学生・新卒や20代の新社会人でもプラチナカードは持てる!申込条件ハードルが低いカードを比較・公開中!

この記事のもくじ

そもそもプラチナカードとは?

そもそもプラチナカードとは?

プラチナカードがどういうクレジットカードか知っていますか?

ゴールドカードやブラックカードはよく耳にしても「プラチナカード」は話題上がりづらいグレードですよね。

プラチナカードはゴールドカードの上位であり、ブラックカードの下位

わかりやすく表すと「学生用<一般<ゴールド<プラチナ<ブラック」の順番なので、ゴールドの上位であり、ブラックの下位です。

つまり、プラチナカードはそれほど耳にしないのですが、かなり高いランクが高くステータスもあるカードなのです!

各種特典がハイレベル(なかでもコンシェルジュデスクはすごい!)

クレジットカードはグレードごとに特典を差別化しており、プラチナカードとなると持て余してしまいそうなほどに充実した特典を受けられます。

プラチナカードからはコンシェルジュがつくものもある!

プラチナカードからは、コンシェルジェデスクがつくのが一般的。コンシェルジェデスクは、いわゆる秘書のような役割をしてくれるサービスです。

電話一本で飛行機や新幹線、ホテルなどの予約代行をしてくれたり、そもそも宿泊先ホテルや食事をするお店などを探してくれたりもします…!

旅行保険など旅行で役立つ特典が手厚い!

プラチナカードは旅行保険が充実していたり、空港ラウンジが利用できる機会が多く旅行がより一層快適になります!

プラチナカードは海外旅行保険として使える

海外旅行保険でいうと「傷害治療」や「疾病治療」の項目が大切なので要チェックです。この2つはケガや病気の治療費を補償するものです。

これは一例ですが…

 

  • 韓国での急性胃腸炎と診断され入院で約22万円
  • アメリカでの盲腸手術で入院費込み約240万円
  • アメリカでの骨折で入院費込み約230万円

などなど、ちょっと信じられないくらい海外の医療費は高額なケースもあります。

プラチナカードであればだいたい300~1,000万円*ほどの補償があるので、万が一の時にも安心できます。

※補償額はカードによります。

▼クレジットカードの旅行系保険に関する記事は下記も詳しいです。

クレジットカードは海外旅行(留学)でなぜ必要!?オススメの選び方・保険・失敗しない注意点まとめ!

国内海外の空港ラウンジ無料利用OKの特典まで…

プラチナカードの空港ラウンジ特典

空港ラウンジでは、国内主要空港をはじめ、場合によっては世界1,000以上の空港ラウンジを利用できる場合もあります!

さらには、航空会社の上級会員用の空港ラウンジを利用できるVIPな特典があるプラチナカードまでも…。

ラウンジではドリンクや軽食をすることができたり、wifiや電源などがあるので、フライトまでの待ち時間で仕事をする事も出来ます。

カードによっては同伴者も無料で利用できることもあるので、プライベートな旅行でも活躍しますよ!

▼空港ラウンジについて詳しい記事はこちら

学生でも空港ラウンジサービスが無料で利用可能なクレジットカードはある!航空券の乗り継ぎ便でも大活躍!

その他、トラベル・グルメ・エンターテイメントなどの特典が様々ある

コンシェルジュや旅行保険、空港ラウンジ以外にもさまざまな特典が用意されています。

少しだけ例として紹介します。

 

  • ホテルの上級会員になることができ、部屋のアップグレードVIPラウンジの利用権限、アーリーチェックイン/レイトチェックアウトができる特典
  • 一見さんお断りの高級料亭を予約できたり、提携しているレストランを利用する場合には、2名分のうち1名分が無料になる特典
  • 病気で治療を受けているがなかなか改善が見られない。という時に日本を代表する専門医を紹介してもらえる特典

まさにVIP待遇な特典が盛りだくさんです…!

プラチナカードの入会申込基準、審査ハードルは?

プラチナカードの入会、審査ハードルは?

プラチナカードはゴールドカードの上位カードなので、申込ハードルは高い部類に入ります。

通常インビテーション専用のクレジットカード(招待制)だったり年齢制限や年収の基準が定められていることがほとんど。

とはいえ、一般人にまったく手の届かないということなく、カードによってはインビテーションが不必要なものもあります。

なので「プラチナカードの入会、審査ハードルはそのカードによる」と認識しておいてください。

少し例を挙げておきます。

あるプラチナカードの下位のゴールドカードを毎月30万円以上、2年間使っていてもインビテーションが届かないという知人がいました。

ですが、筆者はインビテーションが不必要なプラチナカードに直接申し込みをしたら、すぐ審査通過して発行に至りました。

学生がプラチナカードを本会員として持つのは困難な理由

学生がプラチナカードを本会員として持つのは困難な理由

ところで当サイトは「学生クレジットカード.com」であり、学生によく閲覧していただくサイトなので、学生がプラチナカードを持てるのか?という部分にも触れてみます。

まず、前提として学生がプラチナカードを本会員として発行するのはかなり難しいといえます(※100%無理というわけではありません)。

理由としては以下の通りです。

 

  • 学生のアルバイト程度の年収(扶養内)では審査に通らない
  • ほとんどの学生にとって、年会費が無視できない負担額になる

①学生のアルバイト程度の年収(扶養内)では審査に通らない

プラチナカードごとに審査基準は異なりますが、一般的な社会人の平均年収である300~400万円以上はほしいところ。

ですが、クレジットカードの審査は年収だけではなく、今までの利用実績(クレヒス)をはじめ色々な項目でチェックがあるので一概には言えないので目安として考えておいてください。

②ほとんどの学生にとって、年会費が無視できない負担になる

プラチナカードの年会費は安いものでも2万円~であり、高いものになると10万円を超えてくるカードもあります。

10万円となると社会人でも無視できない負担ですが、学生の場合は数万円でも負担になり得ます。

無理して発行しても2年目以降に継続するのが難しい状況になりうることもあるので、負担になるかもと少しでも感じたら発行を踏みとどまった方が良いでしょう。

年会費の分を上回るメリットがないと、そもそも発行する意味もないですからね。

補足:新社会人になると1年目からハードルをクリアできる人もいる

学生では厳しくても、社会人になれば安定収入が見込めるため、プラチナカードを発行するハードルを越えることができるかもしれません。

審査ハードルの面はもちろんのこと、年会費が負担にならなければ精神的にも余裕が出るはず。

【裏技】親がプラチナカードを持っている場合「家族カード」という形でプラチナカードを所有することは可能

親がプラチナカードを持っている場合「家族カード」という形でプラチナカードを所有

学生や社会人なりたての頃など「プラチナカードを発行するのがキツいけど、どうしても保有したい…」という状況なら、親の家族カードで発行するという小技があります。

ちなみに家族カードとはクレジットカードの所有者である本会員の家族が、本会員と同じカードを追加で発行できるカードのことです。

カード本会員が受けることができる特典のすべてを家族カード保有者が受けられるとは限りませんが、特典の一部は享受できます!

なので「プラチナカードを発行したいけど、本会員としては発行できない…」という場合で、ご家族にプラチナカードホルダーの方がいたら、家族カードを発行して欲しいと頼んでみるのも手です。

原則27才以上でないと発行できないステイタスカードである「ダイナースカード」を例にした家族カード発行について記事にしたので、興味がある場合は合わせてご覧ください。

参考:至高のダイナースクラブカードを学生から持つ方法は「家族カード」のみ!?27歳未満の本会員は原則NGだが…

理論上、学生でも申込可能なプラチナカードは…あります!

ここまでプラチナカードの基本的なところから、学生や新卒の方の審査ハードルまで説明してきました。

学生だと厳しいのか…、という印象を受けたかもしれませが、実際に学生でもプラチナカードを発行している方はいます。

当サイトの運営者のひとりは、学生の頃からプラチナカードを発行して所有していました。条件が揃えば学生でも持つことは可能です。

そこで、プラチナカードの中でも申込ハードルが比較的低く、学生や新卒の方でもチャレンジできるカードを4枚厳選して紹介します。

※スマホの方は、左右にスクロールしてご覧いただけます。

券面券種名年会費ポイント
還元率
旅行保険 コンシェルジュ申込基準
プラチナローズカードJCBプラチナローズカードJCB25,000円 0.50%
~0.65%
最高5,000万円あり18才以上で
安定した収入あり
セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードセゾンプラチナ・ビジネス・
アメリカン・エキスプレス・カード
20,000円
※割引あり
0.50%
~1.125%
最高1億円あり20才以上で
安定した収入あり
MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードMUFGカード・プラチナ・
アメリカン・エキスプレス・カード
20,000円
※割引あり
0.50%
~1.0%
最高1億円あり20才以上で
安定した収入あり
エポスプラチナカードエポスプラチナカード27,778円
※割引あり
0.50%
~1.25%
最高1億円あり20才以上の方
学生を除く

①プラチナローズカードJCB(いよてつ高島屋)

①プラチナローズカードJCB(いよてつ高島屋)公式サイト

プラチナローズカードJCBは年会費25,000円(税別)でポイント還元率が0.5~0.65%のプラチナカード。

特典は以下の通りです。

  • コンシェルジュデスク
  • 伊予鉄市駅西駐車場が4時間無料
  • いよてつ高島屋での買い物7%割引
  • いよてつ高島屋ラウンジサービス
  • プライオリティパス付帯
  • ドクターコール24
  • JCBプレミアムステイプラン

24時間年中無休で旅行の手配やレストランの予約などが可能なコンシェルジュデスクや、世界1,200以上の空港ラウンジが利用できるプライオリティパシが付帯しています!

いよてつ高島屋での買い物の優待もあるので、よく利用する場合には魅力的かもしれません。ちなみにいよてつ高島屋は以下の店舗があります。

店舗 住所 電話番号
三島店 四国中央市三島中央5丁目13-2 (0896)28-7500
新居浜店 新居浜市繁本町4-7 (0897)33-1300
西条店 西条市大町1699-3エスト・ソレイユ紺屋町1階 (0897)47-8200
今治店 今治市旭町2丁目3-4 (0898)24-2400
大洲店 大洲市中村246-1アクトピア大洲内 (0893)24-1805
八幡浜店 八幡浜市矢野町7丁目 (0894)23-1001
宇和島店 宇和島市御幸町2丁目2-7 (0895)23-0022
南宇和店 南宇和郡愛南町御荘平城3723-1 (0895)72-5654

申込基準

プラチナローズカードJCBの申込基準は「18歳以上で安定した収入のある方、その配偶者または学生(高校生を除く)の方」です。

なので、理論上は学生でもOKということなのです!

②セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード公式サイト

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードは年会費20,000円(税別)でポイント還元率が最大1.125%のプラチナカードです。

ビジネスカード(法人カード)という分類ですが、個人の方でも発行することができます。

このカードはJALマイル還元率がトップクラスで高く、さらに旅行保険が充実していたり、プライオリティパス付きで世界中1,200もの空港ラウンジを利用できるの大人気。

その裏付けとしては、価格.comのランキングでも明らかになっています

 

  • 価格.comクレジットカードカテゴリ 下半期人気ランキング プラチナカード部門 第1位 (集計期間:2018年7月1日~12月31日)
  • ※価格.comクレジットカードカテゴリ 下半期人気ランキング 法人カード部門 第1位 (集計期間:2018年7月1日~12月31日)

さらには年間200万円以上の利用で、なんと年会費が半額の10,000円になるというコスパも抜群のプラチナカードです。

ちなみに筆者も保有しているプラチナカードです。個人的には券面がシルバーでプラチナ感が少ないのがちょっと残念です…

申込基準

公式サイトには「個人事業主または経営者の方(学生、未成年を除く)」とあります。

しかし、筆者は学生でも所有している人を見たことがあり、さらに当サイトの運営者は大学4年の頃に発行できていました。

学生、未成年を除くとはありますが、実際のところはどうなのでしょうか…?

③ MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード

MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード公式サイト

MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードは年会費20,000円(税抜き)でポイント還元率が0.80%~1.00%のプラチナカード。

プラチナローズカードJCBやセゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードと同様、コンシェルジュ付きであり、プライオリティパスも付帯しています!

入会特典として、初年度は国内利用で基本ポイントが1.5倍になるので、とてもポイント還元が期待できます。

また、24時間健康・介護相談サービスも付帯しており、健康・医療・介護相談や人間ドック・脳ドック・がん検診(PET検査)の割引取次ぎ・情報提供もしてもらえます。

申込基準

公式サイトには「原則として20才以上で、ご本人に安定した収入のある方(学生を除く)」とあります。

原則学生NGですが、プラチナの中ではハードルやや下がり新社会人でも持てるカード。

また「学生を除く」という記載があるもののあくまで「原則」であり、アルバイトやお仕事の収入があれば学生の身分を隠し社会人として申込チャレンジはアリです。

年収200~300万円でも審査通過報告があります。

条件がそろえば学生のうちに持てる可能性もあるかも…!

④エポスプラチナカード

エポスプラチナカード公式サイト

エポスプラチナカードは年会費が30,000円(税込)*ですが、年間100万円以上利用すると実質10,000円ほどでプラチナカードを持てる事になるコスパ抜群のプラチナカードです。

※インビテーション(招待からの申込)にてプラチナカードを発行した場合の年会費は20,000円(税込)です
※エポスプラチナカードで年間100万円以上利用すると翌年以降20,000円(税込)になります

年会費が安くなるのは、年間100万円以上クレジットカードを使うとボーナスポイントとして2万ポイントをもらうことができるからです。

ちなみに年間300万円使ったら4万ポイント、900万円で7万ポイント、最大で1,500万円で10万ポイントが毎年ボーナスとしてもらえます。

例によってプライオリティパスが付帯しているため、世界中1,200箇所の空港ラウンジを利用可能。

またコンシェルジュサービスもちゃんとついており、24時間365日利用することができます。

他にも誕生月にポイント還元率が2倍になったり、マルコとマルオの7日間というマイルのイベントにて全ての商品が10%オフで購入できたりと、マイルを利用する方にとって魅力的な特典もあります。

申込基準

公式サイトには「お申し込みは20歳以上の方(学生を除く)とさせていただきます」とあります。

学生を除く、という記載があるものの、アルバイトやお仕事の収入があれば学生の身分を隠し社会人として申込チャレンジはアリかもしれません!

まとめ

学生や新社会人がプラチナカードを発行するハードルは少し高いかもしれません。

しかし、ゴールドカードの上位カードであるプラチナカードには魅力的な特典が盛りだくさん

クレジットカードの利用実績を貯めつつ、申込条件をクリアできそうで年会費を支払う余裕があるなら、チャレンジしてみるのはアリかも…!

以上、プラチナカードについてでした。

「この記事、参考になった!」と思っていただけましたか?

▼ぜひブクマ・シェアお願いします!

周りの方・ご友人が悩んでいる時にもぜひ教えてあげてください。m(_ _)m

運営者プロフィール

学生クレカ管理人

学生クレカ管理人

自分が大学生・未成年時代のお金・クレジットカードの失敗経験をもとに、同じ失敗をする人・クレジットカードについて悩む人を一人でも減らしたいという気持ちで当サイトを5年以上運営している。

 

100枚以上のクレジットカードを比較検討し、累計14枚のカードを所有してきた(大学生の頃は6枚所有)。マイルを累計20万以上保有。航空券をほぼ無料にし、ふらっと旅行に出かけるのが趣味。Amazonでのお買い物も累計30万円分以上、ほぼポイントで済ませている。

 

カード会社幹部や広報部ともつながりがあり、常に知識をアップデートしている。

 

これからも、少しでもわかりやすい記事を届けられるように努力していきます!

 

▼注目コンテンツ!

▼LINEでの相談も、気軽にどうぞ!

かんたん検索でクレジットカードを選ぶ!自分にピッタリなカードが「ズバッと」見つかる人気ランキングからクレジットカードを選ぶ!

自分にピッタリのクレジットカードの選び方がわからない方は、基礎知識・おすすめカードの選び方が一気に学べるトップページをぜひ見てください。→ https://学生クレジットカード.com

失敗しないクレカ選びのポイント!

creca_footer_link