クレジットカードをむやみに何枚(複数枚)も作りまくるデメリット。入会特典狙いで作りすぎ・すぐ解約はヤバい!?

クレジットカードをむやみに何枚も作りまくるデメリット。入会特典狙いで作りすぎ・すぐ解約はヤバい!?

クレジットカードを発行しても限度額が低かったり、百貨店などの現金割引などの特典ほしさにクレジットカードを何枚も作ってしまう学生さんがたまにいます。

クレジットカードは原則として何枚発行・保有してもOKですし、メリットもありますが、同時にデメリットもあります。

当記事ではクレジットカードを何枚も作りすぎてしまうことによるデメリットに注目してご紹介します。

無駄にクレジットカードを作るのはやめよう・・・3つのデメリット

クレジットカードの作りすぎには注意が必要

クレジットカードをむやみに何枚も作ると、主に以下の3つのデメリットがやってきます。

注意!
 

  • 年会費・維持費が高くつく
  • 暗証番号が分からなくなる
  • メインカードの利用枠を増額しにくくなる

クレジットカードは入会特典が魅力的なので、どうしても複数枚のカードを作りたいことがあります。そんな時はメリットとデメリットを比較して、本当に作る方がお得なのかどうかを判断するようにしましょう。

①クレジットカード1枚あたりのコストが安くても・・・

1枚ずつのクレジットカードのコストが安くても、何枚のクレジットカードを作ると維持費が高く付きます。

入会特典を狙ってクレジットカードを作る場合、思惑通りに年会費無料のカードばかりを作れるとは限りません。

一般ランクのクレジットカードは年会費が有料でも安いです。

相場は1,000円前後、高くても3,000円といったところです。かなり魅力的な入会特典が用意されている場合にたった1,000円なら良いかと申し込みを決断してしまうこともあるでしょう。

たった1,000円の年会費でも2枚や3枚と枚数が増えるとコストが重くなってきます。

また、実際に年会費を支払うタイミングがやって来た時、カードを使わないのでその年会費の支払いが本当に無駄に感じます。

銀行口座の管理も大変

キャッシュカード一体型の場合、申込先の銀行で口座を開設しなければならないケースがあります。

その場合、今使っている銀行口座を含めて口座の管理もややこしくなります。

注意!

銀行口座は暗証番号を設定する必要があり、インターネットバンキングを活用する場合はパスワードも必要です。クレジットカードだけでも管理が面倒なのに、複数の銀行で口座を持つと手に負えなくなることもあるでしょう

②暗証番号が分からない・・・

複数枚のクレジットカードを持つと、それぞれのカードの暗証番号が分からないというのもデメリットです。

これは上記で説明したように銀行口座やインターネットバンキングのパスワードも含めて考慮しておきたいところです。

すべてのクレジットカードを同じ暗証番号にするのはリスクが高い

クレジットカードを作りすぎたときのリスク

数枚のクレジットカードを簡単に管理するなら、これはすべてのカードの暗証番号を同じにしておくのが便利です。

しかし、これはとても危険なカード管理の方法です。

自分のカードをすべて盗まれてしまった場合を想定すると答えが分かりますね?

1つのカードだけではなくすべてのカードを不正使用されてしまうわけです。

やはり、クレジットカードを複数枚持つ場合も、それぞれのカードの暗証番号は異なる内容に設定しておくのが理想です。

③メインのクレジットカードの限度額を増額できないことも・・・

サブカードをたくさん作るとメインカードを増額できない可能性が高いです

クレジットカードの増額は返済能力で決まります。

たくさんカードを作ってもそれらのカードを使っていなければ関係がないのでは?と思いたいところですが、実際はそれほど審査が甘くありません。

各社の審査基準は非公表なので断言することはできませんが、カードを使っていなくても審査でカードの所持枚数・限度額を考慮される可能性は十分にあります。

枚数を考慮されるというよりは、カードを持っていることでいつでも利用枠を使える状況下にあるため、そこを考慮されると言うほうが正しいかもしれません。

また、使わないカードをたくさん持ちますと、それらの利用枠が無駄に感じます。

サブカードの利用枠をメインカードに回す方が便利ですし、結局はサブカードを解約してメインカードを増額するというケースも少なくはないのです。

新規入会も限界がやって来る

サブカードはエンドレスに作れるわけではありません。

返済能力に応じてカードが発行されるため、いずれは限界がやって来ることになります。

どうしても入会特典を狙ってサブカードをたくさん作りたいなら、申込先の優先順位を決めておく方が良いです。

絶対にGETしたい入会特典を優先しておかなければ、本当にサブカードとして使いたいカードがあっても審査に落ちてしまうケースが考えられます

【どうせなら、自分にとってメリットがあるカードを作りたい!】学生が持つべき、学生にお得・優遇されているカードはこちらでもまとめています!ぜひ参考にしてくださいね^^

学生向け特典やキャンペーンがお得なクレジットカードはこれだ!随時更新 ※入会特典がお得なカードばかりです。

クレジットカードの入会特典は裏がある?!条件を満たせないと・・・

クレジットカードの作りすぎには罠もある

さて、クレジットカードの入会特典はカードを作るだけでポイントが貰えるなど、とてもお得な内容です。

しかしながら、入会特典には裏があるのをご存知でしょうか?

良くある入会特典は

  • 最大○○円分のポイント贈呈!
  • 最大○○円相当のキャッシュバック!

などです。

入会特典が魅力的に見えるのはその最大数が大きいからですよね?

しかしクレジットカードの入会特典はカードを発行するだけでは最大数のポイントやキャッシュバックを受けることができないことも多々あります

例:WEB限定のデビュープラスカード・最大7,000円分プレゼント

学生に人気が高いデビュープラスカードを例に見ていきましょう。

2019年1月時点では、デビュープラスカードは新規入会キャンペーンが実施されています。※こちらのキャンペーンは終了しております。

当時開催されていたのでは、新規入会で「最大7,000円分のプレゼント」を受けられるお得なキャンペーンでした。

この入会キャンペーンは2つの条件に分割されており、各条件をすべて満たすことで最大7,000円分のプレゼント。

 

  • 新規入会&2ヶ月後までに6万円利用で・・・6,000円プレゼント
  • 上記に追加でiDに入会またはApplePayを新規設定・・・1,000円プレゼント

※条件はだいぶ緩和された方です。

とはいえ、ご覧の通り、カードを申し込んだだけでは特典をもらうことができません。実際に使う必要があるわけです。

ちなみにこれはデビュープラスカードに限った話ではありません。期間内での一定額利用が条件になっているケースはけっこう見かけます。

さらに、中には現金ではなく、カード会社のポイントの場合もあります(楽天カードだと楽天ポイント、など)

筆者としては、そもそもクレジットカードに申し込んで少しでもキャッシュバックがあればありがたいことだと考えます。

とくに学生のときに発行するカードは年会費無料のものが多いと思います。

クレジットカードは、年会費無料なのに、保険やポイント還元をはじめ、さまざまな特典があって、そもそも得をしている状態です。

キャッシュバックがあったらラッキーくらいに考えるのがオススメですよ!

三井住友VISAデビュープラスカード、作ってみる方はこちらから。

三井住友VISAデビュープラスカード

超有名なブランド力・セキュリティに安心感があります。さらに入会3ヶ月は還元率2.5%・通常でも還元率1.0%・コンビニ大手(セブン・ファミマ・ローソン)+マクドナルドでの利用は、ポイント還元率がさらに2.0%アップと普段使いで超お得なカード。はじめてのクレカとしての使いやすさで大人気です。

三井住友VISAデビュープラスカード
入会特典キャッシュレスプラン:新規入会&Vpassアプリログインで もれなくご利用金額の20% 最大12,000円プレゼント
年会費(初年度) 無料
年会費(2年目~) 条件付き無料
条件:前年1回以上の利用で年会費無料。通常の2年目以降年会費(1,250円+税)
ポイント還元率(通常) 1.0%
ポイント名:ワールドプレゼントポイント
ポイント還元率(最大) 2.5%
条件:入会後3ヵ月間
発行スピード(最短)~3営業日
  • 付帯保険(海外旅行):-
  • 付帯保険(国内旅行):-
  • 付帯保険(盗難保険):あり
  • 付帯保険(ショッピング保険):あり

他実施中キャンペーン:コンビニ(セブン・ファミマ・ローソン)マクドナルドなど対象店舗でポイント5倍、Apple PayのiDでお支払いでさらに5倍、合計10倍!

結局はクレジットカードを使う必要がある

クレジットカードのを作る場面には遭遇する

クレジットカードの入会特典はお得に見えますが、基本的にカードを使うことを前提として特典が用意されています。

そのため、カード発行だけで簡単にポイントを大量GET or キャッシュバックを受けることが難しいです。

サブカードとして入会特典を狙う場合もある程度はカードを使うことを覚悟しておく必要があるため、特典内容だけではなくカードのスペックを重視しておくことも大切です

一定額利用の特典を諦めるとメリットは低い・・・

一定額利用の特典を諦めて○○登録など、簡単な条件の特典だけをGETするという方法もあります。

しかし、これは実際のところメリットが非常に低くなります。

クレジットカードは各社によってポイントプログラムが異なるため、少量のポイントをGETしたところで使い道が殆どありません。

簡単な条件の特典を狙うなら、メインカードのポイントと合算できるカードをチョイスしておくのが理想でしょうか。

まとめ:入会特典に惑わされてクレジットカードを作りすぎるのに注意しよう!

入会特典に惑わされてクレジットカードを作りすぎるのに注意しよう!
クレジットカードを作りすぎるとデメリットがあります。

注意!

  • 無駄にカードを作ると維持費がかかる。
  • 暗証番号やパスワードの管理が大変。
  • メインカードを増額しずらい。
  • 入会特典は簡単にGETできない。
  • 一定額利用の条件を満たすのが難しい。

入会特典を狙ってサブカードを作るなら使うことを前提に作りましょう。

使いもしないのに申し込みをしても、入会特典を丸ごとGETできずカード管理も大変、さらに年会費も掛かるならメリットがほとんどありません。

逆にカードを使うという前提なら入会特典は非常に魅力的なものとなります!

【どうせなら、自分にとってメリットがあるカードを作りたい!】学生が持つべき、学生にお得・優遇されているカードはこちらでもまとめています!ぜひ参考にしてくださいね^^
学生向け特典やキャンペーンがお得なクレジットカードはこれだ!随時更新 ※入会特典がお得なカードばっかりです。

「この記事、参考になった!」と思っていただけましたか?

▼ぜひブクマ・シェアお願いします!

周りの方・ご友人が悩んでいる時にもぜひ教えてあげてください。m(_ _)m

運営者プロフィール

学生クレカ管理人

学生クレカ管理人

自分が大学生・未成年時代のお金・クレジットカードの失敗経験をもとに、同じ失敗をする人・クレジットカードについて悩む人を一人でも減らしたいという気持ちで当サイトを6年以上運営しているクレジットカードの専門家。

 

100枚以上のクレジットカードを比較検討し、累計19枚のカードを所有してきた(大学生の頃は6枚所有)。マイルを累計20万以上保有。航空券をほぼ無料にし、ふらっと旅行に出かけるのが趣味。Amazonでのお買い物も累計30万円分以上、ほぼポイントで済ませている。

 

カード会社幹部や広報部・外部の専門家ともつながりがあり、常に知識をアップデートしている。

 

これからも、少しでもわかりやすい記事を届けられるように努力していきます!

 

▼ブログランキングにも参加しております。当サイトの思想に共感いただける方は、ポチッとおねがいしますm(_ _)m(タップ1回で投票完了します)

 

▼注目コンテンツ!

▼LINEでの相談も、気軽にどうぞ!

かんたん検索でクレジットカードを選ぶ!自分にピッタリなカードが「ズバッと」見つかる人気ランキングからクレジットカードを選ぶ!

自分にピッタリのクレジットカードの選び方がわからない方は、基礎知識・おすすめカードの選び方が一気に学べるトップページをぜひ見てください。→ https://学生クレジットカード.com

失敗しないクレカ選びのポイント!