学生ローン&銀行ローンの仕組み・種類や金利を徹底解説!カレッヂ・マルイどこがおすすめ?未成年でも借りれるローンは?

学生ローン&銀行ローンの仕組み・種類や金利を徹底解説!カレッジ・マルイどこがおすすめ?未成年でも借りれるローンは?

急いでお金を借りたい状況になったけど、どこから借りるべきかわからない!

一言で「学生がお金を借りる」といっても、学生専用のローンの業者があったり、20歳以上なら学生に限らず利用できるカードローンがあったりと、種類がいくつもあります。

それぞれの違いはわかりにくく、なかなか自分にあった業者を見つけるのは難しいのが現実。

そこで今回は「学生が貸金業者からお金を借りる」ということに特化して、おすすめの業者とその詳細を紹介していきます!

この記事のもくじ

もし、緊急でお金が必要なら・・・

大手銀行のグループ会社がやっているキャッシング、プロミスの「初回30日間無利息サービス」を使うことも考えてみましょう!


※1:30日間無利息サービスを利用するには、メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。無利息サービス終了後のキャッシングは金利がかかります。くれぐれもご利用は計画的に。

※2:満20歳以上満70歳以下で安定収入がある方がお申し込みいただけます。

この記事を読めば、自分がどこの業者からお金を借りたらいいか明白になるはずです。

そもそも学生向けローンとは

そもそも学生向けローンとは

学生ローンとは、学生本人を対象に融資を行う消費者金融のことです。

ちなみに銀行などが大学と提携して行う教育ローン*も広義で学生向けローンの一種と言えます。

学生向けローン商品

学生向けのローンは大きく分けると

 

  1. 学生専用のローン業者によるローン
  2. 銀行や消費者金融などが用意する学生向け特有のローン商品(教育ローンなど)
  3. 銀行や消費者金融などが用意する通常のローン

の3パターンがあります。

学生専用のローン業者は、文字通り学生しか利用できないローン業者です。

あまり馴染みがないかもしれませんが、東京などには多く、学生ローン「マルイ」「カレッヂ」「アミーゴ」などが該当します。

高田馬場駅に行くと、目立つ学生ローン「カレッヂ」の看板・ビルが目に飛び込んできます。
高田馬場駅前に目立つ学生ローン「カレッヂ」の看板・ビル

学生向け特有のローン商品は、教育ローンのような学生ならではの利用用途が決まっている場合のローン商品のこと。銀行などが用意する教育ローンなどが該当します。

学生がカードローンを利用するというのは、社会人なども利用できるようなカードローンを学生が利用する場合です。アコムやプロミスなどでも、20歳以上・アルバイトをして一定の収入がある学生はお金を借りることができます。

学生ローンの金利

学生専用ローンに限らず、ローンでは必ず金利*が発生します。

※金利は利子と呼ばれることもあります。当記事では金利に統一します。

ローンを利用するときには金利は重要です。

たとえば100万円借りた場合、金利が年利15%と18%では、1年間借りたときの金利の差が3万円にもなります。

学生専用ローンは消費者金融と比較すると少し安いことが多いです。たとえばアコムやレイクの実質年率18%に対し、学生ローン業者のカレッヂで17%です。

【注意!】学生ローンで学費を払うのはあまりオススメしない

学生ローンで学費を払うのはあまりオススメしない

もしも学費を払うのに困ってしまいお金を借りようとした場合には、アコムやプロミスのような貸金業者や、カレッヂやアミーゴのような学生ローンをおすすめしません。

その理由は奨学金や教育ローンのほうが金利が安く、さらに返済期間も長くなるからです。

▼また、学校・大学によっては学費の分納・免除制度を用意している・特例で相談に乗ってくれるところもあります。学費が払えずに困っている方は、下記の記事も参考に行動してみてください。

学費が払えないときの対策まとめ|学生ローンや借金キャッシングを考える前に学費の免除・延納・分納・奨学金という手段を

しかしもう万策尽きており、どうしても今すぐにお金を借りる必要がある!という場合には以下の業者がおすすめです。

もし、緊急でお金が必要なら・・・

大手銀行のグループ会社がやっているキャッシング、プロミスの「初回30日間無利息サービス」を使うことも考えてみましょう!


※1:30日間無利息サービスを利用するには、メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。無利息サービス終了後のキャッシングは金利がかかります。くれぐれもご利用は計画的に。

ところで学生ローンとクレジットカードキャッシングの違いは?

ところで学生ローンとクレジットカードキャッシングの違いは?

学生ローンとクレジットカードのキャッシングにはどのような違いがあるのでしょうか。

大きな特徴としては、

  • クレジットカードのキャッシングは審査が厳しくない代わりに利用枠が少ない
  • 学生ローンは審査が少し厳しくなる半面、利用枠が大きい

です。

それぞれについて詳しくみていきます。

利用可能額と金利

学生ローンの借入額は多くて50万円程度。

一方でクレジットカードのキャッシングは10万円程度が一般的です。

金利は学生ローンが16.5%クレジットカードのキャッシングは15%程度が多いようです。

借入額が50万円程度であれば、金利差はほとんど問題にならないといえます。

審査について

クレジットカードのキャッシングの審査は基本は学生の申込みであっても学生個人を審査します。

カード会社は申込時の情報から親の正確な情報を取得することは難しいためです。

ちなみにもしも初めてのクレジットカード申込みで審査に落ちた場合、申込書類の不備orスマホ分割払いで過去に延滞があったケースがほとんどです。

学生ローンの場合も学生本人の収入が審査されます。

アルバイトをされていないなど収入が無い場合は審査が通らないことが多いようです。

▼「お金を借りる」ということに関してより詳しく知りたい方は下記の記事もどうぞ。

学生が即日でお金を借りるならキャッシング!消費者金融カードローン・学生ローンとの比較と注意点まで徹底解説。

学生キャッシングなら即日お金を借りれる!?消費者金融のカードローン・学生ローンとの比較と注意点まで徹底解説。

学生ローンの有名業者5選

ここからは、学生ローンについて詳しくまとめていきます。

業者名貸付利率限度額
マイル15.0%~17.0%50万円
カレッジ17.0%
アミーゴ14.40%~16.80%3〜50万
トーエイ15.0%~18.0%
キャンパス14.40%~16.80%

まずは学生ローンの有名業者を5社紹介してみます。

①学生ローン マルイ

学生ローン マルイ

出典:学生ローン マルイ

学生ローン「マルイ」は東京都の高田馬場にある学生ローン。

申込から最短20分で融資を受けることもできるスピード審査であり、親の承認不要で誰にも知られずに借入可能です!

 

  • 住所
    東京都新宿区高田馬場2-19-7 タックイレブン603号室
  • TEL
    03-3208-0151・0120-81-5501
  • 受付時間
    平日9:15~17:00(土・日・祝日除く)
  • 公式サイト
    http://0151.jp/

貸付利率

金利は年率15.0%~17.0%です。

最高で50万円まで融資可能。

ご利用対象、条件(年齢や勤務条件など)

20歳以上の学生。

来店しないと融資を受けられないので、東京在住でないと不便かもしれません。

必要書類

借入には学生証が必要です。

その他の身分証(免許・保険証等)も一緒に提示すると、より良い条件で融資を受けることできる場合があります。

キャンペーン情報

友達を紹介し、その友達が融資を受けた場合、年率1.2%引き下げもしくはクオカード最高5,000円分をもらうことができます。

そのほかには、とくにキャンペーン情報はありません。

②学生ローン カレッヂ

学生ローン カレッヂ

出典:学生ローンカレッヂ

学生ローン「カレッヂ」は創立42年であり、全国のセブン銀行ATMで借入可能な学生ローン専門店です。

インターネットでの申込も可能であり、来店しなくてもOKなので、東京にお住まいではない場合でも借入が可能です。

 

  • 住所
    東京都新宿区高田馬場2-17-1 伊勢浪ビル305号
  • TEL
    03-3205-1105
  • 受付時間
    公式サイトに記載なし
  • 公式サイト
    https://www.3205-1105.co.jp/

貸付利率

金利は実質年率17.00%(月利約 1.42%)であり、アコムやプロミスなどの貸金業者より1%ほどお得です。

ご利用対象、条件(年齢や勤務条件など)

4年制の大学生・大学院生・短大生・専門学校生・予備校生の方で、学生証のほか、運転免許証・保険証等、身分証の提示が可能な方。

必要書類

とくに必要な書類等はありません。

申込のときに基本的な個人情報をはじめ学校名やアルバイト先の入力などは必要です。

キャンペーン情報

2019年3月現在、とくにキャンペーン情報はありません。

③学生ローン アミーゴ

学生ローン アミーゴ

出典:学生ローン アミーゴ

学生ローン「アミーゴ」はインターネット申込であり、融資決定後最短10分でお金が振り込まれるスピードキャッシングが特徴。

家族に借入したことを伝えられることはなく、もし同居している場合には契約書類を郵送するときに社名を伏せてくれたりと、配慮してくれます。

 

  • 住所
    東京都新宿区高田馬場4-9-10鈴木ビル4F
  • TEL
    03-3367-0976・0120-074-090
  • 受付時間
    平日10:00~18:00(土・日・祝日除く)
  • 公式サイト
    https://www.gakusei-loan.com/

貸付利率

ネット特別学割利率の低金利年利14.40%~16.80%で3万円〜最高50万円まで借入可能。

一般的なローンの年利が18%ほどなので、間違いなく低金利の部類であり、お得にお金を借りることができます。

ご利用対象、条件(年齢や勤務条件など)

20歳以上のアルバイトをしている学生

必要書類

学生証・キャッシュカード(来店はなしでも可能)は必須です。

学生証の他に、免許証・保険証など1点は必要です。

キャンペーン情報

2019年3月現在、とくにキャンペーン情報はありません。

④学生ローン トーエイ

学生ローン トーエイ

出典:学生ローン トーエイ

学生ローン「トーエイ」は新規の申込の場合だと一度来店しないといけないので都内や関東圏じゃないと借入しづらいかもしれません。

 

  • 住所
    東京都新宿区高田馬場2-14-10上田ビル2階
  • TEL
    03-3200-3371
    0120-88-3371
  • 受付時間
    平日9:30~18:00
    土曜日9:30~14:30
  • 公式サイト
    http://www.web-cashing.net/

貸付利率

年率15.0%~18.0%です。

ご利用対象、条件(年齢や勤務条件など)

学生であっても収入のない方・未成年の方は申込できません。

必要書類

学生証+免許証or保険証orパスポートが必要。

※書類は多ければ多いと担当の方が言っていました。

キャンペーン情報

2019年3月現在、とくにキャンペーン情報はありません。

⑤学生ローン キャンパス

学生ローン キャンパス

出典:学生ローン キャンパス

学生ローン「キャンパス」は年利14.40%~16.80%とお得に借入ができる業者です。

来店の必要がなく、インターネット(PC・スマホ・携帯)で申込できる点も便利ですね!

ゆうちょ銀行なら15時以降も即日で借入可能なので、急にお金が必要になった時も利用できます。

 

  • 住所
    東京都新宿区高田馬場4丁目9番10号鈴木ビル3階
  • TEL
    03-5330-3222
    0120-874-090
  • 受付時間
    平日:10:00~18:00
    土曜:10:00~17:30
  • 公式サイト
    https://www.camp.co.jp/

貸付利率

貸付利率は、以下の2パターンあります。

  • 通常の学生ローン:
    16.80%
  • 学生レディースローン:
    15.60%

ご利用対象、条件(年齢や勤務条件など)

20歳以上の方が対象です。

必要書類

本人を証明できる身分証明書を2点用意する必要があります。

運転免許証・健康保険証・パスポート・学生証・写真付住民基本台帳カードが対象となります。

※写真付きの身分証明書は必須となります。

たとえば学生の場合だと、学生証(必須)+健康保険証(運転免許証・パスポート・写真付住民基本台帳カード)のようなイメージです。

キャンペーン情報

フレッシャーズ応援キャンペーンという、20歳~34歳の社会人の方や今年度新卒採用の社会人の方を対象に、年利を16.20%に引き下げるキャンペーンを開催中です。

また、知人などを紹介して借入をした場合、紹介料として現金2,000円~5,000円をもらえます。

学生が即日でお金を借りるならキャッシング!消費者金融カードローン・学生ローンとの比較と注意点まで徹底解説。

もし、緊急でお金が必要なら・・・

大手銀行のグループ会社がやっているキャッシング、プロミスの「初回30日間無利息サービス」を使うことも考えてみましょう!


※1:30日間無利息サービスを利用するには、メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。無利息サービス終了後のキャッシングは金利がかかります。くれぐれもご利用は計画的に。

※2:満20歳以上満70歳以下で安定収入がある方がお申し込みいただけます。

即日発行が可能なオススメのクレジットカードまとめ!お急ぎの学生にも嬉しい、申込から店頭発行までの解説も。

メガバンクのカードローン

銀行名金利借入限度額
三菱UFJ銀行1.8~14.6%10~500万円
三井住友銀行4.0~14.5%10~800万円
みずほ銀行2.0~14.0%10~800万円
りそな銀行3.5~12.475%30~800万円

続いてはメガバンクのカードローンです。

また、学生の場合は「教育ローン」という選択肢もあるので、一緒に紹介します。

注意!

教育ローンは目的を限定しており、さらに親が絡むため融資のようなイメージです。

①三菱東京UFJ銀行

三菱東京UFJ銀行

出典:三菱東京UFJ銀行銀行

カードローン(バンクイック)の概要

年齢が満20歳以上65歳未満の国内に居住する個人であり、原則安定した収入があって保証会社(アコム(株))の保証を受けられる方が対象です。

  • 金利:年利1.8%~14.6%
  • 利用限度額:10万円~500万円

教育ローンの概要

利用できる方の条件は以下の通りです。

 

  • 就学(予定)者の保護者または本人(社会人に限ります)
  • 原則安定した収入があって保証会社(アコム(株))の保証を受けられる
  • 前年度の税込年収(事業所得の方は申告所得)が200万円以上かつ勤続(営業)年数が1年以上

借入金額は30万円以上500万円以内(1万円単位)です。

金利は変動金利ですが、公式サイトには目安として年利3.975%と記載があります。

②三井住友銀行

三井住友銀行

出典:三井住友銀行

カードローンの概要

満20歳以上、満69歳以下の方であり、原則安定した収入があって保証会社(SMBCコンシューマーファイナンス株式会社)の保証を受けられる方のみ利用可能です。

  • 金利:年利4.0%~14.5%
  • 利用限度額:10万円~800万円

教育ローンの概要

教育ローンを利用できる方の条件は以下の通りです。

 

  • 教育を受ける方のご両親のいずれかまたはご本人さまで、お申込時満20歳以上、満65歳以下の方
  • 前年度税込年収が200万円以上(個人事業主の方は所得金額)で、現在安定した収入のある方(年金収入のみの方はご利用いただけません)
  • 三井住友銀行指定の保証会社であるSMBCコンシューマーファイナンス株式会社の保証を受けられる方
  • ご契約時に当行(ローン契約機)に来店できる方
  • 日本国内在住の方

10万円以上300万円以内で、最大10年借入することができます。

変動金利型であり、目安としては以下の通りです。

  • 有担保型の場合:年利2.975%
  • 無担保型の場合:年利3.475%

③みずほ銀行

みずほ銀行

出典:みずほ銀行

カードローンの概要

満20歳以上満66歳未満の方で、安定した収入があり、みずほ銀行指定の保証会社であるオリコの保証を受けることができる方が対象です。

  • 金利:年利2.0~14.0%
  • 利用限度額:10万円~800万円

教育ローンの概要

教育ローンを利用できる方の条件は以下の通りです。

 

  • お借入時の年齢が満20歳以上満66歳未満で、最終ご返済時年齢が満71歳未満の方
  • 勤続年数(自営の方は営業年数)2年以上の方
  • 前年度税込年収(個人事業主の方は申告所得)が200万円以上で、安定かつ継続した収入の見込める方

④りそな銀行

りそな銀行

出典:りそな銀行

カードローンの概要

カードローンを利用できる方の条件は以下の通りです。

 

  • 申込受付時に満20歳以上、満66歳未満の方(ご利用限度額300万円型~800万円型の場合は満60歳未満の方)
  • 継続安定した収入のある方
    ※パート・アルバイトの方もお申込みいただけますが、専業主婦、学生の方はご利用できません。
  • 保証会社の保証が受けられる方

学生だとカードローンをすることができません。

  • 金利:年利3.5~12.475%
  • 利用限度額:30万円~800万円

教育ローンの概要

りそな銀行には教育ローンが3パターンあります。

  • りそな銀行教育ローン
  • りそな銀行教育ローン(当座貸越タイプ)
  • りそな銀行教育ローン(自己啓発プラン)

ベーシックなりそな銀行教育ローンは最大500万円・最長10年までお借入れ可能であり、据置期間の設定で在学中の支払負担減できます。

教育ローンを利用できる方の条件は以下の通りです。

 

  • 国内の学校に入学(入園)・在学する子弟の保護者(親権者または後見人)の方
  • 申込時の年齢が満20歳以上満66歳未満の方継続安定した収入のある方(パート・アルバイトの方もお申込みいただけます。継続安定した収入があれば年収・勤続年数などの条件はありません)
  • 保証会社の保証が受けられる方(法科大学院の場合は上記に合致する就学者ご本人のお申込みも可能です)

ちなみに学生の方はご利用いただけません。

もし、緊急でお金が必要なら・・・

大手銀行のグループ会社がやっているキャッシング、プロミスの「初回30日間無利息サービス」を使うことも考えてみましょう!


※1:30日間無利息サービスを利用するには、メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。無利息サービス終了後のキャッシングは金利がかかります。くれぐれもご利用は計画的に。

※2:満20歳以上満70歳以下で安定収入がある方がお申し込みいただけます。

貸金系の有名業者

業者名貸付利率借入限度額審査時間
アコム3.0%~18.0%1~800万円最短30分
プロミス4.5%~17.8%1~500万円最短30分
SMBCモビット3.0%~18.0%1~800万円10秒簡易審査
アイフル3.0%~18.0%最高800万円まで最短30分
レイク4.5%~18.0%1万円~500万円最短60分

30日間手数料無料キャンペーンなど、大手では初回利用のハードルを下げて学生の利用者も増えています。

ただ消費者金融といっても法律に基づいてお金を貸しているので法律で決められた金額までしか貸出はできません。

クレジットカードのキャッシングでは間に合わない!というときは検討してみましょう。

①アコム

アコム

出典:アコム

貸付利率

貸付利率は3.0%~18.0%です。

目安として、利用額が1万円~99万円の場合は7.7~18.0%に設定されています。

また利用可能金額は 1万円~800万円であり、利用用途は自由です。

ご利用対象、条件(年齢や勤務条件など)

アコムのカードローンは、20歳以上の安定した収入(アルバイト)と返済能力を有する方が対象なので、基準を満たす方であれば学生であっても契約可能です。

必要書類

本人確認書類として運転免許証(交付を受けていない方は個人番号カードや健康保険証など)が必要です。

また利用額が50万円を超える場合、もしくは他社を含めた借入総額が100万円になる場合には収入証明書(源泉徴収票または給与明細書など)も必要です。

キャンペーン情報

はじめての方なら、契約日の翌日から30日間は金利0円です!

②プロミス

プロミス

出典:プロミス

貸付利率

貸付利率は4.5%~17.8%です。また利用可能金額は1~500万円

ご利用対象、条件(年齢や勤務条件など)

年齢20歳以上、69歳以下のご本人に安定した収入のある方主婦、学生の方でも、パート、アルバイトによる安定した収入がある場合は利用できます。

必要書類

本人確認書類がは運転免許証があればOKです。

もしも持っていない場合には「パスポート」または「健康保険証」+「1点(例:住民票など)」で申込できます。

キャンペーン情報

メールアドレスを登録して、さらにWeb明細を利用することで30日間無利子サービスがあります!

③SMBCモビット

SMBCモビット

出典:SMBCモビット

貸付利率

貸付利率は3.0%~18.0%です。また利用可能金額は1~800万円です。

利用対象、条件(年齢や勤務条件など)

満年齢20才~69才の安定した収入のある方が対象です。アルバイト、パート、自営業の方も利用可能なので、学生でも利用することができます。

必要書類

必要書類は運転免許証でOKです。もしもない場合には、健康保険証もしくはパスポートの写しで代替できます。

④アイフル

アイフル

出典:アイフル

貸付利率

貸付利率は3.0%~18.0%であり、800万円まで借入可能です。

ご利用対象、条件(年齢や勤務条件など)

パートやアルバイトでも定期的収入があれば申込可能です。

また、主婦の方でも専業主婦ではなく、定期的な収入がある場合には申し込み可能です。

必要書類

本人確認書類として運転免許証が必要です。

もしもない場合にはパスポートや住民基本台帳カード、公的証明書類、個人番号カードなど顔写真付きの本人確認書類が必要です。

キャンペーン情報

契約しており、返済の延滞がない状態で収入証明を提出した場合に、Vプリカギフト*が総額300万円(最大1,500名)に当たります。

※Vプリカギフトは、インターネット上でクレジットカードと同じように使える、ネットショッピング専用Visaプリペイドカードです。

⑤レイク

レイク

出典:レイク

貸付利率

貸付利率は4.5%~18.0%であり、借入可能額は1万円~500万円です。

ご利用対象、条件(年齢や勤務条件など)

満20歳以上70歳以下の方で安定した収入のある方(パート・アルバイトで収入のある方も可)なら利用可能です。

必要書類

運転免許証が必要です。

もしも運転免許証をお持ちでない場合には、健康保険証やパスポート、個人番号カード(マイナンバーカード)、在留カード、特別永住者証明書のうちいずれかが必要です。

キャンペーン情報

初めて場合は60日間利息が0円です!

まとめ

以上、学生ローンについてと、おすすめの業者紹介でした!

学生ローンはクレジットカードのキャッシングなどとは違い、50万円ほどまで借りることができるため、いざという時に活躍します。

しかし、借り入れる金額が大きいということは、それだけ返済の負担も大きくなるということです。

学生ローンの場合は、20万円が必要で申し込んだところ、融資枠50万円の審査結果が出ることもあります。

その場合は、調子に乗って当初の必要額以上にお金を引き出さないように十分注意してください。

アルバイトがやめられなくなり、学業に多大な支障がでる可能性があります。

このように、学生ローンは融資枠が大きいので心強い半面、借入金額が膨れてしまい返済の負担が大きくなる可能性を秘めています。

そのため、急にお金が必要になったときには、まずはクレジットカードのキャッシングでしのぐことはできないかよく検討してみてください。

そして!即日でも発行可能なクレジットカードはあります!

即日発行が可能なオススメのクレジットカードまとめ!お急ぎの学生にも嬉しい、申込から店頭発行までの解説も。

学生でも即日発行が可能な可能性があるクレジットカードまとめ

「この記事、参考になった!」と思っていただけましたか?

▼ぜひブクマ・シェアお願いします!

周りの方・ご友人が悩んでいる時にもぜひ教えてあげてください。m(_ _)m

運営者プロフィール

学生クレカ管理人

学生クレカ管理人

自分が大学生・未成年時代のお金・クレジットカードの失敗経験をもとに、同じ失敗をする人・クレジットカードについて悩む人を一人でも減らしたいという気持ちで当サイトを6年以上運営しているクレジットカードの専門家。

 

100枚以上のクレジットカードを比較検討し、累計19枚のカードを所有してきた(大学生の頃は6枚所有)。マイルを累計20万以上保有。航空券をほぼ無料にし、ふらっと旅行に出かけるのが趣味。Amazonでのお買い物も累計30万円分以上、ほぼポイントで済ませている。

 

カード会社幹部や広報部・外部の専門家ともつながりがあり、常に知識をアップデートしている。

 

これからも、少しでもわかりやすい記事を届けられるように努力していきます!

 

▼ブログランキングにも参加しております。当サイトの思想に共感いただける方は、ポチッとおねがいしますm(_ _)m(タップ1回で投票完了します)

 

▼注目コンテンツ!

▼LINEでの相談も、気軽にどうぞ!

かんたん検索でクレジットカードを選ぶ!自分にピッタリなカードが「ズバッと」見つかる人気ランキングからクレジットカードを選ぶ!

自分にピッタリのクレジットカードの選び方がわからない方は、基礎知識・おすすめカードの選び方が一気に学べるトップページをぜひ見てください。→ https://学生クレジットカード.com

失敗しないクレカ選びのポイント!