基本的には避けたいが、リボ専用クレジットカードは使い方次第ではお得になる?リボ専カード一覧・実質1回払いに設定しお得な特典だけ適用する方法は?



ポイントやサービスで特典の多いリボ専用クレジットカード。エブリプラス・Jizile・ファミマTカード・JCB-EITといったカードがリボ専カードと言われています。

ポイント還元率が高いなど特典が多くても、利用代金の支払い方法がリボ払い(リボルビング払い)では、金利手数料の負担が大きくなってしまってかえって心配という方も多いと思います。

ところが、リボ専用クレジットカードならではのお得なメリットを活かしながらも、手数料負担することなく利用する方法があります!具体的に知っていますか? 

利用しやすいリボ専用クレジットカードと、その支払方法を紹介します。ぜひご参考に!

この記事の目次

そもそもクレジットカードのリボ払いってどんな支払い方法?

リボ払いは数あるクレジットカード利用代金の支払い方法のひとつ

クレジットカードの利用代金の支払い方法には、一括払い・分割払い・ボーナス払いなどがあります。

リボ払いはそんな支払い方法のうちのひとつです。リボ払いの毎月の支払額には元金返済額(もともとの支払い金額)と手数料(カード会社が分割のツケ払いを受け入れる代わりにかかってしまう金利手数料)が含まれています。

リボ払いのメリット・デメリットって?

リボ払いは毎月の支払い額が原則として一定にできるので、支払い計画が立てやすいというメリットがあります。また、高額なショッピングをしやすいことも特長です。

一方で、リボ払いは長く続けると手数料負担が大きくなるというデメリットがあります。

カード会社によって実質年率は異なりますが、基本的に18%に設定されることが多い高い手数料率は学生はもちろん、社会人の利用者にとってもじわじわくる負担額です。

リボ払いはカード会社ごとに違いが大きいのも利用者にとってわかりにくい要因になっています。

不測のトラブルを避けるためにも、利用者はクレジットカードごとにきちんと理解する必要があるのです。

大きく分けると2つのタイプがあるリボ払い

ひと口にリボ払いといいますが、実は大きく分けると2つのタイプがあります。カード会社によって違いが大きいリボ払いも、2つのタイプを理解しておくとわかりやすくなります。

残高スライド方式。カード利用額が増えると支払額が大きくなることも!

カードの利用残高(債務残高)によっていくつかのランクが、あらかじめ決められています。そして、ランクごとに毎月の支払い額が決まってくる支払い方式です。

利用残高が増えてランクが変わると、支払い額が前月より一挙に増えることもあります。リボ払いは毎月の支払い額が一定だと思われている方は注意してください。

定額方式。毎月の支払額は一定、でも支払い期間が延びることも!

カードの利用残高にかかわらず、毎月の支払い額は一定です。支払い額が急に増えることはありませんが、利用残高が大きいと支払い期間が長くなってしまうことに注意してください。

支払いをリボ払いにする方法には、どんなものがあるの?

カード会社によって違いはありますが、クレジットカードの支払いをリボ払いにする方法は次のようなものがあります。

リボ払い専用カード

支払い方法がリボ払いに限定されて、他の支払い方法が選択できないカードをいいます。

事前登録型リボ払い

事前に支払い方法がリボ払いに設定されていて、カード利用した代金はすべてリボ払いになる方法です。このようなカードもリボ払い専用カードとして紹介されることがあります。

カード発行時には初期状態でリボ払いとなっているので、カードの利用を開始する前に、1回払いなど別の支払方法にしておくことをオススメします。

店頭選択型リボ払い

カードを利用する際に、店頭で利用者がリボ払いを指定する方式です。

あとからリボ選択型

店頭でのカード利用時は一回払いなど他の支払い方式を選択していても、後からリボ払いに変更する方式。ほとんどのクレジットカードの場合、カード会社の公式ホームページのマイページなどから変更できるようになっています。

リボ払い・分割払い等の詳細はこちらの記事もどうぞ。
リボ払い・分割払い・一括払いって何?リボ払いは注意!できる限り一括で支払いしよう!

リボ払い専用カードを利用する時に注意したいこと

リボ払い以外の支払い方法を選択できるリボ払い専用カードもある

前にも書いたとおりで、一般にリボ払い専用カードとされているクレジットカードでも、実はリボ払い以外の支払い方法を利用できることがあります。そのようなカードの場合は1回払いなどを選択しておくと安心です。

リボ払いはカードによって支払額が大きく違ってくることに注意!

先述したようにリボ払いは大別して残高スライド方式と定額法式があります。さらにカード会社によって金額の設定が大きく異なるので注意が必要です。

1回払いならば、クレジットカードによって違いがでることはありませんが、リボ払いはカードごとの違いが大きいのです。必ず自分のカードの支払い方法を確認することが必要です。

人気のリボ払い専用カードの支払方法を詳しくチェック

人気のあるリボ払い専用カードを、支払い方法に焦点を当ててチェックしてみましょう。クレジットカードごとにけっこう違いがあることがおわかりいただけると思います。

だいたいのカードは会員ページから毎月の支払い額を変更できるのでやってみましょう。

  • リボ払いの毎月支払い金額を、利用限度額と同額にする
  • リボ払いの毎月支払い金額を、利用限度額まで上げられない場合は設定できる上限まで引き上げ、毎月それ以上は使わないこととする

この方法で実質1回払い(通常のクレジットカード払いと同じ)として使うことができます。

※ここまでやるの面倒だよ!という場合は、リボ専ではないカードを新しく発行してから、リボ専カードはその後解約しましょう。

三井住友VISAエブリプラス

三井住友VISAエブリプラスの支払い方法はリボ払いオンリー

支払い方法は「マイ・ペイすリボ」専用です。「マイ・ペイすリボ」では、カード利用時に1回払い利用分が自動的にリボ払いになります。

カード発行時は毎月の支払額は5,000円に設定されています。リボ払い手数料の実質年率は18.0%。

三井住友VISAエブリプラスは支払い方法を実質1回払いにできる!

三井住友VISAエブリプラスはリボ払い専用ですが、「マイ・ペイすリボ」で毎月の支払い金額を変更できます。

支払金額は最低支払金額が5,000円。1万円以上、1万円単位で変更することが可能です。

したがって、カード利用額を超える金額に設定しておくことをオススメします。

毎月利用残高すべての支払いをすることができるので手数料がかからず、実質1回払いのクレジットカードとして利用できます。

三菱UFJニコス DCカード Jizile(ジザイル)

DCカード Jizileはリボ払いのスペックは?

三菱UFJニコス DCカード Jizileはリボ払い専用カードです。

カード発行時は毎月の支払額は5,000円に設定されています。

リボ払い手数料の実質年率は15.0%と低めなのがメリット。

返済方法の自由度が高い! DCカード Jizile

毎月の支払額は5,000円、1・2・3・4・5万円から自由に選択できます。

また、余裕があるときは自動引き落としで追加返済が可能です。

さらに、銀行やコンビニのATMからいつでも追加返済ができます。

自由に返済して利用残高を減らしていけるので、使い方によってはリボ払い専用カードというデメリットを感じることなく利用できます。

P-one Wiz

P-one Wizは毎月3,000円からのリボ払い

P-one Wizはショッピングリボ払い専用カード。

毎月の支払額は3,000円からのリボ払い。

リボ払い手数料の実質年率は18.0%。

支払金額は自由に設定可能。P-one Wiz

P-one Wizはミニマムペイメント(最小支払額)3,000円以上ならば、1円単位で毎月の支払金額を設定できます。また、全額返済をすることも可能。

ファミマTカード

ファミマTカードはミニマムペイメント支払

ファミマTカードは利用残高によって、毎月のミニマムペイメント(最小支払額)が決まってきます。

たとえば、利用残高10万円以下ならば、月々のミニマムペイメントは3,000円。
リボ払い手数料の実質年率は18.0%。

全額返済も可能なファミマTカード

毎月の支払はミニマムペイメント以上の金額ならば、いくらでもよいので増額して全額返済することも可能です。

ファミマTカードに関しては以前もリボ専に絡めた記事を書いていました。
ファミマTカードはリボ専だが、実質1回払いにできるカード。学生にお得な使い方を徹底解説!

セディナカード Jiyu!da!

実はリボ払い専用カードじゃない!セディナカード Jiyu!da!

セディナカード Jiyu!da!はリボ払い専用カードとして紹介されることが多いですが、ショッピング利用時にはリボ払い以外にも、次のようないろいろな支払い方法を選べます。2回払い・分割払い・ボーナス一括払い・ボーナス2回払い。

ただし、カード発行時にはリボ払いが初期状態となっています。また、キャッシング利用時の支払い方法はリボ払い専用です。

毎月の支払額は自分で設定可能。セディナカード Jiyu!da!

ショッピングの支払いコースは5,000円以上5,000円単位で設定できます。また、インターネットや銀行ATMを使って、自由に支払うことも可能。

賢く利用すれば、けっこう使えるリボ専用クレジットカード

クレジットカードではネガティブなイメージがあるリボ払い。

しかし、賢く利用すれば、リボ専用クレジットカードならではのお得な特典を受けながらも、手数料負担なく使えることを御理解いただけたと思います。

リボ専用クレジットカードは計画的に利用すれば、お得なカードに化けることがあります。ただし、よけいな手数料を取られないためにも利用方法には注意してください。筆者は面倒なので、リボ専じゃない普通のクレジットカードを使っています。


このページを閉じる前に、要チェック!

当サイトで学生さんの申込が多いクレジットカードのランキングです。

最新!当サイトで申込の多いクレカ!
【1位】三井住友VISAデビュープラスカード
【2位】セゾンブルー・アメックス
【3位】JCB CARD Wライフカード
オススメカードについての解説

初めてのカード・二枚目のカードを悩んでいる方は、この4枚をまずはチェック!

【1位】三井住友VISAデビュープラスカード
【2位】セゾンブルー・アメックス
【3位】JCB CARD Wライフカード

自分にピッタリのクレジットカードの選び方がわからない方は、基礎知識・おすすめカードの選び方が一気に学べるトップページをぜひ見てください。→ https://学生クレジットカード.com

失敗しないクレカ選びのポイント!

creca_footer_link