クレジットカードの更新拒否・更新できなかった。その理由は?

クレジットカードの更新とは?

クレジットカードには「○○年○○月○○日」という有効期限があります。

これはカードの表面に記載されているので確認しておきましょう。

通販サイトなどにカード登録する場合、カードの有効期限も登録するのでお馴染みかと思います。

ちなみに裏面にある3桁や4桁の数字はセキュリティコードであり、別物です。

今回のテーマは「クレジットカード更新」についてです。

クレジットカードは自動更新が基本

クレジットカードは基本的に有効期限が近づくと自動更新されます。

自動更新というのはそのままの意味で、期限が切れる前に新しい有効期限のカードが勝手に手元に送付されてきます。

新しいカードが届いたら、その時点で古いカードは処分してOKです。

タイミングによっては2枚のカードのどちらでも利用可能な状態となりますが、セキュリティを考えると古い方を早々に処分しておく方が良いでしょう。

自動更新できなかった場合、これは実質的な解約となります。

クレジットカードを更新できず、すぐにカード・お金が必要な場合

クレジットカードを更新できず、すぐにカード・お金が必要な場合

カードが更新されなかったけど、いますぐカード・お金が必要な場合は、即日発行のカードを発行するかキャッシングを利用するのがオススメです。

カードによって発行スピードはぜんぜん異なります。

適当にカードに申し込んで審査に通ったのはいいけど、なかなかカードが届かないという状況にならないように注意しましょう。

■参考:即日発行が可能なオススメのクレジットカードまとめ!お急ぎの学生にも嬉しい、申込から店頭発行までの解説も。

即日発行が可能なオススメのクレジットカードまとめ!お急ぎの学生にも嬉しい、申込から店頭発行までの解説も。
また、「バンドルカード」というプリペイドカードには、「ポチっとチャージ」という仕組みがあり手元にお金がなくても、買い物できる仕組みがあります。

もしも必要なお金が20,000円以下ならバンドルカードも選択肢の一つです。

ポチっとチャージ、スゴすぎ...! こんなにカンタンに、すぐ使えるお金(電子マネー)が手に入るんです...

カンタンすぎるので、使いすぎに注意して楽しみましょう^^ ポチっとチャージなら3,000円~20,000円までがカンタンに手に入る

■参考:バンドルカードの「ポチっとチャージ」で2万円までアプリで前借りできちゃう鬼のサービス!まるでCASHの再来!?

急ぎお金(現金)が必要なとき

どうしてもお金(現金)が必要…!と切羽詰まった場合には、「キャッシング」も手です。

もし、緊急でお金が必要なら・・・

大手銀行のグループ会社がやっているキャッシング、プロミスの「初回30日間無利息サービス」を使うことも考えてみましょう!


※1:30日間無利息サービスを利用するには、メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。無利息サービス終了後のキャッシングは金利がかかります。くれぐれもご利用は計画的に。

お金を返すために、お金を借りることになる場合は、後々支払える見込みがなければオススメしません。

後日お金が手元に入ってくるということが確実な上で、使うようにしましょう。

クレジットカードの自動更新できない理由は?!

クレジットカードの自動更新できない理由

自動更新できない理由はストレートに「カード会社の都合による判断」です。

カード会社にとっては契約者が多いほど収益が伸びるので、カード会社から無駄に解約を行うことはありません。

自動更新されないというのは何かしらの理由があると考えられます。

【クレジットカードが更新されないおもな理由】

  • 遅延が履歴が一定基準を超えて劣悪だった
  • 保険の不正利用があった
  • 会員規約に違反した
  • 債務整理をした

更新されない理由はいろいろと考えられますが、最も多い原因が「返済に関すること」でしょう。

①支払いの遅延など

遅延(入金日にお金が支払われなかった)をするのは約束を破る行為です。

頻度や遅延期間によっては解約は仕方がありません。

②保険の不正利用

クレジットカードにはショッピング保険や盗難紛失保険などがあります。

保険からの補償を受けたいがために自作自演の請求をした場合は、ペナルティとして解約される可能性があります。

③会員規約に違反

クレジットカードには利用規約・会員規約というルールブックがありますが、その内容に反する行動があれば解約があり得ます。

クレジットカード現金化※などが分かりやすい例です。

※クレジットカードで購入したものを質屋などで売り現金を入手する方法です。

④債務整理をした

債務整理をすると信用機関に情報が載ります。

債務整理とは、法律に定められた借金減額などの手段をいいます。

債務整理をすると基本的に5~10年が経つまではクレジットカードを作ることができません。

クレジットカードの返済で注意すべきポイントは?支払い遅延を避けること

クレジットカードの返済で注意すべきポイントは?支払い遅延を避けること

クレジットカードの返済で最も注意をしておきたいのは遅延です。

厳密に言うと、支払日に支払えなければ遅延となりますが、カード会社によっては数日の猶予を認めてくれる場合もあります。

とは言え、遅延しないようにするために、請求額や支払日など返済に関することはしっかりと把握しておくべきです。

支払い遅延によるデメリット

遅延をするとおもに「信用低下」「遅延損害金」という2つのデメリットがあります。

信用低下

前述の通りクレジットカードの支払いが一定期間遅れると、その事実が個人信用情報機関に掲載されます。

ここに「この人は遅延した人」と遅延の情報が掲載されてしまうと、遅延先のカード会社だけでなく、いろいろなカード会社から認識されてしまいます。

カード会社はあなたを信用してカード代金のあと払いを認めています。

遅延するような人の信用力は低下するため、カードの更新が拒否される可能性が高まるというわけです。

損害遅延金

遅延損害金とは、一定期間支払いが遅れたときに支払うカード会社へのお詫び金です。

カード会社によって対応や遅延利率はさまざまです。

遅延利率については支払方法によって上限利率が異なり、6.0%か14.6%のいずれかとなります。

たとえば、遅延利率14.6%のカード会社で10,000円の支払いが30日遅れた場合の損害金は「120円」です。

想像より金額は少額だったはずですが、カード自動更新の妨げになるため損害金がでるほどの遅延はしない方が絶対にいいです。

クレジットカードの支払い(返済)は3つを把握すべし

根本的に遅延は支払日に遅れなければ良いので、支払日をクリアするために以下の3つを把握しましょう。

  • 締め日はいつなのか?
  • 支払日はいつなのか?
  • 請求額はいくらなのか?

まず、毎月の請求額は締め日に決まります。

その為、毎月の締め日がいつなのかを把握して、目先の支払日における請求額を用意しましょう。

請求額が高額な場合、支払方法をリボ払いか分割払いに変更します。

ボーナス払いは残念ながら途中変更が不可です。

基本的に1発の支払額を少額にするならリボ払いが最適です。

月々5,000円や10,000円など少額に設定できます。

締め日と合わせて支払日を把握することも大切です。

支払日の当日は銀行口座から請求額が落ちるので、朝9時までに入金しましょう。

銀行振込で入金するなら前日の午後3時までにやりましょう。

カード会社によって当日の引き落としの時間は異なるので、当日に入金しても間に合うケースもあります。

請求額は支払方法の変更で調整しますが、これは「一括払い」から他の支払方法への変更はボーナス払い以外で可能です。

すでに分割払いやリボ払いを選択している場合、それぞれの支払方法で手数料計算が異なるので変更できないケースがあります。

また、支払方法の変更は請求額が確定する締め日までにやっておくのがセオリーなので、次回の支払日に向けて余裕を持った計画が重要となってきます。

請求額を少額に出来ないことも!?

すでにリボ払いを利用しており、リボ払いにおける月々の支払額を今以上に下げることができなければ諦めましょう。

現状、リボ払い以上に月々の返済額を少額にする方法はありません。

この手段を活用しても次回の請求額が50,000円など高額になっていて返済できないなら、すでに返済計画は破綻しています。

自分の収入から考えて遅延を解消する術がない場合、速やかに弁護士事務所へ行って債務整理をしましょう。

どちらにしても遅延を解消するにはお金が必要なので、生活費等を差し引いた余剰資金が月々の最小返済額を下回っているなら返済が追い付きません。

その状況を継続すると遅延損害金が膨れ上がるので、早急に債務整理に着手するほうがメリットがあります。

債務整理をすると強制解約は必須ですが、これはもう仕方がありません。

まずは前に物を売るなどしてとにかく現金を作ろう

収入以外で資金調達する方法としては、私物を現金化する手が有効です。

車やブランド品など、価値ある物を売ることで目先の返済に充てることができますね。

これをやることで遅延を解消して、さらにある程度借金を減らすことに成功した場合、元金が減ったことで月々のリボ払いの最少額を下げることができます。

今までは最小が50,000円だったところを40,000円にすることができると、たった10,000円の差でも何とかすれば返済を継続できる可能性がありますね。

この方法を実践する時はカード会社に連絡をしてリボ払いの「利用残高」と「月々の支払額」の関係を詳しく聞いておきましょう。

たとえば、利用額が500,000円以上は月々の最少が50,000円だったとすると、490,000円まで借金を減らせば最少が45,000円になるなど、最少額も低くなります。

状況によって大切な私物でも売ってしまう方が人生にとってはプラスであり、どちらにしても借金は完済しなければなりません。

まとめ:クレジットカードは自動更新だけどそれまでの利用態度が大事

クレジットカードの更新自体は自動なので、特段何の手続きをしなくても新しいカードが送られてきます。

しかし、自動更新を実現させるには日頃のカード利用に対する態度が重要です。

支払日にきちんと支払う、会員規約に違反するようなことはしないなど、当然ことですがこれらをきちんと守るようにしましょう。

「この記事、参考になった!」と思っていただけましたか?

▼ぜひブクマ・シェアお願いします!

周りの方・ご友人が悩んでいる時にもぜひ教えてあげてください。m(_ _)m

運営者プロフィール

学生クレカ管理人

学生クレカ管理人

自分が大学生・未成年時代のお金・クレジットカードの失敗経験をもとに、同じ失敗をする人・クレジットカードについて悩む人を一人でも減らしたいという気持ちで当サイトを6年以上運営しているクレジットカードの専門家。

 

100枚以上のクレジットカードを比較検討し、累計19枚のカードを所有してきた(大学生の頃は6枚所有)。マイルを累計20万以上保有。航空券をほぼ無料にし、ふらっと旅行に出かけるのが趣味。Amazonでのお買い物も累計30万円分以上、ほぼポイントで済ませている。

 

カード会社幹部や広報部・外部の専門家ともつながりがあり、常に知識をアップデートしている。

 

これからも、少しでもわかりやすい記事を届けられるように努力していきます!

 

▼ブログランキングにも参加しております。当サイトの思想に共感いただける方は、ポチッとおねがいしますm(_ _)m(タップ1回で投票完了します)

 

▼注目コンテンツ!

▼LINEでの相談も、気軽にどうぞ!

かんたん検索でクレジットカードを選ぶ!自分にピッタリなカードが「ズバッと」見つかる人気ランキングからクレジットカードを選ぶ!

自分にピッタリのクレジットカードの選び方がわからない方は、基礎知識・おすすめカードの選び方が一気に学べるトップページをぜひ見てください。→ https://学生クレジットカード.com

失敗しないクレカ選びのポイント!

学生クレジットカード.com ▼マイルを本気で貯めてみたい方は、こちらもぜひどうぞ(姉妹サイト) マイル特化クレジットカードはマイルの聖書で探す!