ApplePayの使い方・対応クレジットカードまとめ!コンビニ・駅での使い方・安全性・Suicaチャージ方法なども!【学生は今から使うべし!】

対応カードが揃った今、ApplePay使わないのは大損!?コンビニや駅での使い方・安全性・Suicaチャージ方法など網羅的にまとめました!【学生は今から使おう!】
Apple Pay – 公式サイト

▼大変長い記事になっていますので、目次からお目当てのコンテンツを見つけて読んでみてください^^

この記事のもくじ

Apple Payをざっくり解説

2016年10月から日本でもサービス開始をしたApple Pay(アップリペイ)、今ではその名前を知らない人はいないと思います。財布からお金を出さずにコンビニなどで決済したり、Suica機能で改札を通過したりということがiPhone1つでできるようになりました。

しかし、意外と詳しくは知られてないApple Pay。今までのおサイフケータイとどのように違うのか、どうやって使うのか、どのカードが登録できるのか、いろいろ疑問があるでしょう。今回はこのApple Payを徹底的に検証してみましょう。

Apple Payで使える電子マネー / クレジットカード / 交通系マネーは?

Apple Payは、それ自体が決済機能を持っているわけではなく、カードや電子マネーをApple Payに登録することにより利用可能になる機能です。

 

  • Docomoが提供しているiD
  • QUICPay及びQUICPay+
  • 交通系電子マネーのSuica(PASMOやICOKAなどとの相互利用が可能なものを含む)

での決済が可能です。

この3つの決済方法で、国内の多くのお店で買い物ができますので、ちょっとした買い物であれば、財布を持たずにiPhone1つですべて完結ができ、かなり楽ですね!

現に筆者は、すでに日常では財布をほぼ持たず、iPhoneとクレジットカードが2枚ほど入るカードケースだけで生活をしています。

もはやiPhoneが財布です。

さて、Apple Payでは、対応をしていない電子マネーも存在します。例えば、現在楽天が提供しているのEdyや、セブンイレブンのnanaco、イオンのWAON、ローソンのPONTAなどは未対応となっています。

今後、もっと多くの決済方法が対応していくといいですね!

ポイント!

Apple payで使える電子マネー / クレジットカード / 交通系マネーは

  • iD決済
  • QUICPay / QUICPay+決済
  • Suicaのような交通系電子マネー
  • の3種類

Apple Payに対応をしているコンビニ / お店、通販サイトは?

  • Apple

Apple Payに対応をしているお店:スーパーマーケット

  • Apita / ピアゴ
  • AEON(イオン)

Apple Payに対応をしているお店:家電 / エレクトロニクス

  • EDION(エディオン)
  • コジマ電気
  • Joshin
  • ビックカメラ
  • ソフマップ
  • ヨドバシカメラ

Apple Payに対応をしているお店:コンビニエンスストア

  • セブンイレブン
  • ファミリーマート
  • サークルK
  • サンクス
  • ローソン
  • ミニストップ

Apple Payに対応をしているお店:ガソリンスタンド

  • ENEOS
  • Express
  • Esso
  • Mobil
  • ゼネラル

Apple Payに対応をしているお店:タクシー

  • 日本交通

Apple Payに対応をしているお店:ライフスタイル

  • 蔦屋書店
  • JR系列
  • サッポロドラッグストア
  • ココカラファイン
  • TSUTAYA
  • ユニクロ
  • マツモトキヨシ
  • 札幌ドーム広場

その他多数

Apple Payが使えるお店一覧

Apple Payに対応をしているアプリ

  • Apple
  • BASE
  • giftee
  • SBI損保の自動車保険
  • GU
  • 全国タクシー
  • じゃらん
  • 出前館
  • TOHO CINEMAS
  • Minne
  • Yahoo!Japanショッピング
  • ユニクロ公式アプリ

Apple Payが使えるアプリ、ウェブサイト

※参考:Apple公式サイト

上記以外でも、ガソリンスタンドや家電量販店や飲食店の多くは決済方法として使用できますので、次に書いていく目印を探して決済してください。

Apple Payが使えるお店の目印は?使える / 使えないを判別する方法

Apple Payが使えるお店かどうかの目印として、以下のマークがレジで確認できれば、使用できます。

Apple Payの対応機種、対応OS。Androidで使える?

筆者が経験している範囲では、Apple Payは、iOS9以降のOSで利用ができています。

しかし、こちらは昔の情報となっており、現在はわかりません。Appleの公式サイトでは、常に最新のOSにアップデートして使ってほしいとの記載があるため、最新のOSへアップデートしてから利用しましょう。

Apple Payに対応している機種は以下です。

  • iPhone XS
  • iPhone XS Max
  • iPhone X
  • iPhone 8
  • iPhone 8 Plus

下記の機種も対応はしていますが、日本国内で販売された iPhone 7、iPhone 7 Plusのみが対応しているものとなっておりますので、ご自身のiPhoneがどこで販売されたものかを確認した上でお使いください。

  • iPhone 7
  • iPhone 7 Plus
  • iPhone 6s
  • iPhone 6s Plus
  • iPhone 6
  • iPhone 6 Plus
  • iPhone SE
ポイント!

  • Apple Payを使う場合、OSは最新のものにアプデしよう!
  • 基本的にiPhone8以降の機種でしかApple Payは使えない
  • 例外として国内販売のiPhone7 / 7Plusは対応している

各種決済方法をApple Payに登録する方法

Apple Payに対応しているクレジットカードを用意し、登録する

Apple Payにクレジットカードを登録する方法は以下です。

  1. Walletのアプリを開きき、画面の右上にある「+」ボタンをタップします
  2. クレジットカードをスキャンします
  3. カード情報(名前、カード番号)を入力
  4. カード情報(有効期限、セキュリティ番号)を入力
  5. 利用規約に同意
  6. カード追加中画面
  7. 登録完了!

上記の作業を行えば、複数カードを登録することができます。

なお、現在1つのデバイスに対し、最大8枚のカードがご登録できますが、iPhone8、Apple Watch Series3及び以降に発売されるデバイスでは最大12枚まで追加可能です。

交通系電子マネー(Suica)の支払いをApple Payで行う場合、Suicaカードを登録する

Apple PayにSuicaを登録する方法は以下です。

  1. Wallet App を開きます
  2. 画面の右上にある「+」ボタンをタップします
  3. 「次へ」をタップしてから、「Suica」をタップします
  4. プラスチックカードの裏面に記載されているカード番号の下 4 桁を「カード番号」欄に入力します
  5. ※My Suica (記名式) や Suica 定期券を追加する場合は生年月日 (これらのプラスチックカードを購入した時に入力した生年月日) を入力してください。「次へ」をタップして利用条件を読み、同意する場合は「同意する」をタップします。

  6. iPhone の上部をSuicaカードの中央部の上に置きます

  7. ※しばらく iPhone を動かさずにカードの上に置いたままにしておいてください。残高の転送が完了するまで数分かかる場合があります。

  8. 登録完了!

もしもSuicaを持っていない場合は、Suicaアプリから新規でモバイルSuicaを発行します。

Apple Payを使った、お店 / 改札での支払い方法

SE/iPhone 7/7Plus/8/8 Plusで Suica以外のApple Payの決済方法で支払う場合

まず、どの決済方法を使ってApple Payで支払うのか(iD、QUICPay、交通系マネーなど)を店員さんに伝えてください。

注意!

「ApplePayで!」ではダメ。登録した方法の中の支払い手段を選んで(たとえばSuicaで払う場合)「Suicaで!」と伝えましょう。

多くの場合、レジ側にどの決済方法で支払うのかを選択できる機械があり、そこで店員さんがリーダーの準備をしてくれます。

ホームボタンをダブルクリックし、決済を行う対象のカードを選択してください。再度ダブルクリックすると、切り替えができます。

クレジットカード決済をApple Payでする場合は、対象のカードを選択後、リーダーの上にかざしながら、ホームボタンの指紋認証を行ってください。

SE/iPhone 7/7Plus/8/8 Plusで Suicaで支払う場合

決済方法がエクスプレスカード設定のSuicaの場合、ただリーダーにかざすだけで決済が完了します。

もしもエクスプレスカード以外のSuicaで決済をする場合は、ホームボタンをダブルクリックすると切り替えができます。

改札を通りたいときは、基本的にエクスプレスカード設定をしていれば改札のリーダーにiPhoneをかざすだけで決済が完了します。

iPhoneX以降の機種で Suica以外のApple Payの決済方法で支払う場合

まず、どの決済方法を使ってApple Payで支払うのか(iD、QUICPay、交通系マネーなど)を店員さんに伝えてください。

多くの場合、レジ側にどの決済方法で支払うのかを選択できる機械があり、そこで店員さんがリーダーの準備をしてくれます。

リーダーにかざす前に、横の電源ボタンをダブルクリックしてカードを選択し、顔認証をした後にリーダーにかざしてください。

1. 電源ボタンのダブルクリックでカードを選択

2. 顔認証画面

3. 顔認証が完了し、決済可能な状態

こんなに簡単です!対応機種のiPhoneを持ってるのに、こんなに便利な機能を使わない人はもったいないですよ~!

iPhoneX以降の機種で Suica以外のApple Payの決済方法で支払う場合

iPhone Xの場合でも、iPhone7や8の場合と同様に何もせずともエクスプレスカード設定Suica決済が行われます。

もしもエクスプレスカード以外のSuicaで決済をする場合は、電源ボタンをダブルクリックすると切り替えができます。

Suicaのエクスプレスカード設定が便利

Suicaのエクスプレスカードとは、

改札やお店でSuicaでの支払う場合にリーダーにスマフォをかざすだけで決済が自動的に行われるSuicaカードの設定

のことです。
Apple PayにSuicaを追加した場合、基本的にそのSuicaがエクスプレスカードとして登録されます。

Suicaを複数枚Apple Payに登録をしている場合、以下の方法にてエクスプレスカード設定を変更することができます。

  1. 「設定」→「Wallet と Apple Pay」の順にタップします
  2. 「エクスプレスカード」をタップします
  3. 新たにエクスプレスカードにしたい Suica を選択してから、Face ID、Touch ID、またはパスコードで認証します
ポイント!

 

  • iPhone7~8の機種の場合、指紋認証で支払いを行う
  • iPhone X以降の機種の場合、顔認証で支払いを行う
  • SuicaのエクスプレスカードはリーダーにiPhoneをかざすだけで決済ができて便利

Apple Payを使ってアプリやウェブサイトで支払う場合

Apple Payはお店や改札での利用以外にも、アプリやウェブサイトで使うことができます。


通常のクレジットカード決済と比較して、Apple Payを使うメリットして:決済ごとに、面倒な個人情報 / クレジットカード情報を入力する手間がなくなるというのがあげられます。

クレジットカードの情報入力、本当に面倒ですよね…

郵便番号、住所、名前、電話番号、カード番号…これらを一気に、しかも簡単に入力できて決済ができるのがApple Payです。

では、どのようなアプリやウェブサイトでApple Payは使えるのでしょうか?

数に制限はあれど、一部アプリ内での決済をApple Payか通常のクレジットカード決済かを選択できるアプリやウェブサイトがあります。

アプリ内の決済をApple Payで行う場合

Apple Payが使えるアプリ一覧
https://itunes.apple.com/jp/story/id1279036881

使い方は簡単で、Apple Payマークをタップして、iPhone SE/iPhone 7/7Plus/8/8 Plusの場合はホームボタンに指をおいて指紋認証での決済、iPhoneX以降の機種の場合は横の電源ボタンをダブルクリックして顔認証を行い、決済を完了させましょう。

1. minneの場合、アプリ内にこのようにApple Payボタンが表示されています

2. Apple Payマークをタップし、ホームボタン / 電源ボタンをダブルクリックして購入する

ウェブサイト内の決済をApple Payで行う場合

Apple Payが使えるウェブサイト一覧
https://itunes.apple.com/jp/story/id1279036881

ウェブ決済でも、同様です。最近ではECサイトを中心に、Apple Payを決済方法の1つとして導入しているところが多くなってきています。

1. ユニクロの場合、SafariでウェブサイトにアクセスするとこのようにApple Payボタンが表示されています

2. Apple Payマークをタップし、ホームボタン / 電源ボタンをダブルクリックして購入する

現在、Safariから導入しているECサイトを開けば、Apple Payでの決済を行うことができます。筆者が知ってる限り、どんどん海外を中心にApple Payを導入しているサイトが増えて生きているので、今後のさらなる増加に期待です。

Apple Payで使えるカードは?オススメのカードも教えます!

どうせApple Payにクレジットカードを登録するなら、お得なクレジットカードを登録しておきたいですよね?

ここでは当編集部オススメのクレジットカードをご紹介します!

Apple PayからSuicaへのチャージの際、使えるクレジットカードは?

Suicaへのチャージに関してよく質問があります。

Apple Payがサービスを開始した2016年当時、VISAカードはSuicaへのチャージができませんでした。当時筆者も、わざわざVISAの楽天カードを一度解約して再度Masterカードを再契約した記憶があります。

今回の執筆に当たり、再度調べてみたのですが、やはりVISAカード→Suicaチャージの対応はまだのようです。

現在、Apple Pay経由でSuicaへのチャージが可能なカードはJCB・MasterCard・アメックスの3種のみです。

VISAしか持っていない方は、Suicaアプリへのチャージを現金で行うか、JCB・MasterCard・アメリカンエクスプレスのいづれかのカードを作ってみることを検討するのがおすすめです。

Apple Payにオススメのクレジットカード

Apple Payで使うクレジットカード、筆者がおすすめするカードは以下です。

JCB CARD W★イチオシ★

JCB CARD W

年会費がずっと無料のカードでは最高クラスの実力。ポイント最大30倍のキャンペーン・20%キャッシュバックの同時開催中。今こそ、入会のベストタイミングです!

JCB CARD W
入会特典インターネット新規入会限定キャンペーン実施中。最大14,000円分プレゼント!
年会費(初年度) 無料
年会費(2年目~) 無料
ポイント還元率(通常) 1.0%
ポイント名:Oki Dokiポイント
ポイント還元率(最大) 3.5%
条件:加盟店での利用
発行スピード(最短)~3営業日
  • 付帯保険(海外旅行):○(利用付帯)
  • 付帯保険(国内旅行):-
  • 付帯保険(盗難保険):あり
  • 付帯保険(ショッピング保険):あり

他実施中キャンペーン:新規入会限定!最大ポイント30倍キャンペーン実施中。さらにJCBをApple PayまたはGoogle Payに登録し決済で20%キャッシュバックキャンペーン実施中!

JCBカードはSuicaへのチャージも対応していますし、また、入会3ヶ月は還元率が通常の倍の2.0%に。

Amazon/セブン-イレブン/スタバではさらに還元率も上がります。多くの方にオススメできます!

また、海外旅行傷害保険が利用付帯でついていて年会費無料。メインカードとしても頼もしく十分に活用できます。

三井住友VISAデビュープラスカード

三井住友VISAデビュープラスカード

超有名なブランド力・セキュリティに安心感があります。入会3ヶ月は還元率2.5%・通常でも還元率1.0%と普段使いで超お得なカードです。はじめてのクレカとして使いやすさで大人気です。最短翌営業日のスピード発行!過去最大級のキャンペーン実施中で、入会するなら今がベストタイミングです!

三井住友VISAデビュープラスカード
入会特典キャッシュレスプラン:新規入会&Vpassアプリログインで もれなくご利用金額の20% 最大12,000円プレゼント
年会費(初年度) 無料
年会費(2年目~) 条件付き無料
ポイント還元率(通常) 1.0%
ポイント還元率(最大) 2.5%
発行スピード(最短)~3営業日
モバイルSuicaを使わず、実店舗の決済のみで使い倒すのであれば三井住友VISAデビュープラスカードもお得です!

Apple Payのメリット / デメリット

ここまで、Apple Payの機能面や、どのようにしてクレジットカードを登録したり、決済の方法を説明してきました。

しかし、Apple Payのメリットやデメリットはあるのでしょうか?

Apple Payのメリットは?


実際に使用してみて、Apple Payはメリットだらけでした。

まず、決済が早い。Suicaのエクスプレスカードを登録しておけば、コンビニ、改札、自動販売機すべてがiPhoneをリーダーに触れさせるだけで決済が済みます。

この決済スピード、文字通り爆速でございます。

次に、財布を持ち歩かなくて良くなったので、荷物がかなり小さくなりました。日常生活であれば、ほぼほぼ手ぶらで外に出ても困ることはありません。

Apple Payのデメリットは?


あまりデメリットはないのですが、強いて言うならキャッシュレスに慣れすぎてしまい財布を持ち歩かなくなること。

急に現金のみの支払いを受け付けているお店にいったり、友達を割り勘を使用っていう場合は困ってしまう場合はあります。

しかし、割り勘に関しては個人間送金アプリのKyash・LINEPayを友達にもインストールしてもらい、現在はすべて解決しています。

ApplePay非対応のお店も減ってきましたし、自然と対応している店舗に多く行くようになるのでこの点ももうほぼ困ってはいません。

機種変更時のApple Payに関する注意

デメリットとは分けて記載しますが、機種変更の手間があるのは事実です。

iPhoneはだいたい1~2年の周期で新しい機種が出ているので、割と高頻度で機種変更をされる方も多いと思います。

当然、Apple Payに登録をしているクレジットカード情報やSuica情報も引き継ぐことができるので、ここではそのやり方と、Androidに機種変更をする場合の注意点を見ていきましょう。

iPhoneからiPhoneにする場合

iPhoneから別のiPhoneへ引き継ぎ場合、2種類の方法があります。

バックアップを取り、復元作業を行う

バックアップを取り、復元作業を行う手順は以下

  1. 古いiPhoneをパソコンにケーブル接続し、itunesを開く
  2. スマフォマークのボタンをクリックし、右下にあるバックアップのボタンをクリック
  3. 機種を変更する
  4. 新しいiPhoneをパソコンにケーブルで接続し、itunesを開く
  5. スマフォマークのボタンをクリックし、右下にあるバックアップ適用のボタンをクリック
  6. 完了!

2種目:iPhone X以降の機種で簡単に引き継ぎをする方法

iPhone X以降の機種で簡単に引き継ぎをする方法は以下です。

  1. 旧端末でiCloudにてWalletアプリを同期・バックアップしておく
  2. 新端末の電源を入れ、「クイックスタート」を選択し、「Apple IDを使用します」を選択後、表示された模様を旧端末で読み取る
  3. このプロセスで、旧端末と新端末も間でパスコードやWi-fi設定が共有されます

  4. 旧端末でイメージ画像を読み取ると、「旧端末のパスコード」と「Apple IDパスワード」の入力が求められるので、入力する
  5. 新端末でApple Payのクレジットカード登録画面を開き、今後新端末で使用するカードにチェックを入れる
  6. 完了!

AndroidからiPhone / iPhoneからAndroidに機種変更する場合

現在、AndroidにApple Payはないため引き継ぎ等はできないのですが、AndroidにはGoogle PayというApple Pay同様の決済サービスがあり、そちらを新規で使うことができます。

また、Suicaに関してはiPhoneからAndroidへ移すことはできませんが、AndroidからiPhoneへは下記の手順で移行することができます。

Q&A:【機種変更】フィーチャーフォン/Android端末から、iPhone/Apple WatchへSuicaを移行したい。

Apple Payに関するQ&A(よくある質問)

学生でもApple Payは使えるの?

学生でも、クレジットカードさえあれば、Apple Payは誰でも利用が可能です。

また、一部デビットカードでもSuicaへのチャージ等はでき、そこからApple payでの決済が可能です。

Apple Payのセキュリティは大丈夫?安全面は?

世の中に絶対はないので、100%安全とは言い切れませんが…

セキュリティですが、Apple Payのソフトウェア自体にセキュリティ機能が組み込まれてあるのと、iPhone自体にロック(Touch IDやFace ID、パスコード)がかかっており、二重でセキュリティ対策が行われています

もしもTouch IDやFace IDを設定していないのであれば、すぐに設定し、どうしても設定をしたくない、設定ができない場合は、パスコードを長いものにしてセキュリティの向上を行いましょう。

また、多くの方が気になるであろう個人情報の保護に関しても、Apple Payは万全です。

基本的にAppleはクレジットカードに関する個人情報を取得しませんので、Appleからの情報流出はないだろうと言えます

実際に、Appleの公式サイトに下記のような記載があります。

Apple Pay は個人情報保護の仕組みも万全です。Apple Pay で使われるクレジットカード、デビットカード、プリペイドカードの元のカード番号を Apple が保管したり入手したりすることはありません。Apple Pay でクレジットカード、デビットカード、プリペイドカードを使う際、個人を特定できるような取引情報を Apple が収集することはなく、決済はユーザ (利用者)、加盟店 (App 内や Web 上で支払う場合はその開発元)、カード発行元の三者間で完結します。

参考:Apple Pay のセキュリティとプライバシーの概要

iPhone、iPad、Apple Watchが紛失・盗難にあった際の対処法は?

iPhoneやiPad、Apple Watchを紛失した場合でも、「iPhoneを探す」機能で紛失モードに設定することで、簡単にApple Payの停止とApple Payのカート情報を削除することができます。

iPhoneをロック手順は以下

  1. WEBブラウザで「iCloud.com」にアクセス
  2. なくしたiPhoneで利用しているApple IDでサインイン
  3. 「すべてのデバイス」をクリックして、「紛失モード」を有効にするデバイスまたはロックするデバイスを選択
  4. 「紛失モード」または「ロック」をクリック

Apple Payからクレジットカード情報を削除する手順は以下

  1. WEBブラウザで「iCloud.com」にアクセス
  2. なくしたiPhoneで利用しているApple IDでサインイン
  3. 「設定」から「マイデバイス」をクリックし、Apple Payの登録があるiPhoneの順に画面を開く
  4. Apple Pay欄の「すべてを削除」をクリックして登録したカードを削除

Apple PayのSuicaの停止に関しては、別途Suicaの発行元であるJR 東日本のモバイル Suica コールセンター (050-2016-5005) に直接電話をして停止措置等を行いましょう。

海外では使える?

Apple Payでは、2017年9月22日から海外でのクレジットカード決済への対応を行っています。
対応している決済方法は

  • Mastercardが提供している「Mastercardコンタクトレス」
  • JCBが提供している「JCB Contactless」
  • アメックスが提供しているAmerican Express Contactless(旧・ExpressPay)

の3つです。

なかでもMastercardとアメックスはJCBに比べてより多くの店舗で決済が可能かと思われますので、まだこれらのカードを所有していない人はぜひ作っておくことをおすすめします。

iPhone・iPad・Apple Watchが電池切れのときは使える?

Apple Payで使われる通信方式のFeliCaに対応しているNFCチップは、iPhoneが供給した電力で動作するため、電源が入っていない状態ではシステムが稼働せず動作しません

Suicaの起動自体も、電源が入っていない場合は作動しませんので、電源が切れないように注意してください

※モバイルバッテリーを持ち歩くと便利です。

クレジットカードが有効期限切れになった場合は?

もしも新しいカードが届いた場合でも、カード番号や有効期限は変更できません。

これらは新しいカードが届いた時に自動的に更新されます。

ただし、カード発行元が自動更新に対応していない場合は、自分でカードを削除してから追加し直さなければならないことがあります。

支払い画面でエラーが出て使えない、決済できない場合は?

基本的に、Apple Payが動作しないときの多くは「通信ができないこと」が原因で発生します。

Apple Payで決済をする場合、端末 / アプリが登録をしているクレジットカード会社のサーバーと通信をして与信等のチェックをした上で、決済の許可を出しています。

つまり、ここの通信に問題がある場合、与信等のチェックができず、支払画面にエラーが表示されてしまう仕組み。

具体的な原因として、以下の3つが考えられます。

公衆Wi-fiに接続している

公衆Wifiとは、TOWN Wifi、FREESPOT Wifi、Japan Free Wifi等に代表される、街中で無料で接続ができるWi-fiのことです。

このようなW-fiは、基本的に会員登録をしたり、月額のプランに加入をしていないと使えないのですが、稀にお試しとして接続が可能になっている状態もあり(サービスによる)、過去に接続している人は勝手に再接続されます。

しかし、接続されていてもログインをしていなかったり、有効期限が切れている場合は、Wi-fiに接続はしているが通信ができていない状態になり、Apple Payがクレジットカード会社のサーバーと通信ができずに決済画面でエラーが表示されます。

Suica支払いの場合、通信を行わずとも決済ができるので問題ありませんが、QUICPay / QUICPay+での決済ができないと困りますよね。

これは以下の方法で解決できます。

解決方法

これの解決方法として、コントロールセンターを開き、Wi-fiを解除してください。

モバイル通信の場合は、問題なく決済できるはずです。

Walletアプリのモバイル通信がオフになっている

あまりないのですが、もう一つ考えられるのが、Walletアプリのモバイル通信を許可していない場合です。

先ほど書いたように、Apple Payでの支払いの際はクレジットカード会社のサーバーと端末 / アプリが通信をしています。

例え端末の通信がオンになっていたとしても、Walletアプリの通信が許可されていない場合、サーバーとの通信ができず、エラーが表示されます

解決方法は以下のとおりです。

解決方法

  1. 設定アプリを開く
  2. 「モバイル通信」の欄をタップ
  3. Walletアプリを開き、通信をオンにする

iPhoneのOSのバージョンがアップデートされていない

機種変更をした直後だったり、以前から使っている端末でiOSをアップデートしていない場合、そもそものOSがApple Payに対応していない可能性があります。

解決方法

Appleの公式サイトでも書いてあるのですが、iPhoneのiOSのバージョンを最新のOSにアップデートしてください。

Apple Payが使えるようになる以外にも、セキュリティの向上や、通信の改善等が行われる可能性があり、いい事満載ですよ!

Apple Payのビジネスモデルはなぜ実現できる?儲かるの?

Apple Payのビジネスモデルは、ユーザーがApple Payを使って決済をした際に発生する、決済手数料を主な収益源にしています。

ユーザーがお店やウェブ、アプリで購入をした際に、クレジットカード支払いを行うとお店には決済手数料というものが発生します。この決済手数料はカードの発行元等に対して支払われ、不正防止や、システムの運営費用に当てられています。

この一部をAppleはもらっていて、サービスが成立しています。

手数料の一部を取られるとなるとカード発行会社や、その他システム運用者にとってデメリットが発生していると思われるかもしれません。

ところが…Apple Payの便利さ、利用者の多さによって決済の総金額が増え、結果としてカード発行会社にも利益がより多く発生している(その期待がある)のです。

実際に、通常のクレジットカード決済よりも、Apple Payによる決済はかなりスピーディ。

Apple Payの利用者にとっても、今までかかっていた時間を節約できることにより、利用者、カード発行会社、Appleの3者にとってオトクなサービスとなっています。

Apple Payとおサイフケータイの違いって何?

Apple Payの決済方式は、Felica(フェリカ)というソニーが開発した非接触ICカード技術が採用されています。

今までのおサイフケータイと同じ技術であるため、Apple Payとおサイフケータイは技術という面では同じものと考えていいでしょう。

Apple Payの反応が悪い、反応しないときがある、原因と対策は?

先程の通信問題が解決してなおApple Payの反応が悪い場合は、リーダーとの接触がうまくいっていなかったり、そもそもかざすところが間違っている可能性があります。

例えば、以前のLAWSONではApple PayでSuica決済を行う場合は、端末側で反応があってもリーダー側で反応が起きるまでに少し時間がかかっていて、決済エラーが多く起きていまいした。

このように、リーダー側が遅い可能性があるため、確実に両方の端末で反応があったことを確認してください。

また、

iPhoneがリーダーの端末に正しく触れているかを確認してください。

位置がずれていると、正しくリーダーがApple Payを認識することができません。

顔認証 / 指紋認証の登録方法は?

Apple Payを使う上で、顔認証や指紋認証はかなり決済のスピードをはやくしてくれます。

顔認証・指紋認証は登録必須というわけではないですのが、設定していないと決済のたびにiPhoneのパスコードを入力しないといけなくなり、手間になってしまいます。

そのためにも、ぜひ顔認証 / 指紋認証を設定しておきましょう。

iPhoneX以降の機種で顔認証を設定する場合

Apple Pay で Face ID を使うには、iPhone または iPad で Apple Pay が設定されていることが前提です。
その上で、下記の手順を実行します。

  1. 設定アプリを開きます
  2. 「Face ID とパスコード」の箇所で「Apple Pay」がオンにします

SE/iPhone 7/7Plus/8/8 Plusで指紋認証を設定する場合

こちらも上記のiPhoneX以降の機種のように、iPhoneでTouch IDが設定されている必要があります。

  1. 設定アプリを開きます
  2. 「Touch ID とパスコード」の箇所で「Apple Pay」がオンにします

Apple Payにデビットカードは登録できるの?

現在、デビットカードをApple Payに登録することはできません。

したがって、そこからお店やネットで決済をすることや、モバイルSuicaへの直接のチャージはできません。

Suicaの公式アプリにデビットカードを登録し、そこからSuicaへのチャージをする方法があります。

ただし、モバイルSuica単体で、Apple Payを使わない場合には年会費955円+税が発生してしまいます。このやり方は割高な年会費がかかってしまいますし、わざわざデビットカードを使った利用は推奨していません

Apple Payで支払った際、明細書にはなんて記載される?

Apple Payで決済を行った場合、クレジットカードの明細にその履歴が反映されるまでに数日かかります。

明細への記載に関しては、明確に「Apple Pay」とは記されず、通常の取引内容が表示されます。クレジットカードと同様ですね。

Apple Payで支払った場合、リボ払いはできるの?

現在、お店でのApple Pay利用はお支払い方法 / 支払い回数の指定ができません

しかし、一部アプリ内決済やオンラインショッピングであればクレジットカード加盟店指定の範囲内で支払い方法が選択できる場合があります。例えばオリコカードの場合、利用後にリボ・分割・スキップ払いが利用できます。

QUICPay / QUICPay+の決済金額に上限はあるの?

QUICPayマークのみのお店の場合、クレジットカード決済では2万円(税込) / 回まで利用できます。

QUICPay+マークのお店の場合は、2万円(税込)以上の高額利用も一回あたりできます。

Suicaの上限チャージ金額は?

現在、モバイルSuicaの上限チャージ金額は2万円 / 枚までチャージができます。

また、1回にチャージできる上限金額は1万円までです。
Apple PayでのモバイルSuica、1回にチャージできる上限金額は1万円までです。

まとめ

2016年の登場時、まだ世間でも普及が進んでおらず、各社キャンペーンを行ってがんばっていたのが懐かしいです。

3年経った今、すっかり普及してiPhoneユーザーの多くがキャッシュレスな生活を楽しんでるのを街中でよく見かけるようになりました。

情報感度が高く、比較的新しいものに抵抗がない若い人から、こうった流れを作れると今後もキャッシュレス化は進んでいきそうですね!

Apple Payまとめ
 

  • iPhone8以降なら迷わずApple Payを使おう
  • 登場から3年、普及してかなりの数の店舗で使えるように
  • 対応クレジットカードも充実!
  • Suicaを設定して駅改札もスイスイ通ろう
  • 紛失時対応・使えない時の対処法を知っておこう

「この記事、参考になった!」と思っていただけましたか?

▼ぜひブクマ・シェアお願いします!

周りの方・ご友人が悩んでいる時にもぜひ教えてあげてください。m(_ _)m

運営者プロフィール

学生クレカ管理人

学生クレカ管理人

自分が大学生・未成年時代のお金・クレジットカードの失敗経験をもとに、同じ失敗をする人・クレジットカードについて悩む人を一人でも減らしたいという気持ちで当サイトを6年以上運営しているクレジットカードの専門家。

 

100枚以上のクレジットカードを比較検討し、累計19枚のカードを所有してきた(大学生の頃は6枚所有)。マイルを累計20万以上保有。航空券をほぼ無料にし、ふらっと旅行に出かけるのが趣味。Amazonでのお買い物も累計30万円分以上、ほぼポイントで済ませている。

 

カード会社幹部や広報部・外部の専門家ともつながりがあり、常に知識をアップデートしている。

 

これからも、少しでもわかりやすい記事を届けられるように努力していきます!

 

▼ブログランキングにも参加しております。当サイトの思想に共感いただける方は、ポチッとおねがいしますm(_ _)m(タップ1回で投票完了します)

 

▼注目コンテンツ!

▼LINEでの相談も、気軽にどうぞ!

かんたん検索でクレジットカードを選ぶ!自分にピッタリなカードが「ズバッと」見つかる人気ランキングからクレジットカードを選ぶ!

自分にピッタリのクレジットカードの選び方がわからない方は、基礎知識・おすすめカードの選び方が一気に学べるトップページをぜひ見てください。→ https://学生クレジットカード.com

失敗しないクレカ選びのポイント!