還元率について徹底解説

クレジットカードと切り離すことができないのが「還元率」です!

  • そもそも還元率ってなに?
  • 還元率の計算方法は?
  • どのくらい還元率があると高還元率?

というような、還元率に対して疑問があることと思います。

この記事で「還元率の基本」から「還元率が高いオススメクレジットカードの紹介」をしていきます。

ポイント!

初心者さんにもわかりやすいように、かなり噛み砕いて解説していきます!
今さら人に聞くのは恥ずかしいな、わかるか不安だなという方も安心して読んでくださいね。

そもそも還元率とは?

多くのクレジットカードは、カードを利用すると利用額ごとにポイントが付与されます。

カードによって付与されるポイントの割合が異なるため、「還元率の高いカードを持とう!」などとネットや雑誌で言われています。

還元率の計算方法

200円の利用ごとに1ポイント(1円相当)が付与されるカードの還元率をもとめていきましょう。

【計算式:1 ÷ 200 × 100 = 0.5(%)】

もらえるポイント数※を利用金額で割って、100をかけてあげればもとめられます。

100円利用して1円相当のポイントが付与される場合には1.0%ですね。

※ここで利用するポイントは1ポイントあたりの価値が反映されたポイント数を使ってください(次の章で詳しく解説しています)。

【注意】還元率と付与率の違い

ここで間違えやすい「還元率」「付与率」の違いについて整理しておきます。

この2つの違いをきちんと理解しておかないと、還元率の計算やお得なカード選びができません。

 

【還元率と付与率の違い】

  • 還元率:ポイントの価値まで考慮したお得度←こちらの方が重要
  • 付与率:単純に100円の買い物で何ポイントもらえるか

わかりやすいように具体例で見てみましょう。

  • カードA:100円利用ごとに10ポイント付与、10ポイントは1円で利用できる
  • カードB:100円利用ごとに1ポイント付与、1ポイントは1円で利用できる
付与率 還元率
カードA 10% 1.0%
カードB 1.0% 1.0%

一見すると、付与率の高いカードAの方がお得に見えますが、「1ポイントあたりの価値」を考慮すると結局は両方とも同じ還元率1.0%のカードだとわかります。

クレジットカードを選ぶときに見るべきは、付与率ではなく「還元率」です!

還元されるものはポイント以外にもある

クレジットカードを利用したときに付与されるのは「ポイント」であることが一般的です。

ですが、カードの種類によって「ポイントはつかず利用額からキャッシュバック」「マイル※」が付与されることもあります。

※マイルは飛行機系のカードで付与されるポイントです(本記事の後半で詳しく解説しています)。

何が付与されると1番自分にとって使いやすいかを基準にカード選びをしてください。

どれだけ還元率の高いカードでも、付与されるものに魅力を感じなければ使わないカードになってしまいます。

ポイントはさらに何かに交換できる

ポイントを付与されるタイプのクレジットカードでは、さらに貯めたポイントを何かに交換できます。

  • クレジットカードのポイント→ほかのポイント(楽天ポイントやTポイントなど)
  • 次の買い物でポイントを利用(楽天カードの楽天ポイントなど)
  • アイテムと交換(生活アイテムや食品などと交換できる)

基本的に、アイテムへの交換は1ポイントあたりの価値が下がる(=損をする)ためオススメしません。

別のポイントに交換して次の買い物で使用するのがオススメです。

クレジットカードやデビットカードの還元率

カード

当サイト「学生クレジットカード.com」は、おもにクレジットカードについての情報を発信しています。

なので、クレジットカードやデビットカードの還元率について、もう一歩踏み込んで見ていきます。

還元率の相場や、還元率が良いといわれる基準

ここまで還元率について見てくると「クレジットカードの還元率は何%ぐらいがいいの?という疑問が出てくるでしょう。

【2020年現在:還元率の基準】 

  • ポイント還元率 1.0%以上:高還元率
  • ポイント還元率 0.5%程度:普通
  • ポイント還元率 0.3%程度:あまりよくない

上記は当サイトの見解ですが、世間一般でもだいたい上記のように解釈されることが多いはずです。

できれば還元率1.0%(最低でも0.5%以上)のクレジットカードを持ちたいですね!

「還元率が悪いカード=全体的に悪いカード」ということではありません。

特典などが素晴らしいカードもありますが、カード初心者には使いこなすのが難しいことが多いです。

初心者の方は「還元率重視」でカードを選ぶといいですよ。

高還元率(1.0%以上)クレジットカードの例

高還元率でオススメのクレジットカードを紹介します。

紹介するカードは以下の3枚です。

 

どのカードもポイント還元率1.0%を超えるお得なカードです!

REXカードは通常1.25%で、場合によっては1.75%になる年会費無料クレジットカードでトップクラスの還元率です!

JCB CARD Wや三井住友カード デビュープラスは、コンビニなど特定のお店で使うと、さらにポイント還元率を上げられます。

日常の色々な場面で、高還元率を実現できるクレジットカードです。

REXカード

クレカファンの間ではひっそりと人気のカード!年会費無料・保険もついて1.25~1.75%の超高還元率カード。ネットショッピングが好きな人にオススメ。

REXカード
入会特典最大5,000円相当Jデポプレゼント
年会費(初年度) 無料
年会費(2年目~) 無料
ポイント還元率(通常) 1.25%
ポイント名:REX POINT
ポイント還元率(最大) 1.75%
条件:リボ払い or JACCSモール経由で1.75%以上の還元率
発行スピード(最短)1週間以上
  • 付帯保険(海外旅行):◎(自動付帯)
  • 付帯保険(国内旅行):○(利用付帯)
  • 付帯保険(盗難保険):あり
  • 付帯保険(ショッピング保険):あり

他実施中キャンペーン:特になし

JCB CARD W

年会費がずっと無料のカードでは最高クラスの実力。普通に使うだけでもお得+特典も豊富なカードです。キャンペーン盛りだくさんの今こそ、入会のベストタイミングです!

JCB CARD W
入会特典インターネット新規入会限定、キャンペーンを組み合わせると最大11,500円分プレゼント!
年会費(初年度) 無料
年会費(2年目~) 無料
ポイント還元率(通常) 1.0%
ポイント名:Oki Dokiポイント
ポイント還元率(最大) 3.5%
条件:加盟店での利用
発行スピード(最短)~3営業日
  • 付帯保険(海外旅行):○(利用付帯)
  • 付帯保険(国内旅行):-
  • 付帯保険(盗難保険):あり
  • 付帯保険(ショッピング保険):あり

他実施中キャンペーン:新規入会の方限定、Amazon利用でポイント10倍!

三井住友カード デビュープラス

超有名なブランド力・セキュリティに安心感があります。入会3ヶ月は還元率2.5%・通常でも還元率1.0%と普段使いで超お得なカードです。はじめてのクレカとして使いやすさで大人気です。最短翌営業日のスピード発行!

三井住友カード デビュープラス
入会特典新規入会&Vpassアプリログインで もれなくご利用金額の20% 最大8,000円プレゼント
年会費(初年度) 無料
年会費(2年目~) 条件付き無料
条件:前年1回以上の利用で年会費無料。通常の2年目以降年会費1,250円+税
ポイント還元率(通常) 1.0%
ポイント名:Vポイント
ポイント還元率(最大) 2.5%
条件:入会後3ヵ月間
発行スピード(最短)~3営業日
  • 付帯保険(海外旅行):-
  • 付帯保険(国内旅行):-
  • 付帯保険(盗難保険):あり
  • 付帯保険(ショッピング保険):あり

他実施中キャンペーン:コンビニ(セブン・ファミマ・ローソン)マクドナルドなど対象店舗でいつでもポイント5倍その他、自分が選んだ対象3店で いつでもポイント2倍も!抽選で買い物が無料(上限10万円)になるキャンペーンも実施中。

還元率の小さな差でも、1年、10年と積み重ねると結構大きな差になる!

還元率を甘く見てはいけない

「ポイント還元率が少し変わったくらいで、大差ないのでは?」と思われがちですがこれは大きな間違いです!

コツコツ使うことで大きな差となっていきます。

ケース①:現金払いとの差

まずは、クレジットカードを使った人とずっと現金で支払い続けていた人の差を見てみましょう。

クレジットカードは還元率1.0%のカード(JCB CARD Wなどですね)を使ったと仮定します。

クレジットカードに変更できる支払いには以下のようなものがあります。

  • 食費
  • 生活費
  • 水道光熱費
  • スマホ代
  • 年金

学生さんでも月5万円くらいは、何かしらの支払いに使っているはずです。

年間にすると、【5万円 × 12ヶ月 = 年間60万円】になります。

 

【ポイント数の比較】

  • 現金払い:0ポイント
  • クレジットカード払い:6,000ポイント(6,000円相当)

かなり大きな違いになりましたね!

ケース②:還元率の差による違い

次は還元率による差がどれくらい出るかを比べてみましょう。

「還元率0.5%のカード」と「還元率1.0%のカード」で比べてみます。

今回も月の支払いは5万円(年間60万円)として計算します。

 

【ポイント数の比較】

  • 還元率0.5%のカード:3,000ポイント(3,000円相当)
  • 還元率1.0%のカード:6,000ポイント(6,000円相当)

単純な話ですが、還元率が半分になるともらえるポイントも半分になります。

今回のケースでは3,000円の差になりました。

1年で3,000円、10年経てば30,000円の差とどんどんその差は大きくなります。

マイルなどは3~15円ほどの価値になることもある

ちなみにポイントとして価値が高いのが「マイル」です。

マイルのことは「航空券に交換できるポイント」と考えておけばOKです。

たとえばANAカードを100円利用ごとに1マイル付与されるとします。

一般的に1ポイント=1円相当、というように固定されていますが、マイルの価値は変動し使い方によっては1マイル=15円以上にもなります!

マイルの価値は「エコノミークラス<ビジネスクラス<ファーストクラス」の順番で高くなります。

さすがに1マイル=15円で使えるケースは少ないですが、安定的に1マイル=3円程度では使えます。

■マイルについての詳細:【学生向け】JAL・ANAマイルの基本と貯め方を徹底解説!効率よくマイルを貯める最強クレジットカードはコレだ!

おまけ:クレジットカードの他にもある「還元率」

クレジットカードの他にもある「還元率」

ここまでクレジットカードの還元率を中心に説明しましたが、他の場面での還元率についても紹介します。

注意!

「還元率」は、どの支払いに対していくら返ってくるか?を単純に表現しているものであり、カテゴリによって前提が異なります。比較対象を間違えないようにしましょう。

※例:カードの還元率は1%、競馬は80%だからカードはだめ、競馬が良い!というわけではなく、前提が異なるので比較できないというわけです。

①ふるさと納税の還元率

仮にふるさと納税で10,000円の寄付をしたとき、返礼品(お返し)として3,000円相当の品物を受け取ったとします。

この場合の還元率は、

3,000円 ÷ 10,000円 × 100 = 30%

となります。

なお、ふるさと納税の返礼品は寄付額の3割以下に抑える必要があると法律で決まっています(還元率は最大30%です)。

②ギャンブル・宝くじの還元率=回収率・収益期待値

おまけとして、ギャンブルや宝くじの還元率がどのくらいに設定されているか紹介します。

還元率というよりは、正確には「100円突っ込んだら何円返ってくるか?」という回収率・収益の期待値を表しているのがギャンブルの還元率です。
 

  • パチンコ・パチスロ:80~85%
  • 競馬:70~80%
  • 競艇:75%
  • 宝くじ:46%

筆者はギャンブルをしないため全く関心がなかったのですが、こうしてみると宝くじは相当割に合わないギャンブルですね……。

まとめ

クレジットカードのポイント還元率はややこしいかもしれませんが、理解しておくことで得する機会が増えます。

ふだんの生活で高還元率クレジットカードを活用して、お得に買い物をしてみてはいかがでしょうか?

▼当記事で紹介したおすすめ高還元率クレカはこちら

REXカード

クレカファンの間ではひっそりと人気のカード!年会費無料・保険もついて1.25~1.75%の超高還元率カード。ネットショッピングが好きな人にオススメ。

REXカード
入会特典最大5,000円相当Jデポプレゼント
年会費(初年度) 無料
年会費(2年目~) 無料
ポイント還元率(通常) 1.25%
ポイント名:REX POINT
ポイント還元率(最大) 1.75%
条件:リボ払い or JACCSモール経由で1.75%以上の還元率
発行スピード(最短)1週間以上
  • 付帯保険(海外旅行):◎(自動付帯)
  • 付帯保険(国内旅行):○(利用付帯)
  • 付帯保険(盗難保険):あり
  • 付帯保険(ショッピング保険):あり

他実施中キャンペーン:特になし

JCB CARD W

年会費がずっと無料のカードでは最高クラスの実力。普通に使うだけでもお得+特典も豊富なカードです。キャンペーン盛りだくさんの今こそ、入会のベストタイミングです!

JCB CARD W
入会特典インターネット新規入会限定、キャンペーンを組み合わせると最大11,500円分プレゼント!
年会費(初年度) 無料
年会費(2年目~) 無料
ポイント還元率(通常) 1.0%
ポイント名:Oki Dokiポイント
ポイント還元率(最大) 3.5%
条件:加盟店での利用
発行スピード(最短)~3営業日
  • 付帯保険(海外旅行):○(利用付帯)
  • 付帯保険(国内旅行):-
  • 付帯保険(盗難保険):あり
  • 付帯保険(ショッピング保険):あり

他実施中キャンペーン:新規入会の方限定、Amazon利用でポイント10倍!

三井住友カード デビュープラス

超有名なブランド力・セキュリティに安心感があります。入会3ヶ月は還元率2.5%・通常でも還元率1.0%と普段使いで超お得なカードです。はじめてのクレカとして使いやすさで大人気です。最短翌営業日のスピード発行!

三井住友カード デビュープラス
入会特典新規入会&Vpassアプリログインで もれなくご利用金額の20% 最大8,000円プレゼント
年会費(初年度) 無料
年会費(2年目~) 条件付き無料
条件:前年1回以上の利用で年会費無料。通常の2年目以降年会費1,250円+税
ポイント還元率(通常) 1.0%
ポイント名:Vポイント
ポイント還元率(最大) 2.5%
条件:入会後3ヵ月間
発行スピード(最短)~3営業日
  • 付帯保険(海外旅行):-
  • 付帯保険(国内旅行):-
  • 付帯保険(盗難保険):あり
  • 付帯保険(ショッピング保険):あり

他実施中キャンペーン:コンビニ(セブン・ファミマ・ローソン)マクドナルドなど対象店舗でいつでもポイント5倍その他、自分が選んだ対象3店で いつでもポイント2倍も!抽選で買い物が無料(上限10万円)になるキャンペーンも実施中。

「この記事、参考になった!」と思っていただけましたか?

▼ぜひブクマ・シェアお願いします!

周りの方・ご友人が悩んでいる時にもぜひ教えてあげてください。m(_ _)m

運営者プロフィール

学生クレカ管理人

学生クレカ管理人

自分が大学生・未成年時代のお金・クレジットカードの失敗経験をもとに、同じ失敗をする人・クレジットカードについて悩む人をひとりでも減らしたいという気持ちで当サイトを6年以上運営しているクレジットカードの専門家。

 

130枚以上のクレジットカードを比較検討し、累計22枚のカードを所有してきた(大学生の頃は6枚所有)。マイルを累計30万以上保有。航空券をほぼ無料にし、ふらっと旅行に出かけるのが趣味。Amazonでのお買い物も累計40万円分以上、ほぼポイントで済ませている。

 

カード会社幹部や広報部・外部の専門家ともつながりがあり、常に知識をアップデートしている。

 

これからも、少しでもわかりやすい記事を届けられるように努力していきます!

 

▼ブログランキングにも参加しております。当サイトの思想に共感いただける方は、ポチッとおねがいしますm(_ _)m(タップ1回で投票完了します)

 

▼LINEでの相談も、気軽にどうぞ!

かんたん検索でクレジットカードを選ぶ!自分にピッタリなカードが「ズバッと」見つかる人気ランキングからクレジットカードを選ぶ!

自分にピッタリのクレジットカードの選び方がわからない方は、基礎知識・おすすめカードの選び方が一気に学べるトップページをぜひ見てください。→ https://学生クレジットカード.com