学生がクレジットカードの申込の際に記入する勤務先(バイト先)について。バイト無しor掛け持ちの場合・単発や日払いバイト時の記入方法。

勤務先・バイト先はどう記入すればいい?

勤務先やバイト先の情報を丁寧に書くとクレジットカードの合格率が上がる?!

学生がクレジットカードを申し込むとき、当然ながら「学生」として審査されるため、基本的に社会人に比べると合格しやすい傾向があります(※カード会社・カードによって審査方針は異なります)。

意外かもしれませんが、カード会社は利用可能枠を最小限にしたりリスクを下げた上で、できる限り積極的にカードを発行してくれるのです。

とはいえそれでも、学生なら誰でも審査を通過するわけではありません。

クレジットカードは利用した分を1ヶ月で集計し、まとめて支払う後払い方式なので、きちんと返済能力があるかは大切なのです。

そこで「学生」として勤務先やバイト先の情報を丁寧に書いておくことで、多少なりとも合格率を上げられる可能性があります。

なぜなら、カード会社の審査部が人力目線で申込書類をチェックする場合に、年収につながる情報を詳細に把握できると申込者の収入状況を具体的にイメージしながら合否を判断しやすくなるからです。

クレジットカード申し込み時は何を丁寧に書けばいい?

クレジットカードの申込書類を丁寧に書くというのは「嘘をつかずに真実をそのまま赤裸々に書く」という意味です。

今回は学生の勤務先をテーマに紹介していきますが、他の記入項目についても簡略せずに、できるかぎり具体的に詳細をそのまま書くことを意識しておきましょう。

 

  • 勤め先の有無
  • 勤務先名
  • 勤務先の住所
  • 勤務先の電話番号
  • 勤続年数
  • 年収
  • 預金額

クレジットカードによって申込書類の記入項目は多少異なりますが、勤務先や年収に関しては上記のような項目があります。

わかりやすいところだと「預金額」は必須項目ではないものの、ここも正直にいくらほどの預金があるのかを記入しておくと審査結果でプラスに働く可能性があります。

また、勤続年数も月単位まで記入できるのであれば、約1年ほどのバイト継続がある場合でも「1年2ヶ月」というように丁寧に書いておく方がいいです。

きちんと記入する=きちんと返済する、というのは少なからずカード会社も感じるはずです。

ところで、バイトなどを記入するときに「年収」について悩むかもしれません。そんな時は「学生のクレジットカード申込時「年収」にはいくらと書くべき?仕送り・奨学金・バイトは含めて良い?審査に影響は?」を参考にしてみてください。

また、書類不備があるとそれだけで審査落ちしてしまう可能性もあるので、申込書類に慣れていない方はクレジットカード申込時の書類不備について見ながら申込を行うこともオススメします。

クレジットカードはWeb申込が増えており、カード会社の記入欄によってはこちらで推奨している方法を再現できないかもしれません。100%同じようにやれなかったとしても、心構えを参考にしていただければ幸いです^^

クレジットカード申し込み時の「バイト先や勤務先」の記入方法

さて、クレジットカードの申込書類を丁寧に書くことを意識しながらも、実際に申し込みを行う際は「どう書けばいい?」と迷うケースがありますよね。

ひとことに学生のアルバイトと言っても、単発バイトや日払いバイト、あるいは派遣や掛け持ちなどいろいろな働き方があります。

そこで、勤務先情報の書き方に迷いが生じやすいケースをピックアップして紹介していきます。

①店舗情報と本社情報はどちらを書くべき?

チェーン店でバイトをする場合など、自分が働いている店舗情報と本社情報のどちらを書くべきか迷うことがありますね。

これは、自分が働いている「店舗情報」の方を書きましょう。

②派遣は「派遣先」と「派遣会社」のどちらを書くべき?

派遣は「派遣会社に登録」→「派遣先で就労」というシステムなので、クレジットカードの申し込みにおいても記入方法で迷いやすい代表例です。

基本的に勤務先というのは、給与を支払ってくれる雇用主の情報を書く必要があるので、派遣の場合は「派遣会社」の情報を書きましょう。

また、派遣会社はエリアごとに事務所が点在しているケースが多いですが、勤務先の住所については派遣担当者に聞くと自分が在籍している事務所がわかります。

③複数掛け持ちはどのバイト先を書くべき?

バイトを複数掛け持ちしている場合、記入欄に複数項目やスペースがあるならすべての勤務先を書いてOKです。

もし1行しか項目が書けない場合、給与や勤続年数などをベースにどれか1つを選んで書きましょう。

どれを選べばいいのかわからないなら、今後も長く継続するであろうバイト先を選んでおくのオススメです。

また、このケースにおける年収の書き方は、そのまま「年間の収入」を書けばいいため、すべてのバイト先の給与を合算して書きましょう。

④単発や日払いバイトの書き方は?

単発バイトや日払いバイトのほとんどは派遣だと思うので、その場合は上記で紹介した派遣のケースと書き方は同じであり「派遣会社」の情報を書きましょう。

派遣会社のように人を派遣する仲介業者がなく、勤務先で直接雇用されて単発バイトや日払いバイトをする場合、これは勤務先の情報を書けばOKです。

また、単発バイトや日払いバイトを掛け持ちしている場合、これはバイトの掛け持ちのケースと書き方は同じであり、すべての給与を年収として合算しておきましょう。

⑤実家のお店を手伝っている場合はどう書くの?

実家がお店を経営しており、そこでバイトをしている場合はそのまま実家のお店の情報を書きます。

一般的に実家のお手伝いは書類上において契約を結んでいないことも多く、給与は手渡しで明細なしといったケースもあり得ます。

しかし、クレジットカードの発行時には所得証明書の提出を命じられることはないので、とくに気にせずに申し込みましょう。

ポイント!

実際に経済産業省の改正割賦販売法についての記載には「年収は、自己申告が基本です。証明書などは求められません。」と記載があるので、安心してください。

※貸金業法に規定される収入証明書提出の基準:個人がお金を借りる場合に「ある貸金業者から50万円を超えて借りるとき」「他の貸金業者から借りている分も合わせて100万円を超えて借りるとき」このどちらかのケースに当てはまると、収入証明書提出を求められます。

学生がクレジットカードを申し込む時の「バイト以外」の記入方法

学生の場合、クレジットカードの審査にはバイト無しでも合格できるケースがよくあります。

なので、もしもバイトしていなければ、正直にその通りに書きましょう。

また、もしかするとバイトではなく事業として収入があるケースもあり得ます。その場合も記入方法も紹介します。

転売やアフィリエイトなどで稼いでいる場合は?

勤務先がない場合は主に2つの稼ぎ方があります。

 

  • 確定申告有り:
    アフィリエイトやクラウドソーシング・ネットでのバイトなど
  • 確定申告無し:
    ギャンブルや転売など

実際に申し込みフォームに記入するときには「自営業」と記入しましょう。

自営業の場合でも、年収は自己申告が基本であり、証明書などは求められません。

すでに内定を取れているなら書いてOK

バイトは「面接を受ける」→「内定」→「バイト開始」という流れですが、この内定からバイト開始の間にクレジットカードへ申し込む場合は「バイト有り」として申し込んでOKです。

やはり「バイト無しの学生」として申し込むことに比べると、このように丁寧な記入方法から申し込みをしておく方が審査に合格できる可能性は高くなります。

面接の結果待ちの状況については当然ながら結果が不明なので、とりあえず結果出るまで待ちましょう。

学生のクレジットカード申し込みについてのQ&A

最後に、学生のクレジットカード申し込みについてのQ&Aを紹介します。

①街中や店頭でのクレジットカード勧誘は怪しくないの?

街中や店頭での勧誘はとくに怪しくはありません。

しかし、たとえばルミネに行くとルミネカードを、ビックカメラに行くとビックカメラカードを紹介されるように、主にそのお店で使いやすいカードの勧誘を受けます。

なので総合的な判断でカードを紹介してくるわけではないため、あなたにぴったりなカードではない可能性が高いといえます。実際に、ほとんどの方がネットで調べてネット申し込みをしています。

当サイトでも、学生にオススメなカードを比較して状況別に紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

また、街中などでのカード勧誘については「クレジットカードの作り方・発行場所:どこで作れるのか?街中や店頭の勧誘は怪しい?多くの人はネットで申し込みをしています!」を参考にしてください。

②アルバイトなどの勤務先を書くと、そこに電話が行くんじゃないの?

アルバイト先へも在籍確認は、あるカードもあればないカードもあります。

もしも在籍確認をされて困るような場合には、申込基準に勤務条件がないカードを選ぶといいかもしれません。

とはいえ、残念ながら100%在籍確認のないクレジットカードは存在しません。

しかしAIなどによる機械的な審査を導入している場合には、在籍確認がないことが多いみたいです。

たとえば、楽天カードやイオンカードなどが該当します。

詳しくは「クレジットカード申込時に電話確認はされる?実家(親)に電話行く?バイト先に在籍確認される?本人確認対策についてのまとめ」を参考にしてください。

③身分証明書として学生証は使えない?

身分証明書として学生証は使うことができません。免許証やパスポートなどを使う必要があります。

詳しくは「クレジットカード審査の身分証明として「学生証」は使えない?現住所と本籍が異なる時はどうする?公的書類に関わる噂を徹底検証」にまとめているので参考にしてください。

④バイトをしていなくて審査が不安なのですが・・・

もしもカードの審査が不安な場合には、申し込みハードルが低いカードを選ぶのがオススメです。

一度カード審査に落ちてしまうと、その履歴が半年間残ってしまい、2枚目以降の申し込みに影響する場合があります。

申し込みハードルが低いカードについては「審査申請基準が甘いクレジットカードって何?申込条件がゆるい・審査が独自で通りやすい・柔軟なクレカの理由と、実際に学生がすぐ作れるカードまとめ」にまとめています。

まとめ

以上、学生がクレジットカードの申込の際に記入する勤務先(バイト先)についてでした!

クレジットカードの申し込みは少しややこしいため、どのように記入したらいいか迷ってしまう場面もあると思います。

この記事で、申し込みにおける悩みや疑問が解決されたら嬉しく思います。

「この記事、参考になった!」と思っていただけましたか?

▼ぜひブクマ・シェアお願いします!

周りの方・ご友人が悩んでいる時にもぜひ教えてあげてください。m(_ _)m

運営者プロフィール

学生クレカ管理人

学生クレカ管理人

自分が大学生・未成年時代のお金・クレジットカードの失敗経験をもとに、同じ失敗をする人・クレジットカードについて悩む人を一人でも減らしたいという気持ちで当サイトを6年以上運営しているクレジットカードの専門家。

 

100枚以上のクレジットカードを比較検討し、累計19枚のカードを所有してきた(大学生の頃は6枚所有)。マイルを累計20万以上保有。航空券をほぼ無料にし、ふらっと旅行に出かけるのが趣味。Amazonでのお買い物も累計30万円分以上、ほぼポイントで済ませている。

 

カード会社幹部や広報部・外部の専門家ともつながりがあり、常に知識をアップデートしている。

 

これからも、少しでもわかりやすい記事を届けられるように努力していきます!

 

▼注目コンテンツ!

▼LINEでの相談も、気軽にどうぞ!

かんたん検索でクレジットカードを選ぶ!自分にピッタリなカードが「ズバッと」見つかる人気ランキングからクレジットカードを選ぶ!

自分にピッタリのクレジットカードの選び方がわからない方は、基礎知識・おすすめカードの選び方が一気に学べるトップページをぜひ見てください。→ https://学生クレジットカード.com

失敗しないクレカ選びのポイント!

creca_footer_link