2016年 3月 の投稿一覧

本当に初めて使う人へ!:店頭・ネット通販でのクレジットカード使い方・注意点・サインの仕方まとめ

c0501

初めてクレジットカードを使う時

 
クレジットカードをお店やネット通販で作ったけど、どうやって使うのかよくわからない。どのタイミングでいえばいいかよくわからない。そんな皆さんへ初めて使うクレジットの使い方についてご紹介します。

カードを使う前に・・・

カードが到着したらすぐにでもカード裏面にボールペンやサインペンでサイン記入することをおすすめします。サイン未記入の状態で盗難などに遭ってしまうと、カード会社による補償が受けられません。サインは、アルファベットでも漢字でも構いませんが、普段書き慣れた漢字で書くのが無難です。次から、ショッピングで利用する場合の使い方を紹介します。

まずはロゴを見つける

世の中のお店や飲食店ではクレジット決済が可能なお店が年々増えてきています。まずはそのお店はクレジットカードが使えるかどうかを確認する必要があります。よくお店の店舗にはステッカーや小さい看板が置いてあることも多いと思います。

たまにレジのカウンターやお店の入り口にVISAMASTERと書いてあるロゴがついている物をみかけませんか。そのロゴがある所は使用できます。中にはロゴが書いていないお店もありますのでその時はお店の方に聞くか、またはレジの周りにはクレジットカード専用の機械が置いてあるお店もあります。そういったお店は利用する事ができます。

クレジットカードを利用できる店舗として、例を挙げると、セブンイレブンやローソン、ファミリーマートなどのコンビニ。デニーズ、ガスト、ロイヤルホストなどのファミリーレストランや居酒屋などの飲食店。紀伊國屋書店などの書店でも利用することができます。また、学生にも人気のあるスターバックスコーヒーやユニクロでも利用する事ができますよ。

お店の方とやりとりする時

品物を購入し、または飲食後のお会計の時に現金を出す時と同じようにクレジットカードで支払いますとお伝えください。この時に一部を現金、残りをクレジット決済するというポイントのような使い方はできませんのでご注意ください。クレジットカードをお店の方へ渡すとお店の方が手続きをします。

そして、暗証番号を入力してください。と言われますので予めクレジットカードに登録した4ケタの暗証番号を入力してください。そのあと、機械の右下に確定というボタンがありますのでそちらを押してください。

お店の人に機械を返すと、数秒してからレシートが3枚でてきます。1枚は皆さんの控え、1枚はお店の控え、1枚はカード会社の控えとなっています。そしてお店の人から金額が合っているかどうかと支払回数に間違いはないか確認してください。と言われます。確認してみて間違いがなければ終わりです。

また、暗証番号を忘れたり、暗証番号が使えない機械であれば、出てくるレシートに間違いがなければサインしてください。と言われますので、クレジットカードの裏面に記載した自分の名前を自署してください。そしてお店の方からクレジットカードとお客様控えのレシートとクレジットカードを受け取ってください。

これで支払いは完了しです。

インターネットでのクレジットカードの使い方

インターネットでも、購入したいお店のトップページにクレジット決済が使えます。と書いてあったり、VISAやMASTERのロゴが入ったりしているお店もあると思います。またお支払い方法をサイトで確認すると、クレジットカード決済と記載があるお店もあります。基本的にインターネット通販の場合はそのお店にクレジットカードが使えると書いてなければ使えないのでその点は店舗でのお店とは異なります。またお店では使えても、そのお店がインターネットサイトを持っていない場合ではインターネットでのクレジットカード決済はできませんのでご注意ください。

お買いものかごなどで商品を選択し、最後に発送先の住所や決済方法を選択する画面が出てきます。その時はクレジット決済を選択してください。クレジット決済を選択しますと、クレジットカードの番号と有効期限と名前をアルファベットで入力します。場合によってはセキュリティ番号という、クレジットカードの裏面に記載されている番号を入力してくださいと言われます。このセキュリティ番号がお店で商品を直接購入する時のような暗証番号の役目を果たしていて、クレジットカードの安全をまもっています。全て入力すると次の画面へ進み、そのまま入力をすると購入は完了です。

また、このときカード認証の関係で送信に時間が掛かる場合があります。遅いからといってイライラして決済ボタンを複数回クリックしてはいけません。クリックした分だけ決済が行われてしまいますので注意してください。

暗証番号にしてはいけない番号ってあるの?

いくら覚えやすいからといって、自分の誕生日やそれ以外にも、推測されやすい番号は防犯上、好ましくありませんので、出来る限り使わないようにしてください。

自分の誕生日

言うまでもありませんが、自分の誕生日を4桁にした数字はもっとも推測されやすく、なおかつ一番使われている暗証番号形態なのでおすすめできません。カード会社の中には、誕生日番号だと暗証番号として認めないケースもあります。

携帯番号の下4桁

これも同様です。これらの番号を設定している方は多いので、悪意のある第三者にかかれば、このくらいの暗証番号であればすぐに破られてしまいます。

固定電話の下4桁

同様に人気なのが実はこれなんです。自宅電話番号の下4桁を暗証番号に設定しているという方。確かに覚えやすいというか、忘れないですが個人情報と同時にカード番号が流出した場合には、一発でアウトです。下4桁でなくても、電話番号に使われている数字を使うのはおすすめできませんね。

クレジットカードは3回間違えるとロックがかかる!

クレジットカードの場合、暗証番号はだいたい3回間違えると自動的にロックがかかる仕様になっています。ですから、上記3つを使っていた場合には、3回の入力以内に暗証番号を破られてしまいます。いくら覚えやすくても、多くの方が利用しているであろうこれらの暗証番号だけは、絶対に利用しないようにしてください。逆に、自分でも暗証番号を忘れないようにしてくださいね。

暗証番号を覚えてなくてもカードは使える

ちなみに暗証番号を覚えてなくてもクレジットカード払いは問題なくすることができます。店員さんに対して「暗証番号ではなくサインによる支払いに切り替えてください」と伝えれば、暗証番号の入力をやめ、サインによる支払いに切り替えることが出来るので、そちらを利用してもらえればと思います。

なぜお店では暗証番号を入力したり、サインしたりするの?

以前のクレジットカードは磁気式の為、偽造ができたりしやすく、本当にその人が申込をしたかどうかよくわからない事も多かったのですが、最近はICチップ型導入によりレシートにサインする必要がありません。暗証番号を忘れた時はサインをする事もありますが、基本的にはサインすることも減っていると思います。(決済金額にもよります)。

また、最近はあまり見ませんが、クレジットカードは端末を通している間にこの方のクレジットの枠は大丈夫なのか、という電子承認を行っていますが、昔はそんなことができなかったので、クレジットカード会社に電話して、カード番号と購入する金額を言って購入できるかどうか確認していました。そのような時は手書きで購入金額や購入店舗が書かれており、それにサインしているという事もありました。今でも導入している店舗は一部あります。

芸能人気どりでサインをしてみる?

サインはクレジットカード裏面と同じ名前でサインをするのが原則です。またクレジットカードは家族であっても他人に貸出することは禁止されています。そのため、サインには購入した人が本当にその金額で買ったよという確認する意味も込められています。

一部法人の契約名義の場合は使用した人の個人名を書くケースもありますが、最終的に何かトラブルが合った時に本当にサインしているかどうかで契約が成立しているか、していないかを示す事があります。

クレジットカードでの支払いは手数料がかかる?

カード払いでは、お店とわたしたち消費者との間にカード会社が入るので、「 現金で支払うのとは違い、何か手数料が必要になるのでは?」と思われるかもしれませんが、支払い方法が1 回払い(一括払い)であれば手数料は必要ありません

また、カードを使うと支払いを先送りにすることになるので、金利がかからないか不安を抱く方もいるかもしれませんね。しかし、この場合も同様に、支払方法が 「1 回払い」であれば金利もかかりません。つまり、クレジットカードの1回払い現金で買い物をするときと同じ金額になります

しかし、支払方法を「分割」や「リボ払い」にすると若干話は変わってきます。ちなみに、分割やリボ払いというのは、家を買うときのローンと同じようなものなので手数料金利が付きます。そのため、高額の買い物をするときにどうしても分割でないと困るというとき以外は利用しない方が無難です。その方が損をしませんからね。

支払い方法にはどんなものがあるの?

初めてのことだらけでわからないと思うので、支払い方法の違いについてもまとめました。基本的に、以下の5種類の支払い方法に分かれます。高額の買い物をする際や、銀行口座にお金がないときは、負担を分散できる分割やリボルビング払いなどを利用すると良いかもしれません。ただし、この場合は金利や手数料が発生するので、必要なとき以外は1回払い(一括払い)で支払うことをおすすめします。参考になれば嬉しいです!

1 回払い(一括払い)

翌月に1回払いで支払う方法で「 一括払い 」とも言われます。金利はかからず、現金で支払うのと同じ金額で買い物ができます。普段の買い物では、この方法で支払うことをおすすめします。

分割2回払い

基本的に2回分割までは金利も手数料もかかりません。ただし、一部のカードではかかるかることがあります。損をしないためにも、事前に確認しておきましょう。

ボーナス 1 括払い

夏や冬のボーナス月に一括で支払う方法です。基本的に金利と手数料はかかりません。社会人になったら、大きな買い物のときに利用することもあると思います。とても便利なので覚えておきましょう。

分割 3 回払い以上

「3回払い~36回払い」と段階が分かれています。3回払い以上になると金利や手数料が発生してきます。

リボルビング払い ( リボ払い )

月々の支払い額を ほぼ一定にする支払方法です。たとえば、3万円のものを買って、リボルビング払いの「ひと月3,000円」というのをを選ぶと、毎月3,000円だけ口座から差し引かれます。リボルビング払いのときも金利や手数料が発生します。使える期間はカード会社ごとに設定されているので確認してみましょう。

気をつける事

実際にある事ですが、金額をよく確認しないでサインをして明細書を確認したら0が一つ多かった事や2回払いを指定したのに、1回払いになってしまったなどのトラブルがありますと、お店へ行きそのカードを持っていかないと修正がききません。

例えば、旅行先でよく見ていなくてサインしたら実は想定した金額以上だったという事もありえます。その際は一旦クレジットカードをお店へ持っていってからキャンセルの手続きをして再度正しい金額でやり直します。なかなかお店へ行けないと、クレジット会社は当初の予定通りにその金額で一旦引落をしてしまいます。安易にサインや暗証番号は入力せず、必ず確認しましょう。

[三井住友VISAデビュープラス]
[JCBW]

学生のうちから勉強したい、クレカ・ポイントモールで日々・月々の出費を減らす節約方法徹底まとめ

学生でもこれだけはおさえておきたいクレカの節約技:「ポイント」と「ポイントモール」

クレジットカードでお得に生活するには必ずチェックしたいのが、「ポイント」と「ポイントモール」。ポイントは頑張って貯めてるよ!という方でも、ある技を使うとクレジットカードのポイントが二重・三重に獲得できるということまで知っている方は少ないのではないでしょうか。また、忘れてはいけないのが「ポイントモール」の爆発的なポイント加算プログラム

ネットでお得にショッピングをするなら必須の技ですが、意外と利用している方が少ないようです。ここでは、そんなポイント倍増のお得技とポイントモールについて解説いたします。

いつもの買い物でポイント2倍!?クレカのポイント二重取りについて

クレカでポイントが二重取りできるということはご存知でしょうか。実は、クレジットカードの使い方によっては、一度でクレカのポイントとTポイントなどの共通ポイントのポイントが二重に(場合によっては三重に!)取れてしまうんです。

これは学生のうちからでも知っておきたいポイント術ですよね。

ちなみにやり方はとっても簡単。まずは電子マネーのedy、nanaco、waonなどを用意します。これらのカードはお金をチャージしてお買い物に利用するタイプのカードですが、このチャージに現金ではなく、クレジットカードを利用します。そうすると、チャージしたときにクレカのポイント、カードを利用したときに電子マネーのポイントと二重のポイントが獲得できてしまうんです。

特にedyの場合は貯まるポイントをTカード、Ponta、Rポイントカードなどから選択できるのでさらに便利。しかも、それらのポイントカード提携店ならレジでポイントカードを提示すると通常のポイント加算もあるため、なんと、ポイント三重取りも可能です。

電子マネーにチャージをしてポイントが貯まるクレジットカードは限られていますので注意が必要ですが、おすすめのポイント倍増術ですので、ぜひ覚えておいてくださいね。

使わないと絶対に損!クレカ会社のポイントモールについて

みなさんはポイントモールをご存知でしょうか。ポイントモールとはクレジットカード会社が運営しているポイントがたくさん貯まるショッピングモールのことです。このポイントモールの何がすごいのかというと、最終的に決済したサイトがAmazonや楽天など普通のモールだったとしても、ポイントモールを経由してたどり着いたというだけでポイント大幅アップの対象となるということ。

つまり、ネットで何かショッピングをするなら、まずはポイントモールに訪れないと絶対に損ということ。逆に言うと、ネットショッピングでお得にポイントを貯めるには、ただこのポイントモールを経由すればいいというだけ。とっても簡単ですよね。ネットでショッピングするなら、まずポイントモール。これだけはぜひ覚えておいてくださいね。

やっぱり王道はこれ。クレカでの公共料金支払い

クレカでポイントを効率よく貯める王道の方法といえば、やっぱり公共料金の支払いをすべてクレジットカードにするということに尽きます。なぜなら、公共料金は何があっても支払いをしないわけにはいかず、必ず支払うものなので、必ずポイントが貯まるから。

しかも学生の一人暮らしでも月に1万円は支払うことが多いので、年間で12万円分の支払いが固定で決まっているということ。これを現金にしたら何の付加価値も生まれず、とってももったいない話ですよね。

ただ、地域によっては水道代がクレカ非対応ということもしばしば。でも諦めてはいけません。地域の水道局がクレカ非対応でもYahoo!公共料金支払いというサービスがあり、間接的に水道代をクレカ払いにすることもできるんです。また、セブンイレブンではnanacoカードで公共料金の支払いをすることが可能なので、nanacoへクレジットチャージしてセブンイレブンで支払えば、こちらも間接的に水道代のクレカ払いを実現可能です。

このように方法は色々ありますので、ぜひ諦めずに公共料金のクレカ払いを設定してみてください。ただし、東京電力など一部電力会社では、支払いを口座振替にすることにより電気料金の割引をするケースがありますので、この場合はクレカのポイント還元率よりも割引の還元率のほうが大きくなり、注意が必要です。

まとめ

クレカでお得に暮らすには効率の良いポイント獲得方法とポイントモールの利用をぜひ覚えておきましょう。特にポイントは電子マネーを組み合わせることによって二重・三重のポイント獲得が可能ですので、よくチェックしてくださいね。

また、ネットでショッピングをするならポイントモールの利用は必須です。最終的にたどり着くページがAmazonや楽天でも、ただポイントモールを経由したというだけで、獲得できるポイントが何倍にも増えるので、利用しないとただ損なだけです。

さらに、クレカのポイントを貯める王道は公共料金の支払いですが、場合によっては口座振替のほうがの方がお得なケースもあるので注意してください。これらの点に注意してぜひお得なクレカの使い方を学生のうちからでも身に付けてみてはいかがでしょうか。

鬼節約、dカード(旧DCMX)はドコモユーザー必携クレジットカード!スマホ料金割引(dカードGOLDは10%も)!

スマホや携帯、ドコモユーザーなら毎月それなりの携帯料金を支払っていますよね。決して安い金額ではありませんし、どうせ毎月料金を支払うならば、少しでもお得にしたいものです。

スマホ料金の割引やdポイントの還元、さまざまな施設での優待など、ドコモユーザー必携です。

dカード(旧DCMX)で、毎月支払う金額に見合ったサービスを受けてみませんか?

dカード(旧DCMX)は、年会費実質無料・dポイント一体型かつiD搭載の電子マネー含む三位一体カード!

NTTドコモ発行のdカードは旧DCMX(2015年11月20日から変更)と異なりdポイントカードとの一体型で、iDも搭載され電子マネーも利用でき、クレジットカード機能を持つ三位一体のカードです。
財布の中でかさばるカード類の枚数を減らし、分厚い財布からの脱却であるカード断捨離もできますね。

「クレジットカード」+「dポイントカード」+「iD 電子マネーの利用」 さらに「年会費実質無料」です。

クレジット機能

dカードのクレジット決済ブランドはVISA、MasterCardの二種類あり、選択できるのも使い勝手が良く嬉しいですね。

dポイント

dポイントとはドコモが展開する共通ポイントで、「Tカード」や「Pontaカード」のような共通ポイントなのです。
ドコモ利用者が通信サービスだけで利用できるものでは無く、「dポイントカード」をdポイント加盟店で提示することで「dポイント」が貯まり、使うことも可能な共通ポイントサービスです。

iD(アイディ)

ドコモと三井住友カードが提携して運営している電子マネーで、事前チャージが不要な後払い方式(ポストペイ型)なのが特徴です。
クレジットカードの利用分と一緒に後から請求されるシステムなので、使った分だけ支払うことができて便利です。
他の電子マネーは、事前にチャージするプリペイド方式で、チャージした残高の範囲でしか使えないのですが、後払い型のiDの場合はチャージという手間がかかりませんし、使った分だけ後から請求されるので気楽ですね。
小銭を数えたり、受け取ったりする必要が無く、コンビニなどでもスマートに会計ができるのが便利です。

年会費実質無料

年会費も初年度無料、2年目以降も年1回でも利用すれば次年度以降も年会費無料なので、携帯料金の支払いに利用していれば実質的に年会費は無料のままです。
ドコモユーザーなら、実質的に年会費は不要と言っても良いでしょう。

 

dポイント還元率1.0%、dカード特約店では還元率が2%以上に!スタバ・ローソンに強い

dポイントは、共通ポイントで100円ごとに1ポイント(還元率1.0%)ですが、dカード特約店で利用すると還元率2.0%以上となります。
例えば、dカード特約店は「ENEOS」や「三越伊勢丹」「東急ホテルズ」など多数あり、さまざまな店でお得に利用できます。
しかも、スターバックスやローソンでは還元率も高く、メリットが大きいのです。

スターバックス

スターバックスカードへのオンライン・チャージは、dポイント特約店で、3%のdポイントが特別に貯まります。
カード決済の1%と合わせると、合計4%還元となりますし、キャンペーンなどの開催もあります。
スタバユーザーなら、スタバのためだけに保有していても良いくらいですね。

ローソン

全国のローソン、ナチュラルローソンでは、dカード利用で買物金額から3.0%を請求時に自動的に割り引きされ、dポイントが1.0%貯まります。
dポイントで支払うこともできますし、Pontaカードの提示のメリットや、お得なキャンペーンも開催されていたり、Pontaポイントとの交換なども可能です。dポイント交換先としてはiDキャッシュバックで現金同様の還元。コレがお得!

dポイントには、さまざまな交換先がありますが、dカードのiDキャッシュバックで現金同様に交換レート100%!に充当できます。

「交換商品につかう」→「ギフトカードコース」→「iDキャッシュバック(dカード)2,000 ポイント」

2,000ポイントを2,000円分のクーポンに交換可能な「iDキャッシュバック」が一番お得です。

【最大の強み】ドコモのスマホ・ケータイ料金が安くなる!【dカードGOLDなら最大10%オフ】

dカードで毎月の携帯料金を支払うともちろんdポイントが貯まりますが、dカードGOLDならさらにお得です。

dカードGOLDには年会費も必要ですが、年会費のもとがすぐとれるくらいのお得感満載のサービスがあります。

たとえばdカードGOLDで、毎月の携帯料金(税抜)には、10%のdポイントが貯まります。毎月最大10%オフって、すごくないですか?

ドコモの携帯料金って、正直さほど安くは無い感覚なので、ゴールドカードで少しでも元を取りたいですよね。

保険や補償・サポートなど、その他のメリットは

dカードには、海外・国内の旅行付帯保険はありませんが、dカードGOLDでは海外旅行傷害保険が自動付帯になっています。。
しかも、他社のゴールドカードより海外旅行傷害保険がかなり手厚いのです。
・障害死亡:1億円(ご家族様1,000万円)※
・障害後後遺障がい:程度により400万円~1億円(ご家族様40万円~1,000万円)※
・傷害・疾病治療費用:300万円
・救援者費用:500万円
・乗継遅延:2万円
・手荷物遅延:1万円
・手荷物紛失:2万円
・出航遅延・欠航:1万円
※自動付帯の金額 :傷害死亡5,000万円/傷害後遺障がい:200万円、また、海外旅行費用をdカードGOLDで支払いした場合の保険金額です。条件を満たさない場合の保険金額は傷害死亡5,000万円/傷害後遺障がい:200万円~5,000万円となります。

dカードGOLDでは、日本国内の空港ラウンジはカード提示で、無料でラウンジが使えます。

dカードGOLDでは、万一の紛失・盗難または修理不能(水濡れ・全損など)の場合でも、3年間で最大100,000円キャッシュバック保障サービスもあります。
10万円はかなり大きいですし、スマホ代金のほぼ全額カバーできるので、かなり安心ではないでしょうか。

まとめ dカードのスペック・メリット

dカードのスペックとメリットとしては、やはりドコモユーザーであり、財布をスッキリさせて電子マネーや共通ポイントをまとめたい人に最適な2枚目、利便性の高いクレジットカードと言えます。
「クレジットカード」+「dポイントカード」+「iD 電子マネーの利用」の三位一体が、一番のスペットクでありメリットです。

ヘビーなドコモユーザーであれば、dカードGOLDで年会費を支払ってでも、さまざまな特典を使い倒してみる! というのも、アリでしょう。

smp_arrow

dカードの申込はこちらから!



btn_free_regist

dカードGOLDの申込はこちらから!



btn_free_regist