをまとめてみました。30代でもブラックカードを持っている方は少なくないようです。

学生の方は、まずは一般カードからコツコツ実績を上げていきましょう…。

旅行保険だけじゃない!クレジットカードの付帯保険は盗難から渡航便遅延まで広くカバー。クレカの保険について知ろう【クレジットカードのお勉強記事】

便利で安心だからしっかりチェックしておきたい! クレジットカードの付帯保険

クレジットカードを保有することの大きなメリットのひとつとして、保険が付帯しているという点が挙げられます。とくに年会費無料のクレジットカードの場合は維持費がかからず、保険料負担がまったく発生しないことが魅力です。

クレジットカード選びの際に、ポイント還元率などを比較して選択基準にする方は多いと思います。(たしかに、旅行とショッピングのそれぞれの利用頻度を考えると保険よりもポイント還元率や特典を重視するのは合理的かもしれません)

ポイントは重視してきたけど、付帯保険にこれまであまり注目してなかったという方にもわかりやすく説明しますので、この機会にクレジットカードの付帯保険についてお勉強してみましょう。

今回は、とくにショッピング保険と航空機遅延保険に焦点をあてて解説します。

3つのタイプがある! クレジットカードの付帯保険

クレジットカードに付帯する保険は、大きく分けて3つに分類されます。

年会費無料カードにもついている! 旅行傷害保険

もっとも一般的なのは、旅行傷害保険です。旅行中のケガや病気の際に補償金が支払われる保険です。

旅行傷害保険は海外旅行と国内旅行に分類されていていることに注意してください。年会費無料のクレジットカードにも付帯することが多いのが特徴です。

旅行回数が多い学生に人気!保険に強いカードはこの3種。

※どれも、自動付帯といって、特別な手続きなしでクレジットカードを持っているだけで旅行保険に加入していることになる便利なカードです!

商品の破損・盗難時の強い味方! ショッピング保険

次に有名なのがショッピング保険です。お買い物保険などと呼ばれる場合もあります。

クレジットカードを利用して購入した商品が破損したり、盗難被害にあった時に損害を補償してくれる保険です。

旅行傷害保険ほどではありませんが、年会費無料のクレジットカードにも付帯することが多くなっています。

こんな保険もある!航空機遅延保険

クレジットカードの付帯保険としては、あまり知られていないのが航空機の遅延保険です。(正直、無くても良い保険かもしれません…)

その名の通り、渡航便が遅れたりして損害が発生した時に補償してくれる保険です。遅延保険が付帯するクレジットカードは珍しく、数が限られています。

学生が持てるカードではこの保険はまず付帯しないと思ってください。セゾン ゴールドアメックス・MUFGカード プラチナアメックス・三井住友VISAプラチナカードといったハイステータスカードに付帯する保険です。

お勉強記事だから徹底解説! クレジットカードのショッピング保険

しっかりチェックしておきたい! ショッピング保険の適用条件

先ほど御説明したとおり、クレジットカードのショッピング保険はクレジットカードで購入した商品の破損・盗難時に損害を補償してくれる保険です。

大変便利そうに思えるのですが、保険ですので、適用される時の条件が厳密に決められています。

そのため、保険の内容をしっかりチェックしておきたいものです。これはショッピング保険に限った話ではないのですが。

ショッピング保険のチェックポイント

最大補償金額

補償してくれる金額の上限です。年間限度額という形で設定されているので、限度額に達するまでは、複数回利用できるのがメリットです。

年会費無料あるいは一般カードの場合、50万円あるいは100万円といった金額が主流になっています。

ゴールド・プラチナクラスのカードになると、200万円・300万円と補償額が大きくなります。アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードなどは500万円と高額です。

自己負担額(免責額)

1回の保険請求につき、ユーザーが負担する金額です。

つまり、商品購入額から自己負担額を引いた金額を保険金として受け取ることができます。

自己負担額はクレジットカードによって、0円、3,000円、1万円などの違いがあります。イオンカードなどは自己負担が必要ありません。

補償期間(保険適用期間)

商品を購入した当日・もしくは翌日から何日間補償されるかを規定しています。

補償期間は90日間と定められているカードがほとんどです。なかには年会費無料でありながら、補償期間180日間のイオンカードのようなカードもあります。

最大補償金額と違って、カードのランクによって差があるということはありません。

保険適用外商品

クレジットカードを利用して購入した商品すべてが、ショッピング保険の対象になるのではない、という点にも注意が必要です。

保険適用外の主な商品は以下のとおりです。クレジットカード会社によって、多少の違いはありますが、ほぼ共通しています。

スマホやパソコンといった高価で壊れやすそうな商品が対象外なのは残念ですね。

  • 食料品
  • 携帯電話・スマートフォン・ノートパソコンなど電子機器類
  • 自動車・原動機付自転車・自転車などの乗り物、付属品
  • 現金・有価証券・印紙・切手・乗車券チケットなど
  • その他にもコンタクトレンズ・メガネなどがあります。

その他に注意が必要な適用条件

保険が適用されるにあたって、支払い方法などが制限されているクレジットカードもあります。見逃しやすいポイントなので、注意してください。

たとえば、三菱UFJニコスのMUFGカードの場合は、海外で購入した商品は無条件で対象です。

しかし、国内でショッピングした商品は、支払い方法が分割払い・リボ払いの時のみ対象になり、その他の支払い方法では対象になりません。

破損・盗難の原因によっては、対象外になることも

破損・盗難の原因にも注意が必要です。

ユーザー自身に責任がある場合には、保険は支払われません。たとえば、商品を置き忘れた結果盗まれたとか、間違った使い方をして故障してしまったなどです。

また、商品そのものに欠陥があって破損した場合なども保険の対象になりません。その場合は、購入した店舗やメーカーに対応してもらいましょう。

さらに、商品配送中の事故なども対象になりません。

災害でも、火災による被害は保険の対象ですが、地震や水害などは補償対象になりません。

保険請求にあたってはクレジットカード利用控えが必要

保険を請求する時には、ほとんどの場合、商品を購入した時のクレジットカード利用控えや購入店の領収書が必要です。

Web明細のようなものは代用できないことが多いので、利用控えは大切に保管しておくよう心がけると安心です。

人にプレゼントした商品も保険の対象

クレジットカードでショッピングした商品を、家族や友人にプレゼントして破損した場合なども、保険の対象です。

ただし、会員本人が保険請求の手続きをとる必要があります。

大人になっても飛行機の利用が多い方なら、航空機遅延保険も知っておこう

航空機遅延保険の基本は?

航空機遅延保険というのは、搭乗を予定していた航空便が欠航したり、出発が遅延した時に支払われる保険です。

遅延の場合は、4時間以上待たされた時に適用されます。欠航の際は6時間以内に代替機が用意された場合は適用になりません。

※繰り返しますが、航空機遅延保険が付帯するクレジットカードはゴールド・プラチナクラスです。

どんな費用が補償されるの?

航空機が欠航・遅延した時に必要となった、宿泊施設の客室料金や食事代、さらには宿泊施設などへの移動費用などが対象です。

また、予定していた旅行サービスを取り消した場合のキャンセル料なども対象。

補償金額は1回につき3万円程度が一般的です。

航空会社からも宿泊費などの補償がなされることもありますが、LCC(格安航空会社)などでは補償されないことが多いです。

LCCを利用することが多い方は、航空機遅延保険が付帯するクレジットカードに入会しておくと安心でしょう。

地味だけど、けっこう便利! クレジットカードの付帯保険

今回はお勉強記事として、クレジットカードの付帯保険について解説してきました。保険にはいろいろな適用条件が決められていて、ちょっと面倒くさそうです。

しかし、クレジットカードの付帯保険は、わずかなカード年会費で利用できるのが大きな魅力です。

年会費無料カードなら、なおさらですね。無料で保険が利用できちゃうんですから。

商品の破損や盗難、航空機の遅れ、旅先でのケガや病気など、さまざまなシーンでトラブルに対応してくれます。

賢く、お得にクレジットカードを利用するためにも、付帯保険を活用してください。

【再掲】旅行回数が多い学生に人気!保険に強いカードはこの3種。

※どれも、自動付帯といって、特別な手続きなしでクレジットカードを持っているだけで旅行保険に加入していることになる便利なカードです!

クレジットカード利用限度額の上げ方。学生だと最大どこまで上げられる?カード会社へのショッピング利用枠の引き上げ依頼方法まとめ

学生のクレジットカード限度額は、10-30万円がいいところです…

クレジットカードの限度額とは、お買い物で利用できる「ショッピング枠」と、お金の借り入れができる「キャッシング枠」の総額のことを指しています。

金額の設定は、一般カードの場合が30万円~100万円、ゴールドカードの場合が100万円以上、学生カードの場合が10~30万円とされていることが一般的です。利用限度額はクレジットカードの申し込みをしたときの審査によって各カード会社により設定されます。どの程度の信用力でどのくらいの限度額が設定されるかは各クレジットカード会社の独自の基準によります。

この記事の後半でも紹介していきますが、サブカードを同時に申し込むこともオススメですよ。参考までに当サイトで人気のカードは下記の通りです。

ぜひ、この機会に申し込んでみてくださいね。

学生のみんなは、限度額で困っている?

「限度額」とツイート検索すると、ネット上でも困っている方は少なくないようでした。

一般的な限度額アップの方法

一般的なクレジットカードの限度額アップの方法は以下の3つが考えられます。

  • 利用実績を積み上げる
  • カード会社に引き上げ申請する
  • カード会社に繰り上げで振り込み、限度額を復活させてもらう
  • ゴールドカードにランクアップさせる

※でもぶっちゃけ、学生が限度額上げるのはハードルが高くすぐにはできないことも多いです。どちらにせよ審査が入るのであれば、サブカードとして2枚目、3枚目以降のクレジットカードを同時に申請しておくのが賢明かも。もしまだ持ってなければ、学生で持っている人が特に多いデビュープラスカードを申し込んでみませんか?

利用実績の積み上げについて

クレジットカードをしばらくの間利用していると、突然カード会社から限度額を上げた旨の連絡をもらうことがあります。これは、毎月コツコツとクレジットカードを利用することにより、クレジットカード会社がその実績に応じて利用者の信用度合を上げたことによります。限度額を上げる方法の中ではこの方法が一番オーソドックスと言えます。

なお、毎月コンスタントにクレジットカードを利用していても、利用金額が少額では限度額アップにはならないことが多いようです。そのため、ある程度の金額を利用して、かつ支払いの遅延がないことがこの利用限度額アップの方法の要件と言えます。中には今までの限度額の範囲内で特に困っていないという方もいらっしゃると思いますが、これはクレジットカード会社が一定程度カード利用者のことを信頼した結果ですので、快く受け入れていただければいいでしょう。

カード会社への引き上げ申請について

利用実績に応じた限度額のアップについては、クレジットカード会社から基準が明確に提示されていることは少なく、利用者にとっては自分のカードの限度額がどのタイミングでアップするかは想定しづらいといえます。しかしながら、急なお祝いや海外旅行を控えていて急いで限度額をアップさせたいというシーンに出会うこともあると思います。そういう時は、臆せずクレジットカード会社に電話をしてみましょう。カード会社としても、より多くのクレジットカードを利用してもらうことにより手数料収益が増えますので、必ずしも希望の金額まで限度額を上げてくれるとは限りませんが、一時的な限度額のアップと恒久的な限度額のアップのどちらも快く検討してもらえます。ただし大前提として支払い遅延が無いことは必須ですので、日ごろから毎月の支払いは遅れないように気を付けてください。

カード会社に繰り上げで振り込み、限度額を復活させてもらう方法について

利用限度額が10万円のクレカがあったとして、5万円利用していると残りの利用限度額は5万円です。このとき、7万円の支払いをしたい場合2万円足りずにカード決済が通らないのですが、限度額を復活する手段として引き落としより前にカード会社に不足分を振り込むという方法があります。

利用可能額はクレジットカード会社の引き落とし日から繰り上げで支払いをすればまた元に戻る仕組みになっていることがほとんどで、毎月毎月、きちんとカード代金の支払いをしており分割やリボ払いを使用してない方であれば利用可能残高を回復してくれる可能性が高いです。

一時引き上げとともに、カード会社のサポートデスクに電話で確かめてみてください。

ゴールドカードへのランクアップについて

使用しているカードをゴールドカードへランクアップさせることによって限度額をアップさせることも可能です。ただし、この場合は新たにゴールドカードを申し込むのと同等の審査が必要となるため、当然のことながら必ずしもゴールドカードへアップできるとは限りません。特に学生の方にとっては難易度が高いかもしれませんね。

ただし、1つだけ覚えておいていただきたいのは、ゴールドカードといっても必ずしもすべてのカードの審査が厳しいわけではありません。中には、クレジットカードを作りたくて何種類か同時に申し込みをした結果、アメックスのゴールドカードしか審査が通らなかったという方もいるくらいです。ですので、もしある程度の限度額が必要なシーンに出会った場合は、ゴールドカードを申し込むという選択肢もあるということを記憶の片隅に置いておいてください。社会人になって限度額を大きく引き上げたいとき、便利な選択肢です。ゴールドカードは持っててテンションも上がります。

学生が限度額を上げるには

一般的に学生がクレジットカードの限度額を上げることは、残念ながらとても難しいようです。しかしながら、海外旅行などで一時的に限度額を上げることは対応してもらえるケースが多いようなので、必要な場合はまずクレジットカード会社に連絡をしてみましょう。ただし、限度額のアップに応じてもらえた場合でも、アップした分についてはリボ払いや分割払いの設定ができないことがありますので、支払える範囲内での利用を特に心がけてください。なお、金額については10万円程度のアップが一般的なようです。

限度額が上がらないこともある。。。ツイッターでの叫び

限度額がなかなか上がらないために、2枚目のカードを申し込むという方も少なくないようです。オススメカードをこの後記載しています。

限度額はすぐに上がらないこともあるので、サブカードの申込を同時に進めるのが吉!

学生がカード限度額を上げたい時は、海外旅行に行くなどのシーンが多いと思います。

審査・発行スピードが比較的速く、海外旅行時の保険や各種サービスが充実しているカードを選びましょう!

海外旅行と相性のいいカードをまとめてみましたので、是非参考までに!

海外旅行に行く前に、持っていると便利なカード4選!

語学留学・海外旅行など、海外に行く機会が何回かある方には、なんといってもライフカードセゾンブルーアメックスがオススメ。

海外で万が一のことがあったときのために、海外旅行保険があるカードを1枚は持っておきましょう。自動付帯(持っているだけで保険適用の条件が発動)&補償金額の大きいカードは理想。旅行に持っていけば、万が一ケガをしてしまった時などにも入院費を補償してくれる可能性が高く、安心です。

セゾンブルー・アメックス

セゾンブルー

  • 学生&年会費無料で持てる唯一のアメックスカード!
  • 海外旅行保険:最大3,000万円補償・自動付帯!
  • 海外旅行からの帰国時、スーツケース1個を無料で自宅まで配送!

btn_free_regist

ライフカード(学生専用)

  • 年会費永年無料カード
  • 海外で支払いに利用した金額の5%キャッシュバック!
  • 海外旅行保険:最大2,000万円補償・自動付帯!

btn_free_regist

JALカードnavi(学生専用)

  • 在学中は年会費無料カード
  • 高還元率、JALマイルがザクザク貯まる!
  • 海外旅行保険:最大2,000万円補償・自動付帯!

btn_free_regist

エポスカード

  • 年会費永年無料カード
  • 海外旅行保険:最大2,000万円補償・自動付帯!
  • 日本全国1万店舗以上で、お得な優待特典!

btn_free_regist

すべて、少なくとも在学中は年会費無料で持てるカードですので余計なコストはかかりません。エポスカード・ライフカードは卒業後も年会費が無料!

まとめ

このようにクレジットカードの限度額を上げる方法はいくつかあります。通常は日々クレジットカードを利用しているうちに突然カード会社から限度額を上げた旨の通知が来るケースがほとんどですが、学生の場合はほぼ無いと言っていいでしょう。

それでも海外旅行などでどうしても今の限度額では足りない場合は、クレジットカード会社へ連絡をしてみてください。カード会社としても多くの金額を使ってもらうことは利益になりますので、ほとんどの場合は相談に応じてくれるはずです。ただし、何度も言いますがそれには支払い遅延が無いことが大前提ですので、日ごろから支払い遅延には気を付けてくださいね。

こういう機会に、サブカードを作っておくと安心ですね。

クレジットカードのクレヒス(クレジットヒストリー)の恐怖!ブラック・スーパーホワイトって何?どうやって回避する?


クレヒスとは、「クレジットヒストリー」の略語で、国内の金融機関で審査を行う際に参照している情報のことです。

日本語に直訳すると「信用の歴史」となりますが、具体的にはCIC・JICC・KSCという国内に3社ある信用情報機関に登録されている情報のことを指しています。

ここには、その人が過去にどんなローンやクレジットカードを持っていて、借りている金額や残っている金額、過去や現段階の返済状況がどのようになっているかが記録されています。

一般的に、クレヒスが悪いとクレジットカードの申し込みやローンの審査に通ることは難しくなっていきます。

申込をする時にいつも言われる言葉

ショッピングセンターや百貨店、ネット上でもクレジットカードは申込が可能な時代です。申込時によくお店の人から言われたり、ネット上や書面に書かれたりする言葉があります。

クレジット会社の審査があります。」という事です。

クレジットカードに関して知識がなかったり、初めてのカード発行の時はきっと「え?何を審査するのだろう?」って思いますよね。(思った人も多いのでは?)

仕組みとして、クレジット会社は皆さんが現金を持っていなくても、皆さんに代わってお店へお金を建て替えて支払いをします。そして後日皆さんに代わって、立て替えたお金を金融機関の口座から引き落としをして回収しています。

「審査」をして、ちゃんと建て替えた分の支払いをする能力があるかどうかを確かめないと、クレジット会社さんは赤字を被ることになります。

「審査」の一環として、クレジット会社はカードの申込をした方の年収やお勤め先、勤続年数、持ち家か借家か(一部、学生は見られない項目もアリ)などもチェックしていますが、一番重点的に確認しているのは申込をした人のクレジットヒストリーと言われています。ここではそのクレジットヒストリーについてご紹介したいと思います。

c0701

そもそもクレジットヒストリーて何?

繰り返しになりますが、クレジットヒストリーを日本語に直すと、「信用の歴史」となります。クレジットヒストリーとは、その申込をした人が過去にどんなローンやクレジットカードを持っていて、借りている金額や残っている金額、過去や現段階の返済状況がどのようになっているかを示しています。

クレジットヒストリーが確認できる個人信用情報機関

クレジットカードやローン、キャッシング、携帯電話を分割で買う時は申込時と契約成立後には個人信用情報機関(様々な機関があります)に情報が登録されます。

各クレジット会社や携帯電話会社は、そのお客さんが支払ったか支払っていないかという情報を個人信用情報機関に毎月ないしは都度登録しています。

クレヒス情報記載の例(こんな情報が載る!)

例えば:

1,クレジットカード申し込み時点

Aさんがクレジットカードを作りました。

この申込をした時点で個人信用情報機関には申込した事実が掲載されます。

2,クレジットカード発行時点

そしてクレジットカードが発行されると、

個人信用情報機関はその申込が成約になったという事実が載ります。

3,引き落としと支払の完済

後日Aさんがお店やネットでクレジットカードを使い、

締め日の後にクレジット会社から利用した明細書が送られてきます。

その明細書に記載された金額を支払いの時にちゃんと金融機関の口座から引落しができて、

支払いが完了していると、

Aさんは支払いを問題なく所定の全額完了しました。という情報が掲載されます。

4,引き落としの遅延・未払い

逆にそこで引落がされておらず、支払っていない場合は、

支払っていませんという情報が掲載されます。

実際に個人信用情報機関(CIC)で1,000円で取得できるクレヒスの例


参考:https://www.cic.co.jp/service/pdf/kaiji_info_cicsample20160302.pdf
信用情報開示報告書の見方はこちら:https://www.cic.co.jp/mydata/report/documents/kaijimikata.pdf
上記の例でいくと、H22年6月に組まれた無保証融資「ローンorキャッシング」の信用情報となっています。

「$」マークがついている月は滞りなく返済がなされています。H22年10月に「A」お客様都合の未入金・11月に「P」請求額の一部のみ入金というデータまでしっかり記録されています。

筆者も取り寄せてみました。しっかり滞りなく支払いしているのでおもしろいデータではありませんでしたが、過去~現在までの保有全クレジットカードの直近(解約カードは解約までの)2年の返済履歴・部屋を賃貸で借りた際の保証会社・スマホの契約・銀行など金融機関からの借入情報がすべて載っていました。

興味がある方は、スマホから簡単に取り寄せできるのでぜひやってみてくださいね。(※有料:1,000円のクレジットカード払い)

インターネット開示(スマートフォンで開示):https://www.cic.co.jp/mydata/sp/index.html

これらの信用情報をもとにクレジット会社は独自の審査をしているといえます。じゃぁそこでもし支払いが滞ってしまったらどうなるの?と思いますせんか?次の項で解説していきます。

クレヒスをコツコツ積み重ねていくには、年会費無料カードからクレカ生活をはじめるのがオススメです。

クレヒス立て直しの登竜門カード
btn_free_regist

btn_free_regist btn_free_regist

「ブラック」について(調べてる方も多いワードです!なんだか怪しそう!)

先ほどの段階でお話しました、支払いを全くしていないと、個人信用情報機関には支払われていませんとの情報が掲載されます。そして会社によって異なりますが、3ケ月支払いがされていない状態になると表記が変わります。ここが巷でいうブラックになります。

実際はブラックリストというリストはクレジット会社や信用情報機関には存在していません。しかしながら、この支払いが一定期間されていない状態を延滞ないしは異動情報と呼び、皆さんがブラックと思っている事を指しています。

支払い遅延はアウト!クレジットカード以外にも危険なものが・・・

クレジットカードの延滞は、ブラックリストに載る行為でありよろしくないというのはここまででわかりましたね。しかし、危険なのはそれだけじゃないんです。クレジットカード以外にも支払いの遅延によってブラックリストに載りうる可能性はあるんですよ。しっかり確認しておきましょうね。

1人1台は当たり前な携帯端末に注意

iPhoneやスマートフォンなどの携帯端末を分割払いで支払いをしている人も要注意です。携帯端末の分割払い、あれ実は「ローン」に当たるんです。たとえば、2年契約をする見返りに、通信会社(キャリア)がその支払い分を毎月2年間分、立替えて払ってくれる、といった仕組みになっています。

ですから、口座の残高不足など何しらかの事情で通話料の支払いを滞らせると、通信会社は機器のローンを払ってくれなくなってしまいます。するとあなたに、「ローン返済の延滞」という悪い記録がつくことになります。

信用情報機関CICによれば、スマートフォンなどの携帯端末の分割払いを3ヶ月以上滞納し、ブラックリスト入りした人は一気に増え、2010年の21万人から、1年間で145万人に跳ね上がったそうです。これがいわゆるブラックリストに載ると呼ばれている状態ですね。結論、クレジットカードの支払いの延滞や、携帯端末などのローンの支払いを延滞するとブラックリストに載ることになります。

詳しくはこちらにも。過去の滞納履歴は嫌われる!カードだけじゃなく、スマホ料金の支払い遅延にも注意!

意外な落とし穴!奨学金も延滞はダメ!?

卒業後に関わってくるのが奨学金の返済。これも意外と厄介なものです。実際に、最近ではニュースでも奨学金未払い問題が報じられていますが、あまり取り立てが厳しくないせいか、何気なく支払いを滞納している方は多いようですね。

しかし、奨学金の未払いはブラックリスト掲載に値する行為なんです。平成20年に、日本学生支援機構は信用情報機関に登録をし、督促と返還請求に力を入れるようになりました。現状ではまだ「3ヶ月以上延滞が続いた場合に事故情報として登録する」という基準で運用をしていますが、これがいつ変更になるとも限りません。自分はキャッシングをしていないし、クレジットカードの滞納もしていない、という場合でも、奨学金によってブラックリストに載る可能性があるということです。十分に注意してくださいね。

クレジットカードの支払い遅延・延滞は絶対NG!

ブラック状態だと何がどうなる?

この段階で支払っていないと、クレジット会社によっては裁判などの法的手続きを行っているケースもあります。つまり訴えられます。場合によっては、バイトのお給料が強制的に差し押さえにあってしまうかもしれません。

そして例え支払ったとしても、このブラック状態にまでなると、客観的な事実として、この人は支払いを遅れていて、クレジット会社が督促をしたことによって、ようやく支払ったのだろうという事が確認できます。支払いを全くしていないブラック状態ではもちろんどこの審査も通らないケースが多いですし、遅れて支払ったとしても、その情報は支払って完済してから5年間は消えません。(信用情報機関がCICの場合)。

つまり、延滞を繰り返す行為により5年間は携帯電話、クレジットカード、ましてや住宅ローンなどは各会社がこの情報を見るので審査が通らないケースが多くなります。

さらに、新規のクレジットカード発行だけでなく、手持ちのクレジットカードが強制解約させられるといったこともあります。「◯回延滞をすると強制解約になる」といった明確な数値はなく、それらは各クレジット会社の裁量次第です。たった1日の延滞を数度繰り返すだけで、カード停止や強制解約になることはごく普通にありますし、延滞の日数が長かった場合には、1度の延滞で強制解約になることも十分あり得ます。

そして気を付けたいのが、延滞したクレジット会社以外のクレジット契約も、強制解約されてしまうことがあるということです。今まで普通に使っていたクレジットカードが強制退会されてしまってはかなり困りますよね。そういったことが起きないように、細心の注意をはらいましょう。

信用機関cicの詳細記載:http://www.cic.co.jp/confidence/posession.html

「スーパーホワイト」について

ざっくりいえば、個人信用情報機関に何も情報が登録されていない状態のことです。下記のようなケースで悩んでいる方が多いです!

延滞から遅れて支払い、5年待って信用を回復としても今度はスーパーホワイト問題が発生?

それでは過去の分を支払って完済してから6年経過したので、晴れてクレジットカードを申込してみよう。と思って申込してみると、お断りと言われてしまうことがあります。実は、世の中に個人信用情報機関に登録されている人は業界では99%と言われていますが、未成年や20歳前半の方は何も申込したことがないので、信用情報が何もない=スーパーホワイトという事もありえます。

しかし、例えば30歳や40歳を過ぎてデータが何も個人信用情報機関に登録されていないと、クレジット会社などは過去に何かあったから情報が消えているスーパーホワイトではないかとみなすケースが多いです。個人信用情報機関のCICの場合は、その方の情報を契約終了後5年以内は掲載されます。つまり支払いが完了して5年を経過すると、何も掲載されていない状態になってしまうこともありえます。

まとめると、

  • ブラックから復活でのスーパーホワイト
  • 一定年齢まで全くカードや信販を使わずスーパーホワイト

の2つのケースがありますが、カードやローン会社には前者と判断されてしまいがちで大変だ!ということです!

皆さんが若くて、きちんとしたクレヒスを積みたいのであればまずはカードを作り、少額でいいから利用と支払いの履歴を着実に積み上げておくべきということが重要です。

例え話に置き換えて考えてみよう

例えば皆さんの知り合いが2人いたとします。下記のA君・B君2人ともが同時にお金を貸してと言ってきたら貸しますか?貸しませんか?

【A君】
A君はいつもご飯を食べに行った時は後でちゃんとすぐ払ってくれる。
お金の持ち合わせがなくて過去にもお金を貸したけどすぐ返してくれた。
→A君ならばお金を貸してあげてもいいかなと思いませんか。

【B君】
B君は過去5回お金を貸してあげたのにまだ2回分しか返してもらっていません。
返してくれる約束をB君は頻繁に破ったり後日に延ばします。
→心の優しい皆さんならB君にお金を貸すかもしれませんが、これが全く知らない人やそんなに仲が良くない人だったら断りませんか?

クレジット会社の審査もこの人にお金を貸して戻ってくるのかどうかの審査ということにほかなりません。お金が戻ってくるだろうと思える人にカードを発行しているのです。

※業界裏話:過去にクレジット履歴がなく、一定の年齢に到達した人を厳しく審査する方法

過去にデータがないため、苦し紛れに下記のような判断基準も利用するようです。スーパーホワイトでのクレジットカード作成を試みる方は、ぜひ下記で足切りされないように十分に注意・努力してみてくださいね。

  • 申し込み確認の電話対応、態度、様子
  • 申込用紙に記入した字体が丁寧かどうか
  • 印鑑サイズが必要以上に大きい(9mm以上)かどうか ※虚栄心があると判断される
  • 年齢に比較して年収が以上に高い ※虚偽の疑い
  • 一度に多くのカードに申し込んでいる ※信用情報期間に履歴が残る
  • 職業の安定性 ※収入が安定してそうかどうか

根本的なクレヒス対策はただ一つ

※カードを持っていない人はまず持つことを前提に。

クレジットカードなどを適度に利用し、確実に決まった日に支払いましょう。(引き落とし日にきちんと口座にお金を預けておきましょう)そうすれば皆さんのクレジットヒストリーが積み上がり、次回申込した時でも審査は通りやすくなるはずです。

言い換えれば、日々の家計管理が大事ともいえます。ご利用は計画的に。この言葉に従って計画的に支払いをしていけば何も怖いものでもありません。皆さんもクレジットヒストリーを積み上げてクレジット会社からの信用を得ましょう。

まだカードを1枚も持ってないよ?という方は、当サイトのオススメカードランキングの上位カードや審査のハードルが低いと言われているカードから、まずはチャレンジしてみてはいかがでしょうか!?

【再掲】クレヒスをコツコツ積み重ねていくには、年会費無料カードからクレカ生活をはじめるのがオススメです。

クレヒス立て直しの登竜門カード
btn_free_regist

btn_free_regist btn_free_regist

【祝50周年】三井住友カード株式会社の歴史・社風と学生向けカード「三井住友VISAデビュープラスカード」について、ネットに無い話まで切り込んできた【カード会社直撃!インタビュー記事】

■はじめに

当サイトはじめてのインタビュー企画です。

学生にも大人気の「三井住友VISAデビュープラスカード」をラインナップにもつ、三井住友カード株式会社さまにお呼ばれをして、このような機会をいただきました。

実際にカード会社の社内で働かれている方に、「現場の声」を聞いて、それを読者に届ける試みです。

■概要

主に下記の話をまとめています。

  • 学生に人気の、三井住友VISAデビュープラスカード
  • 他のカードや、決済手段
  • はじめてクレジットカードをもつ学生さんに向けた、わかりやすさ・安全性の取り組み
  • ご担当の方のクレジットカード遍歴
  • 三井住友VISAカードのVpassとポイント特典プログラム
  • 三井住友カード株式会社という会社について
  • 就活生に向けて

■ご協力


三井住友カード株式会社
東京リテール営業部
田村 悠人さま(向かって左)

三井住友カード株式会社
東京リテール営業部
石山 翔己さま(向かって右)

〇田村さま・石山さま、本日はよろしくお願いします。

※以下、田村さま:(田)・石山さま:(石)・編集部:〇と表記
(田・石)よろしくお願いします。

■学生に人気の、三井住友VISAデビュープラスカードについて

○いきなりですが、まずは当サイトでも一番人気のカード:デビュープラスについて伺います。

このカードは2012年リリースと聞いています。基本的なスペック等もあわせてご紹介いただけますでしょうか?

(田)実は前身となる「三井住友デビューカード」は1987年1月に発行を開始しています。現在の「三井住友VISAデビュープラスカード」は2012年4月25日より、オンライン限定で募集開始したカードです。

基本的なスペックとしては、ポイント還元率の良さが魅力です。通常の三井住友VISAクラシックカードと比較して、いつでもポイントは2倍・さらに入会後3ヶ月もポイント5倍となっています。

(石)そして初年度年会費無料、2年目以降も年に1回以上、クレジット払いでお買い物していただければ翌年の年会費は無料です。学生やはじめてカードをもつ方向けに作られたカードですので、18~25歳のお客様にはぜひお持ちいただきたいと思っています。

最大7,000円のキャッシュバックのキャンペーンも好評いただいています。(3/30迄)
※なお、キャンペーン内容は随時変更されます。詳細は公式サイトでご確認ください。

〇入会から手元に届くまでのタイムラグを教えてください。

(田)お住まいの地域や郵送配達状況にも左右されますが、最短3営業日で発行しています。お手元に届くのは、5日~7日というところでしょうか。海外旅行などの前には余裕をもってお申込みください。

〇言及可能な範囲で、年間どのくらいの申込、会員増がありますか?

(田)詳細は伏せますが、年々伸び続け今では10万人以上のお客様にお持ちいただいてます。

〇当サイトでも三井住友VISAデビュープラスカードの申込数は毎月1位という状況が続いています。

多くの学生さんが見たことがあるか実際に持っているカードかなと思います。多くの学生に知ってもらうためにやっていること、力を入れている取り組みなどはありますか?

(石)現在は行っていませんが、デビュープラスカード限定の入会キャンペーンを実施したりしています。前回は夏デビューはじめようキャンペーンでした。

例えば春であれば新生活応援キャンペーンなど、お客様のライフサイクルの節目でデビュープラスカードを知っていただき、ぜひお持ちいただきたいと考えています。

今後は若い方が普段から利用されているSNSフィールドにも、積極的にプロモーションを打っていきたいと思っています。

■他のカードや、決済手段についてのお話し

〇25歳を過ぎた後のクレジットカードは、三井住友カードさんだとどんなラインナップがありますか?

(田)
 -クラシックカード
 -プライムゴールド(26歳~)
 ーゴールドカード (30歳~)
 -プラチナカード
 というラインナップがあり、デビュープラスをお持ちの方は26歳にだいたいプライムゴールドをお持ちになられます。5,000円+税の年会費(条件付で1,500円+税まで割引可能)でゴールドカードを持てます。

デビュープラスの次として、あえてクラシックカードをお持ちになる方はほとんどいらっしゃらないですね。


三井住友VISAプライムゴールドカード初年度年会費無料、国内海外の保険も充実しており、空港ラウンジが無料でつかえたり、一流のホテル・旅館を厳選したReluxで優待が受けられたりとプライムゴールドならではの特典があります。

満30歳になった後の最初のカード更新時にゴールドカードにランクアップします。

※2017年12月19日時点で、スタンダードカード14種・提携カード195種の計209種のラインナップがあります。上記はスタンダードカードの中でも代表格のカード群としてご紹介いただきました。


本社のロビーにも、スタンダードカードから提携カードまで大量のカードがディスプレイされており圧巻でした!!

〇クレジットカード以外にもデビットカードやプリペイドカードがありますね。三井さんはあまりこちらを推していない印象を受けますが、どうでしょうか?

(石)そんなことはなく、推しています!デビットカード・プリペイドカードといった決済手段もクレジットカード同様に推しています。

とくに最近のイチオシはVisaギフトカードです。使い切り型のプリペイドカードで、記念日の贈り物やお返しのギフトとしてオススメです。

もともとは法人向けの周年行事や株主優待向けに作られたカードですが、今では個人の方にもお選びいただいています。

参考:https://www.smbc-card.com/camp/visagift/index.jsp

■はじめてクレジットカードをもつ学生さんに向けた、わかりやすさ・安全性担保の特徴的な取り組みについてのお話

〇何か特徴的な取り組みはありますか?

(田)とくにはじめてクレジットカードを使う方も多いので、安全性・わかりやすさの2点は大切だと思っています。

安全性について:

不正利用対策はかなり強化しています。365日24時間アルゴリズムも絡めて決済状況をモニタリング。万が一不正と疑わしい取引を検知した場合には、リアルタイムでお客様に利用状況の確認でお電話することもあります。不正利用検知のアルゴリズムは、常に精度改善に努めています。

参考:https://www.smbc-card.com/mem/service/sec/index.jsp

わかりやすさについて:

公式オウンドメディアの「ゼロからはじめるクレジットカード」でクレジットカードの使い方や仕組みを記事にしています。わかりやすく記事にまとめていますので、ぜひ一度アクセスしてみてください。

参考:https://www.smbc-card.com/nyukai/magazine/index.jsp

〇安全性は私も実感しています。

これは完全に小話なのですが、過去、当時付き合っていた異性の方とはじめての旅行に新幹線で行くぞ!というときに早朝に新幹線のチケット2枚を購入したとき、カード決済ができず、直後に三井住友カードさんから電話がかかってきて焦ったことがあります。なんで止まってんの!ちゃんと支払いしてるよね!?と。

新幹線には乗れず、恥もかいてしまったのですが、あの体験がもとになってクレジットカードについて詳しくなろう!と決意しました。あの電話がきっかけでこのサイトができて、こうしてカード会社の方と話している巡り合わせはすごいなと。

一同(笑)

■ご担当の方のクレジットカード遍歴やオススメカードについて

〇はじめてクレジットカードに申し込んだ、使った思い出ってまだ覚えてますか?役に立ったなあ、という思い出とか。

(田) 覚えています。海外旅行前にはじめて申し込んで、海外旅行の決済がとにかく楽に済んで期待通りでした。弊社のカードでしたが当時デビュープラスはなかったですね…。

(石)大学の生協提携の一体型カードが最初にクレジットカードを持ったきっかけでしたね。しばらく使わなかったんですが、飲み会の支払いの建て替えで大きな金額が必要だったときに現金では足りず、助かった~。という思い出が懐かしいです。

〇私も最初は大学の提携カードでした!

だいたい皆さん、入学時ってなんとなく提携カードを作ったりしますよね。

〇ズバリ、自信を持ってオススメしたいカードは?


(田)もちろん全部!と言いたいところですが、学生さん向けということであればもちろん三井住友VISAデビュープラスカードですね(笑)。

■三井住友VISAデビュープラスカードを作るなら、こちらから!

smp_arrow
btn_free_regist
※Apple Pay対応カードです!

■三井住友VISAカードのVpassやポイントプログラムについて

〇Vpass(ブイパス)というオンラインのご利用明細確認ツールがありますよね。概要や使い方を教えてください。

(石)Vpassは三井住友カード系列をお持ちの会員様向けのサイトです。ご利用明細確認のほか、利用可能額の照会やワールドプレゼントの残高確認、iD・家族カードといった追加カードのお申込み・キャンペーン情報の確認などができます。


※実際のTOP画面

〇貯まったポイント(ワールドプレゼント)の交換もここから行えますね。人気の交換先はどんなものがありますか?やはりiDへのキャッシュバックでしょうか?

(田)はい。iDのキャッシュバックは大人気です。あとは三井住友カードVJAギフトカードへの交換も人気で、学生でない層も含めるとANAマイレージへの交換なんかも人気です。やはり還元率が高いところへの交換は人気です!


※実際のポイント交換の画面

筆者はほとんどAmazonポイントに交換しています。ワールドプレゼント1ポイント=Amazonギフト券5円分に換算されます。

〇VpassにはiPhone,androidアプリもありますが、インストール利用状況やアプリならではの便利な機能があればご紹介いただけますか?

(石)年々、モバイル経由の利用者は増えています。アプリのインストールも増えています。

基本的にはブラウザ版と同様の機能を提供しておりますが、アプリにしかないゲーム・占いコンテンツもあります。

アプリは初回のインストール完了までのハードルはありますが、インストールしていただけるとスマートフォンからも便利に使えるのでこの機会にどうぞ!

ココイコ!掲載店舗の近隣を通った際のプッシュ通知などもアプリならではの機能です。

スマートフォンアプリ Vpass
参考:https://www.smbc-card.com/mem/vps/vapp/index.jsp

■三井住友カード株式会社という会社・就職活動中の学生に向けたご紹介

〇訪問者の多くが「学生」の当サイト。就職活動で三井住友カードの選考に参加する学生もいるかもしれません。就職活動をする方向けにも一言いただけますでしょうか。

三井住友カードという会社の組織体制で、ユニークなところはありますか?

(石)はい、あります。先進性と、働き方改革の面で、外から思われているよりはだいぶ堅くないはずです。組織図の中に「米国市場調査室」という研究を担う事務局があり、世界でもITの最先端と言われているシリコンバレーに設置しています。

組織図の詳細はこちらに。
参考:https://www.smbc-card.com/company/info/organize.jsp

国内でも働き方改革を進めており、スタンディングデスクを多くしましたね。これまであまり設置していなかったフリースペース「ラボ」を社内にいくつか設置し、開放感が出たこと・会議の時間短縮化に効果がありました。

さらに月6回の早帰りデーが規定であり、生産性は上がってきています。

〇業界の展望は明るいでしょうか?

(田)はい、明るいと考えています。まだまだ現金決済の比率が高い日本という国ですので、そういった市場でクレジットカードにとどまらずさまざまな決済手段を提供していきたいです。

〇業界での三井住友カードの立ち位置は?

(石)業界内では、リーディングカンパニーであると自負しております。

〇三井住友カード株式会社さんは、2017年12月で創業50周年という節目を迎えられました。沿革も振り返ってみましょう。

・1968年6月に、国内専用の「住友クレジットカード」を発行

・同1968年10月より、海外専用の「住友国際カード」が発行されています。

※実は、日本初のクレジット機能は1960年に登場しており、クレジットカード専門業者ではなく百貨店の丸井が先陣を切りました。その後クレジットカード専門業者として1960年に日本ダイナースクラブ、1961にJCBと続きました。1960年代こそ日本の高度経済成長・東京オリンピック・クレジット革命が重なり、消費者が経済の主役を担う時期のはじまりだったのかもしれませんね。

・1980年5月には提携カードの発行が開始します。他企業と提携しユニークな特典を付与して発行するカードのはじまりです。

・1982年4月にポイントサービス「住友ワールドプレゼント」取り扱いを開始し、ポイント特典がスタート。

・2001年4月、ICカードの本格発行開始・金融業界初の「プライバシーマーク取得」。セキュリティを重要視する三井さんの姿勢がうかがえます。

〇直近の沿革で、大きいな、という動きはどこでしょうか?

(石)2012年~2013年の海外調査室設置、インターネット企業との戦略的業務提携の流れですね。

ちょっと堅い印象があるかもしれませんけど、この頃にSquare社やBASE社などの先進インターネット企業との協業などもしています。1歩進んだ新しい取り組みにもどんどんチャレンジができる社風であることは、これからお仕事を決める学生さんにとっても魅力に映るといいなと思いますね。

〇ズバリ、どんな学生に来てほしいでしょうか?

(田)50周年のコツコツと積み上げてきた歴史で、固定概念にとらわれてしまう体質・堅い印象がどこかに残っているかもしれません。今を生きる若い人らしい斬新かつ柔軟な発想が提案できる学生の応募をお待ちしております!

まだまだ多い日本の現金決済シーンに対しても、一緒に便利な電子決済を提案する仕事は楽しいですよ!

新卒採用特設サイト:https://jinji.smbc-card.com/2019/

■さいごにメッセージをどうぞ

(田)
クレジットカードは皆さんの生活をお得に、そしてより便利にするサービスです。

大学生の皆様であれば、少し高いお買い物を経験されたり、旅行で海外に行く機会も多くなってくることかと思います。

はじめてのクレジットカードとして、弊社のデビュープラスカードはまさにぴったりのカードですので、ぜひお持ちいただければうれしいです。

■三井住友VISAデビュープラスカードを作るなら、こちらから!

年会費※原則無料
還元率1.0%~2.5%(入会後3ヶ月)
発行まで最短3日
強み圧倒的ブランド力、長く使えてスペックバランスの良いカード

smp_arrow
btn_free_regist

■編集部後記

今回、はじめてインタビュー記事を企画しました。2017年を締めくくる記事として、50周年を迎える三井住友カードさんに伺えたことで大きな学びがありました。

他のクレジットカード関連の情報メディアも三井住友カードさんのインタビューを掲載しているところがあり、私も何回か目にしていました。

いつかこのメディアでもインタビューできれば!と思っていましたし、そのときが来れば特色を出していきたいなと。

とくに学生の訪問者が多い当メディアの特性を生かして、今回は就活生からの目線も意識したお話しも聞かせていただきました。

お招きいただいた田村さま、石山さまは非常に気さくでお話ししやすい雰囲気を作ってくださいましてありがとうございました!

増えてきたクレジットカードの周辺決済手段、paypal(ペイパル)・coiney(コイニー)ってなに?

c1001

PayPalに関する新しい記事を公開しました!
海外通販サイトでよく見る「PayPal」とクレジットカード決済の違いとは?(必見!為替手数料を抑える裏ワザも公開中)

クレジットカードの機能

普段何気なくお店で買い物をする時には、クレジットカードをお店の方に渡すと慣れた手つきで暗証番号の入力画面を提示してもらったり、レシートにサインをしたりすることがありますよね。

普段お店で使うクレジットカードの決済機械は様々な物があります。ここではクレジットカードの決済手段で使われる機械や最近よく聞きますpaypal(ペイパル)とcoiney(コイニー)についてご紹介します。

お店でクレジットカードを使う時

ショッピングセンターや町の飲食店でクレジットカードを利用する時には大まかに分けて2つの種類に分かれます。ここではお店で利用される一般的な決済機械についてご紹介します。

今までのクレジット決済端末

クレジットカードの機械はお店のレジにクレジットカードを通すリーダーが一緒にくっついているものが主流でした。

レジ内のテンキーの隣に溝があり、その溝に向かってクレジットカードを上から下へ通すものになります。当時は磁気タイプのクレジットカードが多かったため、このような仕組みでした。

現在はICチップが内蔵されている為、このレジ内に付随しているリーダーを使う事はほぼありませんし、2020年には全くなくなると思われます。

磁気カードを読み取るリーダー型はレジに取り付けられている為、私たちは暗証番号の入力ではなく、サインすることによって認証しています。現在ではサインに代わってICチップ内蔵型のクレジットカードが主流になり、暗証番号の入力によって本人認証しています。

過去は混雑しているスーパーのレジでクレジットカード決済の為サインをしていると、後ろの目が気になるなんて事もあったので今の暗証番号を入力するほうが後ろの方を待たせなくて迷惑をかけませんね。

モバイルタイプの決済端末が登場

最近では持ち運びができ、屋台や屋外のイベントなど、個人間でも使用できるモバイルタイプも主流になってきていますね。モバイルタイプは機械本体のリーダーにICチップ内蔵型も対応しています。使い方もクレジットカードを通し、暗証番号入力やサインをします。

モバイルタイプの場合は端末自体がインターネットにつながっている為問題はなしですが、お店で使用する機械は端末に接続するネット回線のLANケーブルが光かADSLかによって使えるクレジット端末機械が変わってくる事もあります。

インターネット環境が普及した事による新しい機械

近年ではインターネットの普及により、ネット通販がお買い物をするうえで当たり前になってきました。今は通信販売で支払方法にクレジットカードがないお店を探すほうが難しくなってきているのではないでしょうか。

例えば楽天やヤフーなどのショップで買い物する際は事前に楽天やヤフーなどで自分の会員情報を登録しているのでショップ内での買い物は問題ないと思います。

しかしながら初めて購入する全く知らないサイトでは不安がありますよね。そしてそれが日本向けのサイトではなく、海外ブランドのサイトだったりしますとより一層不安ですよね。実際に日本国内問わずフィッシング詐欺やカードで決済したけど、商品が届かないというトラブルもよく耳にします。そういった時にアメリカ発の画期的な決済方法があります。

ネット通販の安心を提供

先述したように初めてインターネット通販で買い物をする時に、クレジットカードの番号や有効期限、名前を入力することってちょっと怖いですよね。もし万が一外部へ流出すると、クレジットカードを自分の知らないうちに使われてしまうという事がありえます。そのような個人情報の入力をお店側へは知らせずにカード決済ができてしまう手段があります。名前をペイパル(paypal)と言います。 https://www.paypal.com/jp/home

ペイパルとは

ペイパルの発祥はアメリカです。アメリカではネット通販が何年も前から主流になっていました。そのあたりはやはり日本よりも発達していますね。

ペイパルの登録や手続きはとても簡単です。まずお買い物をしたいネット通販先がペイパルを導入しているかどうかを確認します。それからペイパルのサイトにアクセスし、自分のクレジットカードをペイパルへ登録しましょう。登録手数料は無料ですし、クレジットカードの決済手数料も無料で使えます。セキュリティも頑丈になっているので安心ですね。

また、一番のメリットは海外ではペイパルの導入がかなり進んでいるため、多くのネット通販で使えます。為替手数料は発生しますが、それでも現在は190ケ国、20以上の通貨に対応していますので英語圏だけでなくても大丈夫ですね。お店側にはクレジットカードの情報が渡らない為安心して利用できますね。

日本初のクレジット決済端末

日本は決済手段がアメリカに比べて格段に遅れているのが現状です。そんななか日本人が日本人向けに開発したクレジット決済端末があります。 coiney(コイニー) と言います。

コイニーとは、通常のクレジット決済機械とよく似ているものですが、用意するのは専用の端末とスマートフォンやタブレットとなります。スマホやタブレットが、クレジットカードの金額の確定やサインをしてもらう画面に代わります。そして今使用しているスマホなどがそのまま使えます。

そしてもう一つ必要な専用の端末は暗証番号を入力するためのものですので、お客さんも安心して利用できますね。またブルートゥースで接続されていて、ワイヤレスなので移動が可能です。

実は、持ち運びが可能な機種でもクレジット決済機械は安くても5万円程度はします。これはお店側に最大のメリットですが、コイニーの端末代金は今ならキャンペーン中によって実質無料で使用することができます。またクレジットカードの決済手数料も3.24%と安く、またお店へのお金の入金もとても早いのも特徴です。

普段お客様として利用する際には皆さんからは手数料はもらわないのですが、(分割払いは除きます)お店側が何%か負担をしてクレジットカードを利用しているのが現状です。お店側の利益がクレジットカードの手数料で飛んでしまうので、お店側は手数料が安いコイニーを使うメリットは多いので最近一気に導入がすすんでいるようです。また皆さん側のメリットとしては毎度かさばるレシートも決済時にメールアドレスを入力をすると店頭でもメールで受け取ることも可能となります。http://coiney.com/

まとめ

これからますますインターネット通販は主流になってきますし、インターネットを使ったお金の流れはますます多様化してくると思います。

そういった時にペイパルを利用したり、またお店を始めようと考えていらっしゃる方にはコイニーを使用する事によってより一層のクレジットの金額や流通量が増え、より便利になるのではないでしょうか。ますます活発化してくるクレジット決済周辺機械に目が離せませんね。

※筆者は海外通販において、支払手段でクレジットカード支払いが可能であってもpaypal決済を選択することが多いです!なんとなく怖いので…笑