東急線で定期を使って通学する学生にオススメ!東急カード(TOKYU CARD)はPASMO一体型の ClubQ JMB PASMOが超便利~♪


TOKYU CARD CLUBQ JMB PASMO

東急線で通学する学生にオススメ!東急カードとは?

東急カードは「東急沿線居住者の3人に1人は持っている!」と公式が宣言するほど、東急沿線エリアで人気の高いクレジットカードです。

日頃の買物で最大10%のポイント還元を受けることができ、PASMO一体型で定期券としても使えます。その他、東急グループを対象とした豊富な優待特典、貯まった東急ポイントをJALマイルへ移行できるなど、トータル的にハイスペックな仕上がりです。

東急カードは数種類がリリースされていますが、今回は一番人気の「TOKYU CARD ClubQ JMB PASMO」を中心に紹介していきます。

btn_free_regist

東急カードの種類

簡単に東急カードの種類を紹介しておきます。

東急カードは合計3種類ありますが、大きく分けると「一般カード」と「ゴールドカード」の2種類のみです。

  • TOKYU CARD ClubQ JMB:PASMOは別カード
  • TOKYU CARD ClubQ JMB PASMO:PASMO一体型
  • TOKYU CARD ClubQ JMBゴールド:PASMOは別カード

一般カードに話を絞ると「PASMO一体型かどうか?」という違いがあるだけで、その他のスペックは同じです。

この3種類以外にも「提携カード」が3種類ありますが、いずれも東急ポイントをベースとした提携カードになっているのが特徴です。

コンフォートメンバーズ機能とは?

東急カードの種類を選ぶ際に「コンフォートメンバーズ機能とは?」という疑問が自然と湧くことになります。

上記で紹介した3種類の東急カードは、コンフォートメンバーズ機能の有無を選択できるようになっています。

コンフォートメンバーズの特徴

  • 宿泊料金:最大50%OFF
  • チェックアウト延長サービス
  • 会員優先の先行予約
  • ゴルフ場など提携企業の優待特典
  • ポイントを貯められる

コンフォートメンバーズ機能は「東急ホテルズの優待特典」なので、東急ホテルズの利用機会が多い方はコンフォートメンバーズ機能付きを選んでおきましょう。

ちなみにコンフォートメンバーズ機能の有無で年会費は変わらないので、この機能が搭載されている種類を選ぶ方がお得です。

学生はあまり使わないかもしれませんが・・・。

「TOKYU CARD ClubQ JMB PASMO」のスペック

東急カードはPASMO一体型の「TOKYU CARD ClubQ JMB PASMO」がオススメです。

主なスペック情報

  • 年会費:初年度無料(2年目から1,000円)
  • 貯まるポイント:東急ポイントとプレミアムポイント
  • ポイント還元率:0.5%~最大10.0%
  • 旅行保険:国内外の旅行保険が利用付帯
  • その他:JALマイルと東急ポイントの相互移行、東急ベル優待特典、など

搭載されているポイントプログラムは「東急ポイント」+「プレミアムポイント」ですが、この違いは気にする必要はありません。

プレミアムポイントは東急ポイントへ移行して使えるため、基本的に「東急ポイントを貯められるカード」と捉えておくとわかりやすいです。

貯まった東急ポイントは「PASMOへチャージ」や「JALマイルへ移行」といった使い方があるので、使い方に困らないところも魅力です。

クレジットカードと定期の一体化のメリット

TOKYU CARD ClubQ JMB PASMOはクレジットカードと定期をリンクさせることができるため、これによって以下のようなメリットがあります。

LINEでも相談受付中!

公式LINE@「学生おかねトーク」で質問・相談してみませんか?

  • クレジットカードに関する相談
  • お金に関する相談

気軽に送ってみくてください!

時間のあるときにお返事します^^

  • クレジットカードからオートチャージで定期券を管理できる
  • オートチャージでもポイントが貯まる
  • 定期券購入でもポイントが貯まる
  • 貯まったポイントを定期券(PASMO)に使える

プライベートな出費から定期券まで、出費で貯まるポイントを「東急ポイント」に集約できるようになるため、ここがクレジットカードと定期の一本化の主なメリットです。

また、TOKYU CARD ClubQ JMB PASMOはPASMOにオートチャージできるので、お得に楽に定期券を管理できるのは嬉しいですね。

ポイントの貯め方

TOKYU CARD ClubQ JMB PASMOは、利用シーンによってポイントの貯まり方が違います。

  • 電車やバスで貯める:0.5%~3.0%
  • 東急グループ:最大10.0%
  • 東急グループ以外:0.5%~1.0%

日常使いでは、オートチャージからポイントを貯めることができるため、学生は通学用としてTOKYU CARD ClubQ JMB PASMOを使うだけでもポイントをザクザクと貯めることができます。

また、電車やバスで貯める場合は、「のるる」という会員ランクアップの経験値ポイントが貯まる仕組みもあるので、楽しみながら愛用していくこともできます。

ポイント還元率は利用シーンによって大きな差がありますが、平均すると「0.5%~1.0%」が常設。

ポイントをお得に貯めたい場合は、東急グループ加盟店でTOKYU CARD ClubQ JMB PASMOを使うことを意識しておくのがオススメです。

東急グループ加盟店は最大10%の還元率!

TOKYU POINT加盟店」では、最大で10%の還元を狙うことができます。

お店によってポイント還元率が違うので、良く行くお店のレートをチェックしておくといいですね。

btn_free_regist

学生にオススメな「東急カードの使い方」と「東急ポイントの使い方」

TOKYU CARD ClubQ JMB PASMOはポイントの貯め方が非常に多いため、利用シーン別のポイント還元率を把握するだけでも大変です。

そこで、学生にオススメな東急カードの使い方とポイントの使い方を整理して紹介しておくので、参考にしてみてくださいね。

【東急カードの使い方】とにかくPASMOをベースに考えよう!

東急カードは東急線を利用している学生にオススメですが、その理由は「PASMOでポイント貯まる」+「ポイントをPASMOに使える」という点にあります。

とにかくPASMOをフル活用しなければ東急カードの良さが発揮されないため、「PASMOのオートチャージ」や「定期券の購入」を使うことを意識しておきましょう。

利用シーン別のポイントの貯め方は「ポイントを貯める」で網羅することができ、その中でもショッピングは「TOKYU POINTモール・最大20%!」に注目しておくのがオススメです。

ネットショッピングの際に最大20%の還元率を狙うことができるので、街中の「東急グループ加盟店・最大10%」と合わせて活用してみてください。

【東急ポイントの使い方】JALマイル移行で無料旅行はいかが?

東急ポイントは以下のような使い道があります。

  • 東急グループ加盟店:1PT=1円で使える
  • 東急グループのWEBサイト:1PT=1円で使える
  • JALマイルへ移行:「2,000ポイント」→「1,000JALマイル」
  • ANAマイルへ移行:「2,000ポイント」→「750マイル」
  • PASMOへチャージ:1PT=1円でチャージできる

ポイントを使う」で東急ポイントの使い道を網羅できますが、その中でも「PASMOへのオートチャージ」が一番オススメです。

日常使いで貯まったポイントを定期代に充てることができるので、普通に現金で定期を購入することに比べると遥かにお得ですね。

また、「JALマイル移行」も東急カードの1つの特徴なので、頑張ってポイントを貯めると無料旅行も見えてきます。

btn_free_regist

このページを閉じる前に、要チェック!

当サイトで人気のクレジットカードランキング

当サイトで学生さんの申込が多いクレジットカードのランキングです。

初めてのカード・二枚目のカードを悩んでいる方は、この3枚をまずはチェック!

最新!当サイトで申込の多いクレカ!
【1位】三井住友VISAデビュープラスカード
【2位】JCB CARD W
【3位】ライフカード

自分にピッタリのクレジットカードの選び方がわからない方は、基礎知識・おすすめカードの選び方が一気に学べるトップページをぜひ見てください。→ https://学生クレジットカード.com

LINEでも相談受付中!

公式LINE@「学生おかねトーク」で質問・相談も気軽にどうぞ。

皆さんからの

  • クレカについてのご相談
  • 記事についてのご質問
  • 記事リクエスト
  • クレカの券種レビュー
  • その他雑談
を随時お待ちしています!なんでも気軽にお送りください^^

失敗しないクレカ選びのポイント!

creca_footer_link