共通ポイント・電子マネー・クレジットカードのコンボでポイント3重取り!鬼の4重取りもある?!

超効率的な知る人ぞ知るポイント3重取り

ポイント上級者の中で知られているポイント3重取りというポイント獲得術を耳にしたことはあるでしょうか。

これはTポイントやポンタなどの共通ポイントと電子マネーとクレジットカードを組み合わせた知る人ぞ知るポイント獲得術です。

学生のうちから、ここまでマネー術を極めている方はなかなかいません。

クレカ所持している方の1%もいないと思います。

正直、筆者も毎回の支払いでここまでやれてないです笑

とはいえ、3重でポイントが獲得できますので還元率は合計で2.5%以上になることも。

しかも、事前準備はとても簡単。

ここではこの超効率的なポイント3重取りについてご説明しますので、ぜひこれを読んでポイント3重取りを実践してみましょう!

★追記★:細かすぎて難しい!意味わかんない!という方にもオススメの、二重取りで簡単に還元率4.5%を目指せる方法も大公開しています…!

ポイント3重取りの仕組み

まずはポイント3重取りの仕組みについてご説明します。

概要はこのような感じです。

 

  1. クレジットカードからEdyにチャージ(クレジットカードのポイント)
  2. Edyを利用してEdy提携のポイントが貯まる(Edyのポイント)
  3. 店頭でのお会計で共通ポイントを提示(共通ポイント)

つまり、共通ポイントの提携店でEdyが使えるお店なら、簡単にポイント3重取りができるという仕組みです。

代表例はコンビニエンスストアです。

例えばTポイントのファミリーマート、Pontaのローソン、RポイントカードのサークルKサンクス。

それ以外でもEdyが使えるケンタッキーフライドチキンなどもポイント3重取りの対象店舗になりますので、このポイント獲得術は全国で幅広く利用することができます。

ちなみにEdyを使うことで貯まるポイントは提携先が多く、Tポイント・Ponta・Rポイントのほかにもヤマダ電気のポイントやビックカメラのポイント、ANAのマイルなど幅広い選択肢から選ぶことができるようになっています。

ポイントの3重取りのために準備するもの

では実際にポイント3重取りをするためには何が必要でしょうか。

先ほどの説明でおわかりのように準備するものは以下の3つだけです。

 

  1. Tポイントカード、ポンタカード、Rポイントカードなどの共通ポイントカード
  2. 電子マネーEdy
  3. Edyにクレジットチャージしてポイントが貯まるクレジットカード

以上の3つです。

ちなみにEdyはカードタイプでもおサイフケータイでも構いません。

また、共通ポイントカードは対応しているコンビニエンスストアなどの店頭やネットで申し込みが可能ですので簡単に手に入ります。

なお、Edyチャージでポイントが貯まる代表的なクレジットカードにはこのようなものがあります。

  • 楽天カード
  • ライフカード
  • リクルートカード
  • エポスカード
  • JMBローソンPontaカードVisa
  • NTTグループカード
  • SoftBankカード
  • auじぶんcardセゾン

どれも高還元率で有名なカードばかりですので普通にクレジットカードを申し込んで利用しても損はありません。

そのため、もしご利用中のカードがEdyチャージでポイントが貯まらないようでしたら、この機会にこれらのクレジットカードへの入会を検討してみてもいいかもしれません。

細かくやりすぎて疲れる!よくわからない方におすすめな簡単にポイント2重取りする方法

クレジットカードで簡単にポイント2重取りする方法

後ほど、実際にポイントの4重取り、3重取りの例を紹介しますが、その前に「簡単にポイントを二重取りしたい!」という方にオススメの方法を紹介します。

※特に、ネットショッピングで大活躍する手法です。

Kyashとの二重取り

Kyashという、Visa加盟店でクレカのように使えるリアルカードで驚異の2%還元を誇るプリペイドカードがあります。

参考:送金アプリ「Kyash」は Visa加盟店でクレカのように使えるリアルカードで驚異の2%還元!実店舗でも利用可能・裏技で4.5%還元ってガチ!?

プリペイドカードなので、事前にお金を入金する必要があるのですが、その入金をクレジットカードで行うことができます。

クレジットカードからの入金を支払いと考えてもらえるため、ポイント還元率1.0%のクレジットカードを使うとすると、Kyashへのチャージで1%、Kyashの利用で2%の合計3%もポイントが還元されるのです!

特約店・優待店で使う

クレジットカード会社には、特約店・優待店があることが多いです。

例えばJALだとJALマイレージモールというショッピングモールに加盟しているお店だったり、提携しているイオン系列のスーパーだったり。

ユニクロやビックカメラ、apple、イオンを始め、さまざまな加盟店があります。

JALカードを使って加盟店で購入することで、ポイント還元率が2倍になるので、自然とそして手軽にポイントの2重取りに相当するメリットがあります。

※厳密には2重取りではないのですが

インターネットを上手に活用して4重取りも可能に!?

インターネットとクレジットカードを上手に活用して4重取りも可能

インターネットでのショッピングやサービス予約では、クレジットカードの決済で貰えるポイントとは別に、クレジットカード会社の”オンラインモール”を利用することでボーナスポイントが貰えたり、ショップ独自のポイントが貰えることがあります。

2重取りや3重取りがしやすいのです。

さらに、なかには4重取りが可能な場合もあるんです。

Rポイントカードで4重取りする方法

そして「Rポイントカード」でも4重取りができます。

Rポイントカードは、楽天スーパーポイントをリアル店舗で貯められるだけでなく、使うこともできるカードです。

楽天スーパーポイントといえば、楽天市場でガッツリとポイントを貯められるイメージはありますが、実際リアル店舗で使うことで、どれだけ貯められるのでしょうか。

1か月の利用をためしにシミュレーションしてみましょう。

まず、Rポイントカード加盟店で利用する場合、基本的な使い方として「Rポイントカード」掲示で200円につき2ポイントを獲得できますね。

200円で1ポイントというケースが多いなか、これだけでも還元率は高めですが、「Edy-Rポイントカード」を使えばさらに200円で1ポイントを獲得できるのです。

つまり、200円で3ポイント獲得できるということですね。

さらに、ポイントを賢く貯められる4重取りの裏ワザも存在します。

1,000円(税抜)の利用で25ポイント、つまり2.5%の還元率を1回の来店で得る方法は以下のとおりということです(1,000円を利用した場合)

  1. 「楽天e-NAVI」で「楽天Edy」にチャージ⇒ 5ポイント
  2. 「Rポイントカード」をレジで提示⇒ 10ポイント
  3. 「楽天Edy」で支払い⇒ 5ポイント
  4. 「楽天チェック」でチェックイン⇒ 10ポイント

ANAマイルでポイントを3重取りする方法

ANAマイルでも、対象のクレジットカードから楽天Edy をチャージするだけで、マイルが通常の2倍貯まるので、最大4重取りすることも可能になります。

対象のANAのクレジットカードは、下記の3種類になります。

  • ANA JCBワイドゴールドカード
  • ANA ダイナースカード
  • ANAカード プレミアム

※ANAアメリカン・エキスプレス®・プレミアム・カード、ANAアメリカン・エキスプレス・スーパーフライヤーズ・プレミアム・カードは本サービスの対象外になります。

1,000円(税抜)の利用で30マイル、つまり3.0%の還元率を1回の来店で得る方法は以下のとおりということです(1,000円を利用した場合)

  1. 「対象クレカ」で「楽天Edy」にチャージ⇒ 5マイル
  2. 「楽天Edyアプリ」で「ANAマイル」を選択すると、支払いのたびに自動でANAマイルが貯まる
  3. 「楽天Edy」で支払い⇒ 15マイル(ANAマイレージクラブ モバイルプラス加入)
  4. 「楽天Edy」を利用した店舗のポイント⇒10マイルくらい(お店や購入したものによる)

まとめ

ポイント3重取りは共通ポイント、特に電子マネーのEdy、Edyチャージでポイントが貯まるクレジットカードを組み合わせた知る人ぞ知るポイント獲得術です。

準備も簡単で、Edyチャージでポイントが貯まるクレジットカードをお持ちならすぐにはじめられます。

ほとんどの商品が定価で販売されているコンビニエンスストアでのお買い物がお得になりますのでぜひ実践してみてくださいね。

関連記事

学生がセブン-イレブンで使うべきお得なクレジットカード・電子マネー【セブンによく行く人は必見!】

学生がローソンで使うべきお得なクレジットカード・電子マネー【LAWSONによく行く人は必見!】

学生がファミリーマートで使うべきお得なクレジットカード・電子マネー【FamilyMart(ファミマ)によく行く人は必見!】

「この記事、参考になった!」と思っていただけましたか?

▼ぜひブクマ・シェアお願いします!

周りの方・ご友人が悩んでいる時にもぜひ教えてあげてください。m(_ _)m

運営者プロフィール

学生クレカ管理人

学生クレカ管理人

自分が大学生・未成年時代のお金・クレジットカードの失敗経験をもとに、同じ失敗をする人・クレジットカードについて悩む人を一人でも減らしたいという気持ちで当サイトを6年以上運営しているクレジットカードの専門家。

 

100枚以上のクレジットカードを比較検討し、累計19枚のカードを所有してきた(大学生の頃は6枚所有)。マイルを累計20万以上保有。航空券をほぼ無料にし、ふらっと旅行に出かけるのが趣味。Amazonでのお買い物も累計30万円分以上、ほぼポイントで済ませている。

 

カード会社幹部や広報部・外部の専門家ともつながりがあり、常に知識をアップデートしている。

 

これからも、少しでもわかりやすい記事を届けられるように努力していきます!

 

▼注目コンテンツ!

▼LINEでの相談も、気軽にどうぞ!

かんたん検索でクレジットカードを選ぶ!自分にピッタリなカードが「ズバッと」見つかる人気ランキングからクレジットカードを選ぶ!

自分にピッタリのクレジットカードの選び方がわからない方は、基礎知識・おすすめカードの選び方が一気に学べるトップページをぜひ見てください。→ https://学生クレジットカード.com

失敗しないクレカ選びのポイント!

creca_footer_link