銀行系の一体型クレジットカードは損してる!?みずほ・三井住友・三菱UFJなどメガバンごとのカード種類や、ポイント還元率について解説!代わりに持つならこのカード!

「銀行で口座開設をするとき、クレジットカード一体型を提案されたけどどんなカードなの?」
「銀行系クレジットカードは発行が難しいイメージがある…」
「銀行系クレジットカードのメリットやデメリットは?」

銀行系クレジットカードは、銀行口座開設のときに提案されて、その存在を知ることが多いと思います。

この記事では、そもそも銀行クレジットカードとは?というところから、メリット・デメリットまで紹介します。

ちなみに筆者としては「銀行クレジットカードを持つなら他のクレジットカードを持った方がいい」という考えであり、その理由についても説明しました。

銀行クレジットカードを発行する前にぜひ参考にしてください。

銀行系カード(クレジットカード)とは?

クレジットカードは信販系や流通系などさまざまな種類があります。

 

  • 信販系
  • 流通系
  • 空港系
  • 銀行系

などなど…

銀行系クレジットカードはカード会社やカードブランドが銀行と提携して発行しているクレジットカードで「銀行キャッシュカード」+「クレジットカード」の一体型を作れることが特徴です。

銀行は「都市銀行」や「地方銀行」などさまざまな種類がありますが、今回は都市銀行が発行しているクレジットカードを中心にメリットやデメリットなどを紹介していきます。

カードの系統は知っておくべき?

クレジットカードを選ぶ時に、系統別(銀行系か信販系かなど)から選ぶことはほとんどありません。

気にしなくてOKです。

基本的にクレジットカードのメリットや魅力などはスペックに収束されるので、年会費やポイント還元率など注目度の高いスペックを比較すればOKです。

ポイント!

クレジットカードを発行するときには、●●系クレジットカードという切り口から選ばずに、純粋にスペックの高さや自分にあった特典から選ぶのがオススメ!

銀行系カードのメリットやデメリット

メリット・デメリット
最初に銀行系クレジットカードのメリットやデメリットを見ていきましょう。

メリット

まずはメリットから紹介します。

メリットとしては、以下の2点があります。

 

  • キャッシュカード一体型を作れる
  • 銀行系のステータス・安心感

それぞれ説明します。

ちなみに上記以外にも、良いクレヒスと捉えられる可能性もある、というのもメリットとしてあります。

①キャッシュカード一体型を作れる!

銀行系クレジットカードはキャッシュカード一体型を作れることが大きなメリットです。

キャッシュカード一体型はカードの所有枚数を減らせるので、財布が軽くなるのは嬉しいですね(無くしたときに大変かもしれませんが…)。

また、銀行サービスと連動している場合は「ATM手数料無料」や「銀行ポイントが貯まる」など、各銀行ならではのメリットを得ることもできます。

たとえば三菱UFJ銀行の一体型カードは、Suicaまで一体型のものを作れます。

▼スーパーICカード Suica「三菱UFJ-VISA」
スーパーICカード Suica「三菱UFJ-VISA」
参考:公式サイト

銀行口座キャッシュカード・クレジットカード・Suicaの三役をこなせるのは、人によってはかなり便利に感じるかもしれません。

②ステータス・安心感がある

●●系クレジットカードというカテゴリが4つ以上ありますが、その中でも「銀行系クレジットカード」に分類されるカードは、ステータスが高く(発行難易度が高め、と言われている)、安心・安全である印象を持つ人が多いです。

デメリット

デメリットとしては、以下の2点があります。

 

  • お得感が少ない
  • 無くしたときに面倒

それぞれ説明します。

①お得感が少ない

銀行系クレジットカードのデメリットは、ポイント還元率や特典などスペックの魅力がうすいことです。

  • 還元率が低い・・・
  • 優待サービス等が少ない・・・
  • 解約が面倒・・・

などなど。

キャッシュカード一体型はたしかに便利ですが、スペックが乏しいのは残念ですね。

また、手続きに関しても他のクレジットカードに乗り換えたい時、キャッシュカード単体を新たに発行してもらう必要があり、それが面倒に感じることもキャッシュカード一体型のデメリットです。

②無くしたときに面倒

クレジットカードとキャッシュカードが一体型ということは、カードをなくすことで銀行からお金を引き出せなくなり、さらにクレジットカードでの買い物もできなくなるので、かなり不便を被ることになりかねません。

もしもの紛失に備えて、家に3万円ほどの現金を置いておいたり、サブカードとしてクレジットカードを発行しておくなどの対策は必須です。

メガバンクのキャッシュカード一体型カードのポイント還元率比較!

2019年10月10日時点、都市銀行は以下の5社です。

 

  • みずほ銀行
  • 三菱UFJ銀行
  • 三井住友銀行
  • りそな銀行
  • 埼玉りそな銀行

埼玉りそな銀行はりそな銀行と同グループなので、4社の都市銀行がリリースしている銀行クレジットカード(一般・キャッシュカード一体型)のスペックを還元率比較で紹介していきます。

【みずほ銀行】みずほマイレージクラブカードシリーズ

みずほマイレージクラブカード(クレジットカード)
参考:公式サイト

みずほ銀行のキャッシュカード一体型は、以下の4種類があります(上位カードであるゴールドカードがあるケースもあります)。

  • みずほマイレージクラブANA:0.5%
  • みずほマイレージクラブSuica:0.5%
  • みずほマイレージクラブAMEX:0.5%
  • みずほマイレージクラブ一般(UC・セゾン):0.5%

各種ともに常設のポイント還元率は0.5%なので、学生にとっては高還元率のカードを他で作りやすいことからも魅力が低いです。

みずほ銀行のマイレージクラブカードシリーズに「みずほマイレージクラブカード・THE POINT」というポイント還元率1.0%のカードがありますが、こちらはキャッシュカード一体型ではなく分散型です。

【三菱UFJ銀行】三菱UFJ-VISAシリーズ

スーパーICカード Suica「三菱UFJ-VISA」
参考:公式サイト

三菱UFJ銀行は「三菱UFJ-VISA」シリーズとして、計4種のキャッシュカード一体型があります(上位カードであるゴールドカードがあるケースもあります)。

  • ICクレジットカード「三菱UFJ-VISA」
  • スーパーICカード TOKYU POINT PASMO 「三菱UFJ-VISA」:0.5%
  • スーパーICカード Suica「三菱UFJ-VISA」:0.5%
  • ICクレジットカードKIPS「三菱UFJ-VISA」:0.5%

こちらも基本のポイント還元率はいずれも0.5%です。

学生は無料クレジットカードでも還元率1.0%以上でお得に買い物などができるカードがあるので、その点からもとくに三菱UFJ-VISAを選択する必要はないでしょう。

【三井住友銀行】SMBCシリーズ

三井住友VISA SMBC CARD
参考:公式サイト

三井住友銀行のキャッシュカード一体型は、合計で3種あります(上位カードであるゴールドカードがあるケースもあります)。

  • SMBC CARD クラシックカード:0.5%
  • SMBC CARD クラシックカード&アミティエカード:0.5%
  • SMBC JCB CARD クラシックカード:0.5%

こちらもポイント還元率は0.5%が平均です。

【りそな銀行】クレジット一体型ICキャッシュカードシリーズ

りそなクレジット一体型カード<クラブポイントプラス>
参考:公式サイト

りそな銀行のキャッシュカード一体型は、以下の2種類があります。

  • りそなクレジット一体型カード(クラブポイントプラス):0.5%
  • りそなカードセゾン一体型ICキャッシュカード:0.5%

ちなみ2019年3月15日より新規発行を停止しているので、新たに発行することはできません。

何を優先してクレジットカードを選ぶのかを決めておこう!


銀行系クレジットカードはキャッシュカードとクレジットカードを1つにできるので便利です。

しかし、還元率比較でわかるとおりにスペックが低いともったいないので、何を優先してクレジットカードを選ぶのかを決めておくのが賢いですね。

やっぱりポイント還元率は優先度が高い!

クレジットカードにお得さを求める場合、ポイント還元率は優先度の高いスペックです。

  • 0.5%:
    100円に対して0.5円還元
  • 1.0%:
    100円に対して1円還元

長期にクレジットカードを使う場合、少しの還元率の差でも損得が大きく変わります。

たとえば、0.5%のポイント還元率で100万円を使うと「5,000円還元」ですが、1.0%のポイント還元率なら「10,000円還元」です。

これが1.5%や2.0%と高還元率になるほど、やはり得られるメリットも大きくなります。

基本のポイント還元率が高いカードは強い!

銀行系クレジットカードのように基本のポイント還元率が低くても、ポイントモールやその他特典をフル活用すれば多少は欠点をカバーできます。

しかし、工夫をしなければ還元率が改善されないクレジットカードは使い方が狭くなってしまうので、好きなようにカードを使うことが難しいです。

自由自在にポイントをお得に貯めたい学生さんは、基本のポイント還元率が高いクレジットカードを選んでみてはいかがでしょうか。

ポイント!

クレジットカードを選ぶときには「ポイント還元率」を重視するのがお得&オススメ!

還元率の高いオススメカード!


銀行系クレジットカードの代わりとして還元率の高いオススメカードを紹介しておくので、参考にしてみてくださいね。

三井住友VISAデビュープラスカード

三井住友VISAデビュープラス カード
ブランドステータスがあり、セキュリティ対策も抜群、高還元率の若者向けカードといえばデビュープラスカードはイチオシです。

  • 基本のポイント還元率は1.0%!
  • セブン・ファミマ・ローソン・マクドナルドでさらにポイントもらえる!
  • 選んだ3つのお店で、いつでもポイント2倍!
  • 最短翌営業日のスピード発行!

さらにさらに…

▼増税のタイミングに合わせて、とても大胆・お得なキャンペーンも展開中!

失敗しない、初めてのキャッシュレス

2019年10月~増税対策!初めてのキャッシュレスはどれを選んだらいいの!?と悩んでいる方へ…。迷わず選べる【最大5%還元対象】イチオシをまとめました!

【クレジットカード】

★クレジットカード業界では、三井住友VISAカード・JCBカードのキャンペーンがとても盛り上がっています!★

三井住友VISAデビュープラスカード

超有名なブランド力・セキュリティに安心感があります。入会3ヶ月は還元率2.5%・通常でも還元率1.0%と普段使いで超お得なカードです。はじめてのクレカとして使いやすさで大人気です。最短翌営業日のスピード発行!過去最大級のキャンペーン実施中で、入会するなら今がベストタイミングです!

三井住友VISAデビュープラスカード
入会特典キャッシュレスプラン:新規入会&Vpassアプリログインで もれなくご利用金額の20% 最大12,000円プレゼント
年会費(初年度) 無料
年会費(2年目~) 条件付き無料
条件:前年1回以上の利用で年会費無料。通常の2年目以降年会費(1,250円+税)
ポイント還元率(通常) 1.0%
ポイント名:ワールドプレゼントポイント
ポイント還元率(最大) 2.5%
条件:入会後3ヵ月間
発行スピード(最短)~3営業日
  • 付帯保険(海外旅行):-
  • 付帯保険(国内旅行):-
  • 付帯保険(盗難保険):あり
  • 付帯保険(ショッピング保険):あり

他実施中キャンペーン:コンビニ(セブン・ファミマ・ローソン)マクドナルドなど対象店舗でポイント5倍その他、自分が選んだ対象3店で いつでもポイント2倍も!

JCB CARD W

JCBW
JCB CARD Wはポイント還元率が高いことから、学生に人気のJCBカードです。

  • 基本のポイント還元率は1.0%!
  • ポイントは常に2倍!
  • スターバックスでポイント10倍!
  • Amazonでポイント2倍!
  • OkiDokiランドで最大20倍!

JCB CARD Wは常にポイント2倍という特典が備わっているため、通常のJCBオリジナルシリーズよりも基本のポイント還元率が高いです。

それに加えて「JCBスターメンバーズ」や「ORIGINAL SERIESパートナー・特約店」など、JCBサービスからさらにポイント還元率を高めることができます。

入会キャンペーンで「ポイント4倍」+「今なら最大11,000円プレゼント」があるので、この機会に申し込んでみてくださいね。

JCB CARD W

年会費がずっと無料のカードでは最高クラスの実力。ポイント最大30倍のキャンペーン・20%キャッシュバックの同時開催中。今こそ、入会のベストタイミングです!

JCB CARD W
入会特典インターネット新規入会限定キャンペーン実施中。最大14,000円分プレゼント!
年会費(初年度) 無料
年会費(2年目~) 無料
ポイント還元率(通常) 1.0%
ポイント名:Oki Dokiポイント
ポイント還元率(最大) 3.5%
条件:加盟店での利用
発行スピード(最短)~3営業日
  • 付帯保険(海外旅行):○(利用付帯)
  • 付帯保険(国内旅行):-
  • 付帯保険(盗難保険):あり
  • 付帯保険(ショッピング保険):あり

他実施中キャンペーン:新規入会限定!最大ポイント30倍キャンペーン実施中。さらにJCBをApple PayまたはGoogle Payに登録し決済で20%キャッシュバックキャンペーン実施中!

自分に合ったお得なカードを見つけたい方はこちらもどうぞ。

簡単!クレジットカード検索
年会費
ポイント・還元率
※還元率1%の場合、1万円のカード利用で100円相当のポイントがもらえます。
発行スピード
保険
こだわり条件

まとめ

銀行系カードは、クレジットカード・キャッシュカード一体で便利であったりするメリットがあります。

しかし、銀行系クレジットカードよりもスペックが高くい&お得に買い物できるクレジットカードはたくさんあるので、筆者としては銀行系カードに絞ってカード選びをするのはオススメできません。

この記事内で紹介した「三井住友VISAデビュープラスカード」や「JCB CARD W」は、銀行系カードよりもポイントが2倍近く付与されるだけではなく、学生さんがよく利用するお店(コンビニ・スターバックス・マクドナルドなど)でさらにお得になったりしますので、ぜひ選択肢に入れてみてください。

三井住友VISAデビュープラスカード

超有名なブランド力・セキュリティに安心感があります。入会3ヶ月は還元率2.5%・通常でも還元率1.0%と普段使いで超お得なカードです。はじめてのクレカとして使いやすさで大人気です。最短翌営業日のスピード発行!過去最大級のキャンペーン実施中で、入会するなら今がベストタイミングです!

三井住友VISAデビュープラスカード
入会特典キャッシュレスプラン:新規入会&Vpassアプリログインで もれなくご利用金額の20% 最大12,000円プレゼント
年会費(初年度) 無料
年会費(2年目~) 条件付き無料
ポイント還元率(通常) 1.0%
ポイント還元率(最大) 2.5%
発行スピード(最短)~3営業日
JCB CARD W

年会費がずっと無料のカードでは最高クラスの実力。ポイント最大30倍のキャンペーン・20%キャッシュバックの同時開催中。今こそ、入会のベストタイミングです!

JCB CARD W
入会特典インターネット新規入会限定キャンペーン実施中。最大14,000円分プレゼント!
年会費(初年度) 無料
年会費(2年目~) 無料
ポイント還元率(通常) 1.0%
ポイント還元率(最大) 3.5%
発行スピード(最短)~3営業日

ところで、そもそもキャッシュレス化が進むと「一体型かどうか」という話も意味がなくなる可能性があるかもしれません。

現金中心の生活・オンラインバンク&ApplePayなどの組み合わせになる、カードすら持ち運ぶ必要がなくなりますからね…!

「この記事、参考になった!」と思っていただけましたか?

▼ぜひブクマ・シェアお願いします!

周りの方・ご友人が悩んでいる時にもぜひ教えてあげてください。m(_ _)m

運営者プロフィール

学生クレカ管理人

学生クレカ管理人

自分が大学生・未成年時代のお金・クレジットカードの失敗経験をもとに、同じ失敗をする人・クレジットカードについて悩む人を一人でも減らしたいという気持ちで当サイトを6年以上運営しているクレジットカードの専門家。

 

100枚以上のクレジットカードを比較検討し、累計19枚のカードを所有してきた(大学生の頃は6枚所有)。マイルを累計20万以上保有。航空券をほぼ無料にし、ふらっと旅行に出かけるのが趣味。Amazonでのお買い物も累計30万円分以上、ほぼポイントで済ませている。

 

カード会社幹部や広報部・外部の専門家ともつながりがあり、常に知識をアップデートしている。

 

これからも、少しでもわかりやすい記事を届けられるように努力していきます!

 

▼ブログランキングにも参加しております。当サイトの思想に共感いただける方は、ポチッとおねがいしますm(_ _)m(タップ1回で投票完了します)

 

▼注目コンテンツ!

▼LINEでの相談も、気軽にどうぞ!

かんたん検索でクレジットカードを選ぶ!自分にピッタリなカードが「ズバッと」見つかる人気ランキングからクレジットカードを選ぶ!

自分にピッタリのクレジットカードの選び方がわからない方は、基礎知識・おすすめカードの選び方が一気に学べるトップページをぜひ見てください。→ https://学生クレジットカード.com

失敗しないクレカ選びのポイント!