新しいクレジットカードが登場したり知ったとき、良いカードか悪いカードか見分ける方法は、「自分との対話!?」


良いカードと悪いカードの見分け方

「いいカード」は簡単なようで難しい・・・自分なりの定義を考えよう!

今回は、新しいクレジットカードを見つけた時の「良いカードと悪いカードの見分け方」について考えてみたいと思います。

このテーマは人によって考え方が大きく異なりますが、自分にとっての良いカードと悪いカードの選び方は「何を優先するべきか?」を考えることは共通します。

私の主観をベースに注目しておきたい項目を紹介していくので、みなさんも一緒に考えてみてくださいね。

良いカードの見分け方!優先したい項目を自分なりに考えよう

新しい新登場のクレジットカードは、シンプルに「ポイント還元率」+「年会費」で見分けるのが代表的です。

さまざまな特典がつくとはいえ、基本的に最も多く使うシーンは「支払い手段」なので、それがいかにお得かどうかを見ます。多くの人が重要だと思っているポイントです。

たとえば「年会費無料」+「ポイント還元率1.0%以上」のセットなら、他のクレジットカードの相場と比較してもコスパが良いと判断できます。

また、新しいクレジットカードも「バランスを重視する」という考え方に着地することが多いので、旅行保険や特典など性能をすべてチェックして判断していくことが失敗回避に繋がります。

ポイントプログラムの種類で選ぶ!

還元率を重視する場合に意外と盲点となるのが、ポイントプログラムの種類。

  • デビュープラスカード:ワールドプレゼント
  • ライフカード:LIFEサンクスプレゼント
  • JCB CARD W:OkiDokiポイント
  • JALカードnavi:JALマイル
  • セゾンアメックスシリーズ:永久不滅ポイント

「Tポイント」のようにいろいろなクレジットカードに搭載されているポイントプログラムは共通ポイントと呼ばれ、それに対して上記は各社の独自ポイントです。

ポイントの種類によって「還元率」・「使い道」・「有効期限」といったようにさまざまな違いがあるため、ライフスタイルに合わせてポイントプログラムの種類からクレジットカードを選ぶというのは失敗が少ないです。

たとえば、旅行のために「貯まるマイルの種類を選ぶ」のは代表的ですし、セブン-イレブンなら「セブンプラスカード」やイオンなら「イオンカード」など、利用することが多いお店に強いクレジットカードを選ぶのも賢いでしょう。

デザインやカードランクで選ぶ!

接客業でレジ打ちをしている方の共感があるかわかりませんが、「え?何このクレジットカード!」と思うようなインパクトのあるカード・デザインもおもしろいでしょうね。

この路線で辿り着きやすいのが「JCB・ザ・クラス」のようないわゆるブラックカードですが、他にはないデザインやレア度の高いクレジットカードはお店でクレジットカードを提示する際に優越感があります。

今は本当にクレジットカードの種類が多いので、新しいクレジットカードだからこそインパクトのあるデザインに期待したい人もいるでしょう。

ラブライブ!デザインのカードは、キャラカードの中でもかなり人気で結構発行されているようです。

特典で選ぶ!

クレジットカードによっては付帯特典がありますが、ポイント還元率よりも付帯特典の割引を重視する方がお得なケースもあります。

たとえば、イオンカードは「毎月5%OFF」が確定イベントとして開催されるので、考え方によってはポイント還元率を重視するよりも5%OFFを重視する方が節約効果が高くなります。

常設の還元率がそれなりに高く、日頃から利用するお店が対象となっている付帯特典があると、かなり都合がいいですよね。

普段からよく行くお店で新しいクレジットカードの宣伝を見かけた時は、迷わずチェックしておきましょう。

旅行保険で選ぶ!

海外志向の方や旅行が趣味な方にとって外せないのが、海外旅行保険です。

クレジットカードの旅行保険は「利用付帯」・「自動付帯」のいずれにせよ、万が一に備えるアイテムとしては非常に使い勝手がいいです。

日本と違って、海外での怪我や病気の治療にはとんでもない医療費がかかることがあります。海外旅行時には保険付きのクレジットカードを持っていきたいもの。(筆者は海外旅行保険に助けられたことがあります!)

旅行保険は「死亡・後遺障害」や「傷害・疾病治療」など約5項目ほどの保険がセットで付いており、その中でも補償額が高いのが「死亡・後遺障害」です。

補償額が安くても「最高1,000万円」や「最高3,000万円」という金額なので、これがあるのと無いのとでは万が一の状況がかなり違います。

悪いカードの見分け方!「本当に使うのか?」を考えよう

良いカードは自分が優先したい項目から選べば良いので、何かしら納得できる結果を得やすいです。

逆に悪いカードの場合、「新しいクレジットカードを作っても使わない・・・」というオチを回避するためにも、本当に使うのかどうかを基準に判断していくのがいいですね。

本当に使うのかどうかを考えることで「優先したい項目」「優先すべき項目」が自然と見えてきます。

1枚のカードで優先すべきすべての希望を叶えることが難しくても、2,3枚のカードを持ちそれぞれの強みをそれぞれのシーンで活かす。というのが賢いカードの使い分けです。

【良くある失敗その①】キャンペーンしか見ていない・・・

新しいクレジットカードは入会キャンペーンが開催されることが多いです。

しかし、あくまでも重要視しておきたいのは日常使いの実用性なので、キャンペーンだけで新しい新登場のクレジットカードを作るのはあまりオススメできません。

もちろん1万円分のポイントバックなどは魅力的なんですけどね。長く持てるカードを作った方が自分にとってもいいはずです。

※2017年に新登場したJCB CARD Wは、キャンペーンもスペックもかなりいいので本当にすごい企業努力だなと感心します…
JCB CARD W
そんなJCB CARD Wを詳しく見る

【良くある失敗その②】スペックの見落とし・・・

クレジットカードは見ておくべき項目が非常に多いです。

  • ポイント付与単位:100円単位や1,000円単位など
  • ポイント還元率:100円に対する円の還元率
  • ポイントの有効期限:1年や2年など
  • ポイントの使い道:商品交換や支払いなど
  • ポイントモール:還元率がアップするネットショッピングモールの有無

ポイントに関する項目だけでも調べるのが大変ですが、出来る限り細部までスペックをチェックしておきましょう。

【良くある失敗その③】メリットがデメリットを超えない・・・

悪いカードの見分け方で難しいのが「メリットがデメリットを超えない」というケースです。

どれだけスペックが悪くても「デザインがかっこいい!」など、納得できる理由があれば後悔はしません。

しかし、「ポイント還元率が常設2.0%!」+「初年度年会費無料!次年度は30,000円」といった場合、カードの利用頻度が低い方だと2年目以降に還元率で年会費を相殺できない可能性があるので、1年間だけフル活用して2年目は解約する方がお得です。

このクレジットカードじゃなきゃダメなんだ!」と思えるような理由を見つけたいところですね。

CMが大々的な新しいクレジットカードは人気が高い?

さて、最後に新しいクレジットカードの需要や人気についても考えてみたいと思います。

  • CMに積極的:メジャーなカード会社が多く人気が高まりやすい
  • CMに消極的:マイナーなカード会社が多く人気が高まりずらい

新しい新登場のクレジットカードを売り込むにはCMから申し込みを促す必要がありますが、広告費用の関係からも大手会社ほどCMに積極的です。

また、その延長にはスペック云々で知名度から人気が決まりやすい傾向もあるため、実際のところは新しいクレジットカードも「知名度による安心や信頼」というのは無意識レベルで優先する方が多いのかもしれませんね。

しかし、新しいクレジットカードを「コスパ」や「損得」などで選ぶ場合、必ずしも大手会社の方が優秀なクレジットカードとは限らず、ここがクレジットカードのおもしろいところでもあります。

新しいクレジットカードは「新しい」というだけで魅力的なものの、良いカードか悪いカードなのかは自分の定義から納得できる理由を見つけて上手に選んでいきましょう。


このページを閉じる前に、要チェック!

当サイトで学生さんの申込が多いクレジットカードのランキングです。

最新!当サイトで申込の多いクレカ!
【1位】三井住友VISAデビュープラスカード
【2位】セゾンブルー・アメックス
【3位】JCB CARD Wライフカード
オススメカードについての解説

初めてのカード・二枚目のカードを悩んでいる方は、この4枚をまずはチェック!

【1位】三井住友VISAデビュープラスカード
【2位】セゾンブルー・アメックス
【3位】JCB CARD Wライフカード

自分にピッタリのクレジットカードの選び方がわからない方は、基礎知識・おすすめカードの選び方が一気に学べるトップページをぜひ見てください。→ https://学生クレジットカード.com

失敗しないクレカ選びのポイント!

creca_footer_link