海外旅行で、外貨両替とクレジットカードの海外キャッシングATMどちらがお得?


外貨両替VS海外キャッシング
海外旅行の際には、クレジットカードを最低でも1枚は持っていきたいもの。

現地で急に現金が必要になった時でも、ATMから現地通貨をすぐに引き出すことができますし、世界各国ではクレジットカード利用の文化が根付いているのでショッピング時にも便利です。普通に支払い手段として使えます。

さて、今回は「海外での現金支払い」に注目していきます。

海外で現金を用意する方法としては外貨両替が基本ではありますが、円から交換する際には意外に高い手数料を取られてしまいますので注意しましょう。

この記事では、外貨両替とクレジットカードの国際キャッシングの比較をしていきます。

この記事の目次

外貨両替は、2つの手数料を負担する必要アリ!

円から外貨への両替は、空港や銀行、金券ショップで行うことが可能です。

この中でもっとも高い手数料を取られてしまうのが空港の外貨両替所での交換です。一番安い金券ショップと比べると1.5倍近い手数料を取られることもありますので注意しましょう。

通貨ペア(円とどの通貨を交換するか)にもよりますが、空港内でも両替所によって手数料のレートが異なります。直前に空港で両替しなければならない場合は、みずほ銀行・三井住友銀行などのメガバンクでの両替はややレートがいいはずなので探してみてくださいね。

FX業者を使ってかなり手数料を節約して外貨両替をする方法もあります。事前の口座開設審査が必要だったり、手続きが煩雑なので全員にオススメできる方法ではありませんが、余裕のある人は調べてみてくださいね。

X・CFD・証券取引・外国為替のことならマネーパートナーズ<公式サイト>
https://www.moneypartners.co.jp/support/deli-con/

外貨両替には実質2種類の手数料が発生する

現金を現地通貨に両替する時には、為替相場と両替手数料(両替相場)の2つの手数料が発生します。

為替相場と交換レート

為替相場というのはその時々の交換レートによって損をしたり得をしたりする可能性があります。

損をしてしまうときに、この損分は手数料として捉える必要があるということですね。一般的には、出国の時には円高(円の価値が相対的に高い)方向に振れているほどたくさんの外貨を得ることができます。

逆に、帰国時に現地通貨から円に交換する際には少しでも円安方向に振れている時に交換したほうがお得です。

両替手数料

また、交換をしてもらった業者に対して支払う手数料も必です。こちらは両替手数料と呼ばれます。

通常は為替相場に+1円といったような形で店頭に「両替相場」が表示されていますが、本来の為替相場とこの両替相場の差額が両替手数料というわけです。

10万円を両替した時の手数料はいくら?

10万円(約1,000ドルということにしておきましょう)を両替した場合に手数料のおおよその金額を知っておきましょう。

1,000ドルを両替した場合の手数料は、銀行で2,500円程度、空港両替所で2,800円程度、チケットショップで2,000円程度が相場です。FXで両替すると手数料は50-100円程度と格安ですが、口座を事前に作っておく必要がありますので旅行前に準備しておく必要があります。

クレジットカードの国際キャッシング

クレジットカードを使うと現地のATMなどで現金を引き出すことが可能です。これを国際キャッシングと呼んでいます。

LINEでも相談受付中!

公式LINE@「学生おかねトーク」で質問・相談してみませんか?

  • クレジットカードに関する相談
  • お金に関する相談

気軽に送ってみくてください!

時間のあるときにお返事します^^

国際キャッシングを行った場合にも手数料が発生します。外貨両替の手数料と比較すると格安ですが、どのぐらいの金額になるかは知っておきましょう。

国際キャッシングATMの手数料相場

国際キャッシングの手数料は100円〜200円程度です。消費税が別途発生します。ただし、キャッシングというのは実質的には借金をするということですから、利息が発生します。

キャッシング利息は年利で15~18%程度ですので、引き出した金額にこの利率をかけ、返済までの日数で割り戻して利息額を計算する必要があります。

国際キャッシングの手数料は、この利息と本来の意味での手数料の合計額ということですね。

10万円引き出した時の手数料はいくら?

たとえば10万円を海外キャッシングで引き出して1ヶ月後に返金したとすると、手数料は以下のとおりです。

(10万円×利率18%÷365日×30日)+(ATM手数料216円)=1,695円

こうしてみると手数料も馬鹿にはできませんね。

手数料の支払いはクレジットカードの翌月引き落としの明細に含まれていることが多いので、実際の金額は請求書を確認するようにしましょう。

海外では、持ち歩く現金はできるだけ少なく!

日本国内では「とにかく現金主義!」というのも問題ありませんが、海外に行くときには注意が必要です。

日本より安全な国というのは世界中どこを探してもなかなかありません。日本にいるときと同じ感覚で現金を持ち歩いていると盗難などのトラブルに遭う可能性が高くなってしまいます。

そうした面からもクレジットカードを1枚持っておくのが適切です。海外ではクレジットカードを受け付けているお店が非常に多いので、現金を出すよりも手軽にショッピングできますよ。

財布には最低限の現金とクレジットカードを1枚入れておくのを出発前から習慣にしておきましょう。

日本で買えるものは、日本で買おう!

海外旅行に行くと「何か記念に買っておこう」とつい財布のひもがゆるんでしまいがちです。

帰ってきてから冷静になってみると「なんでこんなもの買っちゃったんだろう…」と後悔することも。

こうした出費を抑えておけば海外でもっと有意義にお金を使うことができるかもしれませんよ。

海外旅行の際には、日本で買えるものは日本で買うようにして、ムダな出費はしないようにするのが鉄則ですね。

海外で現地通貨を引き出せるクレジットカード

次は、実際にクレジットカードの手数料・金利を確認してみましょう。

ここでは、当サイトが特に海外旅行に一緒に持っていくべきカードとしてオススメしている中でも

  • ライフカード
  • セゾンブルー・アメックス
  • エポスカード

の3券種を見ていきます。

※それぞれ、実質金利と日数を単純計算で手数料+金利の支払い総額を求めているため、実際のカード会社の請求とは若干差異が生じていることがあります。

ライフカード

海外キャッシングのATM手数料

10,000円以下の場合:100円(税別)
10,000円を超える場合:200円(税別)
参考:http://www.lifecard.co.jp/info/141104.html

海外キャッシングの金利

15%
※学生専用カードの場合。キャッシング限度額は10万円。
参考:http://www.lifecard.co.jp/card/service/cash_ins/card_srv.html

1回の借入れで10万円を30日借りた場合の手数料+金利の総額は?

1,433円(税別)

btn_free_regist

※ライフカードは少しだけキャッシング金利が安く、さらに海外での支払い利用では還元率が5%に跳ね上がるカードです。海外保険も自動付帯なので是非旅行前にもっておきたいカードです。

セゾンブルー・アメックス

海外キャッシングのATM手数料

10,000円以下の場合:100円(税別)
10,000円を超える場合:200円(税別)
参考:http://www.saisoncard.co.jp/guide/gu016.html

海外キャッシングの金利

18%
参考:http://www.saisoncard.co.jp/services/sj042-kashitsuke.html

1回の借入れで10万円を30日借りた場合の手数料+金利の総額は?

1,680円(税別)

セゾンブルー btn_free_regist

エポスカード

海外キャッシングのATM手数料

10,000円以下の場合:100円(税別)
10,000円を超える場合:200円(税別)
参考:https://www.eposcard.co.jp/cashing/oversea.html

海外キャッシングの金利

18%
参考:https://www.eposcard.co.jp/cashing/oversea.html

1回の借入れで10万円を30日借りた場合の手数料+金利の総額は?

1,680円(税別)

btn_free_regist

海外に持っていくカードは「保険」と「特典」で選ぼう!

海外旅行に行く前に、持っていると便利なカード4選!

語学留学・海外旅行など、海外に行く機会が何回かある方には、なんといってもライフカードセゾンブルーアメックスがオススメ。

海外で万が一のことがあったときのために、海外旅行保険があるカードを1枚は持っておきましょう。自動付帯(持っているだけで保険適用の条件が発動)&補償金額の大きいカードは理想。旅行に持っていけば、万が一ケガをしてしまった時などにも入院費を補償してくれる可能性が高く、安心です。

セゾンブルー・アメックス

セゾンブルー

  • 学生&年会費無料で持てる唯一のアメックスカード!
  • 海外旅行保険:最大3,000万円補償・自動付帯!
  • 海外旅行からの帰国時、スーツケース1個を無料で自宅まで配送!

btn_free_regist

ライフカード(学生専用)

  • 年会費永年無料カード
  • 海外で支払いに利用した金額の5%キャッシュバック!
  • 海外旅行保険:最大2,000万円補償・自動付帯!

btn_free_regist

JALカードnavi(学生専用)

  • 在学中は年会費無料カード
  • 高還元率、JALマイルがザクザク貯まる!
  • 海外旅行保険:最大2,000万円補償・自動付帯!

btn_free_regist

エポスカード

  • 年会費永年無料カード
  • 海外旅行保険:最大2,000万円補償・自動付帯!
  • 日本全国1万店舗以上で、お得な優待特典!

btn_free_regist

すべて、少なくとも在学中は年会費無料で持てるカードですので余計なコストはかかりません。エポスカード・ライフカードは卒業後も年会費が無料!

まとめ

以上、海外旅行の際の外貨両替とクレジットカードキャッシングの比較をしてみました。

結論的にはクレジットカードの方が安全で便利ですし、手数料も安いということがいえます。

クレジットカードは作るまでに数日から1週間程度は時間がかかりますので、海外旅行出発前に余裕をもって準備しておくといいですよ。


このページを閉じる前に、要チェック!

当サイトで人気のクレジットカードランキング

当サイトで学生さんの申込が多いクレジットカードのランキングです。

初めてのカード・二枚目のカードを悩んでいる方は、この4枚をまずはチェック!

最新!当サイトで申込の多いクレカ!
【1位】三井住友VISAデビュープラス
【2位】セゾンブルー・アメックス
【3位】JCB CARD Wライフカード

自分にピッタリのクレジットカードの選び方がわからない方は、基礎知識・おすすめカードの選び方が一気に学べるトップページをぜひ見てください。→ https://学生クレジットカード.com

LINEでも相談受付中!

公式LINE@「学生おかねトーク」で質問・相談も気軽にどうぞ。

皆さんからの

  • クレカについてのご相談
  • 記事についてのご質問
  • 記事リクエスト
  • クレカの券種レビュー
  • その他雑談
を随時お待ちしています!なんでも気軽にお送りください^^

失敗しないクレカ選びのポイント!

creca_footer_link