学生が「家族カード」と「自分のクレジットカード」、それぞれを所有し利用するメリットデメリットについて

学生が「家族カード」と「自分のクレジットカード」、それぞれを所有し利用するメリットデメリットについて

「家族カード」とは、本会員(クレジットカードを契約した人)の家族がもてるカードをいいます。

たとえば、お父さん(本会員)が契約したカードの家族カードをその妻や子供はもつことができます。

家族カードの主契約者は本会員です。

そのため、本会員がクレジットカード審査に通っていれば、本会員の家族は原則的に無審査で家族カードとしてクレジットカードを持つことが可能です。

そうなると、「子供が本会員でクレジットカードを持つ必要はあるのか?」という疑問があると思います。

本記事では、主に「子供側」の目線でのメリットやデメリットを解説していきます。

家族であっても、他人名義のカードを借りて使うのは規約違反 !

家族であっても、他人名義のカードを借りて使うのは規約違反 !

まず最初に家族カードにまつわるクレジットカードの規約違反を説明しておきます。

家族カードを使うことは、カード会社の規約上も、法律的にも問題ありません。

しかし、家族であっても、他人名義のカードを借りて使うのは規約違反になってしまいます。

もしも両親のクレカなどを使って買い物をしている場合は、家族カードを発行してもらうか、自分自身でクレジットカードを発行しましょう。

両親の許可を得ていたとしても、規約違反であることは変わりなく、最悪のケースでは両親のカードが強制解約される可能性もあります。

家族カードと本会員クレジットカードの2枚持ちはメリット総取り

学生が家族カードと本会員クレジットカードの2枚持ちができるとメリットが大きい

結論としては、もし「家族カード」+「本会員カード(自分で作る)」の2枚をもつことができたら、それがベストです。

この場合は、管理すべきカードが増えるなどという細かいデメリットを除けばメリットばかりであり、とても幸せなカード生活を送れます。

詳しい理由は今から説明していきますので、家族カードと自分が本会員になるカードのメリット・デメリットに注目してください。

家族カードの基本知識

家族カードの基礎知識

子供が家族カードを使った場合、支払い責任は本会員にあります。

具体的に考えてみましょう。

  • 本会員(親カードの持ち主):お父さん
  • 家族会員(家族カードの持ち主):子供

このような場合、子供の家族カードの支払い責任は、本会員のお父さんにあります。

カードを利用した子供には請求がきません。これが家族カードです。

家族カードのメリット・デメリット

家族カードとしてクレジットカードを持つメリット・デメリット

子供が家族カードを使うと親カードにはこのような影響があります。

 

    【家族カードの特徴】

  • 明細は親カードへ
  • ポイントは親カードへ
  • 請求は親カードへ
  • 親カードに付帯する保険などの特典は子カードでも使える

※カードによってはポイントや請求を家族カードで独立できるタイプもありますが、原則としては上記の通りです。

支払いやそれに付随するポイントはすべて親カードにいきます。

前述の通り家族カードは原則無審査ですので、あっさりとクレジットカードを持てるのが最大のメリットですね。

一方で、明細から何に何円使ったかはすべて本会員である親に知られてしまうため、親に知られたくない支払いには不向きです。

ポイント!

家族カードは、大学の教科書代や定期代など親に支払ってもらう予定のものに使うのがオススメ!
現金で立て替えてあとで精算するよりスマートです。

自分が本会員になるクレジットカードの基本知識

自分持ちのクレジットカードの基礎知識

自分が本会員になるクレジットカードとは、自分で申し込み、自分名義で作るものです。

当サイトの多くの読者にとっては、「学生が自分の責任で申し込み、保有し、請求に対して支払うカード」です。

クレジットカードに関するすべての責務や権利は自分にあるので、家族カードとは異なるメリットやデメリットがあります。

自分持ちのメリット・デメリット

自分持ちのクレジットカードのメリット・デメリット

 

  • 明細は自分へ
  • ポイントは自分へ
  • 請求は自分へ
  • 付帯特典を吟味して好きなカードを作ることができる

先ほどの家族カードともっとも異なる点は、「支払いの責任が自分にあること」です。

自分でカードを選び、ポイントも貰える代わりに、支払いに対しても責任をもたなければいけません。

ポイント!

自分の責任でクレジットカードをもつのは大人への一歩です。お金の管理などの勉強にもなりますよ。

学生でも、自分名義のクレジットカードは作れる!

ちなみに実は学生が作れるクレジットカードはたくさんあります!

多くのカード会社は学生を積極的に会員に取り込みたいため、限度額を抑えた学生向けカードをたくさん出しています。

限度額以外のスペックは、社会人より学生向けの方が優遇されているカードも多くあるくらいです。

家族カードとクレジットカードの2枚持ちの活用術

家族カードとクレジットカードの2枚持ちの活用術

基本的に家族カードを持つためには、当然ですが両親の承諾が必要です。

そのため、「自分のクレジットカード」と「家族カード」の2枚持ちをしたいなら、先に家族カードについて両親と交渉しておきましょう。

  • 「Huluに加入したいんだけどクレジットカードが必要で……」
  • 「友達と旅行に行くんだけど旅行傷害保険が必要で……」

色々と理由は作れそうですね。

家族カードのルールを決める

無事、2枚持ちに成功した場合は、まずは家族カードの使い方に関するルール作りをしましょう。

自分が支払う必要のない家族カードだからと、無制限に買い物をするとあとで確実に揉めます。

家族カードは親に請求がいくので、カードの使い方について事前にルールを作っておくことを強くオススメします!

(もし本記事を親御さんの立場として見てくださっている方がいましたら、家族カードを持たせるタイミングでルールを設定することをオススメします)

たとえば、月々30,000円のお小遣いをもらっている場合、お小遣いとして30,000円までなら使って良い(使った分と差し引きで現金支給)というルールは分かりやすいですね。

あらかじめ1万円を現金支給、家族カードでの支払いは月2万円まで。

というルールでもいいでしょう。

 

【家族カードの利用にルールを作るメリット】

  • 子供:ルールの範囲内で自由に家族カードが使える
  • 親:家族カードの管理が楽になる

上手にルール作りをしておくことで、立替払いの手間が省けるなど家族カードによるメリットを受けることができます。

家族カードのルール外の支払い・親に知られたくない支払いは自腹にするべし

家族カードのルールと照らし合わせて曖昧な買い物や、親に知られたくない買い物は自分が本会員のカードでするといいでしょう。

 

【家族カードと自分カードの使い分け】

  • 立替払いになる買い物(教科書代など)は家族カードで支払う
  • 家族カードのルール外にあたるものは自分カードで支払う
  • 親に知られたくない買い物も自分カードで支払う

家族カードのメリットは付帯特典にあり!

家族カードに支払い以外のクレジットカードのメリットは付帯特典

ここまではクレジットカードの「支払い機能」に着目して、家族カードのメリットを説明してきました。

次に注目したいのはクレジットカード「付帯特典」です。

原則として家族カードは親カードの付帯特典と同じ内容のものがついてきます。

そのため、両親が「ゴールドカード」や「プラチナカード」などを持っていると子供も手厚い特典をうけることができますよ!

たとえば、三井住友カード プラチナなら、本会員と全く同じ特典をもった家族カードを年会費無料で作れます。

クレジットカードの特典とは?

クレジットカードに付帯されている特典はカードランクにより異なります。

「ゴールド」→「プラチナ」→「ブラック」とランクが上がるごとに特典が手厚くなるのが一般的です。

特典内容は対象店舗での割引や海外旅行保険など多岐にわたります。

最上位ランクのブラックカードになると、USJなどの対象施設でVIP待遇が受けられる特典などもあり、学生として一般カードを作るよりも大きな恩恵が受けられます。

こうなると、自分でカードを作るより、家族カードを使って生活するほうがより快適な生活を送れそうですね。

このあたりは親カードの特典によるので、両親のクレジットカードに付帯されている特典を隅々までチェックしてみましょう。

ポイント!

両親のカードが一般カードの場合は、自分で学生カードを作る方が特典面でお得なケースが多いです。

※クレジットカードはランクが高いカードほど年会費が高くなります。

そのため、あえて年会費の安い一般カードを持たれている方も多いため、親カードが一般カードだからといって文句を言わないこと・・・。

ゴールド以上なら家族カードメイン

両親のクレジットカードがゴールド以上なら、特典が充実している可能性が高いので家族カードをメインにする方が良いかもしれません。

ただし、ゴールドカードは特典内容がピンキリですので、必ずしも家族カードがお得なわけではないので事前の確認が必要です。

両親がプラチナ・ブラックランクのカードを持っている場合は、迷わず家族カードを作ってもらうのがオススメ!

プラチナカードまでくれば迷わず家族カードにする!という判断でOKです。

みんな家族カードを持ってるの?学生の保有率は?

学生の家族カードの保有率

「令和元年度 若年層社会人に対するクレジットカードに関するアンケート調査」- 日本クレジット協会によると…。

約92%がクレジットカードを1枚以上持っていると回答しています!

つまりクレジットカードを持っていない層(約8%)の方が圧倒的に少数派なのです!

学生に置き換えると少し数値が変動しそうですが、15~20%程度が家族カードを保有していると思われます。

最近は、学生がクレジットカードを持つのが当たり前の時代でもあり、クレジットカードを持っていてもとりわけ珍しくもありません

また、ネット社会を背景としたカード会社の競争を考慮すると、審査基準も従来よりは下がっている可能性もあります。

参考:日本の大学生のクレジットカード保有率はどれくらい?一人何枚持ってるの?

学生のクレジットカード審査

ほとんどの学生は借金を持っているとしても携帯電話の分割払い程度なので、実は審査も想像以上に簡単です。

こうして考えると家族カードの需要は下がっているのかもしれませんね。

しかし、カード全体の需要はキャッシュレス化に伴って上昇傾向にあるので、この観点から言うと家族カードも比例して需要が伸びているでしょう。

何はともあれ、家族カードを持てるかどうかは親次第なので、親が了承してくれるなら家族カードを持っておく方がお得です。

とは言え、結局いつかどこかのタイミングで家族カードを卒業し、自分のクレジットカードだけで生きていくことになるのは目に見えていますよね。

若いうちに、自分に合ったカードを見つけてみてくださいね。

万人にオススメできる2枚の定番カード

三井住友カード デビュープラス

超有名なブランド力・セキュリティに安心感があります。入会3ヶ月は還元率2.5%・通常でも還元率1.0%と普段使いで超お得なカードです。はじめてのクレカとして使いやすさで大人気です。最短翌営業日のスピード発行!

三井住友カード デビュープラス
入会特典新規入会&Vpassアプリログインで もれなくご利用金額の20% 最大8,000円プレゼント
年会費(初年度) 無料
年会費(2年目~) 条件付き無料
条件:前年1回以上の利用で年会費無料。通常の2年目以降年会費1,250円+税
ポイント還元率(通常) 1.0%
ポイント名:ワールドプレゼントポイント
ポイント還元率(最大) 2.5%
条件:入会後3ヵ月間
発行スピード(最短)~3営業日
  • 付帯保険(海外旅行):-
  • 付帯保険(国内旅行):-
  • 付帯保険(盗難保険):あり
  • 付帯保険(ショッピング保険):あり

他実施中キャンペーン:コンビニ(セブン・ファミマ・ローソン)マクドナルドなど対象店舗でいつでもポイント5倍その他、自分が選んだ対象3店で いつでもポイント2倍も!

JCB CARD W

年会費がずっと無料のカードでは最高クラスの実力。普通に使うだけでもお得+特典も豊富なカードです。キャンペーン盛りだくさんの今こそ、入会のベストタイミングです!

JCB CARD W
入会特典インターネット新規入会限定、キャンペーンを組み合わせると最大16,500円分プレゼント!
年会費(初年度) 無料
年会費(2年目~) 無料
ポイント還元率(通常) 1.0%
ポイント名:Oki Dokiポイント
ポイント還元率(最大) 3.5%
条件:加盟店での利用
発行スピード(最短)~3営業日
  • 付帯保険(海外旅行):○(利用付帯)
  • 付帯保険(国内旅行):-
  • 付帯保険(盗難保険):あり
  • 付帯保険(ショッピング保険):あり

こちらの記事も人気です
大学生(学生)はクレジットカードを何枚持つべき?選び方の基準は?

「この記事、参考になった!」と思っていただけましたか?

▼ぜひブクマ・シェアお願いします!

周りの方・ご友人が悩んでいる時にもぜひ教えてあげてください。m(_ _)m

運営者プロフィール

学生クレカ管理人

学生クレカ管理人

自分が大学生・未成年時代のお金・クレジットカードの失敗経験をもとに、同じ失敗をする人・クレジットカードについて悩む人をひとりでも減らしたいという気持ちで当サイトを6年以上運営しているクレジットカードの専門家。

 

130枚以上のクレジットカードを比較検討し、累計22枚のカードを所有してきた(大学生の頃は6枚所有)。マイルを累計30万以上保有。航空券をほぼ無料にし、ふらっと旅行に出かけるのが趣味。Amazonでのお買い物も累計40万円分以上、ほぼポイントで済ませている。

 

カード会社幹部や広報部・外部の専門家ともつながりがあり、常に知識をアップデートしている。

 

これからも、少しでもわかりやすい記事を届けられるように努力していきます!

 

▼ブログランキングにも参加しております。当サイトの思想に共感いただける方は、ポチッとおねがいしますm(_ _)m(タップ1回で投票完了します)

 

▼LINEでの相談も、気軽にどうぞ!

かんたん検索でクレジットカードを選ぶ!自分にピッタリなカードが「ズバッと」見つかる人気ランキングからクレジットカードを選ぶ!

自分にピッタリのクレジットカードの選び方がわからない方は、基礎知識・おすすめカードの選び方が一気に学べるトップページをぜひ見てください。→ https://学生クレジットカード.com

失敗しないクレカ選びのポイント!