クレジットカード誕生の歴史、カード会社設立や日本での普及はどのように進んだのか?【お勉強記事】

クレジットカード誕生の歴史、カード会社設立や日本での普及はどのように進んだのか?

ここではクレジットカードの歴史についてご紹介します。

クレジットカードのような「あと払い」の仕組みは昔からあった

クレジットカードに近い仕組みとして、昔から「ツケ払い」が存在していました。

古くは江戸時代の文学『東海道中膝栗毛』にもツケ払いを表すシーンが登場しています。

顔なじみのお店で、その都度会計をするのではなく、あとでまとめて支払う方法です。

ツケ払いは、その人個人をお店の人がよく知っている(=信用できる人かわかる)から成り立っています。

よって、あと払いという観点ではクレジットカードと同じでも、ツケ払いは顔なじみの店でしかできず、急に行ったはじめてのお店ではできません。

はじめてのお客さんを店主は信用できるか人はどうか判断できないからです。

この信用を審査で担保しているのがクレジットカードだと言えますね。

ポイント!

クレジットカードが持ち主の信用力を担保してくれるので、カードユーザーはどこでもカード払い(あと払い)をすることができます。

最初の純粋なクレジットカードの会社と言えば…

クレジットカードの発祥であるダイナースクラブ

純粋なクレジットカード会社の歴史としては、「ダイナースクラブ」が最も古いと言えそうです。

1950年代(第二次世界大戦が終わり、朝鮮戦争が終わった頃)にアメリカのダイナースクラブが設立されました。

きっかけは、ニューヨークのレストランでのこと。

食事を終えたマクナマラは財布を忘れてきたことに気づき、あわてて郊外の自宅に電話、夫人に現金を届けてもらいました。

なんとか支払いは済ませたものの財布の到着を待っているのはかなり気まずいものでした。

そこで彼は友人のシュナイダーに相談し、二人で1万ドルずつ出し合い、ツケで食事ができるクラブをつくることにしました。

引用:ダイナースクラブの歴史

ダイナースクラブの公式サイトには上記のストーリーが記されています。

ようは「顔なじみでないお店でもツケ払いができたらいいのにな」という気持ちからダイナースクラブカードは設立されたわけです。

こうして、今のようなどこでも使えるカード作りへの第一歩がスタートしました。

同時期にアメックスも誕生

クレジットカード誕生においてダイナースに続いたAMEX

そしてほぼ同時期の1958年にアメリカンエキスプレスも設立されています。

当時からダイナースと同様に富裕層をターゲットとして会員数を増やしてきたようです。

VISAとMastercardの歴史

visaとmasterの歴史

VISA

VISAは前身である、バンクオブアメリカが1958年に発行した「バンクカード(BankAmericard)」から歴史がはじまります。

バンクカードは初の一般消費者向けのカードであり、現在のクレジットカードに近く、さまざまな商品が購入できました。

ただし、上限額は300ドルと決まっており、カードも紙製と現在のカードとはかなり異なります。

その後、1976年に名称をBankAmericardからVISAに変更し、現在のブランド名となりました。

※全世界で同じ発音ができるようにとこの名前になったとのこと。

Mastercard

Mastercardはもともと1940年代後半から、消費者が地元の商店で現金と同じように使える券を発行するようになったところからはじまりました。

1966年には、この仕組みをより進化させるべく前身会社であるICA(ンターバンク・カード・アソシエーション)が設立され今に至ります。

クレジットの仕組みは昔からあった?日本編

日本では戦前から「月賦販売」という、商品代金を月々の支払いにする販売スタイルができていました。

19世紀の終わりに、呉服屋の丸善が毎月分割で商品を販売していたのが最初と言われています。

この頃の、割賦や月賦と称されていた支払いシステムをクレジットと呼ぶようになったのです。

そして1960年に入り、従来から月賦販売を行っていた会社がクレジットカード事業に参入しました。

  • 丸井(現在のエポスカード)
  • 丸與(現在のOMCカード)
  • 緑屋(現在のクレディセゾン)

この頃から割賦や月賦と称されていた支払いシステムを「クレジット」と呼ぶようになったのです。

銀行系がクレジットカードに参入する1960年代

銀行系クレジットカードの普及

1960年代に入り、呉服屋以外の業種もクレジットカード業界に参入してきました。

いよいよJCBが誕生

国際ブランドJCBの前身は日本信販と三和銀行(三菱UFJ銀行)

ここで登場するのが、三和銀行(現:三菱UFJ銀行)と日本信販(現:三菱UFJニコス)が作った「日本クレジットビューロー」です。

この日本クレジットビューローこそが現在のJCBです!

日本唯一の国際ブランドは1961年に誕生しました。

カードの基本的な仕組みは、発祥地のアメリカを手本にしつつ、日本的な要素を加えてカードの普及を図ったそうです。

▼JCB最初のクレジットカード
JCB最初のクレジットカード

ポイント!

JCBは1968年にクレジットカードの代金を銀行口座から自動引き落としにする制度を導入し、社会に大きな影響を与えました。
※今では当たり前の制度ですね。

【注目!】日本のクレジットカード界の歴史を作った伝統のJCBカードを作るならこちらから

JCB CARD W

年会費がずっと無料のカードでは最高クラスの実力。ポイント最大30倍のキャンペーン・20%キャッシュバックの同時開催中。今こそ、入会のベストタイミングです!

JCB CARD W
入会特典インターネット新規入会限定キャンペーン実施中。最大14,000円分プレゼント!
年会費(初年度) 無料
年会費(2年目~) 無料
ポイント還元率(通常) 1.0%
ポイント名:Oki Dokiポイント
ポイント還元率(最大) 3.5%
条件:加盟店での利用
発行スピード(最短)~3営業日
  • 付帯保険(海外旅行):○(利用付帯)
  • 付帯保険(国内旅行):-
  • 付帯保険(盗難保険):あり
  • 付帯保険(ショッピング保険):あり

他実施中キャンペーン:新規入会限定!最大ポイント30倍キャンペーン実施中。さらにJCBをApple PayまたはGoogle Payに登録し決済で20%キャッシュバックキャンペーン実施中!

ダイナースクラブカードも日本に進出

アメリカ本国から遅れること10年、1960年にダイナースクラブは日本にやってきました。

現在のJTBと富士銀行(現:みずほ銀行)によってダイナースクラブの日本法人が設立されています。

ここで1960年当時の入会方針を見てみましょう。

【1960年当時のダイナースの入会方針】

  • 収入
  • 生活の安定性
  • 社会的信用の高い方

引用:ダイナースクラブの歴史

今と変わらず当時から富裕層をターゲットにしていることがわかりますね。

ポイント!

プラスチック製のクレジットカードの発行を世界で最初にはじめたのは日本ダイナースクラブです。

クレジットカードの国際化が見える1970年前後

当初日本国内で発行・流通していたクレジットカードは日本国内のみの利用に限定されていました。

今ではカード1枚で日本でも海外でも買い物できることを考えるとずいぶん不便に感じますね。

1967年にJCBとアメックスが提携し海外で1ヶ月だけ使える海外専用カードを発行しました。

以降も何社か海外で使えるカードをだしましたが、それらは「海外専用カード」であり、国内外共通で使えるものではありませんでした。

1980年代、ついに国内外共通カードが誕生!

1978年、日本ダイナースクラブから国内外共通カードが発行されたのを皮切りに、続々と国内外共通カードが誕生します。

とくに住友クレジットとVISAが提携をして生まれた、「住友VISA」カードは、今でも三井住友VISAカードとして有名ですね。

【注目!】伝統の三井住友VISAカードをつくるならこちらから

三井住友VISAデビュープラスカード

超有名なブランド力・セキュリティに安心感があります。入会3ヶ月は還元率2.5%・通常でも還元率1.0%と普段使いで超お得なカードです。はじめてのクレカとして使いやすさで大人気です。最短翌営業日のスピード発行!過去最大級のキャンペーン実施中で、入会するなら今がベストタイミングです!

三井住友VISAデビュープラスカード
入会特典キャッシュレスプラン:新規入会&Vpassアプリログインで もれなくご利用金額の20% 最大12,000円プレゼント
年会費(初年度) 無料
年会費(2年目~) 条件付き無料
条件:前年1回以上の利用で年会費無料。通常の2年目以降年会費(1,250円+税)
ポイント還元率(通常) 1.0%
ポイント名:ワールドプレゼントポイント
ポイント還元率(最大) 2.5%
条件:入会後3ヵ月間
発行スピード(最短)~3営業日
  • 付帯保険(海外旅行):-
  • 付帯保険(国内旅行):-
  • 付帯保険(盗難保険):あり
  • 付帯保険(ショッピング保険):あり

他実施中キャンペーン:コンビニ(セブン・ファミマ・ローソン)マクドナルドなど対象店舗でポイント5倍その他、自分が選んだ対象3店で いつでもポイント2倍も!

国際ブランドが定着

住友カードがVISAと提携したように、UCカードなどはMastercardと提携しました。

この頃には、クレジットカードがもはや珍しいものではなくなるとともに、現在の有名ブランドが定着しはじめています。

この変化は、銀行法の改正により、銀行におけるクレジットカード業務が付帯業務として認められるようになったからです。

ポイント!

当初、カード会社はVISAかMastercardの一方のブランドのカードしか発行できない決まりがありましたが、それも後になくなります。

流通系カードの台頭

1980年代は「流通系カード」と呼ばれるクレジットカードが台頭した年でもあります。

現在の西部クレジット(クレディセゾン)、日本クレジットサービス(イオンクレジットサービス)が設立された時代でもあります。

身の回りの商業施設などが続々とクレジットカードの発行に乗り出しました。

1987年には日本国内で発行されるクレジットカードの枚数がはじめて1億枚を突破しました。

ゴールドカードも登場

そしてこの時代に、アメックスがはじめてのゴールドカードを作成しました。

ゴールドカードはアメックスが世界で初めて発行した

もともとアメックスは旅行と娯楽に特化したカードであったからこその更なるハイステイタスなカードという発想になったのでしょうね。

年会費は当時の価格で1万円で、国内外問わず使える仕様でした。

1980年代までくると、今のクレジットカード業界にかなり近づきましたね。

他業種や新商品が開発される2000年代

2000年に入るとバブル崩壊により多くの会社が倒産し合併をしました。

バブル崩壊の影響は銀行にもおよび、3大メガバンクの完成とともに銀行系カード会社も再編が進みました。

現在は、三菱UFJ銀行の「三菱UFJニコス」、三井住友銀行の「三井住友カード」、みずほ銀行の「UCカード」の3社で落ち着きました。

このころからクレジット会社でなく異業種の参入が増えてきました。

2001年にはトヨタファイナンスがクレジットカードを発行したり、ビューカードなどの交通系クレジット会社も台頭しました。

同年はアイフルによる信販大手ライフの買収も話題になりましたね。

2000年代はクレジットカード会社の再編・誕生が相次いだ年代でした。

まとめ:今後もっとクレジットカード・キャッシュレス決済が普及するはず!

クレジットカード・キャッシュレス決済が普及

今後ますます支払方法としてのクレジットカードが一般に普及したり、カードレス・キャッシュレスの手段が増えるでしょう。

さらには新しい業種の会社がクレジットカードを発行し始めることが予測されます。

アメリカに比べて日本はまだまだ現金社会と言われています。

今ではクレジットカードが当たり前になっていますが、今後もっと予想もしないところで使えるようになるでしょう。

東京オリンピックが開催される2020年に向けてクレジットカードも変わっていく!?

東京オリンピックが開催される2020年に向けてクレジットカードも変わる

2020年に開催される東京オリンピックに向けて着々と準備が進められている昨今ですが、クレジットカード市場も変化しているのです。

メディアなどではあまり報道されていませんが、日本に来る外国人観光客が利用しやすいようにクレジットカードのインフラ整備が着々と進められています。

周囲のクレジットカードの利用環境をこれから良く見ておけば「こんなショップでも利用出来るのか!」と、変化に気付けるようになると思います。

変化に対応できるかっこいい大人になれるように、今のうちから周囲に目を向けておきましょう。

1枚目クレジットカードにオススメ!伝統の三井住友VISAデビュープラスカード【公式サイト】

三井住友VISAデビュープラスカード

超有名なブランド力・セキュリティに安心感があります。入会3ヶ月は還元率2.5%・通常でも還元率1.0%と普段使いで超お得なカードです。はじめてのクレカとして使いやすさで大人気です。最短翌営業日のスピード発行!過去最大級のキャンペーン実施中で、入会するなら今がベストタイミングです!

三井住友VISAデビュープラスカード
入会特典キャッシュレスプラン:新規入会&Vpassアプリログインで もれなくご利用金額の20% 最大12,000円プレゼント
年会費(初年度) 無料
年会費(2年目~) 条件付き無料
条件:前年1回以上の利用で年会費無料。通常の2年目以降年会費(1,250円+税)
ポイント還元率(通常) 1.0%
ポイント名:ワールドプレゼントポイント
ポイント還元率(最大) 2.5%
条件:入会後3ヵ月間
発行スピード(最短)~3営業日
  • 付帯保険(海外旅行):-
  • 付帯保険(国内旅行):-
  • 付帯保険(盗難保険):あり
  • 付帯保険(ショッピング保険):あり

他実施中キャンペーン:コンビニ(セブン・ファミマ・ローソン)マクドナルドなど対象店舗でポイント5倍その他、自分が選んだ対象3店で いつでもポイント2倍も!

情報の出典

  • 日本銀行-第1章 2.決済する理由 ツケ払いというもの
  • Mastercard-ブランドの歴史
  • VISA-Visaの歴史
  • ダイナースクラブの歴史
  • JCB-JCBの歴史
  • 三井住友カード-沿革
  • オリコ-クレジットカードの歴史
  • 一般社団法人 日本クレジット協会-クレジットの歩み
  • 画像の出典

  • JCB-JCBの歴史
  • 「この記事、参考になった!」と思っていただけましたか?

    ▼ぜひブクマ・シェアお願いします!

    周りの方・ご友人が悩んでいる時にもぜひ教えてあげてください。m(_ _)m

    運営者プロフィール

    学生クレカ管理人

    学生クレカ管理人

    自分が大学生・未成年時代のお金・クレジットカードの失敗経験をもとに、同じ失敗をする人・クレジットカードについて悩む人を一人でも減らしたいという気持ちで当サイトを6年以上運営しているクレジットカードの専門家。

     

    100枚以上のクレジットカードを比較検討し、累計19枚のカードを所有してきた(大学生の頃は6枚所有)。マイルを累計20万以上保有。航空券をほぼ無料にし、ふらっと旅行に出かけるのが趣味。Amazonでのお買い物も累計30万円分以上、ほぼポイントで済ませている。

     

    カード会社幹部や広報部・外部の専門家ともつながりがあり、常に知識をアップデートしている。

     

    これからも、少しでもわかりやすい記事を届けられるように努力していきます!

     

    ▼ブログランキングにも参加しております。当サイトの思想に共感いただける方は、ポチッとおねがいしますm(_ _)m(タップ1回で投票完了します)

     

    ▼注目コンテンツ!

    ▼LINEでの相談も、気軽にどうぞ!

    かんたん検索でクレジットカードを選ぶ!自分にピッタリなカードが「ズバッと」見つかる人気ランキングからクレジットカードを選ぶ!

    自分にピッタリのクレジットカードの選び方がわからない方は、基礎知識・おすすめカードの選び方が一気に学べるトップページをぜひ見てください。→ https://学生クレジットカード.com

    失敗しないクレカ選びのポイント!