学生でも空港ラウンジが無料で使えるクレジットカードはあった!航空券の安い乗り継ぎ便でも大活躍!



参考:https://www.rakuten-card.co.jp/smart/campaign/gold_card/

探せばある!学生でも空港ラウンジを無料で利用できるクレジットカード

空港ラウンジを利用できるようになると、飛行機を使った旅行時、空港での待ち時間がとても快適です。

海外旅行をしたことがある方は、経験があるかもしれませんね。

そんな便利な空港ラウンジもできれば無料で利用したいですよね。ただでさえ、お金のかかる海外旅行ですから、賢く節約したいものです。

そのためには、空港ラウンジ利用特典のついているクレジトカードに入会するのが簡単。

なかなか、学生が持てるカードの中で空港ラウンジ特典がついているカードは少ないです。

今回は

  • 学生でも入会することができ、無料の空港ラウンジ特典がついてくるカード
  • 社会人になったら持ちたい、アクティブ旅行者向けカード

をご紹介します。

旅行や帰省の際に航空機を利用することの多い学生の方は参考にしてください。

そもそも空港ラウンジ利用すると、どこが便利なの?

空港ラウンジを利用する機会って多いのかな?

国際線の飛行機を利用する時は、皆さん早めに空港に到着するように心がけていると思います。なかには「遅くとも2時間前には集合」なんていう方も。

せっかくの旅行で飛行機に乗り遅れたなんて、ちょっとシャレにならないですものね。
※国際線、時間厳しいですし…。

でも、意外と空き時間ができて、暇をもてあますことも多いです。そんな時にゆっくりリラックスできる空港ラウンジを利用できると便利なんです。

静かで、ゆっくりできるソファーがあって、ドリンク類は無料です。

ただでさえ空港に来るまでに、重い荷物を持ってきたわけですから、ちょっと身体を休めて、ほっと一息つきましょう。

↓羽田空港 第2ターミナル「エアポートラウンジ」「POWER LOUNGE」。綺麗で落ち着いていますね。

参考:https://www.americanexpress.com/jp/content/benefits/product/travel/airportlounge/haneda.html

空港ラウンジでどんなサービスが利用できるの?

空港ラウンジのメリットは、ゆっくりとソファでくつろげることだけではありません。いろいろなサービスが利用可能で便利。

ソフトドリンクなら無料。アルコール飲料が有料で提供されることもあります。新聞や雑誌なども閲覧できるようになっています。

搭乗前に、レポート作成など一仕事したい方には、デスクやコピー機、そして有料利用のパソコンが備え付けられているラウンジもあります。スーツ姿の方がたまに使っています。

もちろん、Wi-Fiは無料で、コンセントもあるので、スマホ・タブレットも気兼ねなく充電できます。

また、有料でシャワーがあるラウンジもあるので、暑い時期など旅行前にサッパリしたいという方にもオススメです。

空港ラウンジが利用できるクレジットカードって、どんなカード?

空港ラウンジが無料で利用できる特典が付帯するのは、ゴールド・プラチナなどのいわゆるステータスカードがほとんどです。

申し込み資格や審査が厳しかったり、入会がむずかしく、年会費も高くなってしまいます。

そのため一般の学生の方には、難易度が高い状況です。

ただ、学生でも空港ラウンジ特典を持てるカードがあります!そのひとつとして、楽天ゴールドカード(年会費:2,000円+税・空港ラウンジは無料)をご紹介します。

さらに、卒業して社会人になった時に持っておくと便利な、三井住友VISAプライムゴールドカード、およびANAアメリカン・エキスプレス・カードもチェックしてみましょう。

クレジットカードに付帯する空港ラウンジ利用特典は、カードによって国内・海外で利用できる範囲が異なることもあります。詳しくは各カード発行会社の、最新情報をご覧ください。

ポイントも貯まりやすい! 年会費の元が取りやすい楽天ゴールドカード

楽天ゴールドカードってどんなカード?

ポイントが貯まりやすいことで定評のある楽天カードの上位ランクに位置するゴールドカードです。楽天ゴールドカードの上位にはさらに楽天プレミアムカードというカードがあります。

楽天ゴールドカードの申し込み資格は、20歳以上で、本人に安定した継続的な収入のある方です。

ほとんどのゴールドカードの申し込み資格は、学生は不可という記述があるのですが、楽天ゴールドカードにはありません。

学生でも、もともと楽天カードを持っていて20歳以上になったときに切り替えに成功した。という情報や、アルバイトでの収入をしっかり書いて審査に通過した、という報告が複数集まっています。

年会費が2,000円(税抜)の格安ゴールドカードです。

ポイント還元率が高く、最大で9,000円相当のポイントプレゼント特典があるので、年会費も気にならないレベルですよね。

カードブランドはVISA、MasterCard、JCBから選べます。

楽天市場利用でポイントはいつでも5倍! ANAマイルに交換可能

ポイントが貯まりやすい楽天カードは、楽天市場でのショッピングが4倍ですが、楽天ゴールドカードは5倍となり、楽天スーパーポイントがより貯まりやすくなっています。

交換可能なマイルはANAマイル。楽天スーパーポイント1ポイント=0.5マイルです。交換できる単位は50ポイント以上2ポイント単位と交換しやすいのもメリット。

付帯サービスは年会費以上の価値が! 空港ラウンジも無料利用可能


参考:https://www.rakuten-card.co.jp/service/lounge/
楽天ゴールドカードの大きなメリットは国内主要空港のラウンジが無料で利用できることです。

海外ではハワイのダニエル・K・イノウエ国際空港(旧ホノルル国際空港)と、韓国の仁川(インチョン)国際空港の利用も無料です。

国内主要空港のラウンジ利用料金は1回1,000円程度ですので、年1回でも往復で利用すれば、楽天ゴールドカードの年会費2,000円はラウンジだけで元が取れます。

さらに、海外旅行傷害保険は最高2,000万円と大きいのが魅力です。

※ここからは、新社会人~社会人4年目までに申込みチャレンジしたいカードを掲載しています。

若者の定番。三井住友VISAプライムゴールドカード


参考:https://www.smbc-card.com/nyukai/card/prime_goldcard.jsp

三井住友VISAプライムゴールドカードの基本をチェック

若者向けゴールドカードの代表格といえるのが、三井住友VISAプライムゴールドカードです。もちろん、しっかり空港ラウンジ利用特典もついています。

入会資格は「満20歳以上30歳未満で、ご本人に安定継続収入のある方」です。

満30歳になると、カード更新の際に三井住友VISAゴールドカードへとランクアップしてくれるので、将来的にも安心して長く使えるカードといえます。

年会費は初年度無料。

翌年度以降は通常年会費として5,000円(税抜)かかりますが、年会費優遇制度があるので、年会費を安く抑えられます。

利用代金の明細書を「Web明細書」として、支払方法をリボ払いの「マイ・ペイすリボ」コースに設定(リボ払いの支払い金額=利用限度額に設定し、実質1回払いにすることを忘れずに)すると、年会費が優遇されて、ゴールドカードとしては最低レベルの1,500円(税抜)に。

ゴールドカードなのにもったいぶらない! カード発行最短3営業日

三井住友VISAプライムゴールドカードはインターネットで申し込むと、最短3営業日でカードが発行されます。そして、約1週間後にはあなたもゴールドカードホルダーに。

申し込みの流れは以下のとおりです。

  1. 三井住友カードの公式ホームページで申し込み。
  2. 申し込み時に引き落とし口座を登録。
  3. 入会審査とカード発行。審査結果はメールで最短当日に連絡。
  4. 簡易書留にてカードが郵送される(約1週間後)。

三井住友VISAプライムゴールドカードの気になる空港ラウンジサービスは?

三井住友VISAプライムゴールドカードは全国28の空港ラウンジが利用できます。

利用する時は、ラウンジ受付でプライムゴールドカードと当日の搭乗券・航空券を提示するだけ。

たとえば、羽田空港の第1旅客ターミナルビル・エアポートラウンジ(中央)では次のようなサービスが提供されます。

Wi-Fiと有線LAN(ケーブルあり)も完備していて、有料でコイン式パソコンを利用することもできます。

ソフトドリンクは無料、アルコール飲料およびシャワーは有料です。

なお、同伴者は1名につき1,030円(税込)。

サービスはゴールドカードクラス! ANAアメリカン・エキスプレス・カード


参考:https://m.americanexpress.com/jp/content/ana-classic-card/

ANAアメリカン・エキスプレス・カードの基本は?

ANAアメリカン・エキスプレス・カードは一般カードですが、付帯するサービスは、ほとんどゴールドカード並の実力を備えたカードです。

申し込み資格は20歳以上で、本人に安定した継続的な収入のある方です。

年会費は7,000円(税抜)と一般カードとしては高めですが、通常のゴールドカードに比べて低く設定されています。

ANAアメリカン・エキスプレス・カードは旅行関連サービスが充実

ANA・アメリカン・エキスプレス・カードは、海外旅行関連の利用特典が充実しているのが大きな特徴です。

空港ラウンジサービスなどが充実していることで定評のあるアメリカン・エキスプレスと、航空会社のANAが提携しているのですから、当然といえば当然かもしれません。

国内の空港ラウンジはもちろん、ハワイ・韓国までカバー!

ANAアメリカン・エキスプレス・カードで利用できる空港ラウンジは国内の主要空港にとどまりません。

ハワイのダニエル・K・イノウエ国際空港と、韓国の仁川(インチョン)国際空港も無料で利用できます。

さらに、1名までなら同伴者も無料となるのも見逃せないメリット。

ANAアメリカン・エキスプレス・カードには手荷物無料宅配サービスも完備。

海外旅行からの帰宅時に、スーツケース1個までを自宅に無料で配送してくれます。

海外旅行で疲れている時などに、うれしいサービスですね。

付帯の旅行傷害保険も充実!

ANAアメリカン・エキスプレス・カードには海外旅行傷害保険も付帯しています。最高補償額は3,000万円。

しかも、会員の家族も最高1,000万円まで補償されるという充実ぶりです。

ただし、利用付帯なので、航空券やツアー代金はカードで購入する必要があります。

さらに、年間最大200万円とビッグな補償額のショッピング保険(ショッピング・プロテクション)も付帯。国内外でのショッピングで利用できます。

ラウンジが利用できるクレジットカードは日常ユースでもメリット大

空港ラウンジが利用できるクレジットカードをご紹介してきました。

年会費の負担が少なめのカードばかりなので、気軽に入会できて、しかもサービスの質が高いものばかりです。

ですから旅行の時だけでなく、日常生活でも利用できるシーンが多く、ユーティリティが高いのが魅力。

観光・卒業旅行や語学留学と海外へ行くことの多い学生の方は、ぜひチェックしてみてください。


このページを閉じる前に、要チェック!

当サイトで学生さんの申込が多いクレジットカードのランキングです。初めてのカード・二枚目のカードを悩んでいる方にどうぞ。

最新!当サイトで申込の多いクレジットカード
【1位】三井住友VISAデビュープラスカード
【2位】ライフカード
【3位】JCB CARD W

失敗しないクレカ選びのポイント!

creca_footer_link