送金アプリ「Kyash」は Visa加盟店でクレカのように使えるリアルカードで驚異の2%還元!実店舗でも利用可能・裏技で4.5%還元ってガチ!?

スマホアプリで全て完結Kyashリアルカード

学生にオススメの「Kyash」とは?

kyashは、「プリペイドカード=チャージ」機能が搭載されたスマホ送金アプリです。

『誰でも作れる』『すぐに使える』『どこでも使える』をテーマにしたウォレット(お財布)として使えるサービス!

具体的には

 

  • 1円単位で送金や集金ができる
  • クレジットカードやデビットカードを登録してオートチャージできる
  • アプリだけではなくリアルカード(プリペイドカード)も使える
  • 発行手数料や利用料はなく完全無料
  • 使えるお店はVISA加盟店

キャッシュレス社会が進むにつれて「送金アプリ」や「支払いアプリ」は色々と登場していますが、Kyashは「リアルカードがある」という点から次世代のビジネスモデルでもあります。

じっくり見ていきましょう!

関連記事:電子マネー(Kyash・PayPay・OrigamiPayなど)の面倒なチャージは、クレジットカード経由がおすすめ!いや、むしろチャージ不要な方法がベスト!

Kyashは普通の送金アプリと何が違う?

送金アプリは、アプリ内にお金をチャージして管理できる機能があります。

これによって個人間のお金のやり取りがスムーズになり、代表的なアプリでは「LINE Pay」が有名でしょう。

Kyashもこうした機能を使える送金アプリですが「リアルカードも使える」「2%という凄まじい還元率を誇る」という点が他と差別化されています。

実店舗でも使うことができる「リアルカード」とは?

kyashのリアルカード新登場
Kyashには「リアルカード」と「バーチャルカード」という2つのカードがあります。

  • リアルカード:街中で利用できるプラスチックのプリペイドカード
  • バーチャルカード:カード番号だけが配布されるネット専用のプリペイドカード

リアルカードもバーチャルカードも同じ仕様で「プリペイドカード = チャージ」の機能があります。

さらに、Kyashはこれらのカードへチャージする際にクレジットカードやデビットカードを登録すると、オートチャージが可能になります(送金時・決済時に残高の不足分のみ自動で充当する仕組みです)。

もちろん、クレジットカード等がなくても現金からチャージして使うこともできるので、単に「送金アプリ」+「プリペイドカード」を目的として利用することも可能です。

9割以上の方はクレジットカードのオートチャージで使っているのではないでしょうか?

また、Kyashで発行できるリアルカードは「VISAブランド」なので、街中でもネット上でも多くの加盟店が見つかります。

Kyashで発行できるリアルカードは「VISAブランド」なので、街中でもネット上でも多くの加盟店が見つかる

Kyashに似た、VISAブランドでリアルカードもバーチャルカードもあるサービスといえば「バンドルカード」も有名ですね。

ポチっとチャージ、スゴすぎ...! こんなにカンタンに、すぐ使えるお金(電子マネー)が手に入るんです...

カンタンすぎるので、使いすぎに注意して楽しみましょう^^ ポチっとチャージなら3,000円~20,000円までがカンタンに手に入る

参考:

Kyashの最大のメリットは圧倒的な「キャッシュバック2.0%」

Kyashはリアルカードでキャッシュバック2.0%!

還元率2.0%ということです。これはデカい!

普通に送金アプリを使うだけではキャッシュバックを受けることができませんが「リアルカード」と「バーチャルカード」のいずれかを利用すると、利用額の2.0%が翌月末までにキャッシュバックされます。

単にプリペイドカードを使うだけで2.0%のキャッシュバックを受けられるため、高還元率と言われるクレジットカードやデビットカードと同等以上のお得さがあります。

プリペイドカードはポイントプログラムが搭載されていないタイプも多いので、kyashの還元率は破格な水準です。

クレジットカードも実現不可能な還元率を、なぜ継続して実現できている?

この錬金術のように現れる2%のキャッシュバック、基本的には当分の間、継続する意向のようです。

雑誌に掲載されていたKyash社CFOの李 佳優さんへのインタビューによると…。

Kyash-CFO 李 佳優さん

「一般的なカード会社のシステムや協業関係を工夫し、決済処理システムなど自社で構築できるところは自社で作り、ベンダーへの費用がかかっていない

という特徴がこの高還元率を実現する仕組みの秘訣らしいです。

参考にした記事:
flick! 最新号:2019年2月号 (2019年01月20日発売)
参照:flick! 最新号:2019年2月号 (2019年01月20日発売)

筆者もKyashを日常的に、Google PayのQUICPayメインカードとして使っています。
筆者もKyashを日常的に、Google PayのQUICPayメインカードとして使っています。

キャッシュバックは本当にちゃんと振り込まれます。なんなら月末よりもちょっと早いタイミングで(月末ギリギリでいいのに、企業努力がすごい…!)。

そんなに使っていないのに、ランチ1回くらいの金額が戻ってくるのは嬉しい!

kyashの使い方や安全性について

kyashの使い方や安全性について

Kyashは「アプリをダウンロード」→「リアルカードの申し込み」→「カード発行後にアプリとリンク」だけで、2.0%の還元を受ける準備が完了します。

  1. リアルカードへ申し込む
  2. カードが発行される
  3. アプリ内の「カードマーク」でリアルカードをリンクさせる
  4. ネットや街中でリアルカードを使えば自動的に2.0%キャッシュバック

詳しい設定方法は公式サイトで:https://guide.kyash.co/landing

Kyashのリアルカードの使い方は「ネット上・カード番号入力」の「街中・カード提示」なので、とくに使い方は難しくありません。

また、キャッシュバックは「Kyashの残高」に反映されるので、受け取った金額をそのままkyash経由で利用できるのも便利なポイントです。

驚異の2.0%!本当にKyashの利用は無料?

Kyashは平凡なクレジットカードを作るよりも還元率が高いため「本当に利用は無料なのか?」という疑問が湧く方もおられるでしょう。

  • アプリダウンロード:無料
  • バーチャルカード発行:無料
  • リアルカード発行:無料
  • 年会費:無料
  • 利用手数料:無料(金利が発生する仕組みが存在しない)

この通り、アプリのダウンロードからリアルカードの利用まで、すべてを完全無料で使えます。

また、リアルカードやバーチャルカードの支払いについては、「分割」や「リボ」など手数料が発生する支払方法が存在せず、チャージした金額の範囲で一括払いのみで利用できる仕様です。

安心して使えますね。

Kyashの安全性は問題ない?

Kyashは「端末の管理」と「リアルカードの管理」を徹底すれば、機能的な安全性は問題ありません。

Kyashのアプリは「iOS」と「Andorid」の両端末に対応しており、ダウンロードしたアプリは各端末で管理することができます。

そのため、端末を紛失した場合は不正利用されてしまう可能性があるので、端末にロックをかけるなど管理を徹底しましょう。

リアルカードは「カードを紛失しない」や「カード番号を教えない」など、こちらもカード管理を徹底すればトラブルに遭うことはないでしょう。

また、プリペイドカードならではの安全性としては、もし不正利用されても被害額はあらかじめチャージ分までで留まるという利点もあります。

もし新しいサービスであること、安全性を懸念するようであればデビットカードを使うのも一つの手段です。

※デビットカードはずっと昔からある仕組みで、カードを使うたび銀行口座から引き落とされる仕組みなので、口座残高が利用金額の上限なので使いすぎて借金となる心配もありません。

Kyashは機能性と還元率が優秀!学生にもメリットは大いにある!

Kyashは機能性と還元率が優秀!学生にもメリットは大いにある!

Kyashは以下のような方にとってメリットを感じやすい送金アプリです。

  • クレジットカードを持てない人
  • アプリで送金や集金を円滑にしたい人
  • ポイント還元率の高いカードが欲しい人
  • 使い過ぎを防止したい人
  • ポイントを二重取りしたい人

最大の注目点は「キャッシュバック2.0%」ですが、これはクレジットカードを持てない方にとっても大きな救いです。

すでに何かしらのカードを持っている方もそのカードからチャージをすると「チャージ元のポイント」+「Kyashの2.0%」の二重取りからおおきなメリットを得られます。

※ここ、超重要なポイントなので最後にもう一回解説しますね!

また、送金アプリの機能性も個人間でお金のやり取りをすることが多い方にとっては非常に便利なので、学生なら「飲み会」や「サークル」など、さまざまなシーンでKyashの実用性を見出せそうですね!

「飲み会」や「サークル」など、さまざまなシーンでKyashの実用性が高い
※飲み会は楽しくても、最後のお会計の、現金集めて計算しておつり返して・・・っていうアレ、本当に毎度面倒ですよね。

まとめ:Kyashによってポイント還元率の常識が塗りかえられるかも!?

最後にKyashのポイント還元率について、その凄さをあらためて述べておきたいと思います。

キャッシュレス社会が進んでいくほど、クレジットカードやデビットカードの需要は自然と高くなります。

今のところはクレジットカードのポイント還元率の平均に大きな変化はなく多くのカードが「0.5%~1.0%」となっています。

Kyashはリアルカードというプリペイドカードを経由するだけで2.0%のキャッシュバックを受けることができ、この高還元率は間違いなくキャッシュレス社会の最先端を行く送金アプリです。

今後、同じようなアプリをリリースしようと考える企業が増えてきた場合、Kyashに対抗できる魅力を提供するためには「2.0%」に近いポイント還元率を意識せざる終えないケースも大いに考えられます。

そうなると、送金アプリのポイント還元率の水準が高くなる可能性もゼロではありません。

プリペイドカードはポイント還元率がない、というのは、常識でもあるほど珍しいことではなく、Kyashはその常識を見事に覆した破格なポイント還元率を持つ送金アプリです。

Kyash公式サイト:https://kyash.co/

【注目】実質キャッシュバック4.5%還元になる方法がある!クレカ入会直後のキャンペーンと組み合わせてポイント2重取り

kyash以上の還元率を誇るクレジットカード

入会直後3ヶ月~6ヶ月、年会費無料で還元率が倍以上に高くなるクレジットカードがいくつか存在してます。

これらのクレカを作ってから、リアルカードにチャージすることでポイント二重取り。実質4.0~4.5%の還元率を手にすることができるのです・・・!

キャンペーン期間が終わっても、還元率1%のカードであれば実質3%に。十分にお得です!

▼図で解説するとこんな感じです。
高還元率カードとKyashを組み合わせた二重取りのイメージ

学生にオススメの高還元キャンペーンカード

上記のキャンペーン中にKyashにチャージできれば、還元率は上記+Kyashの2.0%となるので、4.0~4.5%の還元率を手にすることができるわけです。

年会費無料でお得な特典があるカードばかりですし、もし作っていないカードがあれば、この機会に作るのはとてもいい考えだと思います!Kyashとポイント二重取りできれば完璧です。

三井住友VISAデビュープラスカード

超有名なブランド力・セキュリティに安心感があります。さらに入会3ヶ月は還元率2.5%・通常でも還元率1.0%・コンビニ大手(セブン・ファミマ・ローソン)+マクドナルドでの利用は、ポイント還元率がさらに2.0%アップと普段使いで超お得なカード。はじめてのクレカとしての使いやすさで大人気です。

三井住友VISAデビュープラスカード
入会特典キャッシュレスプラン:新規入会&Vpassアプリログインで もれなくご利用金額の20% 最大8,000円プレゼント
年会費(初年度) 無料
年会費(2年目~) 条件付き無料
条件:前年1回以上の利用
ポイント還元率(通常) 1.0%
ポイント名:ワールドプレゼントポイント
ポイント還元率(最大) 2.5%
条件:入会後3ヵ月間
発行スピード(最短)~3営業日
  • 付帯保険(海外旅行):-
  • 付帯保険(国内旅行):-
  • 付帯保険(盗難保険):あり
  • 付帯保険(ショッピング保険):あり

他実施中キャンペーン:コンビニ(セブン・ファミマ・ローソン)マクドナルドなど対象店舗でポイント5倍、Apple PayのiDでお支払いでさらに5倍、合計10倍!

オリコカード THE POINT

入会6ヶ月は還元率2.0%、ネットショッピング・普段のお買い物でポイントがたくさん貯まります。券面がブラックでシンプルかっこいい。クレカだけでなく、ETCカードも年会費がずっと無料!

オリコカード THE POINT
入会特典入会後6ヵ月間はポイント還元率が2.0%にアップ
年会費(初年度) 無料
年会費(2年目~) 無料
ポイント還元率(通常) 1.0%
ポイント名:オリコポイント
ポイント還元率(最大) 2.0%
条件:入会後6ヵ月間はポイント還元率が2.0%にアップ
発行スピード(最短)1週間以上
  • 付帯保険(海外旅行):-
  • 付帯保険(国内旅行):-
  • 付帯保険(盗難保険):あり
  • 付帯保険(ショッピング保険):あり

他実施中キャンペーン:最大8,000円相当分ポイントもらえる!

ちなみにKyashリアルカードのFAQでも、規約的にこの方法が問題ないことを確認済みです。

キャッシュバックについての補足

※2019年2月3日、一部条件改悪につき更新

Kyashのキャッシュバックについて

キャッシュバック率(還元率)は2%ですが、算出方法が一般的なクレジットカードとは異なります。

  • 1回の決済ごとに2%を乗じて算出
  • 月の決済金額の合計ではない
  • 2%を乗じて1円未満は切り捨て

となっており、例として:198円と202円の場合は、198円=3円分、202円=4円分のキャッシュバック。149円の場合、2%=2.98円なので2円分のキャッシュバックというカウントです。

当月1日から末日ご利用の対象分を翌月25日から末日までにキャッシュバックとして付与されます。

※チャージ元となるクレジットカードは、VISA・Masterである必要がありますのでご注意ください。

キャッシュバック対象・非対象の取引判定

原則として下記の決済はキャッシュバック対象です。

  • Kyash Visaバーチャルカードによる決済
  • Kyash Visaリアルカードによる決済
  • Kyash Visaバーチャル/リアルカードを登録したQUICPayによる決済

※GooglePayにKyashと登録し、QUICPayで決済した場合もキャッシュバック対象です(編集部で実験、実証済み)。

ただし、例外・複雑な判定が行われるケースがあります。 下記にまとめてみました。

※スマホの方は、左右にスクロールしてご確認ください。

利用加盟店の例対象/対象外
楽天Pay対象
PayPal対象
Amazon対象
Amazonギフト券対象
モスカード対象
スターバックス カード対象
ドトールバリューカード対象
Yahoo!ウォレット対象
Origami Pay対象
PayPay対象
お買い物キャンセルとなった決済対象外
カード有効性チェックでの減算対象外
WAON対象外
nanaco対象外
楽天Edy対象外
モバイルSuicaアプリでの購入、チャージ対象外
GooglePay経由によるモバイルSuicaアプリでの購入、チャージ対象外
PASMO対象外
ICOCA対象外
SAPICA対象外
PiTaPa対象外
SUGOCA対象外
寄付対象外
公共料金対象外
税金(ふるさと納税含む)対象外
年金対象外
Yahoo!公金支払い対象外
金券、商品券や有価証券等の現金同等物の購入
また金券、商品券や有価証券等の現金同等物を販売しているサイトでの購入
対象外
郵便局の販売サイト対象外
造幣局の販売サイト対象外

※モバイルSuicaへのチャージ、購入について2019年2月3日0時以降のお取引より対象外となりました。2019年2月2日までの6,000円以上/回のお取引で、2019年2月末日までに売上が成立している場合のみ対象となります。

その他、キャッシュバックの対象外となる支払い(公共料金支払い・モバイルSuicaへのチャージ等)は随時更新される可能性があるので下記URLをご確認いただくといいでしょう。

参考:https://support.kyash.co/hc/ja/articles/360001458607

「この記事、参考になった!」と思っていただけましたか?

▼ぜひブクマ・シェアお願いします!

周りの方・ご友人が悩んでいる時にもぜひ教えてあげてください。m(_ _)m

運営者プロフィール

学生クレカ管理人

学生クレカ管理人

自分が大学生・未成年時代のお金・クレジットカードの失敗経験をもとに、同じ失敗をする人・クレジットカードについて悩む人を一人でも減らしたいという気持ちで当サイトを6年以上運営しているクレジットカードの専門家。

 

100枚以上のクレジットカードを比較検討し、累計19枚のカードを所有してきた(大学生の頃は6枚所有)。マイルを累計20万以上保有。航空券をほぼ無料にし、ふらっと旅行に出かけるのが趣味。Amazonでのお買い物も累計30万円分以上、ほぼポイントで済ませている。

 

カード会社幹部や広報部・外部の専門家ともつながりがあり、常に知識をアップデートしている。

 

これからも、少しでもわかりやすい記事を届けられるように努力していきます!

 

▼ブログランキングにも参加しております。当サイトの思想に共感いただける方は、ポチッとおねがいしますm(_ _)m(タップ1回で投票完了します)

 

▼注目コンテンツ!

▼LINEでの相談も、気軽にどうぞ!

かんたん検索でクレジットカードを選ぶ!自分にピッタリなカードが「ズバッと」見つかる人気ランキングからクレジットカードを選ぶ!

自分にピッタリのクレジットカードの選び方がわからない方は、基礎知識・おすすめカードの選び方が一気に学べるトップページをぜひ見てください。→ https://学生クレジットカード.com

失敗しないクレカ選びのポイント!

creca_footer_link