ANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード)はANAマイルがたまる交通系一体型カード


ソラチカカード

ソラチカカードとは?

「ANA To Me CARD PASMO JCB」は「ANAカード」+「ANA To Me CARD PASMO」が1つになった交通系一体型のクレジットカードであり、「空」+「地下」に対応していることから通称「ソラチカカード」と呼ばれています。

  • メトロポイント:PASMOの利用で貯まる
  • OkiDokiポイント:マルチポイントコースとマイル自動移行コースを選べる
  • マルチポイントコース:ANAマイル移行以外に好きな商品へ交換可能
  • マイル自動移行コース:自動的にANAマイルへ移行する

ソラチカカードは「メトロポイント」と「OkiDokiポイント」が搭載されています。

メトロポイントはPASMOを利用することで貯まり、OkiDokiポイントは「マルチポイントコース(OkiDokiポイントを自由に使える)」と「マイル自動移行コース(自動的にANAマイルへ移行)」のどちらかを選ぶことができます。

ソラチカカードのスペック

  • 年会費:2,000円
  • 旅行保険:国内外最高1,000万円
  • ショッピング保険:海外最高100万円
  • ポイントプログラム:OkiDokiポイント、ANAマイル、メトロポイント
  • 特徴:ANAマイルとメトロポイントを相互移行できる

ソラチカカードは総じてスペックが良いです。

まず、国内外の旅行に対して最高1,000万円で保険が付帯されており、ショッピング保険は海外に対してのみ付帯しています。

注目点はポイントプログラムですが、申込時にOkiDokiポイントを「マルチポイントコース」か「マイル自動移行コース」を選べるため、ここがソラチカカードの最大の悩みとなります。

初年度は年会費無料

ソラチカカードの年会費はキャンペーンとして初年度年会費無料となっており、通常は2,000円の年会費が発生します。

定期券や電子マネーを追加搭載できる

ソラチカカードは「東京メトロ」・「東急電鉄」・「東武鉄道」・「相模鉄道」・「京王電鉄」の定期券を搭載できます。

  • 定期券
  • ETCカード
  • Quicpay
  • PiTaPa
  • プラスEX

また、定期券以外にも「ETCカード」や「Quicpay」などの電子マネーを追加搭載できます。

OkiDokiポイントの4つのコースの選び方

ソラチカカードの最大の悩みであるOkiDokiポイントのコースを見ていきましょう。

  • マルチポイントコース5マイル:無料
  • マルチポイントコース10マイル:年間5,000円
  • マイル自動移行コース5マイル:無料
  • マイル自動移行10マイル:年間5,000円

マルチポイントコースは「OkiDokiポイント」→「ANAマイル」へ移行できるだけではなく、好きな商品へ交換することも可能です。

マイル自動移行コースは「OkiDokiポイント」→「ANAマイル」へ自動移行されるので、商品交換やメトロポイントへの移行が不可となります。

それぞれの「5マイルコース(ポイント還元率0.5%)」と「10マイルコース(ポイント還元率1.0%)」の違いは、OkiDokiポイントの1ポイントの価値が「5マイル」になるか「10マイル」になるかの違いです。10マイルコースは年間5,000円の費用がかかるため、基本的に「5マイルコース」がおすすめです。

また、「マルチポイントコース」はOkiDokiポイントをメトロポイントに移行することもできるので、ソラチカカードの特徴を最大限に活かすなら「マルチポイントコース」の方がおすすめです。

結論として、悩んだ時は「マルチポイントコース5マイル」を選ぶのが最も無難です。

どんなシーンでどのポイントが貯まるのか?

ソラチカカードはポイントプログラムが3つあるので、どんなシーンでどのポイントが貯まるのかイメージしずらいですね。

まず、ソラチカカードはPASMO搭載が1つの特徴ですが、PASMOは独自ポイントがありません。PASMO搭載のクレジットカードによってPASMO利用でどんなポイントが貯まるのかが異なり、ソラチカカードの場合は「PASMO利用でメトロポイント」が貯まります。

OkiDokiポイントは「マルチポイントコース」を選択した場合において、ソラチカカードで決済をすれば貯まります。

ANAマイルは「マルチポイントコース」でOkiDokiポイントをANAマイルに移行する、あるいは「マイル自動移行コース」を選んだ場合にソラチカカードで決済すれば貯まります。

メトロポイントはPASMOの利用以外にも「マルチポイントコース」を選択した場合にOkiDokiポイントを移行することができ、お店によってはソラチカカードの決済で直接貯まるところもあります。

学生におすすめなソラチカカードの使い方

ソラチカカードは3つのポイントプログラムを同時に扱うことができるので、仕組みを理解するのに苦労します。

そこで、学生におすすめなソラチカカードの使い方をシンプルに解説していくので、参考にしてみてくださいね。

PASMOはオートチャージ可能

最初に覚えておきたいことは、「ソラチカカード=PASMO」です。

PASMOを利用しないなら他の学生向けクレジットカードでも良いので、ここをしっかりと抑えておきたいところです。

ソラチカカードはPASMOへオートチャージが可能となっており、さらにPASMOを使うとメトロポイントが貯まるため、単体でPASMOを利用するよりもソラチカカードの方がお得です。

しかも、ソラチカカードの各ポイント移行を加味するとポイントの使い道が充実しているので、機能性が非常に高いクレジットカードです。

メトロポイントはお店で貯めることもできる

メトロポイントはPASMO利用だけではなく、ソラチカカードの「提携先」の一部のお店では直接貯めることもできます。

例えば、Echika池袋の場合、ソラチカカードで決済すると「1,000円で5メトロポイント」が付与されます。

提携店を上手く活用すると、通常はコース選択によって「OkiDokiポイント」か「ANAマイル」しか付与されないところが、メトロポイントも同時に貯めることができるのでお得です。

貯めたいポイントを決めておくと効率的

ソラチカカードの3種のポイントプログラムの相互移行は以下となります。

  • メトロポイント:ANAマイルへ移行可能
  • ANAマイル:メトロポイントへ移行可能
  • OkiDokiポイント:メトロポイントとANAマイルへ移行可能

メトロポイントとANAマイルは相互移行が可能となっており、OkiDokiポイントはANAマイルとメトロポイントへ一方通行のみで移行できます。

このように移行の関係を理解すると、ソラチカカードは「空」に対応していることが特徴でもあるため、ANAマイルに着地する方向でポイント貯金をしてみるのが良いかもしれませんね。

通学やショッピングでポイントをためてANA便で卒業旅行へ!

ソラチカカードは交通系カードとして機能性が優れており、学生にとっても日々の通学でPASMOをフル活用して「メトロポイント」→「ANAマイル」への移行からANAマイルを貯めることができます。

また、ショッピングではOkiDokiポイントの2つのコースから自由自在にポイントを貯めることができるため、ANAマイル特化にカスタマイズしておくと、通学やショッピングでANAマイルを貯めて卒業旅行はANAグループ便にお得な価格で搭乗することも夢ではありません。

ソラチカカードに申し込むなら、こちらから!

ソラチカカード
smp_arrow
btn_free_regist


このページを閉じる前に、要チェック!

当サイトで学生さんの申込が多いクレジットカードのランキングです。

最新!当サイトで申込の多いクレジットカード
【1位】三井住友VISAデビュープラスカード
【2位】ライフカード
【3位】JCB CARD W
オススメカードについての解説

初めてのカード・二枚目のカードを悩んでいる方は、上の3枚をまずはチェック!

自分にピッタリのクレジットカードの選び方がわからない方は、基礎知識・おすすめカードの選び方が一気に学べるトップページをぜひ見てください。→ https://学生クレジットカード.com

失敗しないクレカ選びのポイント!

creca_footer_link