クレジットカードの「身に覚えのない請求」の対応・対策まとめ!不正利用・不正請求から自分の身を守れ!海外での事例も。

クレジットカードの明細で身に覚えのない請求があると驚いてしまいますよね…。

当記事では「身に覚えのない請求」があった時の対処を対策を詳しく説明します!

焦らず対処するのが大切なので、まずは落ち着いて、一つずつ進めていきましょう。

 

また、「不正利用」の観点でいうと、以下の2パターンで対応が若干変わります。

自分の知りたい部分の情報を得てください。

  • カードは手元にあるけど、不正利用されている疑いがある場合
    >>このまま読み進めてください
  • カードを紛失・盗難されてしまい、不正利用されている疑いがある場合
    >>クリックしたら該当部分に移動します

この記事のもくじ

見に覚えのない請求があったら、まず確認したい3つのこと

クレジットカードで見に覚えのない請求があったら、まず確認したい3つのこと

身に覚えのない請求があったとしても、まずは明細をもとに実際に利用したか事実を確認することが大切です。

利用明細をウェブ or 電話 or 書類で確認しましょう(確認すべき3つのことは、これから解説します)

そして、確認事項を3つチェックした上で不正利用である疑いが濃厚な時には、被害を増やさないためにも、すぐクレジットカード会社に連絡することが重要です。

【不正請求の確認1】利用明細の日付がずれていないか

利用明細の日付が、実際にクレジットカードで購入した日付と必ずしも一致するとは限りません。

加盟店がカード会社に請求をするのが利用日翌日以降になることもあるからです。

とくに、カード会社の締め日に間に合わなかったりすると、月をまたいでしまうこともあることに注意してください。

【不正請求の確認2】家族カード利用分ではないか

家族カードを発行している場合は、家族カード利用分も本人会員に請求がきます。

したがって、誰かの家族カード利用による請求ではないか、家族に確認しましょう。

※このケースは、家族カードを持たされている人ではなく、メインカード発行側のケースですね。

【不正請求の確認3】利用会社名・店舗名(海外で利用した時も要チェック)

実は商品、サービスを販売提供している会社名と異なる請求元になっていることがよくあるので、いきなり不正利用と決めつけない方が良い場合もあります。

わりとよくあるケースなので、確認してみましょう。

実例:マッチングアプリ「with」の利用店は「アイビー」で請求される

クレジットカードの請求元

メンタリストのDaigoが監修しており、CMなどもやっているので知っている方も多いはず。

マッチングアプリ「with」を例に見ていきます。

マッチングアプリwithの特定商取引法に基づく表記(https://with.is/specified_commercial)を確認して、お支払い方法をよく見てみると…

クレジットカードの決済の場合、ブランドによって明細に表示される請求名が異なります。

と記載されていますね!

これはwithのマッチングアプリを使ったことをカモフラージュするための心遣いのようにも思えますね。

ある意味とてもいい配慮だと感じます。

実はこういった例は多く、サービス名とは異なる名前での請求は結構あります。運営元の会社名で請求されていたり、決済代行会社(カード会社)の名前で請求されている場合が多いです。

何も知らずにクレジットカードのWeb明細をみたら「なんの支払いだ?!」となりますよね^^;

驚くのも仕方ないです。

このように、アプリの課金・家賃の請求・マッチングアプリなどをはじめ、さまざまな支払いにおいて、Web明細に知らない請求名が記載されることがあります。

なので、まずは請求名をWebで検索してみて、自分が購入したものや使ったサービスで該当するものがないか確認しましょう。

「クレジットカード 明細 ※請求元の名称」などでGoogle検索してみましょう。

気づかぬうちに不正利用されないための対策

毎月Web明細で身に覚えのない請求がないかチェック

毎月、きちんと請求書をチェックしましょう!

Web明細でも、紙の明細でも構いません。

後述しますが、クレジットカードの不正利用に対しては補償があります。

しかし補償期間は60日であることがほとんどなので、最低月1で確認しましょう!

参考:クレジットカードの利用明細(Web明細)は必ず確認!利用状況を把握するのが重要!

正直、月1のチェックでも心もとない…

例えば、月末締め翌月末払いのカードの場合、10/1に不正利用されたものがわかるのが11月に入ってからになりますよね。

この場合だと、すでに30日経過していることになります。

もしも、確認が遅れると、すぐに60日経過してしまって補償適応外になってしまいます。

ポイント!

2週間に1度くらいはWebで「身に覚えのない請求がないか?」と確認するのを推奨します。

紛失・盗難でクレジットカードが不正利用されたらやるべき2つのこと

紛失・盗難でクレジットカードが不正利用されたらやるべき2つのこと

ここまでは、手元にカードがある状態での不正利用された時の対応や対策でした。

ここからはカードを紛失したり盗難された時の対応や対策です!

紛失・盗難にあったらすぐにカード会社にまず連絡(海外だとしてもすぐ連絡を!)

クレジットカードが盗難被害にあったり、紛失した結果、不正に利用された場合は、会員個人が対処できる余地はほとんどないといってよいでしょう。

まずは、クレジットカード会社のコールセンター・サポートデスクなどに、不正利用があった旨を迅速に連絡することが重要です。

クレジットカード会社が盗難・紛失による不正利用の事実を知らないと、会員が正常に使用していると捉えられて、被害が拡大してしまうからです。

早めにカード会社に連絡するように心がけましょう。

注意!

海外で紛失してしまったとしても、できる限り早くカード会社に連絡しましょう。場合によっては海外からの電話対応デスクも用意されているので、紛失したカードについて落ち着いて調べましょう。

今までのカードは無効になり、新しいカードを再発行

カード会社に不正利用の旨を伝えると、カードの利用停止の手続きに進むため、不正利用されたクレジットカードは無効にされます。

その後に新たなカードが再発行されます。

盗難・紛失したカードの予備のカードをすぐに発行しておく

カードの利用停止をしてからカードが再発行されるまでは、当然該当するクレジットカードが利用できないので他のカードを使わなければいけません。

ネットショッピングなどが利用できなくなるおそれもあるので、クレジットカードは複数枚保有していると安心です。

いざ、という時のために、以下のカードを持っておくといいですよ。

※年会費・入会金が無料で損することがないカードです。そしてカードのセキュリティが優れていると言われているカードです。

ちなみに、上から3枚は当サイトで人気TOP3のカードです!

セキュリティ面以外にもメリットが多いおすすめクレカです。

これだけは知っておきたい!クレジットカード盗難保険

クレジットカード盗難保険

そもそもクレジットカード盗難保険って?

クレジットカードが盗難にあったり、紛失した時にカード会社に届出をすると、そのクレジットカードは利用停止手続きがなされ、無効になります。

カードが無効になる前に不正利用された場合の損害を補填してくれるのが、クレジットカードの盗難保険です。

クレジットカード会社と損害保険会社が盗難保険契約を結んでいるので、カードに入会すると、会員はこの盗難保険に加入したことになります。

カード会社によって違いはありますが、通常は盗難・紛失の届出日からさかのぼって60日前までの損害が補填されるのが一般的です。

注意!カード盗難保険の免責条項について

クレジットカードが盗難・紛失した結果、不正利用されたとしても、すべての損害が補償されるというわけではありません。

保険会社から保険金が支払われずに、会員が損害を負担しなければならないケースがあるのです。

そのようなケースを免責条項といいます。

免責条項はクレジットカードの利用規約にされています。

したがって、利用規約違反になるようなクレジットカードの使い方をすると、盗難保険が適用されないことがあるので注意が必要です。

注意!

会員のカードやカード情報の管理に落ち度がある場合も、保険が適用されなくなるので注意してください。

次に、代表的な免責条項をご説明するので、ぜひ確認しておいてください。

要チェック!こんなケースは保険金がもらえない

不正利用の補償期間内だったとしても、補償が受けられないケースもあります。

今から「実際に補償が受けられないケース」を説明します。

該当箇所がないかチェックするだけではなく、今後のためにきっちり理解しておくことが大切です。

①カード・カード情報の管理がズサン

カードを他人に貸したり、譲ったりするのはNGです。逆に友達などから借りたクレジットカードが盗難・紛失して不正利用されても保険金はおりません。

また、クレジットカードの暗証番号などの重要情報を教えたりしてもいけません。

SNSにクレジットカードの写真を掲載するなどして、被害にあうケースもでています。

また、カードと暗証番号がわかるものを一緒に管理していた場合もアウトです。

②家族や同居人が不正利用した

不正利用したのが家族や同居人の場合には、保険金は補償されません。

家族だけでなく、同居人も対象であることに注意してください。

会員本人が知らない場合でも保険金は適用になりません。家庭内であってもカード・カード情報の管理はきちんとしましょう。

③盗難・紛失の届出に虚偽がある場合

嘘をついて届出した場合も、もちろん保険金は支払われません。

④一定期間届出がない場合

クレジットカード会社によって違いはありますが、一定期間盗難・紛失の届出をしないと、保険が適用されないこともあるので注意してください。

基本的には60日間ですが、カードによって違う場合もあるので、要チェックです。

⑤カード会社の調査に協力しない場合

クレジットカード会社がおこなう被害状況調査などに協力しないと、保険金が支払われないこともあります。

時には書類の提出などを求められることもあって手間がかかりますが、きちんと協力したほうが安心です。

まとめ:やっぱり大切なのは日頃のカード管理!

クレジットカードの身に覚えのない請求があると、誰でもあわててしまうものです。

そんな場合は、まず落ち着いて事実を確認しましょう。

そして、不正利用であるということがわかったら、まずクレジットカード会社のコールセンターやサポートデスクに連絡しましょう。

カード会社が調査を始めたら、きちんと協力することも重要です。

しかし、なんといっても一番大切なのは、常日頃からカードとカード情報の管理をきちんとすることでしょう。

便利なクレジットカードだけに、利用の仕方と管理は注意したいものです。

また、実際に不正利用の被害にあった場合には、そのクレジットカードは利用停止、そして再発行となるので再発行されるまでは利用できなくなります。

クレジットカードを1枚しか保有していないと、その間ネットショッピングを始め、さまざまな決済ができなくなってしまって不便です。

そのためにもクレジットカードは複数所有しておくことをオススメします。

不正利用対策など、セキュリティに強いカードを持ちたいものですね。

持ちやすく・使いやすい2枚はコレ!セキュリティも強い!?

三井住友VISAデビュープラスカード

超有名なブランド力・セキュリティに安心感があります。入会3ヶ月は還元率2.5%・通常でも還元率1.0%と普段使いで超お得なカードです。はじめてのクレカとして使いやすさで大人気です。最短翌営業日のスピード発行!過去最大級のキャンペーン実施中で、入会するなら今がベストタイミングです!

三井住友VISAデビュープラスカード
入会特典キャッシュレスプラン:新規入会&Vpassアプリログインで もれなくご利用金額の20% 最大12,000円プレゼント
年会費(初年度) 無料
年会費(2年目~) 条件付き無料
条件:前年1回以上の利用で年会費無料。通常の2年目以降年会費(1,250円+税)
ポイント還元率(通常) 1.0%
ポイント名:ワールドプレゼントポイント
ポイント還元率(最大) 2.5%
条件:入会後3ヵ月間
発行スピード(最短)~3営業日
  • 付帯保険(海外旅行):-
  • 付帯保険(国内旅行):-
  • 付帯保険(盗難保険):あり
  • 付帯保険(ショッピング保険):あり

他実施中キャンペーン:コンビニ(セブン・ファミマ・ローソン)マクドナルドなど対象店舗でポイント5倍その他、自分が選んだ対象3店で いつでもポイント2倍も!

JCB CARD W

年会費がずっと無料のカードでは最高クラスの実力。ポイント最大30倍のキャンペーン・20%キャッシュバックの同時開催中。今こそ、入会のベストタイミングです!

JCB CARD W
入会特典インターネット新規入会限定キャンペーン実施中。最大14,000円分プレゼント!
年会費(初年度) 無料
年会費(2年目~) 無料
ポイント還元率(通常) 1.0%
ポイント名:Oki Dokiポイント
ポイント還元率(最大) 3.5%
条件:加盟店での利用
発行スピード(最短)~3営業日
  • 付帯保険(海外旅行):○(利用付帯)
  • 付帯保険(国内旅行):-
  • 付帯保険(盗難保険):あり
  • 付帯保険(ショッピング保険):あり

他実施中キャンペーン:新規入会限定!最大ポイント30倍キャンペーン実施中。さらにJCBをApple PayまたはGoogle Payに登録し決済で20%キャッシュバックキャンペーン実施中!

「この記事、参考になった!」と思っていただけましたか?

▼ぜひブクマ・シェアお願いします!

周りの方・ご友人が悩んでいる時にもぜひ教えてあげてください。m(_ _)m

運営者プロフィール

学生クレカ管理人

学生クレカ管理人

自分が大学生・未成年時代のお金・クレジットカードの失敗経験をもとに、同じ失敗をする人・クレジットカードについて悩む人を一人でも減らしたいという気持ちで当サイトを6年以上運営しているクレジットカードの専門家。

 

100枚以上のクレジットカードを比較検討し、累計19枚のカードを所有してきた(大学生の頃は6枚所有)。マイルを累計20万以上保有。航空券をほぼ無料にし、ふらっと旅行に出かけるのが趣味。Amazonでのお買い物も累計30万円分以上、ほぼポイントで済ませている。

 

カード会社幹部や広報部・外部の専門家ともつながりがあり、常に知識をアップデートしている。

 

これからも、少しでもわかりやすい記事を届けられるように努力していきます!

 

▼ブログランキングにも参加しております。当サイトの思想に共感いただける方は、ポチッとおねがいしますm(_ _)m(タップ1回で投票完了します)

 

▼注目コンテンツ!

▼LINEでの相談も、気軽にどうぞ!

かんたん検索でクレジットカードを選ぶ!自分にピッタリなカードが「ズバッと」見つかる人気ランキングからクレジットカードを選ぶ!

自分にピッタリのクレジットカードの選び方がわからない方は、基礎知識・おすすめカードの選び方が一気に学べるトップページをぜひ見てください。→ https://学生クレジットカード.com

失敗しないクレカ選びのポイント!