クレジットカードの利用明細(Web明細)は必ず確認!利用状況を把握するのが重要!

クレジットカードの利用明細

クレジットカードの利用明細とは?

クレジットカードの利用明細とは、カードの利用履歴や支払残高、支払予定情報などの情報が記載されている明細書です。

明細は主に2種類あり、紙(書面)で発行される明細とWEB明細があります。

紙のクレジットカード明細

紙の明細は、1ヶ月に1回、郵送で送られてくる明細です。

郵送で届くのため、中身を確認する可能性が高い点がメリットです。

ただし、紙の明細は有料化が進んでいたり、個人情報の塊(カードの利用履歴)が紙で届くため処理が面倒などのデメリットも大きいです。

Webのクレジットカード明細

Webの明細は、Web上で確認できる明細です。

Web明細は基本的に無料で、1ヶ月に1回の郵送を待たずにいつでも確認できるのがメリットです。

逆に、いつでも確認できるものの、自分から情報を見に行く必要がありそれを手間に感じる人も多いです。

クレジットカードの利用明細は絶対に確認すること!

クレジットカード利用明細確認のすすめ

クレジットカードの利用明細はよく確認して利用状況を把握してますか?

最近ではWeb明細が主流になったことで、明細は確認せずに引き落とし金額だけを確認するという方が増えてきているようです。

しかし、上記のような詳細を見ない方法では、カードの使いすぎの防止や不正利用の早期発見はできません。

これを読んで、これからはぜひ明細を確認する癖をつけてみてはいかがでしょうか。

クレジットカード明細を確認しないとどんなリスクがある?

クレジットカード明細を確認しないとどんなリスクがある?

クレジットカード明細を確認しないとトラブルに巻き込まれることがあります!

この記事を読んでいるみなさんは、きちんとリスクを理解し、明細の確認に努めてくださいね。

今いくら使っているのかわからず、来月の支払いのやりくりが難しくなる

シンプルですが、明細を確認しないといくら使っているか把握できません。

クレジットカードはついつい使ってしまい、請求が来て「あれ!意外とカード使ってた!」となるのはよく耳にします。

Web明細を頻繁に確認すれば、いくら使ったかを把握しやすくなり、やりくりが上手くできるようになりますよ。

延滞(支払い遅れ)につながり、クレジットヒストリーが低下

明細をきちんと確認しないと、口座の残高不足につながる可能性があります。

もしも、思っていたより請求が高く、引き落としが上手くいかないと、クレジットヒストリーが低下してしまいます。

クレジットヒストリーは、あなたの「信用力」を示すものです。

これが低下すると、今後のクレジットカード作成やローンを組むときに不利になってしまいます。

注意!

クレジットカードだけでなく、スマホ本体料金の割賦支払いが遅れてもクレジットヒストリーには傷がつきます。

■参考:クレジットカードのクレヒス(クレジットヒストリー)の恐怖!ブラック・スーパーホワイトって何?どうやって回避する?

身に覚えのない請求や不正利用があった場合に気づけない

明細を確認しなかったときに1番怖いのが「不正利用の発生に気づけないこと」です。

引き落とされた金額しか確認しないと、少し請求が高かったくらいでは「あー、今月は高かったな」としか思えず不正利用に気づけません。

不正利用と聞くと高額決済をされるイメージもありますが、少額の数万円単位でも不正利用の被害にあうことはあります。

必ず利用明細は利用内容の内訳まできちんと確認し、身に覚えのない店での買い物がないかなどをチェックしましょう。

クレジットカード利用明細の確認ポイント

クレジットカード利用明細の確認ポイント

それでは、利用明細を確認するときに具体的に気を付けるべきポイントを見ていきましょう。

実はこれが一番重要!不正利用の確認のための利用明細チェック!

カードの利用明細を確認する一番の重要なポイントは、不正利用がされていないかどうかの確認です。

記載されている「利用した店舗名」と「利用金額」が一致しているかを見ましょう。

もし身に覚えのない店舗名や金額があった場合は、不正利用の疑いがあるためカード会社に確認の連絡をいれましょう。

明細を確認せずに不正利用を放置すると被害が拡大するばかりです。

身に覚えのない店舗名や会社名の場合もありうる!

ただし、中には例外があり、実際に利用した店舗名やサービス名が明細に記載されない場合もあります。

要は別の会社名で請求があるということです。

たとえば、マッチングアプリ「with」の利用店は「アイビー」で請求されます。

クレジットカードの請求元

withはメンタリストのDaigoが監修しており、CMなどもやっているので知っている方も多いはず。

マッチングアプリwithの「特定商取引法に基づく表記」を確認して、お支払い方法をよく見てみると……

クレジットカードの決済の場合、ブランドによって明細に表示される請求名が異なります。

と記載されていますね!

これはwithのマッチングアプリを使ったことをカモフラージュするための心遣いのようにも思えますね。

ある意味とてもいい配慮だと感じます。

もしも知らない店舗名を利用明細で見かけたら…

実はこういった例は多く、サービス名とは異なる名前での請求は結構あります。

運営元の会社名で請求されていたり、決済代行会社(カード会社)の名前で請求されている場合が多いです。

何も知らずにクレジットカードのWeb明細をみたら「なんの支払いだ!?」となりますよね。

驚くのも仕方ないです。

なので、まずは請求名をWebで検索してみて、自分が購入したものや使ったサービスで該当するものがないか確認しましょう。

「クレジットカード 明細 〇〇(請求元の名称)」などでGoogle検索してみましょう。

■参考:クレジットカードの利用明細(Web明細)で、身に覚えのない金額・支払い先(会社名)があった場合に確認することまとめ。全てが不正利用とは限らないので、落ち着いて。

Web明細を毎月見るクセをつけよう←カレンダーに今追加すべし!

今は紙明細の人もWeb明細への利用に切り替えることをオススメします。

そして、Web明細で毎月の利用明細を確実に確認しましょう。

【Web明細を確認するメリット】

  • 不正利用の早期発見につながる
  • 自分の支出をすぐに把握できる
  • 延滞する可能性を減らせる

などなど、たくさんのメリットがあります。

毎月忘れずに確認できるよう、今この場でスマホのカレンダーアプリなどに「明細確認日」を登録しましょう!

Web明細の更新・反映のタイミングは?

カードを利用してからWeb明細に反映されるまでには、少しラグがあります。

カードを利用してから反映されるまでは「カードを利用→お店で修正し、カード会社に請求→カード会社が確認してWeb明細に反映」という流れです。

ちなみに三井住友カードでは以下のようになっています。

ご利用の店舗から弊社へお客さまのご利用データ(または伝票)が到着し次第、Vpassのご利用明細へ反映されます。

ご利用データの送信時期は店舗により異なります。

すぐにご利用データを送信する店舗であれば、カードを利用された日から2~3日後にVpassへ反映しますが、

ご利用データを集計後に送信する店舗であれば、実際のご利用日から2~3カ月遅れて反映する場合がございます。

引用:三井住友カード-よくあるご質問

基本的には2~3日での反映が多いようですが、場合によってはかなり反映までに時間がかかることを覚えておきましょう。

Web明細をスマホで確認できるクレジットカードも増えている

Web明細の確認方法は主に「ウェブサイトにアクセスする方法」と「スマホアプリで確認する方法」の2つがあります。

最近はカード会社ごとに固有のアプリをリリースしており、Web明細の確認がより一層楽にできるようになりました。

ただし、スマホでの確認はスマホを落としてしまったときのリスクに備え、パスワードをかけるなどの対策を怠らないようにしてください。

カードと連携した家計簿アプリでの管理もGOOD

家計簿アプリなら、複数のクレジットカード明細を自動でアプリ上に反映させることができます。

クレジットカードを複数枚利用している方にはぴったりの家計管理法です。

「カードの情報を登録するのは怖い」という方は、セキュリティが堅牢なアプリやカード情報は自分のスマホ内にしか保存しないタイプのアプリを選べばOKです。

こういう便利なアプリケーションは積極的に使うようにして、自分自身の手間を減らしつつクレジットカードを賢く使えるようになりましょう^ ^

■参考:クレジットカード管理アプリ・おすすめのお金管理(家計簿)アプリもご紹介!

マネーフォワードで賢く家計簿管理 btn_free_regist

まとめ:クレジットカードの明細はWebで毎月確認すること!

クレジットカードの利用明細はきちんと毎月確認して利用状況を把握することが重要です。

それは、自分のお金の使い方を毎月見直すため、そして不正利用を早期に発見するためです。

加えて、せっかく貯めたポイントが気が付いたら失効していたなんてことがあるとショックですよね。

そのためにも、利用明細は毎月きちんと確認をするようにしましょう。

■参考:クレジットカードの支払い遅延は絶対NG!

おまけ:クレジットカード明細の活用方法

クレジットカード明細の活用方法

カードの使いすぎを防ぐためには利用明細の確認が重要です。

なぜなら、お買い物や飲み会は基本的に楽しいものなので、ついついお金を使い過ぎてしまいがちだからです。

クレジットカードは現金と比べてお金を支払っている感覚が薄れてしまうので、なおさら使い過ぎてしまいやすいですよね。

そこで、より有益なカードの使い方が段々と身についていくように、カードの利用明細を利用してみてはいかがでしょうか。

ポイントは、カードを使った内容が「投資」だったのか、それとも「浪費」だったのかという視点で明細を見直すことです。

たとえば、服やバックを買ったときは、それが自分を高めるために本当に必要なものであれば「投資」です。

逆に、バーゲンだからといって普段なら買わないような服を買い、実際にあまり着なかったという買い物であれば「浪費」ですね。

このような視点でカードの使い方を毎月見直してみることで、本当に自分に必要なものだけにお金が使えるようになっていきます。

ぜひこのように明細を活用してみてはいかがでしょうか。

「この記事、参考になった!」と思っていただけましたか?

▼ぜひブクマ・シェアお願いします!

周りの方・ご友人が悩んでいる時にもぜひ教えてあげてください。m(_ _)m

運営者プロフィール

学生クレカ管理人

学生クレカ管理人

自分が大学生・未成年時代のお金・クレジットカードの失敗経験をもとに、同じ失敗をする人・クレジットカードについて悩む人をひとりでも減らしたいという気持ちで当サイトを6年以上運営しているクレジットカードの専門家。

 

130枚以上のクレジットカードを比較検討し、累計22枚のカードを所有してきた(大学生の頃は6枚所有)。マイルを累計30万以上保有。航空券をほぼ無料にし、ふらっと旅行に出かけるのが趣味。Amazonでのお買い物も累計40万円分以上、ほぼポイントで済ませている。

 

カード会社幹部や広報部・外部の専門家ともつながりがあり、常に知識をアップデートしている。

 

これからも、少しでもわかりやすい記事を届けられるように努力していきます!

 

▼ブログランキングにも参加しております。当サイトの思想に共感いただける方は、ポチッとおねがいしますm(_ _)m(タップ1回で投票完了します)

 

▼LINEでの相談も、気軽にどうぞ!

かんたん検索でクレジットカードを選ぶ!自分にピッタリなカードが「ズバッと」見つかる人気ランキングからクレジットカードを選ぶ!

自分にピッタリのクレジットカードの選び方がわからない方は、基礎知識・おすすめカードの選び方が一気に学べるトップページをぜひ見てください。→ https://学生クレジットカード.com

失敗しないクレカ選びのポイント!