リーダーズカードは通常時1.25%・ネット1.75%以上の超★高還元率・初年度年会費無料!とりあえずお買い物メインな学生にはいいかも。


リーダーズカード

ショッピングメインの学生に最適

リーダーズカードは常設のポイント還元率が「1.25%」、ネットショッピングはジャックスモールを経由すると「1.75%」に。年会費無料(※初年度)カードの通常時では国内最強の高還元率カードです。

日常使いで簡単に高還元率からポイントを貯められることが魅力であり、学生にとっても恩恵を感じやすいクレジットカードです。

リーダーズカードのスペック

高還元率のリーダーズカード

  • 年会費:2,500円
  • 旅行保険:海外最高2,000万円、国内最高1,000万円
  • ショッピング保険:なし
  • ポイントプログラム:リーダーズカードポイント
  • ポイント還元率:1.25%~1.75%

リーダーズカードの注目点はポイント還元率ですが、しっかりと旅行保険が備わっているところも優秀です。

年会費無料カードの旅行保険は海外旅行保険と国内旅行保険のどちらかが付帯されているパターンが多いもの。

リーダーズカードは高還元率だけでなく、国内外の旅行保険が付いているため、実は旅行用のクレジットカードとしても実用性が高いんです!

ポイント還元率はどこで使っても1.25%が約束されており、さらにネットショッピングはジャックスモールを経由すると1.75%に上がります。

街中でもネットでも高還元率でポイントを得られます。

初年度は年会費無料

リーダーズカードは初年度の年会費が無料です。

次年度以降は2,500円の年会費が発生しますが、年間30万円以上使うと年会費が無料です。

毎月2.5万円決済していればこの基準に到達しますので、学生にとってもさほど高いハードルでないかと思われます。

リーダーズカードを作るなら、こちらから!

リーダーズカード

btn_free_regist

ポイントの使い道

リーダーズカードは「リーダーズカードポイント」というポイントプログラムが搭載されています。

  • Jデポ:3,500ポイント→4,000Jデポ(1.25%)
  • Gポイント:3,500ポイント→4,000Gポイント(1.25%)
  • ANAマイル:3,500ポイント→2,400マイル(0.74%)

リーダーズカードポイントは「3,500ポイント以上」から使うことができ、主な使い道は上記の3種があります。

Jデポはジャックスの独自サービスであり、貯まったポイントをJデポに使うとクレジットカードの請求額に対する割引に当てることができます。

下手に商品交換のためにポイントを使うよりも確実にポイントの恩恵を得られますね。

Gポイントはジー・プラン株式会社が運営する共通ポイントであり、こちらに移行すると「Amazonギフト券」や「Tポイント」など、ポイントの使い道がかなり広くなります。

ANAマイルだけは移行レートが低く設定されているため、ポイント還元率は0.74%とやや低くなります。

リーダーズカードのポイント付与

リーダーズカードのポイント付与は以下となります。

  • 通常:1,000円で11ポイント付与(1.25%)
  • リボ払い:1,000円で14ポイント付与(1.60%)
  • nanacoへチャージ:1,000円で3ポイント付与(0.34%)
  • ジャックスモール:最低0.5%以上がプラス(1.75%)

リーダーズカードポイントは1ポイントの価値が決まっていないため、ポイントの使い道とカードの使い方によって還元率が変わります。

上記は「Jデポ」や「Gポイント」にポイントを使うケースにおける還元率ですが、ANAマイルへ移行する場合は移行レートが低いので1ポイントの価値が安くなることから還元率も低くなります。

常設1.25%は本当なの?

リーダーズカードは常設のポイント還元率が1.25%ですが、これは通常利用「1,000円で11ポイント付与」において、JデポやGポイントの「3,500ポイント→4,000円」の移行レートにおける場合の還元率です。

まず、このレートにおけるリーダーズカードポイントの1ポイントの価値は、「4,000円」÷「3,500ポイント」=「1.14円」となります。これを「1,000円で11ポイント付与」に当てはめると、1,000円で「11ポイント」×「1.14円」=「12.5円」となります。

これをポイント還元率として表すために100円単位に揃えると「1,000円で12.5円」→「100円で1.25円」となり、ポイント還元率は1.25%です。

また、ジャックスモールで1.75%については、ジャックスモールを経由するとボーナスポイントが付与され、それを還元率計算すると下限が約0.5%になるため、「常設1.25%」+「0.5%」=「1.75%以上」というポイント還元率に。

ちなみにANAマイルの場合は移行レートが「3,500ポイント→2,400マイル」なので、「2,400マイル(2,400円)」÷「3,500ポイント」=「0.68円」です。

この場合、リーダーズカードポイントの1ポイントの価値は0.68円です。

あとは、これを「1000円で11ポイント付与」に当てはめると、1,000円で「11ポイント」×「0.68円」=「7.4円」となるため、100円単位に揃えると「1,000円で7.4円」→「100円で0.74円」でポイント還元率は0.74%です。

リーダーズカードのお得な使い方は?

リーダーズカードは工夫しなくても常設1.25%でポイントが貯まるので、とくにお得な使い方を意識する必要はありません。

ただし、ネットショッピングも街中と同じで1.25%ですが、ジャックスモールを経由すると「0.5%」以上がプラスとして付与されるので、目的のショップがジャックスモールにあるかどうかは確認しておく方がいいですね。

ネットでお買い物をしようと思ったら、まずジャックスモールを覗いてみましょう。

年間30万円でポイントはいくらたまる?

リーダーズカードは次年度以降に2,500円の年会費が掛かるため、年間30万円を目標として支払いに使っていきたいところです。

  • 1,000円で11ポイント
  • 10,000円で111ポイント
  • 100,000円で1,111ポイント
  • 200,000円で2,222ポイント
  • 300,000円で3,333ポイント

カード所有2年目以降は、年間30万円を達成すると、「次年度年会費無料」+「3,333ポイント」のメリットがあります。

「30万円」÷「12ヶ月」=「25,000円」

月々約25,000を目標にしておけば、年間30万円を達成しやすくなります。

ジャックスモール

ジャックスモール」は以下のように有名ショップが揃っているため、わりと実用的なポイントモールです。

  • Amazon(0.5%)
  • 楽天(0.5%)
  • Yahoo!ショッピング(0.5%)
  • ヤフオク(0.5%)
  • ユニクロ(0.5%)

どちらかというと、他社のポイントモールと比較すれば人気ショップが多い印象があるため、ネットショッピング専用としても実用性を見出せるクレジットカードです。

上記以外にも「アディダス」や「エクスペディア」など、各ジャンルにおいて定番のショップがあるので、通販サイトのショッピングだけではなくネットで旅行予約をしたい場合などにおいてもお得です。

使い方を工夫しなくてよいところが魅力

高還元率のクレジットカードは「○○のお店で1.0%!」というように特定のシチュエーションでポイントが高くなるカードが多いですが、リーダーズカードは何も工夫をしなくても高還元率なところが魅力的です。

学生にとっても街中とネットの両方で高還元率からポイントを貯められるクレジットカードなので、シンプルかつ優秀なカードが欲しい方にオススメです!

リーダーズカードを作るなら、こちらから!

超高還元率

リーダーズカード

smp_arrow
btn_free_regist


このページを閉じる前に、要チェック!

当サイトで学生さんの申込が多いクレジットカードのランキングです。初めてのカード・二枚目のカードを悩んでいる方にどうぞ。

最新!当サイトで申込の多いクレジットカード
【1位】三井住友VISAデビュープラスカード
【2位】ライフカード
【3位】JCB CARD W

失敗しないクレカ選びのポイント!

creca_footer_link