今さら聞けない電子マネー

電子マネーと聞くと、なんとなくSuicaやWAONなどの思い浮かべるのではないでしょうか?

電子マネーにはまだまだ種類があり、iTunesカードのようなプリペイド式のものとは明確に区別されているなどの特徴があります。

この記事では、電子マネーにはどのようなものがあるか、どれくらい普及率(人気なもの)しているのかなど、電子マネーについて解説します。

▼電子マネー搭載のクレジットカードもあります

最新!当サイトで今、人気の学生向けクレジットカード
【1位】三井住友カード デビュープラス
【2位】JCB CARD W
【3位】VIASOカード

電子マネーとは?

まずは「電子マネーの定義」を確認しておきましょう。

【そもそも電子マネーってなに?】

電子マネーとは、電子的なデータのやりとりによって決済を行う決済サービスの一種です。

カードをレジなどに置いてある端末に「ピッ」と触れさせるだけで支払いができます。

しかも、精算の時にサインする必要はありません。

引用:電子マネーとは-オリコカード

電子マネーには、「現金ではない(電子データ)」・「接触決済」・「サインレス」といった特徴があります。

代表的な電子マネー

具体的な電子マネーの名前を見てみましょう。

「あっ!これ知ってる!」「これって電子マネーだったんだ」というものがきっとあるはずですよ。

【代表的な電子マネー】 

  • Edy
  • nanaco
  • iD
  • WAON
  • Suica

電子マネーには、事前にチャージするタイプや後払いタイプなどさまざまな種類が存在しています。

中にはnanacoのようにカードを提示するだけでポイントが貰えるタイプもあるので、「ポイントカード」のような感覚で使っている方も多いでしょう。

一方、Suicaのように交通系ICと呼ばれる電子マネーは「定期」の代名詞にもなりつつあります。

電子マネーに対するイメージは、使い方や使っている種類によって大きく異なってくるでしょう。

学生向け特典やキャンペーンがお得なクレジットカードはこれだ!随時更新

注意:プリペイドカードやiTunesカードなどは電子マネーではない

主にコンビニで売っている、プリペイドカード(iTunesカードなど)は電子マネーではありません。

たまに勘違いされる方がいますが、事前チャージ式の電子マネーはプリペイドカードと似ていますが違うものです。

ややこしく感じるかもしれませんが、きちんと区別しておきましょう。

【電子マネーに似ているが違うもの】 

  • iTunesカード
  • Google Play
  • WebManey
  • Amazonギフト
  • Bitcash

電子マネーの普及率は?

具体的な電子マネーの普及率や利用率はどのくらいなのでしょうか?

政府が発表している「e-Stat・政府統計の総合窓口」には「家計消費状況調査」という統計データがあります。

その中の「電子マネーの利用状況」を参考に普及率をみていきます。

これを元にして、2008年から2020年の12年間でどのくらい電子マネーが普及しているのかを比較したので、それを見ていきましょう。

▼参考資料

電子マネーを持っている世帯員がいる

全国10,000世帯を対象に「電子マネーを持っている世帯員がいる割合」は、以下のようになっています。

【電子マネーを持っている世帯員がいる割合】 

  • 2008年:24.7%
  • 2020年:69.7%

2008年は24.7%の世帯しか電子マネーを持っていませんでしたが、2020年は69.7%まで増加しています。

10年間で3倍近い世帯に電子マネーが普及したことがわかりますね。

電子マネーを利用した世帯員がいる

全国10,000世帯を対象に「電子マネーを利用した世帯員がいる割合」は、以下のようになっています。

【電子マネーを利用した世帯員がいる割合】 

  • 2008年:18.1%
  • 2020年:53.7%

2008年は電子マネーの利用者はほとんどいませんでした。

2020年は電子マネーの普及率に比例して利用者数もぐんと伸びています。

電子マネーを利用した1世帯あたりの平均利用額

全国10,000世帯を対象にした「1世帯あたりの電子マネーの平均利用額」は、以下のようになっています。

【1世帯あたりの電子マネーの平均利用額】 

  • 2008年:7,789円/月
  • 2020年:22,310円/月

電子マネーの利用率が増えていることから、1世帯あたりの電子マネー利用額も3倍以上に増加しています。

ちなみに2019年の平均利用額は17,454円/月だったので、1年で大きく利用額を伸ばしました。

今後も電子マネーの普及率は伸びていくと予想される!

家計消費状況調査から電子マネーの普及率や利用率を紹介しました。

普段の生活でも電子マネーはすでに身近な存在だと言えますよね。

2018年後半からは、PayPayやメルペイといったQRコード決済も多数リリースされています。

大学生は、クレジットカードを何枚持つべき?自分にとって必要なクレカを選ぶコツ・基準は?

電子マネーの種類

電子マネーは多くの種類がありますが、「交通系IC」と「それ以外」に大別することができます。

【交通系IC】該当エリアから選ぶのがオススメ!

交通系ICの電子マネーは、おもに切符や定期券代わりとして使われることが多いです。

普通に現金で定期を購入するよりも交通系ICの電子マネーを使う方が、ポイントが貯まるのでお得になります。

 

  1. Suica:JR東日本の電子マネー
  2. PASMO:株式会社パスモの電子マネー
  3. Kitaca:北海道旅客鉄道株式会社の電子マネー
  4. ICOCA:JR西日本の電子マネー
  5. manaca:名古屋交通開発機構と株式会社エムアイシーの電子マネー
  6. TOICA:JR東海の電子マネー
  7. PiTaPa:スルッとKANSAIの電子マネー
  8. はやかけん:福岡市交通局の電子マネー
  9. nimoca:ニモカの電子マネー
  10. SUGOCA:JR九州の電子マネー

交通系ICの電子マネーは利用エリアが特定されています(一部、相互利用可能な電子マネーもあり)。

住んでいるエリアに対応している電子マネーを選ぶのがスタンダードです。

首都圏に住んでいる方だと「Suica」や「PASMO」を利用するのがもっとも一般的でしょう。

筆者は地元が愛知県なので、基本的にみんなTOICAを利用していますが、Suicaも使うことは可能です(ちなみに現住所は東京で交通系ICはSuicaを利用しています)。

ちなみに交通系ICが一体になっているクレジットカードもあります。

クレジットカードと電子マネーの2枚持ちを避けたい場合には、ぜひ検討してみてはいかがでしょうか?

■詳細:学生の通学・通勤に便利!交通系Suica・PASMO一体型のおすすめクレジットカード

【交通系IC以外】利用するお店にある電子マネーを選ぶのがオススメ!

交通系IC以外の電子マネーは、以下のような種類があります。

  1. iD:三井住友カードとドコモの電子マネー
  2. 楽天Edy:楽天の電子マネー
  3. nanaco:セブンの電子マネー
  4. QuicPay:JCBとイオンが開発した電子マネー
  5. WAON:イオンの電子マネー
  6. au WALLET:auの電子マネー

交通系電子マネー以外は、よく行くお店で使える電子マネーを選ぶといいでしょう。

たとえば、セブン-イレブンなら「nanacoカード」のほかに「iD」や「QuicPay」などが利用できます。

ポイント!

お店によって利用できる電子マネーが異なりますので、3種類程度の電子マネーを使いまわすのがオススメです。

【コラム】どの電子マネーが人気?利用率ランキング

統計イメージ

電子マネーには交通系やそれ以外をあわせるとたくさんの種類があります。

どの電子マネーが多く使われているのでしょうか?

電子マネーの利用率ランキングを紹介します。

注意!

下記で紹介しているのはスマホ決済ができる電子マネーのみを対象とした調査結果です。

【最もよく利用しているスマホの電子マネー決済】
電子マネー利用ランキング

引用:MMD研究所

楽天EdyやモバイルSuicaの2種類が全体の50%を占めています。

どうすれば正確な発行枚数を調べられるの?

ちなみに、電子マネーの発行枚数や利用者数は公式サイトにはほぼ掲載されていません。

筆者も電話で問い合わせましたが、ほぼ回答してもらえませんでした。

どうしても発行枚数を知りたい電子マネーがあるときは、目的を明確にして担当部署に連絡をすると、対応してくれる可能性があります。

問い合わせに対応してもらえない場合は、自分でアンケートをとってどの電子マネーが人気なのかを調べるのも手でしょう。

卒業論文やレポート執筆時の参考になると嬉しいです。

電子マネーが使えるオススメのクレジットカード4選!

電子マネーはクレジットカードからチャージして使うと、「ポイントの二重取り」「還元率アップ」といったメリットがあります。

また、基本的に電子マネーは「先払い」が多いですが、クレジットカードから電子マネーを使う場合はチャージ額がカード請求に上がるので「後払い」ができます。

三井住友カード デビュープラス

三井住友カード デビュープラスは、以下の電子マネーがあります。

 

  • iD:追加カード
  • PiTaPa:追加カード
  • WAON:追加カード
  • Apple Pay:対応

三井住友カードは「iD」の運営会社なので同電子マネーを使えるのはもちろんですが、他にも「PiTaPa」や「WAON」も使えます。

幅の広さが魅力ですね。

三井住友カード デビュープラス

超有名なブランド力・セキュリティに安心感があります。入会3ヶ月は還元率2.5%・通常でも還元率1.0%と普段使いで超お得なカードです。はじめてのクレカとして使いやすさで大人気です。最短翌営業日のスピード発行!

三井住友カード デビュープラス
入会特典新規入会&Vpassアプリログインで もれなくご利用金額の20% 最大12,000円プレゼント
年会費(初年度) 無料
年会費(2年目~) 条件付き無料
ポイント還元率(通常) 1.0%
ポイント還元率(最大) 3.0%
発行スピード(最短)~3営業日

JCB CARD W

JCB CARD Wは、Quic Payが搭載されています。

  • Quic Pay:追加カード
  • Apple Pay:対応

Quic PayはJCBが運営しており、他の券種についてもQuic Pay搭載のカードがたくさんあります。

JCB CARD W

年会費がずっと無料のカードでは最高クラスの実力。普通に使うだけでもお得+特典も豊富なカードです。キャンペーン盛りだくさんの今こそ、入会のベストタイミングです!

JCB CARD W
入会特典インターネット新規入会限定、キャンペーンを組み合わせると最大14,500円分プレゼント!
年会費(初年度) 無料
年会費(2年目~) 無料
ポイント還元率(通常) 1.0%
ポイント還元率(最大) 3.5%
発行スピード(最短)~3営業日

ライフカード

ライフカードは、以下の電子マネーがあります。

  • iD:カードに搭載
  • 楽天Edy:追加カード
  • Suica:追加カード
  • nanaco:追加カード
  • au WALLET:追加カード
  • Apple Pay:対応

多くの電子マネーが使えるので、複数の電子マネーを利用したい方にとって便利なクレジットカードです。

ライフカード(学生専用)

海外でのカード支払い分は5%キャッシュバック!海外旅行保険もついているので、海外行くなら絶対持つべき!

ライフカード(学生専用)
入会特典カード発行+ショッピング利用+友達紹介などで最大10,000円相当のポイントプレゼント
年会費(初年度) 無料
年会費(2年目~) 無料
ポイント還元率(通常) 0.5%
ポイント還元率(最大) 5.0%
発行スピード(最短)~3営業日

楽天カード

楽天カードは、以下の電子マネーがあります。

 

  • 楽天Edy:カードに搭載
  • Apple Pay:対応
楽天カード

CMで超有名、楽天カードマンでおなじみ年会費永年無料の楽天カード。ずっと楽天よく使うなら絶対持ちましょう。ポイントザクザク。

楽天カード
入会特典キャンペーン期間によって、もれなく5,000円ポイントプレゼント
年会費(初年度) 無料
年会費(2年目~) 無料
ポイント還元率(通常) 1.0%
ポイント還元率(最大) 10.0%
発行スピード(最短)~1週間

使ってみたいクレジットカードは見つかりましたか?

電子マネーとApple Payの違い

Applepay

Apple Payは、イメージ的に電子マネーと同じように感じると思いますが、電子マネーとApple Payの仕組みは違います。

【電子マネーとapple Payの違い】 

  • 電子マネー:お金をデジタル化して利用するシステム
  • Apple Pay:iPhoneにカードを登録して利用するシステム

このように仕組みに違いがあるので、整理して覚えておきましょう。

筆者は今年から新しいiPhoneを手に入れてApple Payデビューをしたのですが、1週間立たずApple Payなしでの生活が考えられないくらいの利便性で驚きました・・・!

近くのコンビニやスーパーなどに行くときなんかは、お財布すら持っていかずに、スマホで「ピッ(iDもしくはQUICPayもしくはSuica)」で済ませています。

Apple Payが対応している電子マネー

Apple Payはどんなカードでも登録できるのではなく、Apple Payが対応しているカードだけ登録することができます。

 

  • iD
  • Quic Pay
  • Suica

Apple Pay」の公式を見ると、現在対応している電子マネーは3種類です。

該当の電子マネーを利用する場合、Apple Payを使ってみてくださいね。

使える場所は下記です。

ApplePayが使える場所

たとえば、三井住友カード デビュープラスだと、カードの裏面に「iD」と書いてあります。

また「VISAタッチ」といって機器にかざすだけで決済することもできます。

今までは一度カードを店員さんに渡さなければいけませんでしたが、その手間すら省けるようになりました。

まとめ:自分に合った電子マネーを選ぶコツ

電子マネーはいろいろな種類があります。

自分の生活にあると便利な電子マネーの決め方は「利用頻度」から選ぶのがオススメです。

その選び方としてもっとも簡単なのが、日頃利用しているお店で使える電子マネーを作ることです。

  • 交通系IC:該当エリアから選ぶ
  • 交通系IC以外:よく行くお店から選ぶ

筆者の場合は、セブン-イレブンへ行く機会が多いので「nanaco」をよく使います。

関東エリア在住なので、交通系電子マネーは「Suica」を利用しています。

このように自分の生活エリアで利用頻度の高い電子マネーをもっていると便利ですよ。

あなたもぜひ、良く行くお店などを中心にベストな電子マネーを探してみてくださいね。

画像の出典

  • 出典:Apple pay
  • 「この記事、参考になった!」と思っていただけましたか?

    ▼ぜひブクマ・シェアお願いします!

    周りの方・ご友人が悩んでいる時にもぜひ教えてあげてください。m(_ _)m

    運営者プロフィール

    学生クレカ管理人

    学生クレカ管理人

    自分が大学生・未成年時代のお金・クレジットカードの失敗経験をもとに、同じ失敗をする人・クレジットカードについて悩む人をひとりでも減らしたいという気持ちで当サイトを6年以上運営しているクレジットカードの専門家。

     

    130枚以上のクレジットカードを比較検討し、累計22枚のカードを所有してきた(大学生の頃は6枚所有)。マイルを累計30万以上保有。航空券をほぼ無料にし、ふらっと旅行に出かけるのが趣味。Amazonでのお買い物も累計40万円分以上、ほぼポイントで済ませている。

     

    カード会社幹部や広報部・外部の専門家ともつながりがあり、常に知識をアップデートしている。

     

    これからも、少しでもわかりやすい記事を届けられるように努力していきます!

     

    ▼ブログランキングにも参加しております。当サイトの思想に共感いただける方は、ポチッとおねがいしますm(_ _)m(タップ1回で投票完了します)

     

    ▼LINEでの相談も、気軽にどうぞ!

    かんたん検索でクレジットカードを選ぶ!自分にピッタリなカードが「ズバッと」見つかる人気ランキングからクレジットカードを選ぶ!

    自分にピッタリのクレジットカードの選び方がわからない方は、基礎知識・おすすめカードの選び方が一気に学べるトップページをぜひ見てください。→ https://学生クレジットカード.com