学生がクレジットカードの申込の際に記入する勤務先(バイト先)について。バイト無しor掛け持ちの場合・単発や日払いバイト時の記入方法。


勤務先・バイト先はどう記入すればいい?

勤務先やバイト先の情報を丁寧に書くと合格率が上がる?!

学生のクレジットカードは「学生」として審査されるため、基本的に社会人に比べると合格しやすい傾向があります。※カード会社・カードによって審査方針は異なります。

しかし、それでも「学生」として勤務先やバイト先の情報を丁寧に書いておくことで、多少なりとも合格率を上げられる可能性があります。

なぜなら、カード会社の審査部が人力目線で申込書類をチェックする場合に、年収につながる情報を詳細に把握できると申込者の収入状況を具体的にイメージしながら合否を判断しやすくなるからです。

何を丁寧に書けばいい?

クレジットカードの申込書類を丁寧に書くというのは「嘘をつかずに真実をそのまま赤裸々に書く」という意味です。

今回は学生の勤務先をテーマに紹介していきますが、他の記入項目についても簡略せずに具体的に詳細をそのまま書くことを意識しておきましょう。

  • 勤め先の有無
  • 勤務先名
  • 勤務先の住所
  • 勤務先の電話番号
  • 勤続年数
  • 年収
  • 預金額

クレジットカードによって申込書類の記入項目は多少異なりますが、勤務先や年収に関しては上記のような項目があります。

わかりやすいところだと、「預金額」は必須項目ではないものの、ここも正直にいくらほどの預金があるのかを記入しておくと審査結果でプラスに働く可能性がありますね。

また、勤続年数も月単位まで記入できるのであれば、約1年ほどのバイト継続がある場合でも「1年2ヶ月」というように丁寧に書いておく方がいいですね。

学生のバイト先や勤務先の記入方法

さて、クレジットカードの申込書類を丁寧に書くことを意識しながらも、実際に申し込みを行う際は「どう書けばいい?」と迷うケースがあります。

学生のアルバイトは「単発バイト」や「日払いバイト」、あるいは「派遣」や「掛け持ち」などいろいろな働き方がありますが、勤務先情報の書き方に迷いが生じやすいケースをピックアップして紹介していきます。

店舗情報と本社情報はどちらを書くべき?

チェーン店でバイトをする場合など、自分が働いている店舗情報と本社情報のどちらを書くべきか迷うことがありますね。

これは、自分が働いている「店舗情報」の方を書きましょう。

派遣は「派遣先」と「派遣会社」のどちらを書くべき?

派遣は「派遣会社に登録」→「派遣先で就労」というシステムなので、クレジットカードの申し込みにおいても記入方法で迷いやすい代表例です。

基本的に勤務先というのは給与を支払ってくれる雇用主の情報を書く必要があるので、派遣の場合は「派遣会社」の情報を書きましょう。

また、派遣会社はエリアごとに事務所が点在しているケースが多いですが、勤務先の住所については派遣担当者に聞くと自分が在籍している事務所がわかります。

複数掛け持ちはどのバイト先を書くべき?

バイトを複数掛け持ちしている場合、記入欄に複数項目やスペースがあるならすべての勤務先を書いてOKです。

もし1行しか項目が書けない場合、給与や勤続年数などをベースにどれか1つを選んで書きましょう。どれを選べばいいのかわからないなら、今後も長く継続するであろうバイト先を選んでおきましょう。できれば同時並行している勤務先は全部丁寧に書いておきたいところではあります。

また、このケースにおける年収の書き方は、そのまま「年間の収入」を書けばいいため、すべてのバイト先の給与を合算して書きましょう。

単発や日払いバイトの書き方は?

単発バイトや日払いバイトのほとんどは派遣だと思うので、その場合は上記で紹介した派遣のケースと書き方は同じです。

派遣会社のように人を派遣する仲介業者がなく、勤務先で直接雇用されて単発バイトや日払いバイトをする場合、これは勤務先の情報を書けばOKです。

また、単発バイトや日払いバイトを掛け持ちしている場合、これはバイトの掛け持ちのケースと書き方は同じであり、すべての給与を年収として合算しておきましょう。

実家のお店を手伝っている場合はどう書くの?

実家がお店を経営しており、そこでバイトをしている場合はそのまま実家のお店の情報を書きます。給与に関しても他と同様にそのまま事実を書きますが、1つ注意をしておきたいのは給与明細が発行されているかどうかです。

一般的に実家のお手伝いは書類上において契約を結んでいないことも多く、給与は手渡しで明細なしといったケースもよくあります。クレジットカードへ申し込んだ後に所得証明書の提出を命じられることがあるので、その場合は親に相談して給与明細を発行してもらいましょう。

バイト無しの記入方法

学生のクレジットカードはバイト無しでも合格できるケースがよくあります。勤務開始が決定している職場があるならそれを書いておきましょう。

嘘はつかないように・・・

クレジットカードは嘘の情報で申し込むのは絶対NGです。まずはここを念頭においておきましょう。

嘘の申し込みについては「学生がクレジットカードを申し込むときに迷う記述欄!現住所・預金額・持ち家などについて書くべき情報、実際に記載例まとめ!ウソは厳禁です」をあわせて読んでみてくださいね。

すでに内定を取れているなら書いてOK

バイトは「面接を受ける」→「内定」→「バイト開始」という流れですが、この内定からバイト開始の間にクレジットカードへ申し込む場合は「バイト有り」として申し込んでOKです。

やはり、「バイト無しの学生」として申し込むことに比べると、このように丁寧な記入方法から申し込みをしておく方が審査に合格できる可能性は高くなります。

面接の結果待ちの状況については当然ながら結果が不明なので、とりあえず結果出るまで待ちましょう。

転売やアフィリエイトなどで稼いでいる場合は?

勤務先がない場合は主に2つの稼ぎ方があります。

  • 確定申告有り:アフィリエイトやクラウドソーシング・ネットでのバイトなど
  • 確定申告無し:ギャンブルや転売など

しかし、ここでポイントになるのは所得証明書を用意できるかどうかです。年収として収入を記載するのは自由ですが、証明できなければ意味がありません。

確定申告の必要性は除外して、バイト無しで収入を証明したい場合は翌年度に確定申告をしておき、確定申告書を用意することで効果を発揮することは覚えておきたいところです。

※そもそも確定申告をして、しっかり利益が残っているような収入があれば、学生では申し込めないようなクレジットカードの審査に通ったりしますが…。

そもそも年収の定義や書き方とは?

クレジットカードの申し込みにおける年収は、仕送りや給与などさまざまな収入があることから書き方に迷いますが、結局は求められたときに「所得証明書から年収を証明できるのか?」に収束されます。

学生のクレジットカードの年収の記入方法は「学生のクレジットカード申込時、「年収」にはいくらと書くべき?仕送り・奨学金・バイトは含めて良い?審査に影響は?」をあわせて読んでおきましょう。


このページを閉じる前に、要チェック!

当サイトで学生さんの申込が多いクレジットカードのランキングです。

最新!当サイトで申込の多いクレカ!
【1位】三井住友VISAデビュープラスカード
【2位】セゾンブルー・アメックス
【3位】JCB CARD Wライフカード
オススメカードについての解説

初めてのカード・二枚目のカードを悩んでいる方は、この4枚をまずはチェック!

【1位】三井住友VISAデビュープラスカード
【2位】セゾンブルー・アメックス
【3位】JCB CARD Wライフカード

自分にピッタリのクレジットカードの選び方がわからない方は、基礎知識・おすすめカードの選び方が一気に学べるトップページをぜひ見てください。→ https://学生クレジットカード.com

失敗しないクレカ選びのポイント!

creca_footer_link