学生が親バレしないでクレジットカードを作る方法!実家に郵便物・カードを届けたくないなら・・・

学生が親バレしないでクレジットカードを作る方法

「クレジットカードを持ちたいのに、親が反対をしていてなかなかもてないんだよね」

という悩みを、学生時代友人から聞いたことがあります。

同様に嘆いている学生の方もいるのではないでしょうか?

今回は親バレせずにクレジットカードを作る方法を紹介します!
※20歳以降の方であれば希望がありますよ

大前提からひとつずつ確認していきましょう!

ポイント!

今回は親バレせずにクレジットカードを作る方法を紹介しますが、筆者としてはぜひ日頃からご両親と積極的にお金の話をしてほしいです。

クレジットカードは学生(高校卒業相当)から持てる!

クレジットカードは学生でも親にバレずに発行できる

まずは「申込資格」のおさらいです。

クレジットカードは、18歳以上の方であれば大学生でも社会人の方でも簡単に申込が可能です。

審査に通過すれば晴れてカードを作ることができます。

18歳以上でも高校生は入会できませんのでご注意ください。

なお、中学を卒業してからすぐに働いている方は例外です。

18歳になればクレジットカードに申し込めます。

未成年の場合はクレジットカードを作るのに親権者の同意が必要

18歳以上ならクレジットカードに申し込めますが、「未成年者は申し込みの際に必ず親権者の同意が必要」です。

これは学生であってもすでに就職している18歳であっても同じ扱いです。

親権者の同意がないとクレジットカードには申し込めないため、未成年者が親バレせずにクレジットカードを作るのは不可能だといえます。

一般的に親権者は父と母になりますが、申込の同意はどちらか片方から得られればOKです。

よって、父か母のどちらかにバレずにクレジットカードを作ることはなんとかできます。

注意!

親権者の同意を「なりすまし」で行うのは絶対にやめてください。
最悪の場合、その会社でのカード発行は二度とできなくなります。

満20歳以上の学生がクレジットカードを作るときに親バレを回避するには?

満20歳以上の学生がクレジットカードを作るときに親バレを回避する方法

では、ここからは20歳以上の学生が親バレせずにクレジットカードを作る方法についてです。

気をつけるべき点は以下の点です。

【20歳以上の学生が親バレせずにクレジットカードを作る方法】 

  1. クレジットカードの受け取りに注意する
  2. WEB利用明細にする
  3. 電話番号を自分のスマホの番号にする
  4. クレジットカード会社からの在籍確認に注意する

1つずつ、詳しく説明します。

1,クレジットカードの受け取りに注意する

クレジットカードの作成では「申込欄に記入した住所」と「本人確認書類に記載されている住所」が一致している必要があります。

これが一致していないとクレジットカードは作れません。

一人暮らしの場合

本人確認書類(免許証など)の住所を現在住んでいる家の住所に変更しましょう。

申し込みや本人確認書類に一切、実家の住所が出ないようにします。

こうすることで、親バレせずにクレジットカードをもつことができます。

ポイント!

住民票もきちんと現住所に移動させておきましょう。

実家住みの場合

実家暮らしの場合、新しい住所を用意することはできません。

作成したカードが郵送で実家に届くため、親バレの危険性が高まります。

そこでオススメなのが「店頭受取ができるクレジットカード」に申し込む方法です。

 

【店頭申し込みができるクレジットカード(一例)】

※この2枚のクレジットカードについてはのちほど詳しく紹介します

この2種類であれば、即日発行でき店頭で受け取れるサービスを実施しているので、自宅にカードが届きません!

注意!

カードの郵送が「本人限定受取郵便」になっているカードでも、「カード会社から郵便物があった」ということや親に伝わる可能性があります。店頭受取よりは親バレの危険性が高いです。

2,利用明細などはWeb明細にして自宅に郵送されるのを防ぐ

よく「クレジットカードは店頭受け取りにしたのに郵送物を自宅に配送されてしまい親バレした」という口コミを見かけます。

クレジットカードを使うと利用明細書が発行されます。

親バレを避けたい方は、この発行方法を「郵送」から「Web」に変更しておきましょう。

初月の明細が発送手続きに入る前に、きちんとWeb明細に切り替えておけば郵送されることはありません。

紙の明細もWeb明細も記載内容は同じです。

Web明細はカード会社のサイトや専用アプリから確認することができ便利ですよ。

ポイント!

申込時と同時にWeb明細に切り替えることができる場合がありますので、そこで切り替えておくのがオススメです。

3,電話番号は携帯電話番号を記入!

クレジットカードの申し込み時には電話番号の入力が求められます。

このとき実家の電話番号ではなく、「自分の携帯番号」を入力するようにしましょう。

実家の番号を入力すると、申込確認や何かしらの連絡で実家に電話がいってしまいます。

自分の携帯番号にしておけば、こういった連絡もすべて自分で受けることができます。

4,クレジットカード会社からの在籍確認に注意する

カード会社によっては審査の途中で「在籍確認」を行うことがあります。

在籍確認とは「入力されているバイト先に実際に勤務しているか」という確認の電話をいれることをいいます。

学生さんの場合、働いていたとしてもアルバイトですので在籍確認を行われる可能性はかなり低いです。

仮に行われたとしても、バイト先から親に連絡が入ることはほぼないのでしょうが、念のため注意しておいてください。

カードを発行する前に公式ホームページに記載されている入会案内の説明や「よくある質問」などを確認しておくと安心ですよ。

即日発行・店頭受け取りに対応していて使いやすいオススメなクレジットカード

店頭受取ができるカード

エポスカード

エポスカード

即日発行可能・学生みんな持ってるこのカード。国内10,000店舗以上でさまざまな特典が受けられる、年会費無料のお得なカード!

エポスカード
入会特典最大2,000円分ポイントプレゼント
年会費(初年度) 無料
年会費(2年目~) 無料
ポイント還元率(通常) 0.5%
ポイント名:エポスポイント
ポイント還元率(最大) 2.5%
条件:加盟店での利用
発行スピード(最短)即日
  • 付帯保険(海外旅行):◎(自動付帯)
  • 付帯保険(国内旅行):-
  • 付帯保険(盗難保険):あり
  • 付帯保険(ショッピング保険):-

エポスカード年会費無料のクレジットカードです。

国際ブランドはVISAのみとなっていますが、VISAがあればほぼ世界中で使うことができるので使いやすさの面はまったく問題ないでしょう!

ポイントは200円で1ポイント(還元率0.5%)と一般的ですが、多くの優待店で割引を受けられるのが大きなメリットです。

貯めたポイントはVISAプリペイドカードに移行して使うことができるほか、商品券などに交換が可能です。

店頭受取方法

  1. Webから申し込みをする
  2. 申し込みの際に「店頭受取」を選択する
  3. エポスカードセンターに出向く

もし審査に通過している場合は、受け取り方法や必要な書類のことが記載されているので、すべて用意をしてエポスカードセンターに向かいましょう。

>>エポスカードセンターはこちらから検索できます。

ACマスターカード

ACマスターカード

即日発行可能・年会費ずっと無料。これまでクレジットカードを持てなかった人&急ぎでクレカが必要な方はチャレンジしてみましょう。<リボ払い専用カード>

ACマスターカード
入会特典特になし
年会費(初年度) 無料
年会費(2年目~) 無料
ポイント還元率(通常) 0.25%
ポイント還元率(最大) 0.25%
発行スピード(最短)即日
  • 付帯保険(海外旅行):-
  • 付帯保険(国内旅行):-
  • 付帯保険(盗難保険):あり
  • 付帯保険(ショッピング保険):-

ACマスターカードはテレビCMでもおなじみのアコムが発行しているクレジットカードです。

入会金・年会費は無料であり、特徴はなんといっても業界一のカード発行の速さ!

インターネットで事前申し込みをしておくと、なんと最速30分で審査結果の連絡が入ります。

あとは最寄りの自動契約機(むじんくん)にて契約が完了すれば、ACマスターカードが手に入ります。

>>最寄りの自動契約機(むじんくん)こちらから検索できます。

店頭受け取りに限らない場合のおすすめクレジットカード

もしも、郵送でもいい場合には、店頭受け取りに限定せずに、学生が持つと有利で特典満載のカードを選ぶのをオススメします!

以下の記事にまとめていますのでカード選びの参考にしてください。

学生向け特典やキャンペーンがお得なクレジットカードはこれだ!随時更新

まとめ:クレジットカードは親バレせず発行できるが…

クレジットカードは親バレせず発行できるが、クレジットカードを持つときにはしっかり親御さんに相談

クレジットカードを作ったことを親バレしたくないという気持ちは痛いほどわかります。

しかし、クレジットカードの代金を万が一支払いきれなくなったときにまず頼ることになるのは両親かと思います。

未成年の方はもちろんのこと(親権者の同意が必須)、20歳以上の方も極力親御さんに一声かけて作った方が何かといいでしょう。

親御さんの同意を得た上で発行した方が、何かあったときに力になってくれるかもしれませんよ。

「この記事、参考になった!」と思っていただけましたか?

▼ぜひブクマ・シェアお願いします!

周りの方・ご友人が悩んでいる時にもぜひ教えてあげてください。m(_ _)m

運営者プロフィール

学生クレカ管理人

学生クレカ管理人

自分が大学生・未成年時代のお金・クレジットカードの失敗経験をもとに、同じ失敗をする人・クレジットカードについて悩む人を一人でも減らしたいという気持ちで当サイトを6年以上運営しているクレジットカードの専門家。

 

100枚以上のクレジットカードを比較検討し、累計19枚のカードを所有してきた(大学生の頃は6枚所有)。マイルを累計20万以上保有。航空券をほぼ無料にし、ふらっと旅行に出かけるのが趣味。Amazonでのお買い物も累計30万円分以上、ほぼポイントで済ませている。

 

カード会社幹部や広報部・外部の専門家ともつながりがあり、常に知識をアップデートしている。

 

これからも、少しでもわかりやすい記事を届けられるように努力していきます!

 

▼ブログランキングにも参加しております。当サイトの思想に共感いただける方は、ポチッとおねがいしますm(_ _)m(タップ1回で投票完了します)

 

▼注目コンテンツ!

▼LINEでの相談も、気軽にどうぞ!

かんたん検索でクレジットカードを選ぶ!自分にピッタリなカードが「ズバッと」見つかる人気ランキングからクレジットカードを選ぶ!

自分にピッタリのクレジットカードの選び方がわからない方は、基礎知識・おすすめカードの選び方が一気に学べるトップページをぜひ見てください。→ https://学生クレジットカード.com

失敗しないクレカ選びのポイント!

学生クレジットカード.com ▼マイルを本気で貯めてみたい方は、こちらもぜひどうぞ(姉妹サイト) マイル特化クレジットカードはマイルの聖書で探す!