Kyash Visaカードはクレカのように使えて最大+1.0%還元。高還元率カードと紐付けてオートチャージで二重取りしよう!

Kyashと二重取りさせることで還元率2.0%以上が可能になる

kyashは「プリペイドカード」と「送金機能」の両方を備えたスマホアプリです。

『誰でも作れる』『すぐに使える』『どこでも使える』をテーマにしたウォレット(お財布)として使えるサービスです。

【Kyashで具体的にできること】 

  • Kyashで支払いをすると、常時最大1%のキャッシュバック
  • クレジットカードやデビットカードを登録してオートチャージして使うと便利
  • チャージするカードのポイント還元もそのまま受けられるので「ポイント二重取り」ができる
  • アプリだけではなくリアルカード2種類(プリペイドカード)もある
  • 使えるお店はVisa加盟店
  • 1円単位で送金や集金ができる ※あまり使われていない機能

キャッシュレス社会が進むにつれて「送金アプリ」や「支払いアプリ」はいろいろと登場しています。

Kyashのすごい点は「リアルカードがある(2種類)」ことと、「誰でもカンタンにポイント二重取りができる」ことです!

キャッシュレスを「Kyash」でもっとお得に。

魅力をじっくり見ていきましょう!

この記事のもくじ

Kyashは普通の送金アプリと何が違う?

Kyashは普通の送金アプリと何が違う?
Kyashの基本機能は大きく分けて2つです。

  • 支払い:ネットショッピングの買い物に使う(リアルカードを発行すれば実店舗での使用もOK)
  • 送金:個人間のお金のやり取り

送金機能は、アプリ内にお金をチャージしたお金を個人間で送金できるサービスです。ただ、Kyashではあまり使われていないサービスかもしれません。

代表的なアプリでは「LINE Pay」「PayPay」の方が知名度があり有名でしょう。

Kyashもこうした機能を使える送金アプリですが、今は支払い側の機能である「リアルカードも使える」・「還元率が1.0%を誇る」「カンタンにポイント二重取りができる」という点が他と差別化され人気になっています。

Visa搭載なので全国ほとんどのお店で、まるでクレカのようにサクサク使える

Kyashで発行できるリアルカードは「Visaブランド」なので、街中でもネット上でも多くの加盟店が見つかる

Kyashで発行できるカードはすべて「Visaブランド搭載」なので、街中でもネット上でも多くの加盟店が見つかります。

国際ブランドの中でも加盟店が多いVisaですので、決済で困ることはないでしょう。

■参考:クレジットカードの国際ブランドのVisa・MasterCard・JCB・AMEXって何?どれを選べばいいの?

Kyashで発行されているカード3種類

 

【Kyashで発行されているカード3種類】

  1. バーチャルカード:ネット専用のプリペイドカード
  2. Kyash Card:実店舗で使えるリアルカード(発行手数料300円)
  3. Kyash Card Lite:海外の実店舗でも使えて還元率が1.0%のリアルカード(発行手数料900円)

▼3つのカードの違いは下記表の通りです。

名称Kyash Card
Kyash Card LiteKyash Card Virtual
券面イメージKyash Card(券面画像)Kyash Card Lite(券面画像)Kyash Card Virtual(券面画像)
ICチップ
(4桁暗証番号)
--
Visaタッチ決済--
Apple Pay
(QUICPay決済)
Google Pay
(QUICPay決済)
国内利用オンライン決済のみ
海外利用オンライン決済のみオンライン決済のみ
1回あたりの
決済上限
30万円5万円3万円
(本人認証なし:5千円)
月あたりの
決済上限
100万円12万円12万円
(本人認証なし:2万円)
ポイント還元率
※一部対象外取引あり
1%0.5%0.5%
月あたりの
還元対象決済上限
12万円12万円12万円
発行手数料900円300円無料
年会費無料無料無料
本人確認書類必要不要不要
ポイント!

最初に900円の発行費用がかかってしまいますが、年会費はずっと無料で使えますし、便利なリアルカードを発行してしまうのがオススメです。

※筆者もリアルカードを発行し、高還元率カードと紐付けて使っています。
筆者のKyash Card

Kyash Card LiteとKyash Cardは、リアルカードと呼ばれており実際に物理カードが手元に届きます。

リアルカードもバーチャルカードも同じ仕様で「プリペイドカード式」のため、利用には事前のチャージが必要です。

Kyashにクレジットカードやデビットカードを登録すると、オートチャージが可能になります。残高が0円の状態であっても、登録されたカードから同額をオートチャージする仕組みで使えます。

注意!

もちろん、クレジットカード等がなくても現金からチャージしてKyashを使うことはできます。ただ、多くの人はKyash+クレジットカードを組み合わせて、オートチャージでポイント2重取りをして使っています。

バーチャルカード

Kyashバーチャルカード
バーチャルカードは発行手数料無料で、メールアドレスと携帯電話番号があれば1分で作成できます。

バーチャルカードですので、使えるのはネット上での決済のみです。

使える場所は限られますが、今までクレジットカードを持てなかった層にとっては救世主のようなカードといえます。

Kyash Card Lite

Kyash Card Lite
「Kyash Card Lite」は実物が手元に届くリアルカードですので全国の実店舗(Visa加盟店)で使用できます。

プリペイドカードですので、審査や本人確認なしに発行できますよ!

発行手数料300円が必要です。

注意!

LiteではなくKyash Cardの方がデザインが洗練されており機能も充実していることと、発行費用&還元率の差もすぐ解消できるので、筆者は最上位のKyash Cardをイチオシします!

Kyash Card

Kyash Card
2020年2月より新しく発行できるようになったのが、この「Kyash Card」です。

デザインはKyash Card Liteよりもスタイリッシュで、Visaのタッチ決済にも対応しています。

Kyash Card 3枚のリアルカードデザイン

2020年~の流行りである、カード番号やセキュリティコードなどの個人情報をすべて裏面に集約させたデザイン。かつどんなシーン・お財布やカードケースにも馴染みやすい3色展開。

そして、Kyash Cardならポイント還元率は1.0%と高還元に。

▼【再掲】3枚のカードを比較したい方は下記の表で。

名称Kyash Card
Kyash Card LiteKyash Card Virtual
券面イメージKyash Card(券面画像)Kyash Card Lite(券面画像)Kyash Card Virtual(券面画像)
ICチップ
(4桁暗証番号)
--
Visaタッチ決済--
Apple Pay
(QUICPay決済)
Google Pay
(QUICPay決済)
国内利用オンライン決済のみ
海外利用オンライン決済のみオンライン決済のみ
1回あたりの
決済上限
30万円5万円3万円
(本人認証なし:5千円)
月あたりの
決済上限
100万円12万円12万円
(本人認証なし:2万円)
ポイント還元率
※一部対象外取引あり
1%0.5%0.5%
月あたりの
還元対象決済上限
12万円12万円12万円
発行手数料900円300円無料
年会費無料無料無料
本人確認書類必要不要不要
注意!

あえてデメリットを挙げるとしたら、月あたりの還元対象決裁上限金額はどのカードも12万円なこと。筆者含め多くの人は毎月12万円以内の出費でコントロールできるかもしれませんが、大きな買い物や毎月12万円を大きく超えて出費する方は、それ以上の部分に関してKyash以外を検討する必要があります。

【コラム】Kyashとバンドルカード

Kyashに似た、Visaブランドでリアルカードもバーチャルカードもあるサービスといえば「バンドルカード」も有名です。

バンドルカードはポイント還元サービスがない代わりにポチっとチャージという機能で差別化、また年齢制限を撤廃しているため中高生にも人気があるカードに仕上がっています。

ポチっとチャージ、スゴすぎ...! こんなにカンタンに、すぐ使えるお金(電子マネー)が手に入るんです...

カンタンすぎるので、使いすぎに注意して楽しみましょう^^ ポチっとチャージなら3,000円~20,000円までがカンタンに手に入る

■詳細:学生の間で人気急上昇中!バンドルカードとは?作り方・使い方のまとめ。メルカリ・Amazon・海外でも使えるプリペイドカード。10代中高生でも作れてコンビニで簡単にチャージできます

Kyashの最大のメリット:1.0%のポイント還元・二重取り

利用額に応じて0.5%or1.0%分のポイントが貯まります。

100円で1ポイント貯まり、ポイントは1円相当で利用できます。

二重取りでポイント還元が受けられるプリペイドカードは唯一無二の存在、この点はKyashの強みです!

キャッシュレスを「Kyash」でもっとお得に。
 

【ポイント還元率 一覧】

  1. バーチャルカード:0.5%
  2. Kyash Card Lite:0.5%
  3. Kyash Card:1.0%

Twitter上の口コミでは、ポイント還元率・二重取りで活用する声が多く見られました。

▼オートチャージには、還元率が高いカードを選ぶとさらにお得に。


※筆者もエポスゴールドを新規発行してKyashと紐付ける作戦です。

▼ポイント還元率だけでなく、無駄なく使えるのもKyashの魅力の一つです。

▼二重取りはいいけど、クレジットカード明細がわかりくくなってしまうというのは確かに一理あります。

ポイントが付与されるタイミング

売上確定タイミングでポイントも確定し還元されます。

すぐに反映されるときもあれば、お店によって少し遅れることもあるみたいです。

  • 売上確定タイミングにてポイントが確定し還元されます。
  • 売上未確定の場合、ポイント未確定のままとなります。

お支払い時点では仮売上のため、ポイント還元の確定ではございません

引用:Kyashポイントについて

kyashのデメリット

Visa・Mastercardブランドのカードしかチャージに登録できない

Kyash Visaカードに登録できるチャージ用のカードは下記の通りの制限があります。

  • VisaまたはMastercardブランドのクレジットカード
  • VisaまたはMastercardブランドのデビットカード
  •  ※VisaまたはMastercardブランドのプリペイドカードはご登録いただけません。

  • ご本人様名義のカード
  • 有効期限内のカード
  • 利用停止等になっていない有効なカード

よって、JCB・AMEX等のカードはチャージ元として登録ができません。

毎月無制限にポイント還元されるわけではなく、上限は12万円

月あたりの還元対象決裁上限金額はどのカードも12万円です。

筆者含め多くの人は毎月12万円以内の出費でコントロールできるかもしれませんが、大きな買い物や毎月12万円を大きく超えて出費する方は、それ以上の部分に関してKyash以外を検討する必要があります。

ポイント還元対象外の取引があるので注意

下記の支払いはポイント還元の対象外になるので要注意です。

  • 売上未確定のままのお取引
  • 交通機関へのお支払い(定期券、乗車券、切符、回数券、特急券などの料金)
  • 鉄道、バス、モノレール、ケーブルカーなど
  • モバイルSuicaアプリでの購入、チャージ
  • Apple Pay/Google Pay経由によるモバイルSuicaアプリでの購入、チャージ
  • 税金のお支払い
  • ふるさと納税、税金各種
  • 公共料金のお支払い
  • 寄付金のお支払い
  • 金券、商品券や有価証券等の現金同等物の購入
  • また金券、商品券や有価証券等の現金同等物を販売しているサイトでの購入
  • 郵便局でのお支払い(実店舗・オンライン)
  • 造幣局の販売サイトでのお支払い
  • 代金未回収が発生しているお取引
  • 本人または第三者による不正利用と弊社が判断したお取引

参考:Kyashポイント還元対象外となる取引 – Kyashポイントについて

kyashの使い方や安全性について

kyashの使い方や安全性について

Kyashは「アプリをダウンロード」→「リアルカードの申し込み」→「カード発行後にアプリとリンク」だけで、1.0%のポイント還元を受ける準備が完了します。

【Kyashの設定方法】

  1. リアルカードへ申し込む
  2. カードが発行される
  3. アプリ内の「カードマーク」でリアルカードをリンクさせる
  4. ネットや街中でリアルカードを使えば自動的に1.0%ポイント還元

>>詳しい設定方法は公式サイトで:https://guide.kyash.co/landing

Kyashのリアルカードの使い方は「ネット上・カード番号入力」の「街中・カード提示」なので、とくに使い方は難しくありません。

また、ポイント還元は「Kyashの残高」に反映されるので、受け取った金額をそのままkyash経由で利用できるのも便利なポイントです。

Kyashの利用は無料なの?

Kyashはバーチャルカードの利用のみなら、完全無料で利用できます。

ただし、残りの2枚のリアルカードに関しては、発行手数料が必要です。

年会費は無料で利用できます。

  • アプリダウンロード:無料
  • バーチャルカード発行:無料
  • Kyash Card Lite発行:300円
  • Kyash Card発行:900円
  • 年会費:すべて無料
  • 利用手数料:無料(金利が発生する仕組みが存在しない)

バーチャルカード・リアルカードともに、金利が発生するような機能・支払いがないのも安全に利用できるポイントですね!

Kyashの安全性は問題ない?

Kyashは「端末の管理」と「リアルカードの管理」を徹底すれば、機能的な安全性は問題ありません。

Kyashのアプリは「iOS」と「Andorid」の両端末に対応しており、ダウンロードしたアプリは各端末で管理することができます。

そのため、端末を紛失した場合は不正利用されてしまう可能性があるので、端末にロックをかけるなど管理を徹底しましょう。

リアルカードは「カードを紛失しない」や「カード番号を教えない」など、こちらもカード管理を徹底すればトラブルに遭うことはないでしょう。

▼Kyashのアプリ自体は、2020年のリニューアル以降、安全性が強化されています。

Kyashアプリの安全設計①:安心の設定が思いのままに

Kyashアプリの安全設計①:安心の設定が思いのままに
アプリ内のカード設定で、利用上限設定、海外実店舗決済やオンライン決済のオン・オフ、カード自体のロックが自在に設定できるため、カードを安心して利用することができます。

Kyashアプリの安全設計②:すぐにわかる&使いすぎない

Kyashアプリの安全設計②:すぐにわかる&使いすぎない
決済するとリアルタイムにスマホに通知が届いて履歴に反映されるので、利用後の残高や明細をすぐに確認できて、カードの管理がしやすくなります。

また、使う分だけ登録カードからチャージもできるので、使いすぎる心配がありません。

どうしても心配ならデビットカードもあり

Kyashはサービス開始から数年は経過していますが、それでも新しいサービスなのでどうしても心配になる方もいるはずです。

そんな方は、カードと銀行口座が紐づいた「デビットカード」を使用するのもいいでしょう!

■詳細:デビットカードは学生・高校生にもオススメ!審査なしが最大のメリット・作り方・海外での使い方やポイントなどデメリットまでも徹底解説!

まとめ:Kyashによって、キャッシュレスの常識が塗りかえられるかも!?

キャッシュレス社会が進んでいくほど、クレジットカードやデビットカードの需要は自然と高くなります。

今のところはクレジットカードのポイント還元率の平均に大きな変化はなく多くのカードが「0.5%~1.0%」となっています。

Kyashはリアルカードは単体で還元率1.0%を誇り、さらに別カードを紐づければ2%越えの還元率を受けることもできます。

プリペイドカードはポイント還元率がない、という常識を見事に覆したサービスです。

キャッシュレスを「Kyash」でもっとお得に。

【注目】実質還元率を3%以上に!入会キャンペーンが強いクレカと紐づけてポイント2重取りを徹底攻略

kyash以上の還元率を誇るクレジットカード

入会直後3ヶ月~6ヶ月、年会費無料で還元率が倍以上に高くなるクレジットカードがいくつか存在してます。

これらのクレカを作ってから、リアルカードにチャージすることでポイント二重取り。

キャンペーン期間が終わっても、還元率1%のカードであれば常時2.0%の還元率。十分にお得です!

学生にオススメの高還元キャンペーンカード

三井住友カード デビュープラス」は、入会後3ヶ月は還元率が2.5%になります。

このキャンペーンとKyash、そして消費者還元事業をすべて利用することで、最大8.5%もの高還元率で買い物ができます。

Kyashが改悪したとは言え、高還元率カードとのポイント二重取りはまだまだ魅力的です。

三井住友カード デビュープラス

超有名なブランド力・セキュリティに安心感があります。入会3ヶ月は還元率2.5%・通常でも還元率1.0%と普段使いで超お得なカードです。はじめてのクレカとして使いやすさで大人気です。最短翌営業日のスピード発行!

三井住友カード デビュープラス
入会特典新規入会&Vpassアプリログインで もれなくご利用金額の20% 最大8,000円プレゼント
年会費(初年度) 無料
年会費(2年目~) 条件付き無料
条件:前年1回以上の利用で年会費無料。通常の2年目以降年会費1,250円+税
ポイント還元率(通常) 1.0%
ポイント名:ワールドプレゼントポイント
ポイント還元率(最大) 2.5%
条件:入会後3ヵ月間
発行スピード(最短)~3営業日
  • 付帯保険(海外旅行):-
  • 付帯保険(国内旅行):-
  • 付帯保険(盗難保険):あり
  • 付帯保険(ショッピング保険):あり

他実施中キャンペーン:コンビニ(セブン・ファミマ・ローソン)マクドナルドなど対象店舗でいつでもポイント5倍その他、自分が選んだ対象3店で いつでもポイント2倍も!

【コラム】高還元率をなぜ継続して実現できている?

この錬金術のような1.0%のキャッシュバック、2019年2月時点の情報では当分の間、継続させる意向のようです。

雑誌に掲載されていたKyash社CFO(最高財務責任者)の李 佳優さんへのインタビューによると……。

Kyash-CFO 李 佳優さん

一般的なカード会社のシステムや協業関係を工夫し、決済処理システムなど自社で構築できるところは自社で作り、ベンダーへの費用がかかっていない

引用:flick! 2019年2月号 (2019年01月20日発売)

自社構築できる部分は自社で作っている点に、高還元率を実現する秘訣があるようですね。

画像の出典

  • 出典:Kyash(公式サイト)
  • 参考にした記事

    flick! 最新号:2019年2月号 (2019年01月20日発売)
    参考:flick! 2019年2月号 (2019年01月20日発売)

    「この記事、参考になった!」と思っていただけましたか?

    ▼ぜひブクマ・シェアお願いします!

    周りの方・ご友人が悩んでいる時にもぜひ教えてあげてください。m(_ _)m

    運営者プロフィール

    学生クレカ管理人

    学生クレカ管理人

    自分が大学生・未成年時代のお金・クレジットカードの失敗経験をもとに、同じ失敗をする人・クレジットカードについて悩む人をひとりでも減らしたいという気持ちで当サイトを6年以上運営しているクレジットカードの専門家。

     

    130枚以上のクレジットカードを比較検討し、累計22枚のカードを所有してきた(大学生の頃は6枚所有)。マイルを累計30万以上保有。航空券をほぼ無料にし、ふらっと旅行に出かけるのが趣味。Amazonでのお買い物も累計40万円分以上、ほぼポイントで済ませている。

     

    カード会社幹部や広報部・外部の専門家ともつながりがあり、常に知識をアップデートしている。

     

    これからも、少しでもわかりやすい記事を届けられるように努力していきます!

     

    ▼ブログランキングにも参加しております。当サイトの思想に共感いただける方は、ポチッとおねがいしますm(_ _)m(タップ1回で投票完了します)

     

    ▼LINEでの相談も、気軽にどうぞ!

    かんたん検索でクレジットカードを選ぶ!自分にピッタリなカードが「ズバッと」見つかる人気ランキングからクレジットカードを選ぶ!

    自分にピッタリのクレジットカードの選び方がわからない方は、基礎知識・おすすめカードの選び方が一気に学べるトップページをぜひ見てください。→ https://学生クレジットカード.com

    失敗しないクレカ選びのポイント!