学生でクレジットカードの審査落ち…通らないのは何が原因?審査甘いカードはある?

学生でクレジットカードの審査落ち。原因と対策を徹底解説

クレジットカードを発行するには「審査」に通過しなければいけませんが、審査と聞くと「何を調べられるんだろう…」と少し不安になりますよね。

当記事では、クレジットカードの審査について徹底的にまとめています!

 

  • クレジットカード審査の流れ・仕組み
  • 審査落ちしてしまう原因と対策
  • 審査に通過しやすくなるコツ
  • 審査申込み基準の低いクレジットカード
  • その他クレジットカードの審査に関するFAQ

以下の目次を活用して自分の気になる部分から読んでみてください!

この記事のもくじ

タイプ別|オススメのクレジットカード

クレジットカードの審査が不安な方のタイプ別オススメのクレジットカード

まずは、タイプ別に分けてクレジットカードを紹介します。

この記事を読んでいる方は、少なからず審査に不安を抱いていることと思います。

なので、以下の3つのパターンに分け、いくつかカードをご紹介します。

学生(未成年含む)ではじめてのクレジットカードに申込む場合

学生ではじめてクレジットカードを申込む場合、それほど審査に対して不安になる必要はありません。

もしも、学生が1枚目のクレジットカード審査に落ちてしまうとしたら原因はほぼ2つに限定されます。

  • スマホの分割払いを延滞したことがある
  • 申込書類の不備(申込条件に当てはまらない場合も含む)

携帯電話料金の延滞に注意!

盲点なのが、スマホの分割払いです。

端末が高額になったこともあり、各社が抱き合わせプランをスタート。携帯電話料金に含めて分割払いが請求されるケースが非常に増えています。

多くの方が、端末を分割払いで購入しているのですが、この事実は普段生活しているとあまり気にしないことだったりします。ここに罠があったとは…。

要注意!

学生で1枚目のカードに審査落ちする方の多くが、スマートフォンの端末料金の分割払いを延滞しています…。

心当たりがなければ、特に心配せずに申込んでみてください!

不要なキャッシング枠はつけないのが◎

審査に通りやすくなる(無駄に審査落ちしない)コツとして、キャッシング枠は0円、ショッピング枠は10万円までで申込むことです(選べないカードもあるので注意)

学生が1枚目に持つカードとしては「三井住友VISAデビュープラスカード」がオススメです。

三井住友VISAカードは、三井住友カード株式会社が提供するクレジットカードであり、なんと日本で初めてVISAと提携した名実ともに老舗のクレジットカード会社が発行しています。

三井住友VISAデビュープラスカードははじめてクレジットカードを持つ方などに向けて発行しており、学生でも安心して利用することができます

当サイトでも、長い期間人気No.1のカードです。

三井住友VISAデビュープラスカード

超有名なブランド力・セキュリティに安心感があります。さらに入会3ヶ月は還元率2.5%・通常でも還元率1.0%・コンビニ大手(セブン・ファミマ・ローソン)+マクドナルドでの利用は、ポイント還元率がさらに2.0%アップと普段使いで超お得なカード。はじめてのクレカとしての使いやすさで大人気です。

三井住友VISAデビュープラスカード
入会特典キャッシュレスプラン:新規入会&Vpassアプリログインで もれなくご利用金額の20% 最大12,000円プレゼント
年会費(初年度) 無料
年会費(2年目~) 条件付き無料
ポイント還元率(通常) 1.0%
ポイント還元率(最大) 2.5%
発行スピード(最短)~3営業日

2枚目以降でクレジットカードの審査が不安な場合

1枚目はすでに発行しており、2枚目以降を申込みたい場合も、基本的には審査の心配はありません。

学生でも社会人でも、複数枚のクレジットカードを持つことは可能です。

しかし、もしも1枚目のクレジットカードで滞納した履歴があったり、キャッシング歴がある場合には借入を綺麗に完済してからキャッシング枠0円でカード申込したほうが審査担当の印象はいいはずです。

また、即日発行に対応しているカードは申込基準・ハードルが低いと想定されます。審査に不安がある場合にはオススメです。

※スマホの方は、左右にスクロールしてご覧いただけます。

クレジットカード発行スピード店舗数営業時間休業日
ACマスターカード即日発行カードのACマスター最短30分審査1,0428-22時年中無休
(年末年始を除く)
セゾンカード即日発行カードのセゾンインターナショナル最短即日発行6510-21時不定休
エポスカード即日発行カードのエポスカード最短即日発行5010-20時不定休
JCBカード(OS)即日発行カードのJCBカード最短翌日到着郵送午前-21時年中無休
即日発行が可能なオススメのクレジットカードまとめ!お急ぎの学生にも嬉しい、申込から店頭発行までの解説も。

 

ちなみに即日発行だからといって、カードのスペックが低いということはありませんよ!

たとえば、エポスカードは「海外旅行保険」や「優待サービス」といった魅力的なスペックから人気カードであり、学生・若い社会人の方でも所有率がTOP5位以内に入ってきそうな有名なカードです。

店頭での謝絶率(審査の上発行をお断りする確率)も2018年時点で8%と、業界平均の24%と比較してかなり低い数字です。

Web申込、店頭で最速発行が期待できるカードとしてはACマスターカードも有名です。

また、もしも、どうしても自分の信用情報が気になるようであれば、CICで開示するのもオススメです。

借入歴や滞納歴、現在の契約状況はすべてCICに掲載されているので、自分の信用情報がどうなっているか事細かに把握することができます。

>>CICで信用情報の開示する方法を見る

スマホやクレジットカード滞納履歴あり、ブラック状態が疑われる場合

今までに、クレジットカード料金やスマホの分割払いなどで延滞・残高を払わずに踏み倒しをしている場合は要注意。

CICでも「異動」の情報が載っているとクレジットカードやローンの審査は厳しく、基本的には信用情報機関での記録が消えるまでの期間は審査に通らないのが現実です。

自分の信用情報から異動情報が消えるのは、完済か契約終了・債務整理を経て5年間はかかります。その間は審査無しで持つことができるプリペイドカードやデビットカードなどでどうにかするしかありません。

プリペイドカードが助け舟!

クレジットカードが作れない状況に陥った場合、近い手段としてすぐに発行できるプリペイドカードは便利です。今後も利用者が伸びていきそうです。

本当にクレカ・お金の状況が厳しい場合は…

急ぎでお金やクレカが必要な場合、「キャッシングの無金利キャンペーン」・「ACマスターカード」で助けられた、という人も多いのでぜひご検討ください。※20歳以上限定、未成年の方は申し込めません。

もし、緊急でお金が必要なら・・・

大手銀行のグループ会社がやっているキャッシング、プロミスの「初回30日間無利息サービス」を使うことも考えてみましょう!


※1:30日間無利息サービスを利用するには、メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。無利息サービス終了後のキャッシングは金利がかかります。くれぐれもご利用は計画的に。

クレジットカードの審査について

クレジットカードの審査について

さて、ここから本題に入っていきます。

クレジットカードとは切っても切り離せない「審査」について、詳しく解説していきます。

ショッピングなどの支払いでクレジットカードを利用するとき、その場でお金が支払われず、のちのち口座からの引き落とされる「後払い」がクレジットカードの肝な仕組み。

なので、カード会社は「会員さんがちゃんと支払いができるかどうか」という審査を行います。

クレジットカードの審査方法・仕組み

クレジットカードを発行するときの流れは以下の通りです。

 

  1. 申込審査

  2. そもそもの申込基準に合致しているか審査(書類に不備があるとここで保留となり時間がかかる)

  3. 信用審査

  4. CICなど個人信用情報機関に記録されている過去の契約・支払い状況を参照し、支払い履歴などを審査(ほぼ減点、足切り方式)

  5. 割賦審査

  6. 割賦販売法と申請された希望利用枠等に基づき、簡易審査でも発行が可能か、詳細審査が必要か、いくらまでなら利用可能枠を与えられるかを審査 ※キャッシング枠の希望がある場合は貸金業法に基づく審査も追加

  7. カード会社審査

  8. カード会社独自のデータや審査に基づき、最終の発行可否を決める(ほぼ加点方式、発行できる論理はないか探る)

※カード会社により基準や順序は異なる可能性があります。上記はあくまで、クレジットカード会社の審査部経験者へのインタビューを元にした編集部推測です。

現在、多くのカード会社で工程の仕組み・自動化、自動審査の導入が進んでいます。申込属性ある程度自動でスコアリングされ、クレジットカードの発行可否が決まります。

上記のすべての審査に通ってはじめて、クレジットカードが発行されるわけです。

初耳の用語・単語も多いと思いますが、読み進めていく上でわかってくると思います。

ここでは「こんな感じで審査があるのか」と思ってもらえたらOKです^^ 完璧に理解する必要はありません。

クレジットカード審査の過程で「在籍確認」「本人確認」がある場合も!

申込みが完了し、審査完了するまでの過程に「在籍確認」「本人確認」が行われることがあります。

具体的には

 

  • 自宅への本人確認(自宅or自分の電話番号に)
  • 職場への在籍確認(勤務先を書いている場合)

の2つがあります。

まず「自宅への本人確認」というのは申込時に提出した「住所」や「電話番号」などの情報が正しいかどうかを確認するために行われます。

電話での確認が実施されるかどうかはカード会社によります。電話がかかってこないことも少なくありません。

申込書に不備・要確認事項があった場合には電話がかかってきますので、クレジットカード申込後に知らない番号から電話があった際は電話に出る・番号を確認して掛け直すことをオススメします。

次に「職場の在籍確認」というのは申込時に提出した「職場」に関する情報が正しいかどうかを確認するために行われます。

どちらの在籍確認も「こちら○○と申しますが、○○さんはおられますでしょうか?」と聞かれます。

それに対して「私が○○です。」と答えれば終わりです。

職場の在籍確認は本人が電話に出られなくても「在籍」していることが確認できると、その時点で終わります。

注意!

カード申込後、カード会社からの電話に対応できるようにしておきましょう!

参考:クレジットカード申込時に電話で在籍確認はされる?実家に行く?バイト先に行く?在籍確認対策についてのまとめ

クレジットカード申込時の在籍確認に関しても、私は電話がかかって来ないケースの方が多いように感じます。

カード会社が、在籍確認を行う必要がないと判断できるケースでは在籍確認無しで審査に通過することも少なくないようなんですね。

また、学生のクレジットカード申込時に考えられそうな「学校への在籍確認」も現実的に考えて難しい(4月に学生全員が一斉にカードを申し込んだとして、一気にカード会社から電話をかけたら大変なことになる)ため、基本的にはされないと思っていいでしょう。

クレジットカードによって審査基準が異なる

ところで「審査が甘い・審査に通りやすいカードがある」なんて噂を見聞きしたことがありませんか?

クレジットカードによって審査基準が異なるため、信用情報や属性(職業・収入)などが全く同じ状況でも、発行できるカードとできないカードは当然あります。

極端な話ですが、ゴールドカード・プラチナカードとなってくると審査基準がかなり高く、限られた人しか保有することができません。

※学生や無職の場合、そもそもほとんどのゴールドカードにおける申込基準を満たすことができません。

クレジットカードの審査申込基準が低いカードの種類がある?

クレジットカードは、発行元がいくつかあります。カード発行会社の業種系列にそって、●●系と呼んだりします。

イメージはこんな感じ。

 

Web上の記事では、銀行系カードは審査が厳しい・流通系や消費者金融系のカードは審査のハードルが低いのでは?などと語られているようですが、筆者はこれを鵜呑みにするべきではないと言いたいです。

なぜなら、審査の合否はあくまで「申込む人の属性状況・カード会社の審査基準による」としか言えないからです。

また、各カード発行会社から複数のグレード、異なるターゲットに向けたカードがいくつもリリースされているのも事実。

学生向けカードもあれば、社会人向けのカード、エグゼクティブ向けのカードだってある会社は多いのです。同じカード会社から発行されていたとしても、各カードの申込基準・審査基準が同じはずがないのです。

このように、発行会社ごとに審査が厳しい・甘いを判断するのは理にかなっていないため、あまりオススメしません。

クレジットカードの「申込基準」「申込資格」が、公開された基準として比較に使える

では、何でなら判断できそうか?というと、公開されているもので「申込資格」「申込基準」といったものがあります。

明確に提示されている基準なので、信頼に値します。

具体的には、クレジットカードの申込画面で「申込資格」といった欄で

 

  • 年齢制限がない(18歳以上ならOK)
  • 収入基準がない(安定した収入を求めない)
  • 「学生向け」「学生専用」と明示してある

このようなカードは審査の申込基準が低い=ハードルが低く、申込しやすい!と考えていいでしょう。

もしも審査が不安な場合は、一般的に申込ハードルが低いと言われるクレジットカードを選んでみてください^^

▼申込ハードルが低いカードをまとめた記事も用意しています!

審査申請基準が甘いクレジットカードって何?申込条件がゆるい・審査が独自で通りやすい・柔軟なクレカの理由と、実際に学生がすぐ作れるカードまとめ

クレジットカード審査で重要な要素である「4C」視点を知っておこう

カード会社ごとに審査通過にかかる日数や基準は異なりますが、主に下記の4つの視点で、申込者の与信を見極めています。

 

  • Character(人格)
  • Capacity(支払い能力)
  • Capital(資産)
  • Control(自己管理)

ざっくりマンガでも見てみましょう。

クレジットカードの審査と4C

もともと学生のクレジットカード発行は限度額も低く設定されるため、収入の低い学生であっても審査に通ることが多いのです。

経済産業省が定める割賦販売法でも「限度額が30万円以下のクレジットカードを発行する場合は、過剰な債務や延滞等を確認する程度の簡易な審査で発行可能」とされています。

そのため、4C基準が適用されるのは社会人が中心になってきますが、将来のために軽く学んでおくといいでしょう。

ひとつひとつ見ていきます。

CharacterとControl:人格・自己管理・返済意思・責任感

返済意思や責任感を見ます。

当然、過去に支払い能力がありながらでも延滞を繰り返した人は信用スコアが下がります。

実際にいくら高い給料をもらっていても、どんな資産を持っていても、返済の意思がないと判断され次のクレジットカード発行が難しくなるでしょう。

具体的には、CIC・JICC・全銀協といった「個人信用情報機関」に蓄積された過去の契約・支払い履歴を見て判断されます。

注意!

延滞は厳禁!

Capacity:支払い能力・フローのお金・安定性

月々や毎年の安定した支払い能力です。

将来の年収を正確に把握することは困難です。

また、クレジットカードの申込時に申告する年収はあくまで「自己申告」の金額。現在の勤務先や本人の収入が安定と値するかを調べられます。

その調査方法としては申込み時に申告してもらった勤務先の情報を、TDB(帝国データバンク)と呼ばれる企業の信用力を調査する会社が提供するデータベースに問い合わせます。

データベース上に企業名・住所・電話番号が該当する企業があれば、実在する会社と判断されます。

また、企業の業績データも含まれているので、業績が良い会社に勤めている場合は、審査が通るのはもちろん、限度額も大きな金額が与えられるケースがあります。

余談ですが:新卒で大手企業に入社し、その後ベンチャー企業に転職する前や、独立起業する前には「大手勤務の信用力があるうちにクレジットカードを作っておけ」などと言われるのはこのため。

さらにその前の学生のうちに作っておくことをオススメします。

社会人の場合は「勤続年数」も見られています。

勤続年数が短い人は、何度も転職している可能性がある=収入が不安定 と判断されることも。

一方で、同じ会社に一定以上勤務していると安定度が高いと判定されるようです。

ポイント!

勤続年数が長いことはメリットに!長く勤めた会社を辞める前には、作りたいカードを作っておきましょう。

Capital:資産・ストックのお金

現預金額や、有価証券(株式など)、不動産(持ち家・アパートマンション)の保有状況を見られます。

ただしこちらもあくまで自己申告額なので、いくらこの評価が高くても人格や自己管理が甘いとクレジットカードの審査に通過できません。

※スマートフォンの分割払いなどでも適用される割賦販売法では、預貯金が反映されます。

未成年(20歳未満)の場合は、同意した親権者(両親)も審査される可能性があるって本当?

クレジットカードを申込むとき、申込者が未成年の場合は親権者の同意が必要です。

このとき、親も審査されているのでしょうか?

実は、特殊なケースでない限り、親が審査されることはほぼないと思っていいのです。基本的に学生・子供本人が審査されています。

クレジットカード会社が「親の年収」などを正確に把握することは困難であり、審査が難しいという理由・そもそも学生には限度額を10万円などと制限すればリスク管理ができるという理由から、わざわざ親を審査しないのです。

※反社会的勢力のリスクに関する調査での懸念・同じカード会社で異動情報・債務整理の情報が残ってしまっている場合など特殊なケースにおいて、子が審査に落ちることもあるかもしれません…

親権者が原因でクレジットカードの審査に落ちることは可能性としてほぼないですが「未成年の申込で親の同意がない」という場合は100%審査に落ちます

これは法律で決まっている内容です。

カード会社から親に電話がいった場合、親が「私は同意していません」などと答えてしまった場合も100%審査に落ちます。

注意!

未成年の方は、必ず親にきちんと話して、親の同意欄(同意書)にサインをしてもらいましょう!

クレジットカードの審査に落ちしてしまう原因・理由

クレジットカードの審査に落ちしてしまう原因・理由

クレジットカードには審査があり、場合によっては審査落ちをしてしまうこともあります。

審査落ちの大きな原因は以下の3つが考えられます

 

  • クレヒスに事故情報が載っている
  • 頻繁にクレジットカードの申込をしている
  • 申込みブラックになっている
注目!

まずは、とても重要な予備知識として、「クレヒス」を簡単に学びましょう。

予備知識|クレジットヒストリー(信用情報)について

クレジットカードの審査について知っていく上で、クレジットヒストリー(信用情報)の知識は必要不可欠なので先に説明します。

クレジットヒストリー(以下、クレヒス )とは、国内の金融機関で審査を行う際に参照している情報のことです。

日本語に直訳すると「信用の歴史」となりますが、具体的には

 

  • CIC(指定信用情報機関)
  • JICC(日本信用情報機構)
  • KSC(全国銀行個人信用情報センター)

という国内に3社ある信用情報機関に登録されている情報のことを指しています。

ここには、その人が過去にどんなローンやクレジットカードを持っていて、借りている金額や残っている金額、過去や現段階の返済状況がどのようになっているかが記録されています。

信用情報機関名おもに保有する情報
CICクレジットカード会社
消費者金融
信販会社
保証会社
リース会社
保険会社
携帯電話会社
JICCクレジットカード会社
消費者金融
信販会社
保証会社
リース会社
銀行
KSC日本学生支援機構
銀行(住宅ローン・カードローン)
信託銀行
信用金庫
農業協同組合
信用組合
注意!

一般的に、クレヒスが悪いとクレジットカードの申込みやローンの審査に通ることは難しくなっていきます。

▼クレヒスについて詳しくは下記の記事も参考に!

クレジットカードのクレヒス(クレジットヒストリー)の恐怖!ブラック・スーパーホワイトって何?どうやって回避する?

クレヒスが確認できる個人信用情報機関・情報の記録期間

クレジットカードやローン、キャッシング、スマートフォンなど携帯電話端末を分割で買う時は、申込時と契約成立後に、個人信用情報機関に情報が登録されます。

各クレジット会社や携帯電話会社は、そのお客さんが支払ったか支払っていないかという情報を個人信用情報機関に毎月ないしは都度登録していきます。

また、それだけではなく、自己破産や任意整理・個人再生などといった債務整理を行った場合にも、その旨がクレヒスに金融事故情報として登録されます。

▼信用情報機関ごとの、記載情報と記録される年数をまとめています。

※スマホの方は左右にスクロール可能です

記載情報CICJICCKSC
延滞情報5年5年5年
債務整理5年5年5年
※官報情報は10年
申込情報6ヶ月6ヶ月6ヶ月
本人申告情報5年5年5年
各機関とも、加盟会員が異なるだけで似たような情報を、ほぼ同じ期間で管理しています。細かい情報や加盟する金融機関情報については各信用情報機関の公式サイトでご確認ください。

注意!

金融事故情報は、5年間残って、その間不利になってしまう…!ということを胸に刻みましょう。

ちなみに以下のようなものは、クレジットヒストリーに掲載されません。

 

  • デビットカード
  • プリペイドカード
  • 電子マネー
  • 家族カード(本会員ではなく子や配偶者として持つ場合)

学生だと「クレジットカード」「スマホの分割払い」「奨学金」「消費者金融」「脱毛のローン」その他の分割払いなどが、クレヒスとして記録される可能性がある要素です。

くれぐれも、支払い遅れ・踏み倒しがないように気をつけてお金の管理をしてください。

審査落ち原因①クレヒス(信用情報)に事故情報が載っている

クレヒス(信用情報)に事故情報が載ってしまう原因としては、以下のことが考えられます。

 

  • スマホ端末の分割払いを延滞
  • クレジットカードの返済を延滞
  • 奨学金の返済を延滞

※わかりやすく、代表的なものを挙げました

ちなみに支払いの遅延・延滞があるとどうなるのか?については「クレジットカードの支払い遅延・延滞は絶対NG!」にまとめています。

スマホ端末の分割払いを延滞

iPhoneに代表されるスマートフォンなどの携帯端末の分割払い購入は、実は「ローン」に当たります。

口座の残高不足など何しらかの事情で通話料の支払いを滞らせると、通信会社は機器のローンを払ってくれなくなってしまいます。

するとあなたに「ローン返済を延滞している」という悪い記録がつくことになります。

参考:過去の滞納履歴は嫌われる!クレジットカードだけじゃなくスマホ料金の支払い遅延にも注意!確認方法も一緒に解説

クレジットカードの返済を延滞

クレジットカードの返済が遅延すると、請求額の一部だけ入金があった・入金されておらず理由もわからない、などと細かくあなたの信用情報に記載されていきます。

返済されていなかったり、頻繁に返済が遅延していると、カード会社としても信用できずに審査見送り、と言う結果になってしまう可能性があります。

奨学金の返済を延滞

意外な落とし穴なのが、奨学金の延滞です。学生のうちは返済がスタートしていない方がほとんどかと思いますが、卒業後・新社会人になってから要注意なのがこれ。

実際に、最近ではニュースでも奨学金未払い問題が報じられていますが、あまり取り立てが厳しくないせいか、何気なく支払いを滞納している方は多いようです。

奨学金として大きな機関である「学生支援機構」の方針としては、全国銀行個人信用情報センターに情報を登録するのは「3ヶ月以上、奨学金の返済を滞納している人」を条件としてあげています。

注意!

身近な分割払いに要注意!

審査落ち原因②頻繁にクレジットカードの申込をしている

頻繁にカードを申込んでいる=お金に困っている、とカード会社に捉えられてしまう可能性があり、審査落ちの原因になり得ます。

クレジットカードの申込み頻度の目安として1ヶ月に2枚までにしておきましょう。

筆者は1ヶ月に3枚ほど申込んだ経験があり、審査に通過しましたが、安全策をとって2枚までに抑えておくのをオススメします(当時は、頻繁に申込むことが審査に悪影響と知りませんでした

ちなみに、頻繁な申込の上で審査落ちをすると、なおさら審査が不利になっていきます。

それが次の「申込みブラック」状態です。

審査落ち原因③申込みブラックになっている

多重申込みした情報や、申込後審査に落ちた記録は6ヶ月間クレヒスとして残ってしまいます。

クレヒスに残るということはクレジットカードの審査に影響するということです。

一度審査に落ちてしまったら、他のクレジットカードであっても、そのあとの審査に厳しくなってしまいます。

理由はシンプルで「以前申込みで●●カードに落ちてるんだ、何か理由があるのか?うちもやめておこう…」というイメージで、落ちる可能が上がってしまうからです。

※学生がクレジットカードの審査に落ちる主な原因は!?

当サイトには

未成年は親が審査されるって聞きました…

とクレジットカードの審査落ちを心配する学生さんからの相談が多々あります。

しかし、カード会社は申込時の情報から親の正確な情報を取得することは難しく、基本は学生の申込みであっても学生個人を審査します。

もしも初めてのクレジットカード申込みで審査に落ちた場合、申込書類の不備orスマホ分割払いで過去に延滞があったケースがほとんどです。

【PR】審査無しで持てる・しかも最大2万円まで前借りできる → バンドルカード

延滞の記録が消えるのは5年後・・・気をつけて!

前述した、信用機関の記録情報・記録期間でもお伝えしたとおりですが、世間で言われている「ブラック」という状態になると、5年という長い期間、カードやローンの審査が圧倒的に不利(審査に通らない状態)になります。

具体的には、CIC等で確認できる返済状況の項目で「異動」の情報が記載されてしまっている状況がブラック状態。

CICの基準によると、

  • 返済日より61日以上または3ヶ月以上の支払遅延(延滞)があるものまたはあったもの
  • 「返済ができなくなり保証契約における保証履行が行われたもの」
  • 「裁判所が破産を宣告したもの(破産手続開始の決定がされたもの)」

という記載があります。

3ヶ月連続で滞納すると、クレヒス(信用情報)に傷がつくということです。

仮に、もしもスマホを端末代込みで分割払いの契約後、すぐに3ヶ月延滞してしまったとしましょう。

すると、スマホの分割払いを支払い終わるまでの2年間+5年間で、計7年間近くもクレヒス(信用情報)に傷がついた状態になってしまいます。

クレヒス(信用情報)に傷がついた状態になるとクレジットカードの申込みで困るだけに収まりません。

車のローンに通らなかったり、緊急でお金を借りたいときにも、借りられる可能性がグッと低くなります。

もしも今までスマホの支払いを遅延することなくきちんとしている場合は、引き続き遅延することなく支払いましょう!

もし延滞・異動情報が記載されており残債がある場合、契約が完了していない場合は一度まとまったお金を用意して整理することをオススメします。そして5年耐えましょう。

【PR】ブラック状態でも審査無しで持てる・しかも最大2万円まで前借りできる!? →バンドルカード

クレジットカードの審査に通りやすくなるコツ

クレジットカードの審査が通りやすくなるコツ

クレジットカードの申込みのとき、年収や他社借入の合計額などは自己申告です。

特定の条件を除いて収入証明書類の提出がなかったりと詳しくチェックされない場合もあるため、虚偽申告などできてしまいますが… 絶対にやめましょう。

※他社借入額は審査の流れにおける信用情報機関(クレヒス)への照会で確実にバレます。

そのような反則的な方法ではなく、クレジットカードの審査に通りやすくなるコツがあるので紹介します。

「審査に落ちる確率を少しでも下げるための工夫」という意味合いでご覧ください。

 

  1. 虚偽申告をしない
  2. キャッシング枠をつけない(0円にする)
  3. 一度に何枚ものカードを申込まない
  4. 借入がある場合はできる限り減らす
  5. 直近2年間で使ってないカードがあったら解約しておく
  6. 埋められる項目はすべて埋める

虚偽申告をしない

当たり前のことですが、虚偽申告をしないようにしましょう。

キャッシングなど借入があるのに「なし」と答えたとしても、信用情報照会の段階で確実にバレます。

虚偽申告をする人は信用するのは危険と判断されて、審査に影響してしまうかもしれません。

意図せず「虚偽申告」していることにならないように、不安な記入項目があったら、以下の記事で確認してみてください。

参考:学生がクレジットカードを申込むときに迷う記述欄!現住所・預金額・持ち家など書くべき情報・記載例まとめ。ウソは厳禁です

キャッシング枠をつけない(0円にする)

クレジットカードには、ショッピング枠・お金を借りる枠としての「キャッシング枠」があります。

キャッシング枠をつけるとコンビニATMでサクッと手軽にお金を借りることができるのですが、審査通過のハードルは上がります。

貸金業法による審査が加わるためです。審査の工程が追加されてしまうわけです。

クレジットカードでのキャッシング枠取引は、貸金業法により借入は年収の3分の1までに規制されています。すでに他社の貸金業者からの借入で年収の1/3に到達していると判断される場合等は借入ができません。

※クレジットカードのショッピング枠取引は貸金業法が適用されません。

参考:学生が即日でお金を借りるならキャッシング!消費者金融カードローン・学生ローンとの比較と注意点まで徹底解説。

短期間で何枚ものカードを申込まない

クレジットカードを短期間で何枚も申込むと、カード会社からしてみれば「この人、お金が緊急で必要なのかな?」と判断されてしまい、審査に落とされてします可能性があります。

クレジットカードの申込み頻度の目安として1ヶ月に2枚までにしておきましょう。

借入がある場合はできる限り減らす・完済してからの申込がベスト

すでにお金を借りている状態の人にクレジットカードを発行することには、利用した分を踏み倒されてしまうリスクが付きまといます。

なので、クレジットカードの審査において、キャッシングを使っていたり、消費者金融からお金を借りていて借入が大きい場合には、カードを発行するのを躊躇します。

もしも借入がある場合には、きちんと返済してからカード発行にチャレンジするのをオススメします。

直近2年間で全く使ってないカードがあったら解約しておく

クレジットカードの会員である限り、基本的に信用機関に契約情報が残り続けます。

クレジットカード会社は、信用機関に「各カードの直近2年間の利用、支払状況」を照会可能です。このとき、「●●カードは持っているだけで2年間全く使っていない」といった情報までわかってしまいます。

審査の中で「未利用」「正当な解約・契約満了」が大きなデメリットになるとは考えにくいですが… 全く使っていないカードを何枚も持っている人より、3枚前後のカードをしっかり使って延滞もない、という人の方が印象は良いはずです。

参考:クレジットカードを作りすぎた・特に5枚以上持っている人への整理のススメ。どうやって解約カードを決めて、手続きを進めていくべき?審査・信用への悪影響は?

申込時に埋められる項目はすべて埋める

クレジットカードを発行しても大丈夫かどうか、というチェックは「申込の記入項目」と「信用情報」で行われます。

申込時の記入項目はできる限り埋めるのがオススメです。

たとえば、電話番号の欄で「スマホのみ」でも可能だったりしますが、実家住みで固定電話があるなら入力しておくイメージです。

この場合だと、固定電話がある=定住している家がある=逃げづらい、と判断されて審査落ちの可能性を下げられるかもしれません。

ポイント!

カード会社や審査担当からの印象を考えて、当たり前のことを丁寧にやる。が鉄則です!

クレジットカード審査が不安な方におすすめのクレジットカード

クレジットカード審査が不安な方におすすめのクレジットカード

最後に、クレジットカードの審査を考慮に入れた上での、当サイトで厳選したクレジットカードを紹介します!

 

  • はじめてのクレジットカードをお探し方
  • クレジットカードの審査に不安のある方
  • 即日発行できるクレジットカードをお探しの方

以上3タイプに分けて、それぞれでクレジットカードを紹介しています。

初めてのクレジットカードにオススメな「三井住友VISAデビュープラスカード」

学生が1枚目に持つカードとしては「三井住友VISAデビュープラスカード」がオススメです。

三井住友VISAカードは、三井住友カード株式会社が提供するクレジットカードであり、なんと日本で初めてVISAと提携した名実ともに老舗のクレジットカード会社が発行しています。

三井住友VISAデビュープラスカードははじめてクレジットカードを持つ方などに向けて発行しており、学生でも安心して利用することができます^^

当サイトでも、かなり長い間人気No.1のカードです!

三井住友VISAデビュープラスカード

超有名なブランド力・セキュリティに安心感があります。さらに入会3ヶ月は還元率2.5%・通常でも還元率1.0%・コンビニ大手(セブン・ファミマ・ローソン)+マクドナルドでの利用は、ポイント還元率がさらに2.0%アップと普段使いで超お得なカード。はじめてのクレカとしての使いやすさで大人気です。

三井住友VISAデビュープラスカード
入会特典キャッシュレスプラン:新規入会&Vpassアプリログインで もれなくご利用金額の20% 最大12,000円プレゼント
年会費(初年度) 無料
年会費(2年目~) 条件付き無料
条件:前年1回以上の利用で年会費無料。通常の2年目以降年会費(1,250円+税)
ポイント還元率(通常) 1.0%
ポイント名:ワールドプレゼントポイント
ポイント還元率(最大) 2.5%
条件:入会後3ヵ月間
発行スピード(最短)~3営業日
  • 付帯保険(海外旅行):-
  • 付帯保険(国内旅行):-
  • 付帯保険(盗難保険):あり
  • 付帯保険(ショッピング保険):あり

他実施中キャンペーン:コンビニ(セブン・ファミマ・ローソン)マクドナルドなど対象店舗でポイント5倍、Apple PayのiDでお支払いでさらに5倍、合計10倍!

三井住友VISAデビュープラスカードの詳細は「三井住友VISAデビュープラスカードは、学生から使える、評判◎な高還元率カード。更新やメリット・デメリットも解説!」をご覧ください。

審査に通りやすくなるコツ:申込不備を無くすこと・キャッシング枠は0円にすること・ショッピング枠は10万円までで申込むことです!

▼ちなみに、当サイトの申込数が多い人気カードはこの3枚です。

最新!当サイトで申込の多いクレカ!
【1位】三井住友VISAデビュープラスカード
【2位】JCB CARD W
【3位】ライフカード

審査が不安な人にオススメな「ACマスターカード」

ACマスターカードはテレビやYoutubeで流れるCMでも永作博美さんでおなじみのアコムが発行しているクレジットカードです。

特徴はなんといっても業界一のカード発行の速さであり、全国47都道府県で即日発行に対応しています。しかも土日・祝日もOKというのですから驚きですよね。

インターネットで事前申込みをしておくと、なんと最速30分で審査結果の連絡が入ります。

ACマスターカード

即日発行可能・年会費ずっと無料。これまでクレジットカードを持てなかった人&急ぎでクレカが必要な方はチャレンジしてみましょう。<リボ払い専用カード>

ACマスターカード
入会特典特になし
年会費(初年度) 無料
年会費(2年目~) 無料
ポイント還元率(通常) 0.25%
ポイント還元率(最大) 0.25%
発行スピード(最短)即日
  • 付帯保険(海外旅行):-
  • 付帯保険(国内旅行):-
  • 付帯保険(盗難保険):あり
  • 付帯保険(ショッピング保険):-

ACマスターカードについては「アコムACマスターカードは最短即時審査&発行!カードが急に必要な20歳以上の学生におすすめ。店舗受取・明細郵送なしで親バレも無し。」をご覧ください。

また、当サイトの「審査申請基準が甘いクレジットカードって何?申込条件がゆるい・審査が独自・柔軟なクレカの理由と、実際に学生がすぐ作れるカードまとめ」も参考になります。

即日発行できて店舗受け取り可能な「エポスカード」

エポスカードは「海外旅行保険」や「優待サービス」といった魅力的なスペックから人気カードであり、学生・若い社会人の方でも所有率がTOP5位以内に入ってきそうな有名カードです!

エポスカードは「Web申込み」→「エポスカードセンターで受け取り」なら、最短即日発行できます。

エポスカードでは、店舗でのカード発行をお断りする「謝絶率(≒審査落ちの確率)」がわずか8%

※業界平均24%ということもあり、急ぎでカードが欲しい方・審査が不安な方にとって希望の光となっています

また、エポスカードは優待サービスや特約店が多いこともメリットです。なんと全国10,000以上のお店で優待があります!

さまざまなお店を利用する学生には、エポスカードの優待サービスはとても嬉しい特典です^^

エポスカード

即日発行可能・学生みんな持ってるこのカード。国内10,000店舗以上でさまざまな特典が受けられる、年会費無料のお得なカード!

エポスカード
入会特典最大2,000円分ポイントプレゼント
年会費(初年度) 無料
年会費(2年目~) 無料
ポイント還元率(通常) 0.5%
ポイント名:エポスポイント
ポイント還元率(最大) 2.5%
条件:加盟店での利用
発行スピード(最短)即日
  • 付帯保険(海外旅行):◎(自動付帯)
  • 付帯保険(国内旅行):-
  • 付帯保険(盗難保険):あり
  • 付帯保険(ショッピング保険):-

エポスカードの詳細は「エポスカードはすごいぞ!学生・社会人にオススメ。1万店舗以上で特典・割引あり。海外旅行保険・ETCカードもついて、年会費ずっと無料。最短即日発行もOK!」をご覧ください。

本当にクレカ・お金の状況が厳しい場合は…

急ぎでお金やクレカが必要な場合、「キャッシングの無金利キャンペーン」・「ACマスターカード」で助けられた、という人も多いのでぜひご検討ください。※20歳以上限定、未成年の方は申し込めません。

もし、緊急でお金が必要なら・・・

大手銀行のグループ会社がやっているキャッシング、プロミスの「初回30日間無利息サービス」を使うことも考えてみましょう!


※1:30日間無利息サービスを利用するには、メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。無利息サービス終了後のキャッシングは金利がかかります。くれぐれもご利用は計画的に。

クレジットカードの審査に関するQ&A(よくある質問)

クレジットカードの審査に関するFAQ

ここからは、クレジットカードに関する、よくある質問についてまとめました。

 

  • クレジットカードが届かないのは審査落ち?それとも住所ミス?
  • クレジットカード審査の本人確認の身分証明として使えるものは?
  • 現住所・預金額・持ち家など書くべき情報や記載例を知りたい
  • 学生のクレジットカード申込時「年収」にはいくらと書くべき?仕送り・奨学金・バイトは含めて良い?
  • バイトを掛け持ちしてるときの記入方法は?
  • 審査がないクレジットカードはないんですか?
  • 外国人・留学生が日本でクレジットカードを作る方法を知りたい
  • 信用情報を照会する方法を知りたい

以上の項目について、説明します。

クレジットカードが届かないのは審査落ち?それとも住所ミス?

クレジットカードが届かないときは、まず以下の4点を確認しましょう。

 

  1. 審査に落ちていないか確認する(審査結果のメール確認)
  2. クレジットカードを店頭受け取りにしていないか確認する
  3. クレジットカードの送り先住所を間違えていないか確認する
  4. 書留を家族が受け取ってくれず返送されてないか確認する

意外とあり得るのが「送り先住所のミス」です。

住所を打ち間違えている場合もあれば、地元を離れているのに間違えて実家にしてしまったりする場合もありえます。

クレジットカードの申込み完了時に、クレジットカード会社から送られてくる確認メールをチェックしましょう。

参考:クレジットカードが届かないとき、確認することまとめ。もしかしたら審査落ち?住所ミス?

クレジットカード審査の本人確認の身分証明として使えるものは?

学生専用クレジットカードの中には、学生証の提示を求められるものもありますが、学生証はクレジットカードの本人確認資料としては使用できません。

学生証は学生であることを確認するためであって、本人確認資料として使われるわけではないのです。

一般的な公的証明書としては、以下の3つが挙げられます。

 

  • 運転免許証
  • 健康保険証
  • 旅券(パスポート)

個人番号カード(マイナンバーカード)も本人確認資料として利用できますが、個人番号の「通知カード」は本人確認書類には利用できません。

氏名、住居、生年月日が記載されている住民基本台帳カードは、個人番号カードが交付されていない場合は、有効期限までは有効。

学生の方にはあまり関係ないかもしれませんが、下記の書類も本人確認資料として利用可能です。

 

  • 児童扶養手当証書
  • 母子健康手帳
  • 在留カード
  • 特別永住者証明書

その他、官公庁が発行した書類等で、氏名・住居・生年月日が記載された書類(顔写真のあるもの)も本人確認書類として利用できます。

参考:クレジットカード審査の身分証明として「学生証」は使えない?現住所と本籍が異なる時はどうする?公的書類に関わる噂を徹底検証

クレジットカードの審査基準に学歴は関係あるの?

基本的には学歴による優劣はつけていないとは思いますが、とはいえ、難関大学の大学生がその大学名によって有利になりそうな理由もいくつか考えられます。

しかし、学歴を気にしていても仕方ありません。それよりも、学生という身分をいかしてクレジットカード発行にチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

クレジットカードの申込み時「学生」か「社会人」で明確に審査基準が異なると言われており、学生のうちは比較的クレジットカードを発行できる可能性が高いです(その代わり、限度額が制限されますが…)

参考:クレジットカードの審査基準、学歴・大学名は関係あるのか?

学生のクレジットカード申込時「年収」にはいくらと書くべき?仕送り・奨学金・バイトは含めて良い?

年収の項目はそのまま自分の年収を書きます。

自分に収入がない場合は「0」と入力します。

アルバイトをしていない学生の場合は適当に年収を書きたいところですが、後から「所得証明書」の提出を指示されたら嘘がバレるので収入がないなら「0」と入力しましょう。

基本的に収入が「0」でも学生は審査に合格できる可能性が高いです。

※親からの仕送りや奨学金など、「仕事で稼いでない収入」に関しても年収に含みません。

参考:学生のクレジットカード申込時「年収」にはいくらと書くべき?仕送り・奨学金・バイトは含めて良い?審査に影響は?

バイトを掛け持ちしてるときの記入方法は?

バイトを複数掛け持ちしている場合、記入欄に複数項目やスペースがあるならすべての勤務先を書いてOKです。

もし1行しか項目が書けない場合、給与や勤続年数などをベースにどれか1つを選んで書きましょう。

どれを選べばいいのかわからないなら、今後も長く継続するであろうバイト先を選んでおきましょう。

できれば同時並行している勤務先は全部丁寧に書いておきたいところではあります。

また、このケースにおける年収の書き方は、そのまま「年間の収入」を書けばいいため、すべてのバイト先の給与を合算して書きましょう。

ちなみに単発や日払いバイトの場合は派遣だと思うので「派遣会社」の情報を書きましょう。

参考:学生がクレジットカードの申込の際に記入する勤務先(バイト先)について。バイト無しor掛け持ちの場合・単発や日払いバイト時の記入方法。

審査なしで持てるクレジットカードはありますか?

審査がないクレジットカードはありません。

とはいえ、クレジットカードに近い使い方ができる、審査なしのチャージ型プリペイドカードが存在します。

もしもどうしてもクレジットカードの審査を避けたいけど、キャッシュレスにしたい場合は「デビットカード」や「バンドルカード」や「kyash」などがオススメです。

デビットカードは、利用した直後に銀行口座からお金が引き出されるカードであり、普段の使い方としてはクレジットカードとほぼ同じ。

バンドルカードやKyashは、それぞれプリペイドカードと送金アプリであり、ネットショッピングをはじめ、カフェのようなリアル店舗などでもキャッシュレス支払いに対応していれば、利用可能です。

どちらも事前にチャージした分を利用する流れなので、審査なく発行することができます。

外国人・留学生が日本でクレジットカードを作る方法を知りたい

日本で、外国人や留学生の方がクレジットカードを作るのは難しいイメージがありますが、仕事や留学で長期滞在している方なら、比較的簡単に作ることができます。

基本的に外国人や留学生がクレジットカードを作るときは「在留資格」と「在留期間」がポイントで、中長期滞在者として「銀行口座」や「住まい」などを持っていればクレジットカードの申込みは可能です。

※どっちも持ってない私はどうすればいいの!?という方は、「バンドルカード」という、審査なしで作れるプリペイドカードを代わりに持つことをオススメします。

コンビニで現金からチャージし、クレジットカードのような使い方ができるカードです。

参考:外国人・留学生は日本でクレジットカードを作れない?いや、作れます!おすすめカード・審査なしのプリペイドカードも解説!

クレヒス(信用情報)を照会する方法を知りたい

クレヒス(信用情報)の照会は、スマホから簡単に取り寄せできます。

※有料:1,000円のクレジットカード払い

ちなみに、以下のように事細かに、自分自身の信用情報がどうなっているかわかります!

クレジットカードヒストリー(クレヒス)がみられるCICでの調査結果
参考:CIC – 信用情報開示報告書サンプル

実際にクレヒス(信用情報)の照会する方法は以下の公式サイトを参考にしてみてください^^

参考:インターネット開示(スマートフォンで開示):
https://www.cic.co.jp/mydata/sp/index.html

まとめ

以上、クレジットカードの審査についての徹底解説でした!

クレジットカード審査の要点まとめ
 

  • 1枚目・2枚目のカードの審査を怖がる必要はない
  • クレヒスの積み上げが将来にわたって重要!
  • スマホの端末料金・脱毛ローンなど、身近な分割払いもきちんと払っていくこと
  • カード発行会社よりも、カードごとの申込基準でハードルを判断しよう
  • 申込書類での虚偽報告は絶対NG!
  • 審査が不安・通らなくても、プリペイドカードなどの別手段がある!

クレジットカードの審査は複雑であり、理解するのがなかなか難しいかもしれません。

しかしクレジットカードを保有する上では知っておくべき知識です^^

今後クレジットカードを活用する土台として、クレジットカードの審査の知識は頭に入れておきましょう!

「この記事、参考になった!」と思っていただけましたか?

▼ぜひブクマ・シェアお願いします!

周りの方・ご友人が悩んでいる時にもぜひ教えてあげてください。m(_ _)m

運営者プロフィール

学生クレカ管理人

学生クレカ管理人

自分が大学生・未成年時代のお金・クレジットカードの失敗経験をもとに、同じ失敗をする人・クレジットカードについて悩む人を一人でも減らしたいという気持ちで当サイトを6年以上運営しているクレジットカードの専門家。

 

100枚以上のクレジットカードを比較検討し、累計19枚のカードを所有してきた(大学生の頃は6枚所有)。マイルを累計20万以上保有。航空券をほぼ無料にし、ふらっと旅行に出かけるのが趣味。Amazonでのお買い物も累計30万円分以上、ほぼポイントで済ませている。

 

カード会社幹部や広報部・外部の専門家ともつながりがあり、常に知識をアップデートしている。

 

これからも、少しでもわかりやすい記事を届けられるように努力していきます!

 

▼ブログランキングにも参加しております。当サイトの思想に共感いただける方は、ポチッとおねがいしますm(_ _)m(タップ1回で投票完了します)

 

▼注目コンテンツ!

▼LINEでの相談も、気軽にどうぞ!

かんたん検索でクレジットカードを選ぶ!自分にピッタリなカードが「ズバッと」見つかる人気ランキングからクレジットカードを選ぶ!

自分にピッタリのクレジットカードの選び方がわからない方は、基礎知識・おすすめカードの選び方が一気に学べるトップページをぜひ見てください。→ https://学生クレジットカード.com

失敗しないクレカ選びのポイント!