外国人・留学生は日本でクレジットカードを作れない?いや、作れます!おすすめカード・審査なしのプリペイドカードについて解説します。

この記事のもくじ

外国人・留学生はクレジットカードを作るのが難しい?

日本で、外国人や留学生の方がクレジットカードを作るのは難しいイメージがありますが、仕事や留学で長期滞在している方なら、比較的簡単に作ることができます。

基本的に外国人や留学生がクレジットカードを作るときは「在留資格」と「在留期間」がポイントになります。

中長期滞在者になると「銀行口座」や「住まい」などを持っていればクレジットカードの申込みは可能です。

「どっちも持ってない私はどうすればいいの!?」

そんな方は、「バンドルカード」という審査なしで作れるプリペイドカードを代わりに持つことをオススメします。

コンビニで現金からチャージし、クレジットカードのような使い方ができるカードです。

【今すぐDL!】バンドルカードは超便利!インストール&1分で使いはじめられます。 バンドルカードは超便利!

記事の後半でも詳しく解説しますよ。

■参考:バンドルカードは10代・学生に大人気!コンビニで現金チャージOK・使い方・支払い方法など徹底解説【200万DL突破・新デザインも】

短期滞在者はクレジットカードを作れない

クレジットカードが作れるのは、中長期以上の滞在予定がある方のみです。

短期滞在者(1ヶ月程度の語学留学など)はクレジットカードを作れません。

なぜ作れない?

2012年7月から「外国人登録制度が廃止」→「在留管理制度がスタート」しました。

この制度では、3ヶ月以下の短期滞在者に対しては「在留カード」が与えられません。

「在留カード」とは日本に中長期的に滞在している外国人が、身分証明書として使うカードです。

【在留カード見本】
在留カード

基本的に、クレジットカードの作成には銀行口座が必要です。

銀行口座の開設には在留カードが必要なため、在留カードを持たない外国人は口座を開設できず、結果としてクレジットカードも作れません。

なぜ身分確認が必要なの?

銀行口座の開設時に身分証明書が必要なのは、マネーロンダリング※を防止するためです。

金融機関やクレジットカード事業者などは、「犯罪収益移転防止法」に基づき本人確認を義務づけられています。

※マネーロンダリング:資金洗浄を意味します。犯罪などによって得られた汚いお金を他人名義の口座などを転々とさせることで、出どころをわからなくさせる手段です。

仕事をしていればクレジットカードの発行は簡単

基本的に日本で働いている外国人の方は「技術」や「技能」など、何かしらの在留資格(就労ビザ)を持っていることと思います。

就労ビザがあり、仕事を持っている方なら、「在留カード」や「住民票」などの書類は簡単に準備できるはずです。

また、クレジットカードの申込条件でよく見かける「安定した収入があるか」という項目も簡単にクリアできます。

(実際に審査に通るかは別として)仕事をしている外国人が、日本のクレジットカードに申し込むことは比較的簡単です。

留学生も学生カードならOK

日本のクレジットカードには「学生専用カード」というものがあります。

これらのカードには「安定した収入があるか(働いているか)」という申込資格はついていません。

実際に、日本人学生に人気の「三井住友カード デビュープラス」の申込資格を見てみましょう。

【入会対象者】

満18歳~25歳までの方(高校生は除く)

※研究生・聴講生・科目履修生・語学学校生・予備学校生・認可校以外の専門学校生の方は、「学生の方」としてはお申し込みになれません。

※未成年の方は親権者の同意が必要です。

引用:三井住友カード デビュープラス

申込資格はたったこれだけです。

収入に関する条件はありません。

アルバイトはしていなくていいの?

留学生は「留学」という在留資格なので、持っているビザは就労ビザではありません。

ただし、留学の在留資格で6月以上(6ヶ月)の在留期間を与えられた場合、資格外活動許可の申請を行うことでアルバイトが可能です。

許可がおりれば、原則として「1週・28時間以内」や「長期休業期間中・1日8時間以内」といった範囲で働くことができます。

上記のような、学生専用クレジットカードの場合、基本的には収入の有無は審査に大きく影響しません。

ただし、もしアルバイト収入がある場合は、申込欄に記入しておくと審査をより有利に進められるでしょう。

外国人がクレジットカードを作るときの必要なもの

書類

カード会社によって外国人がクレジットカードを作る際の必要なものはさまざまですが、どの会社でも共通して「銀行口座」と「住所」は必要です。

 

【日本でクレジットカードを作るときに必要なもの】

  • 銀行口座
  • 住所
  • 携帯電話や固定電話
  • 在留カード
  • 特別永住者証明書

住所はもうすでに決まっているかと思うので、問題は銀行口座ですね。

銀行口座の作成には、前述の通り「身分証明書」が必須です。

使用できる主な身分証明書を確認しておきましょう。

注意!

繰り返しになりますが、銀行口座を作れない短期滞在者はクレジットカードを作ることができません。

在留カード

外国人が日本で身分を証明するためのものとして、もっとも一般的なものが在留カードです。

在留カードには氏名・住所などの基本情報のほか、在留資格や在留期間なども確認できるため、外国人にとって1番使う機会が多い身分証明書でもあると思います。

>>在留カードについては「法務省-入国管理局」のページをご覧ください(全26言語に対応しています)

特別永住者証明書

特別永住者証明書は1991年11月1日に施行された「日本国との平和条約に基づき日本の国籍を離脱した者等の出入国管理に関する特例法」という法律によって認められている在留資格です。

第二次世界大戦が終わったあと、日本の領土であった国々が独立することになり、その際に各国に移住していた日本人は日本国籍を失うことになりました。

そこで、1991年にかつて日本人であった人に在留資格を認める法律を制定するに至り、その対象者に交付されるのが特別永住者証明書です。

特別永住者証明書は取得しようと思って入手できるものではありません。

特別永住者証明書を持っている方は、これを身分証明書として使う機会が多いと思います。

>>在留カードについては「特別永住者証明書とは?(出入国在留管理庁)」のページをご覧ください

クレジットカード取得までの流れ

中長期以上の滞在者はクレジットカードに申し込めるとわかったところで、取得までの流れを見ていきましょう。

 

【クレジットカード取得までの流れ】

  1. 在留カードの入手
  2. 銀行口座の開設
  3. クレジットカード申込

大きくわけてこの3STEPがあり、この順番通りに申し込みなどをしていきましょう。

銀行口座は各社によってさまざま

通帳

クレジットカード代金は銀行口座からの引き落としです。

クレジットカードの申込時には、銀行口座の入力も必要なのでまずは銀行口座を作成しましょう。

注意点①身分証明書には在留カードを使おう

銀行のホームページを見ると、身分証明書としてパスポートもOKしているところがあります。

ただ、在留期間を確認されることがあるので、在留カードをもっていくのが1番いいです。

注意!

在留期間(満了日)までの残存期間が3ヶ月未満の場合、口座開設ができない可能性があります。

注意点②通称(通名)は使えません

銀行口座は通称(通名)ではなく、本名で開設するのが一般的です。

外国人の方であっても、母語の名前での登録になります。

三井住友銀行の場合

三井住友銀行で外国人が口座開設する場合

Q:国籍が外国籍ですが、口座開設できますか?

A:日本国籍でない方も口座開設が可能です。

引用:三井住友銀行-よくあるご質問

みずほ銀行の場合

みずほ銀行で外国人が口座開設する場合

Q:私は外国籍なのですが、口座開設手続について教えてください

A:日本国籍をお持ちでないお客さまも、口座を開設することができます。

法令(※)にもとづき、口座開設時には本人認確認資料(パスポート・在留カードなど)が必要です。

※犯罪による収益の移転防止に関する法律(犯罪収益移転防止法)

引用:みずほ銀行-よくあるご質問

三菱UFJ銀行

三菱UFJ銀行

三菱UFJ銀行のホームページには、外国人の口座開設に関するQ&Aはありませんでした。

ただし、身分証明書として「在留カード」が入っていたため作れるものと推察されます。

外国人留学生にオススメのクレジットカード

外国人留学生にオススメのクレジットカード

銀行口座が開設できれば、クレジットカードに申し込むだけです。

クレジットカードの申込画面や申込書類は基本的にすべて日本語表記です。

社会人の方なら同僚に、留学生の方ならサポートセンターの方などに手伝ってもらうのがオススメです。

申込画面は、外国人が申し込むことを想定して作られていません。

審査のことを考えるとなると、なるべくすべて回答したいので、不明点は事前にカード会社に問い合わせるといいでしょう。

三井住友カード デビュープラス【18~25歳の方に!】

三井住友カード デビュープラス」は、年会費無料でポイント還元率1.0%のカードです。

メガバンクの三井住友銀行系列のカード会社が発行しているので安心して使えますよ。

セキュリティもしっかりしていると評判です。

三井住友カード デビュープラス必要書類

  • 日本の銀行口座(インターネット支払い設定ができる口座・本人名義)
  • 日本国内でのカードが受け取れる住所

※2019年12月に三井住友カードに問い合わせて確認済み

三井住友カード デビュープラスでは、申込に身分証明書が不要です。

これは、すでに銀行口座を開設する時点で、身分証明が行われているから不要だという考えのもと不要になっています。

なお、インターネット申込ができなかった場合(書類での手続きになった場合)には、本人確認書類として在留カードのコピーが必要です。

>>インターネットで支払い設定ができる口座についてはこちら(公式サイト)よりご確認ください

三井住友カード デビュープラス

超有名なブランド力・セキュリティに安心感があります。入会3ヶ月は還元率2.5%・通常でも還元率1.0%と普段使いで超お得なカードです。はじめてのクレカとして使いやすさで大人気です。最短翌営業日のスピード発行!

三井住友カード デビュープラス
入会特典新規入会&Vpassアプリログインで もれなくご利用金額の20% 最大8,000円プレゼント
年会費(初年度) 無料
年会費(2年目~) 条件付き無料
条件:前年1回以上の利用で年会費無料。通常の2年目以降年会費1,250円+税
ポイント還元率(通常) 1.0%
ポイント名:Vポイント
ポイント還元率(最大) 2.5%
条件:入会後3ヵ月間
発行スピード(最短)~3営業日
  • 付帯保険(海外旅行):-
  • 付帯保険(国内旅行):-
  • 付帯保険(盗難保険):あり
  • 付帯保険(ショッピング保険):あり

他実施中キャンペーン:コンビニ(セブン・ファミマ・ローソン)マクドナルドなど対象店舗でいつでもポイント5倍その他、自分が選んだ対象3店で いつでもポイント2倍も!抽選で買い物が無料(上限10万円)になるキャンペーンも実施中。

JCB CARD W【18~39歳の方に!】

JCB CARD W」は、日本唯一の国際ブランドであるJCBが発行しているカードです。

こちらも年会費無料、ポイント還元率1.0%の優秀なカードです。

さらに、学生がよく行くセブン-イレブンやスターバックスなどの優待店ではより多くのポイントがもらえます!

JCB CARD Wの申込に必要な書類

  • 日本の銀行口座(インターネット支払い設定ができる口座・本人名義)
  • 日本国内でのカードが受け取れる住所
  • 日本国内で連絡がとれる電話番号

※2019年12月にJCBに問い合わせて確認済み

JCB CARD Wでも、申込に身分証明書が不要です。

>>インターネットで支払い設定ができる口座についてはこちら(公式サイト)よりご確認ください

JCB CARD W

年会費がずっと無料のカードでは最高クラスの実力。普通に使うだけでもお得+特典も豊富なカードです。キャンペーン盛りだくさんの今こそ、入会のベストタイミングです!

JCB CARD W
入会特典インターネット新規入会限定、キャンペーンを組み合わせると最大11,500円分プレゼント!
年会費(初年度) 無料
年会費(2年目~) 無料
ポイント還元率(通常) 1.0%
ポイント名:Oki Dokiポイント
ポイント還元率(最大) 3.5%
条件:加盟店での利用
発行スピード(最短)~3営業日
  • 付帯保険(海外旅行):○(利用付帯)
  • 付帯保険(国内旅行):-
  • 付帯保険(盗難保険):あり
  • 付帯保険(ショッピング保険):あり

他実施中キャンペーン:新規入会の方限定、Amazon利用でポイント10倍!

審査に落ちるケースは何がダメなの?

外国人がクレジットカード審査に落ちるのは、外国人だからということはなく、日本人と同じような理由が主です。

  • 申込情報の不備
  • 多重申し込み
  • キャッシング枠の希望

このような理由が考えられます。

申込情報は間違いのないように!

クレジットカードの申し込みは氏名や住所などさまざまな情報を記載しますが、ミスのないように気をつけましょう。

たとえば、通名で申し込むと公的書類と氏名が異なるため、本名で申し込むほうがいいですね。

同時に複数のクレジットカードへ申込まないように!

クレジットカードの申込履歴は、個人信用情報機関に情報が6ヶ月のこります。

クレジットカード会社は審査時に、この機関に登録されている情報を確認します。

短期間に大量の申込があると、カード会社は「この人はお金に困っているのかな?」と思い審査に落ちる可能性が高いです。

同時に複数のクレジットカードへ申し込むのではなく、1枚ずつ丁寧に審査結果を待つほうがいいでしょう。

キャッシング枠はつけない!(0円にしておく)

クレジットカードの申込時にキャッシング枠(ATMでお金を借りられる機能)を希望できます。

しかし、学生であるという身分や、在留期間などを考慮するとキャッシング枠は外しておいたほうが、審査には有利です。

同様に、ショッピング枠の限度額も少額希望で申し込む方が、審査に通りやすいですよ。

外国人留学生(とくに残りの滞在が短い場合)には、審査無しのプリペイドカード「バンドルカード」もオススメ

外国人留学生(とくに残りの滞在が短い場合)には、審査無しのプリペイドカード「バンドルカード」もオススメ

クレジットカードの申し込みができない場合や審査に落ちた場合など、プリペイドカードの「バンドルカード」がオススメです。

 

【バンドルカードのメリット】

  • チャージ式のプリペイドカード
  • 審査がない
  • 年齢制限がない
  • 国内外のVISA加盟店で使える
  • ネット専用はアプリ内からの登録ですぐに使える

バンドルカードはVISAが発行するプリペイドカードで、審査も年齢制限もなく誰でも使うことができます。

「ネット専用のバーチャルカード」と「ネットでも街中でも使えるリアルカード」と「リアルカードの上位版」の3種を選ぶことができます。

ネット専用のバーチャルカードならアプリ内から登録を済ませるだけで今すぐ使うことができますよ。

■参考:バンドルカードは10代・学生に大人気!コンビニで現金チャージOK・使い方・支払い方法など徹底解説【200万DL突破・新デザインも】

現金からチャージしてクレジットカードに近い使い方が可能

バンドルカードはVISAブランドなので、国内でも海外でもVISA加盟店で使えます。

  • 月間チャージ額:12万円
  • 1回のチャージ額:3万円
  • 累計チャージ上限額:100万円
  • 残高上限額:10万円

使い方も簡単で、上限の範囲内で好きな金額を指定してチャージするだけ。

チャージ完了後は、クレジットカードの使い方と同じです。

また、リアルプラスのバンドルカードなら「月間チャージ額・200万円」や「1回のチャージ額・10万円」とチャージ額が高いため、カードを良く使う方にオススメですよ。

■参考:ポチっとチャージ(バンドルカード)上限5万円までアプリで前借りできる!初回は5,000円?支払い・延滞・審査NG理由についても解説!

実際に外国人や留学生の会員もいる(本部に確認済み)

実際、バンドルカードに外国人や留学生の会員がいることを本部に確認しています。

在留期間が短いなどの理由でクレジットカードを作れない方は、申し込みを検討してみてはいかがでしょうか。

プリペイドカードとはいえ、キャッシュレス決済を行いたいシーンでバンドルカードが有るのと無いのとでは、大きな差がありますよ。

【コラム】近畿大学は留学生の多い学部で学生証にプリペイドカードを搭載!

日本に来られる外国人留学生にとって気が利くなあ・・・と感動した例を見つけたので紹介させてください。

プリペイドカードつきの学生証を発行している大学がありました!

近畿大学には、プリペイドカード機能が搭載されている学生証があります。

  • チャージ式のVISAプリペイドカード
  • 2,000円につき1ポイントが貯まる
  • 審査なし
  • 年会費なし
  • 学内の食堂や街中のレストランなど、VISA加盟店で使える

VISAのプリペイドカードなので、街中や通販サイトなどさまざまなVISA加盟店で使うことができ、審査も年会費もありません。

クレジットカードのように利用額に応じてポイントを貯められるのも魅力です。

学生証と一緒になっているので、管理をしやすいのも便利ですよね。

外国人留学生の方は、こうしたプリペイドカードを活用するという手もありますよ。

画像の出典

  • 出典:出入国在留管理庁-在留カードとは?
  • 出典:出入国在留管理庁-特別永住者証明書とは?
  • 出典:三井住友VISA-プリペイド機能付き学生証
  • 「この記事、参考になった!」と思っていただけましたか?

    ▼ぜひブクマ・シェアお願いします!

    周りの方・ご友人が悩んでいる時にもぜひ教えてあげてください。m(_ _)m

    運営者プロフィール

    学生クレカ管理人

    学生クレカ管理人

    自分が大学生・未成年時代のお金・クレジットカードの失敗経験をもとに、同じ失敗をする人・クレジットカードについて悩む人をひとりでも減らしたいという気持ちで当サイトを6年以上運営しているクレジットカードの専門家。

     

    130枚以上のクレジットカードを比較検討し、累計22枚のカードを所有してきた(大学生の頃は6枚所有)。マイルを累計30万以上保有。航空券をほぼ無料にし、ふらっと旅行に出かけるのが趣味。Amazonでのお買い物も累計40万円分以上、ほぼポイントで済ませている。

     

    カード会社幹部や広報部・外部の専門家ともつながりがあり、常に知識をアップデートしている。

     

    これからも、少しでもわかりやすい記事を届けられるように努力していきます!

     

    ▼ブログランキングにも参加しております。当サイトの思想に共感いただける方は、ポチッとおねがいしますm(_ _)m(タップ1回で投票完了します)

     

    ▼LINEでの相談も、気軽にどうぞ!

    かんたん検索でクレジットカードを選ぶ!自分にピッタリなカードが「ズバッと」見つかる人気ランキングからクレジットカードを選ぶ!

    自分にピッタリのクレジットカードの選び方がわからない方は、基礎知識・おすすめカードの選び方が一気に学べるトップページをぜひ見てください。→ https://学生クレジットカード.com