学生の卒業旅行に絶対持っていくべき、クレジットカードは◯◯カード!海外旅行と保険の注意点・人気の旅行先についてもまとめました。

卒業旅行、準備は万全ですか!?

「卒業旅行で人気の渡航先ってどこだろう?!」
「海外だとクレカが必携って聞いたけど、どんなカードがオススメ?」

この記事では、海外旅行に必携と言われる「クレジットカード」についてを中心に説明していきます!

とくに「卒業旅行」に焦点を当ててみます。

もしも卒業旅行というわけではなく、海外旅行に必携のクレジットカードについて詳しく知りたい場合には以下の記事がオススメです。

>>クレジットカードは海外旅行(留学)でなぜ必要!?オススメの選び方・保険・失敗しない注意点まとめ!

クレジットカードだけではなく、コラムとして卒業旅行先として人気の国の紹介や、卒業旅行における面白いサービスも紹介します!

この記事のもくじ

お金をたくさん使う!?卒業旅行前に、クレジットカードを見直そう!

もしも卒業旅行で海外に行くなら、ぜひクレジットカードを見直すきっかけにしてみてください。

クレジットカードは海外旅行で大活躍する存在であり、今や必携と言われています。

まずはクレジットカードを見直すべき理由を紹介します。

なぜ旅行前にクレジットカードを見直す必要があるのか?

なぜ、海外旅行にクレジットカードは必携であり、見直す必要があるのか?

その理由は5つあります。

 

  1. 大きな出費を現金や振込でやるのはポイントの観点からしてもったいない
  2. 海外に行くなら海外旅行保険をカードでカバーするべき
  3. マイルを捨てることになってしまうかも
  4. その他、海外旅行時にメリットや特典がある
  5. カードの限度額は足りるか確認が必要

ひとつずつ説明します。

①大きな出費を現金や振込で…というのはポイント還元の観点からしてもったいない

海外旅行となると、総額10~20万円ほどかかることもありますよね。

そんなときにクレジットカードを使わずに現金払いや銀行振込をしてしまうのは、とてももったいないことです。

ほとんどのクレジットカードにはポイント還元というサービスがついており、もしも20万円の支払いをクレジットカード払いにすれば2,000円相当ほどのポイントがもらえるからです。

現金払いや銀行振込だとポイント還元はなく、むしろ銀行振込にすると振込手数料まで取られてしまうので、損してしまうことは明らかです。

②海外に行くなら海外旅行保険をクレジットカード付帯のサービスでカバーするべき

海外に行くなら旅行保険は必須。実はこの「海外旅行保険」、クレジットカードの付帯サービスとしてついていることがあります。

超重要★海外旅行保険として使える

そもそもなぜ保険が必要なのか?

日本だと「国民健康保険」など原則全員が何かしらの保険に強制加入しており、医療費は3割負担で済みます。他にもさまざまな制度があるため世界的に見ても医療費が安い国なんですね。

しかし、海外となると全部自分自身で負担しなければなりません。

自分なら大丈夫だと思っていても、もしものことがあったら大変です。

どのように大変かというと、診療費・入院費が日本の比じゃないほど高いこと。

これは一例ですが

 

  • アメリカでの盲腸手術で入院費込み:
    約240万円
  • アメリカでの骨折で入院費込み:
    約230万円
  • 中国での交通事故で骨折して入院費込み:
    約660万円

などなど、ちょっと信じられないくらい高額です。

信じられますか?この金額を。

海外でのケガ・病気一発で人生が狂う」といっても過言ではないわけです。

学生だと、とても自己負担で払える金額ではありません・・・。

大人でもなかなか厳しい。

もしかすると上記を見ても「たまたま、運が悪かったんでしょう」と思うかもしれませんが、思いの外、事故や病気で高額な治療費を請求されるケースがあります。

2017年度は「29人に1人」がなんらかの事故・病気等に遭われ海外旅行保険を利用しています。

(中略)

当社で2017年度「治療・救援費用」の支払いが300万円以上の高額医療費用事故は68件、そのうち1,000万円を超えた事故は8件となっています。

また、治療・救援費用の保険金支払最高額は、3,588万円となりました。

引用:2017年度海外旅行事故データ

300万円の請求ですら怖いですが…

なんと中には、治療・救援費用に3,588万円もかかった事例もあります・・・。

これを自費でと考えると、恐ろしすぎますよね…。

実際に命は助かったものの、多額の借金を抱えてしまったという事例もあるそうです。

ちなみに筆者はタイで食あたりにより1日だけ入院したことがあるのですが、そのときの請求金額が15万円でした。

腹痛で15万円って泣けてきますよね…。

▼実際に入院した病室

海外で緊急入院

さいわい、クレジットカードの海外旅行保険でカバーできて1円も負担しませんでしたが、もしもそれがなかったらと思うとゾッとします。

ところで、クレジットカードには年会費無料のものでも旅行保険が充実しているカードもあります。

もしも損保ジャパンなどの保険会社の海外旅行保険に加盟する場合は有料ですが、年会費無料&旅行保険が充実したカードを発行すれば、無料で旅行保険に加入できます。

学生だったとしても発行できるカードで、旅行保険が充実したカードはあるので、この記事でも紹介します。

③マイルを捨てることになってしまうかも

海外に行くときは、ほとんどの場合で飛行機を利用すると思います。

飛行機に乗るとマイルを貯めることができますが、ANAならANAカードを、JALならJALカードを持っていることで、+αでマイルをもらうことができます。

マイルのことがよくわからない・・・という場合でも、それぞれの航空会社のカードを保有していれば、飛行機利用時に自動的にマイルが貯まります。

また、普段からカードを利用していることでもマイルは貯まるので、社会人になって支払い額が大きくなれば、毎年国内線の往復分ほどだったら貯まるので旅行好きならANAカードもしくはJALカードは必携です!

④その他、海外旅行時にメリットや特典がある

クレジットカードを持つメリットとして、ポイント還元や旅行保険、マイルだけでも十分魅力的だと感じるかもしれませんが、まだまだメリット・特典はあります。

たとえば、空港ラウンジ特典や海外旅行サポートデスク、外貨引き出し、海外利用時ポイント還元アップなどなど・・・

クレジットカードにはそれぞれ強みがあり、どこを重視するかによって選ぶべきクレジットカードが変わってきます。

この記事内で状況別(ケース別)でオススメのクレジットカードを紹介しているので、ぜひクレジットカード選びの参考にしてください。

⑤カードの限度額は足りるか確認が必要

もしもクレジットカードを持っていて、海外に持って行く予定だったら、カードの限度額は足りるかキチンと確認しましょう!

学生の場合、そもそもカードの限度額が少なめに設定されていますし、もしも普段でも利用していたら利用枠が空いているかも確認しないといけません。

仮に、使った分のカード支払いが「8月末締め・9月27日払い」の場合だと、9月1日〜26日は利用枠が減っている状態なのです。

もしも限度額10万円で8月に3万円使っていたら、9月1日〜26日は7万円しか使えないということです(9月27日になって支払いが完了したら、8月に利用していた3万円分の枠も復活します)。

注意!

海外旅行に行く前には、きちんと限度額を確認し、枠が足らなくなりそうだったら繰上返済(通常の支払日より前に支払うこと)しましょう!

大学卒業後もメリットがあるカードを持てているか?

ところで、今あなたはどのようなクレジットカードを持っていますか?

卒業が迫っているなら、これを機にカードを新たに発行するきっかけにしてもいいかもしれません。

学生であれば、大学が発行するカードや学専用カードなどもありますが、社会人向けカードもアリですよ!

学生だったとしても卒業年であれば社会人向けカードの審査に通り、発行することも可能です(中には発行できないカードもあります)。

もしも内定が出ていてば、一般的にステータスが高いと言われているアメックスカードやゴールドカードの発行ですら可能なこともあります。

参考:内定者の学生・新卒でもゴールドカード・プロパーのアメックスが持てる!?憧れのクレジットカードを手にする方法&新社会人のクレカQ&A

①「海外旅行保険」で有名なエポスカードなどは長く持てるし旅行者必携のサブカード

エポスカードはポイント還元率が0.50%であり、お得に買い物したりするのに向いたカードではありませんが、旅行保険が充実しています。

▼エポスカードの旅行保険内容

  • 傷害死亡・後遺障害:500万円
  • 傷害治療費用:200万円
  • 疾病治療費用:270万円
  • 賠償責任:2,000万円
  • 救援者費用:100万円
  • 携行品損害:20万円

※補償対象は海外旅行であり補償期間は最長90日間です。

旅行保険の中で注目すべき傷害治療費用と疾病治療費用は、それぞれ200万円・270万円と、年会費無料のクレジットカードでダントツであり、また、ゴールドカードに勝らずとも劣らないほど充実しています。

海外旅行保険を重視してカードを選ぶなら、エポスカードで決まりです!

エポスカード

即日発行可能・学生みんな持ってるこのカード。国内10,000店舗以上でさまざまな特典が受けられる、年会費無料のお得なカード!

エポスカード
入会特典最大2,000円分ポイントプレゼント
年会費(初年度) 無料
年会費(2年目~) 無料
ポイント還元率(通常) 0.5%
ポイント還元率(最大) 2.5%
発行スピード(最短)即日

詳しくはこちら:エポスカードはすごいぞ!学生・社会人にオススメ。1万店舗以上で特典・割引あり。海外旅行保険・ETCカードもついて、年会費ずっと無料。最短即日発行もOK!

②すでにJAL派、ANA派ならどちらかのクレジットカードを持って賢くマイルを貯めていく練習を

もしもANAやJALの飛行機に乗る機会がある、もしくは社会人になると増える、という場合には航空会社系クレジットカードを持ってマイルを貯める練習をしましょう。

マイルを貯める練習

ANAの飛行機を利用することが増えそうならANAカード、JALの飛行機を利用することが増えそうならJALカードがオススメです。

ふだんからカードを利用していることでもマイルは貯まるので、社会人になって支払い額が大きくなれば、毎年国内線の往復分ほどだったら貯めることも可能ですよ!

もしも航空会社系クレジットカードを持っていないのであれば、発行しておきましょう。

実際、卒業旅行前にチェックしたいクレジットカードは?【状況別】

さて、ここからはいくつかの状況別(ケース別)でオススメのクレジットカードを紹介します!

旅行保険をカードでカバーしたい場合

年会費無料のクレジットカードで旅行保険がダントツに充実しているのは、エポスカードです。

ちなみに旅行保険を基準にしてクレジットカードを選ぶときには「最高額」を見るのではなく、傷害治療費用と疾病治療費用を見る必要があります。

この2つが、実際に病院で診察したり、治療をするときの費用をまかなってくれるからです。

なのでカードによっては「最高額2,000万円!」とあっても、傷害死亡・後遺障害に対しての補償であり、傷害治療費用と疾病治療費用はゼロで役に立たないこともあり得ます。

※カードの補償は一部合算できるので、2,3枚持っていくと安心です。

エポスカード

エポスカード

即日発行可能・学生みんな持ってるこのカード。国内10,000店舗以上でさまざまな特典が受けられる、年会費無料のお得なカード!

エポスカード
入会特典最大2,000円分ポイントプレゼント
年会費(初年度) 無料
年会費(2年目~) 無料
ポイント還元率(通常) 0.5%
ポイント名:エポスポイント
ポイント還元率(最大) 2.5%
条件:加盟店での利用
発行スピード(最短)即日
  • 付帯保険(海外旅行):◎(自動付帯)
  • 付帯保険(国内旅行):-
  • 付帯保険(盗難保険):あり
  • 付帯保険(ショッピング保険):-

エポスカードはポイント還元率が0.50%であり、お得に買い物したりするのに向いたカードではありませんが、旅行保険が充実しています。

▼エポスカードの旅行保険内容

  • 傷害死亡・後遺障害:500万円
  • 傷害治療費用:200万円
  • 疾病治療費用:270万円
  • 賠償責任:2,000万円
  • 救援者費用:100万円
  • 携行品損害:20万円

※補償対象は海外旅行であり補償期間は最長90日間です。

旅行保険の中で注目すべき傷害治療費用と疾病治療費用は、それぞれ200万円・270万円と、年会費無料のクレジットカードでダントツであり、また、ゴールドカードに勝らずとも劣らないほど充実しています。

海外旅行保険を重視してカードを選ぶなら、エポスカードで決まりです!

詳しくはこちら:エポスカードはすごいぞ!学生・社会人にオススメ。1万店舗以上で特典・割引あり。海外旅行保険・ETCカードもついて、年会費ずっと無料。最短即日発行もOK!

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード【26歳まで年会費無料】

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード

最大3,000万円の海外保険が自動付帯・海外利用で還元率2倍・アメックスが学生でも持てる!26歳まで年会費無料。※来店でのお受け取り(最短即日発行)の場合は、ICチップ機能の無いカードのお渡しとなります。あらかじめご了承ください。

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード
入会特典最大で永久不滅ポイント1,400ポイント(7,000円相当※)をプレゼント
年会費(初年度) 無料
年会費(2年目~) 条件付き無料
条件:26歳になるまでは年会費無料(通常年会費:2年目以降3,240円)
ポイント還元率(通常) 0.5%
ポイント名:永久不滅ポイント
ポイント還元率(最大) 1.0%
条件:海外利用時
発行スピード(最短)即日
  • 付帯保険(海外旅行):◎(自動付帯)
  • 付帯保険(国内旅行):○(利用付帯)
  • 付帯保険(盗難保険):あり
  • 付帯保険(ショッピング保険):あり

他実施中キャンペーン:U25応援キャンペーン(26歳まで年会費無料)

エポスカード以外の選択肢だったら、セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード(以下、セゾンブルーアメックス)が候補に上がってきます。

セゾンブルーアメックスの旅行保険ですが、エポスカード以上の充実度です。

年会費は3,240円ですが、26歳になるまでは年会費無料で持つことができるので、学生ならほとんどの場合で無料でしょう。

▼セゾンブルーアメックスの旅行保険内容

  • 傷害死亡・後遺障害:300万円
  • 傷害治療費用:300万円
  • 疾病治療費用:300万円
  • 賠償責任:3,000万円
  • 救援者費用:200万円
  • 携行品損害:30万円

エポスカード同様、ポイント還元率は0.50%なので普段使いには向いていませんが、海外利用時には1.00%なので旅行先で利用するのはアリです。

エポスカードとセゾンブルーアメックスを持てば、傷害治療費用と疾病治療費用はそれぞれ500万円・570万円までカバーできるので安心です(クレジットカードの旅行保険は一部合算できます)。

26歳をすぎると年会費3,240円が必要なので年会費が発生するタイミングで別カードに切り替えるか、よっぽど気に入ったらそのまま使ってもいいかもしれません。

詳しくはこちら:学生でもアメックスが持てる!セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カードは海外旅行を強力サポート!今なら25歳までは年会費無料!

マイルを貯める場合

学生向けの航空会社系クレジットカードとしては「ANAカード<学生用>」と「JALカードnavi」があります。大まかなスペックはほぼ一緒と言っていいでしょう。

卒業目前であればどちらのカードを選んでもよく、強いていうなら卒業旅行で利用する方であったり、もしくは将来的に利用したい方で選んでOKです。

しかし、もしも卒業まで半年ほどある場合で、とくに強いこだわりがなければ、JALを選ぶのがオススメです。

その理由は、JALだと学生なら航空券と交換するのに必要なマイル数が優遇されるからです(最大60%もオフ!)。

JAL_減額マイルキャンペーン_国内線 JAL_減額マイルキャンペーン_国際線

もしかすると、次の卒業旅行までにマイルを貯めてお得に旅行ができる可能性もゼロではありません。

JALなら片道のみでもマイルで航空券を発券できるので、その点からも可能性としてゼロではないわけです。

ところで、航空系クレジットカードにおいては、一般的に学生が作れるカードはありません。

なので学生のうちは、学生カードを発行しましょう。卒業したら自動更新で社会人カードに切り替えてくれるので、新たに申し込みなどをする必要もなく便利ですよ!

JALカードnavi

JALカードnavi

学生限定で年会費無料・還元率1.0%以上・旅行保険は国内外ともに自動付帯のバランスいいカード。JALに乗るなら絶対持つべき。 

JALカードnavi
入会特典最大1,550マイルプレゼント!
年会費(初年度) 無料
年会費(2年目~) 無料
条件:学生限定
ポイント還元率(通常) 1.0%
ポイント名:JALマイル
ポイント還元率(最大) 2.0%
条件:加盟店での利用
発行スピード(最短)1週間以上
  • 付帯保険(海外旅行):◎(自動付帯)
  • 付帯保険(国内旅行):◎(自動付帯)
  • 付帯保険(盗難保険):あり
  • 付帯保険(ショッピング保険):あり

詳しくはこちら:JALカードnavi★学生専用の年会費無料クレジットカード!JALマイルが貯まる・保険付き。お得すぎる最強クレジットカード!?

ANA JCB カード<学生用>

ANA JCB カード(学生用)

在学中は年会費無料・還元率1.0%と優秀。ANAマイルを貯めてみようかな?という学生にオススメ!旅行保険もついてとても使いやすいカード。 ※公式サイトでANA JCBカード(学生用)を選んでください

ANA JCB カード(学生用)
入会特典ANAマイル1,000ポイント
年会費(初年度) 無料
年会費(2年目~) 無料
条件:学生限定・在学中は年会費無料
ポイント還元率(通常) 0.5%
ポイント名:Oki Dokiポイント
ポイント還元率(最大) 1.0%
発行スピード(最短)1週間以上
  • 付帯保険(海外旅行):◎(自動付帯)
  • 付帯保険(国内旅行):◎(自動付帯)
  • 付帯保険(盗難保険):あり
  • 付帯保険(ショッピング保険):あり

他実施中キャンペーン:毎年カードを継続するとボーナスマイルプレゼント!

詳しくはこちら:ANA JCB カード(学生用)でANAマイルを貯めよう!学生は在学中は年会費無料・入会するだけでマイルがザクザクもらえて国内・海外の旅行保険も強い!

旅行先でお得に買い物などをしたい場合

クレジットカードの中には、海外旅行で利用するとポイント還元率がアップするカードがあります。

中でもライフカードはグッと還元率が上がるので、海外旅行で利用するのにオススメです。

ライフカード(学生専用)

ライフカード(学生専用)

海外でのカード支払い分は5%キャッシュバック!海外旅行保険もついているので、海外行くなら絶対持つべき!?

ライフカード(学生専用)
入会特典カード発行+ショッピング利用で最大12,000円相当のポイントプレゼント
年会費(初年度) 無料
年会費(2年目~) 無料
条件:学生限定
ポイント還元率(通常) 0.5%
ポイント名:LIFE サンクスプレゼント
ポイント還元率(最大) 5.0%
条件:海外利用時(キャッシュバック)
発行スピード(最短)~3営業日
  • 付帯保険(海外旅行):◎(自動付帯)
  • 付帯保険(国内旅行):-
  • 付帯保険(盗難保険):あり
  • 付帯保険(ショッピング保険):あり

他実施中キャンペーン:入会後は1年間ポイント1.5倍・海外利用分は5%・最大50,000円/年のキャッシュバック!

ライフカード(学生専用)が海外旅行先でのショッピングなどにオススメな理由としては、なんとポイント還元が2.5%(100円ごとに2.5円相当のポイント還元)もあるからです!

ポイント還元率が1.0%でもいい部類と言われるので、2.5%は純粋にスゴいです。

また、入会後1年間は常にポイント1.5倍、誕生日月に3倍のポイントが貯まるので、2.5%以上のポイント還元を実現することも可能です。

詳しくはこちら:ライフカード(学生専用)は海外旅行で超お得の5%還元!さらに誕生月はポイント3倍・海外旅行保険もついて年会費無料!?。そして新カードも登場。

【コラム①】学生に人気!?の卒業旅行先とは?

海外ではアメリカ(ニューヨーク・ロサンゼルス・ハワイ)、フランス・イタリア・イギリス・ドイツなどがやはり人気ですね!

ちなみに筆者は、大学生の頃に3ヶ国訪れました。

  • マレーシア(友達と)
  • インド(一人旅)
  • ニュージーランド(友達と)

これらの国を選んだ基準は「社会人になったから行く可能性が低いところ」でした(笑)

とくにインパクトが強かったのは、ベタですがインドです。

20歳のときに訪れたのですが、着いて空港を出た瞬間から砂埃がすごく、まるで雨が降ってる時みたいな光の反射をしていて、旅行の出だしから衝撃を受けたのを今でも覚えています。

それはまだ序章で、街並みや食事、人、野良犬、野良牛(?)のすべてが日本と違いすぎて価値観がおかしくなる日々でした(苦笑)

もちろん、ぼったくりにも詐欺にも合い「最悪だ・・・帰りたい・・・」と思う日々でしたが、今思い返せばどれもいい経験で、間違いなく今の自分があるひとつのきっかけになっています。

インド以外にも、アフリカやアマゾンとか、日本とは全く違う場所に行くと、人生の価値観変わる旅になるかもしれないです!

【コラム②】卒業旅行はH.I.Sが面白いサービスを提供している

卒業旅行を計画するとき、

 

  • 飛行機からホテル、現地での移動まですべて自己手配
  • 飛行機とホテルがセットのツアー
  • 飛行機とホテル、現地での移動や観光までセットのツアー

など選択肢はいろいろありますよね。

ツアー会社といえばH.I.SやJTB、トラベル子、Expediaなどがありますよね。

その中でもH.I.Sが面白いサービスを提供しているので紹介します!

  • おねだりメーカー
  • 出世払い*HISのスカイウォーカーカード

の2つです。

ところで、H.I.Sは海外旅行の格安ツアーに力を入れて拡大した企業。

ツアー会社を利用するなら、ぜひH.I.Sをのぞいてみてください!もしかすると、とてもお得なツアーと出会えるかも?!

HISのスカイウォーカーカード*出世払い

HISはスカイウォーカーカードを使って旅行をする場合、出世払いができるという斬新なサービスを展開しています。

HISのクレジットカードを使った出世払いの流れ

この出世払いをうまく活用すると、お金に余裕がない場合でも「学生旅行」や「卒業旅行」へ行くことが可能となるので、学生にとっては万が一に備えて知っておきたいサービスでもあります!

2017年度・2018年度のサービスはこんな感じでした↓

・支払月までの手数料はH.I.S.が負担!
・お支払いは最大7カ月後でOK!

H.I.S.のクレジットカード「スカイウォーカーカード」に2017年9月8日~2018年3月15日の間にご入会(=カード可決)いただき、かつ2017年10月1日~2018年3月31日までに旅行代金の決済を行ったお客様が対象となります。

引用元:HIS

ところで、出世払いを使うのに必須のスカイウォーカーカードについても少し紹介します。

以下のようなデザイン・スペックです。

学生に出世払い!?HISのスカイウォーカーカード

 

  • 年会費:
    1,000円(初年度無料)
  • 旅行保険:
    海外最高2,000万円、国内最高1,000万円
  • ショッピング保険:
    なし
  • ポイントプログラム:
    暮らスマイル
  • ポイント還元率:
    0.5%(下限値)

とくに重要なのが、やっぱり海外旅行保険です。

重要

海外旅行保険では、最高額ではなく、実際に怪我や病気で病院にて治療・診療してもらう時の補償である「傷害治療費用」と「疾病治療費用」 の項目が重要です。

スカイウォーカーカードは、どちらも200万円までカバーしています。

しかし、ポイント還元率0.5%はお世辞にもいいとは言えないので、ふだん使いには向いていません。

なので、あくまで「出世払い」を利用するためのカードとして考えておくのが良さそうです。

詳しく:旅行会社HISの「出世払い」で卒業旅行!?謎多きクレカ:スカイウォーカーカードと「出世払い」のカラクリ・条件を徹底解明!

おねだりメーカー

おねだりメーカー

出典:おねだりメーカー(公式サイト)

広告研究会の甲子園「Adfes」にて、神戸大学性が考えたサービスです。

旅費を援助してもらいたいけど、言いづらい・・・!というときに、カジュアルにおねだりできるかも?!

5つの質問に答えるだけで、素敵なページが作成されて、それを送るだけでOK!

とは言え「こういうの(おねだりメーカー)があって、やってみたの!」というところから、旅費を援助してもらうきっかけにして、自分の口からもきちんと伝えてみましょう!

【コラム③】海外旅行時の注意点!高額な医療費が発生してしまった事例を知っておこう

海外で怪我や病気になって病院で診療・治療してもらうと、かなり医療費が必要になる可能があります。

あくまで一例ですが

 

  • アメリカでの盲腸手術で入院費込み:
    約240万円
  • アメリカでの骨折で入院費込み:
    約230万円
  • 中国での交通事故で骨折して入院費込み:
    約660万円

などなど・・・

日本であれば国民健康保険や、その他医療制度によってここまで高額にはなりません。しかし、海外だと話が違うというわけです。

また、2017年の海外旅行事故データをご覧ください。

2017年度は「29人に1人」がなんらかの事故・病気等に遭われ海外旅行保険を利用しています。

(中略)

当社で2017年度「治療・救援費用」の支払いが300万円以上の高額医療費用事故は68件、そのうち1,000万円を超えた事故は8件となっています。

また、治療・救援費用の保険金支払最高額は、3,588万円となりました。

引用:2017年度海外旅行事故データ

300万円以上の高額医療費用事故は68件ってかなり多くないでしょうか?

しかも1,000万円ごえも8件あり、最高額はなんと3,588万円です・・・

これを自費で支払うと考えると、恐ろしすぎますよね…。

ちなみに筆者はタイで食あたりにより1日だけ入院したことがあるのですが、そのときの請求金額が15万円でした。

しかも、診療に入る前のめっちゃ辛い段階で「診療・治療で最低15万円はかかる」と言われ、一瞬迷いました・・・

さいわい、クレジットカードの海外旅行保険でカバーできて1円も負担しませんでしたが、もしもカードの補償がなかったらと思うとゾッとします。

なので「自分は大丈夫」とは思わずに、旅行保険には必ず加入しましょう。

クレジットカードを持てば自動で加入できるので、クレジットカードでお得に済ませるのでもいいですし、有料だけどより充実した海外旅行保険に加入するのもいいと思います。

どちらにせよ、旅行保険は絶対に必要です。

海外旅行保険に強い年会費無料クレジットカードは?

海外旅行に強い年会費無料のクレジットカードは、エポスカードとセゾンブルーアメックスです。

▼エポスカードの旅行保険内容

  • 傷害死亡・後遺障害:500万円
  • 傷害治療費用:200万円
  • 疾病治療費用:270万円
  • 賠償責任:2,000万円
  • 救援者費用:100万円
  • 携行品損害:20万円

▼セゾンブルーアメックスの旅行保険内容

  • 傷害死亡・後遺障害:300万円
  • 傷害治療費用:300万円
  • 疾病治療費用:300万円
  • 賠償責任:3,000万円
  • 救援者費用:200万円
  • 携行品損害:30万円

クレジットカードの旅行保険は、一部合算できます。

なのでエポスカードとセゾンブルーアメックスを持てば、傷害治療費用と疾病治療費用はそれぞれ500万円・570万円までカバーできるのでとても安心です。

ポイント!

海外旅行に行くときは、万が一に備えて2枚持っていきましょう!

▼エポスカード

エポスカード

即日発行可能・学生みんな持ってるこのカード。国内10,000店舗以上でさまざまな特典が受けられる、年会費無料のお得なカード!

エポスカード
入会特典最大2,000円分ポイントプレゼント
年会費(初年度) 無料
年会費(2年目~) 無料
ポイント還元率(通常) 0.5%
ポイント名:エポスポイント
ポイント還元率(最大) 2.5%
条件:加盟店での利用
発行スピード(最短)即日
  • 付帯保険(海外旅行):◎(自動付帯)
  • 付帯保険(国内旅行):-
  • 付帯保険(盗難保険):あり
  • 付帯保険(ショッピング保険):-

詳しくはこちら:エポスカードはすごいぞ!学生・社会人にオススメ。1万店舗以上で特典・割引あり。海外旅行保険・ETCカードもついて、年会費ずっと無料。最短即日発行もOK!

▼セゾンブルーアメックス

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード

最大3,000万円の海外保険が自動付帯・海外利用で還元率2倍・アメックスが学生でも持てる!26歳まで年会費無料。※来店でのお受け取り(最短即日発行)の場合は、ICチップ機能の無いカードのお渡しとなります。あらかじめご了承ください。

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード
入会特典最大で永久不滅ポイント1,400ポイント(7,000円相当※)をプレゼント
年会費(初年度) 無料
年会費(2年目~) 条件付き無料
条件:26歳になるまでは年会費無料(通常年会費:2年目以降3,240円)
ポイント還元率(通常) 0.5%
ポイント名:永久不滅ポイント
ポイント還元率(最大) 1.0%
条件:海外利用時
発行スピード(最短)即日
  • 付帯保険(海外旅行):◎(自動付帯)
  • 付帯保険(国内旅行):○(利用付帯)
  • 付帯保険(盗難保険):あり
  • 付帯保険(ショッピング保険):あり

他実施中キャンペーン:U25応援キャンペーン(26歳まで年会費無料)

詳しくはこちら:学生でもアメックスが持てる!セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カードは海外旅行を強力サポート!今なら25歳までは年会費無料!

まとめ

以上、学生の卒業旅行におすすめのクレジットカードについてでした!

旅行保険を重視するのか、ポイント還元を重視するのか、などによって選ぶべきカードが変わってくるのでカード選びは難しいかもしれません。

しかし、万が一に備えて、時間をかけてでもきちんとカードを選んで発行してください。

筆者はタイで食あたりで入院し、15万円の請求があったものの、クレジットカードのおかげで無料で済みました。

せっかくの卒業旅行が最悪の思い出にならないよう、クレジットカードの力を活用しましょう!

「この記事、参考になった!」と思っていただけましたか?

▼ぜひブクマ・シェアお願いします!

周りの方・ご友人が悩んでいる時にもぜひ教えてあげてください。m(_ _)m

運営者プロフィール

学生クレカ管理人

学生クレカ管理人

自分が大学生・未成年時代のお金・クレジットカードの失敗経験をもとに、同じ失敗をする人・クレジットカードについて悩む人を一人でも減らしたいという気持ちで当サイトを6年以上運営しているクレジットカードの専門家。

 

100枚以上のクレジットカードを比較検討し、累計19枚のカードを所有してきた(大学生の頃は6枚所有)。マイルを累計20万以上保有。航空券をほぼ無料にし、ふらっと旅行に出かけるのが趣味。Amazonでのお買い物も累計30万円分以上、ほぼポイントで済ませている。

 

カード会社幹部や広報部・外部の専門家ともつながりがあり、常に知識をアップデートしている。

 

これからも、少しでもわかりやすい記事を届けられるように努力していきます!

 

▼ブログランキングにも参加しております。当サイトの思想に共感いただける方は、ポチッとおねがいしますm(_ _)m(タップ1回で投票完了します)

 

▼注目コンテンツ!

▼LINEでの相談も、気軽にどうぞ!

かんたん検索でクレジットカードを選ぶ!自分にピッタリなカードが「ズバッと」見つかる人気ランキングからクレジットカードを選ぶ!

自分にピッタリのクレジットカードの選び方がわからない方は、基礎知識・おすすめカードの選び方が一気に学べるトップページをぜひ見てください。→ https://学生クレジットカード.com

失敗しないクレカ選びのポイント!

creca_footer_link