消費税が10%に増税される!?いつから!?クレジットカード・電子マネーで支払うと2%戻ってくるって本当?国のキャッシュレスへの狙い・消費税増税の歴史を勉強してみよう


消費税が10%に増税!?クレジットカード・電子マネーで支払うと2%戻ってくる?国の狙い・消費税増税の歴史を勉強してみよう
今回は2019年に予定されている「消費税の増税」と「キャッシュレス決済で2%還元」について、情報を整理しながら紹介していきます。

ANNニュースの動画で学ぶのもいいですね。

注意!

当記事は、2018年10月30日現在の情報をもとに執筆しています。

増税予定日、消費税の増税額

2019年に消費税増税が予定されていますが、最初に「増税予定日」と「増税額」を整理しておきましょう。

 

  • 増税の予定日:2019年10月1日
  • 増税額:消費税8%→10%

大まかな政策内容は「8%」→「10%」へ消費税が引き上げられることですが、今回の増税でややこしいのが「消費税軽減税率制度」です。

ややこしい、と書いていますが、消費者である私達にとってはお得な制度です。

消費税軽減税率制度って?

消費税軽減税率制度について引用元:国税庁

消費税軽減税率制度は、消費税を10%に引き上げる際に対象品目だけは税率を8%のまま据え置くという内容です。

  • 飲食料品:食品表示法に規定する食品が対象だが、外食やケータリングなどは対象外
  • 新聞:週2回以上発行される定期購読契約に元づくものが対象

この消費税軽減税率制度に関して「お店で食事をすると10%、テイクアウトは8%、お持ち帰りのほうがお得!」といった話題がよく議論されています。

テイクアウトのお客さんが増えるのであれば、お店の混雑が軽減されていいかもしれませんね。

今回目玉となって議論されている政策(キャッシュレスで2%還元)

今回の増税では、「キャッシュレス決済で2%還元」という政策内容も検討されています。

これがとても大切なので、絶対に覚えていただきたいポイントです!

 

  • 増税される2%分をポイントで還元する
  • キャッシュレス化も促進できる
  • キャッシュレスで決済した商品やサービスがすべて対象の予定
  • 1年間など期間限定で実施する予定
  • カード加盟店の手数料引き下げを要請する予定

2018年10月30日時点では、この政策は確定していませんが、年内には何かしらの進展が見られそうです。

すでにクレジットカードを使っている人からすると嬉しい政策ですし、今後も自然とキャッシュレス化が進みそうな雰囲気の中でカードを作る1つの機会になりそうですね。

というか、今、現金派の人は今後損をする可能性が非常に高いです。

LINEでも相談受付中!

公式LINE@「学生おかねトーク」で質問・相談してみませんか?

  • クレジットカードに関する相談
  • お金に関する相談

気軽に送ってみくてください!

時間のあるときにお返事します^^

このタイミングで、お得なクレカを知りたい人にオススメの記事はこちらから。

学生向け年会費無料の最強クレジットカード徹底比較!
学生向け特典やキャンペーンがお得なクレジットカードはこれだ!随時更新

2%還元の対象カードは?

2%の還元を受けられる対象は「キャッシュレス決済」となっていますが、具体的にどんな決済手段が対象なのかは決まっていません。

  • クレジットカード
  • 電子マネー
  • QRコード
  • バーコード、など

新聞などで取り上げられている内容では、上記のような決済手段が対象となる予定です。

「デビットカードは?プリペイドカードは?」といった疑問が湧くわけですが、これも進展を待つしかありません。

きっと現金以外の決済手段は、ほぼ対象になるのではないかと思われます。

たとえば、「クレジットカードは対象だが、デビットカードは対象外」や「電子マネーは対象だが、プリペイドカードは対象外」といった措置を取ると、各商品の売り手側において大きな不公平さが生まれそうですし、対応がとても大変になりそうです。

他にも、「Apple Pay」や「マイナンバーのポイント」など、気になることはたくさんありますが、続報を待ちましょう。

具体的にどういうメリットが国民にあるのか?

キャッシュレス決済の2%還元は、国民にとって「カード決済すれば増税分の2%を取り戻せる」というメリットがあります。

これはキャッシュレス決済をすでに使っているかどうかで意見が大きく分かれそうですが、「そもそも、ポイントで2%還元するなら増税しなくてよくない?」という方も多そうです。

また、キャッシュレス政策で商店街にカード決済の導入を促進させる狙いがありますが、いまだにカードを使えないお店はたくさんあります。

お店側にとってはカード加盟店になったときの手数料が重いため、簡単に「カード決済を導入しよう!」という判断ができない事情があるんですね。

今回のキャッシュレス決済2%還元では、「カード会社に手数料の引き下げを要請する」という内容が検討されているようですが、キャッシュレス化を進めるためにもここが重要です。

国の狙いは何?(混乱を抑えつつオリンピックまでにキャッシュレス率を上げたいのでは?)

国・政治家のキャッシュレス思惑は?
キャッシュレス政策というのは、「2020年のオリンピックまでにキャッシュレス決済を普及させる」という大きな目標が掲げられています。

消費税の増税に伴ってキャッシュレス決済で2%還元させるのは、少なからずキャッシュレス率を引き上げたい狙いがありそうですね。

現状、「ATM台数を増やす」や「百貨店の面前決済を促進させる」など、キャッシュレス決済が進んでいる感はありますが、日常生活で何か大きな変化があるかを考えると「う~ん・・・」といった感じです。

先日にセブン-イレブンでカード決済した時、今までは店員さんにカードを渡して決済していましたが、レジにカード機が設置されていて「そこにカードを挿入してください」という変化があり、「これがキャッシュレス化なのかな?」と思ったり。

キャッシュレス化は、このような変化をたくさん実感しなければわかりづらいですよね。

過去の消費税導入、増税の歴史

増税の歴史
ここから、過去の消費税の歴史について見ていきましょう。

【1979年】導入の閣議決定(国民の反応・何が起きたか)※大反対で議席をへらす

日本の消費税は、1979年に財政再建のために一般消費税が閣議決定されたことからはじまります。

しかし、国民からはバッシングの嵐で、当時の総理大臣である大平正芳首相が消費税の導入断念することにしましたが、それでも議席を大幅に減らして大敗を喫する結果となりました。

【1989年(3%)】竹下登首相が消費税法を施行、税率は3%

日本で消費税法が誕生したのは1989年です。

竹下登首相が消費税法を施行して、当時の税率は3%でした。

しかし、リクルート事件(汚職)などの影響もあって、竹下登首相が対陣します。

【1997年(5%)】橋本龍太郎首相

日本ではじめての増税は、1997年の「3%」→「5%」です。

村山内閣が「3%から5%に増税、地方消費税も1%導入」という税制改革関連法案を成立させ、それを次の総理大臣である橋本龍太郎首相が引き継ぐ形で実施します。

【2014年(8%)】安倍晋三首相

1997年に増税されて以降、次の増税は2014年の安倍内閣です。

2011年の野田政権時代に「2014年に8%へ増税」・「2015年に10%へ増税」という案がすでにあり、2014年に安倍晋三首相が「8%へ増税」をそのまま実行します。

【2019年(10%予定)】ここまで2度の延期

当初は2015年に10%へ増税される予定でしたが、2014年に「10%への増税は2017年に延期」することが決定されました。

2016年には「2017年に予定されていた増税を2019年に延期」することが発表され、ここまで2度の延期を経てようやくの消費税引き上げとなります。

今回予想されること、駆け込み需要はあるか、政策でなにが起こるのか

2019年の増税まであと1年しかありませんが、キャッシュレス決済の2%還元については本当に実施されるかどうかわかりません。

しかし、これが本当に実施される路線で予想すると、世間に賛否両論あってもカードの需要は非常に高まると思います。

なぜなら、カード決済すれば2%還元されるのですから・・・。

使わないと2%を毎回捨てることになるとしたら、さすがになるべくカードを使うようにしますよね?

となると、増税タイミング前にクレジットカードを見直す・まだ持っていない人は持つ、という動きが活発になりそうです。

このタイミングで、お得なクレカを知りたい人にオススメの記事はこちらから。

学生向け年会費無料の最強クレジットカード徹底比較!
学生向け特典やキャンペーンがお得なクレジットカードはこれだ!随時更新

どちらにせよ増税によって実際の支出はより丁寧に考えていきたいですよね。

まとめ

2019年10月1日から消費税が10%へ引き上げられることが決まり、それと合わせて消費税軽減税率制度も実施されます。

また、増税の負担を軽減するための施策としてキャッシュレス決済2%還元が検討されており、これが実施されると増税の2%をポイントで取り戻せるのでお得です。

「通常のポイント還元率にプラスして2%が加算されるのか?」といった疑問は色々とありますが、今後も注目度の高い政策となりそうです。

参考

国税庁 – 平成31年(2019年)10月1日から消費税の軽減税率制度が実施されます!


このページを閉じる前に、要チェック!

当サイトで人気のクレジットカードランキング

当サイトで学生さんの申込が多いクレジットカードのランキングです。

初めてのカード・二枚目のカードを悩んでいる方は、この4枚をまずはチェック!

最新!当サイトで申込の多いクレカ!
【1位】三井住友VISAデビュープラス
【2位】セゾンブルー・アメックス
【3位】JCB CARD Wライフカード

自分にピッタリのクレジットカードの選び方がわからない方は、基礎知識・おすすめカードの選び方が一気に学べるトップページをぜひ見てください。→ https://学生クレジットカード.com

LINEでも相談受付中!

公式LINE@「学生おかねトーク」で質問・相談も気軽にどうぞ。

皆さんからの

  • クレカについてのご相談
  • 記事についてのご質問
  • 記事リクエスト
  • クレカの券種レビュー
  • その他雑談
を随時お待ちしています!なんでも気軽にお送りください^^

失敗しないクレカ選びのポイント!

creca_footer_link