保険の加入証明書(付保証明書)とは?留学・ワーキングホリデー・キューバ等の国に行くときに必須?海外旅行とクレジットカード保険についてより詳しく学ぼう

学生が知っておくべき、保険の加入証明書(付保証明書)とは?留学・ワーキングホリデー・キューバ等の国に行くときに必須?海外旅行とクレジットカード保険についてより詳しく学ぼう

 

▼留学・海外渡航時のオススメクレジットカードに関してはこちらの記事を参考にしてください!

参考:クレジットカードは海外旅行(留学)でなぜ必要!?オススメの選び方・保険・失敗しない注意点まとめ!

今回の記事は、「保険加入必須の特別な国」「その手続き」についてご紹介します。

この記事のもくじ

入国時に保険加入が必須の国がある

地球儀

これから留学やワーキングホリデーで海外に行く予定があるなら、国によっては保険加入が必須なので注意をしてください。

通常、他国に入国する時は特に保険加入が必須というわけではありません。

しかし、一部の国では入国の際に保険加入を余儀なくされることがあります。

以下は海外旅行保険への加入を義務化している主な国です。
※他にもありますがメジャーな国では以下の通りです。

 

  • チェコ
  • ポーランド
  • ラトビア
  • リトアニア
  • ブルガリア
  • エストニア
  • ハンガリー
  • エクアドル(含むガラパゴス諸島)
  • イラン

引用:海外旅行会社「t@biho」-海外旅行保険への加入が義務化されている国

海外旅行保険が必要かどうかは各国の旅行ガイドブック等に書かれているため、事前にしっかりと調査をしておきましょう。

このように世界の一部の国では入国時に保険が必要です。

今回はいくつかの国を例にあげて具体的な状況を紹介していきます。

どうして保険が必要なの?

入国する際にどうして保険加入が必要なのか?

これはその国のルールだからです。

海外では日本の健康保険証は当然使えません。

そのため、海外でケガや病気にかかると高額な医療費が必要になります。

高額な医療費を払わずに自国に帰国する外国人観光客が増加している対策として、一部の国では「海外旅行保険の加入を義務化」しています。

【ポーランド】

  • ポーランド滞在中をカバーする海外旅行保険への加入が義務付けられています。
  • 入国時に必ず提示が求められるというわけではありませんが、保険加入を証明できる保険契約証や付保証明書を常時携行することをお勧めします。

引用:海外旅行会社「t@biho」-海外旅行保険への加入が義務化されている国

たとえば、ポーランドの規則を細かく見てみると「海外旅行保険への加入が必須であること」「保険内容が証明できるものを持ち歩くことが推奨されている」のがわかりますね。

保険内容が証明できるものとは?

  • 保険契約証
  • 付保証明書

これらの名称の書類には加入している保険の内容(死亡保障〇円など)が書かれています。

海外旅行保険の加入が必須の国に渡航する際は、これらの書類を現地の言葉or英語に訳されたものをもっていくようにしましょう。


→このような書類です。

そもそも証明書の提示が義務付けられている国もありますし、それ以外の国でも場合によって提示が求められる可能性があります。

保険がなければどうなるのか?

たとえば、「エストニア」では、入国時に海外旅行保険の加入を証明できる付保証明書などの提示が義務付けられています。

入国審査で提示できない場合、入国は難しい可能性があります。

入国時に証明書を求められないとされている国でも、求められた際に提示ができないとスムーズな入国ができないことが予想されます。

事前に日本で海外旅行保険に加入し、付保証明書などを用意しておくといいでしょう。

保険の種類に注意

海外旅行保険には大きく2つの種類があり「保険会社の保険」「クレジットカード付帯の保険」に分けることができます。

とくに記載がなければ、どちらの保険を使ってもOK。

ただし、ハンガリーなどではクレジットカード付帯の保険は不可と明記されているため、渡航先にあわせて保険の種類も変えるようにしましょう。

基本的には、わざわざ掛け捨ての保険会社の保険より、クレジットカードの付帯保険を利用する方がお得ですしオススメです。

クレジットカードで保険の加入証明をするのがオススメ

クレジットカードの海外旅行保険で付保証明書をもらおう

クレジットカードの旅行傷害保険は

  • 国内旅行傷害保険
  • 海外旅行傷害保険

があります。

国内旅行傷害保険は国内の旅行に対して適用され、海外旅行傷害保険は海外旅行に対して適用されます。

また、どちらの旅行傷害保険でも「自動付帯」と「利用付帯」があり、利用付帯についてはカードで旅行代金を支払うことが条件です。

当サイトの詳しい記事:海外旅行の傷害保険、自動付帯・利用付帯の違いは?傷害申請はどのようにする?

ここで、海外保険に強いカードについてもすこし触れておきます。

海外旅行前に、持っていると便利なカード3選!

もしあなたが今現在学生で、語学留学・海外旅行など、海外に行く機会が何回かある方には、なんといっても学生専用ライフカードがイチオシ。

学生の方もそうでない方も、海外で万が一のことがあったときのために、海外旅行保険があるカードを1枚は必ず持っておきましょう。

自動付帯(持っているだけで保険適用の条件が発動)&傷害・疾病(ケガや病気)の補償金額の大きいカードが理想的。旅行に持っていけば、万が一ケガをしてしまった時などにも入院費を補償してくれる可能性が高く、安心です。

ライフカード(学生専用)

  • 年会費永年無料カード
  • 海外で支払いに利用した金額の5%キャッシュバック!
  • 海外旅行保険:最大2,000万円補償・自動付帯!

btn_free_regist

セゾンブルー・アメックス

セゾンブルー

  • 学生&年会費無料で持てる唯一のアメックスカード!
  • 海外旅行保険:最大3,000万円補償・自動付帯!
  • 海外旅行からの帰国時、スーツケース1個を無料で自宅まで配送!

btn_free_regist

エポスカード

  • 年会費永年無料カード
  • 海外旅行保険:最大2,000万円補償・自動付帯!
  • 日本全国1万店舗以上で、お得な優待特典!

btn_free_regist

※すべて、少なくとも在学中は年会費無料で持てるカードですので余計なコストはかかりません。エポスカード・ライフカードは卒業後も年会費が無料!

クレジットカードの保険適用の条件ってなに?

クレジットカードの「利用付帯保険」は適用条件がややこしいです。

カード会社の公式サイトでは、保険の適用条件について説明がなされています。

しかし、それを読むだけでも意味が分からないほど、適用条件はルールがかなり細かいです。

簡単に言ってしまうと、旅行代金をカードで支払えば保険が適用されます。

旅行代金と言われても、どこまでの代金が旅行代金とみなされるのか曖昧で分かりづらいですね?

以下は、三井住友カードの海外旅行傷害保険の説明文を一部引用したものです。

1.日本出国前に航空機、電車、船舶、タクシー、バスといった公共交通乗用具の利用代金を当該カードでクレジット決済した場合

2.日本出国前に宿泊を伴う募集型企画旅行の旅行代金を当該カードでクレジット決済した場合

3.日本出国後に公共交通乗用具の利用代金をはじめて当該カードでクレジット決済した場合

引用:三井住友カード-海外旅行傷害保険

「旅行のツアー代金」「当日空港に向かうまでの交通費」にクレジットカードを使えば、利用付帯の条件を満たすことができます。

利用付帯の条件はなかなか難しいところがありますので、「この支払いで条件を満たせるのかな?」など細かな点は、事前にカード会社に確認しておくと安心です。

クレジットカード保険の加入証明書(付保証明書)の発行方法

クレジットカード保険の場合は加入証明書(付保証明書)が必要

クレジットカードの保険を使う場合、カード会社に連絡をして保険の加入証明書(付保証明書)を発行してもらいます。

先ほど説明した通り、海外旅行保険への加入が義務付けられている国へ渡航する際は、加入証明書を常に持っておくことをオススメしています。

各カード会社での加入証明書の発行依頼方法を紹介します。

▼三井住友カード

カード付帯保険サービスの海外旅行傷害保険 付保証明書(発行は英文のみとなります)の発行をご希望の場合は、VJ保険デスク(三井住友海上)までお電話にてお申し出ください。

なお、受付の際に会員番号やカード名義、渡航先や渡航期間などをお伺いさせていただきますので、お電話の際はお手元にカードをご用意ください。

また、お申し出からお手元にお届けするまで1週間程度お時間をいただきますので、余裕をもってご連絡ください。

※海外旅行傷害保険 付保証明書のお届けは郵送のみとなります。

引用元:三井住友カード-よくあるご質問

▼JCB

JCBカードに付帯している旅行傷害保険の保険証書(海外旅行傷害保険付証明書)は、
お電話で旅行期間・カード番号等をお伺いのうえ、書面にて発行いたします。

また、保険証書(海外旅行傷害保険付証明書)受け付けの際に、カード表面にある氏名のローマ字が必要となりますので、

お手もとにJCBカードをご用意のうえ、「JCB保険グループ」までお問い合わせください。
なお、受け付けから到着までには1週間から10日間程度かかります。

引用:JCB-よくあるご質問

基本的にカード会社へ連絡をすれば、上記の通り英文で保険の加入証明書(付保証明書)を発行してもらえます。


→意外と早く届くようですね!

カード会社に連絡をするだけなので、特に難しい点はありません。


→このように珍しいケースかと思いますが、付保証明書を理解してもらえない可能性があります。

その際は、「入国時に証明書を提出しなくてはいけない可能性がある」と必要な理由をしっかり電話口で伝えましょう。

一部の国(キューバ・イランなど)にいくときは注意!アメリカの保険会社はNG

クレジットカード保険以外の保険も同じだが、アメリカの保険会社はNG

キューバ・イランなど一部の国に行くとき、アメリカの保険会社は使えませんのでご注意ください。

海外旅行保険を紹介しているサイトにも下記のように記載されています。

キューバ入国の際には海外旅行保険への加入が義務化されています。

入国審査(イミグレーション)の際に審査官から保険証の提示を求められるケースがあります。

英語もしくはスペイン語の保険加入証明書(付保証明書)を用意しておきましょう。

アメリカとキューバが国交断絶していたこともあり、アメリカ系の保険会社では不可です。

引用:日本のほけん

アメリカの保険がつかえない国があるのは「アメリカとの国交がない」「アメリカから経済制裁を受けている」これらの理由が主です。

キューバの場合、アメリカと2016年に54年ぶりに国交回復を果たしたものの、トランプ大統領就任後はキューバ制裁強化策を強めるなど、関係は改善から一転またも後退しています。

在キューバ日本大使館のHPにはアメリカの保険会社はNGと明確な記載はありませんが、上記のような背景から渡航時は日本の保険会社と契約すべきです。

先ほど紹介したオススメクレジット4種類(ライフカード・エポスカードなど)は、すべて日本の保険会社と契約しているので安心してくださいね。

アメリカの保険が使えない可能性が高い国

アメリカの保険が使えない国は、「アメリカと国交がないor経済制裁を受けている国」だと考えることができます。

そのような国に日本人が観光旅行に出かけるケースは少なく、キューバ以外の国については情報が少ないのが現状です。

twitterの口コミでは、キューバのほかにイランや北朝鮮などが当てはまるようです。

マイナー国やアメリカとの関係性が悪そうな国に渡航する際は、事前の情報収集大使館等への電話確認を強くオススメします。

キューバ入国については情報がいろいろ…

キューバの入国審査では加入証明書(付保証明書)が必要とされていますが、割と適当な感じでもあるようです。

インターネット上でも、実際は「入国審査で証明書を見せなくてもOKだった」という情報がちらほらとあります。

在キューバ日本国大使館

キューバ政府は2月26日付け官報において、本年5月1日からキューバへ入国する全ての外国人等に対し、旅行保険加入を義務付けると発表しています。

1.キューバ政府は5月1日からキューバへ入国する全ての外国人及び海外在住のキューバ人に対し、医療費を補償する旅行保険への加入を義務付ける。

保険証書は、キューバ政府によって認められた保険業者によって発行されたものでなければならず、入国地点(空港)では(保険未加入者に対し)キューバの旅行保険販売所を設ける。

2.この決定は永住者、外交官、国際機関の代表者を除き、キューバに滞在している外国人に対しても適用される。

2月26日付の発表は制度の概要のみで、保険料等運用の詳細について現時点では不明な点が多いのですが、今後明らかになるものと思われます。

引用:在キューバ日本国大使館

在キューバ日本国大使館も2010年のこの情報以後、詳細な情報を出しておらず、外務省の海外安全HPにもこれ以上の記載はありません。

キューバ渡航の際は、気になる点を事前に大使館に電話で問い合わせるなど万全の準備をしておきましょう。

補足:アメリカとキューバについて

キューバ関連の情報が入り乱れているのは、その歴史にあります。

もともとキューバは社会主義国と言うこともあり、アメリカと仲が悪く、長らくアメリカから経済制裁を受けていました。

一時はオバマ大統領により、キューバとの国交回復が進められましたが、これがトランプ大統領の登場によりまた後退したというのが2019年時点の現状です。

今後も状況は大きく変化する可能性が高いため、下記リンクで両国間の歴史や最新情報を入手してみてください。

どんなクレジットカードを作るべき?

加入証明書(付保証明書)が便利にえられて海外でオススメのクレジットカード

海外旅行用としてクレジットカードを作るのなら「VISA」か「Mastercard」ブランドを選んでおけば安心です。

クレジットカードが使える場所ならVISA or Mastercardのどちらかを利用できる可能性が高いですよ。

これらのブランドから海外旅行傷害保険が付帯されているカードを作っておくと良いですね。

visaとmaster

クレジットカード保険の補償額はそこまで気にする必要はない

クレジットカードの付帯保険は補償額が1つのポイントであり、補償額が高いほど安心できることは間違いありません。

しかし、過度に補償額を重視する必要もありません

一般ランクのクレジットカードは補償額にそれほどの差がないため、普通に年会費やポイント還元率からメリットを感じるカードを作っておいて大丈夫です。

旅行保険が充実した「セゾンブルーアメックス」・「ライフカード(学生専用)」は旅行好き学生には特に人気のカードです。

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード

最大3,000万円の海外保険が自動付帯・海外利用で還元率2倍・アメックスが学生でも持てる!26歳まで年会費無料。※来店でのお受け取り(最短即日発行)の場合は、ICチップ機能の無いカードのお渡しとなります。あらかじめご了承ください。

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード
入会特典最大で永久不滅ポイント1,600ポイント(8,000円相当※)をプレゼント
年会費(初年度) 無料
年会費(2年目~) 条件付き無料
条件:26歳になるまでは年会費無料(初年度年会費無料(2年目以降3,000円+税)
ポイント還元率(通常) 0.5%
ポイント名:永久不滅ポイント
ポイント還元率(最大) 1.0%
条件:海外利用時
発行スピード(最短)即日
  • 付帯保険(海外旅行):◎(自動付帯)
  • 付帯保険(国内旅行):○(利用付帯)
  • 付帯保険(盗難保険):あり
  • 付帯保険(ショッピング保険):あり

他実施中キャンペーン:U25応援キャンペーン(26歳まで年会費無料)

ライフカード(学生専用)

海外でのカード支払い分は5%キャッシュバック!海外旅行保険もついているので、海外行くなら絶対持つべき!

ライフカード(学生専用)
入会特典カード発行+ショッピング利用で最大10,000円相当のポイントプレゼント
年会費(初年度) 無料
年会費(2年目~) 無料
ポイント還元率(通常) 0.5%
ポイント名:LIFE サンクスプレゼント
ポイント還元率(最大) 5.0%
条件:海外利用時(キャッシュバック)
発行スピード(最短)~3営業日
  • 付帯保険(海外旅行):◎(自動付帯)
  • 付帯保険(国内旅行):-
  • 付帯保険(盗難保険):あり
  • 付帯保険(ショッピング保険):あり

他実施中キャンペーン:入会後は1年間ポイント1.5倍・海外利用分は5%・最大50,000円/年のキャッシュバック!

詳しくは「学生でもアメックスが持てる!?セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カードは海外旅行を強力サポート!」にて解説しています。

クレジットカードの保険の適用期間も気にしなくてOK

クレジットカードの保険は適用期間が決まっており、多くのクレジットカードは90日間です。

たとえば、オススメカードの1枚である「JAL-naviカード」の保険適用期間については以下のような説明があります。

1回の旅行あたりの責任期間は、会員資格が有効な期間中に開始された旅行期間(海外旅行の目的で住居を出発してから住居に帰着するまでの間で、かつ日本出国日の前日の午前0時から日本入国日の翌日の午後12時までの間)中とします。

ただし、旅行期間が日本出国日から3か月後の午後12時を経過しても終了しない場合には、その時点で責任期間が終わります。
引用元:カード付帯保険「海外旅行傷害保険」 – ライフカード

このように多くのカードは90日間が期限となりますので、旅行や短期滞在では保険の適用期間をそこまで気にする必要はありません。

長期留学などの場合は、別途専用の保険に入るといいでしょう。

まとめ:クレジットカードで賢く海外旅行保険と付保証明書をカバーしよう!

クレジットカードで賢く海外旅行保険と付保証明書をカバー

  • 国によっては入国審査で保険の加入証明書を求められる。
  • 保険が必要ならクレジットカードの海外旅行傷害保険がコスパ◎。
  • クレジットカードの保険の証明書はカード会社が英文で発行してくれる。
  • 保険適用の条件は旅行代金のカード払い。どこまでの代金が旅行代金となるのかを調べること。
  • 保険の補償額は過度に重視する必要もない。年会費無料の学生クレジットカードでも十分。
  • クレジットカードの保険は適用期間があるため、滞在日数から計算しておくこと。
  • アメリカから経済制裁を受けている国に渡航するときは保険選びに注意すること。
  • 海外でクレジットカードを使うなら「VISA」か「Master Card」がオススメ。

海外へ行く場合は事前にしっかりと情報を調べておきましょう。

行き先によっては海外旅行保険に加入が必須の国もあります。

海外旅行保険はお得で便利なクレジットカード付帯の保険がオススメです。

利用条件などを事前によく調べてから出発してくださいね!

海外旅行前に、持っていると便利なカード3選!

もしあなたが今現在学生で、語学留学・海外旅行など、海外に行く機会が何回かある方には、なんといっても学生専用ライフカードがイチオシ。

学生の方もそうでない方も、海外で万が一のことがあったときのために、海外旅行保険があるカードを1枚は必ず持っておきましょう。

自動付帯(持っているだけで保険適用の条件が発動)&傷害・疾病(ケガや病気)の補償金額の大きいカードが理想的。旅行に持っていけば、万が一ケガをしてしまった時などにも入院費を補償してくれる可能性が高く、安心です。

ライフカード(学生専用)

  • 年会費永年無料カード
  • 海外で支払いに利用した金額の5%キャッシュバック!
  • 海外旅行保険:最大2,000万円補償・自動付帯!

btn_free_regist

セゾンブルー・アメックス

セゾンブルー

  • 学生&年会費無料で持てる唯一のアメックスカード!
  • 海外旅行保険:最大3,000万円補償・自動付帯!
  • 海外旅行からの帰国時、スーツケース1個を無料で自宅まで配送!

btn_free_regist

エポスカード

  • 年会費永年無料カード
  • 海外旅行保険:最大2,000万円補償・自動付帯!
  • 日本全国1万店舗以上で、お得な優待特典!

btn_free_regist

※すべて、少なくとも在学中は年会費無料で持てるカードですので余計なコストはかかりません。エポスカード・ライフカードは卒業後も年会費が無料!

海外旅行に興味がある方には、こんな記事もオススメ。

海外旅行・留学に行く前に、絶対見るべき失敗しないクレジットカードの話
【学生向け】JAL・ANAマイルの基本と貯め方を徹底解説!効率よくマイルを貯める最強クレジットカードはコレだ!

「この記事、参考になった!」と思っていただけましたか?

▼ぜひブクマ・シェアお願いします!

周りの方・ご友人が悩んでいる時にもぜひ教えてあげてください。m(_ _)m

運営者プロフィール

学生クレカ管理人

学生クレカ管理人

自分が大学生・未成年時代のお金・クレジットカードの失敗経験をもとに、同じ失敗をする人・クレジットカードについて悩む人をひとりでも減らしたいという気持ちで当サイトを6年以上運営しているクレジットカードの専門家。

 

130枚以上のクレジットカードを比較検討し、累計22枚のカードを所有してきた(大学生の頃は6枚所有)。マイルを累計30万以上保有。航空券をほぼ無料にし、ふらっと旅行に出かけるのが趣味。Amazonでのお買い物も累計40万円分以上、ほぼポイントで済ませている。

 

カード会社幹部や広報部・外部の専門家ともつながりがあり、常に知識をアップデートしている。

 

これからも、少しでもわかりやすい記事を届けられるように努力していきます!

 

▼ブログランキングにも参加しております。当サイトの思想に共感いただける方は、ポチッとおねがいしますm(_ _)m(タップ1回で投票完了します)

 

▼LINEでの相談も、気軽にどうぞ!

かんたん検索でクレジットカードを選ぶ!自分にピッタリなカードが「ズバッと」見つかる人気ランキングからクレジットカードを選ぶ!

自分にピッタリのクレジットカードの選び方がわからない方は、基礎知識・おすすめカードの選び方が一気に学べるトップページをぜひ見てください。→ https://学生クレジットカード.com

失敗しないクレカ選びのポイント!