デビットカードとは?作り方・使い方・審査・オススメカードの徹底まとめ


最近ではクレジットカード以外でもキャッシュレスで買い物ができるカードが発行されています。その中の一つにデビットカードがあります。デビットカードは金融機関のキャッシュカードで買い物ができるサービスですが、VISAと提携したデビットカードが発行されてからますます便利になっています。今回はデビットカードの作り方からおすすめのカードの紹介まで徹底的にデビットカードを解剖していきます。

デビットカードのしくみと特長

まずはデビットカードがどのようなものなのかご紹介しましょう。

デビットカードのしくみ

デビットカードは銀行のキャッシュカード機能もあり、さらにデビットカード加盟店で買い物ができるシステムです。買い物の代金はすぐに銀行口座から引き落としされるので、クレジットカードのように発行会社にはリスクがありません。そのためデビットカードにはクレジットカード発行のような審査は必要ありません。現金がそこにあるかどうかが違うだけで、基本的にはキャッシュカードでお金を引き出すのと同じだからです。

※未払い等金融事故被害を与えてしまった金融機関及び関係会社では取引を断られ、結果的にデビットカードを作れないことも稀にあるようです。

日本ではJ-Debit(日本デビットカード推進協議会)がほとんどの金融機関と提携してデビットカーサービスを提供しています。これは申込も申請も不要で、キャッシュカードさえあればすぐに加盟店で買い物ができる便利なサービスです。しかし利用できる端末機は全国で45万ヶ所しかなく、しかも国内利用に限られているのでクレジットカードの利便性に劣っていました。そこに登場したのがVISAデビットカードです。

VISAデビットカードとは?

VISAと金融機関が提携して発行しているのがVISAデビットカードです。初めて発行されたVISAデビットカードは2005年のスルガ銀行のVISAデビットカードでした。これ以降イーバンク銀行(現在の楽天銀行)やジャパンネット銀行といったネット銀行を中心に発行が続き現在に至っています。

VISAデビットカード最大の特長は、VISA加盟店で利用できるということです。つまり海外利用も可能になりました。これによってデビットカードの利便性がさらに高まったのです。

デビットカードは審査がいらない

デビットカードは審査不要ということは説明しましたが、これによって利用できる人の幅が広がりました。クレジットカードでは審査の対象とならない人でもVISAの加盟店が利用できるというのは大きなメリットになります。入

会条件は発行会社によって少し違いがありますが、基本的に銀行口座を持っていれば、高校生でもVISAデビットカードを作り、クレジットカードに近い形で使うことができます(デビットカードによって申込可能年齢は若干違うものの、15歳高校生からが主流です)。さらにクレジットカード審査で却下された人や、クレジットカードに抵抗がある人なども使いやすいのがVISAデビットカードです。

※「クレジットカード 高校生」という検索が一定数ありますが、そういう方にこそデビットカードを知って持ってほしいものですね。

VISAデビットカードの作り方と便利な使い方

具体的にVISAデビットカードはどうやって作ったらいいのか、そのサービスはクレジットカードとどのように違うのか解説しましょう。

VISAデビットカードの作り方

基本的には金融機関のホームページからオンラインで申込をしますが、口座を持っていなければ同時に口座開設も同時に行うことになります。口座を持っていてキャッシュカードを利用している場合は、申込をすれば新しいデビット機能付きのキャッシュカードが送られてきます。

口座開設と同時申込の場合はオンラインで口座開設の申込後に口座開設の書類が自宅に送られてきます。身分を証明する書類とともに申込書類を返送してから、1週間ほどでデビットカードが手元に届きます。

VISAデビットカードは海外利用に便利

VISAと提携したことでデビットカードは海外利用にも便利になりました。ショッピングもちろんですが、ATMを利用することでさらに便利な使い方ができます。海外旅行ではクレジットカードを利用するという人でも、現金を使う場面はあるでしょう。その時はVISAデビットカードを利用すると必要金額だけATMで現地通貨を引き出すことができるので便利です。これで両替所を探すことなく、また高額な現金を持ち歩くリスクもなく現金を使うことができます。

クレジットカードのキャッシングでもATMから現金の引き出しができますが、金利がかかってしまいます。その点VISAデビットカードは預金を引き出すだけなので、為替手数料がかかるだけです。

海外でのクレジットカード利用はこちらの記事も参考にどうぞ。学生が海外留学するときのクレジットカード、オススメは?注意点は?保険の使い方は?

ポイントサービスもあるVISAデビットカード

J-Debitの場合はクレジットカードのようなポイントプログラムや付帯保険、優待サービスなどがありません。VISAデビットカードにも海外旅行傷害保険といった付帯サービスはありませんが、発行金融機関によって独自のポイントサービスがあります。標準で還元率0.2%の還元率ですが、還元率1%のカードもあり現金払いでは何もないことを考えるとVISAデビットカードを利用するとお得です。

発行金融機関によってサービスが違う

デビットカードを発行する金融機関はネットバンクや流通系の銀行といった金融機関も多くあります。それぞれ特長のあるサービスを提供しています。ジャパンネット銀行ではネットショッピング専用デビットカードとしてカードレスのデビットカードも発行しています。カード番号は4つまで発行でき、1日5回変更できるので不正利用が防止できます。またイオン銀行のデビットカードではイオンでの割引があるなど、それぞれ特長があるので自分にあったデビットカードを選ぶことができます。

JCBもデビットカードを発行

VISAに続いてJCBもデビットカードのサービス提供を開始しています。VISAデビットカードと基本的には同じメリットがありますが、JCB特有のサービスも提供しています。JCB加盟店の予約や観光に関する問い合わせを日本語で対応している「JCBプラザ」の利用がJCBデビットカードでも可能です。JCBプラザは海外60ヶ所にあるので海外旅行に便利です。

LINEでも相談受付中!

公式LINE@「学生おかねトーク」で質問・相談してみませんか?

  • クレジットカードに関する相談
  • お金に関する相談

気軽に送ってみくてください!

時間のあるときにお返事します^^

おすすめのデビットカード

デビットカードはいろいろな金融機関が発行しています。金融機関によってサービスが違うので、おすすめのデビットカードから自分にあったものを選んでみましょう。

2018年に新登場した、「GMOあおぞらネット銀行デビットカード」はかなりお得なキャンペーンを実施中ですのでぜひ公式サイトでチェックしてみてください!

まとめ

クレジットカードは後払い、プリペイドカードは前払いですが、デビットカードはちょうどその中間にあって、ショッピングと同時に口座から引き落としされます。

最も現金に近い支払い手段ですが、現金を引き出す手間もなくカード盗難保険も付帯されているので万一盗難にあっても安心です。

ほかにデビットカードの利用枠が設定できるという点や利用を自由に制限できる点も安全面で役立っています。クレジットカードに比べるとサービス面では少し劣りますが、一部クレジットカードと同じサービスも提供されています。

VISAやJCB加盟店でクレジットカードと同じように買い物ができて、現金よりも安全なデビットカードは現金払いをしている人でクレジットカードは作りたくない、作れない事情があるという人におすすめのカードです。


このページを閉じる前に、要チェック!

当サイトで人気のクレジットカードランキング

当サイトで学生さんの申込が多いクレジットカードのランキングです。

初めてのカード・二枚目のカードを悩んでいる方は、この4枚をまずはチェック!

最新!当サイトで申込の多いクレカ!
【1位】三井住友VISAデビュープラス
【2位】セゾンブルー・アメックス
【3位】JCB CARD Wライフカード

自分にピッタリのクレジットカードの選び方がわからない方は、基礎知識・おすすめカードの選び方が一気に学べるトップページをぜひ見てください。→ https://学生クレジットカード.com

LINEでも相談受付中!

公式LINE@「学生おかねトーク」で質問・相談も気軽にどうぞ。

皆さんからの

  • クレカについてのご相談
  • 記事についてのご質問
  • 記事リクエスト
  • クレカの券種レビュー
  • その他雑談
を随時お待ちしています!なんでも気軽にお送りください^^

失敗しないクレカ選びのポイント!

creca_footer_link