未成年の学生がクレジットカードを発行するには親の同意書が必要?


この記事の目次

未成年なのにどうしてクレジットカードが持てるの?

未成年の学生でもクレジットカードを持てる

法律での規定はありませんが、全てのカード会社で高校生を除く18歳以上の方であれば、クレジットカードの申込みは可能です。

ではそもそもの話ですが、親が保証人にならないのになぜ未成年がクレジットカードを持てるのでしょうか?

それにはちゃんとした理由があります。

未成年にふさわしい限度額のクレジットカードが発行される

未成年の大学生には未成年に相応しい、利用限度額の低いクレジットカードが発行されます

クレカには「利用限度額」があるため、好き勝手使えるというわけではないですよね。

大学生だと利用限度額は基本的に10万円と低く設定された「学生専用カード」しか発行されません。

カード会社もしっかりとリスクマネジメントしてクレジットカードを発行しているので、未成年でも保証人なしでクレカを発行してくれます。

【注意喚起】未成年でもクレジットカードを発行できるけどリスクあり

ブラックリスト入りの危険は身近にある

未成年でもクレジットカードを発行できます。

しかし、当然、お金の支払いにはシビアで、延滞をすれば信用情報機関(CIC)に登録され、最終的にはクレジットカードの利用が停止になります。

支払わないお金には利息も付いてきます。保証人なしだから何とかなるわけではありません。

信用情報つまり社会的信用は、データとして蓄積されていきます。ですから一度、お金の支払いを延滞すれば記録として残ってしまうことになります。

「未成年だから大丈夫!」なんて甘いことは言ってられません。みんなと同じ待遇で利用することが求められます。

当たり前ですが、使ったお金はきちんと支払うという当たり前のことが前提に、未成年でも保証人なしでクレジットカードを発行してくれます。

注意!

信用情報が傷つくような行為をしてしまうと、この先の人生において大きな負い目となります

できれば、クレジットカードのリスクはさきに理解しておいてほしいです。

未成年がクレカを持つときに読んでほしい記事

はじめてのクレジットカードを持つ君へ。安心・安全にカードを使い、トラブル・使いすぎを防ぐために知ってほしい10の法則

大学生(学生)はクレジットカードを何枚持つべき?選び方の基準は?

学生が海外旅行・留学するときのクレジットカード、オススメは?注意点は?保険の使い方は?

クレジットカードの仕組みってどうなってるの?!クレジットカードを初めて作る学生でもわかりように徹底解剖

未成年がクレジットカードを発行するときには親権者の「同意」は必ず必要

未成年がクレジットカードを発行するときには親権者の「同意」は必ず必要

LINEでも相談受付中!

公式LINE@「学生おかねトーク」で質問・相談してみませんか?

  • クレジットカードに関する相談
  • お金に関する相談

気軽に送ってみくてください!

時間のあるときにお返事します^^

未成年の方がクレジットカードの申し込みをするには親権者の方の同意が必ず必要です。

これはそもそも日本の法律が未成年を保護するために、未成年という立場に色々な制限を加えているためです。

この法律を踏まえた上で、各クレジットカード発行会社は自社がリスクを負わないように親権者の同意という規定を設定しています。

ただし、必要なのは「同意」であって、必ずしも「同意書」という書面が必要かどうかについては、各カード会社の規定によります。

親権者への承諾はほとんどの場合、審査途中にカード会社から確認の連絡が入るというパターンです。

ですから、申込時に親権者の方の氏名と連絡先をきちんと申告していないと、連絡が取れなくなり審査落ちしてしまいますから注意してくださいね。

しかし、書面の場合は実家が遠方の方は郵送などの手続きが必要になりますので、その分カードの発行に時間がかかってしまうケースもありますね。

そのため、申し込みのときには必要書類についてもきちんと確認をすることが重要です。

”未成年”の法律的意味

そもそも未成年がクレジットカードを発行するにはなぜ親権者の同意が必要なのでしょうか?

それには未成年という立場が日本の法律ではどのように規定されているかを理解することでわかると思います。

ご自分が未成年者の方は、クレジットカード発行に限らず、覚えておくと役に立つと思いますので、ちょっと読んでみてください。

民法4条では、「年齢20歳をもって、成年とする。」と規定されており、19歳までは未成年となります。

そしてこの未成年は法律上は制限行為能力者(民法20条)と規定されています。

つまり、日本の法律では、19歳以下の未成年は法律行為をすること自体に制限がかかっているということになります。

そのため、未成年がした法律行為、たとえばショッピングなどは、制限行為能力者が行った行為ということで、あとから取り消しができてしまうんですね。

しかし、それでは商売をしている側は困ってしまうので、この法律行為をあとから取り消さないようにあらかじめ認めておいてください、ということで親権者の同意が出てきます

もちろん、すべての法律行為に同意が必要となると、コンビニでの買い物でもお店側にとってはリスクになってしまうので、親権者が好きに使っていいいとお小遣い的に渡している金銭については、未成年でも同意なしに使え、なおかつあとからの取り消しもできないとされています。

1つ覚えておいていただきたいのが、この親権者の同意が虚偽だった場合は、売買など法律行為をあとから取り消すことはできませんし、未成年者が受けられる法的保護が全く受けられなくなります。

なので、親権者の同意を偽造するようなことは絶対にやめてください

クレジットカードを持つときにはしっかり親御さんにお話ししよう!

クレジットカードを持つときにはしっかり親御さんに相談
まだ未成年なので、親御さんの承諾は仕方のないところだと思いますが、未成年本人にとってはもしかすると「親御さんの承諾が1番高いハードル」なのかもしれませんね。

親御さんには、きちんと理由を説明してクレジットカードの利用方法を真剣に伝えることができれば、ちゃんと理解してくれると思いますよ。

伝えることのポイントとしては、

  • どうしてクレジットカードが必要なのか正直に話す。
  • 学生の今からクレジットカードを持つことで、早い段階からクレジットヒストリーを築くことができる点や家計管理を学ぶことができる点を推す。
  • 付帯保険がつくので安心できると伝える。
  • インターネットショッピングが、他よりも安く買物が出来ることを理解してもらう。
  • ネットショップでは、カード決済が必要なことを理解してもらう。
  • 返済は自分できちんと行なうことを約束する。

以上のようなことを親御さんにきちんと説明すればきっと許可してもらえるはずですから、1回で無理でも、何回でも話をしてみましょう。

未成年でもクレジットカード発行で親権者の同意が不要の例外パターン

未成年でも親権者の同意が不要の例外パターン

この親権者の同意ですが、実は未成年者でも親権者の同意を不要にできる方法があります。

そのことについて民法ではこのように規定されています。

未成年は婚姻によって成年に達したものと擬制を受ける(民法753条)

つまり、婚姻すると多くの法律行為で親権者の同意が不要になります

ただ、これは民法が規定する法律行為に親権者の同意が必要ではなくなるというだけで、お酒が飲めるようになるとか選挙権が与えられるというわけではないので勘違いしないようにしましよう。

また、カード会社によっては婚姻している未成年の方でも親権者の同意を求めてくる場合もありますので申し込みの時には確認が必要です

【重要】未成年がクレジットカードを持つときに注意すること

未成年の人がクレジットカードを持つときに注意すること

少し余談にはなりますが、未成年の方がクレジットカードを利用する際の注意点を説明しておきましょう。

繰り返しますが、クレジットカードを利用すると言うことは、借金をすることと一緒なので十分注意して利用することが大切になります。

正しい使い方をすれば、これからの人生で信用性の高いクレジットヒストリーとなるので、若い今の内にクレジットカード利用をすることは人生にとって大きなプラスになります。

今後予想されるあらゆるクレジットの場面で、きっとあなたを助けてくれることになるでしょう。

しかし、それとは反対に誤った使い方をすれば、今後クレジットを組むことが出来なくなってしまう可能性もあるので、十分注意しなければなりません。

①クレジットカード申し込み時の限度額は低く設定する

学生や未成年の方専用のクレジットカードの利用限度額は、ほとんどのカードで10万円から最高30万円の設定となっていますが、希望限度額は出来るだけ低く設定して申込むことをオススメします。

キャッシングサービスが付帯しているカードもありますが、キャッシング枠は多くても5万まで、出来ればゼロの方が望ましいです。

そうすることで審査も通りやすくなり、大きな買い物をしなくて済むので返済が楽になります。

キャッシングは、本当に困った時のみ利用するようにしましょう。

キャッシングを利用してしまうと、支払いは「ショッピング返済+キャッシング返済」の合計金額になってしまうので、返済がきつくなってしまいますからね。

②支払い回数は1回払いが理想!

便利なリボ払いですがリボ払いは出来るだけ避けて、1回払いで返済計画を立てることが理想的です

なにより1回なら手数料が不要になりますし、リボ払いは便利なだけに、ついつい使い過ぎてしまう恐れがあるのでできれば利用しないほうが良いです。

カード会社によっては2回払いまで手数料がかからないところもあるので、ぜひ利用してみましょう。

しかし未成年の場合では、5万円や10万円の利用料金を一括で支払う余裕はあまりないと思います。

一括払いが理想ですが、そう簡単に理想通りにはいかないでしょうし、分割で支払うことが出来るのがクレジットカードの魅力でもあります。

返済方法のポイントは以下の通りです。

  • 理想の支払い回数は『一括払い』!
  • リボ払いをしながら、余力があれば別に貯金をする!
  • 利用限度額いっぱいになるまで利用しないようにする!
  • ある程度貯金が貯まったら繰り上げ返済をしよう!

このようにリボ払いを利用して月々楽に返済しながら、余力があれば返済用に貯金をしておきましょう。

ある程度貯まった時点で、繰り上げ返済をすれば利用限度額も戻りますし、手数料が少なくて済みます。

参考記事:リボ払い・分割払い・一括払いって何?リボ払いは注意!できる限り一括で支払いしよう!

まとめ:未成年にとってクレジットカードは便利だがリスクもある

学生に限らず、未成年者が何か申し込みなどをするときは基本的には親権者の同意が必要です。

たとえば、携帯電話の契約などもそうですよね。

それは日本の法律で未成年者の法律行為に制限がくわえられていることが要因です。

ただ、同意が必要なことは絶対ですが、それが書面によるものかどうかは各クレジットカード発行会社の規定によりますので、申し込みの時にはよく確認をすることが重要です。

ご両親も安心できる、大手のクレジットカードは学生におすすめ

JCB CARD W

年会費がずっと無料のカードでは最高クラスの実力。入会3ヶ月は還元率2.0%・Amazon/セブン-イレブン/スタバでさらに還元率UP。

JCB CARD W
入会特典最大8,000円分のポイントプレゼント
年会費(初年度) 無料
年会費(2年目~) 無料
ポイント還元率(通常) 1.0%
ポイント名:Oki Dokiポイント
ポイント還元率(最大) 3.5%
条件:加盟店での利用
発行スピード(最短)~3営業日
  • 付帯保険(海外旅行):○(利用付帯)
  • 付帯保険(国内旅行):-
  • 付帯保険(盗難保険):あり
  • 付帯保険(ショッピング保険):あり

他実施中キャンペーン:入会後3ヵ月間のご利用はポイント4倍!


三井住友VISAデビュープラスカード

超有名なブランド力・安全性の高さ・入会3ヶ月は還元率2.5%・通常でも還元率1.0%。はじめてのクレカとしての使いやすさで大人気です。

三井住友VISAデビュープラスカード
入会特典Web経由の入会限定、もれなく最大10,000円キャッシュバック!
年会費(初年度) 無料
年会費(2年目~) 条件付き無料
条件:前年1回以上の利用
ポイント還元率(通常) 1.0%
ポイント名:ワールドプレゼント
ポイント還元率(最大) 2.5%
条件:入会後3ヵ月間
発行スピード(最短)~3営業日
  • 付帯保険(海外旅行):-
  • 付帯保険(国内旅行):-
  • 付帯保険(盗難保険):あり
  • 付帯保険(ショッピング保険):あり

他実施中キャンペーン:コンビニで半額!キャンペーン


このページを閉じる前に、要チェック!

当サイトで人気のクレジットカードランキング

当サイトで学生さんの申込が多いクレジットカードのランキングです。

初めてのカード・二枚目のカードを悩んでいる方は、この4枚をまずはチェック!

最新!当サイトで申込の多いクレカ!
【1位】三井住友VISAデビュープラス
【2位】セゾンブルー・アメックス
【3位】JCB CARD Wライフカード

自分にピッタリのクレジットカードの選び方がわからない方は、基礎知識・おすすめカードの選び方が一気に学べるトップページをぜひ見てください。→ https://学生クレジットカード.com

LINEでも相談受付中!

公式LINE@「学生おかねトーク」で質問・相談も気軽にどうぞ。

皆さんからの

  • クレカについてのご相談
  • 記事についてのご質問
  • 記事リクエスト
  • クレカの券種レビュー
  • その他雑談
を随時お待ちしています!なんでも気軽にお送りください^^

失敗しないクレカ選びのポイント!

creca_footer_link