新幹線チケットはクレジットカードでお得に買う!学割OK・おすすめカード・予約と受取の方法・払い戻しは可能?

新幹線チケットはクレジットカードでお得に買う!学割OK・おすすめカード・予約と受取の方法・払い戻しは可能?

この記事のもくじ

JR新幹線のチケット予約・お支払い方法まとめ

JR新幹線チケットの購入方法は主に、「駅で購入」「Webで予約購入」の2種類です。

基本的に新幹線は旅行などのスケジュールに合わせて乗車することが多いため、あらかじめ予約しておくのが便利ですね。

JR新幹線チケットをWebで予約する場合、その支払方法として「クレジットカード」がもっとも便利です。

「JR東日本」・「JR東海」・「JR西日本」においては、JR新幹線をWeb予約する際に現金で支払うことができません。

また、学割は駅窓口のみ適用、Webからの新幹線チケット予約で学割を使うことができないため、窓口で学校学生生徒旅客運賃割引証を提示して購入しましょう。

学割の使い方

JR新幹線のチケットを学割で購入するためには、最初に学校で「学校学生生徒旅客運賃割引証」を発行してもらいます。
 
その証明書を持って、JR駅の窓口でチケットを購入してください。乗車中は常に学生証を持っておきましょう。

注意!

えきねっとで乗車券を申し込むときは、「学生割引」の適用ができません。
 
※乗車券受取の際に、窓口で「学生割引」の利用を申し出れば利用可能です。

JR東日本

JR東日本

※スマートフォンの方は左右に動かしてご覧いただけます。

JR東日本の新幹線チケット
クレジットカード使える
予約方法えきねっと
支払方法・クレジットカード
・現金
個別の支払方法・えきねっとはクレジットカード払いのみ
・現金払いは駅窓口
学割方法駅窓口
払い戻し方法・駅
・旅行センター
・旅行会社の窓口など
公式サイトJR東日本

JR東日本の新幹線チケット予約は、「えきねっと」で可能。

えきねっとの支払方法はクレジットカードのみなので、現金でJR東日本の新幹線チケットを購入したい場合は駅窓口や券売機で購入しましょう。

新幹線チケットの払い戻し方法は「駅」・「旅行センター」・「旅行会社の窓口など」となっています。

現金購入だけではなく、クレジットカードで予約した場合も払い戻し可能です。

他のJR新幹線チケットも同じですが、払い戻しは「使用前」や「使用後」、あるいは「変更」も含めて複雑です。

困ったときは駅窓口で係員にたずねるのがオススメです。

JR東海

JR東海

※スマートフォンの方は左右に動かしてご覧いただけます。

JR東海の新幹線チケット
クレジットカード使える
予約方法スマートEX・エクスプレス予約
支払方法・クレジットカード
・現金
個別の支払方法・スマートEXとエクスプレス予約はクレジットカード払いのみ
・現金は駅窓口
学割方法駅窓口
払い戻し方法・スマートEX、エクスプレス予約はWebやアプリで可能
・駅購入は駅係員に尋ねる
公式サイトJR東海

JR東海の新幹線チケット予約は、「スマートEX」「エクスプレス予約」で可能。

スマートEXやエクスプレス予約の支払方法はクレジットカード、現金でJR東海の新幹線チケットを購入するなら駅窓口や券売機となります。

スマートEXやエクスプレス予約なら、予約の変更や払い戻しが簡単にできオススメです。

JR西日本

JR西日本

※スマートフォンの方は左右に動かしてご覧いただけます。

JR西日本の新幹線チケット
クレジットカード使える
予約方法JRおでかけネット
支払方法・クレジットカード
・コンビニ払い
・金融機関ATM
・現金
個別の支払方法・JRおでかけネットはクレジットカード払い、コンビニ払いが利用可能
・現金は駅窓口
学割方法駅窓口
払い戻し方法・駅
・旅行センター
・旅行会社など
公式サイトJR西日本

JR西日本の新幹線チケット予約は、「JRおでかけネット(e5489)」で可能。

JRおでかけネットの支払方法は、クレジットカードとコンビニ払い・金融機関ATMコンビニが利用できます。

現金で支払いたい人は、ATMやコンビニ払いを利用しましょう。

JR九州

JR東海

※スマートフォンの方は左右に動かしてご覧いただけます。

JR九州の新幹線チケット
クレジットカード使える
予約方法JR九州
支払方法・クレジットカード
・コンビニ払い
・現金
個別の支払方法・JR九州はクレジットカード払いとコンビニ払いが利用可能
・現金払いは駅窓口
学割方法駅窓口
払い戻し方法・Web
・駅窓口
公式サイトJR九州

JR九州の新幹線チケットは、「JR九州」で可能。

JR九州の支払方法は、クレジットカード以外にコンビニ払いがあるため、こちらも現金で新幹線チケットの予約ができますね。

払い戻し方法は、チケットの種類によって「Web」や「駅窓口」など異なるため、都度確認で対応しましょう。

その他、金券ショップでの購入

JR新幹線チケットは、各公式サービスで購入する以外にも以下のような「金券ショップ」で買うという方法もあります。

こちらも利用するお店によって、使える支払う方法は変わってくるため事前に調べてから利用してください。

基本的には金券ショップの方が、チケットを安く買うことができます。

ただし、価格は金券ショップの方が安いですが、ゴールデンウイークなどハイシーズンのときはチケットの購入が難しくなります。

あらかじめ予定が決まっているようでしたら、公式サイト経由の予約が安心です。

JRではクレジットカードが使える!相性のいいカードは?

カードを選定する

JRと相性のいいクレジットカードは、各JRごとに違いがあります。

それぞれのJRごとに相性のいいクレジットカードを見ていきましょう。

【JR東日本】JRE CARD

JR東日本といえば、「JRE CARD」が有名です。

JRE CARDは会員優待サービスを使えるお店がたくさん用意されており、クレジットカードとしてのスペックが優秀なことから人気。

Suicaチャージや定期券購入が便利になるだけではなく、普通にクレジットカードとしての実用性も高いので、JR東日本をよく利用する学生さんにオススメですよ。

JRE CARD

Suicaと一体型が便利!クレジットカードで定期券購入、オートチャージで1.5%の還元率に。駅ビルでの利用は3.5%還元!年会費はかかりますが便利でお得です。

JRE CARD
入会特典最大5,000ポイントプレゼント!
年会費(初年度) 無料
年会費(2年目~) 477円+税
条件:※初年度年会費無料
ポイント還元率(通常) 0.5%
ポイント名:JRE POINT
ポイント還元率(最大) 3.5%
条件:JR東日本のみどりの窓口・券売機にて、クレジット払いで定期券を購入orオートチャージ利用でポイントが通常の3倍(1.5%)に。駅ビル・JRE MALLでは最大3.5%の還元率に。
発行スピード(最短)1週間以上
  • 付帯保険(海外旅行):◎(自動付帯)
  • 付帯保険(国内旅行):○(利用付帯)
  • 付帯保険(盗難保険):あり
  • 付帯保険(ショッピング保険):あり

■詳細:「Suica一体型カードJRE CARD(JREカード)新登場!定期券・ポイントカードを1枚に集約でき、アトレなどJRE優待店では3.5%還元に。オートチャージや定期券購入でも1.5%還元!」

【JR東海】JR東海エクスプレス・カード

JR東海エクスプレス・カード

JR東海は、「JR東海エクスプレス・カード」が有名です。

  • 20歳以上(郵送は18歳以上)
  • 年会費:1,000円+税
  • 国内旅行保険:最大1,000万円(利用付帯)
  • 海外旅行保険:最大2,000万円(自動付帯)

新幹線予約サービスの「エクスプレス予約」を利用できるクレジットカードで、年中お得な価格でチケットを購入できるメリットがあります。

エキスプレス予約は何度でも無料で予約変更可能なので、JR東海で新幹線に乗ることが多いならとても相性がいいですよ。

【JR西日本】J-WESTカード

JR西日本は、「J-WESTカード」シリーズが有名です。

J‐WESTカード「エクスプレス」:エクスプレス予約・e5489用

J-WESTカード「エクスプレス」

東京~鹿児島と東京~金沢まですべての新幹線がお得に予約できます!

新大阪-東京間を行き来する機会が多い人にオススメのカードです。

J‐WESTカード「ベーシック」:スマートEX・e5489予約用

J-WESTカード「ベーシック」

山陽・九州・北陸新幹線や特急列車がお得に予約できます!

新幹線予約サービスの「スマートEX」や「e5489」と相性がいいです。

これらのサービスでJ-WESTカードを使うと会員限定の「J-WESTプレミア・プログラム」という優待特典を受けられますよ。

【JR九州】JQカード

JR九州 JQCARD

JR九州は、「JQカード」が有名です。

九州エリアはSUGOCA搭載のJQカードが数種類あるため、選択肢が豊富。

JQカードはJRキューポを貯められることが共通しており、あとはカードごとに「ANA JQ SUGOCA」や「JMB JQ SUGOCA」など、目的に合わせてカードを選ぶのがいいですね。

スマホ決済・QRコード決済(paypayなど)は使える?

2019年に爆発的に普及したQRコード決済(paypayなどのことです)は、今のところ直接新幹線予約に使ことはできません。

各種QRコード決済を導入している金券ショップや旅行代理店を介してなら、利用できます。

たとえば、QRコード決済の代表格である「paypay」は旅行代理店HISで利用可能です。

新幹線チケット単体でなく、ホテルとセットでの予約を検討している人はHIS経由で予約しpaypayで支払うのもいいでしょう。

自分にとって最もお得な予約方法を知るのが新幹線予約攻略の近道!

自分の経路と予定に合った、最適な方法を知っておくのが新幹線攻略の近道!クレジットカードの還元率よりもお得な割引率のチケットがあるので知っておくこと

新幹線のチケットは少しでもお得に購入したいですね。

そのためには、「自分の経路と予定に合わせて、クレジットカードを利用して割引率の高いチケットを選ぶ」ことがコツです。

その最適な方法というのは新幹線の種類や区間によって本当にさまざまなのです。

まずは利用する新幹線を決めてから購入方法を比較検討していきましょう。

新幹線の料金を安くするコツ(料金の仕組み)

新幹線の料金を安くするコツ(料金の仕組み)

新幹線の料金は基本的にクレジットカードで購入すると、クレジットカードのポイントを獲得できるのでお得です。

それ以外には、JR各社が提供している割引サービスや回数券を購入すると、通常料金よりもお得に新幹線を利用できるようになります。

ここでは新幹線の料金を安くする代表的なコツを紹介していくので参考にしてみてくださいね。

閑散期/繁忙期で運賃が変わる

新幹線の料金はシーズンによって変わります。

通常期に比べて、指定席の特急料金が閑散期は200円引き、繁忙期は200円増しです。

シーズンに合わせて新幹線に乗ることはタイミング的に難しいことも多いですが、豆知識程度に覚えておくといいですね。

指定席よりも自由席の方が安い

新幹線の料金はすべて同じではなく、座席によって料金が異なります。

「自由席(座れるかわからない)」と「指定席(必ず座れる)」では、当然「自由席」の方が530円安いです。

始発駅から乗る人、短距離しか乗らない人は自由席でもいいでしょう。

新幹線の種類によっても料金が変わる

新幹線はさまざまな種類がありますが、種類によっても料金が違います。

基本的に新幹線の種類は区間ごとに異なるため、目的地へたどり着くために乗り継ぎをしなければならないときに気になることが多いでしょう。

新幹線チケットを予約する場合は、各社ホームページで区間ごとに「座席の種類」も含めて比較検討すればOKですし、窓口で購入する場合は駅員さんに聞くのが早いですよ。

タッチでGo! 新幹線を使う

タッチでGo!新幹線は、交通系ICカードでタッチするだけで新幹線を利用できるサービスです。

自動券売機などで利用開始登録をすれば利用可能となり、「所定の運賃」+「自由席特急料金」以下の料金で新幹線に乗れます。

「東北新幹線 東京~那須塩原間」・「上越新幹線 東京~上毛高原間」・「北陸新幹線 東京~安中榛名間 」で利用できます。

えきねっと学割を使う

学生さんが新幹線に乗るときは、学割を使うと2割引でお得ですよ。

JR東日本の場合はえきねっとから新幹線チケットの予約を取れますが、えきねっとから予約する際に学割適用で購入することができません。

しかし、窓口で乗車券を受け取るときに学生証を提示すれば学割が適用されるので、乗車券を受け取る際に学生証を持参しましょう。

その他、世の中にはさまざまな学割があるので、以下の記事も合わせて読んでみてくださいね。

■学割いろいろ:「【学生注目!】世間の「学割」サービスを総まとめ!Amazon・apple・本・スマホ・飲食店・交通・旅行・テーマパーク(ディズニー・USJ)・映画・その他」

えきねっとトクだ値を使う

えきねっとトクだ値はえきねっと限定の割引切符で、最大6名まで割引を受けられます。

乗車日13日前の午前1時40分までに申し込むと、お先にトクだ値というさらにお得なサービスを受けられますよ。

たとえば、「東京~新青森」の通常期片道価格の場合、お先にトクだ値なら「通常17,470円」→「トクだ値13,090円」と25%割引です。

卒業旅行や家族旅行など団体で新幹線に乗る際に便利ですね。

スマートEXを使う

スマートEXを使うと早特商品を利用できるため、通常よりもお得に新幹線に乗れます。

早特商品は「EX早特」や「EXグリーン早特」など数種類あるため、利用する際には目的に合わせて比較検討してみてくださいね。

たとえば、「東京~新大阪」の普通車指定席を「EX早特21」で購入すると、11,200円(3,520円分お得!)で購入できます。

エクスプレス予約を使う

エクスプレス予約も早特商品を利用できるため、こちらも新幹線チケットがお得ですよ。

スマートEXはクレジットカードが必須ではありません。

エクスプレス予約は「JR東海エクスプレスカード」か「手持ちクレジットカードにEX-ICカードやプラスEXを追加」のどちらかが必要です。

エクスプレス予約は早特商品以外にも、「一年中変わらないおトクな値段の指定席」という常設のサービスありますよ!

モバイルSuicaはApplePay・GooglePayから発行すると年会費無料になる(これで東海道・山陽新幹線をエクスプレス予約できる)

モバイルSuicaは「電子マネー」や「定期券」などさまざまな用途がありますが、その1つに「エクスプレス予約サービス」があります。

ビューカードを持っている場合は、そのカードをモバイルSuicaに登録すればOKです。

ビューカードを持っていない場合は、モバイルSuicaに登録しているクレジットカードに「EX-ICカード」や「プラスEXカード」を追加しましょう。

これで東海道・山陽新幹線(東京~博多間)でエクスプレス予約サービスを利用できるようになります。

モバイルSuicaはApplePayやGooglePayから発行すると年会費無料ですよ。

グリーンプログラムを使ってグリーン車に無料で乗る

グリーンプログラムは、エクスプレス予約で新幹線に乗車するとポイントが貯まるシステムです。

ポイントが貯まったら無料でグリーン車に乗ることができます!

ポイントを貯めるために手続き等なないため、普通にエクスプレス予約を利用すればOKです。

株主優待で安く乗る

「JR東日本」や「JR東海」など、上場会社では株主優待があります。

優待券を使うと優待価格で乗車できるため、株を検討しているならJR社を吟味してみるといいですね。

優待内容は各社によってさまざまですが、大よそ2割引~5割引が相場です。

学生さんには少し馴染みがないでしょうが、これをきっかけに株や経済に興味をもつのもいいでしょう。

【東海道新幹線 限定】ぷらっとこだまを使う

ぷらっとこだまはJR東海ツアーズのサービスで、こだまに安く乗ることができます。

通常のこだま料金に比べて10%以上安いため、ここが大きなメリットです。

往復新幹線とホテルのセットプランもあるため、旅行の際にチェックしておくと便利ですよ。

クレジットカードで購入して、ポイントを貯める

現金で新幹線チケットを購入するなら、クレジットカードを利用するほうがポイントが貯まってお得です。

とくにJRと相性のいいクレジットカードを作っておくとお得ではありますが、用途が限られるのでメインカードとして持つのは逆に不便かもしれません。

JRのカードでなくても各Web予約サービスは使えますし、メインカードとしてお得なカードを何かしら持っていればOKです。

何かしらのクレジットカードを作っておけば、ポイントが貯まって現金生活より節約効果が高いため大衆向けの王道な方法でもあります。

回数券を買う

新幹線の回数券を購入すると、通常よりも約3%ほど安く乗車できるのでお得です。

大抵は6枚セットの有効期限3ヶ月なので、月2回ほどのペースで新幹線を利用する方に向いています。

金券ショップは回数券をバラ売りしているため、1回分のチケットだけ購入したい場合などは金券ショップを利用するのもアリです。

金券ショップで回数券のバラ売りを買う

基本的に新幹線の回数券はセット購入するほうが安いです。

しかし、回数券は6枚セットになっているため、1~2回分のチケットだけ安く買いたいという場合に手を出せないのが不便なんですね。

金券ショップなら新幹線の回数券をバラ売りしているため、1セット分以下の回数券が欲しい場合に金券ショップをチェックしてみてましょう。

まとめ:クレジットカードとお得に予約できるテクニックを駆使しよう

新幹線はクレジットカードで購入してお得にする以外にも、学割や回数券など割引サービスが豊富です。

また、JRの割引サービスを利用するためにはクレジットカードが必須なケースもあり、各路線と相性のいいクレジットカードも存在します。

新幹線を利用する状況によってお得な手段が異なるため、その都度ベストな買い方を模索してみてくださいね。

画像の出典

  • 出典:JR東海エクスプレス・カード(公式サイト)
  • 出典:J‐WESTカード「エクスプレス」(公式サイト)
  • 出典:J‐WESTカード「ベーシック」(公式サイト)
  • 出典:JQカード(公式サイト)
  • 「この記事、参考になった!」と思っていただけましたか?

    ▼ぜひブクマ・シェアお願いします!

    周りの方・ご友人が悩んでいる時にもぜひ教えてあげてください。m(_ _)m

    運営者プロフィール

    学生クレカ管理人

    学生クレカ管理人

    自分が大学生・未成年時代のお金・クレジットカードの失敗経験をもとに、同じ失敗をする人・クレジットカードについて悩む人を一人でも減らしたいという気持ちで当サイトを6年以上運営しているクレジットカードの専門家。

     

    100枚以上のクレジットカードを比較検討し、累計22枚のカードを所有してきた(大学生の頃は6枚所有)。マイルを累計30万以上保有。航空券をほぼ無料にし、ふらっと旅行に出かけるのが趣味。Amazonでのお買い物も累計30万円分以上、ほぼポイントで済ませている。

     

    カード会社幹部や広報部・外部の専門家ともつながりがあり、常に知識をアップデートしている。

     

    これからも、少しでもわかりやすい記事を届けられるように努力していきます!

     

    ▼ブログランキングにも参加しております。当サイトの思想に共感いただける方は、ポチッとおねがいしますm(_ _)m(タップ1回で投票完了します)

     

    ▼注目コンテンツ!

    ▼LINEでの相談も、気軽にどうぞ!

    かんたん検索でクレジットカードを選ぶ!自分にピッタリなカードが「ズバッと」見つかる人気ランキングからクレジットカードを選ぶ!

    自分にピッタリのクレジットカードの選び方がわからない方は、基礎知識・おすすめカードの選び方が一気に学べるトップページをぜひ見てください。→ https://学生クレジットカード.com

    失敗しないクレカ選びのポイント!

    学生クレジットカード.com ▼マイルを本気で貯めてみたい方は、こちらもぜひどうぞ(姉妹サイト) マイル特化クレジットカードはマイルの聖書で探す!