クレジットカードの整理見直し、残すカードの選び方ポイント・適正枚数は?20歳・新社会人・新生活などライフスタイルごとにチェック。

クレジットカードを見直そう!と思ったとき、

「そもそもクレジットカードを見直すタイミングってあるの?」
「クレジットカードの適正枚数ってどのくらいなんだろう?」
「クレジットカードのオススメの組み合わせとかあるのかな?」

など疑問が出てくると思います。

筆者自身、クレジットカードに詳しくないときには「カード解約ってして大丈夫なのかな?」「新規発行って何枚までしていいんだろう?」など、カードの見直しについて分からないことが多かったのを覚えています。

そこでこの記事では、クレジットカードの見直しについて網羅的にまとめました。

クレジットカードを見直すメリット・デメリットをはじめ、オススメのタイミングや、適正枚数、カードのオススメの組み合わせなどを説明します!

※ボリュームが多いので、目次をご活用ください。目次をクリックすると読みたい場所にジャンプできます。

この記事のもくじ

クレジットカードの見直し、解約などは面倒!でもそれを超えるメリットがある

クレジットカードはたくさん種類があり、それぞれのカードの特徴が異なるため、発行したタイミングではぴったりだったカードも、使い始めて数年経ったら最適なカードではなくなっているかもしれません。

なので、ぜひ定期的なカードの見直しを行うことをオススメします。

見直しや手続きは一気にやるのが吉。

もしも持っているクレジットカードを見直し、カード解約したりカード発行するのは、一気に済ませてしまうのがオススメです。

別々にやってしまうと、カード解約したのに新しいカードが届いていない・・・という状況にもなりかねません。

ただ、手持ちのカードを一気に解約してしまうと、新しいカードが届くまでカード決済ができない!という状況にもなる可能性があるので、注意が必要です。

クレジットカードの解約は意外とあっさり、電話一本、3分あれば終わる

カード解約するとなると、身構えてしまうかもしれません。

もしかしたら引き止められるんじゃないか、別の提案されるんじゃないか、と思いますよね。

ですが、意外とあっさりと解約させてくれます。

しいていえば、ノーマルカードなどの年会費が安めのカードだと、オペレーターに繋がりづらかったりするので、多少時間の余裕があるときに解約の電話をした方がいいかもしれません。

新しいカードへの申込み、同タイミングで2枚まで

カードを見直し、いざ新たにカードを発行しようとなったとき、同時(同日)に申し込むのは2枚までにとどめておきましょう。

5枚良さそうなカードを見つけたから、5枚とも申し込もう!というのはNGです。

カード会社側からすると「この人はお金がないから、カードをたくさん発行しているのでは?」「入会特典目的でカードを発行しているのでは?」とマークされてしまい、通るはずの審査も通らなくなるケースすらあり得ます。

注意!

SNSなどでは「1ヶ月で10枚以上申し込んで審査に通った」という声も見かけますが、同タイミングで2枚まで、そして1ヶ月に3枚までほどを推奨します。

クレジットカードを見直すべきタイミング、良いきっかけ「ライフイベント」を中心に注目!

ライフイベント
ところで、クレジットカードを見直すタイミングっていつが最適なのか、気になりますよね。

とくにタイミングとなり得るのは、人生の大きめなイベントがあるときでしょう。

未成年→20歳になったタイミング(申込時、親権者の同意が不要になる)

まずは未成年から20歳になったタイミングです。

20歳未満だと、カードを発行するのに親権者の同意が必要ですが、20歳以上なら親権者の同意なしにカードが発行できます。

たとえば大学生なら「大学提携クレジットカード1枚だけなら持っていい」という親御さんが決めた制限があったかもしれません。それが、自分の判断でカードを持てるようになるタイミングなので、ぜひクレジットカードの見直しをしましょう。

▼どうせなら学生優遇カードを選ぶとさらにお得!
学生向け特典やキャンペーンがお得なクレジットカードはこれだ!随時更新

就活~卒業旅行など大学最終年度

もしも大学や専門学校などに通っていたら、最終年度には社会人になることを見据えてクレジットカードの見直しをするのにオススメなタイミングです。

最終年度だったり、内定が出ていると、学生だったとしても社会人カードを発行できるようになるからです。

さらに、最終年度だと卒業旅行があったり、新社会人に向けて大きめな出費もたくさんあるはず。そんなときにポイント還元率が高いカードを持っていれば、一気にポイントを貯めることができるので、最終年度はカード見直しは必須と言えます。

新生活や社会人になったタイミング

新生活でクレカも見直し!
大学や専門学校などの最終年度と似たタイミングですが、社会人になったタイミングもカード見直しのタイミングです。

学生の頃だと発行できるカードにかなり制限がありますが、社会人になることで社会的信用もつくため、発行できるカードの幅がぐっと広がります。

発行できるカードの幅が広がれば、当然ながら自分にぴったりのカードが見つかる可能性も高まります。

家族構成が変わるタイミング

結婚をしたり、子供が高校を卒業したりすると、奥さん・旦那さんやお子さんに家族カードを持ってもらう可能性も出てくるはず。そうなると、自分だけではなく、家族のことも加味したカード選びが必要になります。

配偶者ができた(家族カードの検討①)

自分にぴったりのカードで家族カードを発行できたとしても、奥さんや旦那さんもそのカードがぴったりかどうかは分かりません。

たとえば、あなたが男性だった場合、もしかすると奥さんの方がお金を使う金額が多くなるケースもあると思います(食事や子供の買い物などなど)。そうなってくると、奥さんの買い物先でお得になるようなカードを発行し、家族カードを発行した方がお得にショッピングできますよね。

買い物だけではなく、旅行でいうと家族カードでも旅行保険が充実したカードを選んだりする必要も出てくるかもしれません。

子どもが高校を卒業した(家族カードの検討②)

お子さんも高校を卒業したらクレジットカードを発行できるようになります。

お子さんの名義でカードを発行してもいいのですが、家族カードを発行してあげるという選択肢もあります。

未成年が持てるカードはかなり限られており、やはり魅力的なカードは発行できないことがほとんど。

だったら特典が充実したカードの家族カードを発行してあげれば、お子さんもとても喜ぶはず!

かなりマニアックな話ですが、航空会社系のカードの中には、航空会社の上級会員しか発行できないカード(たとえばJALならJGCカード)があり、その家族カードなら優先搭乗や航空会社の豪華な空港ラウンジが利用できたりと、本会員の特典を家族会員(家族カード)でも受けることができます。

中には家族カードの特典が制限されているカードもあったりするので、家族カードを発行することを加味すると、選ぶカードが変わるかもしれません。

浪費家をサッパリ辞めて、節約家を目指すタイミング

カードを複数枚持っていたりすると、ついついお金の管理がずさんになってしまうこともあったりしますよね。

また、自分の支払える金額以上をカード決済してしまうこともあるかもしれません。

そんなときは思い切って1枚のカードに絞り、家計簿アプリなどと紐づけることで、自分がいつどんなものにお金を使っているか可視化しやすくなります。

1枚しか使わない&限度額を低く設定し直すということをすれば、浪費を抑えて節約するきっかけにもできるはずです。

年会費がかかるカードをすべて解約し、年会費無料でお得なカードを1枚だけ持ち限度額も10万円にしておくとお金が貯まりやすくなりますよ。

学生向け年会費無料の最強クレジットカード徹底比較!

クレジットカードの見直しのポイント

クレジットカードを選定する
「よし、クレジットカードを見直そう!」と思ったとしても、どういう基準で見直したらいいのか分からなかったり、迷いますよね。

なのでクレジットカードの見直しポイントを紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

①割に合っていないカード(年会費以上のお得を享受できていないカード)を解約する

年会費のかかるカード=特典が充実しているカードであることは多いのですが、もしも保有しているカードの特典が自分には合っていなければ、宝の持ち腐れ状態です。

たとえば、海外旅行にまったく行かないのに旅行保険が充実しているカードを持っていても意味がない、というような感じや、あるお店でのショッピングがお得なカードでも、そもそもそのお店でショッピングする機会が少ないなどなど・・・

②特別な意図が無ければ、ゴールドランク以上のカードは2枚以上要らないので解約する

とりあえずインビテーションとか全部受けちゃってゴールド3枚になってた!なんて状況もあり得るかもしれません(例:プライムゴールド・楽天ゴールド・エポスゴールドみたいな組み合わせなどなど)。

しかし、ゴールドカードとなると年会費がそれなりにかかってくる可能性があるのと、特典がかぶるような場合も出てくるので、とくに使い分けなどをしていない場合には1枚に絞ってもOKかもしれません。

③還元率が低く、特典も自分に合っていないカードを解約する

還元率が低いカードを使っているということは、カードを使うたびに損しているということです。

たとえば、ポイント還元率0.50%のカードと、ポイント還元率1.0%のカードがあったとき、年間で100万円の決済でも5,000円相当のポイントの差が生まれることがあります。

また、そもそも現金だと1円も還元されないためカードに慣れたらカード払いが主流になると思いますが、そうなったら年間200万円の決済も普通にありえます。そうなると10,000円相当の差にもなるので、大きな損失であることが分かるはずです。

なので、還元率が低いカードは解約し、還元率がいいカードに切り替えるのをお勧めします。

ちなみにポイント還元率が低くても、付帯特典が自分にあっているなら、カードを保有するのは全然ありです。逆にポイント還元率が低く、特典も自分に合ってないなら、それは解約したほうがいいでしょう。

④特定の年齢や卒業後になると魅力が減るカードを解約する(大学提携カードに要注意)

大学に入学するとTuoカードなどの案内があり、発行して卒業していても持ち続けている、なんて方もいます(ちょうど先日、同窓会で会った旧友とカードの話になり、大学が発行するカードを持ち続けている話を聞きました)。

大学提携カードは、基本的にメリットが少なく、在学中だったとしてもあまりオススメできるカードではありません(社会人になったら尚更です)。

しいて言えば、その大学に通っていた記念品というくらい。なので、とくに思い入れがなければ、解約しましょう。

⑤1枚で、自分のニーズやライフスタイルの多くを満たすカードがあれば新規契約する

ひとことにクレジットカードと言っても「ポイント還元率が高い」「旅行保険が充実」「特定のお店でお得にショッピング」「空港ラウンジ特典」などなど、強みが違うことが多いです。

そんな中、1枚のカードで自分の求めている特典が網羅できることは、あまりないことです。

なので、もしも1枚で自分のニーズを満たせるようなカードがあれば、ぜひ発行してみましょう。

⑥アメックス、ダイナース、JCBしか持っていない場合は注意。1枚はVISA・Masterどちらかのカードを持っておく

クレジットカードには7つの国際ブランドがあります。

 

  • VISA
  • Master
  • JCB
  • ダイナースクラブ
  • アメックス
  • 銀聯
  • ディスカバーカード

この中で、アメックスやダイナース、JCBなどは日本人にも馴染みがあり、発行している場合もあると思います。

もしもVISAとMaster以外の国際ブランドのカードしかない場合には、VISAとMasterのカードを発行しましょう。

日本国内では、アメックスやダイナース、JCBを利用するのにあまり困らないですが、海外に行くとVISAとMasterしか対応していないお店がたくさんあります。

海外旅行ではクレジットカードで支払いするのがもっともお得になる可能性が高いので、カードが使えないとなると、損してしまうので注意してください。

【コラム①】ポイントはなるべく使い切ってから解約しよう!

カードを使う大きな理由の一つに「ポイント還元」があると思います。

カードを解約すると、貯めていたポイントが一緒に消滅してしまうことがほとんどなので、カードを解約する前にポイントは使い切りましょう!

せっかくコツコツ貯めたポイントがなくなるのは悲しすぎます・・・!

ちなみに、筆者はあるカードを解約しようとしたとき、かなりポイントが貯まっていてかなり得した気分になった経験があります。昔の財布にお札が入ってた!みたいな感覚でした(笑)

クレジットカードの適正枚数(1人何枚持ってるの!?)

クレジットカードの適正枚数は人によって異なりますが、一般社団法人クレジット協会の調査によると、一人当たり3枚ほどが平均です。

平成30年3月末のクレジットカード発行枚数(調査回答社数257社)は、2億7,827万枚で、前年比 2.3%の増加となった。

成人人口比では、1人当たり2.7枚保有していることとなる。

引用:クレジットカード発行枚数調査結果の公表について(一般社団法人クレジット協会)

なので、メインカードと、強みのちがうサブカード2枚くらいを保有するのをひとつの目標にするのがいいかもしれません。

▼適正枚数に関しては、こちらでもまとめています!^^

クレジットカード何枚持つべき?平均枚数は3枚!選び方・整理のコツ

大学生や20代の、クレジットカード保有率はどれくらい?一人当たり何枚持ってる?

5枚を使いこなせる人もいるが、まずは自分のライフスタイルに合わせて使い分けることに慣れよう

クレジットカードについて精通している場合だと、カードを5枚以上持っている、ということもふつうにあり得ます。

かくいう筆者も10枚以上のクレジットカードを保有しています。

▼筆者が保有しているカードの一部(Apple Wallet)

クレジットカードをapplepayに登録

支払いによって使うカードを分けたり、スマホ代金支払い専用や旅行保険専用にカードを用意していたりします。

ですが、カードの強みを細かく知るのは大変でもあるので、まずは普段用のポイント還元率が高いメインカードと、特典が魅力的なカードを2枚ほど持つのをオススメします。

カードを最大限使っていると、保有カードが3枚という状況に物足りなさを感じてくるタイミングがくると思うので、そのタイミングが来たら4枚目、5枚目と増やしていきましょう。

1枚で完璧なカードはなかなか無い…。だから、組み合わせて自分に合わせていく。

カードを複数枚持つのは嫌だな・・・と思うかもしれませんが、筆者としては最低3枚ほどは保有しておくべきだと考えます。

その大きな理由として、1枚で完璧なカードがなかなかないからです。

仮にあったとしても年会費がかなり高い・・・なんて状況にもなり得ます。

たとえば、JCB CARD W(ポイント還元率1.00%)とエポスカード(旅行保険が充実)の2枚の組み合わせだと年会費は無料です。しかし、それぞれのカードの強みを1枚で網羅しようとすると、ゴールドカードは必要になり、年会費も10,000円ほど必要になるかもしれません。

もしももっと求め始めると、数万円におさまらず、十数万円レベルにもなり得ます(なので筆者は10枚近くカードを保有し、年会費を抑えつつ、特典の恩恵を最大化しようとしています)。

オススメのクレジットカードの組み合わせ案

ここまでクレジットカードの見直しのタイミングやポイントを紹介しましたが、実際どんな組み合わせがいいのか?という実例を紹介します。

学生向け・社会人向け・家族カード向けの3パターンで紹介します。

あくまで一例なので、もしも自分にぴったりな組み合わせを知りたい場合には、当サイト公式LINEより気軽にご相談ください。

クレジットカードに精通した、クレジットカードの専門家があなたにぴったりな組み合わせをご提案します!

カードの組み合わせの考え方

そもそものオススメのクレジットカードの組み合わせですが、以下のパターンが王道であり、オススメです。

 

  • メインカード:
    普段使いでお得なカード
  • サブカードA :
    海外旅行やマイルを貯めるためにお得なカード
  • サブカードB :
    その他、ライフスタイルに合わせて特定用途でお得なカードを年会費無料で持つ

メインカード

まず大前提として、ふだんのカード決済でポイント還元率が高いカードはメインカードとしてオススメです。

カードを使うだけで勝手にポイントがたまっていくので、多くもらえるに越したことはないからこそ、ポイント還元率が高いカードを選びます。ちなみにポイント還元率が1.00%(100円ごとに1円相当がキャッシュバックされるイメージ)だと高還元率の部類です。

サブカードA

海外旅行にいくならクレジットカードは必携と言えるほど、海外においてカードは活躍してくれます。

付帯特典の具体例を挙げると、旅行保険が付帯していたり、現金が引き出せたり、マイルが貯まったりなどです。

サブカードB

ポイント還元率が高いカード、旅行特典があるカードときたら、最後はその人にあった特典が充実したカードを選びましょう。

たとえば楽天市場でよく買い物をし、楽天トラベルでホテル予約をするなら、楽天カードを持っているとポイント還元率がグッと上がってお得になります。

楽天経済圏で楽天カードが強いように、イオン系列のお店を使うならイオンカードは強いです。

学生向け

学生にオススメな組み合わせとしては「三井住友VISAデビュープラスカード+ライフカード」です。

三井住友VISAデビュープラスカードは、ポイント還元率が常時1.00%と高還元率であり、セキュリティも万全、さらに大手コンビニをはじめお得にショッピングできるお店がたくさんあります。

当サイトでも人気のカードであり「学生なら三井住友VISAデビュープラスカードは間違い無い」と言えます。

しかし、三井住友VISAデビュープラスカードは旅行保険が付帯していないのが弱み。それを埋め合わせるのがライフカードです。

ライフカード(学生専用)なら、傷害治療と疾病治療がそれぞれ200万円付帯しており、年会費無料クレジットカードの中でトップクラスの充実度です。

年会費ずっと無料であり、海外旅行保険は最高2,000万円なので、旅行好きの方がサブカードとして持っておくのにとてもオススメ。

海外旅行や留学目的で海外旅行保険を用意したい場合、三井住友VISAデビュープラスカードの相方に年会費無料のライフカードは選びやすいです。

また、ひとことに海外旅行保険といっても、注目すべきは傷害治療と疾病治療ですが、これらは実際に診療・治療・入院した時に補償されるものです。

ライフカードは傷害治療と疾病治療ともに最高200万円と、年会費無料のクレジットカードの中でトップクラスの充実具合なので、ぜひ安心してサブカードとして発行してください。

三井住友VISAデビュープラスカード

超有名なブランド力・セキュリティに安心感があります。さらに入会3ヶ月は還元率2.5%・通常でも還元率1.0%・コンビニ大手(セブン・ファミマ・ローソン)+マクドナルドでの利用は、ポイント還元率がさらに2.0%アップと普段使いで超お得なカード。はじめてのクレカとしての使いやすさで大人気です。

三井住友VISAデビュープラスカード
入会特典キャッシュレスプラン:新規入会&Vpassアプリログインで もれなくご利用金額の20% 最大12,000円プレゼント
年会費(初年度) 無料
年会費(2年目~) 条件付き無料
条件:前年1回以上の利用で年会費無料。通常の2年目以降年会費(1,250円+税)
ポイント還元率(通常) 1.0%
ポイント名:ワールドプレゼントポイント
ポイント還元率(最大) 2.5%
条件:入会後3ヵ月間
発行スピード(最短)~3営業日
  • 付帯保険(海外旅行):-
  • 付帯保険(国内旅行):-
  • 付帯保険(盗難保険):あり
  • 付帯保険(ショッピング保険):あり

他実施中キャンペーン:コンビニ(セブン・ファミマ・ローソン)マクドナルドなど対象店舗でポイント5倍、Apple PayのiDでお支払いでさらに5倍、合計10倍!

ライフカード(学生専用)

海外でのカード支払い分は5%キャッシュバック!海外旅行保険もついているので、海外行くなら絶対持つべき!

ライフカード(学生専用)
入会特典カード発行+ショッピング利用で最大12,000円相当のポイントプレゼント
年会費(初年度) 無料
年会費(2年目~) 無料
ポイント還元率(通常) 0.5%
ポイント名:LIFE サンクスプレゼント
ポイント還元率(最大) 5.0%
条件:海外利用時(キャッシュバック)
発行スピード(最短)~3営業日
  • 付帯保険(海外旅行):◎(自動付帯)
  • 付帯保険(国内旅行):-
  • 付帯保険(盗難保険):あり
  • 付帯保険(ショッピング保険):あり

他実施中キャンペーン:入会後は1年間ポイント1.5倍・海外利用分は5%・最大50,000円/年のキャッシュバック!

三井住友VISAデビュープラスカードとライフカードについて詳しく知りたい場合には、以下の記事を参考にしてください。

社会人向け

社会人向けのカードでは、海外旅行が好きな方・ネット通販をお得にしたい方の2パターンを紹介します。

海外旅行が好きな方

海外旅行が好きな方にオススメな組み合わせは「SPGアメックスカード+エポスカード」です。

SPGアメックスカードは、マリオットボンヴォイが発行するホテル系クレジットカードなのですが、いいホテルステイが期待できたり、マイルを貯めるのにとてもオススメなクレジットカードです。

SPGアメックスカード

ポイント還元率は1.00%と高還元率であり、SPGアメックスカードを使って貯めたポイントをANAマイルやJALマイルはじめ、40以上の航空会社のマイルに交換できます。

貯めたポイントは有効期限がないので、マイルを実質無期限で貯めることができるのも、SPGアメックスカードの強み。

ポイントを交換するとき、20,000マイル相当ごとに交換するとボーナスで5,000マイル相当のポイントをもらえるので、20,000ポイントごとに交換するならポイント還元率が1.25%になります。

そして、ホテル系カードの強みとして、マリオットボンヴォイ加盟ホテル(マリオット、シェラトン、リッツカールトンなどなど)で客室の無料アップグレードやアーリーチェックイン&レイトチェックアウト、ベストレート保証などの優待があります。

さらに、毎年1泊無料宿泊特典があるので、年会費31,000円+税も簡単にペイできます!

SPGアメックスカードは傷害治療と疾病治療がそれぞれ300万円付帯していますが、もしものことを考えると300万円だと不安です。

以下をご覧ください。

2017年度は「29人に1人」がなんらかの事故・病気等に遭われ海外旅行保険を利用しています。

(中略)

当社で2017年度「治療・救援費用」の支払いが300万円以上の高額医療費用事故は68件、そのうち1,000万円を超えた事故は8件となっています。

また、治療・救援費用の保険金支払最高額は、3,588万円となりました。

引用:2017年度海外旅行事故データ

なので、SPGアメックスカードに加え、旅行保険が充実したカードをサブカードとして持っておけばより安心です(傷害治療と疾病治療は別々のカードでも金額を合算して補償を受けられる)。

中でもオススメなのはエポスカードです。エポスカードは年会費無料なのにも関わらず、傷害治療と疾病治療がそれぞれ200万円、270万円までカバーできます。

エポスカード

即日発行可能・学生みんな持ってるこのカード。国内10,000店舗以上でさまざまな特典が受けられる、年会費無料のお得なカード!

エポスカード
入会特典最大2,000円分ポイントプレゼント
年会費(初年度) 無料
年会費(2年目~) 無料
ポイント還元率(通常) 0.5%
ポイント名:エポスポイント
ポイント還元率(最大) 2.5%
条件:加盟店での利用
発行スピード(最短)即日
  • 付帯保険(海外旅行):◎(自動付帯)
  • 付帯保険(国内旅行):-
  • 付帯保険(盗難保険):あり
  • 付帯保険(ショッピング保険):-

SPGアメックスカードと合算すると、傷害治療と疾病治療がそれぞれ500万円、570万円まで対応できるので、もしもの時にも安心です!

ネット通販をお得にしたい方

ネット通販をお得にできるカードの組み合わせは「JCB CARD W + 楽天カード」です。

JCB CARD Wは年会費がずっと無料のカードであり、ポイント還元率が常時1.00%と高還元率カードです。

ネット通販に強い理由としては、Amazonでの買い物でポイント還元率が3.0%とかなり高還元率。さらにキャンペーンに乗っかればもっと高還元率にすらなり得ます。

JCB CARD W

年会費がずっと無料のカードでは最高クラスの実力。入会3ヶ月は還元率2.0%・Amazon/セブン-イレブン/スタバでさらに還元率UP。

JCB CARD W
入会特典インターネット新規入会限定キャンペーン実施中。最大13,000円分プレゼント!
年会費(初年度) 無料
年会費(2年目~) 無料
ポイント還元率(通常) 1.0%
ポイント名:Oki Dokiポイント
ポイント還元率(最大) 3.5%
条件:加盟店での利用
発行スピード(最短)~3営業日
  • 付帯保険(海外旅行):○(利用付帯)
  • 付帯保険(国内旅行):-
  • 付帯保険(盗難保険):あり
  • 付帯保険(ショッピング保険):あり

他実施中キャンペーン:新規入会限定!ポイント10倍キャンペーン実施中。さらにJCBでスマホ決済! 全員に20%キャッシュバックキャンペーン!

JCB CARD Wに加え、楽天カードを持っておけば、ネット通販サイトの2強であるAmazonと楽天がカバーできるので完璧です。

楽天カード

CMで超有名、楽天カードマンでおなじみ年会費永年無料の楽天カード。ずっと楽天よく使うなら絶対持ちましょう。ポイントザクザク。

楽天カード
入会特典キャンペーン期間によって、最大5,000-8,000円相当ポイント
年会費(初年度) 無料
年会費(2年目~) 無料
ポイント還元率(通常) 1.0%
ポイント名:楽天スーパーポイント
ポイント還元率(最大) 10.0%
条件:加盟店での利用
発行スピード(最短)~1週間
  • 付帯保険(海外旅行):○(利用付帯)
  • 付帯保険(国内旅行):-
  • 付帯保険(盗難保険):あり
  • 付帯保険(ショッピング保険):あり

JCB CARD Wと楽天カードについて詳しく知りたい場合には、以下の記事を参考にしてください。

コスパの良い家族カード

コスパの良い家族カードの組み合わせの例として「dカードGOLD+REXカード」があります。

dカードGOLDはdocomoが発行するカードであり、docomoのスマホ料金の10%もポイント還元があります。

dカードゴールド

4人家族で全員がdocomoのスマホを使っていれば、月々20,000円はゆうに越えるでしょう。そうなると10%のポイント還元はかなり大きいはず。普通のクレジットカードなら1.00%でもいい方なので、10%の威力は凄まじい・・・。

dカードGOLDの通常ポイント還元率は1.00%であり、十分に高還元率なのですが、もっとポイント還元率を高めたいならREXカードがオススメです。

REXカード

クレカファンの間ではひっそりと人気のカード!年会費無料・保険もついて1.25~1.75%の超高還元率カード。ネットショッピングが好きな人にオススメ。

REXカード
入会特典最大5,000円相当Jデポプレゼント
年会費(初年度) 無料
年会費(2年目~) 無料
ポイント還元率(通常) 1.25%
ポイント名:REX POINT
ポイント還元率(最大) 1.75%
条件:リボ払い or JACCSモール経由で1.75%以上の還元率
発行スピード(最短)1週間以上
  • 付帯保険(海外旅行):◎(自動付帯)
  • 付帯保険(国内旅行):○(利用付帯)
  • 付帯保険(盗難保険):あり
  • 付帯保険(ショッピング保険):あり

他実施中キャンペーン:特になし

REXカードは通常還元率1.25%、JACCSモールの利用なら1.75%と、高還元率が魅力のカード。家族カードが3枚まで発行可能であり年会費は無料なので、家族みんなでザクザクとポイントを貯めることも可能です。

※LINE相談受付中!

学生向け・社会人向け・家族カード向けの3パターンの紹介をしましたが「自分にぴったりな組み合わせを知りたい!」という場合には、当サイトの公式LINEより気軽にお問い合わせください。

100枚以上のクレジットカードを比較検討し、累計19枚のカードを所有してきた(大学生の頃は6枚所有)運営者が、あなたにぴったりのカードをご提案します!

【コラム②】二重取りなども攻略していこう

クレジットカードを活用するのに慣れてきたら、カードを使ったポイントの二重取りなども活用して、よりお得にショッピングをしてみましょう。

そもそもカードを使ったポイントの二重取りですが、以下のような流れでポイントをより多くもらうことができます。

 

  • イオンカードからWAONにチャージ:
    ポイント還元:0.50%
  • WAONでショッピング:
    ポイント還元:0.50%

もしもイオンカードでそのままショッピングしたら、ポイント還元は0.50%だけですが、WAONにチャージしてWAONで支払うというひと手間加えるだけで、ポイント還元率を2倍の1.00%にできます。

これはあくまで一例であり、上記のような流れでポイントの二重取りができるケースはたくさんあります。

中でもとくにオススメなのが、Kyashという送金アプリを活用した方法です。

先ほど例に出したWAONだと、利用できる場面がかなり限られますが、KyashだとVISA加盟店なら利用できるので、かなり多くの場面で利用できるのです。

Kyashと合わせてポイントの二重取り(3.0%以上はふつうと驚愕のポイント還元!)

そもそもkyashは「プリペイドカード=チャージ」機能が搭載されたスマホ送金アプリです。

『誰でも作れる』『すぐに使える』『どこでも使える』をテーマにしたウォレット(お財布)として使えるサービスであり、以下のような特徴があります。

 

  • 1円単位で送金や集金ができる
  • クレジットカードやデビットカードを登録してオートチャージできる
  • アプリだけではなくリアルカード(プリペイドカード)も使える
  • 発行手数料や利用料はなく完全無料
  • 使えるお店はVISA加盟店

クレジットカードからKyashにチャージし、Kyashで支払いをするという2ステップでポイントの二重取りができます。

VISA加盟店で利用できるため、かなりさまざまな場面で活躍します。

さらに、なんとKyashでのショッピングに対してのポイント還元が2.0%もあるので、クレジットカードのポイント還元率が1.0%なら合計3.0%もポイント還元があります・・・!

Kyashはアプリですが、リアルカードといってクレジットカードのようなカードを発行することができるので、ふだんから気軽に使えますよ。

▼Kyashについての詳しい解説は以下です。

送金アプリ「Kyash」は Visa加盟店でクレカのように使えるリアルカードで驚異の2%還元!実店舗でも利用可能・裏技で4.5%還元ってガチ!?

まとめ

クレジットカードは数え切れないほどの種類があり、それぞれ強みがちがうので選ぶのが大変です。

しかし、裏を返せば自分にぴったりのカードが存在している可能性が高いと言えます。

大学を卒業するタイミングや、家族ができるタイミングなど、クレジットカードを見直すべきタイミングは度々あると思うので、ぜひその時のライフスタイルに最適なカードを選ぶヒントとして、この記事を活用していただけたら嬉しく思います。

しかし、その人その人に合ったカードは本当に千差万別です。自分にぴったりのカードを見つけるのは難しいので「自分にぴったりな組み合わせを知りたい!」という場合には、当サイトの公式LINEより気軽にご相談ください。

100枚以上のクレジットカードを比較検討し、累計19枚のカードを所有してきた(大学生の頃は6枚所有)運営者が、あなたにぴったりのカードをご提案します!

以上、クレジットカードの見直し(タイミングやオススメのカードの組み合わせなど)についてでした。

「この記事、参考になった!」と思っていただけましたか?

▼ぜひブクマ・シェアお願いします!

周りの方・ご友人が悩んでいる時にもぜひ教えてあげてください。m(_ _)m

運営者プロフィール

学生クレカ管理人

学生クレカ管理人

自分が大学生・未成年時代のお金・クレジットカードの失敗経験をもとに、同じ失敗をする人・クレジットカードについて悩む人を一人でも減らしたいという気持ちで当サイトを6年以上運営しているクレジットカードの専門家。

 

100枚以上のクレジットカードを比較検討し、累計19枚のカードを所有してきた(大学生の頃は6枚所有)。マイルを累計20万以上保有。航空券をほぼ無料にし、ふらっと旅行に出かけるのが趣味。Amazonでのお買い物も累計30万円分以上、ほぼポイントで済ませている。

 

カード会社幹部や広報部・外部の専門家ともつながりがあり、常に知識をアップデートしている。

 

これからも、少しでもわかりやすい記事を届けられるように努力していきます!

 

▼ブログランキングにも参加しております。当サイトの思想に共感いただける方は、ポチッとおねがいしますm(_ _)m(タップ1回で投票完了します)

 

▼注目コンテンツ!

▼LINEでの相談も、気軽にどうぞ!

かんたん検索でクレジットカードを選ぶ!自分にピッタリなカードが「ズバッと」見つかる人気ランキングからクレジットカードを選ぶ!

自分にピッタリのクレジットカードの選び方がわからない方は、基礎知識・おすすめカードの選び方が一気に学べるトップページをぜひ見てください。→ https://学生クレジットカード.com

失敗しないクレカ選びのポイント!