クレジットカードの利用明細(Web明細)で、身に覚えのない金額・支払い先(会社名)があった場合に確認することまとめ。全てが不正利用とは限らないので、落ち着いて。

当サイト、学生クレカでは公式LINE@にてクレジットカードの相談を随時受け付けています。

その活動の中で、今までに何度か「身に覚えのない金額や支払い先(会社名)がある」という相談を受けました。しかし、すべてが不正利用とは限らないので、まずは落ち着いて欲しいということを伝えます。

実は商品、サービスを販売提供している会社名と異なる請求元になっていることがよくあるのです。

この記事では身に覚えのない金額や支払い先(会社名)があったときに確認することをまとめました。

さらに、もしも不正利用だったときの対処まで解説していきます。

クレジットカードのWeb明細は、必ず、毎月確認しよう

本題に入る前に、まずは「Web明細は、必ず、毎月確認しよう」ということを伝えさせてください。

毎月Web明細を確認することで、毎月の支出先や支出の傾向が把握できますし、いつまでに口座にいくら用意すればいいかがわかります。

今回のテーマとは少しズレますが、Web明細の確認不足によって口座残高が足りず自動引き落としができなかったら、自分の信用情報に傷がついてしまうこともあるので注意が必要です。

また、毎月しっかりとWeb明細を確認することで、不正利用対策にもなります。

クレジットカードには不正利用に対する保証がついていますが、不正利用されていることに気づかずに60日以上経過すると、不正利用されてしまった分の支払いを自分自身が責任を負うことにもなり得ます。

補償期間は60日~90日と定められていることが多いです。

カード会社によって違うため各自で確認しましょう。補償期間を過ぎると損害を自己負担しなくてはなりません。

関連記事:■クレジットカードの支払日(引き落とし日)を忘れて、残高不足で引き落としされなった・・・!この時、利息よりも怖いのは信用情報が悪化すること。すぐに確認、対応すべきことまとめ

身に覚えのない、ピンと来ない金額・支払い先(会社名)があった場合の対処方法

では本題です。Web明細を確認したときに「身に覚えのない金額や支払先」があったときの対処を解説します。

冒頭でもお伝えした通り、実は商品、サービスを販売提供している会社名と異なる請求元になっていることがよくあるので、いきなり不正利用と決めつけずに、焦らず対応しましょう!

では実例を見ていきます。

実例:マッチングアプリ「with」の利用店は「アイビー」で請求される

クレジットカードの請求元

メンタリストのDaigoが監修しており、CMなどもやっているので知っている方も多いはず。マッチングアプリ「with」を例に見ていきます。

マッチングアプリwithの特定商取引法に基づく表記(https://with.is/specified_commercial)を確認して、お支払い方法をよく見てみると…

クレジットカードの決済の場合、ブランドによって明細に表示される請求名が異なります。

と記載されていますね!

これはwithのマッチングアプリを使ったことをカモフラージュするための心遣いのようにも思えますね。ある意味とてもいい配慮だと感じます。

実はこういった例は多く、サービス名とは異なる名前での請求は結構あります。運営元の会社名で請求されていたり、決済代行会社(カード会社)の名前で請求されている場合が多いです。

何も知らずにクレジットカードのWeb明細をみたら「なんの支払いだ?!」となりますよね^^; 驚くのも仕方ないです。

このように、アプリの課金・家賃の請求・マッチングアプリなどをはじめ、さまざまな支払いにおいて、Web明細に知らない請求名が記載されることがあります。

なので、まずは請求名をWebで検索してみて、自分が購入したものや使ったサービスで該当するものがないか確認しましょう。

「クレジットカード 明細 ※請求元の名称」などでGoogle検索してみましょう。

主なマッチングアプリの課金名目

Pairs(ペアーズ):AXES Payment
Omiai(オミアイ):Om / オム / Omiai / オミアイ / TELECOM / TELECOMCRDT / TELECOM CREDIT / SN-ET / S-NET / TCM
タップル誕生:AXES Payment
with:アイビー

クレジットカード不正利用の疑惑があったら、すぐカード会社に問い合わせを!

もしも、請求名をWebで検索してみて、自分が購入したものや使ったサービスで該当するものがない場合は「不正利用」を疑いましょう!

不正利用の可能性が少しでもあったら、カードの裏面に書いてある電話番号にすぐ電話をして、カード会社のオペレーターの方にその旨を伝えて対処してもらう必要があります。

まとめ

クレジットカードは、便利に買い物ができたり、手元にお金がなくても欲しいものが手に入れられる、現代になくてはならいものとなりました。

便利というメリットがあれば、やはりデメリットもつきもの。その一つが不正利用だったりしますが、クレジットカードの利用明細を見ることで大きな問題になるのを少なからず防ぐことができるので毎月確認するようにしましょう。

Web明細を確認する上で、今回の本題である「身に覚えのない金額・支払い」がある可能性もあります。焦って不正利用と決めつけず、冷静に対応することをオススメします!

「この記事、参考になった!」と思っていただけましたか?

▼ぜひブクマ・シェアお願いします!

周りの方・ご友人が悩んでいる時にもぜひ教えてあげてください。m(_ _)m

運営者プロフィール

学生クレカ管理人

学生クレカ管理人

自分が大学生・未成年時代のお金・クレジットカードの失敗経験をもとに、同じ失敗をする人・クレジットカードについて悩む人を一人でも減らしたいという気持ちで当サイトを6年以上運営しているクレジットカードの専門家。

 

100枚以上のクレジットカードを比較検討し、累計19枚のカードを所有してきた(大学生の頃は6枚所有)。マイルを累計20万以上保有。航空券をほぼ無料にし、ふらっと旅行に出かけるのが趣味。Amazonでのお買い物も累計30万円分以上、ほぼポイントで済ませている。

 

カード会社幹部や広報部・外部の専門家ともつながりがあり、常に知識をアップデートしている。

 

これからも、少しでもわかりやすい記事を届けられるように努力していきます!

 

▼ブログランキングにも参加しております。当サイトの思想に共感いただける方は、ポチッとおねがいしますm(_ _)m(タップ1回で投票完了します)

 

▼注目コンテンツ!

▼LINEでの相談も、気軽にどうぞ!

かんたん検索でクレジットカードを選ぶ!自分にピッタリなカードが「ズバッと」見つかる人気ランキングからクレジットカードを選ぶ!

自分にピッタリのクレジットカードの選び方がわからない方は、基礎知識・おすすめカードの選び方が一気に学べるトップページをぜひ見てください。→ https://学生クレジットカード.com

失敗しないクレカ選びのポイント!