今さら聞けない、電子マネーとは?普及率やランキング・iPhoneで秒支払い、ApplePayについても、もう一度整理します!


今さら聞けない電子マネー

電子マネーとは?

電子マネーとは、お金をデジタル化してネットワークや専用端末で利用することができるシステムのことです。

  • チャージ型:チャージできる
  • 額面型:チャージできない

今は本当にさまざまな種類がありますが、電子マネーの仕組みから「チャージ型」と「額面型(がくめんがた)」に分類することができます。

【チャージ型の電子マネー】定期やポイントカードなど種類はさまざま!

Suica
チャージ型の電子マネーには以下のような種類があります。

  • Edy
  • nanaco
  • iD
  • Waon
  • suica

これらの種類はチャージが可能なので、ずっと使い続けることができます。

また、nanacoのようにカードを提示するだけでポイントが貰えるタイプもあるので、一般的には「ポイントカード」のような感覚で使っている方も多いと思います。

一方、suicaのように交通系ICと呼ばれる電子マネーは定期の代名詞にもなりつつあり、電子マネーは使っている種類から「ポイントカード」や「定期」といったように、人によってイメージが大きく異なります。

【額面型の電子マネー】アプリやゲーム課金などで定番の電子マネー!

額面型の電子マネーは、主にコンビニで売っているプリペイドカードが該当します。

  • iTunesカード
  • Google Play
  • WebManey
  • Amazonギフト
  • Bitcash

カードを購入するときに金額を決めることができますが、使い切りタイプの電子マネーなので追加でチャージすることができません。

プリペイドカードとは?

プリペイド
電子マネーの種類を知ると、「プリペイドカードと電子マネーの違いは?」という疑問が湧きますよね。

プリペイドカードは「prepaid=先払い」という意味で、電子マネーはほとんどの種類が先払いです。(一部、クレジットカードのように後払いできるプリペイドカードもある)

それぞれの言葉の意味や使い方からしても、プリペイドカードと電子マネーは比較することができず、単に言葉の意味が違うという認識でOKです。

たとえば、iTunesカードを「プリペイドカード」or「電子マネー」のどちらで呼んでもある意味正しいです。

電子マネーの普及率は?


今は、昔に比べるとキャッシュレス化が着実に進んでいますが、電子マネーの普及率や利用率は気になるところですね。

e-Stat・政府統計の総合窓口」には家計消費状況調査という統計データが記載されており、その中に「電子マネーの利用状況」というのがあります。

これを元にして、2008年から2018年の10年間でどのくらい電子マネーが普及しているのかを比較したので、それを見ていきましょう。

※参考資料
・「2008年4月~6月 全国・地方・都市階級別電子マネー等関連の利用状況」
・「2018年1月~3月 全国・地方・都市階級別電子マネー等関連の利用状況」

電子マネーを持っている世帯員がいる

全国10,000世帯を対象に電子マネーを持っている世帯員がいる割合は、以下のようになっています。

  • 2008年:24.7%
  • 2018年:56.0%

2008年は24.7%の世帯しか電子マネーを持っていなかったわけですが、2018年は56.0%まで増えています。

単純に想定すると、全国の2人に1人は何かしらの電子マネーを持っているとも言えますね。

電子マネーを持っている世帯員がいない

全国10,000世帯を対象に電子マネーを持っている世帯員がいない割合は、以下のようになっています。

  • 2008年:73.9%
  • 2018年:43.9%

このデータは「電子マネーを持っている世帯員がいる」と同じ結果であることがわかりますが、この10年間で電子マネーが急激に普及していることは間違いありません。

電子マネーを利用した世帯員がいる

全国10,000世帯を対象に電子マネーを利用した世帯員がいる割合は、以下のようになっています。

  • 2008年:18.1%
  • 2018年:47.2%

2008年はほとんどの人が電子マネーを利用していなかった状況ですが、2018年は電子マネーの普及率に比例して利用者数も伸びています。

電子マネーを利用した1世帯あたりの平均利用額

全国10,000世帯を対象に電子マネーを利用した1世帯あたりの平均利用額は、以下のようになっています。

  • 2008年:7,789円/月
  • 2018年:16,033円/月

やはり、2018年までに電子マネーの利用率が増えていることから、1世帯あたりの電子マネー利用額も倍以上に増加しています。

今後も電子マネーの普及率は伸びていくと予想される!

家計消費状況調査から電子マネーの普及率や利用率を紹介しましたが、普段の生活でも電子マネーという存在が珍しくはなくなっており、その状況からも電子マネーが普及していることを少なからず実感できます。

今後は、新しいスマホアプリの登場や電子マネー加盟店の増加など、電子マネーを使いやすい社会が作られていくことが予想されます。

この10年間の普及と同じように、これからも電子マネーの普及率や利用率は伸びていきそうな予感ですね。

※電子マネーを日常的に遣っている人からすと、コンビニやスーパーで現金をモタモタ払っている人を見ると少しイライラするかもとすら思います。

電子マネーの種類

電子マネーは多くの種類がありますが、「交通系IC」と「それ以外」に大別することができます。

【交通系IC】該当エリアから選ぶのがオススメ!

交通系ICの電子マネーは、定期として使われることが多いです。普通に現金で定期を購入するよりも交通系ICの電子マネーを使う方が、ポイントが貯まるのでお得というわけです。

  1. Suica:JR東日本の電子マネー
  2. PASMO:株式会社パスモの電子マネー
  3. Kitaca:北海道旅客鉄道株式会社の電子マネー
  4. ICOCA:JR西日本の電子マネー
  5. manaca:名古屋交通開発機構と株式会社エムアイシーの電子マネー
  6. TOICA:JR東海の電子マネー
  7. PiTaPa:スルッとKANSAIの電子マネー
  8. はやかけん:福岡市交通局の電子マネー
  9. nimoca:ニモカの電子マネー
  10. SUGOCA:JR九州の電子マネー

基本的に交通系ICの電子マネーは相互利用エリアがあるので、選び方はお住まいのエリアに対応している電子マネーを選ぶのがスタンダードです。

一般的には「Suica」がもっとも有名だと思われますが、相互利用エリアを考慮しても該当エリアの交通系ICを選ばなければ、地域によっては実用性がほとんどないこともあります。

【交通系IC以外】利用するお店にある電子マネーを選ぶのがオススメ!

交通系IC以外の電子マネーは、以下のような種類があります。

  1. iD:三井住友カードとドコモの電子マネー
  2. 楽天Edy:楽天の電子マネー
  3. nanaco:セブンの電子マネー
  4. QuicPay:JCBとイオンが開発した電子マネー
  5. WAON:イオンの電子マネー
  6. au WALLET:auの電子マネー

こちらも利用頻度から決めるのが賢いです。

セブンへ行けばレジに「nanacoカード」がありますし、クレジットカードでは「iD」や「QuicPay」が搭載されているカードも多いです。

知らない間に複数の電子マネーを所持していることも珍しくはないので、1つの電子マネーに絞らずに併用していくスタンスが主流かもしれませんね。

【小ネタ】電子マネーの発行枚数ランキングを電話インタビュー取材で調べてみた!

電話調査
今回、「一般窓口から電子マネーの発行枚数を調べられるのか?」というおもしろい試みをやってみました。

  1. WAON:2018年3月時点で7,010万枚「WAONに関するお問い合わせ」
  2. Suica:2017年3月時点で6,398万枚「2017年決算」
    (今の枚数は電話で個別に対応していない、JR東日本ご意見承りセンターより)
  3. PASMO:2017年1月時点で3,252万枚「小田急電鉄お客様センター」
    (今の枚数はお問い合わせ窓口ではわからない)
  4. ICOCA:2017年3月時点で1,451万枚「JR西日本お客様センター」
  5. manaca:2015年度で430万枚「名鉄交通支局お客様センター」
    (今の枚数はお問い合わせ窓口ではわからない)
  6. nimoca:2018年3月時点で323万枚、無記名タイプ+スタータイプ「nimocaコールセンター」
    (すべてのタイプの合算値はお問い合わせではわからない」
  7. Kitaca:2018年7月時点で136万枚「北海道旅客鉄道株式会社お客様相談室」
    (お問い合わせを頂いた方に情報公開しています)
  8. はやかけん:2018年3月時点で112万枚「総務課総務係」
  9. TOICA:折り返しに日数が掛かります・・・「JR東海サービス相談室」
  10. PiTaPa:現在の枚数は把握していません・・・「PiTaPaコールセンター」
  11. SUGOCA:公表していません・・・「JR九州お客様相談センター」
  12. iD:タイプがさまざまで総数はコールセンターではわからない・・・「お問い合わせ窓口」
  13. 楽天Edy:個別対応の可否も含めて折り返しにお時間がかかります・・・「楽天Edyナビダイヤル」
  14. nanaco:わかりません・・・「お問い合わせセンター」
  15. QuicPay:目的によっては正確な数字を調べる必要があります。メディアの方は広報から取材の申し入れをしていただく必要があります。目的を明確にして頂かなければ、曖昧な回答ができません。「JCBインフォメーションセンター」
  16. au WALLET:今の枚数はわかりませんが、KDDIのページでは2,130万枚の公表があります「お問い合わせ窓口」

結論、すべての電子マネーの発行枚数は一般窓口から電話で調べることができないことがわかりました。

今回の電子マネーの発行枚数を電話で調べられるのかランキングでは、「WAON・7010万枚」や「Suica・6,398万枚」が発行枚数上位となる結果でしたが、実際は「楽天Edy・約1億500万枚」や「nanaco・約6,000万枚」など、発行枚数が多い電子マネーが他にもあります。

※今回は、一般窓口ですぐに発行枚数がわかる場合だけ結果を教えてもらい、時間が掛かる場合はお手間をお掛けするので遠慮させて頂きました。

本文で「わからない」や「把握していない」という表記をしていますが、本当に発行枚数がわからないのではなく、個別対応の可否も含めて一般窓口ではすぐに発行枚数を情報提供できないという意味で捉えてください。

担当してくださった方、どうもありがとうございました。

どうすれば正確な発行枚数を調べられるの?

電話で発行枚数を簡単に知ることができない理由は主に2つです。

  • 目的に合わせた対応をするため
  • 一般窓口で発行枚数の対応をしていない

どうしても発行枚数を知りたい電子マネーがあるなら、目的を明確にして担当部署に連絡をすると、対応してくれる会社は多いですよ。

また、その際には「クレカ一体型」など種類も明確にしておく方が、話がスムーズです。

発行枚数のデータは何の役に立つの?

発行枚数の数字が高ければ、それだけ電子マネーが「売れている」・「使われている」ということです。

しかし、基本的に電子マネーは発行枚数を基準に選ぶことは少ないので、これから電子マネーを作る方にとってはそこまで役立つデータにはならないかもしれません。

「これからのキャッシュレス社会はどう進化する?」や「電子マネーの発行枚数の推移」といった論文や研究をする際には非常に役立つデータになるので、経済を専攻している学生さんなどにとっては発行枚数の調べ方を知っておくと多少は参考になるかもしれませんね。

電子マネーが使えるオススメのクレジットカード5選!

電子マネーはクレジットカードからチャージして使うと、「ポイントの二重取り」や「還元率アップ(とくに交通系IC)」といったメリットがあります。

また、基本的に電子マネーは「先払い」が多いですが、クレジットカードから電子マネーを使う場合はチャージ額がカード請求に上がるので「後払い」ができます。

三井住友VISAデビュープラスカード

三井住友VISAデビュープラスカードは、以下の電子マネーがあります。

  • iD:追加カード
  • PiTaPa:追加カード
  • WAON:追加カード
  • Apple Pay:対応

三井住友カードは「iD」の運営会社なので同電子マネーを使えるのはもちろんですが、他にも「PiTaPa」や「WAON」も使えます。

幅の広さが魅力ですね。

btn_free_regist

JCB CARD W

JCB CARD Wは、Quic Payが搭載されています。

  • Quic Pay:追加カード
  • Apple Pay:対応

Quic PayはJCBが運営しており、他の券種についてもQuic Pay搭載のカードがたくさんあります。

btn_free_regist

セゾンブルーアメリカンエキスプレスカード

セゾンブルーアメリカンエキスプレスカードは、以下の2つの電子マネーがあります。

  • iD:カードに搭載
  • Quic Pay:カードに搭載
  • Apple Pay:対応

ちなみに電子マネーは年会費や発行手数料が無料なので、「追加カード」の場合でも申込んでおく方がお得です。

セゾンブルーbtn_free_regist

ライフカード

ライフカードは、以下の電子マネーがあります。

  • iD:カードに搭載
  • 楽天Edy:追加カード
  • Suica:追加カード
  • nanaco:追加カード
  • au WALLET:追加カード
  • Apple Pay:対応

多くの電子マネーが使えるので、複数の電子マネーを利用したい方にとって便利なクレジットカードです。

btn_free_regist

楽天カード

楽天カードは、以下の電子マネーがあります。

  • 楽天Edy:カードに搭載
  • Apple Pay:対応
btn_free_regist

使ってみたいクレジットカードは見つかりましたでしょうか?

クレジットカードの電子マネーは「三井住友VISAデビュープラスカード・追加カード」や「楽天カード・楽天Edyがカードに搭載」など、別としてカードが必要かどうかが異なります。

もし、電子マネーを追加カードとして持つ必要があっても「Apple Pay」に対応しているなら、iPhoneで秒払いできるので便利ですよ。

電子マネーとApple Payの違い

Applepay
参考:https://www.apple.com/jp/apple-pay/

Apple Payはイメージ的に電子マネーと同じように感じると思いますが、電子マネーとApple Payの仕組みは違います。

  • 電子マネー:お金をデジタル化して利用するシステム
  • Apple Pay:iPhoneにカードを登録して利用するシステム

このようにそもそもの違いがあるので、整理して覚えておきましょう。

Apple Payが対応している電子マネー

Apple Payはどんなカードでも登録できるのではなく、Apple Payが対応しているカードだけ登録することができます。

  • iD
  • Quic Pay
  • Suica

Apple Pay」の公式を見ると、現在対応している電子マネーは3種類です。

該当の電子マネーを利用する場合、Apple Payを使ってみてくださいね。

使える場所は下記です。
ApplePayが使える場所
参考:https://www.apple.com/jp/apple-pay/

【まとめ】自分に合った電子マネーを選ぶコツ

電子マネーはいろいろな種類があるわけですが、自分の生活にあると便利な電子マネーの決め方は「利用頻度」から選ぶのがオススメです。その選び方としてもっとも簡単なのが、日頃利用しているお店で使える電子マネーを作ることです。

  • 交通系IC:該当エリアから選ぶ
  • 交通系IC以外:利用頻度から選ぶ

私の場合ならセブン-イレブンへ行く機会が多いので「nanaco」が便利です。交通系ICは、関西エリアなので「PiTaPa」や「ICOCA」を持っている人が多く、「Suica」はちらほらといった感じです。

お店にいくと「電子マネーを使えます」とか「ポイントはよろしいですか?」なんて言われることが多いですよね。私はそれを機会に興味を持って電子マネーを作るのがほとんどなので、自分の生活エリアにおいて自然と利用頻度の高い電子マネーを所持できています。

みなさんも、良く行くお店などを中心にベストな電子マネーを探してみてくださいね。


このページを閉じる前に、要チェック!

当サイトで学生さんの申込が多いクレジットカードのランキングです。

最新!当サイトで申込の多いクレカ!
【1位】三井住友VISAデビュープラスカード
【2位】セゾンブルー・アメックス
【3位】JCB CARD Wライフカード
オススメカードについての解説

初めてのカード・二枚目のカードを悩んでいる方は、この4枚をまずはチェック!

【1位】三井住友VISAデビュープラスカード
【2位】セゾンブルー・アメックス
【3位】JCB CARD Wライフカード

自分にピッタリのクレジットカードの選び方がわからない方は、基礎知識・おすすめカードの選び方が一気に学べるトップページをぜひ見てください。→ https://学生クレジットカード.com

失敗しないクレカ選びのポイント!

creca_footer_link