クレジットカードに付帯する海外旅行の傷害保険、自動付帯・利用付帯の違いは?傷害申請はどのようにする?


クレジットカードに付帯する海外旅行の傷害保険・自動付帯・利用付帯の違い

この記事の目次

海外での保険について徹底的に解説します!

海外旅行は慣れない土地や、言葉が通じない土地へ旅行をするということは楽しみの半面、わからないことが沢山あるので何かあったらという不安は多いと思います。

海外でいざというときに必要な保険はさまざまなものがあり、細かく確認しておく必要がありますので事前に確認してみましょう。

海外旅行損害保険の範囲と対象外

正式に海外旅行損害保険と呼ばれる保険です。

保険内容はさまざまなものがあります。

  • 旅行中に起きたケガにより死亡した場合の補償:傷害(死亡)
  • 旅行中病気により死亡した場合の補償:疾病(死亡)
  • 旅行中ケガで障害が残った場合の補償:傷害後遺障害
  • 旅行中のケガ・病気の治療費保障:傷害・疾病(治療)※持病は含まれないこと多い
  • 旅行中のケガ・病気で入院した時に一時金の支払い:入院一時金
  • 旅行中のケガ・病気になり家族が駆けつける費用:救援者費用
  • 旅行中、人身や他人の持ち物、公共物等壊してしまった時にかかる費用:賠償責任※法的に責任が発生した場合
  • 旅行中に携行品が盗難などの事故にあい損害を受けた費用:携行品損害
  • 旅行中航空機に預けたが目的地への到着が遅れた場合、身の回り品など必要に応じ購入したものの費用:航空機寄託手荷物遅延
  • 予定の航空機の到着が遅れた場合、搭乗していた航空機が目的地への到着が遅れた場合の宿泊費や食費などの費用:航空機遅延

などが一般的に 『海外旅行損害保険』と呼ばれる保険で補償される大まかな項目になっています。

保険の種類によってこれはあるけどこちらは付帯されていない、というパターンもありますので、必ずどんな場合に適用されるか?という項目と、不適用のケースの内容は確認して契約しましょう。

海外旅行時のケガ・入院費や後遺症に対しての保険は多くの保険付きカードで補償対象。

クレジットカードによっては(特に高ランクカードの場合)、航空機の遅延や手荷物遅延に対しての保険さえ付くことも。

クレジットカードの海外旅行保険は各カード契約時に記載されている「担保内容」や「補償額」がすべてであり、記述がある内容以外は対象外です。

例)セゾンブルー・アメリカン・エキスプレスカードの海外旅行保険

例として、学生が持てる中でも海外旅行保険が手厚い「セゾンブルー・アメリカン・エキスプレスカード」の海外旅行保険を見てみましょう。

実際に以下の担保内容と補償額が保険として備わっています。

  • 死亡・後遺障害:3,000万円
  • 治療費用:300万円
  • 疾病治療費用:300万円
  • 賠償責任:3,000万円
  • 携行品損害:30万円
  • 救援者費用:200万円

この担保内容が「保険料無料」で「90日間の補償期間」で備わっています。

還元率や特典などをトータル的に見ると、保険を単体で用意するよりも実用性を見出しやすいメリットがあります。

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード

最大3,000万円の海外保険が自動付帯・海外利用で還元率2倍・アメックスが学生まで持てて、26歳まで年会費無料。海外行くなら必携。

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード
入会特典最大6,000円相当ポイントプレゼント
年会費(初年度) 無料
年会費(2年目~) 条件付き無料
条件:26歳になるまでは年会費無料(通常年会費:2年目以降3,240円)
ポイント還元率(通常) 0.5%
ポイント名:永久不滅ポイント
ポイント還元率(最大) 1.0%
条件:海外利用時
発行スピード(最短)即日
  • 付帯保険(海外旅行):◎(自動付帯)
  • 付帯保険(国内旅行):○(利用付帯)
  • 付帯保険(盗難保険):あり
  • 付帯保険(ショッピング保険):あり

他実施中キャンペーン:U25応援キャンペーン(26歳まで年会費無料)

※その他、海外での利用時に還元率が2倍になったり、空港から自宅までスーツケースを無料配送してくれる特典までついています。

セゾンブルーについて詳しくは「学生でもアメックスが持てる!?セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カードは海外旅行を強力サポート!今なら25歳までは年会費無料!」にまとめています。

クレジットカードの旅行保険における自動付帯・利用付帯の違い

自動付帯』はクレジットカードが発行されている時点で自動的に付帯されている保険。注意点はクレジットカードによって、上記で紹介した補償が付いているものと無いモノとがあるのできちんと確認が必要です。

LINEでも相談受付中!

公式LINE@「学生おかねトーク」で質問・相談してみませんか?

  • クレジットカードに関する相談
  • お金に関する相談

気軽に送ってみくてください!

時間のあるときにお返事します^^

利用付帯』は旅行時の移動手段で使う公共交通費用、ツアーパッケージ代をクレジット決済にしてはじめて適用になる保険です。(カードを利用して適用される保険)

利用付帯のメリットはクレジットカードを使用することで補償額が上乗せされる場合があることですが、デメリットとしてクレジットカードで保険会社で認めている公共交通機関にてのカード利用をしないと適用されない、カードを複数枚持っていく場合はそれぞれ使用していないと適用されないということがあります。

クレジットカードの海外旅行保険の適用条件

海外旅行保険の適用条件は、「自動付帯」と「利用付帯」で異なります。

  • 自動付帯:海外保険が必要な時に申請をすれば保険が適用される
  • 利用付帯:旅行代金をカードで支払うことで保険が適用される

利用付帯の場合は「旅行代金」や「空港までの交通費」など、旅行に関する費用をカードで支払うことで海外旅行保険を使えるようになります。

「旅行に関する費用をカードで支払う必要があるのか・・・」と少し残念に思うかもしれませんが、カードを使うとポイントを獲得できるので、一概に利用付帯の方が損というわけでもありません

カードによってはトラベルサービスの利用でポイントがアップすることもあるため、その辺りも加味して海外旅行保険付帯のクレジットカードを探してみるといいですね。

クレジットカードの旅行保険の担保内容によっても適用条件が異なる

海外旅行保険はさまざまな担保内容(種類)があるわけですが、それらの内容によっても保険が使えないケースがあります。

ポイント!

  • 海外の障害死亡や後遺障害や傷害治療費用
  • 海外の疾病治療費用や救援者費用
  • 海外の賠償責任
  • 海外の携行品損害

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレスカードの場合を紹介しておきます。

海外の障害死亡や後遺障害や傷害治療費用

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレスカードでは、海外の障害死亡や後遺障害や傷害治療費用において、以下のような場合は保険金を受け取ることができません。

ポイント!

  • けんかや自殺
  • 無資格運転や酒気運転
  • 脳疾患や心神喪失
  • 危険スポーツ中の事故
  • 戦争や災害

他にもさまざまなケースがあるので、事前に確認しておくのがベターですね。

海外の疾病治療費用や救援者費用

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレスカードでは、海外の疾病治療費用や救援者費用において、以下のような場合は保険金を受け取ることができません。

ポイント!

  • 故意や重過失
  • けんかや自殺
  • 妊娠や出産
  • 歯科疾病
  • 医学的に他覚初見のない症状

こちらも他にさまざまなケースがあるので、事前に確認しておきましょう。

海外の賠償責任

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレスカードでは、海外の賠償責任において、以下のような場合は保険金を受け取ることができません。

ポイント!

  • 職務執行に直接棋院する損害事故
  • 親族に対する損害事故
  • 受託物に対する損害事故
  • 自動車などの事故による損害事故
  • 心神喪失に起因する事故や故意の事故など

こちらも他にさまざまなケースがあるので、事前に確認しておきましょう。

海外の携行品損害

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレスカードでは、海外の携行品損害において、以下のような場合は保険金を受け取ることができません。

ポイント!

  • 自然消耗
  • 置き忘れ
  • 現金や小切手の損害
  • クレジットカード等の損害
  • パスポートの紛失など

今回紹介している内容は、セゾン・アメリカン・エキスプレスカードの「海外・国内旅行傷害保険」で確認できます。

また、カード発行後は保険に関するパンフレットが送付されるので、保険内容や申請方法など関連内容は把握できるので心配ありません。

クレジットカードの障害申請方法

万が一海外旅行先で事故にあった場合の申請方法です。

事故にあって30日以内に保険会社へ連絡して保険金請求書を送付してもらってください。

その請求書にて保険金の請求が可能です。その他必要な書類を準備してください。

基本的に領収書はすべて保管しておくのと、損害物の修理費用などは見積書なども保管しておく必要があります。

付帯されている保険内容によって異なりますのできちんと事前に確認をしておくことをオススメします。

クレジットカードに付帯されている海外旅行保険は併用できる?

海外旅行保険が付帯されている複数のクレジットカードを持っている場合、それらを併用して保険金を受け取れるのかどうか気になるところですね。

エポスカードにわかりやすい記述があるので、そちらを見ていきましょう。

エポスカードの場合

引用元:エポスカード

エポスカードが説明しているとおり、基本的には複数の海外旅行保険は併用できます。

しかし「傷害死亡・後遺障害保険金」については限度額が合算されず、各カードに付帯する保険金額に応じて按分(あんぶん)されます。

ゴールドカードは傷害死亡や後遺障害の担保内容が「5,000万円」や「1億円」など高額になっていることが多いため、この担保内容に重点を置く場合は補償額が高いクレジットカードを作っておく方が安心です。

一方、その他の担保内容は限度額を合算できるため、年会費の安い一般カードを複数作って備えるのも効果的な方法ですね。

注意!

海外での医療費は高額です。2017年度海外旅行事故データによると、支払いが300万円以上の高額医療費用事故は68件、その内1,000万円を超えた事故は8件もあるそうです。クレジットカードは複数枚持っておくことをオススメします。

Q:他にも海外旅行傷害保険が付帯されているクレジットカードを持っていると、補償内容はどうなりますか?

Q&Aでもエポスカードの回答があります。

お持ちの他のカードに同様の保険が付帯されている場合、傷害死亡・後遺障害の保険金額は合算されません。もっとも高い保険金額が限度となり、各カードに付帯する保険金額に応じて保険金をお支払いします。
傷害死亡・後遺障害以外の保険金額は合算され、各カードに付帯する保険金額に応じて、損害額を按分し、お支払いいたします。

引用元:エポスカード

他のクレジットカードはどうなのか?

クレジットカードによってエポスカードのようなわかりやすい説明があるかどうかは異なるため、基本的に各カードで事実確認をしていくのがベターです。

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレスカードの場合、「海外・国内旅行傷害保険」の補償規定において以下のような記述があります。

他のクレジットカード付帯の保険契約から死亡・後遺障害保険金が支払われる場合、これらのカードのもっとも高い保険金額を限度に按分して、保険金をお支払いします。

引用元:セゾンブルー・アメリカン・エキスプレスカード(海外・国内旅行傷害保険の補償規定より)

クレジットカードの旅行保険ではなく、保険会社を別で申し込みすべきシーンは?

クレジットカードの旅行保険ではなく、保険会社を別で申し込みすべきシーン

海外に対して保険を用意したい時、ベストな保険というのは「費用」と「補償内容(補償額)」に辿り着くことが多いと思います。

保険市場」では、さまざまな保険を比較することができますが、コスパを重視しても一概に「クレカの保険」VS「その他の保険」で甲乙つけることができません。

  • 保険料
  • 補償額
  • 担保内容
  • 適用条件
  • 補償期間

他にも比較項目はたくさんあると思いますが、その比較項目を自分の目的や希望から明確にしておき、あとはとにかく比較して答えを見つけるしかありません。

クレジットカードの海外旅行保険の補償期間を超える日数で海外へ行く場合

別として保険会社を利用するメリットはさまざまですが、代表的な一例として以下のようなシーンがあります。

  • クレカ保険の補償期間が90日
  • 海外滞在期間が90日を超える
  • 90日以降の保険を別の保険会社でカバーする

海外で何かあった時に保険の有無で負担が大きく変わるため、クレジットカード付帯の海外旅行保険の補償期間を超える日数で海外へ行く場合、別の保険会社も利用しておく方が安心です。

基本的にクレジットカードの付帯保険でOK?

みなさん日頃の生活で「保険を見直しませんか?相談は無料です」なんて勧誘を受けることがあると思います。

その時に保険内容の説明を受けても難しすぎて意味がわからないことってありませんか?

保険内容はさておき、加入するかどうかを決断するときは「保険料=コスト」で悩むことが多いわけですね。

保険料が気にならないのであれば、あれこれオプションを付けて保険内容を充実させるほど安心なので、それが出来るに越したことはありません。

個人的には「補償内容」や「補償額」などについて明確な目的がない限り、保険選びはシンプルでいいと思います。

一般的に海外旅行保険はクレジットカードで対応するのが簡単であり、その理由は「保険料」がなく「加入手続き」もないからです。

毎日、車で会社に通勤する方でも「任意保険の加入」というのは本当に考え方が異なるわけで、「保険に加入しても事故に遭うのは稀だ」という考え方があれば、「万が一に備えなければ不安だ」という考え方もあり、保険について自分なりに考えてみることが何よりも大切です。

海外旅行保険つき&海外で使えるクレジットカードを持とう!

海外旅行に行く前に、持っていると便利なカード4選!

語学留学・海外旅行など、海外に行く機会が何回かある方には、なんといってもライフカードセゾンブルーアメックスがオススメ。

海外で万が一のことがあったときのために、海外旅行保険があるカードを1枚は持っておきましょう。自動付帯(持っているだけで保険適用の条件が発動)&補償金額の大きいカードは理想。旅行に持っていけば、万が一ケガをしてしまった時などにも入院費を補償してくれる可能性が高く、安心です。

セゾンブルー・アメックス

セゾンブルー

  • 学生&年会費無料で持てる唯一のアメックスカード!
  • 海外旅行保険:最大3,000万円補償・自動付帯!
  • 海外旅行からの帰国時、スーツケース1個を無料で自宅まで配送!

btn_free_regist

ライフカード(学生専用)

  • 年会費永年無料カード
  • 海外で支払いに利用した金額の5%キャッシュバック!
  • 海外旅行保険:最大2,000万円補償・自動付帯!

btn_free_regist

JALカードnavi(学生専用)

  • 在学中は年会費無料カード
  • 高還元率、JALマイルがザクザク貯まる!
  • 海外旅行保険:最大2,000万円補償・自動付帯!

btn_free_regist

エポスカード

  • 年会費永年無料カード
  • 海外旅行保険:最大2,000万円補償・自動付帯!
  • 日本全国1万店舗以上で、お得な優待特典!

btn_free_regist

すべて、少なくとも在学中は年会費無料で持てるカードですので余計なコストはかかりません。エポスカード・ライフカードは卒業後も年会費が無料!

関連記事


このページを閉じる前に、要チェック!

当サイトで人気のクレジットカードランキング

当サイトで学生さんの申込が多いクレジットカードのランキングです。

初めてのカード・二枚目のカードを悩んでいる方は、この4枚をまずはチェック!

最新!当サイトで申込の多いクレカ!
【1位】三井住友VISAデビュープラス
【2位】セゾンブルー・アメックス
【3位】JCB CARD Wライフカード

自分にピッタリのクレジットカードの選び方がわからない方は、基礎知識・おすすめカードの選び方が一気に学べるトップページをぜひ見てください。→ https://学生クレジットカード.com

LINEでも相談受付中!

公式LINE@「学生おかねトーク」で質問・相談も気軽にどうぞ。

皆さんからの

  • クレカについてのご相談
  • 記事についてのご質問
  • 記事リクエスト
  • クレカの券種レビュー
  • その他雑談
を随時お待ちしています!なんでも気軽にお送りください^^

失敗しないクレカ選びのポイント!

creca_footer_link