インタビュー

実例から学ぶ、リボ払いの仕組み・メリット・デメリット・落とし穴。丸裸にします!【学生時代から、リボ払いを続けている20代の方のインタビュー】

実例で学ぶ、リボ払いのメリット・デメリット

筆者は学生のころ、知らずのうちにリボ払いで金利をたくさん支払う羽目になった苦い経験があります。

そして社会人となった現在でも懲りることはなく、リボ払いを使っています。

学生だった当時はリボ払いのことを知らずに「損」をしていましたが、現在はリボ払いの仕組みを理解した上で、計画的にリボ払いを活用しています。

リボ払いは知らずのうちに余分に金利を支払う羽目になるのがデメリットであり、怖い点です。

そんなリボ払いの仕組み・メリット・デメリット・落とし穴などを、体験談を交えつつ解説します。

そもそもリボ払いって何?何が危険なの?

まずはリボ払いがどんなものなのかをサクッと解説します。

リボ払いの仕組み

リボ払いとは、正式には「リボルビング払い」といい、「月々の支払額+手数料」を毎月支払っていくという支払方法のことです。

ここでいう「月々の支払額」は自分自身で設定できるカードがあったり、カード会社の規定によって決まってる場合があったりします。

例えば、月々の支払いを5,000円に設定していたとします。

もしも30,000円の買い物をしたとしたら、毎月5,000円ずつを支払い切るまで払います。単純計算すると6ヶ月で終わりますが、リボ払いによる金利が加算されているので、実際は5,000円を6回+金利分を支払うことになります。

ポイント!

※金利(借りた資金に対する利子)の金額は「年利」によって変わりますが、だいたい年率で15%。これは1年間、お金を借りたままにしている場合かかる手数料の比率なので、3ヶ月で返済出来る場合は実質3.75%の金利で済みます。

要するに:リボ払いを使うと、支払いの回数が多くなればなるだけ金利が増えてしまい、使った分以上に大きく上乗せして支払いをしないといけないのです。

リボ払いのメリット

ではリボ払いのメリットを解説します。

手元にお金がなくても買い物ができる

1番大きなメリットが「手元にお金がなくても大きな買い物が決断できる」ことでしょう。

何か大きな買い物をしたいけど、その分のお金がないときにはありがたいです^ ^

毎月の支払額が同じなので支払い管理が楽

毎月の支払額を決めてしまえば、それ以上の請求が来ることがないので、気持ち的にも楽であり支払い管理も楽にはなります。

例えば、三井住友カードで、「毎月26日お支払い、元金定額コース1万円で、 9月1日から9月30日までに5万円をリボ払いで利用」の場合の今後の支払いは…
リボ払いのシミュレーション
詳しい手数料計算は下記参考リンクに書いてありますが、2回め以降の支払いで、毎月1万円+利息を手数料として返済していくイメージです。
参考:https://www.smbc-card.com/mem/revo/revo21.jsp

リボ払いのデメリット

リボ払いにはメリットもありますが、デメリットの方が大きいかな、と感じます。リボ払いのデメリットはやはり「金利」です。

1年間借りていると借りた金額の15%(年率15%)も金利を取られる世界です。数回で返せば少額で済むものの、雪だるま式に大きくなっていくこともあるので注意が必要です
(筆者は支払いが追いつかずに雪だるま式に大きくなった経験があります…。)

※金利の実質年率はカード会社によって差がありますので、使う前に確認しましょう、

リボ払いの怖さを知らなかった大学生の頃の筆者

筆者はリボ払いの怖さを全く知らずに、大学生のころからリボ払いをしていました。

ちなみにリボ払いといえば、当時は三井住友カードのウリボーのイメージでした。

学生のリボ払いの怖さ
出典:https://www.smbc-card.com/uribo/index.html

とくにリボ払いのデメリットなどはぜんぜん頭になく「分割で支払いできるなんて便利だな!」くらいにしか思っていませんでした。

学生の頃にリボ払いの怖さを知らずに毎月の金利が3,000円に

学生の頃は旅行にハマり、国内外問わずに旅に出ていました。

ある程度は貯金をしてから旅行に行くものの、海外に行くとついつい「せっかくの機会だから」とか「学生のうちしか旅行には来れないんだから」とクレジットカード支払いで散財してしまうクセがありました。

そしてある時、夏休みが終わる頃には30~40万円分の支払いがたまってしまい、軽い気持ちでリボ払いにしてしまったのです…。

これがリボ払いのにハマったはじまりのきっかけ。

夏休みが終わっても「学生のうちしか遊べないから」と思って、友達とたくさん遊んだり、飲みに行っていた僕は、リボ払いで月々1万円支払いに設定。

当時は、年利18%のクレジットカードを使っていたため、残高が40万円の月は金利が6,000円、30万円でも4,500円もありました。つまり、月々1万円支払ったとしても、金利があるため、4,000~5,500円しか支払ったことになりません。

返済し始めて数ヶ月経ち「え!?思ったよりも残高減ってない!」ということで、クレジットカード会社に問い合わせてリボ払いの存在を知り、そこからは月々の支払いを多めに支払うようにしたことで、取られる金利を減らしながら返済しました。

※ちなみに現在は法律が変わり、多くのカードのリボ年利が15%になっています。年利が15%だと月利が1.25%になるので、仮に10万円の残高があると1,250円の金利があります。

なので僕のようにリボ払いの罠に引っかからないように注意してください。

今でも使ってしまう理由は、金利がかかっても人生のアクセルを踏み込みたい局面があるから

学生の頃にリボ払いで痛い目を見た筆者ですが、社会人になった今でも積極的にお金を借りることがあります。

お金を借りる先はクレジットカード会社(リボ払い)もあれば、キャッシングなどもあります。

ムダに金利を支払うことは全くいいことと思いませんが、お金を借りること自体は悪と感じていません。

やはり「ここぞ!」という人生のアクセルを踏み込みたい場面はあり、そういうときを「手元にお金がないから」という理由で諦めるのはあとで後悔することになります。

しかし、リボ払いが追いつかなくなり、支払いが滞ってしまうことはあってはいけません。しっかりと支払い計画を立てた上で、計画的に返済できることを前提にリボ払いなどは使いましょう。

また、リボ払いはあとあとで一括返済(繰り上げ早期返済)できるので、後日お金が手元に入ってくるのであれば、一時的にリボ払いをするのはOKだと考えます。

注意!

「リボ払い」という仕組みが悪なのではなく、仕組みを知らずに使うこと・無計画に使ってしまうことが悪!

クレジットカードの支払い(リボ払いや分割など)を早める方法や、そのやり方については「クレジットカード(分割払い・リボ払い・キャッシング借入)の支払いを早めることはできるか?利用額の繰り上げ早期返済について」にて解説しています。

しっかり返済していたので、新しいカードが作れないことはなかった

学生の頃にすでに30~40万円の支払い残高があったり、現在も100万円近い支払い残高を抱えており、今も分割やリボ払いでコツコツと返済しています。

しかし少額ながらもコツコツと返済することで「信用情報が傷ついてカードが発行できない」というような場面には遭遇したことがありません。

実際に三井住友カードの利用可能額が150万円まで使えるクレジットカードがあることが何よりの信用証明です。

リボ払いの残高

支払いに遅延することなく、キッチリとリボ払いや分割分を返済すれば、自分に害はないので「カードが発行できなくなるんじゃないか」という不安を過度にもつ必要はないと思っています。

※審査基準は非公開かつカード会社によりますので、一概にすべてのカードの審査に通過します、と約束できないことはご了承ください。

どうしてもお金が必要なとき、リボ払いでお得なクレジットカードはある?

では最後に、どうしてもお金が必要なときの学生向けオススメのクレジットカードをご紹介します。

クレジットカードは数えられないほどあります。クレジットカードによって金利(手数料)が変わってきたり、特典に差があったりして、ベストなクレジットカードを見つけ出すことは大変です。

なので筆者が1枚に厳選しました。なので「どうしてもリボ払い前提でクレジットカードを発行したい!」という時は、このうちのどちらか、もしくは両方を発行しましょう。

当サイトでは基本的にリボ専カードの所有を肯定はしていません。リボ専カードだったとしても繰上げ返済ができ、還元率が通常カードよりもお得なものをご紹介しています。

リボ払いを使うのにオススメのクレジットカード:JCB CARD R

リボ払いを使うのにオススメのクレジットカード②JCB CARD R

「JCB CARD R」は年会費無料であり、ポイント還元率が高いのが特徴のクレジットカードです。

2018年9月時点で、リボ払い前提で使う場合のクレジットカードはJCB CARD R一択という感じです。

ポイント還元率はリボ手数料の請求がない場合はポイントが2倍、リボ請求がある月はなんとポイント4倍で実質2.0%以上(最高レベル)

利用可能枠=毎月のリボ払いの支払い額という設定が自由にできないのがデメリットですが、リボ・分割・スキップ払いの「まとめ払い」が可能であり、いつでも簡単にご利用残高をまとめて支払えます。

JCB CARD Rのカードスペックは以下のようになっています。

  • 年会費:無料
  • 還元率:常時2.0%以上と言っていいレベル
  • 学生申し込み:可能

JCB CARD R

リボ払い専用カードですが、普通に使っても還元率で2.0%以上の水準。スタバ・Amazon・セブンでお得。

JCB CARD R
入会特典新規入会限定ポイント6倍キャンペーン実施中!
年会費(初年度)無料
年会費(2年目~)無料
ポイント還元率(通常)1.0%
ポイント名:Oki Dokiポイント
ポイント還元率(最大)3.0%
条件:リボ払い手数料発生時は還元率2.0%、新規入会3ヶ月はさらに還元率1.0%プラス。JCBオリジナルシリーズパートナーのご利用でさらにそれ以上の追加が見込めます。
発行スピード(最短)~3営業日
  • 付帯保険(海外旅行):○(利用付帯)
  • 付帯保険(国内旅行):-
  • 付帯保険(盗難保険):あり
  • 付帯保険(ショッピング保険):あり

まとめ:リボ払いは慎重に使おう!

リボ払いは決して悪ではなく「ここぞ!」という人生のアクセルを踏み込みたい場面や、今緊急でお金が必要なときに強い味方になってくれます。

しかしリボ払いの知識が少ない状態で、金利を余分に支払うことになりかねない側面もあります。リボ払いを使うときはキッチリ計画した上で使うようにしましょう^ ^

リボ払いについて、当サイトでは学生にフォーカスして解説した記事を用意しているので、合わせてご覧くださいね。

【祝50周年】三井住友カード株式会社の歴史・社風と学生向けカード「三井住友VISAデビュープラスカード」について、ネットに無い話まで切り込んできた【カード会社直撃!インタビュー記事】

■はじめに

当サイトはじめてのインタビュー企画です。

学生にも大人気の「三井住友VISAデビュープラスカード」をラインナップにもつ、三井住友カード株式会社さまにお呼ばれをして、このような機会をいただきました。

実際にカード会社の社内で働かれている方に、「現場の声」を聞いて、それを読者に届ける試みです。

■概要

主に下記の話をまとめています。

  • 学生に人気の、三井住友VISAデビュープラスカード
  • 他のカードや、決済手段
  • はじめてクレジットカードをもつ学生さんに向けた、わかりやすさ・安全性の取り組み
  • ご担当の方のクレジットカード遍歴
  • 三井住友VISAカードのVpassとポイント特典プログラム
  • 三井住友カード株式会社という会社について
  • 就活生に向けて

■ご協力


三井住友カード株式会社
東京リテール営業部
田村 悠人さま(向かって左)

三井住友カード株式会社
東京リテール営業部
石山 翔己さま(向かって右)

〇田村さま・石山さま、本日はよろしくお願いします。

※以下、田村さま:(田)・石山さま:(石)・編集部:〇と表記
(田・石)よろしくお願いします。

■学生に人気の、三井住友VISAデビュープラスカードについて

○いきなりですが、まずは当サイトでも一番人気のカード:デビュープラスについて伺います。

このカードは2012年リリースと聞いています。基本的なスペック等もあわせてご紹介いただけますでしょうか?

(田)実は前身となる「三井住友デビューカード」は1987年1月に発行を開始しています。現在の「三井住友VISAデビュープラスカード」は2012年4月25日より、オンライン限定で募集開始したカードです。

基本的なスペックとしては、ポイント還元率の良さが魅力です。通常の三井住友VISAクラシックカードと比較して、いつでもポイントは2倍・さらに入会後3ヶ月もポイント5倍となっています。

(石)そして初年度年会費無料、2年目以降も年に1回以上、クレジット払いでお買い物していただければ翌年の年会費は無料です。学生やはじめてカードをもつ方向けに作られたカードですので、18~25歳のお客様にはぜひお持ちいただきたいと思っています。

最大7,000円のキャッシュバックのキャンペーンも好評いただいています。(3/30迄)
※なお、キャンペーン内容は随時変更されます。詳細は公式サイトでご確認ください。

〇入会から手元に届くまでのタイムラグを教えてください。

(田)お住まいの地域や郵送配達状況にも左右されますが、最短3営業日で発行しています。お手元に届くのは、5日~7日というところでしょうか。海外旅行などの前には余裕をもってお申込みください。

〇言及可能な範囲で、年間どのくらいの申込、会員増がありますか?

(田)詳細は伏せますが、年々伸び続け今では10万人以上のお客様にお持ちいただいてます。

〇当サイトでも三井住友VISAデビュープラスカードの申込数は毎月1位という状況が続いています。

多くの学生さんが見たことがあるか実際に持っているカードかなと思います。多くの学生に知ってもらうためにやっていること、力を入れている取り組みなどはありますか?

(石)現在は行っていませんが、デビュープラスカード限定の入会キャンペーンを実施したりしています。前回は夏デビューはじめようキャンペーンでした。

例えば春であれば新生活応援キャンペーンなど、お客様のライフサイクルの節目でデビュープラスカードを知っていただき、ぜひお持ちいただきたいと考えています。

今後は若い方が普段から利用されているSNSフィールドにも、積極的にプロモーションを打っていきたいと思っています。

■他のカードや、決済手段についてのお話し

〇25歳を過ぎた後のクレジットカードは、三井住友カードさんだとどんなラインナップがありますか?

(田)
 -クラシックカード
 -プライムゴールド(26歳~)
 ーゴールドカード (30歳~)
 -プラチナカード
 というラインナップがあり、デビュープラスをお持ちの方は26歳にだいたいプライムゴールドをお持ちになられます。5,000円+税の年会費(条件付で1,500円+税まで割引可能)でゴールドカードを持てます。

デビュープラスの次として、あえてクラシックカードをお持ちになる方はほとんどいらっしゃらないですね。


三井住友VISAプライムゴールドカード初年度年会費無料、国内海外の保険も充実しており、空港ラウンジが無料でつかえたり、一流のホテル・旅館を厳選したReluxで優待が受けられたりとプライムゴールドならではの特典があります。

満30歳になった後の最初のカード更新時にゴールドカードにランクアップします。

※2017年12月19日時点で、スタンダードカード14種・提携カード195種の計209種のラインナップがあります。上記はスタンダードカードの中でも代表格のカード群としてご紹介いただきました。


本社のロビーにも、スタンダードカードから提携カードまで大量のカードがディスプレイされており圧巻でした!!

〇クレジットカード以外にもデビットカードやプリペイドカードがありますね。三井さんはあまりこちらを推していない印象を受けますが、どうでしょうか?

(石)そんなことはなく、推しています!デビットカード・プリペイドカードといった決済手段もクレジットカード同様に推しています。

とくに最近のイチオシはVisaギフトカードです。使い切り型のプリペイドカードで、記念日の贈り物やお返しのギフトとしてオススメです。

もともとは法人向けの周年行事や株主優待向けに作られたカードですが、今では個人の方にもお選びいただいています。

参考:https://www.smbc-card.com/camp/visagift/index.jsp

■はじめてクレジットカードをもつ学生さんに向けた、わかりやすさ・安全性担保の特徴的な取り組みについてのお話

〇何か特徴的な取り組みはありますか?

(田)とくにはじめてクレジットカードを使う方も多いので、安全性・わかりやすさの2点は大切だと思っています。

安全性について:

不正利用対策はかなり強化しています。365日24時間アルゴリズムも絡めて決済状況をモニタリング。万が一不正と疑わしい取引を検知した場合には、リアルタイムでお客様に利用状況の確認でお電話することもあります。不正利用検知のアルゴリズムは、常に精度改善に努めています。

参考:https://www.smbc-card.com/mem/service/sec/index.jsp

わかりやすさについて:

公式オウンドメディアの「ゼロからはじめるクレジットカード」でクレジットカードの使い方や仕組みを記事にしています。わかりやすく記事にまとめていますので、ぜひ一度アクセスしてみてください。

参考:https://www.smbc-card.com/nyukai/magazine/index.jsp

〇安全性は私も実感しています。

これは完全に小話なのですが、過去、当時付き合っていた異性の方とはじめての旅行に新幹線で行くぞ!というときに早朝に新幹線のチケット2枚を購入したとき、カード決済ができず、直後に三井住友カードさんから電話がかかってきて焦ったことがあります。なんで止まってんの!ちゃんと支払いしてるよね!?と。

新幹線には乗れず、恥もかいてしまったのですが、あの体験がもとになってクレジットカードについて詳しくなろう!と決意しました。あの電話がきっかけでこのサイトができて、こうしてカード会社の方と話している巡り合わせはすごいなと。

一同(笑)

■ご担当の方のクレジットカード遍歴やオススメカードについて

〇はじめてクレジットカードに申し込んだ、使った思い出ってまだ覚えてますか?役に立ったなあ、という思い出とか。

(田) 覚えています。海外旅行前にはじめて申し込んで、海外旅行の決済がとにかく楽に済んで期待通りでした。弊社のカードでしたが当時デビュープラスはなかったですね…。

(石)大学の生協提携の一体型カードが最初にクレジットカードを持ったきっかけでしたね。しばらく使わなかったんですが、飲み会の支払いの建て替えで大きな金額が必要だったときに現金では足りず、助かった~。という思い出が懐かしいです。

〇私も最初は大学の提携カードでした!

だいたい皆さん、入学時ってなんとなく提携カードを作ったりしますよね。

〇ズバリ、自信を持ってオススメしたいカードは?


(田)もちろん全部!と言いたいところですが、学生さん向けということであればもちろん三井住友VISAデビュープラスカードですね(笑)。

■三井住友VISAデビュープラスカードを作るなら、こちらから!

smp_arrow
btn_free_regist
※Apple Pay対応カードです!

■三井住友VISAカードのVpassやポイントプログラムについて

〇Vpass(ブイパス)というオンラインのご利用明細確認ツールがありますよね。概要や使い方を教えてください。

(石)Vpassは三井住友カード系列をお持ちの会員様向けのサイトです。ご利用明細確認のほか、利用可能額の照会やワールドプレゼントの残高確認、iD・家族カードといった追加カードのお申込み・キャンペーン情報の確認などができます。


※実際のTOP画面

〇貯まったポイント(ワールドプレゼント)の交換もここから行えますね。人気の交換先はどんなものがありますか?やはりiDへのキャッシュバックでしょうか?

(田)はい。iDのキャッシュバックは大人気です。あとは三井住友カードVJAギフトカードへの交換も人気で、学生でない層も含めるとANAマイレージへの交換なんかも人気です。やはり還元率が高いところへの交換は人気です!


※実際のポイント交換の画面

筆者はほとんどAmazonポイントに交換しています。ワールドプレゼント1ポイント=Amazonギフト券5円分に換算されます。

〇VpassにはiPhone,androidアプリもありますが、インストール利用状況やアプリならではの便利な機能があればご紹介いただけますか?

(石)年々、モバイル経由の利用者は増えています。アプリのインストールも増えています。

基本的にはブラウザ版と同様の機能を提供しておりますが、アプリにしかないゲーム・占いコンテンツもあります。

アプリは初回のインストール完了までのハードルはありますが、インストールしていただけるとスマートフォンからも便利に使えるのでこの機会にどうぞ!

ココイコ!掲載店舗の近隣を通った際のプッシュ通知などもアプリならではの機能です。

スマートフォンアプリ Vpass
参考:https://www.smbc-card.com/mem/vps/vapp/index.jsp

■三井住友カード株式会社という会社・就職活動中の学生に向けたご紹介

〇訪問者の多くが「学生」の当サイト。就職活動で三井住友カードの選考に参加する学生もいるかもしれません。就職活動をする方向けにも一言いただけますでしょうか。

三井住友カードという会社の組織体制で、ユニークなところはありますか?

(石)はい、あります。先進性と、働き方改革の面で、外から思われているよりはだいぶ堅くないはずです。組織図の中に「米国市場調査室」という研究を担う事務局があり、世界でもITの最先端と言われているシリコンバレーに設置しています。

組織図の詳細はこちらに。
参考:https://www.smbc-card.com/company/info/organize.jsp

国内でも働き方改革を進めており、スタンディングデスクを多くしましたね。これまであまり設置していなかったフリースペース「ラボ」を社内にいくつか設置し、開放感が出たこと・会議の時間短縮化に効果がありました。

さらに月6回の早帰りデーが規定であり、生産性は上がってきています。

〇業界の展望は明るいでしょうか?

(田)はい、明るいと考えています。まだまだ現金決済の比率が高い日本という国ですので、そういった市場でクレジットカードにとどまらずさまざまな決済手段を提供していきたいです。

〇業界での三井住友カードの立ち位置は?

(石)業界内では、リーディングカンパニーであると自負しております。

〇三井住友カード株式会社さんは、2017年12月で創業50周年という節目を迎えられました。沿革も振り返ってみましょう。

・1968年6月に、国内専用の「住友クレジットカード」を発行

・同1968年10月より、海外専用の「住友国際カード」が発行されています。

※実は、日本初のクレジット機能は1960年に登場しており、クレジットカード専門業者ではなく百貨店の丸井が先陣を切りました。その後クレジットカード専門業者として1960年に日本ダイナースクラブ、1961にJCBと続きました。1960年代こそ日本の高度経済成長・東京オリンピック・クレジット革命が重なり、消費者が経済の主役を担う時期のはじまりだったのかもしれませんね。

・1980年5月には提携カードの発行が開始します。他企業と提携しユニークな特典を付与して発行するカードのはじまりです。

・1982年4月にポイントサービス「住友ワールドプレゼント」取り扱いを開始し、ポイント特典がスタート。

・2001年4月、ICカードの本格発行開始・金融業界初の「プライバシーマーク取得」。セキュリティを重要視する三井さんの姿勢がうかがえます。

〇直近の沿革で、大きいな、という動きはどこでしょうか?

(石)2012年~2013年の海外調査室設置、インターネット企業との戦略的業務提携の流れですね。

ちょっと堅い印象があるかもしれませんけど、この頃にSquare社やBASE社などの先進インターネット企業との協業などもしています。1歩進んだ新しい取り組みにもどんどんチャレンジができる社風であることは、これからお仕事を決める学生さんにとっても魅力に映るといいなと思いますね。

〇ズバリ、どんな学生に来てほしいでしょうか?

(田)50周年のコツコツと積み上げてきた歴史で、固定概念にとらわれてしまう体質・堅い印象がどこかに残っているかもしれません。今を生きる若い人らしい斬新かつ柔軟な発想が提案できる学生の応募をお待ちしております!

まだまだ多い日本の現金決済シーンに対しても、一緒に便利な電子決済を提案する仕事は楽しいですよ!

新卒採用特設サイト:https://jinji.smbc-card.com/2019/

■さいごにメッセージをどうぞ

(田)
クレジットカードは皆さんの生活をお得に、そしてより便利にするサービスです。

大学生の皆様であれば、少し高いお買い物を経験されたり、旅行で海外に行く機会も多くなってくることかと思います。

はじめてのクレジットカードとして、弊社のデビュープラスカードはまさにぴったりのカードですので、ぜひお持ちいただければうれしいです。

■三井住友VISAデビュープラスカードを作るなら、こちらから!

年会費※原則無料
還元率1.0%~2.5%(入会後3ヶ月)
発行まで最短3日
強み圧倒的ブランド力、長く使えてスペックバランスの良いカード

smp_arrow
btn_free_regist

■編集部後記

今回、はじめてインタビュー記事を企画しました。2017年を締めくくる記事として、50周年を迎える三井住友カードさんに伺えたことで大きな学びがありました。

他のクレジットカード関連の情報メディアも三井住友カードさんのインタビューを掲載しているところがあり、私も何回か目にしていました。

いつかこのメディアでもインタビューできれば!と思っていましたし、そのときが来れば特色を出していきたいなと。

とくに学生の訪問者が多い当メディアの特性を生かして、今回は就活生からの目線も意識したお話しも聞かせていただきました。

お招きいただいた田村さま、石山さまは非常に気さくでお話ししやすい雰囲気を作ってくださいましてありがとうございました!

渋谷の女子大生に聞いた!クレジットカード所有・利用のリアル【インタビュー記事】

jsd001
今回は、当サイトにインタビュー形式で寄稿をいただきました。女子大生のクレジットカード保有、利用をなるべくリアルな形で聞き出してみました!

【質問】自己紹介をお願いします!

都内の大学に通う女子大生です。4年生です。大学1年生の時から信販会社で事務・営業の仕事をしています。だから金融のことに関してはすごく敏感です。クレジットカードも複数枚持っていて、普段からよく使います。

【質問】いつからクレジットカード持っていますか?

18歳(大学1年生)の時から持っています。

【質問】クレジットカードを使う最初の頃、不安・怖かったことはありますか?

最初の頃はやっぱりカードで物を買いすぎて、払えないんじゃないかと不安になりました。人生で初めてカードで買い物をした後、こんなにスマートに買い物ができてかつ財布の中のお金も1円も減ってない。「魔法のカードだ!」って思って、何でもかんでもカードで買っちゃってました。

一番最初に持ったクレジットカードの限度額は10万円だったけど、結構限度額いっぱい使っちゃって、次の月の支払い日まで焦ったのを覚えてます。その時は「お金を借りてる」っていう感覚はなくて、後で冷静になった時、この感覚は怖いなって感じました。

あとはカードの支払い方法が、初期設定でリボ払いになっていたのに気付いてなくて、自分が使った額より低い請求が来た時も怖くなりました。そもそもリボ払いがなんなのかすらよくわかんなかったし、無駄に手数料とか取られていて「何コレ?」って思ったのを覚えてます。

でも、しっかり明細を見ていたので初月で気づくことができました。

【質問】クレジットカードを使いなれた頃、思ったより良かったことはありますか?それは何ですか?

1つ目は、事前にキャンペーンとかにエントリーしておけば、ポイントがたくさんもらえることです。

クレジットカードを持った頃はポイントとかあまり意識しないで使ってました。でも、複数枚カードを持つようになって、最もポイントがたまる方法でそれぞれ使い分けるようになってから、めちゃくちゃポイントがたまるようになりました。そうすると次の買い物の時に、例えば楽天カードであれば1ポイント=1円として楽天で使えるのでお得に買い物できます。

2つ目は、代引き手数料だったり振込手数料がかからないことです。

クレジットカードを持つまでは、ネットで買い物しても代引き、もしくは銀行・コンビニ振込とかを選んでたけど、支払いの時に手数料がかかるんですよね。それがもったいないっていつも感じてました。でもネットで買い物してもカードで支払うようになって、決済の手数料もいらないし、カード支払いだとすぐに取引が成立するので、入金確認とか必要なく、買ったものもすぐに発送してもらえる。これが本当に便利だなと思いました。

【質問】具体的な券種、何を持ってますか?

【質問】中でもメインで使っている券種と、その理由は何ですか?

メインで使っているのは楽天カードです。その理由は、楽天カードのブランドはJCBにしたんですが、日本で買い物するときに、クレジットカードが使える店でJCBが使えない店ってほとんどないからです。国内で最も利用できるブランドがJCBだからです。

また、楽天市場でコンタクトや生活用品を買うのでポイントがたまりやすく、次に楽天市場を利用するときに1ポイント=1円として還元してもらえるからです。

【質問】クレジットカードの年間・月間の利用額はいくらですか?

だいたい月に7〜8万円くらい使います。たまに多かったり少なかったりしますが、年間100万円くらいですかね。

※学生さんの中では多い方ですね。自由に使えるお金も多く、クレカ決済の比率も高いイメージです。さすがです。

【質問】利用額が多い月・少ない月は?

もちろん利用額が多い月と少ないと月があります。多い月は、海外旅行で使ったり、大学とは別に専門学校の学費を払ったりして30万円の限度額MAX使うこともあります。基本少額の買い物は現金で買っちゃうので、洋服や高い化粧品などを買わなかった時は1万円くらいしか利用額がいかない月もあります。

【質問】どんな決済にクレジットカードを使ってますか?

私は基本、服・靴・化粧品を店頭で購入するとき、そして商品にかかわらずネットショッピングをするときに使います。エポスカードを持っているので、マルイでの買い物は絶対エポスカード。ルミネカードも持っているので、ルミネで買い物するときはルミネカードを使います。
 

【質問】クレジットカード利用で決済以外に便利なことや、使いこなしている特典はありますか?

クレジットカードの便利なところは、情報を登録しておけば、実際にカードを持っていない状態でも使えることです。例えば、私は地方から大学進学と同時に上京してきて現在姉と2人で東京で生活をしているんですが、日用品はどっちが購入するとかで結構揉めます。そこで日用品に関しては両親に負担してもらっているんですが、母親のクレジットカードが私のスマホ上に登録されているので、口座にお金を振り込んでもらうとかそういうやりとりもなく商品を購入できます。

また、母親側でもカード利用があると通知されるシステムになっているので、私が事前に報告無しで母のカードで決済しても、「知らないうちに使ってた」ということはありません。

また、特典に関しては、ルミネで買い物の際にルミネカードを利用すると5パーセントオフ、年に数回10パーセントオフになるのでよく利用します。いつでも5パーセントオフなので、消費税分にはならないですが結構お得です。使いこなしてるつもりです。

【質問】クレジットカードの審査に落ちたことはありますか?

あります。1度プランタンGINZAのクレジットカードを作ろうと思って申し込みましたが、審査に通りませんでした。理由としては、もちろんカード発行元に聞いても教えてくれませんが、バイト先の上司になんとなく話してみたら「限度額オーバーじゃない?」って言われたので、多分それが理由だと思います。カードの支払いで1回も遅れたことないはずなので、支払い実績が悪いっていうのは考えられません。

ただ、今持っている5枚のクレジットカードの限度額を合計すると、100万円なので、これ以上利用の枠を広げると支払えないだろうと判断されたのだと思います。

【質問】大学1年生にオススメできるカードは何ですか?

大学1年生だと、多くの人は初めて持つクレジットカードということになると思います。そういう前提で私がオススメしたいカードは、「三井住友VISAカード」です。私も1番最初に作ったカードがこれでした。

このカードのいいところは、日本で初めて発行された、もっとも実績のあるド定番のカードであることです。発行枚数が多くサポートもしっかりしてます。また、学生の場合は在学中は年会費がかからず海外旅行の保険も付いているので、安心です。さらに、結構便利なのが、電子マネーのiDが搭載できることです。コンビニ・スーパーなど現金を出す手間が省けるので、めちゃくちゃよく使います。おすすめです。

三井住友VISAカード系列の学生にピッタリのカード、デビュープラスをここから詳しく見てみる!

【質問】クレジットカードやお金に関する教育をもっとすべき、義務かすべきだと思いますか?

はい、思います。クレジットカードってすごく便利なものだと思いますが、決済した時点と支払う時点でタイムラグが生じるものなので、視点を変えれば「支払日までお金を借りている・借金している」っていうことになります。この感覚がなくなっちゃうと、私の最初の頃のように「魔法のカード」だと勘違いして、バンバン使っちゃって後で「支払えないかも」って焦っちゃいます。

クレジットカードは若いうちから持ってどんどん利用すべきだとは思いますが、仕組みや注意すべき点をもっと知ってもらうために、教育を義務化すべきだと思います。

※筆者も賛成です。なるべく正しい情報や保有・利用の方針をこういったウェブサイトで学べるようにはしていますが、検索でたどりつくユーザーがほとんどで、対象の若い人全員をカバーできるわけではありません。

【質問】自分が親だったら子供にクレジットカードは持たせる?どのように教育する?

私なら家族カードという形で持たせるべきだと思います。理由は、クレジットカードの悪い面を早い段階で理解させるためです。どんなに教育しても、クレジットカードで物を買った時にお金が減らないっていう感覚にハマらない人ってなかなかいないと思います。誰しもが1度は「カード使いすぎた」っていう経験をします。だったらその経験を早い段階でしといて、支払い能力以上のお金を例えば後から分割で払うとか、リボで払うとか自分でなんとかして完済する方法を学ばせた方がいいと思うからです。

ただ、未成年とはいえ使った分を払わないっていうのは最もいけないことだから、そこは家族カードを利用することで親が何をカードで買ったか、把握できる状態を作っておくのは大切だと思います。

【質問】彼氏や年上の男性、周りの友達が決済するとき、カードの券種を見る?気にする?

券種は目に入れば見ますが、特に気にはしません。ただ昔はすごく気にしてました。というのも昔夜の仕事をしていたので、お金持ちと接する機会がたくさんありました。自分も売り上げを上げるためには、よりお金持ちに気に入られる必要があったので、本当のお金持ちを見抜く上の1つの手段として券種を見ていました。

やっぱりある程度年齢がいっているのに、私が持てるような楽天カードとかで支払いしていたら、「この人見栄っ張りなだけで本当はお金持ってないんじゃないか」って疑ってました。その一方でやっぱりブラックカードやゴールドカードを持っている人とかを見ると、「お金持ってそう」って思っちゃってました。ただこれは年上の男性限定であって、学生の友達とか彼氏がどんな券種を使ってるかとかは全く気にしてません。

【質問】ブラックカード見たことある?

ブラックカードはいろんなブランドで見たことあります。さっきも言ったけど、夜の仕事をしていた時期があるので、JCBとかVISAのブラックカードなら割と頻繁に見かけてました。ただ、つい先日初めてAMEXのブラックカードを間近で見ました。年会費35万円らしいです。さすがにこれはびっくりしたし、普段の生活だったらもうなかなか出会えないかなって思いました。ただそこまでの年会費を払ってまで得られる特典があるのかなとは思いましたけどね。

※アメックス センチュリオン – 年会費35万円(税抜・2016年9月時点)日本でも所有者は本当にすくないカード。コンシェルジュに電話すると、本当になんでもやってくれるとか、くれないとか。

【質問】最後に一言お願いします!

私は信販会社の審査部門でアルバイトをしているので、1度でも支払えないことがあるとその人の信用情報に傷がついてしまうことは重々承知しています。

だからこそクレジットカードを使いすぎることはないし、払わないなんてことは絶対にありえません。でも知識の薄いままクレジットカードを所持してしまうと、本当に「魔法のカード」っていう錯覚に陥っちゃいます。これは脅しとかじゃなく私も経験した本当の話です。

そしてカードを使いすぎて払えなくなって、また新しいカードを作ってキャッシングして。それも限度額いっぱいになるとまた新しいカードを作って。そうやって自己破産している人、審査をしててたくさん見てきました。だからこれからクレジットカードを持つ方にはぜひぜひ有効活用してほしいけど、「お金を次の支払日まで借りている」っていう感覚を忘れずにいてほしいなって思いますね。

ありがとうございました!

今回は、
「19歳で倒産に追い込まれた忙しい女子大生のおしながき」のあずあずさん
URL:http://www.1919az.com/
に寄稿をいただきました!ありがとうございます!

ぜひ、いろいろな人からの経験談、インタビューを集めて掲載していきたいなと思っています!ふつうの学生とはちょっと違う経験談をお持ちの方、特に海外でのクレジットカード利用経験がある方からのお問い合わせ、お待ちしておりますm(__)m