クレジットカードの利用明細(Web明細)は必ず確認!利用状況を把握するのが重要!

PAK85_kuronorinobunsyou20140905500-thumb-1200x800-5299

クレジットカードの明細とは?

クレジットカード明細とは、クレジットカードの利用内容の内訳・支払残高・支払予定情報・利用可能枠・ポイントなどの情報が記載されている明細書です。

明細は主に2種類あり、紙(書面)で発行される明細とWEB明細があります。

紙のクレジットカード明細

紙の明細は、郵送で送られてくる明細です。

郵送で届くのである程度、強制視認性があるのがメリットですが、有料のカード会社が増えてきたり、親の住所に届くと面倒なことに繋がる可能性もあることがデメリットと考えられます。

Webのクレジットカード明細

Webの明細は、Web上で確認できる明細です。

基本無料なのと、いつでも確認できるメリットがありますが、自分から情報を取りにいく必要があり、細かく確認することが少なくなる可能性が出てくるデメリットがあります。

クレジットカード利用明細確認のすすめ

クレジットカード利用明細確認のすすめ

クレジットカードの利用明細はよく確認して利用状況を把握してますか?

最近ではWeb明細が主流になったことで、明細は確認せずに引き落とし金額だけを確認するという方が増えてきているようです。

しかし、クレジットカードの明細を確認することは、カードの使い過ぎを防ぎ、お金の使い方を改善するためにも、また不正利用を早期に発見するためにもとても重要です。

これを読んで、これからはぜひ明細を確認する癖をつけてみてはいかがでしょうか。

クレジットカード明細を確認しないとどんなリスクがある?

クレジットカード明細を確認しないとどんなリスクがある?

クレジットカード明細を確認しないことによるリスクは大きいため、当記事を読んでいるあなたはキチンとリスクを理解して、明細を確認するようにしてください。

今いくら使っているのかわからず、来月の支払いのやりくりが難しくなる

シンプルですが、明細を確認しないといくら使っているか把握できません。

クレジットカードはついつい使ってしまい、請求が来て「あれ!意外とカード使ってた・・・」となるのはよく耳にします。

Web明細であれば、若干反映されるのにラグがあるものの、その都度いくら使ったか把握できてやりくりがうまくできるようになります。

身に覚えのない請求や不正利用があった場合に気づけない

また、意外と盲点なのが不正利用です。

引き落とされた金額しか確認しないと「あ〜このくらい使ったのか〜」で終わってしまいます。

しかし、もしも利用明細をキチンと確認していれば、見覚えのない支払いなどがあった場合に気づくこともできるかもしません。

延滞(支払い遅れ)につながり、クレジットヒストリーが低下

もしも明細を確認しなかったために、思っていた以上の請求があって、口座残高が足らず延滞に繋がってしまったら、クレジットヒストリーが低下してしまいます。

クレジットヒストリーは信用のようなもので、これが低下して行き着く先がブラックリスト入りです…。

怖いのが、スマホの料金を3回遅延するだけでブラックリスト入りする可能性があることです。気づかぬうちにブラックリスト、なんてことにならないように明細は確認しましょう。

また、ブラックリストはある一定期間をおけば抜け出せますが、そのあとは信用がまっさら(スーパーホワイト)なので、クレジットカードが発行できなかったりローンが組めなかったりするので、今後の人生に関わってくることなのです。

参考:
クレジットカードのクレヒス(クレジットヒストリー)の恐怖!ブラック・スーパーホワイトって何?どうやって回避する?

クレジットカード利用明細の確認ポイント

クレジットカード利用明細の確認ポイント

身に覚えのない店舗名や会社名の場合もありうる!

実は、店舗名や会社名で請求が来ないこともあります。

例えば、マッチングアプリ「with」の利用店は「アイビー」で請求されます。

クレジットカードの請求元

withはメンタリストのDaigoが監修しており、CMなどもやっているので知っている方も多いはず。

マッチングアプリwithの特定商取引法に基づく表記(https://with.is/specified_commercial)を確認して、お支払い方法をよく見てみると…

クレジットカードの決済の場合、ブランドによって明細に表示される請求名が異なります。

と記載されていますね!

これはwithのマッチングアプリを使ったことをカモフラージュするための心遣いのようにも思えますね。

ある意味とてもいい配慮だと感じます。

実はこういった例は多く、サービス名とは異なる名前での請求は結構あります。

運営元の会社名で請求されていたり、決済代行会社(カード会社)の名前で請求されている場合が多いです。

何も知らずにクレジットカードのWeb明細をみたら「なんの支払いだ?!」となりますよね^^;

驚くのも仕方ないです。

このように、アプリの課金・家賃の請求・マッチングアプリなどをはじめ、さまざまな支払いにおいて、Web明細に知らない請求名が記載されることがあります。

なので、まずは請求名をWebで検索してみて、自分が購入したものや使ったサービスで該当するものがないか確認しましょう。

「クレジットカード 明細 ※請求元の名称」などでGoogle検索してみましょう。

実はこれが一番重要!不正利用の確認のための利用明細チェック!

!不正利用の確認のための利用明細チェック!

カードの利用明細を確認する一番の重要なポイントは不正利用がされていないかどうかの確認です。

もし、手元にカードがあるのに不正利用の疑いがあれば、スキミングやネットショッピングでカード情報が外部に盗まれている危険があります。

そのときはすぐにカード会社に連絡をしてください。明細を確認せずに不正利用を放置すると被害が拡大するばかりです。

不正利用に注意!

Web明細を毎月見るクセをつけよう(カレンダーに今追加すべし!)

Web明細を毎月みることにより

  • 自分の支出を把握できる
  • お金の使い方を改善するきっかけになる
  • 延滞する可能性を減らせる
  • 不正利用をチェックできる

などなど、たくさんのメリットがあります。

これらのメリットは、Web明細を見ないことにより、全てデメリットに変わります。

web明細を見たときと、見ていない時の差がかなりあるので、しっかりと確認するクセをつけましょう!

Web明細更新、反映のタイミングは?

カードを利用してからWeb明細に反映されるまでには、少しラグがあります。

カードを利用してから反映されるまでは「カードを利用→お店で修正し、カード会社に請求→カード会社が確認してWeb明細に反映」という流れです。

ちなみに三井住友VISAカードでは以下のようになっています。

ご利用の店舗から弊社へお客さまのご利用データ(または伝票)が到着し次第、Vpassのご利用明細へ反映されます。

ご利用データの送信時期は店舗により異なります。

すぐにご利用データを送信する店舗であれば、カードを利用された日から2~3日後にVpassへ反映しますが、ご利用データを集計後に送信する店舗であれば、実際のご利用日から2~3カ月遅れて反映する場合がございます。

引用:三井住友カード

Web明細をスマホで確認できるクレジットカードも増えている

Web明細はスマホからウェブサイトにアクセスして確認、アプリケーションなどで確認することもできたりします。

なので自分が確認したいタイミングで確認しやすい状況は整っていると言えるでしょう。

ですが、スマホを落としてしまった時などのリスクも頭に入れて、パスワードがバレないようになどの対策は怠らないようにしてください。

カードと連携した家計簿アプリでの管理もGOOD

複数のクレジットカードオンライン明細を一元化できたり、クレジットカードの残高や支払い明細をリアルタイムでチェックできたりする家計簿アプリケーションがあります。

クレジットカードの情報を登録しておくのは抵抗がある、どこかのサーバーから情報が流出するリスクが怖い、という不安な方にも安心できる入力情報はスマートフォンにのみ保存されるアプリケーションもあるのです!

こういう便利なアプリケーションは積極的に使うようにして、自分自身の手間を減らしつつクレジットカードを賢く使えるようになりましょう^ ^

まとめ

クレジットカードの利用明細はきちんと毎月確認して利用状況を把握することが重要です。

それは、自分のお金の使い方を毎月見直すため、そして不正利用を早期に発見するためです。

加えて、せっかく貯めたポイントが気が付いたら失効していたなんてことがあるとショックですよね。

そのためにも、利用明細は毎月きちんと確認をするようにしましょう。

参考
クレジットカードの支払い遅延は絶対NG!

おまけ:クレジットカード明細の活用方法

クレジットカード明細の活用方法

カードの使いすぎを防ぐためには利用明細の確認が重要です。

なぜなら、お買い物や飲み会は基本的に楽しいものなので、ついついお金を使い過ぎてしまいがちだからです。

しかもクレジットカードは現金と比べてお金を支払っている感覚が薄れてしまうので、なおさら使い過ぎてしまいやすいですよね。

クレジットカードの使い過ぎは反省するべきではありますが、だからといって、買い物や飲み会を厳しく我慢してしまうと、毎日の生活がつまらなくなってしまいます。

そこで、より有益なカードの使い方が段々と身についていくように、カードの利用明細を利用してみてはいかがでしょうか。

ポイントは、カードを使った内容が「投資」だったのか、それとも「浪費」だったのかという視点で明細を見直すことです。

例えば、服やバックを買ったときは、それが自分を高めるために本当に必要なものであれば「投資」です。

この場合は、良いカードの使い方ができたといえますね。

逆に、バーゲンだからといって普段なら買わないような服を買い、実際にあまり着なかったという買い物であれば「浪費」です。

これは良くないカードの使い方と考えます。

飲み会の場合も、そこで親睦が深まったり、新たな友達ができたのなら「投資」と言えます。

一方、いつものメンバーでだらだら飲み、気が付いたら終電なし。

ベロベロになりながらタクシーで帰って何の発展性もなかったというケースは「浪費」と言えます。

まあ、それも楽しいんですけどね。

このような視点でカードの使い方を毎月見直してみることで、本当に自分に必要なものだけにお金が使えるようになっていきます。

ぜひこのように明細を活用してみてはいかがでしょうか。

「この記事、参考になった!」と思っていただけましたか?

▼ぜひブクマ・シェアお願いします!

周りの方・ご友人が悩んでいる時にもぜひ教えてあげてください。m(_ _)m

運営者プロフィール

学生クレカ管理人

学生クレカ管理人

自分が大学生・未成年時代のお金・クレジットカードの失敗経験をもとに、同じ失敗をする人・クレジットカードについて悩む人を一人でも減らしたいという気持ちで当サイトを5年以上運営している。

 

100枚以上のクレジットカードを比較検討し、累計14枚のカードを所有してきた(大学生の頃は6枚所有)。マイルを累計20万以上保有。航空券をほぼ無料にし、ふらっと旅行に出かけるのが趣味。Amazonでのお買い物も累計30万円分以上、ほぼポイントで済ませている。

 

カード会社幹部や広報部ともつながりがあり、常に知識をアップデートしている。

 

これからも、少しでもわかりやすい記事を届けられるように努力していきます!

 

▼注目コンテンツ!

▼LINEでの相談も、気軽にどうぞ!

かんたん検索でクレジットカードを選ぶ!自分にピッタリなカードが「ズバッと」見つかる人気ランキングからクレジットカードを選ぶ!

自分にピッタリのクレジットカードの選び方がわからない方は、基礎知識・おすすめカードの選び方が一気に学べるトップページをぜひ見てください。→ https://学生クレジットカード.com

失敗しないクレカ選びのポイント!

creca_footer_link