クレジットカードの発行会社、加盟店はどこまで個人情報を保持・閲覧可能なのか?実際に閲覧されているのか?

クレジットカード会社が把握している個人情報

クレジットカード会社が把握している個人情報は?

クレジットカードの発行会社が把握している個人情報は、主に2種類あります。

  • カード申込時に自分で提出した情報
  • 個人信用情報機関に登録・保存されている情報

カード申し込みで提出する情報

これは各カード会社によりさまざまですが、基本的には下記のような項目です。

 

  • 氏名・住所・電話番号
  • 勤務先情報
  • 身分証明書として使う書類に記載されている情報
  • 配偶者の有無
  • ローンの有無
  • 年収
  • 預金残高(金融資産)

氏名や住所などは必須情報ですが、年収や銀行の預金残高は任意情報であることが多いです。

個人信用情報機関に登録・保存されている情報

信用情報とは、あなたが今までに契約してきたクレジットカードの利用履歴やスマホ本体の分割支払い歴などのことを言います。

プラスの情報だけでなく、支払いの遅延や債務整理などマイナスの情報も残っています。

そして、それらが登録されている機関のことを「個人信用情報機関」といいます。

個人情報取扱いに関する基本方針は一般社団法人日本クレジット協会が定めています。

気になる場合は「個人情報取扱いに関する基本方針」をチェックしてみてください。

加盟店が把握している個人情報は?

加盟店というのはカードを使えるお店のことです。

大手コンビニの場合だと、「JCB」や「VISA」というように様々なブランド名がレジの真横で紹介されていますね。

コンビニは1社で複数のブランドと契約しており、それらすべての加盟店になっているということになります。

加盟店が把握している個人情報

自分のお店にカード決済を導入するには「ブランドを選ぶ」→「そのブランドと契約する」という手順となり、これによってカード決済を導入することができます。

加盟店はカード会社ではないので、加盟店が把握する個人情報はほとんどありません。

知られる可能性としては、下記のような情報ですが、それも決済時にチラッと見える程度です。

  • カード番号
  • 有効期限
  • 氏名

どれもカードの券面に記載がある情報です。

住所や暗証番号などはカード会社の管轄なので加盟店が閲覧することはできません。

また、消費者にとって加盟店は契約相手ではないため、加盟店がカード使用者の信用情報を閲覧することもありません。

クレジットカード加盟店契約に関することは経済産業省の商取引監督課が定めています。

詳しくは「クレジットカード加盟店契約に関するガイドラインについて」をチェックしてみてください。

実際にクレジットカードなどの個人情報を閲覧されているのか?

クレジットカードなどの個人情報を閲覧されている?

カード会社が閲覧できる情報はカードを作る際に提出した情報に加えて、信用情報(カードの利用履歴)も閲覧できます。

カード会社はカード所持者にとって管理会社なので、カードに関するすべての情報はいつでも閲覧できるという認識を持っておきましょう。

さて、実際にカード会社はさまざまな情報を閲覧しているのでしょうか?

当然ながら「閲覧している」と考えるのが妥当でしょう。

閲覧している理由としては以下のような理由が考えられます。どれも適正な閲覧理由です。

  • カード利用場所の確認(安全のため)
  • カード決済額の確認(安全のため)
  • カード支払い履歴の確認(途上与信のため)

①安全のための閲覧

カード会社は365日24時間体制でカードの不正利用がないかを確認してきます。

たとえば、普段自宅近所で少額の決済しかされていないカードが、急に海外で高額な決済をしたとしましょう。

カード会社はこの情報を見て「怪しい!不正利用されているかもしれない!」と思うわけです。


→このように電話がかかって不正利用を教えてくれます。

②途上与信のために閲覧

クレジットカード会社は初回の審査以外にもさまざまなタイミングで再審査(=途上与信)を行います。

再審査結果によっては、限度額が上がったり下がったりするなどカードにも影響があります。

この再審査のために、支払い履歴(きちんと支払えているか)や利用額を閲覧しています。

個人情報は安全に守られているの?

クレジットカードに関する個人情報は、各カード会社ごとのルールに従って安全に管理されています。

カードを作る際に「個人情報保護に関する情報」として規約が紹介されています。

基本的には、特別な理由(警察からの要請など)がない限りは第三者に対して個人情報を提供しないというルールです。

実際の具体例としてライフカードの個人情報の取り扱いルールを見てみましょう。

1.個人情報の収集、利用について
2.個人情報の提供について
3.個人情報を取扱う委託業者の管理について
4.当社が保有する個人情報の開示、訂正、削除等について
5.個人情報を取扱う従業員の管理について
6.個人情報の安全管理について
7.個人信用情報機関の利用、登録について
8.個人情報保護マネジメントシステムの実践について
9.当社への個人情報のお問い合わせについて

引用:ライフカード株式会社-個人情報保護方針

このように個人情報の取り扱いについて、9つの項目ごとにルールやポリシーを紹介しています。

他社においても似たような項目なので、個人情報に関して気になることがあるなら一読しておきましょう。

直接カード会社へ問い合わせをしてもOKなので、その場合は個人情報に関するクレームや相談という窓口へ電話をしましょう。

このような宣言があるとはいえ最終的には、個人情報の安全性はカード会社や加盟店の管理能力を信じるしかありません。

100%完璧な個人情報保護はない

カードを利用する流れは基本的に下記の3ステップを踏みます。

  1. 「店員さんにカードを渡す」
  2. 「加盟店から利用情報がカード会社に行く」
  3. 「カード会社が請求を確定する」

この流れの中で、さまざまな人があなたのカード本体や情報を閲覧するチャンスがあります。

そのため、各社が個人情報保護に努めても結局は各従業員の意識の問題によって、何かしらのカード情報が漏れる可能性はゼロとはいえません

各従業員のモラルに任されている部分もあるので、100%クレジットカードの情報を漏らさない仕組みを作るというのは今のところ難しいといえるでよう。

たまにある話しですが「今日○○という芸能人がどこどこでカードを使ってたよ!」なんてことが起こり始めると、もうカード会社の信頼はガタ落ちです。

最近はコンビニの従業員がアイス冷凍庫に入ってツイッターで拡散するなど、SNS等の普及によって意味深なトラブルが度々起こっています。

カード業界では今のところそうしたニュースはありませんが、残念ながら今後も100%起きないとは言い難いですよね。

クレジットカードの利用履歴を知られるのは恥ずかしくない?!

クレジットカードの利用履歴を知られる

カードを利用すると利用したお店の名前や商品名から請求が上がりますが、人によっては自分の利用情報を知られるのが恥ずかしいと思うことがあるでしょう。

基本的に利用情報を知られようが知れらまいが、その情報を閲覧している人に会うことはないので大丈夫です。

1つだけ「恥ずかしい・・・」と思うシチュエーションを紹介しておくと、カード会社に請求や返済に関して電話でお問い合わせした時は若干恥ずかしいと思うことがあります。

締め日を迎えた時に「先日の買い物代金が含まれていない?!」など、請求額に関して疑問が湧くことがありますね。

そんな時はカード会社へ問い合わせるのが便利です。

担当者とのやり取りでは、「今月の請求額は〇月〇日の○○店の○○円と~」という感じで話が進むので、赤裸々に利用情報を口頭で伝えられるのはちょっと恥ずかしいですね。

大人のお店や出会い系マッチングアプリ等の課金でカードを使うと加盟店の名称でバレちゃう・・・?

主に男性の悩みかもしれませんが、ストレートな表記があると困るケースがありますね。

お店やサービスによってはそうした事情に配慮して、一般的な企業名で明細を上げてくれるところが多いです。

逆に言えば店舗名やサービス名と社名が一致していないケースも多いので、パッと明細を見てもわからなかったりします。

詳しくはこちらでも書いています。:クレジットカードの利用明細(Web明細)で、身に覚えのない金額・支払い先(会社名)があった場合に確認することまとめ。全てが不正利用とは限らないので、落ち着いて。

カードを使う前に、利用明細はどんいった表記になるのか(明細の名称が変わる場合はどこかに記載があるはずなので)確認してみてくださいね。

とくに通販やインターネット決済時に店名やサービス名と社名が異なる場合は決済時にその旨を伝えられることが多いはずです。

個人情報を守るためにクレジットカード管理を徹底しよう

個人情報を守るためのクレジットカード管理

カード会社や加盟店が知り得る情報に関しては、上記のとおり関わりのある従業員のモラルを信じるしかありません。

それと同時に自分でも個人情報やカード情報を守るためにカード管理を徹底することが求められます。

 

【クレジットカードの個人情報を守るためにできること3つ】

  • カード番号などのカード情報は他人に見せない
  • パスワードは生年月日を避ける
  • 暗証番号を入力する時は第三者に見られないようにする

上記3つは基本中の基本なのでしっかりと覚えておきましょう。

クレジットカードの不正使用は意外と身近な犯罪

一般的にクレジットカードの不正使用なんて起こらないと思うわけですが、ふとした瞬間に災難に襲われることは十分に有り得ます。

トラブルに巻き込まれないように徹するのが理想ですが、もし不正使用の被害に遭ってしまった場合はすぐに「盗難紛失窓口」へ連絡をしましょう。

クレジットカードの不正使用は放置しても解決できないので、カード会社に連絡をして調査をしてもらう必要があります。

また、盗難紛失補償によって被害額を補償してもらえるので、必ず速やかに連絡をしてください。

まとめ

  • カードの発行会社は、申込時の情報・個人信用情報機関の過去情報・提携先や公的機関の情報を所有している
  • カードの加盟店が取得できる情報は限定的である
  • 100%完璧なセキュリティシステムは存在しないので自分で責任を持って管理していこう

こんな記事もオススメです↓
はじめてのクレジットカードを持つ君へ。安心・安全にカードを使い、トラブル・使いすぎを防ぐために知ってほしい10の法則

参考情報・リンク先

「この記事、参考になった!」と思っていただけましたか?

▼ぜひブクマ・シェアお願いします!

周りの方・ご友人が悩んでいる時にもぜひ教えてあげてください。m(_ _)m

運営者プロフィール

学生クレカ管理人

学生クレカ管理人

自分が大学生・未成年時代のお金・クレジットカードの失敗経験をもとに、同じ失敗をする人・クレジットカードについて悩む人を一人でも減らしたいという気持ちで当サイトを6年以上運営しているクレジットカードの専門家。

 

100枚以上のクレジットカードを比較検討し、累計19枚のカードを所有してきた(大学生の頃は6枚所有)。マイルを累計20万以上保有。航空券をほぼ無料にし、ふらっと旅行に出かけるのが趣味。Amazonでのお買い物も累計30万円分以上、ほぼポイントで済ませている。

 

カード会社幹部や広報部・外部の専門家ともつながりがあり、常に知識をアップデートしている。

 

これからも、少しでもわかりやすい記事を届けられるように努力していきます!

 

▼ブログランキングにも参加しております。当サイトの思想に共感いただける方は、ポチッとおねがいしますm(_ _)m(タップ1回で投票完了します)

 

▼注目コンテンツ!

▼LINEでの相談も、気軽にどうぞ!

かんたん検索でクレジットカードを選ぶ!自分にピッタリなカードが「ズバッと」見つかる人気ランキングからクレジットカードを選ぶ!

自分にピッタリのクレジットカードの選び方がわからない方は、基礎知識・おすすめカードの選び方が一気に学べるトップページをぜひ見てください。→ https://学生クレジットカード.com

失敗しないクレカ選びのポイント!

学生クレジットカード.com ▼マイルを本気で貯めてみたい方は、こちらもぜひどうぞ(姉妹サイト) マイル特化クレジットカードはマイルの聖書で探す!