親バレしないで学生がクレジットカードを作る方法。実家に郵便物・カードを届けたくないなら・・・


「クレジットカードを持ちたいのに、親が反対をしていてなかなかカードをもつことができないんだよね。」

という悩みを、学生時代友人から聞いたことがあります。

同様に嘆いている学生の方もいるのではないでしょうか?

なんとかして親バレせずに、クレジットカードを作る方法をご紹介します。
20歳以降の方であれば希望があります。

大前提からひとつずつ確認していきましょう~!

※筆者としては、親ともお金の話を日頃から積極的にすべきだとは思っています!

1.クレジットカードは学生(高校卒業相当)から持てる!

まず大前提のおさらいです。

クレジットカードは、満18歳以上の方であれば大学生でも社会人の方でも簡単に申込が可能です。
審査に通過すれば晴れてカードを作ることができます。

ただし、満18歳以上だからといっても高校生は入会することが出来ません。

なぜならクレジットカードは借金の一種だからです。

クレジットカードを使うということは、必ず後で利用した代金を返済しなければなりません。
高校生の場合、学校などでアルバイトを禁止している場合があり、本人に支払い能力がないとみなされてしまいます。

そのためクレジットカード会社は利用規約に「満18歳以上の方(高校生不可)」と明記し、高校生の入会をお断りしているのです。

※中学を卒業してからすぐに働きに出ている場合は例外です。
18歳になったときからクレジットカードを作ることができますので、安心してください。

2.未成年者の場合は親権者の同意が必要

満18歳以上の方であっても未成年者の場合は、カード会社はクレジットカードの入会審査の際に親権者に同意を求めます。
これは社会人であっても、学生であっても同じことです。

先述の通り、クレジットカードを利用するということは借金をするという意味です。
形式上とはいえ、未成年者が借金をすることになるので「未成年のお子さんがクレジットカードを作ることに異議はありませんか?」という確認を行います。

ですから、未成年者の場合は必ず親権者の同意を得てから申し込みするようにしてください。

言い換えると、未成年の方が親にバレずにクレジットカードを作ることは実質的に難しいということです。

LINEでも相談受付中!

公式LINE@「学生おかねトーク」で質問・相談してみませんか?

  • クレジットカードに関する相談
  • お金に関する相談

気軽に送ってみくてください!

時間のあるときにお返事します^^

※なりすまして同意を行うなどの虚偽報告は絶対にやめましょう。

3.満20歳以上の学生が親バレを回避するには

3-1. 住所に気を付けよう!

ポスト

満20歳以上の学生であれば親権者の同意は必要ないので、親バレせずにクレジットカードを作れる可能性が出てきます。

その時に注意すべき点は「住所」です。
基本的にクレジットカードを作成する場合、入力された住所と本人確認書類の住所が一致していないと作成することが出来ません

もし一人暮らしの場合は、本人確認書類の住所を今住んでいる家の住所に書き換えてしまえば、親バレせずにクレジットカードをもつことができます。

※住民票を移すなどして、本人確認書類の住所が実家以外になっていることが重要です。

実際はそこに住んでなくても、住民表を異動していなければ各種連絡は実家にいってしまいます。
地方から出てきた学生さんが住民票の変更を行っていなかった場合は、ここがネックですね。

3-2. 店頭受け取りサービスで受け取ろう

実家に住んでいる場合、カードが郵送で届くとなるとバレてしまう確率は大幅にアップしてしまいますよね。

そういう時は店頭受け取りサービスを実施しているクレジットカードに申し込むのもひとつの手段。

一例を挙げるとすると、エポスカードもしくはセゾンカードです。

この2種類であれば、即日発行でき店頭で受け取れるサービスを実施しています
その場で受け取ることができるのです!

エポス・セゾンともにインターネットから申し込みをして、店頭で受け取ることができますので、実家にクレジットカードが郵送されるということはありません。

この2枚のクレジットカードについてはのちほど詳しくご紹介します!

3-3. 利用明細などはWeb明細に!

猫とパソコン

よく「クレジットカードは店頭受け取りにしたのに郵送物を自宅に配送されてしまい親バレした」という口コミを見かけます。
クレジットカードを使うと利用明細書が発行されて郵送されるのですが、Webで確認するよう設定すると自宅に郵送されることはなくなります。

初月の明細が発送手続きに入る前に、きちんとWeb明細に切り替えておけば郵送されることはありません。

申込時に同時にWeb明細に切り替えることができる場合がありますので、そこで切り替えておくのがオススメです。

3-4. 電話番号は携帯電話番号を記入!

クレジットカードの申し込み時に電話番号を記入するよう求められますが、決して実家の電話番号を入力しないようにしましょう。

クレジットカードの申し込み確認や支払などで問題があったときに、この番号に連絡がいってしまうからです。
実家の電話番号を入力するとカード会社から連絡がいってしまい、そこで親バレしてしまう可能性もあります。

自身の携帯電話の番号は皆さんお持ちですよね。
これを入力しておけば、電話も自分で受けることができますので安心です。

4.即日発行・店頭受け取りに対応しているクレジットカード

4-1. エポスカード

エポスカード
出典:https://www.eposcard.co.jp/eposcard/annual_fee.html?from=top_gvnavi_beginner_rp

エポスカードの概要

エポスカードの年会費は永年無料です。

使わなくても年会費がかかることはありません。
国際ブランドはVISAのみとなっていますが、VISAがあればほぼ世界中で使うことができるので問題ないでしょう。

ポイントは200円で1ポイント(還元率0.5%)と還元率は平凡ですが、優待店(特約店・提携店)が多く、そういった場所でカードを利用・提示するとポイント還元率がアップします。

貯めたポイントはVISAプリペイドカードに移行して使うことができるほか、商品券などに交換が可能です。

エポスカードの申込

入会条件は「満18歳以上(高校生を除く)であり、安定した収入があり、電話連絡が取れる方」です。
この条件を満たしているのであれば申し込みが可能です。

まず、エポスカードのWeb上で必要事項をすべて記入します。
最短5分で入力できますので、電車の中などで申し込みができますね。

必要事項を記入後、申し込みを行うと数分後にエポスカードから審査結果がメールで届きます。

もし審査に通過している場合は、受け取り方法や必要な書類のことが記載されているので、すべて用意をしてエポスカードセンターに向かいましょう。

エポスカードセンターはこちらから参照できます。

エポスカードセンターに行き、審査結果のメールを見せると即日発行の手続きに入ってくれますので、メールに記載されていた必要な書類をすべて提出します。

この時、口座振替の手続きも同時に行いますので、金融機関のキャッシュカードや届け印を持っていくといいでしょう。
30分程度でエポスカードが発行され、これでクレジットカードが使えるようになります。

4-2. セゾンカード

セゾンカード
出典:http://www.saisoncard.co.jp/lineup/cp/?=dropdown

セゾンカードの概要

セゾンカードはエポスカード同様、年会費永年無料のクレジットカードです。

国際ブランドはVISA・JCB・MasterCard・AMEXから選ぶことができ、セゾンインターネットカード以外にもさまざまなクレジットカードを扱っています。

大抵のカードは即日発行に対応していますが、一部対応していないカードも存在しますので注意しましょう。

セゾンカードは、1,000円ごとに1ポイント(5円相当:0.5%)のポイントが付与されます。
ポイントは「永久不滅ポイント」といって有効期限が存在しないため、好きなだけ貯めて商品やAmazonポイントに交換するといいでしょう。

セゾンカードの申込

Webで申し込みを行います。
必要事項をすべて記入後、受け取り方法を「店頭」にすると店頭で準備をしてくれます。

この時、店頭を選択しなかった場合は自動的に郵送になってしまうので注意してください。

申し込みが終わると、すぐに審査に入ります。
審査結果は数分で登録されているメールアドレス宛に届き、審査に通っている場合はカウンターへ行くよう指示されていますので、指示に従ってください。

セゾンのカウンターはこちらから検索してくださいね。

セゾンのカウンターに行き、審査に通ったことを伝えると即日発行の手続きに入ってくれます。

その時、本人確認書類などの提示を求められるほか、口座振替の手続きも行う必要がありますので、キャッシュカードや銀行の届け印なども用意しておきましょう。

セゾンの場合、提携している金融機関であればキャッシュカードをスキャンして暗証番号を入力するだけで手続きができますが、念のために持参してください。

すべての手続きが終わったらクレジットカードが手渡されます。
これで発行手続きは終わり、その時点からカードは使用可能です。

5.まとめ

学生の場合、クレジットカードを作ったことを親バレしたくないという気持ちは痛いほどわかります。

しかし、未成年者の学生が親の同意なしにクレジットカードを作ることはできません。
親の同意を得たうえで作ったほうがベターです。

クレジットカードを使ってお買い物をしても万が一支払いしきれなくなってしまった場合、まず第一に頼ることになるのが両親だと思います。

必ず親御さんの同意を得た上で発行した方が、何かあったときに力になってくれるかもしれませんよ。


このページを閉じる前に、要チェック!

当サイトで人気のクレジットカードランキング

当サイトで学生さんの申込が多いクレジットカードのランキングです。

初めてのカード・二枚目のカードを悩んでいる方は、この4枚をまずはチェック!

最新!当サイトで申込の多いクレカ!
【1位】三井住友VISAデビュープラス
【2位】セゾンブルー・アメックス
【3位】JCB CARD Wライフカード

自分にピッタリのクレジットカードの選び方がわからない方は、基礎知識・おすすめカードの選び方が一気に学べるトップページをぜひ見てください。→ https://学生クレジットカード.com

LINEでも相談受付中!

公式LINE@「学生おかねトーク」で質問・相談も気軽にどうぞ。

皆さんからの

  • クレカについてのご相談
  • 記事についてのご質問
  • 記事リクエスト
  • クレカの券種レビュー
  • その他雑談
を随時お待ちしています!なんでも気軽にお送りください^^

失敗しないクレカ選びのポイント!

creca_footer_link