学生・大学生が長期休暇(夏休み・春休み)にやるべきこと・できること・かかるお金リスト

学生の長期休暇、有意義に過ごすコツは?

長いようで短い、学生の長期休暇

「今から2ヶ月も休みなの!?ヤバい・・・」

筆者が大学1年生の初めて夏休みを迎えた時、解放感が半端なかったのを今でも覚えています…!

しかし、約2ヶ月ほどある夏休みも、ダラダラ過ごしていたら一瞬で終わってしまいます。

もしも今記事を読んでいる方が2年生以上だったらすでに感じたことがあるかもしれません。

今後の人生で、これほどまでにまとまった時間はなかなか取れないので、ぜひ有意義に過ごしていただきたいものです。

長い休暇は、人生に変化を与えたり・自分自身を成長させるためのきっかけとしてとても便利です。その中で何をやるか?の気付きを得られる記事にしていますので、ぜひ読みたいところまで読んでみてください^^

テーマを決めて過ごすと有意義になる

4年通う一般的な大学の場合、夏休み&春休み×4の8回(計14ヶ月ほど)も長期休暇があるので、毎回有意義に過ごすことで充実しますし、レベルアップできます!

世界中を旅するのもよし、読書や勉強に費やすのもよし、バイトなどで必死に稼ぐのもいいかもしれません。

この記事では大学生が長期休みにやるべきこと・できることをまとめました!

お金をかけずにできること、お金をかけてやること、お金を稼ぐこと、の3つに分けて紹介していきます。

今回紹介するものは以下の表の通りです!

※スマホの方は表をスクロールできます。

種類やること必要なお金
あまりお金がかからない趣味や部活に熱中
ひたすら本を読む~5,000円/月
資格の勉強~5,000円/月
グルメにハマる5,000円~/回
イベントを楽しむ5,000円~/回
外見を磨く~1万円/月
ビジコン~1万円/月
ある程度お金が必要国内旅行3万円〜/回
海外旅行10万円〜/回
免許合宿20万円ほど
語学留学30万円ほど
お金を稼げるバイト働き方や時間などによりもらえる給料が変動
リゾートバイト
インターン
副業

※金額については、やること、どうやるかによってもかなり変わってきます。あくまで目安ということでご了承ください。

学生(大学生)が【お金をかけず】長期休暇にできること

まずはあまりお金をかけず*に長期休暇にできることです。

趣味や部活に熱中

趣味や部活があるなら、熱中する1~2ヶ月間にするとかなり充実します!

とくに部活をやっている場合、自然と部活漬けになると思いますが、趣味も全力で取り組んでみてもいいかもしれません。

例:サーフィンが好きでいつもは湘南でやってるけど、あえてバリに行ってやってみる!という感じで、憧れの場所や聖地的な場所でやってみるのもいいですよね!スケールを大きくするには長期休暇はうってつけです。

趣味に1~2ヶ月間も連続して使えるのは、学生卒業後は会社退職後になるので、若いうちに、大好きな1つのことを飽きるくらいまでやってみるのはいかがでしょうか?^^

ひたすら本を読む


比較的お金がかからず、一人で没頭できることとして、「読書」があります。

特に本好きにとって、じっくりと読書する時間はとても至福な時間でしょう。

しかし、読みたい本はどんどん増えて、買ったはいいけど積まれた状態になりがち。いわゆる「積読(ツンドク)」という状態ですね。

積読を解消するためにも、長期休みに一気に読みこんだり、インプットする時間に費やすのもありですよね!

自分のお気に入りのカフェに行ったり、読書が捗りそうな場所を見つけたりして読書してもいいかもしれません^^

資格の勉強

長期休みがあれば、簿記やTOEICなど、就活や将来必要になりそうな資格の勉強をしてステップアップを目指すのにたっぷり時間を使えます。

ふだんは学校の課題やアルバイトなどで忙しく、まとまった時間を取るのは難しい学生が多いと思います。

そんな場合には長期休みを有効活用しない手はありません^^

グルメにハマる

ワインやウイスキーをはじめ、グルメなどにハマってみると生涯楽しめて、良い趣味になるかもしれません^^

学生だと金銭的に高い食材やお酒を買い揃えるのは大変ですので、一緒にハマる友達を数人見つけて割り勘でやったらお得にたくさん学べそうですよね!

筆者は、大学4年あたりから外食を趣味にして食べ歩き・飲み歩きしていました!食べログのコメントを見たり、特集雑誌を買ってひたすら同じジャンルのお店を攻め続けるなど、楽しかったです。

※お酒は20歳になってから。

イベントを楽しむ

学生の長期休みには季節のイベントが盛りだくさん!

夏ならお祭り・花火・海・フェスなどがあり、春なら花見・スキー・スノボーなどがあります。

そういったイベントに参加できる時間的余裕ができるので、イベントにあやかって大盛り上がりしても楽しいかもしれません!

イベントを絡めたお得なツアーとかもあるので、旅行がてら参加してもいいですね^^

外見を磨く(身体を鍛える)

ふだんは勉強やバイトに忙しくて、なかなかトレーニング・ボディメイクする時間を作ったり習慣化するのは難しいです。

これを機に1~2ヶ月ほど筋トレにチャレンジし、外見を磨くきっかけを作ってみてはいかがでしょうか?

なかでも格安のジムやヨガなどは月額10,000円もかからずに通うことができるので、コスパよく外見を磨くことができます!

外見だけではなく、意志力や精神力、集中力も副産物的につくのでその点でもおすすめ。

1~2ヶ月間できちんと習慣化させることができれば、長期休暇が終わったあとでも「通わないとモヤモヤする!」「もっといい身体にしたい!」と続けることもできますよ^^

ビジコンやハッカソンに参加する

ビジコンとはビジネスコンテストの略であり、ビジネスモデルを作って優劣を競うコンテスト。ビジネス経験が浅い学生でもプレゼンの場に出て戦うことができるチャンスです。

キャリアアップや事業の拡大を狙うチャンスの場でもあり、賞金獲得や投資家が見つかったりすることもあります!

ビジコンでプレゼンすることで、起業した先輩から「いいね!」と言ってもらえるだけでも自信に繋がりますし、自分のアイディアが現実的に成果として結びつきそうかどうかを試すいい機会。

将来起業したいと思っているなら、長期休みにアイディアを考え抜いて企画書を作り、ビジコンに参加してみるのも良い長期休みの使い方です^^

学生(大学生)が【お金をかけて】長期休暇にできること

旅行

定番中の定番ですが、長期休みだからこそ出来る旅行がありますよね!

海外放浪したり、日本を巡ってみたり・・・

社会人になるとどうしてもまとまって休みを取るのが難しいので、行きたい場所があるなら学生のうちに行くのがおすすめです!

国内旅行

国内旅行は2泊3日もあれば出来るので、社会人になってもできますが、青春18切符*などを使って日本中を巡ったりといった旅行が出来るのは長期休みがある学生の特権!

※日本全国のJR線の普通・快速列車の普通車自由席などに5日間乗り放題で11,850円の切符(年齢制限なし)

一人でぷらっと旅をしてみたり、友達と車で日本中回ってみたり、国内でも楽しみ方はたくさんあります!

ちなみに筆者は青春18切符で名古屋から長崎まで10日間の旅行をしたり、金沢~仙台まで5日間の旅行をしましたが、今でも「楽しかった」と思い出せる、いい記憶になっています^^

海外旅行

社会人になるとなかなか長期の休みが取れないので、海外旅行に行くハードルは高いですが、学生なら1~2ヶ月間も休みがあるのでどこにでも行けます!

お金がなくて…と思ってもLCCや安宿を駆使すれば、かなりお得に海外に行けますよ!

ハワイなどのリゾート地やヨーロッパなどのメジャーどころもいいですが、社会人になって行かなさそうなところをチョイスするのもおすすめです^^

ちなみに筆者は大学生の頃にインドやニュージーランド、マレーシアなどを旅行しました。

とくにインドではバックパッカーとして旅行していましたが、ふだん日本にいると無いような出会い(お医者さんや大学教授の方)などもあってとても充実して楽しかったです!

海外旅行・留学に行く前に、絶対見るべき失敗しないクレジットカードの話

免許合宿

学生のうちに取っておくべき車の免許。

最短14日ほどで一気に詰め込んで取得できるので、知人が旅行がてら免許合宿に行っていました!

※筆者はふつうに通って免許を取りました。

男4人くらいで行って毎日楽しくはしゃいだりできて、いい思い出になったみたいで羨ましかったです(笑)

旅行を兼ねて行くのもいいですよね!

中には交通費を負担してくれる学校もあるみたいなので、行ってみたい土地でお得に免許合宿に参加できる場所を探して通うのはおすすめです^^

語学留学

外国学部だったりすると、留学が必修科目になっていたりして、長期休みではなく留学することができます。

しかし長期休みでないと語学留学ができない学部もたくさんありますよね。

そんな時は長期休みを生かして海外に語学留学して、外国語漬けの日々を過ごすのもおすすめです^^

外国語が話せることで、外国人とコミュニケーションが取れるようになったり、グローバル化の現在で需要のある人材になれたりするので、とても良い選択肢!

とはいえお金がネックになる可能性がありますよね。

英語留学の場合、フィリピンのセブ島などはかなりお得に短期留学が可能。自分が学びたい言語がお得に学べる留学先があるかないかリサーチしてみてください^^

学生(大学生)が【お金を稼ぐため】長期休暇にできること

さいごはお金を稼ぐために学生ができることです。

アルバイト

夏の長期休みを使って一気に稼ぐというのもいいですよね!

ふだんやっているバイトのシフトを増やしてもいいと思いますし、期間限定でできる短期バイトもいいかもしれません。

長期休みならリゾートバイトや治験など稼げるバイトも選択肢に入ってくるので、いろいろ探してみるのをおすすめします!

▼ちなみに当サイトでもおすすめのバイト・選び方についてまとめていますので、是非合わせてお読みください。

参考:大学生(学生)におすすめアルバイト!楽で高時給の短期バイトから人気沸騰中バイトまで一挙紹介!

リゾートバイト

リゾートバイトはお金を稼ぎつつ旅行できる、おすすめのバイトです!

ひとつ例を挙げると、例えば宮古島のホテルで住み込みで1ヶ月間働く、というイメージ。

働くといっても毎日働くわけではなく休みもあるので、休みの日にはその土地の観光を楽しめるので一石二鳥!

筆者は一時期宮古島に住んでいて、リゾートバイトをしている人らと仲良く遊んでいましたが、とても充実してそうでした^^

休みの日には一緒にシュノーケリングしにいったり、ぷらぷら島巡りしたり…

「お金を稼ぎたい、稼がないといけないけど旅行もしたい!」という方にはおすすめです。

リゾート地や温泉街、スキー場など、働く場所はさまざまありますよ!

インターンシップ

インターンと聞くと「就活生が長期休みに行うもの」というイメージがあるかもしれませんが、大学1年生や大学2年生、さらに就活が終わった大学4年生も参加できるインターンもたくさんあります。

自分が働いてみたいな~と思っていたり、興味があるような業界の会社でインターンをしてみることで、より自分の進路を間違えることなくイメージ通りにできるようになるので、おすすめです^^

また実際に社会に出て挑戦し、実績を作ることもできるので、就活に有利になるのは確実です!

やはり即戦力は会社にとってとてもありがたいですからね。

副業

おすすめバイトであるクラウドソーシング

2018年から副業解禁になったこともあり、今では社会人で副業をしている人は増えています。

実際にランサーズのフリーランス実態調査では以下のような記述があります。

副業・兼業を含む業務委託で仕事をする広義のフリーランスの経済規模が初の推計20兆円を超え、人口の17%を占める

引用:フリーランスの経済規模が初の20兆円超え、副業経済は8兆円規模へ!報酬は昨年対比112%、業務委託ベースのパラレルワーカーが増加

それに比例して学生のうちから少しでも稼げるようになっておこうと、副業やビジネスを始める学生も増えていることでしょう。

そういう考えがあるなら、長期休みを利用して色々な手段を模索してみたり、実際に取り組んでみるのはかなり良い選択肢と言えます!

ちなみにひところに副業といっても色々あり、中には詐欺まがいな勧誘があったりするので注意してください。

まとめ

以上、学生(大学生)が長期休暇にやるべきこと・できること・かかるお金リストでした!

長期休みは学生の特権。

ぜひ有効活用して、有意義に過ごしてください^^

「この記事、参考になった!」と思っていただけましたか?

▼ぜひブクマ・シェアお願いします!

周りの方・ご友人が悩んでいる時にもぜひ教えてあげてください。m(_ _)m

運営者プロフィール

学生クレカ管理人

学生クレカ管理人

自分が大学生・未成年時代のお金・クレジットカードの失敗経験をもとに、同じ失敗をする人・クレジットカードについて悩む人を一人でも減らしたいという気持ちで当サイトを5年以上運営している。

 

100枚以上のクレジットカードを比較検討し、累計14枚のカードを所有してきた(大学生の頃は6枚所有)。マイルを累計20万以上保有。航空券をほぼ無料にし、ふらっと旅行に出かけるのが趣味。Amazonでのお買い物も累計30万円分以上、ほぼポイントで済ませている。

 

カード会社幹部や広報部ともつながりがあり、常に知識をアップデートしている。

 

これからも、少しでもわかりやすい記事を届けられるように努力していきます!

 

▼注目コンテンツ!

▼LINEでの相談も、気軽にどうぞ!

かんたん検索でクレジットカードを選ぶ!自分にピッタリなカードが「ズバッと」見つかる人気ランキングからクレジットカードを選ぶ!

自分にピッタリのクレジットカードの選び方がわからない方は、基礎知識・おすすめカードの選び方が一気に学べるトップページをぜひ見てください。→ https://学生クレジットカード.com

失敗しないクレカ選びのポイント!

creca_footer_link