航空券を、クレジットカード以外で支払い買う方法・クレカ無くてもコンビニ払いOK!でも、損してるかも…? 

航空券を、クレジットカード以外で支払い買う方法・クレカ無くてもコンビニ払いOK!でも、損してるかも...? 

航空券は現金払いでも予約を取れるため、クレジットカードが必須というわけではありません。

しかし、現金で支払う場合に「コンビニ払い」や「銀行振込」など、支払い手続きに手間がかかることからクレジットカードを持っておくほうが便利です。

また、クレジットカードを使う大きなメリットは他にもあり、ポイント還元を得られること・とくにマイレージ搭載の(マイルが貯まる)クレジットカードは航空券購入と非常に相性がいいです。

さらにクレジットカードは国内海外の旅行保険をカバーすることもできるため、旅行目的でフライトするなら持っておくほうが安心ですよ。

この記事のもくじ

航空会社別、お支払い方法総まとめ

JAL

JAL公式サイト

JAL
予約方法・JAL公式サイト
・電話
・空港カウンター
・旅行代理店
受取方法・空港内の航空券購入カウンター
・自動チェックイン発券機(KIOSK)
・タッチ&ゴー
支払方法・クレジットカード
・eJALポイント
・コンビニ払い
・ペイジー対応ATM
・ネット振込
・現金
学割方法・スカイメイトで学割可能
・予約不可
払い戻し方法・JALホームページ
・電話
・JALグループカウンター
・購入した旅行代理店
公式サイトJAPAN AIRLINES
JALは航空券購入の支払方法が豊富です。

現金で支払いたいなら「コンビニ払い」や「ネット振込」を使えますし、ペイジー対応のATMで決済することもできます。

JALマイルで航空券を入手することも可能なので、効率良くマイルを貯めるならJALカードを作っておくのがおすすめですよ。

ANA

ANA公式サイト

ANA
予約方法・ANAホームページ
・電話
・空港カウンター
・旅行代理店
受取方法・出発空港
・自動チェックイン機
・カウンター
・スキップサービス
支払方法・クレジットカード
・ANA SKY コイン
・ネット振込
・コンビニ払い
・銀行振込
・現金
学割方法・スマートU25
・旅行会社以外の方法で予約可能
払い戻し方法・ANAホームページ
・電話
・空港カウンター
・購入した旅行代理店
公式サイトANA
ANAも支払方法が豊富ですが、こちらもマイルを効率よく貯めるならANAカードを作っておくのがおすすめです。
クレジットカードを持ちたくない人や作れない人にとっては、コンビニ払いや銀行振込で航空券を購入できるのは助かります。

しかし、毎月のようにANAで航空券を買うならマイルの積算率が大きく変わるため、やはりANAマイルに特化したクレジットカードを作っておくほうがお得です。

スカイマーク

スカイマーク公式サイト

スカイマーク
予約方法・スカイマークホームページ
・電話
・空港カウンター
・旅行代理店
受取方法・自動チェックイン機
・空港カウンター
支払方法・クレジットカード
・コンビニ払い
・現金
学割方法・U21
・予約可能
払い戻し方法・スカイマークホームページ
・電話
・空港カウンター
・購入した旅行代理店
公式サイトスカイマーク
スカイマークはクレジットカード以外の購入方法は、コンビニ払いを使えます。

公式サイトから航空券を予約する場合はコンビニ払いしかないため、毎回コンビニで支払うのが面倒ならクレジットカードを作りましょう。

AIRDO

AIRDO公式サイト

AIRDO
予約方法・AIRDOホームページ
・電話
・空港カウンター
・旅行代理店
受取方法・空港カウンター
・自動チェックイン機
・スキップサービス
支払方法・クレジットカード
・コンビニ払い
・現金
学割方法・AIRDOスカイメイト
・空港カウンターで当日予約
払い戻し方法・AIRDOホームページ
・電話
・空港カウンター
・購入した旅行代理店
公式サイトAIRDO
AIRDOも公式サイトから航空券を予約するときに現金で支払いたいなら、コンビニ払いとなります。

銀行引き落としや銀行振込がないため、コンビニへ行くのが面倒ならクレジットカードを作っておきたいですね。

スターフライヤー

スターフライヤー公式サイト

スターフライヤー
予約方法・スターフライヤーホームページ
・電話
・空港カウンター
・旅行代理店
受取方法・自動チェックイン機
・空港カウンター
・スキップサービス
支払方法・クレジットカード
・コンビニ払い
・現金
学割方法・スターユース
・予約可能
払い戻し方法・スターフライヤーホームページ
・電話
・空港カウンター
・購入した旅行代理店
公式サイトスターフライヤー
スターフライヤーも航空券予約時に現金で支払うならコンビニ払いです。

航空会社によって現金払いの方法が異なりますが、JALとANAの大手航空会社は支払手段が豊富なので、現金派の方にとっては大手航空会社を利用するというのも1つの方法ですね。

ソラシドエアー

ソラシドエアー公式サイト

ソラシドエアー
予約方法・ソラシドエアーホームページ
・電話
・空港カウンター
・旅行代理店
受取方法・自動チェックイン機
・スキップサービス
支払方法・クレジットカード
・コンビニ払い
・現金
学割方法・ヤング割
・予約可能
払い戻し方法・ソラシドエアーホームページ
・電話
・空港カウンター
・購入した旅行代理店
公式サイトソラシドエアー
ソラシドエアーも航空券予約時の現金払いはコンビニ払いです。

航空券をクレジットカードで購入した場合に払い戻しを受けられるのか気になる方は多いと思いますが、現金と同様にクレジットカード払いでもカード会社から購入額が払い戻されますよ。

ジェットスター

ジェットスター公式サイト

ジェットスター
予約方法・ジェットスターホームページ
・電話
・コンビニ
・空港カウンター
・旅行代理店
受取方法・自動チェックイン機
支払方法・クレジットカード
・コンビニ払い
・現金
・バウチャー
・ウエルネット決済
・アリペイ
・ポイントプラスペイフライト
・PayPal
学割方法・学割なし
払い戻し方法・電話
・購入した旅行代理店
公式サイトジェットスター
ジェットスターは支払方法がたくさん用意されています。

他社と同じようにコンビニ払いが使えますし、バウチャーやウェルネット決済なども使えますよ。

1つ気を付けておきたいのが、バウチャーやウェルネット決済等を利用する場合に各支払方法によって払い戻しの可否や利用可能なコンビニが異なるなど、条件がやや異なるのでしっかり確認しておきたいところです。

ピーチ

ピーチ公式サイト

ピーチ
予約方法・ピーチホームページ
・電話
・空港カウンター
・旅行代理店
受取方法・自動チェックイン機
支払方法・クレジットカード
・コンビニ払い
・現金
・アリペイ
・ピーチポイント
学割方法・学割なし
払い戻し方法・ピーチホームページ
・電話
・空港カウンター
・購入した旅行代理店
公式サイトピーチ
ピーチもコンビニ払いが可能なので、現金で航空券を購入できます。

ピーチポイントは支払額の一部に使うこともできるため、ピーチポイントを貯められるピーチカードを作っておくのがお得です。

バニラエア

バニラエア公式サイト

バニラエアー
予約方法・バニラエアホームページ
・電話
・空港カウンター
・旅行代理店
受取方法・自動チェックイン機
・空港カウンター
支払方法・クレジットカード
・コンビニ払い
・現金
学割方法・学割なし
払い戻し方法・バニラエアホームページ
・電話
・空港カウンター
・購入した旅行代理店
公式サイトバニラエア
バニラエアもコンビニ払いに対応しているため、現金でも航空券を購入できますよ。

しかし、クレジットカードを持っているほうがスムーズですね。

春秋航空

春秋航空公式サイト

春秋航空
予約方法・春秋航空ホームページ
・電話
・空港カウンター
・旅行代理店
受取方法・チェックインカウンター
支払方法・クレジットカード
・コンビニ払い
・銀行振込
・現金
学割方法・学割なし
払い戻し方法・春秋航空ホームページ
・電話
・空港カウンター
・購入した旅行代理店
公式サイト春秋航空
春秋航空はクレジットカード以外にコンビニ払いや銀行振込があります。

現金で予約を取る際に手間をかけたくないなら、空港カウンターで現金払いをするのが便利です。

空港へ行くという手間はかかりますが・・・。

エアアジア

エアアジア公式サイト

エアアジア
予約方法・エアアジアホームページ
・電話
・空港カウンター
・旅行代理店
受取方法・ウェブチェックイン
・エアアジアモバイルアプリ
・自動チェックイン機
・空港カウンター
支払方法・クレジットカード
・コンビニ払い
・銀行引き落とし
・現金
・ウェルネット
・E-ギフトバウチャー
学割方法・学割なし
払い戻し方法・払い戻しが認められた場合に限りメールから申請
・購入した旅行代理店
公式サイトエアアジア
エアアジアの航空券を現金で購入するなら、コンビニ払いや銀行引き落としなどが使えます。

しかし、出発予定時刻7日以下の予約時はコンビニ払いや銀行引き落としなどを使えないため、余裕を持って予約購入しましょう。

その他、チケットサイト

基本的にチケットサイトを利用する場合も、クレジットカードがあるほうが便利です。

  • スカイチケット
  • エアトリ
  • エクスペディア
  • スカイスキャナー
  • さくらトラベル
  • サプライス
  • イーツアー

たとえば、エクスペディアで航空券を予約する場合の支払方法はクレジットカードのみで、コンビニ払い等を使えません。

各チケットサイトによって支払方法が異なるので、「エアトリ=コンビニ払い可能」というように、現金しか支払い手段がない場合は現金で予約を取れるサイトを選ぶのがベターです。

クレジットカードがないと「現金で購入できるかどうか?」が優先されてしまうので、航空券の安さを追求するのが難しいケースもありますね。

クレジットカードを持たないと損な理由

航空券は現金でも購入可能ですが、支払方法に関する損得ではクレジットカードを持たないと損です。

「現金」VS「クレジットカード」の大きな違いはポイント獲得による節約効果なので、クレジットカードを使うほうがポイント還元分だけお得ですよ。

■「学生海外旅行の裏ワザ・あると便利な持ち物チェックリスト全6項目!安く・安全に旅するなら、クレカ・保険・マイルを絶対攻略しよう!

「航空券を買う」というシーンで損するケース

現金で航空券を購入する場合、各航空会社の割引サービスを使えばお得です。

クレジットカードで航空券を購入する場合、「クレジットカードのポイント」+「割引サービス」のお得二重取りができるので、現金よりもクレジットカードのほうが有利ですね。

■「【学生向け】JAL・ANAマイルの基本と貯め方を徹底解説!効率よくマイルを貯める最強クレジットカードはコレだ!

スムーズな予約ができない

現金で航空券を予約するときはコンビニ払いや銀行振込などを使えますが、どうしても決済に時間がかかります。

クレジットカードならWebからスムーズに予約を取れるため、LCCやチケットサイトも含めて料金を比較検討しやすいこともメリットでしょう。

ポイント還元がない

クレジットカードのポイント還元効果はとても大きいですよ。

還元率1.0%のクレジットカードで10,000円の航空券を購入する場合、100円分のポイントを獲得できます。

また、JALカードやANAカードのようにマイル搭載のクレジットカードを使う場合、日常のカード利用でもマイルを貯められるので使い勝手がとてもいいですよね。

「航空券を買う」以外にも、カードにはこんな特典があります

クレジットカードはポイント還元以外にもさまざまな特典があり、旅行に関していえば代表的なのが旅行保険です。

基本的に各カードによって特典が異なるものの、共通する特典は「カード会社の特典」や「国際ブランドの特典」です。

各カード会社はトラベルサービス等から優待割引を提供していますし、国際ブランドも各ブランドごとに期間限定キャンペーンも含めて優待サービスが用意されています。

海外では現地での両替・お支払いでカードを使った方がお得で無駄がないケースが多い

海外ショッピングは日本を他通貨に両替するのが面倒です。

クレジットカードなら両替不要なのでスマートですし、海外ショッピングもポイントを獲得可能。

海外旅行、国内旅行時に病気やケガをした場合に保険で全額補償できるカードがある(持っているだけで安心・お得)

クレジットカードは旅行保険を目的に作る方も多いです。

通常、旅行中の病気やケガなどを保険でカバーするなら、保険会社を比較検討しながら最適な保険サービスへ加入しなければなりません。

これは保険料や加入手続きの面倒さを考えると、クレジットカードで保険をカバーするほうがお得で楽です。

クレジットカードの旅行保険は保険料がなく、補償を受ける場合だけ申請をすればいいので使い方も簡単。

■「学生が海外旅行・留学するときのクレジットカードのオススメは?注意点・保険の使い方は?

■「海外旅行保険を、クレジットカードだけで90日以上カバーする裏ワザ!?留学・長期滞在前に要チェック!(自動付帯・利用付帯を使い分け)

■「クレジットカードに付帯する海外旅行の傷害保険、自動付帯・利用付帯の違いは?傷害申請はどのようにする?

マイルが効率的な貯まるカードがある

クレジットカードは各カードによってさまざまなポイントの種類がありますが、JALカードやANAカードのようにマイルを貯められるカードはフライトに最適です。

マイルというのは航空会社の会員登録を完了すれば積算することができますが、マイル搭載のクレジットカードは日常のショッピングでもマイルを貯められるのが主なメリットです。

上位カードになると、遅延や欠航時の補償がついているものもある

飛行機が遅延したり欠航になった場合、航空券は変更や払い戻しという対応になります。

遅延や欠航に関する補償が備わっているクレジットカードを持っていると、ホテルの宿泊費や食費など出費を余儀なくされる支払いを補償してもらうことができます。

通常は航空会社の予約変更や払い戻しの対応のみとなるところが、補償が充実している上位カードを持つと関連費用についても補償を受けられるので安心ですよ。

どうしたらいい?

航空券をお得に便利に購入するにはどうしたらいいのかを整理してみましょう。

まず、一番おすすめなのはクレジットカードを作ることです。

付帯保険やマイル貯金などトータル的にメリットが高く、とくに航空券を購入する機会が多い人ほどクレジットカードを作っておくべきですね。

次にクレジットカードを作れない人は、デビットカードやプリペイドカードなど国際ブランド付帯のカードで代用することを検討してみましょう。

オススメはクレジットカードを持つこと(支払いだけでなく保険・マイルの特典がお得すぎる)

航空券の購入と相性のいいクレジットカードは、「JALカード」と「ANAカード」がおすすめですよ。

日本の大手航空会社のクレジットカードなので使い勝手もいいですし、マイルをお得に貯められるのもメリットですね。

JALカードnavi

JALカードnavi

学生限定で年会費無料・還元率1.0%以上・旅行保険は国内外ともに自動付帯のバランスいいカード。JALに乗る・JALマイルを貯めたいなら絶対持つべき。 

JALカードnavi
入会特典最大1,350マイルプレゼント!
年会費(初年度) 無料
年会費(2年目~) 無料
ポイント還元率(通常) 1.0%
ポイント名:JALマイル
ポイント還元率(最大) 2.0%
条件:加盟店での利用
発行スピード(最短)1週間以上
  • 付帯保険(海外旅行):◎(自動付帯)
  • 付帯保険(国内旅行):◎(自動付帯)
  • 付帯保険(盗難保険):あり
  • 付帯保険(ショッピング保険):あり

他実施中キャンペーン:さらに5人に1人、抽選で1,000マイル当たるキャンペーンも開催中

JALカードはさまざまな種類がありますが、その中でも学生専用カードにあたるのがJALカードnaviです。

JALカードnaviは日頃のショッピングでも還元率1.0%でマイルを貯めることができ、頑張ってマイルを貯めれば卒業旅行でただ乗りすることも可能。

社会人向けのJALカードよりも優遇された特典がたくさん付いているので、マイルを貯められる学生カードとしておすすめですよ。

■「JALカードnaviは、学生専用の年会費無料クレジットカード!JALマイルが貯まる・保険付き。お得すぎる最強クレジットカード!?

ANA JCB カード(学生用)

ANA JCB カード(学生用)

在学中は年会費無料・還元率1.0%と優秀。ANAマイルを貯めてみようかな?という学生にオススメ!旅行保険もついてとても使いやすいカード。 ※公式サイトでANA JCBカード(学生用)を選んでください

ANA JCB カード(学生用)
入会特典ANAマイル1,000ポイント
年会費(初年度) 無料
年会費(2年目~) 無料
条件:学生限定・在学中は年会費無料
ポイント還元率(通常) 0.5%
ポイント名:Oki Dokiポイント
ポイント還元率(最大) 1.0%
発行スピード(最短)1週間以上
  • 付帯保険(海外旅行):◎(自動付帯)
  • 付帯保険(国内旅行):◎(自動付帯)
  • 付帯保険(盗難保険):あり
  • 付帯保険(ショッピング保険):あり

他実施中キャンペーン:毎年カードを継続するとボーナスマイルプレゼント!

ANAカードの学生カードにあたるのが、こちらのANA JCBカード(学生専用)です。

JALとANAのどちらにするのか迷うところですが、カードスペックに驚くほどの違いはありません。

JALよりANAが好きという学生さんは、ANA JCBカード(学生専用)を検討してみましょう。

■「学生用ANA JCBカードでANAマイルを貯めよう!学生は在学中は年会費無料・入会するだけでマイルがザクザクもらえて国内・海外の旅行保険も強い!

クレジットカードを持てない・カードを持つのが不安なら?

クレジットカードを持てない方は、デビットカードを使うという手があります。

ブランドデビットカード(JCB・VISA)なら、それぞれの加盟店でカード決済可能。

また、ポイントプログラム搭載ならポイントも貯められるので、還元率の高い楽天銀行デビットカードあたりはいい候補ですよ。

ブランドデビットカード(JCB・VISA)なら使えるはず

ブランドデビットカードは国際ブランドの加盟店で使えます。

しかし、ネットでカードを使う場合に使えないケースもあり、これは各サイトごとに確認するしかありません。

加盟店なのにカード決済できない理由は、その会社がデビットカード決済を導入していないからです。

本来は各ブランドの加盟店になっているサイトがデビットカードを使えるかどうかを表記するのが筋ですが、デビットカードの認識が低すぎて後回しにされているといった感じですね。

J-debitは使えないので注意

J-debitはネットで使えないので役に立ちません。

また、海外でも決済不可なので、基本的にJ-debitにこだわる理由がありません。

ブランドデビットは年会費無料で作れるので、J-debitを使えるお店を探すよりもブランドデビットを作るほうが早いですよ。

プリペイドカードは航空券を買えない?

国際ブランド付帯のプリペイドカードで航空券を購入できるかどうかも、その仕組みはデビットカードと同じです。

各サイトごとに確認していくしかありません。

Kyashは2019年1月時点では買えない

Kyashは高還元率で人気のプリペイドカードですが、2019年1月時点では航空券を購入できません。

kyashはデビットカードのように各サイトごとに利用可否が決まるというよりも、「航空券の購入不可」や「航空券予約不可」というように利用できないケースがいくつかあるプリペイドカードです。

バンドルカードは使えるところ、使えないところがありそう

バンドルカードも一部利用不可の例がありますが、Kyashのように航空券購入不可ではないため、VISA加盟店なら航空券の購入は可能。

しかし、それでも購入できない場合はデビットカードと理由は同じです。

結論、クレジットカードを検討してみてね

クレジットカード以外の方法では、デビットカードやプリペイドカードを使うという手段がありますが、加盟店においても利用可否が異なることから使い勝手がいいとはいえません。

やはり、クレジットカードを持っておくのが最善策でしょう。

まとめ

航空券はコンビニ払いや銀行振込など、現金払いで予約できます。

しかし、スムーズに予約することができず、さらに現金払いとの比較ではポイントを獲得できないので損。

デビットカードやプリペイドカードといったクレジットカード以外の方法も、サイトや利用シーンごとに利用可否が異なる現状です。

航空券を購入する手段としてもっともおすすめなのはクレジットカードであり、ポイント獲得や旅行保険までトータル的にメリットが高いですよ。

「この記事、参考になった!」と思っていただけましたか?

▼ぜひブクマ・シェアお願いします!

周りの方・ご友人が悩んでいる時にもぜひ教えてあげてください。m(_ _)m

運営者プロフィール

学生クレカ管理人

学生クレカ管理人

自分が大学生・未成年時代のお金・クレジットカードの失敗経験をもとに、同じ失敗をする人・クレジットカードについて悩む人を一人でも減らしたいという気持ちで当サイトを6年以上運営しているクレジットカードの専門家。

 

100枚以上のクレジットカードを比較検討し、累計19枚のカードを所有してきた(大学生の頃は6枚所有)。マイルを累計20万以上保有。航空券をほぼ無料にし、ふらっと旅行に出かけるのが趣味。Amazonでのお買い物も累計30万円分以上、ほぼポイントで済ませている。

 

カード会社幹部や広報部・外部の専門家ともつながりがあり、常に知識をアップデートしている。

 

これからも、少しでもわかりやすい記事を届けられるように努力していきます!

 

▼ブログランキングにも参加しております。当サイトの思想に共感いただける方は、ポチッとおねがいしますm(_ _)m(タップ1回で投票完了します)

 

▼注目コンテンツ!

▼LINEでの相談も、気軽にどうぞ!

かんたん検索でクレジットカードを選ぶ!自分にピッタリなカードが「ズバッと」見つかる人気ランキングからクレジットカードを選ぶ!

自分にピッタリのクレジットカードの選び方がわからない方は、基礎知識・おすすめカードの選び方が一気に学べるトップページをぜひ見てください。→ https://学生クレジットカード.com

失敗しないクレカ選びのポイント!