クレジットカードを本当に初めて使う人へ!店頭・ネット通販でのクレジットカード使い方・注意点・サインの仕方まとめ

この記事のもくじ

初めてのクレジットカード、使い方がわからない…。

        

  • クレジットカードをお店やネット通販で作ったけどどうやって使うのかよくわからない。
  • どのタイミングで「カードで払いたい」と言えばいいかよくわからない。

そんな皆さんのために、初めて使う人にもわかりやすく、クレジットカードの使い方についてご紹介します。

もしまだクレジットカードをお持ちでなければ、学生でも安心して持てる下記3枚のカードがオススメします。

最新!当サイトで今、人気の学生向けクレジットカード
【1位】三井住友カード デビュープラス
【2位】JCB CARD W
【3位】VIASOカード

そもそも、クレジットカードの仕組み・カードそのものについて理解しよう

気になる項目にタップで移動できます。

▼解説内容の目次

  1. クレジットカードの仕組み
  2. カード本体についての解説
  3. 決済時のサインについて
  4. クレジットカードの使い方

クレジットカードの仕組みについて

まずは仕組みについて簡単な図で見てみましょう。

カードの発行申込から実際に店頭で使うまでお金やモノ、手続きがどのように動いていくかを番号を追って見てみるとわかりやすいですよ。

クレジットカード最大の特徴は「お店で使った時、毎回すぐに銀行口座からお金が引き落とされるわけではない点」です。

一定期間カード会社が立替えして、決められた期日になったら、その期間でカードを使った額をまとめて銀行から引き落としが行われます。

※スマホの方は、図をタップして拡大すると見やすいと思います。
クレジットカードの仕組み図

カードそのものについて

次に、クレジットカードの券面(カードそのもの)について見ていきましょう。

ご自分で今お持ちのカードも手元に用意し、①~⑨までを目で追って確認してみるといいと思います。

※スマホの方は、図をタップして拡大すると見やすいと思います。
クレジットカードの券面図

※即日発行カードなど、カードによっては、⑤のICチップがついていないものも稀にあります。

※ICチップが搭載カードの方が犯罪防止効果が高いとされています。

クレジットカードを使う前に絶対すること:署名欄へのサインを忘れずに!

カードが到着したら、すぐにカード裏面にボールペンやサインペンでサイン記入しましょう。

これは絶対に忘れないでください!

サイン未記入の状態で盗難などに遭ってしまうとカード会社による補償が受けられません。

サインは、アルファベットでも漢字でもOKです。

基本的には普段書き慣れた漢字フルネームで書くのが無難です。

ポイント!

クレジットカードを受け取ったら裏面にサインをしましょう。
漢字フルネームで書くのがオススメ!

次から、ショッピングで利用する場合の使い方を紹介します。

クレジットカードの基本的な使い方

では実際にクレジットカードを使う場面の説明をします。

  1. 店頭でのショッピング
  2. インターネットでのショッピング

上記の2パターンだけなのできちんとおさえておきましょう!

①店頭でのクレジットカードの使い方

店頭でのクレジットカードの使い方

では実際にクレジットカードを使う流れを説明します。

①カードが使えるお店かどうか確認:レジでクレジットカードのロゴ(国際ブランド)を見つける

世の中のお店や飲食店ではクレジット決済が可能なお店が年々増えてきています。

まずはそのお店でクレジットカードが使えるかどうかを確認する必要があります。

よくお店の店舗にはステッカーや小さい看板が置いてあることも多いと思います。

たまにレジのカウンターやお店の入り口にVISAMasterと書いてあるロゴがついているのを見かけたことはないでしょうか?

▼ロゴのサンプル
VISAとMastercard

こういったロゴがあるところでは、カードが問題なく使用できます。

中にはロゴが書いていないお店もありますが、その時はお店の方に「クレジットカード払いはできますか?」と聞いてみましょう。

※たくさんの人が聞く質問なので、恥ずかしがる必要は全くありません。筆者もよく聞きます。

▼このようなクレジットカード読み取り機械の有無も目印になるかも。
クレジットカードを使うときに目安になる機械

クレジットカードを利用できる店舗としては本当にたくさんあります。

  • コンビニ:セブン-イレブン、ローソン、ファミリーマート
  • 飲食店;デニーズ、ガスト、ロイヤルホスト、スターバックスなど
  • 書店:紀伊國屋書店など

※上記は一例です。カードは使えるお店はほかにもたくさんあります。

②実際にカード払いをする:店員さんとのやりとり

品物の購入、飲食後の会計時に現金を出す時と同じタイミングで「クレジットカードで支払います」と伝えください。

多くの場合、クレジットカードを店員さんに渡すと店員さんが手続きしてくれます。。

店員さんが手続きするに当たって、

「ご一括ですか?」「1回払いですか?」「お支払い回数はいかがいたしますか?」

と聞かれることがあります。

原則は「1回払い(一括払い)でお願いします」と答えて、1回払いで使っていきましょう。

その後「暗証番号を入力してください」と言われますので、あらかじめクレジットカードに登録した4ケタの暗証番号を入力してください。

そのあと、機械の右下に確定というボタンがありますのでそちらを押してください。

お店の人に機械を返すと、数秒してから紙が3枚でてきます。

1枚は皆さんの支払い控え、1枚はお店の支払い控え、1枚はカード会社の控えとなっています。

そしてお店の人から「金額が合っているかどうかと支払回数に間違いはないか確認してください」と言われます。

確認してみて間違いがなければ終わりです。

注意!

支払いでは一部を現金、残りをクレジット決済するというような方法は基本的にはできません。
現金orクレカのどちらかで全額支払います。

■参考:リボ払い・分割払い・一括払いって何?知らずに使うとヤバい…リボ払いは注意!できる限り一括で支払いを!

■参考:クレジットカードの暗証番号・パスワードを間違えたor忘れた時の対処法。確認・変更は電話で問い合わせが必要なケースも。

補足:サインが必要な場合

お店によっては支払い後にサインを求められることがあります。

「間違いがなければこちら(レシート)にサインしてください」と言われますので、クレジットカードの裏面に記載した自分の名前を自署してください。

もし暗証番号を忘れてしまった場合は、「サインでもいいですか?」と聞くとサインでの決済に変えてもらえる可能性があります。

最近は安全面の関係で、サインより暗証番号式が増えましたが、どちらも「自分が利用した」という証明をするのが目的です。

ポイント!

支払いの金額によって、サインレス・暗証番号も入力しないという方針のお店もあります。
定員さんの指示に従って手続きを進めてください。

②インターネット通販サイトでのクレジットカードの使い方

インターネットでのクレジットカードの使い方

インターネットでも、「クレジット決済が使えます」と書いてあったり、「VISAやMasterのロゴ」が入ったりしているお店があります。

お支払い方法をサイトで確認すると、クレジットカード決済と記載しているお店もあります。

最近は多くの通販サイトでクレジットカード決済を選べます!

クレジットカード決済を選んだら下記の項目を入力します。

  • クレジットカード番号
  • 有効期限
  • 名前(アルファベット)
  • セキュリティコード※

※セキュリティコードは不要な場合もあります。

セキュリティコードは、クレジットカード決済の安全性をより高める目的で使われています。

番号は下図⑧の箇所にあります。 
(アメリカン・エキスプレス・カードの場合はカード表面に記載してあります)

全て入力すると次の画面へ進み、そのまま入力をすると購入は完了です。

決済完了まで時間がかかることがありますが、絶対に更新ボタンを押したり別のページに行ったりしないでください。

▼【再掲】クレジットカードの券面画像
※スマホの方は、図をタップして拡大すると見やすいと思います。
クレジットカードの券面図

クレジットカードを使うときの注意点

クレジットカードを使うときの注意点

ではクレジットカードを使うときの注意点です。

便利なクレジットカードですが、便利だからこそ気をつけるべきことがあります。

クレジットカードで暗証番号に設定してはいけない番号がある

いくら覚えやすいからといって、自分の誕生日や推測されやすい番号を暗証番号にしては危険です。

①自分の誕生日

自分の誕生日を4桁にした数字はもっとも推測されやすく、なおかつ一番使われている暗証番号形態なのでおすすめできません。

カード会社の中には、そもそも会員の誕生日と同じ番号を暗証番号として認めないケースもあります。

②携帯番号・固定電話の下4桁

これも同様です。

これらの番号を設定している方は多いですが、犯罪者だけでなく家族などにも見破られやすく危険です。

下4桁でなくても、電話番号に使われている数字を使うのはおすすめできませんね。

クレジットカードは暗証番号を3回間違えるとロックがかかる!

クレジットカード払いの失敗

クレジットカードの場合、暗証番号はだいたい3回間違えると自動的にロックがかかる仕様になっています。

言い換えると、3回はチャンスがあるため簡単な暗証番号は素人でも破ってしまう可能性があります。

暗証番号を覚えてなくてもカードは使える

ちなみに暗証番号を覚えてなくてもクレジットカード払いは問題なくすることができます。

店員さんに対して「暗証番号ではなくサインによる支払いに切り替えてください」と伝えましょう。

暗証番号の入力をやめ、サインによる支払いに切り替えることが出来るのでそちらを利用してもらえればと思います。

なぜお店では暗証番号を入力したり、サインしたりするの?

以前のクレジットカードは磁気式のみのため、偽造もしやすく、本当にその人が申込をしたかどうかよくわからない事も多かったのです。

そのため、サインや暗証番号入力を行っていました。

最近はICチップ型導入・コンタクトレス決済も進んでおり、店舗によってはサインや暗証番号を求められないケースもあります。

暗証番号を忘れた時はサインをする事もありますが、基本的にはサインすることも減っていると思います(決済金額にもよります)。

クレジットカードでの支払いは手数料がかかる場合がある

カード払いでは、お店と消費者(私たち)との間にカード会社が入るので「現金で支払うのとは違い、何か手数料が必要になるのでは?」と思われるかもしれません。

支払い方法が1回払い(一括払い)であれば手数料は必要ありません

先ほど、利用方法の解説で「原則1回払い」をオススメしたのはこれが理由です。

支払方法が「1回払い」であれば金利がかからないため、現金で買い物するときと同じ金額になります。

これが「分割払い(3回以上)」や「リボ払い」にすると金利がつくため、現金よりも支払額が高額になります。

家や車を買うときのローンを想像するとわかりやすいですね。

それの少額バージョンがクレジットカードの分割払いなどです。

注意!

高額商品の購入や緊急事態以外は「分割払い」・「リボ払い」の利用を避けましょう。

クレジットカードの支払い方法にはどんなものがあるの?

はじめてのことだらけでわからないと思うので、支払い方法の違いについてもまとめました。

基本的に、以下の5種類の支払い方法に分かれます。

1,1回払い(一括払い)←普段の買い物はコレ!
翌月に1回払いで支払う方法で金利はかからず、現金で支払うのと同じ金額で買い物ができます。

2,分割2回払い
基本的に2回分割までは金利も手数料もかかりません(一部のカードではかかるかることがあります)。

3,ボーナス一括払い←社会人向け
夏や冬のボーナス月に一括で支払う方法で、基本的に金利と手数料はかかりません。

4,分割3回払い以上
3回払い~36回払いと段階が分かれており、金利と手数料が発生します。

5,リボルビング払い(リボ払い)
月々の支払い額を「一定額」にする支払方法ですが、手数料・金利がかかる上に支払いが長期化しやすいためオススメできません。

普段の支払いは「1回払いにする」と覚えておけばOKです!

■参考:クレジットカードのリボ払い・分割払い・一括払いって何?リボ払いは注意!できる限り一括で支払いしよう!

支払い金額を必ず確認してから、お店を出るようにしましょう

クレジットカード利用時のレシート・明細などはしっかり確認しましょう!

  • 支払金額が違う(0が1個多い)
  • 支払い方法が違う(1回払いが3回払いになっている)

サインを求められたときは必ず内容を確認してからサインをしてください。

※滅多にないですが、店頭での利用時、稀に店員さんが数字の入力を間違えて金額がズレてしまうミスは起こります(筆者は2回遭遇したことがあります)

はじめてのクレジットカードにもオススメできる、大手の2枚!

JCB CARD W

年会費がずっと無料のカードでは最高クラスの実力。普通に使うだけでもお得+特典も豊富なカードです。キャンペーン盛りだくさんの今こそ、入会のベストタイミングです!

JCB CARD W
入会特典インターネット新規入会限定、キャンペーンを組み合わせると最大14,500円分プレゼント!
年会費(初年度) 無料
年会費(2年目~) 無料
ポイント還元率(通常) 1.0%
ポイント名:Oki Dokiポイント
ポイント還元率(最大) 3.5%
条件:加盟店での利用
発行スピード(最短)~3営業日
  • 付帯保険(海外旅行):○(利用付帯)
  • 付帯保険(国内旅行):-
  • 付帯保険(盗難保険):あり
  • 付帯保険(ショッピング保険):あり

他実施中キャンペーン:ApplePay・GooglePay利用でもれなく20%還元(上限金額5,000円)!

三井住友カード デビュープラス

超有名なブランド力・セキュリティに安心感があります。入会3ヶ月は還元率2.5%・通常でも還元率1.0%と普段使いで超お得なカードです。はじめてのクレカとして使いやすさで大人気です。最短翌営業日のスピード発行!

三井住友カード デビュープラス
入会特典新規入会&Vpassアプリログインで もれなくご利用金額の20% 最大12,000円プレゼント
年会費(初年度) 無料
年会費(2年目~) 条件付き無料
条件:前年1回以上の利用で年会費無料。通常の2年目以降年会費1,250円+税
ポイント還元率(通常) 1.0%
ポイント名:Vポイント
ポイント還元率(最大) 3.0%
条件:ポイント5倍対象店舗での利用
発行スピード(最短)~3営業日
  • 付帯保険(海外旅行):-
  • 付帯保険(国内旅行):-
  • 付帯保険(盗難保険):あり
  • 付帯保険(ショッピング保険):あり

他実施中キャンペーン:コンビニ(セブン・ファミマ・ローソン)マクドナルドなど対象店舗でいつでもポイント5倍その他、自分が選んだ対象3店で いつでもポイント2倍も!

この記事もおすすめ!

はじめてのクレジットカードを持つ君へ。安心・安全にカードを使い、トラブル・使いすぎを防ぐために知ってほしい10の法則

クレジットカードが無い生活には、どんな不便・不自由がある?クレカを持たないほうがいいのでは?と悩んでいる人の背中を押す記事。

お子さん(特に未成年・学生)がはじめてクレジットカードを作る時、親御さんに見てほしい記事

「この記事、参考になった!」と思っていただけましたか?

▼ぜひブクマ・シェアお願いします!

周りの方・ご友人が悩んでいる時にもぜひ教えてあげてください。m(_ _)m

運営者プロフィール

学生クレカ管理人

学生クレカ管理人

自分が大学生・未成年時代のお金・クレジットカードの失敗経験をもとに、同じ失敗をする人・クレジットカードについて悩む人をひとりでも減らしたいという気持ちで当サイトを6年以上運営しているクレジットカードの専門家。

 

130枚以上のクレジットカードを比較検討し、累計22枚のカードを所有してきた(大学生の頃は6枚所有)。マイルを累計30万以上保有。航空券をほぼ無料にし、ふらっと旅行に出かけるのが趣味。Amazonでのお買い物も累計40万円分以上、ほぼポイントで済ませている。

 

カード会社幹部や広報部・外部の専門家ともつながりがあり、常に知識をアップデートしている。

 

これからも、少しでもわかりやすい記事を届けられるように努力していきます!

 

▼ブログランキングにも参加しております。当サイトの思想に共感いただける方は、ポチッとおねがいしますm(_ _)m(タップ1回で投票完了します)

 

▼LINEでの相談も、気軽にどうぞ!

かんたん検索でクレジットカードを選ぶ!自分にピッタリなカードが「ズバッと」見つかる人気ランキングからクレジットカードを選ぶ!

自分にピッタリのクレジットカードの選び方がわからない方は、基礎知識・おすすめカードの選び方が一気に学べるトップページをぜひ見てください。→ https://学生クレジットカード.com