クレジットカードの審査基準に学歴や大学名は関係ある?短大生・専門学生と大学生で審査基準に違いは?


学校といってもさまざま。クレジットカードと大学名・学歴の関係は?

学生と一口にいっても、大学や短大、そして専門学校とさまざまな学校に通う学生がいます。入学試験の難易度や社会での評価、そして卒業後の就職先なども学校によって大きく違うことがほとんどです。

では、偏差値が高い大学、いわゆる一流大学に通う学生は、他の学生にくらべてクレジットカードの審査において有利になるのでしょうか。

将来エリートになる可能性が高いから、有利になってもおかしくないように思えますよね。

一般的に、クレジットカード会社は審査基準を公表していません。

一部の大学生だけ優遇しそれが露呈されと世の中の反感を買います。多くの人に会員になってもらいたいと思うクレジットカード会社にとっては逆効果になりかねません。

とはいえ、一流大学生がその大学名によって有利になりそうないくつかの理由は考えられます。

今回は、クレジットカードの審査と大学名・学歴の関係について仮説を立てて考えてみます。

名門大学在学中で高学歴。でも過度に期待するのは考えもの。

偏差値の高い、いわゆる一流大学の学生だからといって、クレジットカードの審査が他の大学生や短大生・専門学校生に比べて有利になるということは、明確にはありません。

もし、そのような事がわかれば、クレジットカード会社に対して反感をもつ人々がでてくることが予想されるからです。

社会的信用を重んずるクレジットカード会社としては、多くの人々に不評となって、無用なトラブルが発生するのは避けたいと考えるのが自然ですよね。

また、大学名・学歴という差別につながりかねないので、社会問題化する可能性もありえるからです。

したがって、ご自身が一流大学の学生だからといって、クレジットカードの審査において、その他の学生よりも有利になるということを過度に期待するのは考えものです。

一流大学だと審査上有利になると考えられる理由は?

上でご説明したように、一流大学の学生だからといって、クレジットカードの審査がその他の学生に比べて有利になるということは、明確にはありません。

しかし、一流大学生が審査において有利になるかもしれない理由はいくつか考えられます。それについて、ご説明します。

※あくまで筆者の仮説であり、カード会社の見解ではありません。

一流大学生の家庭・両親は裕福であることが推定される場合(両親の支払い返済能力が高い期待)

一流大学に通うような学生は、小さな頃から充分な教育を受けてきた可能性が高いと考えられます。そのためには、入学金や授業料が高額な有名私立小中学校に通ったり、家庭教師・塾で学習するなど、長期に渡って教育にお金をかけることが多かったと考えられそうです。

つまり、多額の教育費を負担できるだけの経済的余裕のある家庭に育ったと予想できます。

さらに、大学の入学金や授業料あるいは寄付金も高額です。私立大学の医学部ともなれば、数千万円単位の資金が必要になります。

したがって、まだ独立していない学生がクレジットカードを利用しても、家庭がそれを負担・肩代わりしてくれると考えられます。

経済的に余裕がある家庭の場合なら、利用代金を踏み倒すことも少ないと考えられます。

ちなみに、2014年度『東京大学学生生活実態調査』によると、東大生の家庭は年収950万超が約55%に達しています。

参考:http://www.u-tokyo.ac.jp/content/400036689.pdf

東大生の家庭がいかに高所得層が多いかがおわかりいただけると思います。

一流大学の学生は将来の優良顧客になる可能性が高いと考えられる(将来、多くの金額を使ってくれる期待)

一流大学を卒業できれば、多くの人は就職先も安定した、そして高収入が期待できる会社員となることが予想されます。

そのため、近い将来クレジットカード会社にとって優良顧客になる可能性が高いといえるでしょう。

すなわち、クレジットカードをよく利用してくれて、延滞することなく支払ってくれる会員になってくれることを期待している可能性はあります。

そのような人物は、クレジットカード会社としても、自社のクレジットカード会員として学生のうちから確保しておきたいと考えるのは自然といえます。

一流大学生はまじめで、責任感をもって返済してくれる可能性が高い。(延滞・支払い不能になる可能性が低い期待)

一流大学生の多くは、小中高生時代の遊びたい年頃において、相当な時間を勉強することに費やしてきたといっていいでしょう。

「物事を途中で投げ出すようなことも少なく責任感を持って仕上げて、生活態度も規則正しい」という印象を抱くのも自然です。

さらに、これまで苦労して勉強して一流大学にまで入学したのに、浪費してクレジットカードの利用代金の支払いを怠って、自分の将来に傷つけるようなことをするとは考えにくいといえます。

したがって、クレジットカードを保有しても、計画的に利用して、返済もきちんとしてくれる可能性が高いと考えられます。

学歴・大学名よりも、「学生」という身分のほうが大事

上記で一流大学生について述べてきましたが、それ以外の大学生や短大生・専門学校生の方もガッカリすることはありません。学歴はほとんど関係ないと思って大丈夫です。気にしても仕方ありません。

それよりも、「学生」という身分を大事にしましょう。

クレジットカードの申し込み時、「学生」か「新社会人」で明確に審査基準が異なると言われており、学生のうちは比較的クレジットカードを発行できる可能性が高いです。(その代わり、限度額が制限される)

学生専用カードも多くラインナップがありますし、学生は不可と明示しているステータスの高いクレジットカード以外の一般カードならば、審査に通過する可能性は十分にあります。気にせず申し込んでみましょう。

学生もやっぱりクレヒスづくりが重要

学生でも入会できるクレジットカードの利用可能額は10万円程度が主流となっています。

そのため、毎月のバイト収入などもそれほど高額である必要はありません。クレジットカード会社も、学生がそれほど稼げるとは期待していないと思われます。

学生だから収入に関しては甘めですが、クレジットカードの利用履歴(クレヒス)については、そうはいきません。

学生でもクレジットカードのクレヒスはきびしくチェックされることを肝に銘じておいてください。

少額でもいいからクレジットカードを利用して、延滞することなく返済して、健全なクレヒスづくりを心がけることが重要です。

とくに、スマホやタブレットを分割払い(割賦購入)で購入した方は、毎月の支払を延滞しないよう留意しましょう。

クレジットカードを利用していなくても、割賦購入した商品・サービスの代金支払い状況はクレジットカードの支払いと同様に、クレヒスに反映されるからです。

クレジットカードを利用していない学生の方は、なかなかクレヒスの重要性には気付きにくいと思われるので、注意が必要です。

最後に。クレジットカードの基本は返済能力とクレヒス!

今回はクレジットカードの審査と学歴などの関係について、筆者の仮説ベースで解説してきました。

名門大学在学中の学生の方は、クレジットカードの入会審査において有利になりそうな理由はいくつかあります。とはいえ気にするほどのものではありません。

ですから、名門大学以外の学生の方でも、学歴だけを心配する必要はありません。

クレジットカードの審査の基本はあくまでも返済能力・使用履歴です。時間に余裕のある方はバイトなどで安定した収入を増やすことも考えてみてください。

また、すでにクレジットカードを持っている人は、支払いの延滞をすることがないように注意。クレヒスもたいへん重要な要素ですからね。

学生クレジットカード.comでは、学生の方でも利用しやすいクレジットカードを紹介しているので、気になるカードがあったらチェックしてみてくださいね。


このページを閉じる前に、要チェック!

当サイトで学生さんの申込が多いクレジットカードのランキングです。初めてのカード・二枚目のカードを悩んでいる方にどうぞ。

最新!当サイトで申込の多いクレジットカード
【1位】三井住友VISAデビュープラスカード
【2位】ライフカード
【3位】JCB CARD W

失敗しないクレカ選びのポイント!

creca_footer_link