実例から学ぶ、リボ払いの仕組み・メリット・デメリット・落とし穴。丸裸にします!【学生時代から、リボ払いを続けている20代の方のインタビュー】


実例で学ぶ、リボ払いのメリット・デメリット

筆者は学生のころ、知らずのうちにリボ払いで金利をたくさん支払う羽目になった苦い経験があります。

そして社会人となった現在でも懲りることはなく、リボ払いを使っています。

学生だった当時はリボ払いのことを知らずに「損」をしていましたが、現在はリボ払いの仕組みを理解した上で、計画的にリボ払いを活用しています。

リボ払いは知らずのうちに余分に金利を支払う羽目になるのがデメリットであり、怖い点です。

そんなリボ払いの仕組み・メリット・デメリット・落とし穴などを、体験談を交えつつ解説します。

そもそもリボ払いって何?何が危険なの?

まずはリボ払いがどんなものなのかをサクッと解説します。

リボ払いの仕組み

リボ払いとは、正式には「リボルビング払い」といい、「月々の支払額+手数料」を毎月支払っていくという支払方法のことです。

ここでいう「月々の支払額」は自分自身で設定できるカードがあったり、カード会社の規定によって決まってる場合があったりします。

例えば、月々の支払いを5,000円に設定していたとします。

もしも30,000円の買い物をしたとしたら、毎月5,000円ずつを支払い切るまで払います。単純計算すると6ヶ月で終わりますが、リボ払いによる金利が加算されているので、実際は5,000円を6回+金利分を支払うことになります。

ポイント!

※金利(借りた資金に対する利子)の金額は「年利」によって変わりますが、だいたい年率で15%。これは1年間、お金を借りたままにしている場合かかる手数料の比率なので、3ヶ月で返済出来る場合は実質3.75%の金利で済みます。

要するに:リボ払いを使うと、支払いの回数が多くなればなるだけ金利が増えてしまい、使った分以上に大きく上乗せして支払いをしないといけないのです。

リボ払いのメリット

ではリボ払いのメリットを解説します。

手元にお金がなくても買い物ができる

1番大きなメリットが「手元にお金がなくても大きな買い物が決断できる」ことでしょう。

何か大きな買い物をしたいけど、その分のお金がないときにはありがたいです^ ^

LINEでも相談受付中!

公式LINE@「学生おかねトーク」で質問・相談してみませんか?

  • クレジットカードに関する相談
  • お金に関する相談

気軽に送ってみくてください!

時間のあるときにお返事します^^

毎月の支払額が同じなので支払い管理が楽

毎月の支払額を決めてしまえば、それ以上の請求が来ることがないので、気持ち的にも楽であり支払い管理も楽にはなります。

例えば、三井住友カードで、「毎月26日お支払い、元金定額コース1万円で、 9月1日から9月30日までに5万円をリボ払いで利用」の場合の今後の支払いは…
リボ払いのシミュレーション
詳しい手数料計算は下記参考リンクに書いてありますが、2回め以降の支払いで、毎月1万円+利息を手数料として返済していくイメージです。
参考:https://www.smbc-card.com/mem/revo/revo21.jsp

リボ払いのデメリット

リボ払いにはメリットもありますが、デメリットの方が大きいかな、と感じます。リボ払いのデメリットはやはり「金利」です。

1年間借りていると借りた金額の15%(年率15%)も金利を取られる世界です。数回で返せば少額で済むものの、雪だるま式に大きくなっていくこともあるので注意が必要です
(筆者は支払いが追いつかずに雪だるま式に大きくなった経験があります…。)

※金利の実質年率はカード会社によって差がありますので、使う前に確認しましょう、

リボ払いの怖さを知らなかった大学生の頃の筆者

筆者はリボ払いの怖さを全く知らずに、大学生のころからリボ払いをしていました。

ちなみにリボ払いといえば、当時は三井住友カードのウリボーのイメージでした。

学生のリボ払いの怖さ
出典:https://www.smbc-card.com/uribo/index.html

とくにリボ払いのデメリットなどはぜんぜん頭になく「分割で支払いできるなんて便利だな!」くらいにしか思っていませんでした。

学生の頃にリボ払いの怖さを知らずに毎月の金利が3,000円に

学生の頃は旅行にハマり、国内外問わずに旅に出ていました。

ある程度は貯金をしてから旅行に行くものの、海外に行くとついつい「せっかくの機会だから」とか「学生のうちしか旅行には来れないんだから」とクレジットカード支払いで散財してしまうクセがありました。

そしてある時、夏休みが終わる頃には30~40万円分の支払いがたまってしまい、軽い気持ちでリボ払いにしてしまったのです…。

これがリボ払いのにハマったはじまりのきっかけ。

夏休みが終わっても「学生のうちしか遊べないから」と思って、友達とたくさん遊んだり、飲みに行っていた僕は、リボ払いで月々1万円支払いに設定。

当時は、年利18%のクレジットカードを使っていたため、残高が40万円の月は金利が6,000円、30万円でも4,500円もありました。つまり、月々1万円支払ったとしても、金利があるため、4,000~5,500円しか支払ったことになりません。

返済し始めて数ヶ月経ち「え!?思ったよりも残高減ってない!」ということで、クレジットカード会社に問い合わせてリボ払いの存在を知り、そこからは月々の支払いを多めに支払うようにしたことで、取られる金利を減らしながら返済しました。

※ちなみに現在は法律が変わり、多くのカードのリボ年利が15%になっています。年利が15%だと月利が1.25%になるので、仮に10万円の残高があると1,250円の金利があります。

なので僕のようにリボ払いの罠に引っかからないように注意してください。

今でも使ってしまう理由は、金利がかかっても人生のアクセルを踏み込みたい局面があるから

学生の頃にリボ払いで痛い目を見た筆者ですが、社会人になった今でも積極的にお金を借りることがあります。

お金を借りる先はクレジットカード会社(リボ払い)もあれば、キャッシングなどもあります。

ムダに金利を支払うことは全くいいことと思いませんが、お金を借りること自体は悪と感じていません。

やはり「ここぞ!」という人生のアクセルを踏み込みたい場面はあり、そういうときを「手元にお金がないから」という理由で諦めるのはあとで後悔することになります。

しかし、リボ払いが追いつかなくなり、支払いが滞ってしまうことはあってはいけません。しっかりと支払い計画を立てた上で、計画的に返済できることを前提にリボ払いなどは使いましょう。

また、リボ払いはあとあとで一括返済(繰り上げ早期返済)できるので、後日お金が手元に入ってくるのであれば、一時的にリボ払いをするのはOKだと考えます。

注意!

「リボ払い」という仕組みが悪なのではなく、仕組みを知らずに使うこと・無計画に使ってしまうことが悪!

クレジットカードの支払い(リボ払いや分割など)を早める方法や、そのやり方については「クレジットカード(分割払い・リボ払い・キャッシング借入)の支払いを早めることはできるか?利用額の繰り上げ早期返済について」にて解説しています。

しっかり返済していたので、新しいカードが作れないことはなかった

学生の頃にすでに30~40万円の支払い残高があったり、現在も100万円近い支払い残高を抱えており、今も分割やリボ払いでコツコツと返済しています。

しかし少額ながらもコツコツと返済することで「信用情報が傷ついてカードが発行できない」というような場面には遭遇したことがありません。

実際に三井住友カードの利用可能額が150万円まで使えるクレジットカードがあることが何よりの信用証明です。

リボ払いの残高

支払いに遅延することなく、キッチリとリボ払いや分割分を返済すれば、自分に害はないので「カードが発行できなくなるんじゃないか」という不安を過度にもつ必要はないと思っています。

※審査基準は非公開かつカード会社によりますので、一概にすべてのカードの審査に通過します、と約束できないことはご了承ください。

どうしてもお金が必要なとき、リボ払いでお得なクレジットカードはある?

では最後に、どうしてもお金が必要なときの学生向けオススメのクレジットカードをご紹介します。

クレジットカードは数えられないほどあります。クレジットカードによって金利(手数料)が変わってきたり、特典に差があったりして、ベストなクレジットカードを見つけ出すことは大変です。

なので筆者が1枚に厳選しました。なので「どうしてもリボ払い前提でクレジットカードを発行したい!」という時は、このうちのどちらか、もしくは両方を発行しましょう。

当サイトでは基本的にリボ専カードの所有を肯定はしていません。リボ専カードだったとしても繰上げ返済ができ、還元率が通常カードよりもお得なものをご紹介しています。

リボ払いを使うのにオススメのクレジットカード:JCB CARD R

リボ払いを使うのにオススメのクレジットカード②JCB CARD R

「JCB CARD R」は年会費無料であり、ポイント還元率が高いのが特徴のクレジットカードです。

2018年9月時点で、リボ払い前提で使う場合のクレジットカードはJCB CARD R一択という感じです。

ポイント還元率はリボ手数料の請求がない場合はポイントが2倍、リボ請求がある月はなんとポイント4倍で実質2.0%以上(最高レベル)

利用可能枠=毎月のリボ払いの支払い額という設定が自由にできないのがデメリットですが、リボ・分割・スキップ払いの「まとめ払い」が可能であり、いつでも簡単にご利用残高をまとめて支払えます。

JCB CARD Rのカードスペックは以下のようになっています。

  • 年会費:無料
  • 還元率:常時2.0%以上と言っていいレベル
  • 学生申し込み:可能

JCB CARD R

リボ払い専用カードですが、普通に使っても還元率で2.0%以上の水準。スタバ・Amazon・セブンでお得。

JCB CARD R
入会特典新規入会限定ポイント6倍キャンペーン実施中!
年会費(初年度) 無料
年会費(2年目~) 無料
ポイント還元率(通常) 1.0%
ポイント名:Oki Dokiポイント
ポイント還元率(最大) 3.0%
条件:リボ払い手数料発生時は還元率2.0%、新規入会3ヶ月はさらに還元率1.0%プラス。JCBオリジナルシリーズパートナーのご利用でさらにそれ以上の追加が見込めます。
発行スピード(最短)~3営業日
  • 付帯保険(海外旅行):○(利用付帯)
  • 付帯保険(国内旅行):-
  • 付帯保険(盗難保険):あり
  • 付帯保険(ショッピング保険):あり

まとめ:リボ払いは慎重に使おう!

リボ払いは決して悪ではなく「ここぞ!」という人生のアクセルを踏み込みたい場面や、今緊急でお金が必要なときに強い味方になってくれます。

しかしリボ払いの知識が少ない状態で、金利を余分に支払うことになりかねない側面もあります。リボ払いを使うときはキッチリ計画した上で使うようにしましょう^ ^

リボ払いについて、当サイトでは学生にフォーカスして解説した記事を用意しているので、合わせてご覧くださいね。


このページを閉じる前に、要チェック!

当サイトで人気のクレジットカードランキング

当サイトで学生さんの申込が多いクレジットカードのランキングです。

初めてのカード・二枚目のカードを悩んでいる方は、この4枚をまずはチェック!

最新!当サイトで申込の多いクレカ!
【1位】三井住友VISAデビュープラス
【2位】セゾンブルー・アメックス
【3位】JCB CARD Wライフカード

自分にピッタリのクレジットカードの選び方がわからない方は、基礎知識・おすすめカードの選び方が一気に学べるトップページをぜひ見てください。→ https://学生クレジットカード.com

LINEでも相談受付中!

公式LINE@「学生おかねトーク」で質問・相談も気軽にどうぞ。

皆さんからの

  • クレカについてのご相談
  • 記事についてのご質問
  • 記事リクエスト
  • クレカの券種レビュー
  • その他雑談
を随時お待ちしています!なんでも気軽にお送りください^^

失敗しないクレカ選びのポイント!

creca_footer_link