まずは落ち着いて!クレジットカードの明細に身に覚えのない請求・不正利用らしき内容を発見したら確認すべきこと


身に覚えのない請求、まずは事実確認。不正利用の疑いがあれば、すぐにカード会社に連絡!

クレジットカードの明細で身に覚えのない請求があると、驚いてしまいますよね。

まずは、明細をもとに実際に利用したか事実を確認することが大切です。利用明細をウェブor電話or書類で確認しましょう。

そして、不正利用である疑いが濃厚な時には、被害を増やさないためにも、すぐクレジットカード会社に連絡することが重要です。

そんな時のチェックポイントと、実際に不正利用された場合の対応方法をまとめました。

いざという時のためにも、ぜひご参考になさってください。

見に覚えのない請求があったら、まず確認したい3つのこと

あわててコールセンターに連絡する前にまず確認

クレジットカードの明細で身に覚えのない請求があっても、すぐにクレジットカード会社のコールセンターやサポートデスクに連絡するのは、ちょっと考えものです。

たとえ、見に覚えがなくても、利用したことを忘れてしまったということもあります。(筆者も焦ってやってしまったことがあります…。不正利用と疑わしい支払いが、よく調べなおすと自分の買い物の支払いでした。)

確認すべき3つのポイント

カード会社に連絡する前に、以下の3点をまず確認してください。

【確認1】利用明細の日付がずれていないか

利用明細の日付が、実際にクレジットカードで購入した日付と必ずしも一致するとは限りません。

加盟店がカード会社に請求をするのが利用日翌日以降になることもあるからです。

とくに、カード会社の締め日に間に合わなかったりすると、月をまたいでしまうこともあることに注意してください。

【確認2】家族カード利用分ではないか

家族カードを発行している場合は、家族カード利用分も本人会員に請求がきます。

したがって、誰かの家族カード利用による請求ではないか、家族に確認しましょう。

※このケースは、家族カードを持たされている人ではなく、メインカード発行側のケースですね。

【確認3】利用会社名・店舗名

加盟店の会社名や店舗名が、消費者向けの屋号とカード会社への登録名とは異なっていることもあります。

わりとよくあるケースなので、確認してみましょう。

不正利用されたら、なによりクレジットカード会社が頼り!

不正利用の疑いがあれば、カード会社にまず連絡!

クレジットカードが盗難被害にあったり、紛失した結果、不正に利用された場合は、会員個人が対処できる余地はほとんどないといってよいでしょう。

まずは、クレジットカード会社のコールセンター・サポートデスクなどに、不正利用があった旨を迅速に連絡することが重要です。

クレジットカード会社が盗難・紛失による不正利用の事実を知らないと、会員が正常に使用していると捉えられて、被害が拡大してしまうからです。

早めにカード会社に連絡するように心がけましょう。

盗難・紛失の届出があると、カード会社はどんな対応をするの?

カード会社は会員から盗難・紛失の届出があると、クレジットカードの利用停止手続きをとります。そして、実際に不正利用がされたのかを調査します。

その際に、会員の届出に虚偽があったり、調査に協力しないと、保険金が支払われません。正確に事実を届出て、調査に協力するようにしましょう。(このことについては、次のクレジットカード盗難保険の章で説明してあります)

不正利用が明らかになると、盗難保険を申請します。

今までのカードは無効! 新しいカードを再発行

不正利用されたクレジットカードは無効にされます。その後に新たなカードが再発行されます。再発行されるまでは、当然該当するクレジットカードが利用できないので他のカードを使いましょう。

ネットショッピングなどが利用できなくなるおそれもあるので、クレジットカードは複数枚保有していると安心です。

その時のために…。このあたりのカードを持っておくといいですよ。

1枚目に人気のカードの例

三井住友VISAデビュープラスカード

2枚目・3枚目に人気のカードの例

セゾンブルーアメックスカード
楽天カード
ライフカード

これだけは知っておきたい!クレジットカード盗難保険

クレジットカード盗難保険って?

クレジットカードが盗難にあったり、紛失した時にカード会社に届出をすると、そのクレジットカードは利用停止手続きがなされ、無効になります。

カードが無効になる前に不正利用された場合の損害を補填してくれるのが、クレジットカードの盗難保険です。

クレジットカード会社と損害保険会社が盗難保険契約を結んでいるので、カードに入会すると、会員はこの盗難保険に加入したことになります。

カード会社によって違いはありますが、通常は盗難・紛失の届出日からさかのぼって60日前までの損害が補填されるのが一般的です。

カード盗難保険の免責条項って?

クレジットカードが盗難・紛失した結果、不正利用されたとしても、すべての損害が補償されるというわけではありません。

保険会社から保険金が支払われずに、会員が損害を負担しなければならないケースがあるのです。そのようなケースを免責条項といいます。

免責条項はクレジットカードの利用規約にされています。

したがって、利用規約違反になるようなクレジットカードの使い方をすると、盗難保険が適用されないことがあるので注意が必要です。

会員のカードやカード情報の管理に落ち度がある場合も、保険が適用されなくなるので注意してください。

次に、代表的な免責条項をご説明するので、ぜひ確認しておいてください。

要チェック。こんなケースは保険金がもらえない!

カード・カード情報の管理がズサン

カードを他人に貸したり、譲ったりするのはNGです。逆に友達などから借りたクレジットカードが盗難・紛失して不正利用されても保険金はおりません。

また、クレジットカードの暗証番号などの重要情報を教えたりしてもいけません。SNSにクレジットカードの写真を掲載するなどして、被害にあうケースもでています。

カードとカード情報はしっかり管理するように心がけてください。

家族や同居人が不正利用した

不正利用したのが家族や同居人の場合には、保険金は補償されません。家族だけでなく、同居人も対象であることに注意してください。

会員本人が知らない場合でも保険金は適用になりません。家庭内であってもカード・カード情報の管理はきちんとしましょう。

盗難・紛失の届出に虚偽がある場合

嘘をついて届出した場合も、もちろん保険金は支払われません。

一定期間届出がない場合

クレジットカード会社によって違いはありますが、一定期間盗難・紛失の届出をしないと、保険が適用されないこともあるので注意してください。

カード会社の調査に協力しない場合

クレジットカード会社がおこなう被害状況調査などに協力しないと、保険金が支払われないこともあります。

時には書類の提出などを求められることもあって手間がかかりますが、きちんと協力したほうが安心です。

最後に。やっぱり大切なのは日頃のカード管理!

クレジットカードの身に覚えのない請求があると、誰でもあわててしまうものです。そんな場合は、まず落ち着いて事実を確認しましょう。

そして、不正利用であるということがわかったら、まずクレジットカード会社のコールセンターやサポートデスクに連絡しましょう。

カード会社が調査を始めたら、きちんと協力することも重要です。

しかし、なんといっても一番大切なのは、常日頃からカードとカード情報の管理をきちんとすることでしょう。

便利なクレジットカードだけに、利用の仕方と管理は注意したいものです。

また、実際に不正利用の被害にあった場合には、そのクレジットカードは利用停止、そして再発行となるので再発行されるまでは利用できなくなります。

クレジットカードを1枚しか保有していないと、その間ネットショッピングを始め、さまざまな決済ができなくなってしまって不便です。

そのためにもクレジットカードは複数所有しておくことをオススメします。

関連記事:クレジットカードの不正利用・悪用・詐欺・スキミング手口とは!?

不正利用対策など、セキュリティに強いカードを持ちたいものです。
[三井住友VISAデビュープラス]


このページを閉じる前に、要チェック!

当サイトで学生さんの申込が多いクレジットカードのランキングです。

最新!当サイトで申込の多いクレカ!
【1位】三井住友VISAデビュープラスカード
【2位】セゾンブルー・アメックス
【3位】JCB CARD Wライフカード
オススメカードについての解説

初めてのカード・二枚目のカードを悩んでいる方は、この4枚をまずはチェック!

【1位】三井住友VISAデビュープラスカード
【2位】セゾンブルー・アメックス
【3位】JCB CARD Wライフカード

自分にピッタリのクレジットカードの選び方がわからない方は、基礎知識・おすすめカードの選び方が一気に学べるトップページをぜひ見てください。→ https://学生クレジットカード.com

失敗しないクレカ選びのポイント!

creca_footer_link