バンドルカードの「ポチっとチャージ」で2万円までアプリで前借りできちゃう鬼のサービス!まるでCASHの再来!?


ポチっとチャージ
今回はバンドルカードに新機能として追加された「ポチっとチャージ」を紹介していきます。

バンドルカードに新機能の「ポチっとチャージ」が追加!

ざっくりまとめると!?

  • 最大20,000円まで「前借りで即チャージ」できる
  • 前借りは翌月の末日までに支払い
  • 手数料は「500円」or「800円」
  • 支払い方法は「コンビニ」or「ペイジー」を選べる
  • 利用方法はアプリ内で「ポチっとチャージ」を選択するだけ

動画もわかりやすく学べます!
ポチっとチャージ<公式サイト>で今すぐチェック!

お金がない時であっても、最大20,000円まで前借りでチャージできることがわかりやすく最大のメリットです。

そもそも、バンドルカードって何?

バンドルカード
バンドルカードはKanmuが提供する「Visaプリカ」のサービスです。

このサービスは上記の画像のように専用アプリがあり、アプリ内で「ネット専用のプリペイドカードを発行」+「チャージ等の管理も完結」できるすぐれものです。

通常、ネット専用のプリペイドカードは銀行やカード会社など、各社が用意している専用ページから管理します。バンドルカードの場合、それを発行から利用までアプリ内で完結できることが特徴です。

最速1分で作れるVisaカード「バンドルカード」とは?作り方・使い方のまとめ。メルカリ・Amazon・海外でも使える素晴らしいプリペイドカード。10代中高生でも作れて、コンビニで簡単にチャージできます。」で詳しく解説しているので、バンドルカードを知らない方は合わせて読んでみてくださいね。

バンドルカード作成とポチっとチャージの使い方

ポチっとチャージで前借りするためにはバンドルカードを作らなければなりません。

まずは、バンドルカードの作成方法を見ていきましょう。

バンドルカードは審査なしで即発行!

バンドルカードの作成手順は以下のとおりです。

  1. アプリをダウンロード
  2. アプリ内で「アカウント登録」を選択
  3. ユーザーIDとパスワードを決める
  4. 生年月日と性別を登録
  5. 電話番号を登録
  6. 登録した電話番号のSMSで認証する
  7. 認証の流れからアカウント登録へ進む
  8. 「バンドルカード発行」をタップで完了

バンドルカードはクレジットカードではなく「Visaプリカ」なので、審査がありません。

App Storeから専用アプリをダウンロードすることができ、アプリ内だけでバンドルカードを作成することができます。

また、バンドルカードは未成年でも発行可能なので、中学生や高校生にとっては通販サイトで買い物をしたい場合に「Visaのプリペイドカードを使える」ことから、今までよりもスムーズに買い物ができるというメリットを得られます。

ポチっとチャージの使い方

ポチっとチャージの利用手順は以下のとおりです。

  1. アプリにログインする
  2. チャージ方法で「ポチっとチャージ」を選択
  3. ポチっとチャージの説明画面で「次へ」を選択
  4. ポチっとチャージの申し込み画面で「申し込み」を選択
  5. 申し込み画面で氏名や生年月日などを入力する
  6. SMS認証を行うために電話番号を入力する
  7. 認証後にチャージしたい金額を決めて「OK」を選択
  8. 最終確認の画面で「この内容で申込む」を選択
  9. 申請が完了して自動的に残高にチャージが反映される

ポチっとチャージは「申し込むだけでチャージが完了」と、とても簡単です。

こちらもバンドルカードの作成と同じく、アプリ内で完結できます。とくに難しい点はありませんよ。

ポチっとチャージは、つまり「前借り」!手数料と支払い方法を覚えておこう

前借り
バンドルカードは「クレジットカード払い」や「ケータイ払い」など、さまざまなチャージ方法があります。

それらのチャージ方法と違ってポチっとチャージは「前借り」なので、前借りした金額を後払いしなければなりません。

ポチっとチャージの手数料

ポチっとチャージを使うには、手数料があります。

  • 3,000円~10,000円:500円
  • 11,000円~20,000円:800円

申込み金額によって「500円」or「800円」の手数料がかかるため、最大20,000円をチャージした場合は「20,000円」+「800円」=「20,800円」が支払い額となります。

ポチっとチャージの画面に手数料もしっかりと記載されているので、手数料を把握するのは簡単です。

ポチっとチャージの支払い期日

ポチっとチャージでチャージした金額は、利用した月の翌月の末日が支払期限となるので、その日までに総額を支払う必要があります。

こちらも「支払い期限」という項目が表示されるので、しっかりと確認しておきましょう。

ポチっとチャージは支払期限を過ぎて延滞してしまうと「14.0%」の遅延損害金が発生するため、必ず支払期限までに支払いを終えるようにしてください

。この遅延損害金は支払期日の翌日からすぐに発生するわけではありませんが、「相当の遅延行為(明確な日数は表記なし)」でいずれは発生してしまうので、注意してくださいね。

ちなみにポチっとチャージの上限額である20,000円を滞納すると、その時の遅延損害金は「20,000円」×「14.0%」=「2,800円」なので、合計の支払額は「22,800円」となります。

同額の通常手数料は「800円」なので、「2,000円」も多く支払わなければなりません。

ポチっとチャージの支払い方法

ポチっとチャージの支払い方法は2つあります。

  • コンビニ払い
  • 銀行ATM(ペイジー)

どちらも該当の店舗に設置されている操作機を使って支払いを行いますが、その際に必要な情報はアプリ内で「お客様番号」や「確認番号」を把握することができます。

操作機は画面の指示にしたがって支払いを進めるだけなので、こちらもとくに難しいところはありません。

「バンドルカード」+「ポチっとチャージ」で毎月のお金のやりくりを改善!

バンドルカードはアプリ内からすぐに発券可能で、身分証明書の提出や審査などがありません。Visaプリカを持つことで「通販サイトの買物が楽になる」というのがメリットです。

さらに今回紹介した新機能のポチっとチャージがあることで、「お金がないけど買うべきものがある!」という状況でも、20,000円までなら前借りして買い物ができるようになるわけです。

最近は、お金をすぐに手に入れられるアプリが増えていますが、その中でも知名度の高い「CASH」との違いについても紹介しておくので、違いを明確にして使い分けてくださいね。

「CASH」と「ポチっとチャージ」の違い

CASHキャッシュ
CASH(キャッシュ)」は、アイテムをすぐにお金に換えることができる買取アプリです。通常の買取は査定を終えてから商品の引き渡しとともにお金を受け取りますが、CASHは先にお金を受け取って2週間以内にアイテムを送ることができます。

「ポチっとチャージ」はチャージ分を前借りできるサービスで、その金額を期限までに後払いしなければなりません。

  • CASH:売れる商品が必要
  • ポチっとチャージ:後払いできる金額が必要

どちらもすぐにお金を手に入れられるという点は同じですが、仕組みが全然違います。

CASHはブランド品など高額なアイテムを持っていると、すぐに大きな金額を手に入れられるメリットがあります。

ポチっとチャージは最大20,000円までなら、その金額をすぐに手に入れられるメリットがあります。ただし、ポチっとチャージは「給料日」や「支払期限」から支払管理を徹底しておき、延滞しないことに注意をすることが大切です。


このページを閉じる前に、要チェック!

当サイトで学生さんの申込が多いクレジットカードのランキングです。

最新!当サイトで申込の多いクレカ!
【1位】三井住友VISAデビュープラスカード
【2位】セゾンブルー・アメックス
【3位】JCB CARD Wライフカード
オススメカードについての解説

初めてのカード・二枚目のカードを悩んでいる方は、この4枚をまずはチェック!

【1位】三井住友VISAデビュープラスカード
【2位】セゾンブルー・アメックス
【3位】JCB CARD Wライフカード

自分にピッタリのクレジットカードの選び方がわからない方は、基礎知識・おすすめカードの選び方が一気に学べるトップページをぜひ見てください。→ https://学生クレジットカード.com

失敗しないクレカ選びのポイント!

creca_footer_link